Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
#代理店募集
darkrebelwinner · a year ago
Link
■概要 【ショッピングモール開設希望者募集中】 ●一次産業(生産者)と副業者を繋げるマッチングサイトと 生産者と消費者を繋げるショッピングサイト 知識や家庭菜園支援を販売するノウハウサイト イベントやコミニティを募集するイベントコミニティサイト フローポータルサイトの運用を目的とする 。
0 notes
ansin-seikatu · a year ago
Text
販売を希望される方へ
利益が出る範囲で販売してください。販売を希望された方へは上代価格(小売り希望価格)を提示させていただきます。値引き等は、あなたの自由です。
販売が決まったら
当社への発注(機種と台数をお知らせください)
代引きで御社へ発送
お客様へ納品(代金回収)
販売した価格と当社からの卸値の差額があなたの収益となります(一台平均4万円程度の利益を想定しています。)
現在、不景気なので取り込み詐欺等には十分ご注意ください。
興味のある方はツイッターで@ASeikatuをフォローしていただいた後、DMで販売希望と記入して送り下さい。上代価格と卸値をDMで数日内に送信させていただきます。
0 notes
hibluebird · 3 months ago
Text
My favorite books for the first half of 2021
はろ〜
ずっとやろうと思っていたTwitterのタグ、あまりにもTwitterだと書ききれないと思ってここに書くことにしました。
やろ〜やろ〜って言って先延ばしにするのが常の私、今回も上半期のまとめを7月中旬にはじめます。ええ...
私は基本的に何でも読む方だとは思いますが、心理学や哲学などの人文学、海外文学と詩が今の気分です。なので、そういうジャンルの本が多く出てくるかと思います。
もし、ほんと〜に暇で、もうこれ以上暇潰せない人や寝る前に適当な文を読んで寝落ちしたい人はここから先を読んでください。基本的におもしろいことはないので...。
それでは!私的2021年上半期の本を10冊と、物語として没入感があったおすすめと、お気に入りの詩集、哲学書を紹介していくよ〜!GOGO
2021年上半期ベスト10
『茨木のり子集 言の葉〈3〉』 茨木のり子(筑摩書房)
Tumblr media
私、茨木のり子さんの詩がすごく好きで、ずっとこの言の葉シリーズの原本?を探していたんだけど、とある本屋で見つけて速攻買った。みんな好きだけど、特に「十二月のうた」と「夏の星に」がすき。何度でも開いて読みたい。
『多文化社会と異文化コミュニケーション』 (三修社)
Tumblr media
これは完全に教材として買ったんだけど、授業の内容以上にこの本がとにかくよかった。多文化と異文化、その重なりの中で生きていくこと、守りたいこと、繰り返したくないこと、などハッとさせられる本だった。なぜ、外国語は"英語"を学ぶのが"普通"なのか?とか、私もそう思ってたなっていう部分もあってなるほどと思いました。国際結婚で海外に在住しなければならなくなった女性たちの話(うる覚えです、すみません)はフェミニズムとも関係があると思います。
『死にたいけどトッポッキは食べたい2』 ペク・セヒ(光文社)
Tumblr media
これは本屋にもよく並んでいるかと思いますが、私は1も読んで2の方が好きでした。好きっていうか、そうだよねって思うことが多かった、という方が正しいかな?著者が自分のメンタルヘルスと向き合いながら、自分自身やその傷とも向き合っていく姿がリアルに描かれています。読んでいる私に語りかけることよりも、著者が自分自身の内面を内省するような内容なので、よく考えさせられます。
『バッド・フェミニスト』 ロクサーヌ・ゲイ(亜紀書房)
Tumblr media
フェミニズムについて学ぼうと思って買った本。いろいろフェミニズム本は出ているけれど、実はこの著者であるロクサーヌ・ゲイの別の本が上の『死にたいけどトッポッキ食べたい2』の中に登場し、それを読んで私はこの本を選びました。感想としては、アメリカの文化に疎い私はドラマや映画の実例を出されても、いまいちピンとこない部分が多々あったということ、そしてそれが私にとっての教科書にはならないということ。しかし、"教科書にはならない"というのは一方で正解だとも思った。著者は常に自分はフェミニストでありながら、その立場や自分の中でどうあるべきかについて悩んでいる。その姿がとてもリアルだったし、不完全な私でもフェミニストと言っていいんだと思えました。
『分析心理学』 C.G.ユング(みすず書房)
Tumblr media
これは完全に私の趣味というか、卒論に関わる本なのですが...これは基礎の基礎、ユングの真髄を感じる本です。しかし、いつも思うのが、大抵の本屋にはユングが置いてなくて、代わりになんでアドラーとフロイトばかりなんだろうと思います...とても気づきの多い学派で、今こと必要な考えだと思うのに...。ちなみに私はBTSに出会う前に、ユングの考えに出会いました。その話はまた今度〜
『元型論』 C.G.ユング(紀伊國屋書店)
Tumblr media
はい、またユングです。どうしても多くなってしまいますね...(これでも絞ってベスト10に入れている)これはユングの代表的な理論である元型論を深く掘り下げた本。実に500ページ超え!(軽く鈍器)読むのめっちゃ大変でした!が、雷が落ちるような感覚が何度もあって、読んでよかった〜と最後には思えました。私のユングの話を聞いてくれる方、そして私にギリシャ神話とキリスト教について教えてくれる方、募集します......
『愛するということ』 E.フロム
Tumblr media
これは前にtumblerに書きましたね!
https://hibluebird.tumblr.com/post/653127675571027968/never-hurt-myself-again
久しぶりに読んだのと、新訳で改めて読んだのもあってすごく印象的な本。あまり難しいことは書いてない(はずな)ので、人におすすめしたい本です。ずっと私の本棚にいてほしいな〜と思える本、その1ですね。
『生きるとは、自分の物語をつくること』 小川洋子/河合隼雄(新潮社)
Tumblr media
河合隼雄先生はユング心理学を日本に広めた第一人者として有名ですが、これは「博士の愛した数学」を書かれた小川洋子さんとの対談形式で進むもので、すんなりと読める本です。でも至るところで、なるほど...確かに...と腑に落ちるような思いがします。河合隼雄先生の言葉は、決して難しいことは言っていないのですが、こころにずしんとくる言葉が多いように思いますね。私の"この人の言葉が好きベスト5"に入る方です。
『河合隼雄 物語とたましい(STANDARD BOOKS)』 河合隼雄(平凡社)
Tumblr media
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、そう、河合隼雄先生も私の卒論関係でよく読んでいる方なのです...。こちらは河合隼雄先生が生前連載していたものをまとめた本です。ハッとする言葉に付箋を貼ったら、本の上部がカラフルになってしまいました。そのくらい、また読む必要があるな、と思う言葉たちです。
『続・スピリチュアルケアを語る』(三修社)
Tumblr media
これも教科書なんだけど、スピリチュアルというか宗教が人の死とその受け止め方にどう影響するのか、実例を元に実際その場で活躍してらっしゃる方々が語る本。私は特定の宗教を信仰しているわけではないけど、自分にとっての"神さま"というのが、どれだけ自分の死を受け止めるにあたって重要なのか、それがなかったからといってダメという話ではなく、可能性が広がることに対しての救いみたいなものはあるよねっていう。主にキリスト教の話ですが、ほかの宗教にも当てはまる話だと思います。
気づくと周りの音が聞こえなくなる本(それだけ没入感があるってこと)
その物語を読み進める中で、気づくと周りの音が聞こえなくなる体験ってありませんか?私はあります。そういう体験って人生の中で決して多くはないんだろうなあ〜って思いながら読み終えるのが好きです。今回は惜しくもベスト10には入らなかったものの、そんな没入感のある本を紹介するよ〜
夏の眠れない夜に、ぜひ。
(ここから先はtumblerの画像枚数制限で本の写真がないです...申し訳ない🥲)
『頼むから静かにしてくれ〈1〉』 レイモンド・カーヴァー(中央公論新社)
レイモンド・カーヴァーをはじめて読んだ本。私、レイモンド・カーヴァーの文、好きかも...って思った本。なんか最後にスカッとするとか、そうだったのか!って発見するとか、そういうことは基本的にないです。でも、彼らは確実にこの世界のどこかにいるだろうなと思うし、だからこそ、その先に広がる物語にハッピーエンドもバッドエンドもオチのある話もないんだなと。それなのに、ひとつひとつの話を読む間はしっかりとその世界に入り込めるような不思議さがあります。ハードカバーでもない短編集にしては少しお値段しますが、長雨の日に冷たいアイスティーと共に読んでみてほしい。
『冷静と情熱のあいだ』 江國香織(KADOKAWA)
これは韓国のお友達におすすめしてもらった本。元気にしますか...(突然)直接連絡先を交換してるわけではなく、メッセージアプリを通して知り合った仲だと安否がわからなくて少し寂しくなりますね...。まあ、それはともかく!実ははじめて江國香織さんの本を読んだんですが、ぐっと惹き寄せるというよりはじんわりとその物語に入っていくような感覚でした。映画化されたと思いますが、未鑑賞ゆえに自由に回想することができました。うつくしい情景と糸の絡れを感じれる本。
『老人と海』 ヘミングウェイ(新潮社)
これ決して長くないページ数で、サクッと読めるのにものすごい没入感!私には映画のように映像になって物語が進んでいく感覚で、一気に読んでほしい。「悲しい」とか「愛おしい」とか決まりきった感情は伴わずに、読んだあと、静かに海の少しベタつく風を感じるような、そういう本です。
ことばをよむ本
私にとって詩は"ことばをよむ"感覚で、普通の小説は情景が浮かんでくるタイプなので言葉を読みそのイメージを集めていく感覚なのですが、詩はシンプルに言葉に集中できるのでどちらかというと癒しに近い感覚で読んでいます。
私の一番古い記憶の詩は、谷川俊太郎の詩が小学校の時に国語の教科書に載っていたことだと思いますが、その後はずっと詩はもちろん本も読まずに過ごし、時を経てまた詩を含め本が好きになりました。
そんな私にとって2021年上半期に読んだお気に入りの詩集について紹介するよ〜
『よいひかり』 三角みづ紀(ナナロク社)
これはお友達に教えてもらったんだけど、なんだろう、読むと生命力が上がるというか、ごはんちゃんと食べようって思う詩。特に食べ物に関する詩が多いわけじゃないけど、エネルギーが湧くような気持ちになります。でも眩しすぎることはなく、カーテン越しの朝日のようなやさしさでそっと包んでくれるような感覚。表紙のデザインがかわいくて好きなのに、画像が10枚までしか載せられないなんて!
『Transit』 和合亮一(ナナロク社)
本屋でたまたま手に取った詩集。真っ青の表紙が目に入って、ついついうつくしいと思ってしまいました。ちょうど私の今の気分のブルー。(気になる人は調べてね!)この詩集の中の「Voice of the wind」という詩が特に好きなのですが、お友達に送ったら私と似た闇の形を感じると言ってもらえてうれしかった話があります。ふふふ
おすすめしてもらった哲学書
哲学好きなのに哲学迷子なので(?)、おすすめしてもらった本〜!といっても今期は一冊なのでサクッと紹介するよ!
『はじめてのスピノザ 自由へのエチカ』 國分功一郎(講談社)
これね、ものすんごく読みやすかった!けど、軽く流れていくような話じゃなくて、じっくりと考えていきたいような本。実はユングの本にもスピノザは何度か出てきていて、いつも調べなきゃ〜!と思っていたのです。これを"信じる"とか、"正しい"とかの物差しで考えると哲学って一気につまらなくなるけど、これを知ってどれだけ世界を広げられるか、自分のものとして使っていけるかっていうふうに考えると本当に楽しく興味深い学問だなあと思う。誰か!おすすめの哲学書があったら教えてくれ!すぎる。
————————————————————
なっが〜ってね、私も思った。長い。
ここまで見てくれた方、お疲れさまでした。眠ろうと思って読んだ方、ねてね。こんなふうにつらつらと書きましたが、もしこれを読んだ方の中に似た本を読んでいたり、おすすめの本があったら教えてください〜!私の積読候補にします。
それではまた!おやすみ〜
2 notes · View notes
kininarizm · 8 months ago
Text
やたらバンドマンの居るピザ屋で働いていた時の話
”パンジャービーからアーグラ ジャイプル ラジャースタンに飛んで
盲目の恋は遠い故郷を超えて胸燃やすのさ
シヴァとドゥルガーに祈りを 空と大地には愛を
ガンガー沿いのプジャーよ恍惚の彼方へつれてって”
『恋のバングラビート/wienners』 PUFFYのアジアの純真とか
水曜日のカンパネラのシャクシャインとか
tomaton' pineの踊れカルナヴァル
のような地名を羅列する系の偏差値2くらいの曲が好きです。
似たような曲あったら教えてくれ 数年前、渋谷のちょっと高めのピザ屋でバイトをしていた。
飲食店といっても原付で近所を回る配達バイク便の方だったが、
暇なときは調理補助したり品出し手伝ったり納品したり色々やっていた。
なぜかやたらとバンドマンやら演劇やら芸能系の人が居るピザ屋で、
柄本明の劇団の俳優やらお笑い芸人やってる人やら色々いた。
配達先も土地柄か色々面白くて、
日本で一番家賃の高いマンションの住人や
コロナで話題になった芸能人や
とあるガールズバンドのラジオ配信中に配達しにいったこともあった。
(後日みたらUSTで配信されてて笑った)
そんなわけでいたのは数ヶ月だけだったが個性的なメンバー達と
美味い賄いで中々思い出に残るバイトだったのだが
そんなある日先輩のバンドマンの人と帰宅中、
さいとう君は音楽何が好きなの?と聞かれて
「そーすねー最近のはあんまよくわからないんですけど
フィッシュマンズとwiennersが好きです」と答えたら、
その先輩もフィッシュマンズが好きで、
フィッシュマンズの映画、クラファン募集しているよねという話になった。
あと先輩はwiennersのドラムと仲がいいという話をしていた。
ついでにwienners(というか玉屋2060%)が売れないのはおかしいという話もした。(主観)
あれからしばらく経つが時代はやはりwiennersでなくawesome city clubだ(主観)
音楽が跳ねる、というのはつくづく曲単体の良さ云々とか
以外の要因、タイアップ要素である。
(awesome city clubをdisってる訳でなく、ふつーに勿忘は好きである)
フィッシュマンズの映画、
確か元々は昨年だか一昨年の公開予定で、紆余曲折あったが
今夏公開されることが決定したようで、
ふとこの時の会話を思い出して書いてみた。
あの時以来連絡は全くとっていないが
コロナ禍で大丈夫かなと久々に先輩のバンドを検索してみた所、
まだ脱退しておらずご健在だったようなので良かった。
色々落ち着いたら先輩のバンドも一回聴きに行って
いつかオーイシマサヨシのようになって
ラジオであの頃のピザ屋の話でもしてほしいと思った。
そんな毒にも薬にもならない話。
6 notes · View notes
ansin-seikatu · a year ago
Text
販売される方を募集します
業務用装置の販売と卸をしております。
利益率抜群、基本は販売先を決めて納品するだけです。
きちんとした価格の商品だから、利益が確保できます。
ノルマ等はございません。お客様ご自身がユーザーとなり。レンタル商材として貸し出しをされる事もできます。
寒い時期は室内の換気が難しいため、室内のウイルスを一気に不活化(死滅)するオゾン発生装置は感染防止に非常に有効な手段となります。安全で社会の役に立つ装置の販売に興味があればご相談ください。
このような場面でご利用いただいています。
・飲食店 ・介護施設 ・カラオケ    ・スナック    ・病院   ・救急車(脱臭・殺菌)  ・一般企業  ・温泉施設 ・不動産業 ・セレモニー施設   ・工場  ・避難所  ・公民館  ・要介護者を抱えるご家庭  等、
お客様に提案するには (←ご参考までにクリック)
人が集まる場所であれば、どんなところでも活躍できます。
業務用なので、とにかく丈夫でシンプル。上位機種はオゾン分配方式で体育館クラスの避難所でも対応できる機種がございます。水道と組み合わせてオゾン水などの製造も可能です。
オゾンには環境基準があるために、当社では安全に使用する為に機種を部屋の広さごとに使用するように複数に分けて「お客様がオゾン濃度を高めるような事故を防ぐ」配慮をしています。
長所
1年保証(物理的な破壊は対象外)
短時間で一気に室内を安全な低濃度オゾンで充満させることが出来ます。
長時間稼働し続けてもオゾン濃度が設定濃度を保ちます。
とにかく頑丈です。他社製のオゾン発生器の故障は自らが作り出したオゾンガスによる部品の酸化による故障です。当社の製品はそのような故障を防ぐ設計をしています。
部屋の広さの応じた安全設計。
誰でも使える簡単操作。
Tumblr media
オゾンの作業環境基準値は0.1ppm
低濃度のオゾンは人体に有益ですが、濃度が高くなると人体にも影響が出てきます。 濃度の高いオゾンガスを直接吸い込むと、濃度によっては肺の損傷に繋がることがあります。
当社のオゾン発生器は0.05ppmでウイルスやカビ等をターゲットにしています。
チラシ
Tumblr media
販売を希望される方はこちら
0 notes
insyohair · a month ago
Photo
Tumblr media
完璧【最新コロナ対策】換気対策 おはようございます。 ワクチン2回接種済、注射する時はガン見しちゃうiNSYOの黒川です。 コロナ換気対策として ドアを開けたり、窓を開けたりしてるところも多いですよね。 暑いとエアコンの効きも悪いし、 お客様にも不快にもなる。 いや、 電気代も、かさばむ気がするのね。 だがしかし 定休日に2日間かけて工事し iNSYOにはコイツが新しく導入! 『高機能換気設備』 全熱交換器ユニット ベンティエール 業務用エアコンも最新のものに! 漢字ばかり並べて最後に横文字かい!? 分かりやすく見てもらうのはこちらが良いでしょう。 簡単に言うと 【窓を開けなくても換気できます】 美容室で高機能換気設備をしている所も少ないでしょう。花粉もホコリも入らないし、 暑さ寒さに我慢もしなくてよい。さらに 窓開け換気へは省エネでもないしね。 これでお客様もスタッフも安心して過ごせます! 本日もよろしくお願いします。 ************************* ~髪質改善・縮毛矯正と頭皮と髪に優しい白髪染め専門美容室~  iNSYO中山駅本店【インショウ】 神奈川県横浜市緑区中山5-15-3-1F ************************* ≪アクセス≫ ■横浜線 中山駅 南口 徒歩6分 無料駐車場 2台完備 ≪営業時間≫ 9:30~18:00(最終受付カット17:00) ※ご予約優先、予約がない時はコロナ禍のためお店閉めます。HPからLINEにて対応します。 ≪定休日≫ 毎週月曜日、第1・第3日曜日 ■ダメージを出さないことが最大のトリートメント、矯正部分は完全保護でダメージレス ■ナチュラルハーブカラー白髪染め ■3D増毛取扱、ア○ランスにいかなくてもok ■半個室完備 ■ドリンクサービスあり #横浜 #中山駅 にある美容室インショウ 【こんなお悩みをお持ちの方はぜひご連絡ください】 ︎︎◌ ☑︎『髪の毛キレイだね』って周りのお友達に言われたい ︎︎◌ ☑︎髪の毛の手触りがよく、毎日テンションあげたい ︎︎◌ ☑︎美容室でトリートメントをしても、いつもすぐ落ちてしまうのよね ︎︎◌ ☑︎いつもクシでとかす時に毛先が引っかかって痛いの ︎︎◌ ☑︎自宅で市販のトリートメントしてもその日だけしかもたないの ︎︎◌ ☑︎しっかりしたホームケアを知りたい ︎︎◌ ☑︎ものすごくキレイな縮毛矯正をしてみたい ︎︎◌ ︎︎◌ iNSYOの髪質改善や縮毛矯正は 他の美容室のトリートメントとは概念が違います。 ︎︎◌ また髪の毛を極力傷ませないようにしながら あなたの求める理想の髪質に改善していくのが iNSYOオリジナル髪質改善です。 ︎︎◌ お悩みの方はお気軽に お問い合わせ下さい  親身な丁寧なカウンセリング提供】 ︎︎◌ 髪の毛の痛みなどが気になる方はご相談ください ︎︎横浜・中山駅5分 【美容師歴18年】 ︎︎◌ 黒川有亮 ︎︎◌ 【ご新規様】のご予約はネットかLINEで♪ LINE@登録ID:@xcn4646j プロフィール欄のストーリーのハイライトからもご登録できます ・ あなたの髪の毛も必ず綺麗にしていきます! 気になる方はご連絡・ご相談お待ちしております ︎︎◌ ︎︎◌ #縮毛矯正  #鴨居駅 #中山駅 #3D増毛 #社会保険完備 #日曜休み #スタイリスト募集 #美容師 #ママ美容師 #日本美容専門学校 #美容室 #白髪染め #髪質改善 (インショウヘアーラウンジ 中山駅本店) https://www.instagram.com/p/CTOE0ytPazc/?utm_medium=tumblr
1 note · View note
kurayamibunko · 11 months ago
Text
世にもキュートな物語
Tumblr media
『かわいいことりちゃん』
作 コナツ マキコ 絵 コナツ コウイチ
ことりちゃんと出会ったのは会社を辞めてメロンパンを買い、二子玉川の土手に座って往来する電車を眺めながら食べていた頃のことです。小鳥好きの相方からいつかお迎えしたいと言われてはいましたが、この世に生まれてから人としか接触したことがなかったため、どんな心構えで小鳥をお迎えすればいいのか、意思疎通はできるのか、衣食住はどうするのかと怖気付き、のらりくらりとかわしていました。しかし「田園都市線を眺めつづける人生を選ぶもよし、地球上で最も愛らしいことりちゃんと暮らす人生を選ぶもよし」 と言われては選択の余地はありませんでした。 
ともかく飼育本で知識を得ようと6冊ほど読んで茫然としました。 ・雛の時期は虫かごを保育器にして保温器具でしっかり温めるなど温度管理を徹底すること。 ・パウダーフードをお湯に溶かし温度計ではかりながら適温で1日複数回与えること。 ・毎食後に体重を測ってどれくらい食べたか記録すること。 ・以上を一人でご飯を食べられるようになるまでの数カ月間徹底すること。 ・巣立って以降も栄養管理と体重管理と温度管理に気をつけること。 ・フンやくちばし、羽毛の状態、体臭口臭などに異常がないか毎日チェックすること。 ・異常があればみてもらえるよう鳥専門医を見つけておくこと。 ・中毒を起こす金属類や感電の危険のあるコード類を小鳥の活動範囲に置かないこと。 ・ケージから出しているときは絶対に窓や扉を開けないこと。飛び出た際の全責任は飼い主にあること。 その他もろもろいったん小鳥をお迎えしたらその命は完全に飼い主に依存することになり幸せに健やかに生きてもらうために飼い主は全精力をかたむけてあらゆる策を講じなければならないというあまりにも重すぎる責務に、メロンパンはカスカスの砂の味わいになっていくのでした。
 お迎えしたのは生後1カ月のオカメインコです。町の小鳥店のほの暗く暖かい店内に並ぶケージの1つで、パウダーフードをくちばしにまみれさせうつらうつら眠っていたことりちゃんに相方が指を差し出すと、うつらうつらしたままそっと乗ってきたそうです。そのときこの子と一生添い遂げると決めたのだと後から聞きました。そのとき私が何をしていたかというと巣立ったばかりの別のオカメインコを腕に乗せてもらいわーわー舞い上がっていたのでした。 その後3カ月間、毎日数時間おきにパウダーフードをスプーンで与え、餌が冷たくなるとそっぽを向くのでそのたびに温め直して食べさせ、おなかいっぱいになったら体重を測って記録し、夜中に鳴き声が聞こえはっと目覚めると空耳だったり、外出先でも空耳したり、餌をあげる時間に間に合わないのでタクシーを飛ばしたり、飲みの誘いに「すみません、コレが(と手を羽ばたかせる)コレなもんで(手の指をクチバシのようにぱくぱくうごかす)」と給餌を理由にことわったり、24時間ことりちゃん最優先の厳戒態勢を敷くことになりました。 「鳥?ご飯なんてカゴに入れとけば勝手に食べるでしょ」と思われるかもしれません。しかし、あなたは赤ん坊が栄養バランスを考えながらスーパーで食材を選びごはんを炊き卵とチンゲンサイを炒め豆腐とワカメ入りのお味噌汁をつくり器に盛りつけ食べたあとに器を洗って洗濯機をまわしながら部屋を掃除できると思いますか、毎日、ひとりで。「いや、赤ん坊と鳥はちがうから」。ちがいません。ヒナは、いえ、成鳥になったとしても、猫でも犬でも爬虫類でも昆虫でも甲殻類でもいったん家にお迎えしたらその命は完全に飼い主に依存することになり彼らの人生に飼い主が全責任を負うことになるのです幸せに健やかに生きてもらうために飼い主はあらゆる策を講じなければならないのです勝手にご飯を食べるだなんてうちの子をなんだと思っているんだもちろん飲み会はお断りだし法廷でお会いしましょう。 初めての一人餌、初めての飛行、初めての換羽、初めての病院、初めての引越しなどいろいろな初めてを一緒に経験しながら、今年で同居11年目。首毛をなでさせてもらい鼻先をうずめて蜂蜜バターのような匂いを胸いっぱい吸い込んでしつこいやめてとクチバシで押しのけられながらもあきらめず 「かわいいなあかわいいなあこんなにかわいい生物が地球にいるなんてなあどこにいるんだそういえば隣の部屋にいるなあ」と撮影した写真を眺めながら隣の小鳥部屋に行って実物を眺めながらどっちがかわいかなあどっちもかわいいなあとデレ倒す日々を送っています。 『かわいいことりちゃん』は、そんなことりちゃんとのかけがえのない毎日を描いた絵本です。 朝起きて昼遊んで夜寝るまでの何気ない1日です。ご飯を食べたり歌ったり水浴びしたり羽繕いしたりいつもと変わらない1日です。でもそのことが、その存在がどれほど奇跡でありどれほど喜びをもたらしてくれるものなのか、1ページ1ページに心を込めて描かれています。 
Tumblr media
Tumblr media
先日、久しぶりに会った親友とジンギスカン鍋を囲んだのですが、絶滅しているはずのドラゴンの子を3匹連れていたので驚きました。結婚式の貢物の卵から孵ったそうで、親友もまさか孵化するとは思っていなかったとのこと。生の羊肉を与えると口から炎を吐き出して上手に焼いて食べていました。 顔まわりを撫でると嬉しそうに身を寄せてくるし、羊肉を摘んだ指ごと食べられそうになるし、怒ると炎で焼き殺そうとするし、うちのことりちゃんと似ていなくもない元気な子たちです。このまま育てば人を背中に乗せて飛ぶくらい大きくなるそうですが、そうなれば巨大な竜舎が必要になるしご飯代も国家予算規模になります。でもたとえそうなったとしても責任を持って育てるつもりだと宣言する親友に私は胸をなでおろしました。そしてドラゴンたちが楽しく幸福に暮らせる竜舎づくりの参考にと、たまたま持っていた『KOTORI Life No.198 特集: 楽しい!飽きない!破壊できる!鳥さんのおもちゃ』 をプレゼントしました。 
翌日、親友は〈鉄の玉座〉を取り戻すための資金と兵士を募る旅へ出発していきました。小鳥の先祖は恐竜であり、ドラゴンも小鳥もほぼ同じ。七王国統一のために戦はさけられないようですが、とにかくドラゴンのことを一番に考えて、無闇に戦闘に参加させたり、定員以上に人を乗せたり、くれぐれも夜の王に触れられ亡者にされないようにと念を押しておきました。 人の愛情をたっぷり受けながらすくすく育ったドラゴンとことりちゃんと、いつか一緒に空を飛べる日を心から楽しみにしています。
『かわいいことりちゃん』 作 コナツ マキコ 絵 コナツ コウイチ ニジノ絵本屋
11 notes · View notes
tsukushiteam · 4 months ago
Text
【作家募集】つくしのブックマーク展/出展概要
Tumblr media
【応募フォームはこちら】
[つくしのブックマーク展]、東京開催決定! 全国から公募した30人の絵描き・イラストレーターがデザインしたしおりを、書店で設置配布 & オンラインで同封配布します。 ※35人の[つくしのブックカバー展]も併催
当企画の目的は、 しおり作品を読書に愛用してもらい、作家作品を好きになるきっかけにしたい! 作家活動の宣伝の一環として活用してほしい! です。
各個人がオンライン(SNS)で作品を発表したり宣伝することは、全世界に発信できているようで、実際はなかなか広くに見せれてなく、オフラインで不特定多数に着実に作品を見せることのほうが、近年は価値があると考えています。 フォロワーが数万人いる方でも、新規ファンを獲得するためには、そういった機会は重要です。
とはいえSNSは必須ですが、オフラインでも上手く周知できると良いよなあ、と考えていました。SNSで宣伝している作品画像と作家情報の投稿を、リアルでできるような仕組みをです。
そこで、思い付きました。。。 書籍に・ネットワーキング・サービスです! 冗談ではなく、真面目に言ってます。笑
まず、しおりの表面は絵のみにし、裏面にURLや宣伝を記載。 そして、書店にて展示什器に設置と、ブックカバーの通販にしおりを同封!
ブックカバー展との併催でアートファンに向けてはもちろんですが、書店に来る方は、アートに繋がる関心をなにかしら持っていると考えていて、様々な趣向や世代の人たちが集まります。
そんな人たちやアートファンに、ホンのちょっとお洒落に読書を楽しむきっかけに、作家の皆さんのしおりを長期間使って→作品を好きになって→ファンになってもらう!という、 これが、書籍で・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
代表過去作や、読書を前提とした新作など、あなたの作品をしおりにして、ぜひ作品や活動の周知に活用してくださると嬉しいです。
つくしチームは、作家作品をなるべく良い環境で広く届けたいと思っています。その願いもあり、この類いの企画は継続して開催していきたいです。ぜひ、ご賛同ご参加のほどよろしくお願いいたします。
⤵︎前回名古屋店の販売様子(多少設置方法変わります)
Tumblr media
Tumblr media
==== 開 催 概 要 ====
▼会期
書店:11/1(月)~30(水) 通販:11/16(火)19時~12/15(水)24時
▼書店会場
三省堂書店 神保町本店 時間:10時~20時 観覧:無料 住所:101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1 最寄:地下鉄[神保町]駅より徒歩3分、各線[御茶ノ水]駅より徒歩6分 駐車:契約有料駐車場あり
Tumblr media
▼オンライン会場
TSUKUSHI TEAM SHOP(BASE)
▼出展者数
30人 (+布ブックカバー5人) (+紙ブックカバー30人)
▼ハッシュタグ
#つくしのブックマーク展 #つくしのブックマーク展制作中 ※制作中の展示作品の画像を投稿するときのみ使用
▼企画運営
TSUKUSHI TEAM 担当:市本達也 受付:info@tsukushi-team.com
==== 企 画 概 要 ====
▼出展料
2,000円
>内容 ・書店で1ヶ月間、販売配布 ・オンラインショップで1ヶ月間、ブックカバーに同封配布
▼参加
しおりの制作と郵送をお願いします [1]HPから応募 → 運営からの応募受理メールに返信をして出展確定 [2]2週間以内に、出展料を運営に振込 [3]9/12(日)までに、作品データを専用アップロードフォルダにて運営に送信 ※告知に使用 [4]9/12(日)までに、出展に必要な情報を専用入力フォームにて運営に送信 [5]しおりを各自制作し(1枚ずつ袋詰め)、郵送 [6]書店と通販で配布 [7]終了後、もし余りがあれば返却郵送 ※破棄希望も可 ※詳細は応募受理メールにて
▼しおり
出品数:1人1作 テーマ:なし サイズ:縦100×横30mm 以上 ~ 縦125×横40mm 以下 素 材:薄ければ自由 ※紙・プラ・木 納品数:最低20枚~最大80枚 ※後日追加NG 袋詰め:1枚ずつ、なるべくジャストサイズのクリアポケットに入れてください 表 面:絵柄面     イラストや抽象画、グラフィックデザインなど、サイズ内に自由に絵描いてOK ※作家名やURLなどの宣伝記載NG ※オリジナルであれば新旧作不問 裏 面:宣伝面     作家名・URL・告知などを記載し(挿絵もOK)、宣伝してください
▼配布
基本理念としては配布の心持ちなのですが、 書店では管理上、1枚10円で販売します。(売上は書店に納金) 入口すぐ(レジ向かい)のメイン棚にて、ブックカバーと一緒に設置します。
>オンライン ブックカバー購入者に、ランダムに配布 ※カバー1枚にしおり3種(枚)同封
▼搬入郵送
10/20(水)~22(金)の内に必着 >しおり(袋詰め済)、出展者シート(追って詳細)、ヤマト運輸着払い伝票(記入済)を同封 >レターパックで下記住所にご郵送ください  〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1  三省堂書店神保町本店 つくしチーム係 岡田様 宛
▼返却配送
残数を報告しますので、返却配送するかご指示ください ※搬入時のレターパックに、同封くださったヤマト運輸着払い伝票を貼って返却
【応募フォームはこちら】
==== 企 画 詳 細 ====
ここからは企画の解説等。出展するうえで必読ではないですが、お時間あるときに。
▼神保町
書店(古本屋)が150店以上あり、本の街として有名です。 そんななか、三省堂書店神保町本店は、今年で140年周年という歴史ある書店です!“ブックカバー展”としては、国内最高の舞台かもしれません。 東大や明大などの大学も多く、お洒落な喫茶店も多いとのことです。 詳しくはこちらを参考ください
▼しおり印刷会社
あくまで参考として、リストアップしました。 ・グラフィック/両面カラー 100枚 2050円~ ・メガプリント/片面カラー片面モノクロ 100枚 1870円~
2 notes · View notes
honyakudiary · 6 months ago
Text
小さな変革 (前編)
―マルコム・グラッドウェル
1960年2月1日月曜日の午後4時半、ノースカロライナ州グリーンズボロのダウンタウンにあるウールワースのカウンター食堂に4人の大学生が座った。彼らは、1マイルほど離れたところにある黒人大学、ノースカロライナ州立A&Tカレッジ〔*Agriculture&Technical=農・工業大学〕の1年生だった。
4人のうちの1人、エゼル・ブレアがウェイトレスに「コーヒーをお願いします」と言うと、ウェイトレスは「ここでは黒人には出しません」と答えた。
ウールワースのカウンター食堂は、66人が座れる長いL字型のカウンターで、片方の端には立食式のスナック・カウンターがあった。座席は白人用で、スナック・カウンターは黒人用だった。暖かい料理が並ぶスチームテーブルで働いていた別の従業員の黒人女性が学生たちに近づき、注意して追い払おうとした。「馬鹿なことするんじゃないよ、何もわかってないくせに!」と彼女は言った。彼らは動かなかった。5時半頃、店の正面玄関が施錠された。それでも4人は動かなかった。ようやく彼らが横のドアから出ると、外には小さな人だかりができていた。そこにはグリーンズボロ・レコード紙のカメラマンもいた。学生の1人が「明日、A&Tカレッジといっしょに戻ってくるよ」と言った。
翌朝になると、抗議行動の参加者は男性27人、女性4人になっていた。そのほとんどが最初の4人と同じ寮に所属していた。男性陣はスーツにネクタイ姿。学生たちは学校の課題を持ってきていて、カウンターに座っているあいだ勉強した。水曜日には、グリーンズボロの「ニグロ」の中等学校であるダドリー高校の生徒たちも加わり、抗議者の数は80人に増えた。木曜日には、ノースカロライナ大学グリーンズボロ校の白人女性3人を含む300人が参加。土曜日には、「シット・イン」〔*抗議のために白人専用の座席につく行動〕は600人に達した。収まりきれない人々が道にはみだしていた。白人のティーンエイジャーたちが南軍の旗を振っている。誰かが爆竹を投げた。正午になると、A&Tのフットボールチームが到着した。白人学生の1人が「解体屋集団が来たぞ」と叫んだ。
翌月曜日には、25マイル離れたウィンストン・セーラム、50マイル離れたダーラムでもシット・インが行われた。その翌日には、シャーロットのフェイエットビル州立教育大とジョンソン・C・スミス・カレッジの学生が参加し、水曜日にはローリーのセント・オーガスティンズ・カレッジとショー大学の学生が加わった。木曜日と金曜日には抗議行動は州をまたぎ、バージニア州のハンプトンとポーツマス、サウスカロライナ州のロックヒル、テネシー州のチャタヌーガでも行われた。月末までには、シット・インは南部全域で行われるようになり、西はテキサスまで広がっていた。政治理論学者のマイケル・ウォルツァーはディセント誌に書いている。「私は出会ったすべての学生に、自分のキャンパスではシット・インの初日がどんな感じだったかを尋ねた。その答えはいつも同じだった。『まるで熱病のようだった。誰もが行きたがっていた』」。 結局、7万人もの学生が参加した。数千人が逮捕され、さらに数千人が過激化した。60年代初頭に起きたこれらの出来事は、その後10年間にわたって南部を飲み込んだ公民権闘争となった――そしてそれは、Eメールもテキストメッセージもフェイスブックもツイッターもなくても、起きたのだ。
世界はいま、革命の真っ只中にあるそうだ。ソーシャルメディアという新しいツールが、社会運動を作り変えた。フェイスブックやツイッターなどにより、政治的権威と民意との従来の関係が覆され、無力な人々が協働し、連携し、自分たちの懸念を表明することが容易になった。2009年春、モルドバで共産党政権に抗議するために1万人のデモ隊が街頭に出たとき、この行動はデモ隊が集められた手法から「ツイッター革命」と呼ばれた。その数か月後、学生の抗議行動がテヘランを揺るがせた際には、米国国務省がツイッター社にウェブサイトの定期メンテナンスの中止を求めるという異例の措置をとった。これはデモの最中にこの重要な組織化ツールが使えなくなることを避けたかったからだった。「ツイッターがなければ、イランの人々は自由と民主主義のために立ち上がる力と自信を得ることができなかっただろう」。 元国家安全保障問題担当補佐官マーク・ファイフルは後に書き、ツイッターをノーベル平和賞の候補にすべきだと呼びかけた。かつてアクティビストはその動機によって定義されていたが、いまではそのツールによって定義されている。フェイスブックの戦士たちは、変化をもたらすためにオンラインで行動する。「最近フェイスブック、AT&T、Howcast、MTV、Googleが主催した会議で、元国務省高官のジェームズ・K・グラスマンは、大勢のサイバー・アクティビストたちに向かって「あなた方は私たちにとって最大の希望です」と語った。フェイスブックのようなサイトは、「アメリカに、テロリストに対して大きな競争優位性を与えています。少し前に私は、アルカイダは『インターネットで我々の利益を貪っている』と言ったことがあります。それはもはや事実ではありません。アルカイダはウェブ1.0に留まっています。インターネットはいまや、双方向性と会話の時代に入りました」
これは強い主張であり、不可解でもある。なぜ、インターネット上で誰が誰の利益を貪っているのかが重要なのだろう? フェイスブックにログインしている人たちが、ほんとうに私たちにとっていちばんの希望なのだろうか? モルドバの「ツイッター革命」と呼ばれる出来事について、スタンフォード大学の学者でデジタル福音主義を一貫して批判してきたエフゲニー・モロゾフは、ツイッターのアカウントがほとんど存在しないモルドバ国内では、ツイッターはほとんど意味を持たなかったと指摘している。革命であったかどうかも、疑わしい。というのも、アン・アップルバウムがワシントン・ポスト紙で指摘しているように、抗議行動は政府が仕組んだちょっとした演出だったかもしれないからだ。(ルーマニアの領土回復への野望に被害妄想的なっている国にあって、抗議者たちは国会議事堂でルーマニアの旗を振っていた。)一方、イランの場合、デモの様子をツイートしていたのは、ほとんどが欧米にいる人々だった。ゴルナス・エスファンディアリはこの夏、フォーリン・ポリシー誌に「イランでの出来事においてツイッターが果たした役割を正しく理解する時だ」と書いた。「端的に言って、イランで『ツイッター革命』は起きなかった」。 イランにおけるソーシャルメディアの役割を支持していたアンドリュー・サリバンのような著名なブロガーたちは状況を誤解していた、とエスファンディアリは続ける。「イランの現場にいる人々と接触できなかった――あるいは接触しようとしなかった?――西側のジャーナリストたちは、『#iranelection』というタグが付いた英語のツイートの投稿をスクロールして見ていただけだった」と彼女は書いている。「その間ずっと、イランで抗議行動を組織しようとしている人たちがペルシャ語以外で書くはずがないことを、誰も疑問に思っていないようでした」
大げさな表現がされたことはある程度想定内だ。イノベーションを起こす人は独我論者でありがちだ。自らが考える新しいモデルに、ありとあらゆる事実や経験を押し込めようとすることが多い。歴史学者のロバート・ダーントンが書いているように、「現在の驚異的なコミュニケーション・テクノロジーは、過去についての誤った意識を生み出している――コミュニケーションには歴史がなく、テレビやインターネット以前には考察すべきものは何もないという感覚さえ生まれている」。 しかし、このソーシャルメディアへの異常なまでの熱狂の中で、ある別の作用が働いている。アメリカ史の中でも際立った社会的大変革から50年後、私たちはアクティビズムとは何かを忘れてしまったようなのだ。
1960年代初頭のグリーンズボロは、人種差別への反抗が決まって暴力によって迎えられるような場所だった。最初にカウンター食堂に座った4人の学生は、恐れおののいていた。「もし誰かが後ろから来て『わっ』と叫んだら、椅子から落ちていたと思います」と、後に4人のうちの1人が語っている。初日に店長は警察署長に通報し、すぐに警察官2名が派遣された。3日目には、頑強な白人のグループがカウンター食堂に現れ、これみよがしに抗議者の後ろに立ち、「ごわごわ頭のニガー」などと侮蔑的な言葉をつぶやいていた。地元のクー・クラックス・クランのリーダーも登場した。緊張が高まった土曜日には爆弾予告の電話があり、店全体が避難しなければならなかった。
危険は、1964年の「ミシシッピ・フリーダムサマー・プロジェクト」では、さらに明らかだった。このプロジェクトは、公民権運動のもうひとつの尖兵となった行動だ。学生非暴力調整委員会(Student Nonviolent Coordinating Committee)は、北部の主に白人の無給ボランティアを何百人も募り、フリーダムスクールを運営し、黒人の有権者登録を進め、ディープサウスの公民権意識を高めた。彼らは「1人では決してどこにも行ってはいけない。特に車に乗って、まして夜には、出かけるな」と指示されていた。ミシシッピに到着して数日後、3人のボランティア――マイケル・シュワーナー、ジェームズ・チェイニー、アンドリュー・グッドマン――が誘拐され、殺害された。それからの夏のあいだに37の黒人教会が放火され、何十もの隠れ家が爆破された。ボランティアは殴打され、銃撃され、逮捕され、武装した男たちをいっぱいに乗せたピックアップトラックに追われた。参加していたメンバーの4分の1が脱落した。根深い問題に取り組み、現状を打破しようとするアクティビズムは、気の弱い人間にできるものではなかった。
人はなぜこのようなアクティビズムに身を投じることができるのだろうか? スタンフォード大学の社会学者であるダグ・マクアダムは、「フリーダムサマー」の脱落者と留まった参加者を比較し、決定的なちがいは、予想されるようなイデオロギーへの傾倒の度合いではないことを発見した。「参加者も脱落者も含め、志願者全員が夏の行動計画の目標や価値観を非常に熱心に、明確に支持していることがわかった」と彼は結論づけた。それよりも大きな要因は、志願者が公民権運動にどの程度個人的に関わっているかということだった。すべてのボランティアは、個人的な連絡先――自分の活動について連絡してもらいたい人のリスト――を提出することを求められた。そして参加者には、ミシシッピに行く親しい友人がいる場合が、脱落者よりもはるかに多かった。危険度の高いアクティビズムは、「強い絆」で結ばれた現象である、とマクアダムは結論づけている。
このパターンは何度も繰り返し現れている。1970年代イタリアのテロ組織「赤い旅団」に関するある研究では、兵士に採用された人間の70%が、組織内に少なくとも1人の親友を持っていたことが分かった。これはアフガニスタンのムジャーヒディーンに参加した男たちにも当てはまる。ベルリンの壁を崩壊させた東ドイツのデモのように、自然発生的に見える革命的な行動も、根底には「強い絆」という現象がある。東ドイツの反対運動は数百のグループで構成されていたが、それぞれのグループのメンバーは10数名程度だった。それぞれのグループは。他のグループとは限定的な連絡しかとっていなかった。当時の東ドイツでは13%しか電話を持ってさえいなかった。彼らが知っていたのは、月曜日の夜、ライプツィヒのダウンタウンにある聖ニコラス教会の前で、人々が国家への怒りを表明するために集まっているということだけだった。そしてそこに行くかどうかの決定要因は「批判的な友人」がいるかどうか、だった。政権に批判的な友人が多ければ多いほど、抗議活動に参加しがちだった。
つまり、グリーンズボロのカウンター食堂にいた4人の1年生――デビッド・リッチモンド、フランクリン・マケイン、エゼル・ブレア、ジョセフ・マクニール――についての決定的な事実のひとつは、彼らの関係性だった。マクニールは、A&Tのスコットホール寮でブレアと同室。リッチモンドはそのひとつ上の階でマケインと同室で、ブレア、リッチモンド、マケインの3人はダドリー高校の同級生だった。4人は寮にビールをこっそり持ち込んで、ブレアとマクニールの部屋で夜遅くまで話をしていた。1955年のエメット・ティル殺害事件、同年のモンゴメリーのバスボイコット、1957年のリトルロックでの対決などを思い出していたのだろう。ウールワースでシット・インをしようと言い出したのはマクニールだった。4人は1か月近く話し合った。それからマクニールが寮の部屋に入ってきて、他のメンバーに準備ができているかどうかを尋ねた。一瞬の沈黙の後、マケインが、夜遅くまで語り合った者同士ならではの言い回しで、「おまえらはチキンなのか、そうじゃないのか?」と言った。翌日、エゼル・ブレアが勇気を出してコーヒーを頼んだのは、ルームメイトと高校時代の親友2人に脇を守られていたからだった。
(記事中のグリーンズボロ・シット・インについての記述は、マイルズ・ウォルフの「Lunch at the Five and Ten」(1970年)に依る)
(つづく)
ニューヨーカーに掲載 2010.10.4
マルコム・グラッドウェルは、1996年からニューヨーカー誌のスタッフライターとして活躍している。
2 notes · View notes