Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
#ブレグジット
takahashicleaning · 5 months ago
Link
TEDにて
ジョーン・ブレイズ&ジョン・ゲーブル: 先入観のフィルターバブルから自由になろう
(詳しくご覧になりたい場合は上記リンクからどうぞ)
西洋キリスト教圏の一神教での話です。日本は、多神教なので、当てはまらない場合もあります。
ジョーン・ブレイズとジョン・ゲーブルは、自分とは違う政治観で投票をする人たちと友達になってほしいと言います。
政治観が、正反対でありながら、長年の友人でもある二人は、すぐには同意できないような相手と、腹を割って話し合うことの価値をよく知っています。
政治観が、反対である人々の間にある理解の溝を埋めるにはどうしたらいいか、そして、お互いに耳を傾け、互いを思いやる機会を生み出すにはどうしたらいいか?
一緒に考えてみましょう(ことによると、生涯かけた友情も生まれるかもしれません)。
はじめに、大統領制や二大政党制での前提です。
2017年のノーベル経済学賞のセイラー教授が提唱する「ナッジ」このような行動科学の視点を公共政策に組み込もうというアイデアはもともと2003年に経済学者のセイラーと
法学者のサンスティーンによって書かれた論文「リバタリアン・パターナリズム」からの一部です。
法規制による強制でもなく、経済的インセンティブによる誘導でもなく、選択の自由を維持したまま、人間の持つ心理的バイアスをうまく利用することで、人々の行動を「良い方向へ」導くということ。
高度な透明性が前提です。
リバタリアン(=極端な自由主義)とパターナリズム(=家父長主義)という一見矛盾する態度を結びつけるというアイデアは、アメリカの民主党と共和党の対立により合意形成が行き詰っていた
議会の膠着を打破しようとする意図もあった可能性もあります。安全・環境・健康分野にも応用範囲は広がっています。
リバタリアニズムとは、荒野からではなく、行政府のある社会システム内で成功したにも関わらず、極端な経済的自由と極端な社会的自由(極端な個人的自由、極端な政治的自由)を共に求める極端に強欲な思想であり
リバタリアン自身によるノーラン・チャートによれば、社会主義などの左翼思想は、極端な個人的自由は高いが極端な経済的自由は低く、保守主義などの右翼思想は、極端な経済的自由は高いが極端な個人的自由は低く
ポピュリズム(ここでは権威主義や全体主義などを指す)では、極端な個人的自由も極端な経済的自由も低い。という位置付け。
リベラリズムは自由の前提となるものを重視して社会的公正を掲げるため、リバタリアニズムと相反する。日本では、リベラリズムの意味は世界標準ではなくガラパゴス化してるため定義が異なります。
パターナリズムとは、個人の利益を保護するためであるとして、国家が個人の生活に干渉し、その自由・権利に制限を加えることを正当化する原理。
強いパターナリズムと弱いパターナリズム、直接的パターナリズムと間接的パターナリズムがある。と言葉が定義されている。
個人的なアイデアとして、議論を整理できるだけで、このような一般生活者にはくだらない権力争いのためにどうにでもなる言葉ではなく、政策開発のため一定の期間で議論を尽くしたら
具体的なマクロ経済学前提の政策できっちり誤差を含めた数値に変換できればより良い社会システムを創造できるかもしれません。
最後に、政治にはまったく興味はありません。テクノロジーに興味が有ります。
<個人的なアイデア>
ブレグジットの本質は、君主制多数のヨーロッパ大陸から独立し、アメリカ大陸に新天地を求めて200年くらい。
第二次世界大戦にも勝利し、大統領制もフランス革命の成功を踏襲改善しつつ、人口も億単位の規模で三権分立前提の民主主義を、現在、世界中の最高の知性が知恵と工夫でバランスよく構築した!
アメリカ型の大統領制は、地方議会が先で、その上に傘のように覆われている歴史的背景から地方分権が見事に成功しているミレニアム前。
その成功を再びヨーロッパが踏襲改善。マーストリヒト条約を発効して、合意を得た上でEUが設立された。通貨もドルに対抗してユーロにした。20年後、中国はデジタル人民元をテスト中。
日本は、逆に、明治維新に中央集権化されて、廃藩置県されたから地方分権は不可能。立憲君主制でもあり、イギリス議会を参考にしている。
イギリスより大きい島国。人口も倍以上。だから、人口が少ないイギリスは、大統領制のEUから離脱して立憲君主制を維持しようとしてる?
その中、中国が、日本の55年体制自民党の開発独裁体制を参考にして人口の規模をテコに、人間一人ではなく、政党が共産党一極集中で、デジタル国家開発独裁主義を社会実験している過渡期が現在の状態です。
デジタルレーニン主義?ハンナアーレントが警告する全体主義?にも似ています。
日本も中国から絶妙なバランスで離脱して、距離を置きつつ立憲君主制を維持した方がいいかもしれない。
<おすすめサイト>
エピソード4Episode4 - 政治の善性について(パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学 - Amazon)
アレグザンダー・ベッツ:ブレグジットはなぜ起きた?次にするべきことは何か
<提供>
東京都北区神谷の高橋クリーニングプレゼント
独自サービス展開中!服の高橋クリーニング店は職人による手仕上げ。お手頃50ですよ。往復送料、曲Song購入可。詳細は、今すぐ電話。東京都内限定。北部、東部、渋谷区周囲。地元周辺区もOKです
東京都北区神谷のハイブリッドな直送ウェブサービス(Hybrid Synergy Service)高橋クリーニングFacebook版
0 notes
yoosee · 27 days ago
Quote
ブレグジットにしても、トランプ主義の台頭にしても、中には半分ジョークを交えながら、「この世には本当にバカがいるもんだ」と怒る人もいます。しかし、私たちはその先にあるものを考えないといけません。そこで起こっている重要なことに気がつかないといけないのです。 俗に言うリベラルアーツ系、あるいはインテリ系の人々は、実はとても狭い世界の中で暮らしています。東京からパリ、ロサンゼルスなどを飛び回ってあたかも国際的に暮らしていると思いがちですが、実はどこへ行っても自分と似たような人たちとしか会っていないのです。 私は最近妻とよく、地域を超える「横の旅行」ではなく、同じ通りに住んでいる人がどういう人かをもっと深く知る「縦の旅行」が私たちには必要なのではないか、と話しています。自分の近くに住んでいる人でさえ、私とはまったく違う世界に住んでいることがあり、そういう人たちのことこそ知るべきなのです。
カズオ・イシグロ語る「感情優先社会」の危うさ | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
13 notes · View notes
sugajun · a month ago
Quote
〈俗に言うリベラルアーツ系、あるいはインテリ系の人々は、実はとても狭い世界の中で暮らしています。東京からパリ、ロサンゼルスなどを飛び回ってあたかも国際的に暮らしていると思いがちですが、実はどこへ行っても自分と似たような人たちとしか会っていないのです。 私は最近妻とよく、地域を超える「横の旅行」ではなく、同じ通りに住んでいる人がどういう人かをもっと深く知る「縦の旅行」が私たちには必要なのではないか、と話しています。自分の近くに住んでいる人でさえ、私とはまったく違う世界に住んでいることがあり、そういう人たちのことこそ知るべきなのです。(中略) 小説であれ、大衆向けのエンタメであれ、もっとオープンになってリベラルや進歩的な考えを持つ人たち以外の声も取り上げていかなければいけないと思います。リベラル側の人たちはこれまでも本や芸術などを通じて主張を行ってきましたが、そうでない人たちが同じようにすることは、多くの人にとって不快なものかもしれません。 しかし、私たちにはリベラル以外の人たちがどんな感情や考え、世界観を持っているのかを反映する芸術も必要です。つまり多様性ということです。これは、さまざまな民族的バックグラウンドを持つ人がそれぞれの経験を語るという意味の多様性ではなく、例えばトランプ支持者やブレグジットを選んだ人の世界を誠実に、そして正確に語るといった多様性です〉(2021年3月4日、東洋経済オンライン『カズオ・イシグロ語る「感情優先社会」の危うさ』より引用) 平時には多様性の尊さや重要性を謳っているはずのリベラリストたちが、他者に向けて画一的な価値体系への同調圧力を向けていること、彼・彼女らと政治的・道徳的価値観を異にする者の言論・表現活動に対して「政治的ただしさ」を背景にした攻撃的で排他的な言動をとっていることなど、まさしく現代のリベラリストや人文学者たちが陥っている自己矛盾を、イシグロ氏は端的に指摘している。
カズオ・イシグロの警告が理解できない、リベラルの限界(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)
1 note · View note
extracts-sheep · a month ago
Quote
誰もが感じたいことを感じて、それが真実になる、という考えは非常に危険なものです。しかし、今のメディアや情報のやり取りにおけるビジネスモデルは変わってしまい、エビデンスではなく、感情や意見が幅をきかせるようになってしまった。今や科学の世界で行われている、真実を導き出すためにエビデンスを用いて議論するといったやり方は、政治や一般的な世界で失われつつあります。 (中略) しかし、私たちにはリベラル以外の人たちがどんな感情や考え、世界観を持っているのかを反映する芸術も必要です。つまり多様性ということです。これは、さまざまな民族的バックグラウンドを持つ人がそれぞれの経験を語るという意味の多様性ではなく、例えばトランプ支持者やブレグジットを選んだ人の世界を誠実に、そして正確に語るといった多様性です。
カズオ・イシグロ語る「感情優先社会」の危うさ
事実より「何を感じるか」が大事だとどうなるか
0 notes
Text
【まるでおとぎの国】絶景スポット盛りだくさんの Faroe Islands (フェロー諸島)
Tumblr media
18の島からなるフェロー諸島は北欧デンマークの自治領。ところがデンマークと違って欧州連合(EU)に加盟していない。この幅広い自治権がある島で、英国のEU離脱(ブレグジット)を心待ちにしている要人と会った。
フェロー諸島では昨年春、自治権拡大を問う住民投票が行われるはずだった。実施に慎重な意見もあって延期にはなったが、独立の機運が高まっている。
ヘストイはフェロー諸島のオリンピック委員会副会長で、独立賛成派。競泳のデンマーク代表として国際大会で活躍したが、本来の「母国」であるフェロー諸島の代表として、後輩たちが五輪に挑むことを夢見る。
Tumblr media
サッカーでは一足早く「独立」を果たし、ワールドカップ予選などに独自チームで参加する。私が驚いたのは2007年の欧州選手権予選。前年のワールドカップで世界一になった強豪イタリアと大接戦を演じた。人口約5万人の「小国」だが、サッカー熱は高い。北部の海岸沿いの町アイヤは「世界一の絶景サッカー場」(③)で知られる。山から眺めたスタジアムは海の中にあるかのようで、ときにはピッチが波で洗われることもあるという。
昼間は想像を絶する大自然の「技」に驚嘆し、夕暮れと共に優雅なタウンライフを満喫できるという世界的にもめずらしい旅行地の一つがフェロー諸島。 国会議事堂に隣接するホテルで品揃え豊かななブッフェ朝食に舌鼓を打ち出発。
ドライブを5分としないうちに幽玄で壮大な驚異の大自然に身をおくことができます。極論すれば、エベレストに登頂して5分後に身づくろいを整えて洒落たショットバーでカクテルを舐め、高級ホテルの羽毛布団に包まれて夢の世界を駆けることができるような国なのです。
youtube
youtube
youtube
youtube
0 notes
brygry · a month ago
Quote
リベラル側の人たちはこれまでも本や芸術などを通じて主張を行ってきましたが、そうでない人たちが同じようにすることは、多くの人にとって不快なものかもしれません。 しかし、私たちにはリベラル以外の人たちがどんな感情や考え、世界観を持っているのかを反映する芸術も必要です。つまり多様性ということです。これは、さまざまな民族的バックグラウンドを持つ人がそれぞれの経験を語るという意味の多様性ではなく、例えばトランプ支持者やブレグジットを選んだ人の世界を誠実に、そして正確に語るといった多様性です。 リベラル側の人が理解しないといけないのは、ストーリーを語ることはリベラル側の専売特許ではなく、誰もが語る権利があり、私たちはお互いに耳を傾けなければいけないということです。
カズオ・イシグロ語る「感情優先社会」の危うさ | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
0 notes
daily-news-selected · a month ago
Quote
カズオ・イシグロ語る「感情優先社会」の危うさ | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準この5年ほど、世界では大きな変化が起こり続けている。イギリスのEU離脱(ブレグジット)やアメリカでのトランプ政権誕生、新型コロナウイルスのパンデミックといった事態が起こるたび、その変化をめぐる議論は二極化し、自分と違う考えの人を「断絶」することが当たり前となってしまった。 その背景には、事実や真実よ...
http://amzn.to/1LvpUje
0 notes
trumpq · a month ago
Text
【クラーケンウッド】 2021/2/22 22:31 JST
Tumblr media
※転送記事 必見:ファラージ氏、コカ・コーラのスタッフトレーニング「白人を少なくしよう」疑惑を非難 https://www.breitbart.com/europe/2021/02/21/watch-farage-slams-coca-cola-for-alleged-try-to-be-less-white-staff-training/
ブライトバート ブレグジットのリーダーであるナイジェル・ファラージは、スタッフが「より少ない白人」であることを促すトレーニングを受けることを要求しているとされる疑惑のためにコカ・コーラを非難した。……
0 notes
gkojax · 2 months ago
Quote
保守党ブレグジット派で、スコットランド、北アイルランド、ウェールズ、イングランドの連合を保持すべきと思っているのは20%程度に過ぎない。 https://t.co/S2HVR2yASc @financialtimes
Yoko Iwamaさんのツイート
1 note · View note
honyakudiary · 2 months ago
Text
アラーミズムの後で 2/3
気候変動否定論との戦いは勝利のうちに終わった。そしてそれ以外にも、いいニュースがある
—デイビッド・ウォレス・ウェルズ
〔*Alarmism:警鐘を鳴らす主義〕
(1/3のつづき)
ドナルド・トランプが当選し、パリ協定を反故にしたとき、気候変動のタカ派はこの政権が続くあいだ世界が持ちこたえてくれることを願うしかなかった。それでも彼らは、長い目で見れば、アメリカが先頭に立たなければ危機は克服できないと言い張っていた。しかし、アメリカのリーダーシップを欠いた4年間に、驚くべき成果が上がった。
太陽エネルギーの価格は過去10年間で1/9に下がり、電気自動車の普及に不可欠なリチウム電池の価格も下がった。自然エネルギーの「断続性」(例えば曇りの日など)の問題を解決し、比較的迅速に都市まるごとに電力を供給できるようになる実用規模の電池のコストは、たかだか2015年以降で70%も下がっている。風力発電は10年前と比べて40%安くなっており、洋上風力はさらに急落している。全体的に見て、再生可能エネルギーは、地球上のほとんどの場所で、汚染源となるエネルギーよりも安価であり、多くの場所では、古い化石燃料のインフラを継続して運用するよりも、再生可能エネルギー施設を新たに建設した方が単純に安い。石油需要と二酸化炭素排出量の両方が、2020年にピークを迎えた可能性がある。アジアの発展途上国で計画されていた石炭火力発電所の8割が棚上げされた。
この夏、オーストラリアの科学者であり起業家のソール・グリフィスが、気温上昇を1.5度以下に収めるためにはアメリカは何をしなければならないか、語っていた。彼は、2021年以降、新車を買うすべての人が電気自動車を買う必要があると言っていた。それは非現実的なんじゃないか、と私は思った。そしてそのことを、我々がどれくらい努力しなければならないのかを表現するときに有効なベンチマークとしてメモした。
しかしその後、秋になって、イギリスが2030年までに非電化の乗用車を禁止すると公約した。以前には考えられなかったこの法律は、遅すぎたとも言えるが、ついこのあいだ予想していたよりもずっと早く実現した。同様の計画は現在、その他16か国およびマサチューセッツ州とカリフォルニア州に制定されている。カナダは最近、炭素税を6倍に引き上げた。イタリアは2012年から2019年の間に電力部門の排出量を65%削減し、デンマークは2030年までに排出量全体の70%削減を目指している。「私たちは自らに対し、紙の上ではほとんど不可能に見える挑戦を課しました」とダン・ヨルゲンセン環境相は最近私に話してくれた。「多くの国の専門家たちはデンマークを見て、『あれはコストがかかりすぎる。生活水準が低下し、競争力が低下するだろう』と言っていたと思います。でも実際には逆のことが起きたと言えることを誇りに思います。いまはもちろん、さらに高い基準を設定しています」
パンデミックの最中、パリ協定で唱えられたよりもずっと野心的なネットゼロの公約が日本、韓国、EU、そして最も顕著なことに、世界最大の排出国である中国によってなされた。中国は、2030年までに排出量のピークを迎え、2060年までにはゼロにすることを誓約した。中国のこの宣言はあまりにも野心的で、それが実際に実現可能なのかどうか、専門家のあいだで議論が巻き起こった。実現には、例としては現在ドイツ全土で稼働中の再生可能エネルギー発電所の2倍にあたる施設を、次の10年間、毎年つくらなければならないのだ。さらにこれによって、1.5度の目標が再び実現可能になったのではないかという議論も起きた。9月の習近平による突然の宣言のあと、経済歴史学者のアダム・トゥーズは、それが単独で「人類の未来の可能性を再定義した」とまで書いた。新しいネットゼロ宣言をすべて合わせると、最終的な温暖化から0.5度が差し引かれたかもしれない計算になる。そこに2050年までにネットゼロを達成するというバイデンの選挙公約を加えれば、地球の排出量の約3分の2について、少なくとも名目上は、しっかりとした積極的なゼロへのタイムラインが約束されたことになる。
もちろん、これらはすべて紙の約束事に過ぎず、気候行動の歴史には、似たような約束事の未払いの領収書が散りばめられている。1979年の世界気象会議、1992年の国連枠組み、1997年の京都議定書、2009年のコペンハーゲン協定、2015年のパリ協定という一連の気候行動会議に対して大気中の炭素濃度の上昇をプロットしてみると、悲惨なパターンが浮かび上がってくる。あらゆる時点で炭素濃度は上昇を続け、350ppm以下の「安全な」レベルから、400ppmを超え、今日では414ppmに至り、さらに上向きに進んでいる。産業革命以前には、人間は300ppmの大気すら経験したことがなかった。この数年以内に炭素濃度は、海面がいまよりも60フィート高かった330万年前以来見られなかったレベルに達するだろう。そして、気運の高まりにもかかわらず、再生可能エネルギーはまだ世界の電力生産量の10%を占めているに過ぎない。
しかしいくらアラーミストであっても、良いニュースを見つけたら受け入れなければならない。雰囲気に合わせて事実を選んでも世界の状況を伝えるガイドになるとは限らないが、私にとって2020年には、主に3つの希望の源があった。
第一には、異常気象と科学の進歩、そしてアクティビストたちの歴史的な努力——気候ストライキ、サンライズ運動、エクスティンクション・レベリオンなど——のおかげで、気候変動否定論の時代が終わった。警鐘を発してきた人々の成功はあまりにも突然だったので、気候のエレミア〔*希望を語った預言者〕の時代にも終止符が打たれた。彼らの声はいま、いくつかの意外な場所にまで響いている。イーオン・マスクがテスラによって世界一裕福な男になって数か月のうちに、エクソンはダウ平均から追いだされた。石油会社の文化的威信は、タバコ会社のそれに急速に近づいている。ブラジルのジャイール・ボルソナロは別として、いまでは事実上、すべての国、そしてすべての企業や産業界のあらゆる主要人物が、抗議や社会的圧力、経済的現実、文化的期待などの理由から、少なくとも気候変動対策を支持する姿勢を示す義務があるように感じている。これを進歩として数える必要がなければいいのだが、事実、進歩なのだ。いま問題なのは、これがどの程度重要性をもっているのか、そして、この後に何が起こるのか、だ。誤情報と人間性の無視だけが遅れが生まれる要因ではない。気候変動否定論の次にくるのは、気候変動に率直に対応する時代ではなく、気候偽善、グリーンウォッシュ〔*上辺だけ環境配慮をしているように取り繕うこと〕、ガスライティング〔*わざと誤った情報を提示し、相手が記憶や正気を疑うように仕向ける手法〕を特徴とする時代になる可能性が高い。しかし、これらのことは醜く、腹立たしく、犯罪的でさえあるが、常に存在した。新しいのは、もうひとつ別のことである。
第二の朗報は、気候の利己主義が世界の舞台に登場したことだ。これは、昨年、中途半端な気候変動へのコミットメントを日和見的に発表したブラックロックの不当利益行為ではなく、脱炭素化によって世界がより良くなるというコンセンサスが、世界のほぼ全域、社会やガバナンスのほぼすべてのレベルで高まっていることを指している。10年前、脱炭素化を分析した冷酷な資本家の多くは、実行するにはあまりにもコストがかかりすぎるとみなしていた。今日、突然、これは見逃すにはあまりにもお得だと思われるようになった。(最近のマッキンゼーのレポート「ネットゼロのコストで排出量をネットゼロにする」参照)
この論理は、年間推定900万人が死亡しているとされる大気汚染の影響を考えれば、最もわかりやすいかもしれない。GDPの8%以上が汚染によって失われているインドでは、大気汚染は毎年35万件の流産や死産の原因にもなっている。世界的に見ても、石炭火力発電は電力を供給する1,000人に1人の割合で死者を出している。また、他が羨むほど空気がきれいな米国でさえ、完全な脱炭素化は、石炭燃料を削減することで減少する医療費だけですべての費用がまかなえると、デューク大学のドリュー・シンデルは最近議会で証言した。雇用の創出、エネルギー価格の低下、新しいインフラなど、その他のリターンを計算する必要すらない。もちろん、世界中の国々はこれらの事項も考慮に入れている。脱炭素化はコストがかかりすぎ、利益が小さすぎて、一般の人々に利点として売り込むことができないとしていた一世代前の経済分析は過去のものになっている。
気候変動に関するたくさんの新しい公約について特徴的なのは、それがアメリカのリーダーシップ不在の中で行われたというだけでなく、パリ協定の枠組みの外で行われたことだ。地政学的な強制や、根拠のない楽観的なコンセンサスの結果ではない。むしろ、内部から、場合によっては秘密裏に、到達した計画なのである。このことは、気候変動の持つ「集団行動に関わる問題点」——脱炭素化は世界中に利益をもたらすが、コストは一定の地域に集中する。そのため、各国は他の国が動かなければ動こうとしないという懸念——に何十年も悩んできた多くの懐疑論者たちにとって、目を見張るものがあった。しかし、マット・ミルデンバーガーとマイケル・アルキンによる最近の論文は、これが驚くべきことではないと示唆している。彼らの過去に遡った分析によると、各国が「ズルをする」ことを防ぐ気候政策を設計しなければならないという懸念があったにもかかわらず、排出軽減努力を後退させて他国の善意の努力に乗っかろうとした国はこれまでに見つかっていない。つまり結局のところ、「集団行動に関わる問題点」は存在しなかったのだ。一世代にわたり、気候変動対策の議論は道徳的な根拠に基づいて行われてきた。その主張はますます力を増している。いまではそれに加えて、強力な、金銭的利益に関わる論拠が存在している。
楽観的になる第三の理由は、気候変動の影響を許容できる範囲内の破壊で収めるタイムラインはすでに霧消してしまっているが、次のベンチマークまでのタイムラインにははるかに猶予があることだ。CICERO国際気候研究センターの調査ディレクターであるグレン・ピータースが、温暖化を2度以下に抑えるのはたいへんで、もしかしたら不可能でさえあるが、2.5度以下に抑えるのはいまでは朝飯前に思える、と冗談を言っているのは、このせいだ。
安全へと滑空していけると言っているわけではない。現在の排出量レベルでは、地球はわずか7年で1.5度への炭素収支を完全に使い果たすことになる。つまりこのまま水平を維持すれば、比較的快適な最終局面を迎える可能性を10年以内に焼き尽くすことになる。早めに動き出すことでもう少し時間を稼ぐことはできるが、たいした時間ではない。ネガティブエミッション〔*二酸化炭素除去技術による削減〕なしで1.5度の目標を達成する可能性を残すには、脱炭素化のスピードをあげ、2035年頃までに排出量をゼロにする必要がある。すでに存在する自動車や火炉や化石燃料のインフラを寿命まで稼働させるだけで——今後ガソリンのSUVの新車が一台も道路を走ることもなければ、石油暖房の家が一軒も建つこともなく、石炭発電所が一か所も新設されることもなくとも——世界は1.5度を超えてしまう。
対照的に、2度の目標では、ネガティブエミッションを全く計算に入れなくとも、2070年か2080年までに世界をネットゼロにすればいい。炭素生産量を10年ではなく、約30年で半分に減らせばいい。この道のりは、思っている以上に困難であることはほぼまちがいない。それでも、うれしいことに、少なくとも試みは始まっているように見える。
しかし、それだけでは十分ではない。なぜなら、私たちはあまりにも先へ進んでしまったからだ。地球温暖化の解決策はなく、過去に戻ることはできない。10年前には夢のように思えた脱炭素化率によって気温上昇を2度に抑えるという目標を達成しても、その当時、許しがたいほど過酷になると予想した世界が訪れる。いま考えてもその過酷さは変わっていない。
すでに地球は、わずか1.2度の上昇によって、文明の長い歴史の中で最も暖かくなっている。かつて種として経験したこと——人類の歴史、農業、文化、政治、地政学など——は、既に過去のものとなった気候条件の賜物だった。私たちはまるで、異なる気候を持った別の惑星に降り立ったかのようだ。そして自らが持参した文明のどの側面がこの新しい気候条件に耐えられるのか、何を順応させ、何を捨てるのかを見極めようとしている。提起されている問題は、政治科学を超えて、政治哲学の領域にまで及んでいる。ジェイソン・ヒッケルやジュリア・スタインバーガーのように、成長そのものが問題であると考える左派もいる。彼らは「脱成長」のモデルを提案している。炭素排出量の半分を排出している世界で最も裕福な10%に、消費から撤退してもらおうというのだ。ジーン・スパーリングやジョセフ・スティグリッツのような経済学者は、GDPを再定義するか、少なくとも繁栄の尺度と考えるのはやめるべきだと唱え、ニュージーランドではジャシンダ・アーダーン首相がその代わりとなる指標を設計しようとしている。トランプとブレグジットとボルソナロの時代に、「エコ・ファシズム」の出現とニルス・ギルマンが「アボカド政治」と表現したもの——外側はグリーンで、中に茶色の種がある——への警告が生じた。ブルーノ・ラトゥールは、生存の名の下に戦われる新時代の世界大戦を予測し、アンドレアス・マルムは「21世紀の戦争共産主義」を予言した。ポリー・ヒギンズは「エコサイド」の原則に基づいて構築される法体系を求めて運動し、オルフェミ・タイウォは気候植民地主義の時代を回避する唯一の方法は、気候への賠償金であると提案している。パリ協定が色あせていくにつれ、グローバルな気候ガバナンスの幻想もまた、数多くの代替案に道を譲ってきた。米国と中国が核不拡散モデルで協力する。WTOスタイルの「気候クラブ」が貿易優遇措置で参加者を募り、後発国には制裁措置で罰を与える。発展途上国の脱炭素化を調整して運用する「G40」をつくる、などだ。
2度というのが気候変動の幸せな結末だと考える人間はいない。それで満足するべきでもない。アフリカの外交官は気候会議で、それが自国大陸の運命にどのような意味を持つのかを嘆き、「絶体絶命」と呼んで涙を流した。島国はそれを「ジェノサイド」と呼んでいる。2度の上昇により、大気汚染でさらに1億5千万人が死亡し、100年に1度の頻度で発生していた暴風雨や洪水が毎年発生し、現在何百万人もの人々が暮らす南アジアや中東の多くの都市では、夏があまりにも暑くなり、外を歩き回れば熱中症で死ぬ危険を免れないだろう。
「まったくの別世界です」とフィゲレスは語る。「人間がおかれる悲惨な状態という観点から見ても、まったく異なる世界です。生態系の回復力という観点からも、経済的な収益性と安定性という観点からも、ふたつの異なる世界です。2度の世界がもたらす貧困の増加と移住圧力には、どの国のどの社会システムも、対処することはできないでしょう」
私たちがいま、最善の結果に向かっていると言うとき、それはこういうことを意味しているのだ。
(つづく)
ニューヨークマガジン「インテリジェンサー」に掲載 2021.1.18号
デイビッド・ウォレス・ウェルズは気候変動について執筆しているジャーナリスト。著書に『The Uninhabitable Earth—Life After Warming』(邦訳『地球に住めなくなる日:「気候崩壊」の避けられない真実』藤井留美訳 NHK出版2020)がある。
1 note · View note
newsvoice420 · 2 months ago
Text
ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件 - Newsweekjapan #最新ニュース
ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件 – Newsweekjapan #最新ニュース
ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件 – Newsweekjapanブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件  Newsweekjapan 中印軍、国境付近で小競り合い 両軍に負傷者か – 時事通信ニュース 中印軍、国境付近で小競り合い 両軍に負傷者か  時事通信ニュース 印中の国境地帯で「小競り合い」が発生=インド軍  auone.jp 印中、国境係争地で小競り合い 負傷者か  日本経済新聞 印中の国境地帯で「小競り合い」が発生=インド軍(ロイター) – Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース Google ニュースですべての記事を見る (社説)ロシアの強権 政治的弾圧が目に余る:朝日新聞デジタル – 朝日新聞デジタル (社説)ロシアの強権 政治的弾圧が目に余る:朝日新聞デジタル  朝日新聞デジタル ロシア反政権デモ激化…
View On WordPress
0 notes
neko73 · 2 months ago
Text
@KunisueNorito(国末憲人 Kunisue Norito)
英国の上層部には、学問を収めて上品な訛りを獲得した下層の人を吸い上げる柔軟性があった。その結果、暴力的な変動は覆い隠され、フランス的な革命でなく、いわば英国的「解放なき革命」が時に起きるだけだった。ブレグジットはその一つなのだ。ラファエル・ベア論考。 https://www.theguardian.com/commentisfree/2021/jan/19/brexit-english-revolution-elites-ruling-class
Twitter Web Appから
0 notes
taka8aru · 3 months ago
Quote
2016年の国民投票でEU離脱が選択されたことで、イギリスは2020年1月31日をもってEUを離脱。さらに、2020年12月31日をもってEU法の適用範囲からも外れました。この影響で、利用者がEU加盟国に居住地があるか市民権を持っていること、あるいは法人がEU加盟国に存在することが要件となる「.eu」ドメインがイギリスの登録者では利用できなくなり、最大8万1000件のドメインが凍結状態となっていることが報じられています。
ブレグジットの影響によりイギリスで「.eu」ドメイン8万件が凍結状態に - GIGAZINE
0 notes
saekoidol · 3 months ago
Text
ブレグジットの影響によりイギリスで「.eu」ドメイン8万件が凍結状態に
ブレグジットの影響によりイギリスで「.eu」ドメイン8万件が凍結状態に Source: https://gigazine.net/news/rss_2.0/
View On WordPress
0 notes
piupon · 3 months ago
Text
ブレグジットの影響によりイギリスで「.eu」ドメイン8万件が凍結状態に
ブレグジットの影響によりイギリスで「.eu」ドメイン8万件が凍結状態に Source: https://gigazine.net/news/rss_2.0/
View On WordPress
0 notes
gkojax · 3 months ago
Quote
インド人上司が「インドとパキスタンを分離させるのは3ヶ月くらいでやったくせに、自分達は何年かかってんだ」と皮肉ってたのを思い出します #EU離脱 #ブレグジット #イギリス https://t.co/ROKNj6s3uF
nikiさんのツイート
53 notes · View notes
newsvoice420 · 3 months ago
Text
英EU、完全離脱後の混乱警戒 貿易に通関手続き、早速不備も(共同通信) - Yahoo!ニュース #最新ニュース
英EU、完全離脱後の混乱警戒 貿易に通関手続き、早速不備も(共同通信) – Yahoo!ニュース #最新ニュース
英EU、完全離脱後の混乱警戒 貿易に通関手続き、早速不備も(共同通信) – Yahoo!ニュース 英EU、完全離脱後の混乱警戒 貿易に通関手続き、早速不備も(共同通信)  Yahoo!ニュース 英EU離脱ルポ「税関申告は正確?」 トラックの通関開始  日本経済新聞 韓英FTAが1日から発効、ブレグジットは韓国の貿易に大きな影響なし(朝鮮日報日本語版)  Yahoo!ニュース 英EU、移行期間終了 年初の1日は物流に大きな混乱なく  auone.jp EU完全離脱のイギリス、でもスコットランドは「独立し復帰する」  東京新聞 Google ニュースですべての記事を見る 新春3大テーマを追う(1)新型コロナワクチン「欧米の接種開始で曙光射す」 <株探トップ特集> 投稿日時: 2021/01/02 19:00[株探] – みんなの株式 –…
View On WordPress
0 notes
newsvoice420 · 3 months ago
Text
韓英FTAが1日から発効、ブレグジットは韓国の貿易に大きな影響なし(朝鮮日報日本語版) - Yahoo!ニュース #最新ニュース
韓英FTAが1日から発効、ブレグジットは韓国の貿易に大きな影響なし(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース #最新ニュース
韓英FTAが1日から発効、ブレグジットは韓国の貿易に大きな影響なし(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース 韓英FTAが1日から発効、ブレグジットは韓国の貿易に大きな影響なし(朝鮮日報日本語版)  Yahoo!ニュース 英EU、移行期間終了 年初の1日は物流に大きな混乱なく  auone.jp EU完全離脱のイギリス、でもスコットランドは「独立し復帰する」  東京新聞 英EUから正式に離脱、 “離脱支持派”くすぶる不満(TBS系(JNN))  Yahoo!ニュース 英・EU 自由貿易協定に基づく新たな関係へ 国境管理も導入  NHK NEWS WEB Google ニュースですべての記事を見る 米国防法が成立、トランプ氏の拒否権不発 – 日本経済新聞 米国防法が成立、トランプ氏の拒否権不発  日本経済新聞 米で国防権限法が成立…
View On WordPress
0 notes
valentin10 · 3 months ago
Text
ブレグジット「この関係は永続しない」 慶大・鶴岡准教授が見る英国のゆくえ
https://mainichi.jp/articles/20201229/k00/00m/030/119000c
View On WordPress
0 notes