Tumgir
#イスラム国家コソボ
ari0921 · 11 months ago
Text
「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)2月16日(火曜日)
通巻第6801号 
 コソボがイスラエルのエルサレムに大使館を開設する
  中東から南欧にかけての地政学、地殻変動の予兆か?
************************
 イスラエルがイスラム国家のコソボと国交を開いたのは、2020年8月4日だった。それまで12年間、イスラエルはコソボを独立国としては認めていなかった。急転直下、コソボはイスラエル大使館をエルサレムに開設する。日本のメディアが報じたのは僅か数行。殆どの新聞は無視した。
 ところが、このニュース、重要な意味を持つのである。
 2020年、中東の政治に地殻変動が起こり、UAE、カタールなどがイスラエルと国交を結んだ。トランプ政権がイスラエルに梃子入れした結果である。
 バイデンとなって、イランとの核合意を復活すると言い出したので、イスラエルと米国の蜜月はまもなく終幕することになる可能性がある。ネタニヤフ首相はバイデンとは馬が合わないのだ。
 トランプ前大統領は米国大使館をテルアビブからエルサレムへ移転した。アラブ諸国の反応を注視していたが、激烈な反対も報復措置もなかった。
しかしながら主要国家の多くは、米国にならってエルサレムへの大使館移転をなさなかった。その状況下、いきなりエルサレムにコソボが大使館を開設するというのは異例と言って良く、イスラエル外交の勝利ともとれるだろう。
 バイデンはエルサレムへの大使館移転を覆さなかった。
 そこでエルサレムの米国大使館は大増設工事を開始し、2026年の完成を目指して突貫工事、700人の建設労働者が10階建てのメインビルを含む複合施設の建設に励んでいる。
敷地面積は5万平方メートル。場所はヘブロン通りの住宅地の高台。
 さてイスラム国家は、これまでイスラエルの国家の生存を認めて来なかった。コソボはイスラム教徒の国となっており、旧宗主国セルビアは、東ローマ政教系のセルビア正教。筆者がユーゴスラビア時代に取材した折、教会の一つに入って、土産にペンダントを買おうとしたら、「貴方は何教徒か?」「仏教徒です」「異教徒には売れない」と言われた。
 ましてコソボを独立国として認めていないのが中国、ロシア、スペイン、キプロス、ギリシア、ルーマニア、南ア、インドネシア。もちろん嘗ての宗主国セルビア、ブルガリアなど80ヶ国前後は認めていない。
 ▲コソボは何故、独立できたのか?
 2008年の独立時点で欧米主要国とともに日本はコソボ独立を承認した。
 この時点でじつは台湾もコソボ独立を承認した。この頃の台湾メディアはコソボ独立こそ台湾独立のモデルになりうると連日大きく報道していた。
 しかしながら、独立国とは言っても、コソボは軍隊もなければ、独立国の体をなしていないのである。欧米の地政学的な身勝手な論理が独立を支援したのだ。
 失業率30%、ひとり当たりのGDPは僅かに4400ドル内外。それでいてコソボの通貨がユーロ、つまりはEUの保護国である。若者の多くは外国へ出稼ぎにでた。
 コソボの人口は減ったり増えたり、戦闘があれば数十万の難民がすぐに発生する。面積が岐阜県くらいしかなく、人口は180万人、(岐阜県は200万人)。コソボの人口構成と言えば、或る日、気がつけばセルビア人が出て行ったため、殆どがアルバニア人となっていた。これこそ「静かなる侵略」の典型だろう。
 アルバニア人はオスマントルコ帝国の時にいち早くイスラム教徒に改宗した。
セルビア正教を頑なに護るセルビア人が、ユーゴスラビア連邦時代は政治の主導権をもっていたので、コソボは自治州だった。いまもセルビアは「コソボ・メトヒア自治州」と呼んでいる。
 チトーが死ぬと、それまで潜在化していた民族対立、宗教対立のマグマが大噴火し、殺戮、強姦、民族浄化、強盗、暗殺等々。何でもござれ、セルビアはボスニアやクロアチアとも戦闘を続けていたため、コソボにエネルギーを割けず、アルバニア系の武装集団が乗っ取ろうとしていた。
 ところがEUはセルビアを敵視し、ベオクラードなどへ空爆を拡大したため、コソボから30万近いセルビア人が逃げだした。
クリントン時代の米国も、空爆に参加した。そしてベオグラードにあった「中国大使館」(隣は日本大使館だ)を「誤爆」(クリントン政権の言い訳)したのだった。(セルビアとなって以後、中国大使館は旧市内に移転)
 この西側の空爆介入がなければセルビアが負けることはなかった。詮無きことを言っても意味がないので、それは置く。
セルビアは外交が下手だったのだ。ところがボスニアやクロアチアはいち早く米国に世論工作隊を派遣し、ロビィストと契約し、広告代理店を駆使し、セルビアをまんまと「悪人」に仕立て上げた。米国は敵と味方を間違える天才だから、このときも誤断した。
 ▲農地も住宅も空き地、空屋が目立つ
 コソボへ行ったことがある。あちこちに農地が空いており、空き家が目立った。この国は農業国家である。
 セルビア系が逃げ出したからだ。セルビアに限らず、あの空爆時代、欧米はユーゴに同情的だったから、米国への移民が急増していた。この頃、NYでタクシーに乗って、運転手が道を知らない。きくと「三日前、ユーゴから移民できたんだ」と驚くほどたどたどしい英語で答えた。
 コソボにはセルビア正教会の四つの修道院を「コソボ中世建造物群」として「世界遺産」としたが、いずれも修道院(デヂャー、プイズレン、グラチャニツァ、ペーチ各修道院)である。ここにだけセルビア人の修道女がいる。中世の宗教画は荘厳華麗、緑の公園のなかにある修道院を見たときは、悠然とした環境に優雅さを感じたものだったが。
 イスラム系のアルバニア人は教会を破壊しかねないので、EU軍隊が駐留している。筆者が見学したときは、イタリア兵が機関銃で武装して護っていた。
 首都のプリシュティナは、人口が60万人に膨れあがり、外国の出稼ぎ組みからの仕送りもあって綺麗な街づくりが進展した。
マザーテレサ・カテドラルがあり、彼女の銅像も立っているが、傑作なのはクリントン大統領の銅像が目抜き通りにあること! そう、彼の誤爆があってこそ、独立が出来たんだから。 
 日本はさっきも見たようにコソボ独立と同時に承認したが、その後、13年間、ウィーンの日本大使館が業務を代行した。ようやく首都のプリシュティナに大使館代理事務所を開設したのは2020年1月、コソボ在住の日本人は七名しかいない。
 悪名高かったのは独立を武装闘争で戦ったハシム・サキ前大統領だ。
 彼が解放戦争時代の武装セクトをまとめた指導者だったために虐殺、強姦、暗殺、誘拐、民族浄化の煽動者だった疑いがあるとし、2020年11月5日にハーグの国際裁判所は有罪を認めた。
サキは直ちに大統領を辞め、収監された。
ミロセビッチ、カラジッチというセルビアの嘗ての民族闘争の英雄とされた政治指導者が国際裁判所で有罪判決を受けたように、ようやくにして喧嘩両成敗となった。 
 このコソボがイスラエルのエルサレムに大使館を開設するという意味は、中東から南欧にかけての地政学に地殻変動がおこる予兆かも知れない。
3 notes · View notes
lovecrazysaladcollection · 4 years ago
Text
“殿堂 ソマリア(無政府状態、リアル北斗の拳) SSS シエラレオネ(平均寿命世界最低) コンゴ リベリア チベット・東トルキスタン(民族浄化中) SS  スーダン(虐殺) パレスチナ イラク ハイチ  西サハラ S   北朝鮮 南アフリカ レバノン アフガニスタン 東ティモール ―――――破綻国家の壁――――― AAA コロンビア(ゲリラと政府軍に怯える日々) ジンバブエ トルクメニスタン(独裁、年金給付停止)      ミャンマー コソボ AA  シリア パキスタン 中国内陸部 ネパール A   ボリビア ラオス インドネシア(イスラム過激派) モルドバ 北ソマリア  リビア ―――――政情不安の壁――――― BBB ペルー エクアドル パラグアイ キューバ(貧しいけど、マターリ) フィリピン カンボジア イラン     アルバニア ボスニア・ヘルツェゴビナ ボツワナ BB  ベネズエラ サウジアラビア インド(エリート層はすごい) モンゴル ベラルーシ エジプト チュニジア     モロッコ B   ウルグアイ アルゼンチン コスタリカ(中米の優等生) ポルトガル      中国沿岸部 タイ ブラジル メキシコ(治安が悪い、貧富の差有り過ぎ)  ―――――準先進国の壁――――― CCC ロシア(暗殺) チリ マレーシア マカオ 韓国 CC  アメリカ(治安が悪い、貧富の差) イスラエル(テロ)  C   台湾 スペイン イタリア シンガポール 香港 ―――――先進国の壁――――― DDD ドイツ・フランス(失業率高い) DD  日本 イギリス(階級社会) バチカン市国  サンマリノ モルジブ(懸念は自然災害)  D+   カナダ オーストラリア スイス  UAE カタール バーレーン D-   北欧諸国 ルクセンブルク モーリシャス ―――――楽園の壁――――― E   ブルネイ(医療費・教育費無料、所得税無し、土地と住宅も提供される)  モナコ” - 便利な国別治安一覧 (via gkojax)
1 note · View note
ari0921 · 4 months ago
Text
「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月6日(月曜日)
通巻第7041号  
 コソボが、何でいま? 米、アフガン難民の中継基地に使用
   コソボ駐留の米軍基地が難民一時収容と第三国出国の中継業務
**************************
 すっかり忘れられたミニ国家=コソボ。
セルビアの自治州だったが、国際世論を背景にNATOが介入し、もぎ取った。明けてビックリ、アルバニア系のイスラムにすっかり蚕食されていた。
首都プリシュティナは美観を取り戻し、立派なビルが再建されたのも、西側の援助と、海外へ散ったコソボ難民からの送金だった。コソボ独立で、もっとも裨益したのはアルバニアだった。セルビア系は逃げ出した。
 コソボはセルビアとの戦争の結果、(コソボはNATOの支援と米軍の空爆のお陰で独立できた)2007年に独立を承認された。だが、いまもセルビア、露西亜、中国はコソボを承認していて居ない。日本は独立承認をしたものの、2020年まで大使館業務はウィーンで代行していた。
 治安が悪いため安全保障はNATO軍が担当、この関係でプリシュティナに事実上の米軍基地があるのだ。
 さてアフガニスタン難民の行き先である。
 米国は12万人を脱出させた。バイデンは「大成功」だったと言い、ブリンケン(国務長官)は「脱出作戦は終了した」と会見した。
 しかし作戦はアフガニスタンから遠い場所で継続されている。
カタールのドーハ空港から、ドイツやイタリアにも分散して難民は移動しているものの、大半がドーハのキャンプに滞在している。米国への移住希望は五万以上。現在までにダラスとフィラデルフィアへ一部を輸送した。
 
手間取っているのはテロリストとスパイの混入であり、マヨルカス国土安全省長官は「危険人物の混入が認められるため、リストを作成している」と記者会見した。
ミリー統幕議長は「タリバンは統制がとれておらず、まもなくアフガニスタンは内戦に
突入するだろう」とする見通しを述べた。
その難民の一時収容と振り分けをコソボ駐留の米軍基地でおこない、第三国出国の中継業務を展開している。
このためブリンケン国務、オースチン国防長官はそれぞれ中東諸国を緊急に訪問する。ブリンケンはカタールとドイツなど欧州へ、オースチンはサウジアラビア、クエート、バーレンを手分けして廻り、「アフガニスタン以後」の中東の安全保障を話し合うとしているが、難民の受け入れ問題も議題には含まれる。
さてメディアの一部にはアフガニスタンのカブール空港の近くにCIAの秘密基地があって、アフガニスタ政府軍将校らは、この秘密基地から避難したと報道している。
真偽のほどは不明だが、カブール空港の大混乱をみても、政府軍幹部やらの姿はなく、そもそもガニ前大統領がアフガニスタンのどの空港から逃げたかは、依然不明である。カブール空港からではなかったことだけは確かだ。
3 notes · View notes
lovecrazysaladcollection · a year ago
Text
“殿堂 ソマリア(無政府状態、リアル北斗の拳) SSS シエラレオネ(平均寿命世界最低) コンゴ リベリア チベット・東トルキスタン(民族浄化中) SS  スーダン(虐殺) パレスチナ イラク ハイチ  西サハラ S   北朝鮮 南アフリカ レバノン アフガニスタン 東ティモール ―――――破綻国家の壁――――― AAA コロンビア(ゲリラと政府軍に怯える日々) ジンバブエ トルクメニスタン(独裁、年金給付停止)      ミャンマー コソボ AA  シリア パキスタン 中国内陸部 ネパール A   ボリビア ラオス インドネシア(イスラム過激派) モルドバ 北ソマリア  リビア ―――――政情不安の壁――――― BBB ペルー エクアドル パラグアイ キューバ(貧しいけど、マターリ) フィリピン カンボジア イラン     アルバニア ボスニア・ヘルツェゴビナ ボツワナ BB  ベネズエラ サウジアラビア インド(エリート層はすごい) モンゴル ベラルーシ エジプト チュニジア     モロッコ B   ウルグアイ アルゼンチン コスタリカ(中米の優等生) ポルトガル      中国沿岸部 タイ ブラジル メキシコ(治安が悪い、貧富の差有り過ぎ)  ―――――準先進国の壁――――― CCC ロシア(暗殺) チリ マレーシア マカオ 韓国 CC  アメリカ(治安が悪い、貧富の差) イスラエル(テロ)  C   台湾 スペイン イタリア シンガポール 香港 ―――――先進国の壁――――― DDD ドイツ・フランス(失業率高い) DD  日本 イギリス(階級社会) バチカン市国  サンマリノ モルジブ(懸念は自然災害)  D+   カナダ オーストラリア スイス  UAE カタール バーレーン D-   北欧諸国 ルクセンブルク モーリシャス ―――――楽園の壁――――― E   ブルネイ(医療費・教育費無料、所得税無し、土地と住宅も提供される)  モナコ” - 便利な国別治安一覧 (via hazy-moon, gkojax)
0 notes