ryufurusawa

ryufurusawa

Ryu Furusawa Web
Explore Tagged Posts
Last Seen Blogs
Statistics

We looked inside some of the posts by ryufurusawa and here's what we found interesting.

Inside last 20 posts
Time between posts
5 months
Number of posts by type
Photo
20
Video
0
Audio
0
Text
0
Chat
0
Answer
0
Link
0
Quote
0
Fun Fact

Tumblr has over 100 million blogs, and only 167 employees.

ryufurusawa·7 months agoPhoto

2D Painting [7 Objects, 3 Picture Planes]

YOF

Installation

2019

LED Lamp, LED Strip, Wood, Computer

W5500 x H3000 x D10000 mm, plane size : W720 x H535 mm

Nov 23rd, 2019 - Dec 22nd Tokyo Arts and Space Hongo,Tokyo

Cooperation : Graduate School of Film and New Media, Tokyo University of the Arts, Philips Hue


“2D Painting” is an installation work on the theme of “spatiality,” which has been dealt with in the history of visual art, mainly painting.

The first work in this series was presented in March 2019, and this second work was presented in Tokyo (Tokyo Arts and Space Hongo) in November 2019.

This work consists of 3 rectangles cut out on a wall and 7 objects and multiple LED lights placed in the space behind it. As the illumination changes, the color pattern of the objects change at a constant interval.

The “2D” in the title refers to two types of “depth.”

This work is perceived as a two-dimensional image (pictorial space) depending on the special structure and color scheme that cause loss of localization, but actually the image is composed of objects arranged in three-dimensional space.

However, when the viewpoint and the viewing distance change, the work will be recognized as actual three-dimensional space through binocular parallax, motion parallax, focal difference and slight texture.

This work contains two depths: real three-dimensional space, and a pictorial space evoked by the two-dimensional color scheme. Viewers will cross between these two depths.


「2D Painting」は、絵画を含めた視覚芸術の歴史の中で扱われてきた空間性をテーマにしたインスタレーション作品である。2019年3月にシリーズ1作目を発表し、本作は二作目としてTokyo Arts and Space Hongoにて発表した。

壁に切り抜かれた3つの矩形と、壁の後ろの空間に配置された7つのオブジェクトと複数ののLED照明によって構成され、照明の変化によりオブジェクトの配色パターンが一定の間隔を保ち変化していく。

タイトルにある2Dとは、2つの空間(Depth)を意味している。本作を構成しているのは三次元空間に配置されたオブジェクトでありながら、定位性を失わせる特殊な構造によって二次元的イメージ(絵画的空間)としての認識の優位性が高まる。しかし、ひとたび視線を動かすと、両眼視差や運動視差、観賞距離による焦点の差異、さらにはわずかなテクスチャの手がかりによって三次元空間の認識が優位になる。

鑑賞者は現実の三次元空間と二次元の色彩によって喚起される絵画的空間、この2つ空間の行き来を体験する。

image

Related Documents

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
0 notes · See All
ryufurusawa·a year agoPhoto

Gray Print

Acrylic board on UV curable inkjet Print (MIMAKI UJF-6042MkII)

2019


本作は現代の色度図による色の表記の基礎を作ったマクスウェルの回転色独楽の知覚プロセスを反転させた構造を持つ。
グレー正円の画像データを、回転させた媒体に印刷した作品である。デジタル画像、フィジカルメディアである画面、そして視知覚。その三者間伝達に伴う様々な変換プロセス上の歪みから、入力画像のグレーは破壊され、色彩が発生する。
タイトルには印刷中の操作を開示している。“Gray30%”はCMY(シアン、マゼンダ、イエロー)30%濃度のグレー画像を入力としていることを意味しており、“Rotation”は印刷の開始から終了までの時間に何度、軸が回転するかを示しており“Axis”はその回転の開始位置のズレを示す数値である。
これらは、キャプション横のQRコードを読み取ることで、生成過程をシミュレーションした映像を見ることができ、実際の色の現れ方には様々な奥行きが加わることが分かる。そこには、プリンタの特性からなるテクスチャーや、網点が拡張されることで不完全な網膜混色となる知覚の問題など、様々な要素からなる色彩を見つけることができる。

This work has a structure that reverses the perception process of Maxwell’s spining color top, which created the basis of color notation with modern chromaticity diagrams.
It is printing gray circle images onto rotating the print medium In this operation, the gray of the input image is destroyed and colors are generated by distortion in between the digital image and physical media as a picture plane, and visual perception.
The title discloses the operation during printing. “Gray30%” means that a CMY (cyan, magenta, yellow) 30% gray image is used as input, and “Rotation” means How degree of the axis rotates between the start and end of printing.
“Axis” is indicating the deviation of the rotation start position. By reading the QR code next to the caption, you can see a simulating process of printing. Compared with this simulation, it can be seen that various depths are added to the actual appearance of colors.
And you can find colors consisting of various elements, such as textures consisting of printer characteristics, and perception problems that result in incomplete retinal color mixing by expanding print dots.

image

グレーの班をCMYに分解して重ねて印刷している。

UVプリンター印刷の様子

image

“Gray Print#7
G30%M+340C+75Y+50
simulation

image

"Gray Print#7
original

Works list

  • GrayPrint#1-50%RotateUnknown
  • GrayPrint#2-50%RotateUnknown
  • GrayPrint#3-50%RotateUnknown
  • GrayPrint#4-50%RotateUnknown
  • GrayPrint#5-30%C-26M+65Y-39
  • GrayPrint#6-50%C-120M-10Y+156
  • GrayPrint#7-30%M340C75Y50
  • GrayPrint#8-30%G30%M25Y50C75
  • GrayPrint#9-30%Y-37C+41M+30

Related Documents

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
0 notes · See All
ryufurusawa·a year agoPhoto

2D Painting [hollow square, sphere]

YOF

Installation

2019

LED Lamp, LED Strip, Wood, Computer

W2000 x H2200 x D2500 mm, plane size : W400 x H400 mm

Mar 2nd, 2019 - 10th GALLERY WATER,Tokyo

画面に展開される二次元的な色面を注視すると、その矩形は切り抜かれた窓で

あり、奥の空間に展開される構造物のコントラストが生み出したイメージを見ていたことに気付かされる。窓の色彩は照明により常に変化し、その相互作用によって生み出される空間性も変容していく。鑑賞者は、三次元空間と二次元的色彩が生み出す空間性の交差により絵画的空間の中で彷徨うことになる。


This is the first work in this series.

The work consists of a thin hollow square, a sphere, a thin square surface and a background. Hollow square has ambivalent structure hold figure and the ground, and the sphere has a symmetry structure that the silhouette does not change from wherever it is seen.

This maiden work of series of “2D Painting” was experimentally pursues the basics of ideas that cause perceptual collision between two and three dimensions

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
0 notes · See All
ryufurusawa·2 years agoPhoto

Chevreul’s Window

Chiaki ARAI  x  YOF(Tomoyuki YANAGAWA + Takayoshi OHARA + Ryu FURUSAWA)

Installation 

2018

structural design of tearoom : CHIAKI ARAI URBAN & ARCHITECTURE DESIGN

Thread(Red,Blue,Green), full-color LED, wood frames 5-minute lighting cycle

Size :12415x13370mm H=2625mm

Exhibition : オカムラデザインスペースR 第16回企画展 「Somesthetic—身体性—」(2018.9/27-10/17)に建築家新居千秋とのコラボレーターとして参加。


本作は建築家の新居千秋が「Somesthetic(身体性)」をテーマに日本を代表する4つの茶室(待庵、八窓軒、燕庵、如庵)を取り上げ、それぞれを最小限の要素に分解し展覧会会場に再構築している。そしてYOF(大原+柳川+古澤)がこの茶室に設けられた22の窓へ、色糸と照明を用いて色彩現象による表現を展開させたものである。

使用している糸は、光の三原色である赤、緑、青の糸のみを扱い、窓の内枠に糸を1cm間隔でグリッド状に張り巡らせている。枠の奥行きに入る7本の糸に対して、3色の配分を変えることで様々な色彩を作り出している。(併置加法混色)

そして窓に埋め込められた照明の色相を変化させることで窓内に張られた糸の色の打消しや強調などの色彩作用を扱っている。この仕組みを用いて、茶室の持つ陰翳の中に漂う微かな光を感じさせる時間表現として展開させている。

また壁を廃した茶室と窓に張られた糸はどちらも背景を透過させ、観る者の視点に応じて、窓の重なりや、グリッド状に張られた糸のピッチと視野角のずれに伴うモアレが多様な色彩体験を誘発させる。

Architect Chiaki Arai selected four historic tearooms and recreated them in the exhibition space using only the essential elements.
YOF explores colors based on visual principles. For this work, they create color-based visual communication using thread and light in the 22 tearoom windows.

The threads use only the three primary colors of light, namely red, green and blue. They are stretched in window planes using a 1-cm grid.
Each grid line is seven threads deep. Various colors are created by changing the distribution of the three primary colors among the threads (additive mixture of colors).

This work changes the hue of the illumination embedded into the windows in order to deal with color effects such as color cancellation and enhancement.In this way,the lighting transition expresses the faint light drifting in the darkness of Japanese tearooms.

In addition, the background remains visible through the wall-less tearooms and the threads in the windows. Thus, depending on the viewer’s perspective, moiré patterns emerge when there are discrepencies in how the threads line up.The result is various interactive experiences regarding color.

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

視点に応じて窓の重なりが多様な色彩を生む。

The windows overlap depending on POV, resulting in a variety of color appearances.

image

この写真の窓は赤3層の青4層で構成されており、離れて見ると結果として紫の平面が立ち現れる

The threads in this window appear purple if you step back. This happens because there are 4 layers of blue threads and 3 layers of red threads.



ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
0 notes · See All
ryufurusawa·2 years agoPhoto

Flicker of Landscapes

photograph

2018-

その場で撮影した風景写真をiphoneディスプレイ上で空間軸を時間軸上に変換して表示し(自作の iosAPP ImageMapperによる表示)、風景と重ねて撮影した写真。 人口光と自然光の強弱が反転する時間帯に行われる撮影行為はiphoneを動かす身体性と刻々と変化する自然光の変化、iphone上でのピクセル単位の設定値との関係において偶然性と共に定着される。このような複数のパースが内在した歪みや、偶発的に露わにされるピクセルの様相は鑑賞者にイメージ定着のプロセスを辿らせる。

These photograph series took a  photograph  which taken by iphone.

Displaying photos on the iPhone is taking a special way. It divides the image vertically from the side vertically for each pixel and displays it in order over a certain period of time (display by iOS APP ImageMapper made by me).

While displaying original photos on iPhone, I will shoot with another camera. By moving the iPhone and relocating it in the air while the shutter stay open. In this way the landscape photograph  taken by iPhone will be re-fixed.

In this process of replacing the image of photograph, the iPhone which have camera and display  use as media.

In panoramic shooting of the iPhone which is the first process, photographing while moving the device records hand tremor, shake of the axis, inevitable physicality.

Even at the time of photographing in the second process, physicality and improvisation resulting from moving the device are recorded as photographs.

Also, the picture generated by the panoramic shooting function is a special image rearranged in an algorithmic fashion based on data such as acceleration sensor, not the image prescribed by the perspective of the lens.

Even in the second shoot, the image drawn by the iPhone flutters like a curtain, sometimes overturned, compressed and stretched, the original perspective is broken down, and the  viewpoint of camera is dispersed. In addition, viewpoints by viewers will wander in a very complicated structure.

this images made people witnessed the process of fixing such a image  and asked about the contemporary meaning of photograph and  image media.

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
0 notes · See All
ryufurusawa·2 years agoPhoto

Crossing Perspectives

Instalation

2018

スクリーン、 単焦点超広角プロジェクター2台(面・裏からの投影)、望遠プロジェクター1台

空間に吊るされたスクリーンにフロント2台とリアから1台、計3台のプロジェクターから映像が投影されている。投影イメージは3台ともに同じ画像だが、それぞれRedのみ、 Greenのみ、 Blueのみのイメージが三つが重なり、一つのRGBフルカラーのイメージが画面上で焦点を結んでいる。 スクリーンは薄いビニール素材であり、空間の空気の流れや、鑑賞者が触れることで揺れる。

この揺らぎがスクリーン上のイメージを歪ませる因子となる。例えば定位置より手前側に揺れれば、手前から投影している像は小さくなり、奥(リア)からのイメージは、逆に拡大される。単焦点近距離プロジェクターは、画面の僅かな揺れを拡張させ投影イメージに反映させる。逆に望遠レンズで投影した映像は画面の僅かな揺れには干渉されない。このような投影機器のレンズの持つ複数のパースペクティブが一枚のスクリーン上で切り取られている。

Images are projected from a total of three projectors, two from the front and one from the rear on a screen suspended in the space. Three projected images are the same image, but the images of Red, Green only, Blue only overlap each other, and one RGB full color image is focused on the screen. The screen is a thin vinyl material, it shakes by the flow of air in the space and the viewer’s touch.

This fluctuation becomes a factor distorting the image on the screen. For example, if you swing toward to front side, the image projecting from the front is smaller, and the image from the rear is enlarged in reverse.

The single focal range projector expands a slight swing of the screen as the projection image. Conversely, the image projected by the telephoto lens does not interfere with slight fluctuation of the screen.

Multi perspectives of a lens of such a projection device are cut off on one screen.

image
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
0 notes · See All
ryufurusawa·3 years agoPhoto

Perceptive Window  ( Tomoyuki YANAGAWA + Takayoshi OHARA + Ryu FURUSAWA )

Installation

2017

7 LED Bulbs, 7 LED tapes, wood panel | 7min lighting program

size : W910 x H2120 x D300 mm (window size is 200mm square ) x 7



image

色相の振り分けられた7つの色面と、その周りをそれぞれ照らす照明からなるインスタレーション作品。

色面は照明に影響しないように設計され物理的には常に一定な色を保つが、変化していく環境色との相互作用により豊かな色彩を我々に感じさせる。

また、それぞれの色面の差異から生じる対比効果の時間的ズレによって、知覚上のキネティックな効果が演出される。

鑑賞者は作品の体験を通して、色が知覚上で相対的に現出する現象であることを目の当たりにする。


Installation work consisting of seven color surfaces with different hues and lighting that illuminates each of them.

These color surfaces are designed not to be influenced by lighting and physically keeps a constant color at all times, but it makes us feel rich color through interaction with the changing environmental color.In addition, a perceptual kinetic effect is produced by the time lag of the contrast effect arising from the difference between the respective color surfaces.

Through this experience, viewers will witness that color is a phenomenon which appears relative to perception.


以下の写真では、同じ条件での撮影、現像である。窓の奥の色はすべての写真で同一である。

image
image
image
image
image
image
image

すべての窓色がグレーに見えるが、実際にはそれぞれ、色がついていて、前後の時間と変わっていない。

image

すべての窓色の持つ色彩が周囲の色によってより引き立たせている。

image




大原崇嘉|OHARA Takayoshi

美術作家

http://takayoshi-ohara.comhttp://yanagawa-ohara.com


古澤龍|FURUSAWA Ryu

アーティスト

http://ryufurusawa.com


柳川智之|YANAGAWA Tomoyukiアーティスト、デザイナー

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科研究室助手

http://vorbildurbild.comhttp://yanagawa-ohara.com

ryufurusawa
0 notes · See All
ryufurusawa·3 years agoPhoto

Flow view drawing2 (Invisible Layer#4)

Installation

2015


旧平櫛田中邸、二階の部屋を会場とした本作は、北側の窓を解放し、そこに性質の異なるレンズを複数貼り付ける、小穴を複数開けるなどし、窓から、30cmの距離にある障子に、外の風景を投影する試みをした作品である。

開けた穴はパーマセルテープなど蓋をすればフィックスでき、穴のわずかなサイズによっても投影される像は変化する。窓側に穴を開ける、閉じる、レンズを設置する、外す、穴のサイズの絞る、開放させる、といった行為を絵の具を扱うように、繰り返し扱いながら、障子に映る絵を完成させた。

とはいえ、一日の中で、外の谷中霊園の風景は大きく変化する。天候によっても左右され、時たま、人が通過することもある。このような偶然性をそのまま画面に取り入れることで画面の複雑性を作り出している。一瞬の変化、一日の中の光の変化、展覧会、会期中の季節の変化、様々な周期を取り込みながらその瞬間の絵が無限に生成されていく本作は見るものに、平櫛田中邸の100年に遡る時間と、この窓から見えただろうかつての風景へ思いを巡らせる。

technical

窓にはモーターによってレンズの絞りを制御する仕組みを作り、15分感覚で開閉を繰り返している。



旧平櫛田中邸を会場とした展示企画DenchuLab.にて本作を展示した。

[会期]2015年9月20日(日)〜27日 (日)
    開場時間/11時〜19時
    ※9月20日(日)のみ11時〜17時
[会場]旧平櫛田中邸(東京都台東区上野桜木2-20-3)

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
4 notes · See All
ryufurusawa·3 years agoPhoto

Flow view drawing1

Installation 

2015

窓に空いた小穴は、風によってその大きさを変える。

室内にはそれ以外の光源を全て遮断した暗室状態にあり、その一つの穴から、入射してくる光線が室内に投影される。かろうじて風景と認識できる色彩と、輪郭を保持しており、それらが時間に応じて、変化していく。

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
1 notes · See All
ryufurusawa·4 years agoPhoto

syouInvisible Layer #1

2012

instalation
drawing | 2300mm-728mm 木製パネル、| 水彩紙に鉛筆
video  | color 1920px:606px 13min | プロジェクターからドローイングへ投影
高輝度led照明 / 映像と同期して13分でループする照明プログラム

Invisible Layer - Project Site

■作品概要

 黒い壁に覆われた暗室空間に四角い画面が照明に照らされ存在しています。目が慣れ始めると白い画面には風景的な図像が浮かび上がります。風景は木のシルエットと、いくつかの街灯、水平線のような線、このような像を捉えることができます。 

画面を照らしていた照明は時間と共に明るくなったり暗転したりとゆっくりと移ろっていきます。

照明が最も明るいうちはモノトーンの風景像のようにしか見えませんが次第暗くなっていくと色味が浮かび始め、画面は風景の奥行きを増していきます。また三つの照明がそれぞれ異なるシーケンスで変化するため、部分的に光のあたり方が変わり、単に色彩のパターンだけではなく、木のシルエットと空の明暗関係が反転するなど時に非現実的な風景像に変化するなど多様に変化していきます。

 鑑賞者は明暗転を繰り返されるごとに、だんだんと視覚イメージが何に依るものか理解していきます。風景の中のぼやけた明かりがゆっくりと動いていることから、映像であること。画面に近づくことで、画面には鉛筆で図像が描画されていることがわかります。しかし、風景の奥行きが深まっていくように見えたり、夕方から夜へ時間性が移ろうように感じたり、初めて体験する視覚イメージの構造は分かりません。画面に定着していたはずの鉛筆の濃淡がある瞬間からイメージを帯び広がっていく、イメージの在処に戸惑いながらも、移ろう風景のイメージに引き込まれていきます。

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
3 notes · See All
ryufurusawa·4 years agoPhoto

projection tableau

instalation

2010

drawing | 528×728mm ,木製パネル、| 紙に鉛筆

video  |プロジェクターからドローイングへ投影

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
1 notes · See All
ryufurusawa·8 years agoPhoto

Silent Studio

2012

sound installation 6mic,8speaker,sensor,lights,instruments,sound studio

演奏協力:岡江真一郎、三木俊達、新井麻弓,角銅真実(パーカッション),大塚惇平(笙)

SilentStudio-Project Site

-AMC SOUND PROJECT 2012  展示作品-

期間|2012 11/20-22

会場 | 東京芸術大学 芸術情報センター サウンドスタジオ

イベント|Artist Talk + Performance |2012年11月22日 

本作品はこのサウンドスタジオでしか成立しないサイトスペシフィックなサウンドインスタレーションとして制作しました。

スタジオ内に複数のコンデンサ−マイクを設置して、そのマイクと同じ場所にスピ−カーを配置。

鑑賞者はスタジオ内に入りスタジオ内に何かしらの音が発生した時点から録音がはじまります。

展示室中央の椅子に座ったところで、その瞬間まで録音されていたサウンドファイルが再生されます。

6つのマイクは空間全体を正確に記録しそのまま再生。その瞬間の時間をそのまま凍結させたかのような音の存在感と音に付随する人の気配、

さらに展示の際、スタジオには沢山の楽器や音の出る装置が配置されていました、再生された音は視覚的な情報、その場にある物(特に壁や据え置きのピアノ)と否応無しに結びつけ、確かな気配へと変わります。

2012年11月22日のアーティストトークでは、事前に録音しておいた録音物と現在進行するリアルタイムのその場の音を出会わせるパフォーマンスを行った。(除霊の唄:岡江真一郎とコラボレーション)

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
1 notes · See All
ryufurusawa·10 years agoPhoto

silent scene 

installation

2010

映像 |   カラー サウンド 12分 loop

プロジェクターからスクリーンに背面投影 

笙の演奏 二上みち

ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
ryufurusawa
0 notes · See All
Next Page