Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
#外構写真
straycatj · a year ago
Text
Tumblr media
家主です。昨夜のインスタ の件をお話ししたいと思います。長くなりますがご容赦ください。
ごめんなさい、今日のこれは、もしご親切な方がいらっしゃるのなら、訳していただけると嬉しいです。ちょっと疲れたので。(いえごめんなさい、明日英語版書きますね)
まず、私はJさんのアカウントについて、そんなに厳しく著作権を主張したりしていません。だって猫ですし。牙が伸びたり、火を吹いたり、コラージュされたりアニメになったり、いや皆さんすごいね、楽しい、ありがとうと思っています。ネットを通じてですけど、Jさんを可愛がってくださるのが伝わって来るからです。ただ、私が好まないのは、私の写真やスクリーンショットをそのまま使って、ただ自分へのフォローを求めていらっしゃる場合です。
Tumblr同士では、以前はリブログの際オリジナルのコメントを消し、自身の、特にセクシャルなサイトへ誘導するものが多くありました。今ではオリジナルの文章を消すことはできず、他人の画像とリアクション数だけを利用することは出来なくなっています。Jさんと私にとっては、tumblrは今も、とても住み心地の良いホームです。
で。ここのポストをスクショして、インスタに貼る方がいらっしゃいます。最初に申し上げたとおり、ただ楽しんでいただくならば、インスタだろうとtwitter だろうといいのです。が、ある方が、自身へのフォローを求めるコメントだけを付け、著作権主張への逃げ道かご丁寧にインスタのstraycatj の方へリンクを貼って、複数回投稿なさったわけです。…というメンションが付いたから気付いたのですが、そこでさすがにちょっとどうかなと思ったわけです。だってそのポスト、インスタのじゃないし。インスタのstraycatj はたまたま私ですが、Twitterの方は関係がなく、つまりSNSを跨ぐとクレジットとしての信頼性は揺らぐものだとも言えますし。
ということで、フォームから申立をしたのが週末。まずこの時点で氏名と住所が要ります。ここで躊躇して相手をブロックして終われば良かったんですが、何度か迷って行っちゃったんですね。で、昨日メールが来て、正当性を証明できるものを出せと。なお、フォームの記載からメールまで、こちらは全部英語です。日本語で送ったらどうだったんでしょうかね。Googleで翻訳された訳の分からないのが返って来るような気はしますが。
比較としてtumblr のリンクを貼ってありましたので、アカウントページのコピーを送りました。だって、まさにやり取りしてるアドレスが載ってますので。tumblr からの転載でその保有者だと証明できればいいでしょう、と思うのですよ。だってインスタ、FB本体と違って匿名でしょ?って。ただそれが偽造と言われてもと思い、バナナJさんの写真をつけ、証明としてインスタとtumblr の双方にこれを掲載するとも書きました。
程無く別人から返事が来て、まだ足りないと。で、具体的に何が欲しいんだと送り返し、tumblr でちょっと愚痴ると、ID出せって言うことじゃない?と答えて下さった方が何人かありました。
日本人的には、
そんなんありえねーーー!!
です。はい。私企業が不必要な個人情報を収集するとか、ないというか、ダメなんですよ、うち。(いや、役所でもダメなんですよ、ほんとに) 今まさにやってる、「統計法に基づき国への回答の義務がある国勢調査」以上の特定個人情報じゃないですか。書類だったら鍵付棚に保管して鍵利用の記録簿が要るヤツですよ。それをメールで、フリーなグーグルさんのメールで送れってか。なんだそりゃ。(いやGoogleさんはそこそこ信用申し上げております)
アメリカの方って何かあるとIDが要るイメージではあるんですけど、私まず国籍Japanでフォーム書いてますから。本当にIDだったとしても説明がいると思うんですよ、我が国のこれに当たる貴国の物を出せとかね。で、そこの説明も何もなく、朝起きたら、
虚偽の報告を繰り返すとアカウントが削除されます
という警告が来てましてね。再度また、
ありえねーーーーーー!!!
なわけです。
説明責任捨てて警告かよ!?です。
もうこれね、日本のカスタマーサービスだったらないから。それBtoBでやったら切られて文句言えないから。だってないでしょう、そこ本当にIDだったら、ペンネームの物書きさんとかどうするの。私も雅号使ってるから作家の方の身分証明はないんですよね。そこいちいち身分証明言うにしては、おたくそもそも本名不要なはずじゃ?です。そんなもの無くても著作権の優位性ぐらい証明できように……つまり、自身の身分も証明出来ない癖に権利を主張するな、ってこと?
そんなん関係あるかぁっ!ですよ。違うだろ。
Tumblr の方じゃあるまいし、たかだか数千フォロワーで口答えした方が悪いんですかね(だったら差別だ)
またはアメリカ様の常識を理解してない有色人種が悪いんですかね(それも差別だ)
そんな風にも思いましてね、結構腹立たしいですよ。まあFBのイメージなんてそんな会社ですけどさ。個人的な結論は、インスタは著作権について、少なくとも国外ユーザーには辛い、です。
ええ、文句言うなら使わなきゃいいんですよね、
で、す、よ、ねーーー!?
って感じ(苦笑)
それに比べたら、tumblrは優しいし、ユーザーの皆さんも概ね優しいし、ほんとに日々感謝しています。そもそもこんなトラブルすら最近起きていなかったので…もしここまで読んでくださった人がいらしたら、心からのありがとうを。こんなに長いろくでもない愚痴を聞いて(読んで)くださって本当にありがとうございます。
2K notes · View notes
higemania · a month ago
Photo
Tumblr media
山田かなさんはTwitterを使っています 「この写真2枚が私っぽくて結構好きで、プライベートで使うラインのアカウント写真にしようかと迷う笑 撮ってくれてありがとうございます涙 話は変わりますが、今月25日に撮影会を予定しているのですが アメリカは外出において国が罰金を課すなどの処置をしてる中、行うべきか迷っております。 https://t.co/lg4d6ddH0P」 / Twitter
81 notes · View notes
nanaintheblue · 5 months ago
Text
兎小屋
初めてのラブホテルは目に入るものすべてがくすんでいた。 わたしが大学一年の時から使っているiPhone4で撮った写真みたいに、壁とか床とか布団だとかがひとつずつトーンが暗い。それとも自分のなかの潜在的な後ろ暗さがそう見せるのか。 同伴者は彼氏ではなかった。一人暮らしどうしの学生カップルにラブホは贅沢すぎた。一回も行ったことない、というと男は嬉々として調べ始めたのだった。 「どうよ初のラブホ」 にやにやと笑いながら荷物を慣れたふうにベッドに放り投げて笑いかけてくる。男の笑顔は粗野な感じがして、いまから起こることを生々しく連想させた。目をそらしながら「まあ、想像通りです」とこたえた。気張ったふうに聞こえたのか、彼は満足そうに笑った。 ラインの表示が「S」の一文字だったので、この男の名前が「佐藤」だか「鈴木」だったか思いだせない。下の名前も、うろ覚えだけどものすごく変わっていた。「なんでイニシアル?」とライン交換した時に首をひねると「俺ラインのこといまいち信用できないから本名で登録してない」とよくわからないことを言われた。めんどくさそうな人だな、とうっすら思った。 大学四年の夏。就活が終わり、内定を手にしたわたしがその足で向かったのは国分町のバニーガールズバーだった。就活によってごりごりとかき氷マシンの如くプライドと自己肯定感を削り取られ、「顔さえ可愛ければ内定くらいすぐ取れたのに」と毎日考えた。疲弊した頭で夜行バスに乗り込み、【夜職をやる】と就活が終わったらすることリストに書き込んだ。女ってわたあめとかうさぎとかリボンがすきなんだろ? みたいな考えの人が作ったであろうふんわりとした名前と色の求人サイトをブックマークし、新宿バスタや東京駅八重洲口の待合室でひたすらスクロールして条件を眺めた。 当然キャバクラの方が時給は高かったがわたしははなからガールズバーしか見ていなかった。コンセプトがはっきりしているバニーのガルバが一年前にオープンしたばかりだと知り、即店を決めた。 「なんで?」 「顔の可愛さが圧倒的に足りないなら、露出で稼いで総合展優勝するしか戦法が残ってないと思ったから」 おまえ頭いいんだか悪いんだかわからないね、と男はのけぞる勢いで笑った。同じ大学の工学部の院生で、研究室の同期四人でひやかしで来ているうちの一人だった。え、学生? 学校どこよ、え、マジかよ同じやんウケる~。胸ないのになんでここで働いてんの? とずけずけ聞いてくるのでありていにこたえた。あんのじょう豪快に笑われ、むっとはしなかったけれど、こういう国道歩いてきたような奴にわかるはずない、と醒めた思いで眺めた。 がり勉としか言いようのない、工学部のイメージをそのまま具現化したような三人と違い、男はこういう店に慣れているようだったし、もっと言えば異性にも慣れていそうだった。こういう人苦手なんだけどなー、と思いながらTシャツがぱんと張って乳首が浮いているあたりをちらちら見た。 ライン教えて、とあたりまえのようにスマホを出され、学生じゃあ同伴ねだったり営業かけたりできないから無駄なんだよなー、と思いつつ断る方が面倒くさくてQRコードを出した。本名の方が可愛いじゃん、「はる」より。と言うので「春をひさぐから取ってる」と言うと、彼は表情を消し、真顔で言った。 「そういうことさ、あんまほかの客に言わない方がいいよ」 何の作用かわからないけれど顔が赤くなるのを感じた。「八幡に住んでるなら今度あそぼう」と言うので「八幡近辺以外なら」とこたえた。  男は本当にその日のうちにラインを寄越してきた。「っていうか今日いつ上がり? アフターしよう」とお約束過ぎるメッセージ。無視して狭いロッカールームでばりばりとヌーブラを剥がして着替えていたら、さらにコメントがついた。 「俺車だから拾って送ってってやるよ」――飲酒運転じゃん、とぎょっとした。けれどすぐに、男はひたすらジンジャーエールしか飲んでいなかったことを思いだす。煙草はばかすか吸っていたけれど。 自転車で来てるから結構です、と送ったら「飲酒運転じゃん。ぱくられんなよ」とすぐに返ってきた。業務中にアルコールなんか入れてないさっき飲んでたのはお茶と水を割ったものです、と返すと「おい夢壊すなって」ときた。 「じゃあ家着いたらラインして。八幡行くから」  めんどくさいので無視しようと思ったものの、自転車で定禅寺通りを走りながらふと魔が差した。「コープで待っててください いまメディテらへん」と返す。もう家帰ってっかな、と思ったけれど、りょうかい、とすぐに返ってきた。  照明の落ちたコープまで向かう。白のセレナ、といわれていたのですぐわかった。 「つーかさ、バニーが網タイツで帰ってくんなって」  げんなりしたように言われた。見下ろす。黒のショートパンツに網タイツだった。退勤のあとは面倒くさくて網タイツを脱がないまま帰ることが多い。シートベルトをしめながら「え、サービスのつもりなんですけど」と返すと、短く笑った。 「金払って非日常を味わいに行ってるわけだからさー。金払ってない場所で見る網タイツは正直萎えるね」そうですか、と返す。 「どこ行く?」 「家とか、ホテル以外」 「俺んち実家だから。だから車持ってんだって」 「ふーん」 「青葉城址でも行く?」  大学から近すぎて仙台に住んでいる人間は誰もいかない観光地を挙げるので冗談だと思って流していたら、本当に青葉城址にたどりついた。まじで! と笑いころげていたら「一周回って斬新だろ」と素で傷ついたような顔で言う。 「うちの大学そこそこ硬いから水商売バイトしてる女子ってめずらしいよな」 「あーですね。わたしもやるまでは軽蔑してましたよ」 「あ? なんで軽蔑してた職につくんだよ」 「ブスができない仕事だから軽蔑することで自分を正当化してただけです」 「ブスではないよ。総合優勝してたじゃん」 うぜ~と返しながらも、自分よりいろんなものがめぐまれていそうな異性にそう言われたことで内心うれしかった。というか、かわいいって自分で思い直したくてあのバイト始めたんだったな、と思いだす。 結局のところ、22歳と言う炊き立ての新米みたいにつやつやした年齢や女子大生というわかりやすいプロフィールに対してちやほやされるだけでしかなかったけれど、だとしても大学では4年いてもついぞ得られなかった快感だった。客の目がわたしの顔ではなくものすごい鋭角のハイレグの衣装や7割露出した尻にむいていようがどうでもよかった。ほんのちょっと土俵変えるだけでかわいいとか美人だねとか言われるなら全然いいじゃん! と思った。 あさましい女だと自分のことを思った。いままで散々貶して嗤ってきた存在、それが自分自身だったなんて馬鹿げている。けれど、水たまりに落ちたガソリンのような虹は、真面目につつましくキャンパスとアパートだけを往復しているだけでは絶対に得られなかったものだった。ふれられる、まばゆく乱射するくだらない虹。 「彼氏いる?」 「いますよ、研究室の同期です」 「俺も。ま、ラボじゃなくてサークルの同期だけど」 ふーん、と呟きながら青葉城址の駐車場で降りた。展望広場みたいなところから仙台の街が覗けた。夜景と言うにはあまりにしずかな景色だった。 「このまま家行っていい?」 「送るだけなら」 「けち。入れろって」 やーだよ、と笑うと「なんかもうやったような気すらするもんなおまえと話してると」と言う。わからないでもなかった。店であけすけで下世話な話ばかりしていたせいだろうか。 「でもどっかで寝たいわ。疲れた、さすがに」 「車中泊?」 「やってもいいけどあれ背中ばきばきになるぜ」あー夜行バス思いだすからそれはいやだな、と何気なく返すと「あ、するとしたら付き合ってくれるわけね」とにやにやされる。なんとも返しづらく黙っていた。 「まあいいや。六丁の目でも行くか」 「どこですか」 「あ? あー行ったことないか。ラブホ街があるんだよ」 まあ結局そうなるわなと心の中でだけ思う。疲れているので全然やりたくなかったけれど、黙って車に乗り込んだ。仙台駅東口より先はほとんど行ったことがなかったので、あ、こういう街なんだ、と思いながら外を眺めた。男は黙っていた。 なんだか客船みたいな見た目のホテルにたどり着いた。「え、港かなんか?」と言うと「あー無駄に凝ってるねここらへんは」と静かに返ってくる。無理してちゃかそうとしている自分だけが余裕をなくしているようで恥ずかしかった。 男が適当に取った部屋は妙にトーンが暗くて、所詮は学生のチョイスだからゴージャスでもなんでもなくて、目に入るディテールすべてがみょうに生々しかった。 風呂入る? と言われて、むしろほっとした。入ってきます、と逃げるようにシャワーを浴びた。  ダサいので絶対にホテルの寝間着やバスローブなど着たくなかった。かといって一日身に着けていた下着にまた脚を通す気にもなれず、仕方ないので裸の上から来ていたTシャツだけをひっかぶった。 「浴びました」 「ん」 男はキングベッドの真ん中で大の字になっていた。大きな人だな、と思いながら巨大すぎるベッドによじ登る。コンタクトを入れっぱなしであることに気づき、レンズをぽいぽい床に放った。 「替えのレンズあるの。カラコンとか?」 「いや、替えのレンズないです。でも送ってくれるんでしょ」 「まあいいけど」  微妙な距離感だった。こちらからにじりよれば役割分担がはっきりしてらくになる、と思いはしたけれど、それはそれで癪だった。じっとしていると、やがて男はぽつりと言った。 「つれてきて悪いけど俺EDなんだわ」 「え? インポなの?」 「直球で言うな。本人がぼかしてるんだから気つかえって」 だから手ぇ出さないから普通に寝ろ、と脚をさっと撫でられる。いやしいおじさんのようなしぐさだったけれど、手は冷たかった。 「初のラブホでセックスしないのかあ」 「したかった?」 「別に」 してもいいかなと思ったから車に乗ったので、この回答は半分嘘だ。正確には、するのしないのであれこれ探ったり問答することが面倒くさかっただけだ。 「やるとさ、もう、やった人っていう枠から出られないんだよな」 その表現は正しくない、と思った。あなたがわたしを「セックスした人」という枠をはめるんじゃないか、と思った。けれど、どっちだっておなじだ。 「っていうかたたないんじゃん」 「もっとオブラートに包めって。文学部だろ?」  裸眼になって視野が水に溶いたみたいにぼやけていた。ねむ、と呟く。寝ろ、と短く返ってきた。 「ガルバってさ、めちゃくちゃアフター誘われるだろ」 「うん」 「いつもこうやってついてきてんの?」 「自転車だからつって断ってますよ」 「なんだそれ」 まああんま悪ぶんなよ、ほどほどにしとけって、と呟いていびきをかきはじめた。うるさ、と眉をしかめながらも、重力のごとく眠気がぶら下がってきてあっというまに寝た。 結局いちどのアフター以来、彼からラインが来ることはなかったしもちろん店に来ることもなかった。結局わたしは言いつけをまもらなかった。誰へのあてつけなのかもわからないまま寝たくもない男についていったし、肌が乾いていく、と思いながら零時をまわっても作り笑いをはりつけつづけた。いったいあの日々になんの意味があったのか、時々考える。罪悪感や後ろめたさはみじんも湧かないままだけれど、自分の身体を担保にするような日々をもし、後輩の女の子がくりかえしていたらおんなじように、「ほどほどにしなよ」と訳知り顔で言うんだろう。 すっぴんで自転車にまたがってのろのろと八幡のちいこいアパートにちんたら漕いで帰って朝陽に目をすがめていた日々のこと。まぼろしのようなミラーボール。 もう必要ないと思う。けどいつだって戻れる。いちど自分がそれをできる側の人間だと気づいてしまったら、あとは役割を果たすだけなのだ。
114 notes · View notes
eco115 · a month ago
Text
生活がやめたいことでしか構成されていないと気付いたあたりから、気付きたくないから確認しないという他人任せな態度を人生に対して取ることにした。社用パソコンのWindowsを立ち上げた時にランダムに出てくる広大な自然や動物をEnterで消すたびになんだか悪いことをしてしまった気持ちになる。ヒント:誕生日、会ったことなければ男か女かすら存じ上げていない前の使用者の誕生日0621からパスワードを変えないのはここにいた事実を少しでも残したくないから。歳をとるごとに悪い部分なんて何一つ改善されてはいないのに、自分の良い部分だけが異常な速度で減っていく。お土産みんなで食べてねのみんなに含まれなかった側の人生、3人組の余り1側の人生、ドッジボールを楽しめなかった側の人生、グループラインに招待されなかった側の人生、集合写真に映ったことのない人生、好きな人に好かれたことのない人生。根本的なところは何も変わらないまま、器だけが大きくなって入れるものが足りない。「会おうと思ったらいつでも会えるよ」は嘘だということに今頃気づいて、こんな気持ちを人を変えて状況を変えて何パターンかこなすうちに完成された大人になっていくのかな、なんて思いながらやっぱり僕はそれでも僕はとメソメソしている。別にセックスをするだけのお友達(笑)がいたっていいけれど、イルミネーションもクリスマスケーキも宅配のピザやKFCですら、僕たち以外の2人のために存在していた。君を水族館に誘って鼻で笑われたあの日、あの大きな水槽の魚たちはなんのために泳いでいるのかななんて思ったりして、4秒で君を僕の世界から消した。
28 notes · View notes
sex6om6er · 5 months ago
Text
おクスリ安全対策~その6~ ”ガッツリ入れて廻されてぇー”で逮捕?! 薬物捜査はこう変わる!麻薬特例法に警戒せよ!
Tumblr media
しょーもない、どうでもいい話から。僕は下からキメるんです(シモに効くやつをw)もちろん針ナシの特殊な槍(ヤリ)です。刃がついていない槍をヤリといっていいのか微妙ですが”シリンジ”と言います。使い方もとってもシンプル。ケツの穴に”シリンジ”を奥まで刺して、あとは押すだけ!ね、簡単でしょ?!w。簡単すぎるので他の人にお願いする人なんていません。だから安全安心だと思っていたら、実はそうじゃなかったという話。
キメセクの時に”ローカル・ルール”を定めているんです。『追加する時、ケツにミサイルを装てんするのは各自の責任 。装てんし終わって手を離したら、そのあとの発射の判断・実行権は、相手の専権事項』というルールで、通称:覚醒剤取扱法って呼んでいますw。いまそこで笑っている人も、一度試しでやってみてください。予想以上のエロさに、笑っていられなくなりますから。30分くらいかけてドリップコーヒーのようにジワジワと相手の体に沁み込ませるもヨシ。全身全霊をこめて一気に発射するもヨシ。発射直後にクチから吸い取るのもヨシ。全て相手次第なんです。よくよく考えてみると、装てんは自分でするから問題ないにして、発射については『相手に注射してあげる』行為と同じだから、押した者に使用罪がつくのでは?しかも相互で押し合うわけだから、2人とも使用罪?ジワジワ注入した場合も、罪は1つでカウントされるのか?口で吸い取るのは(譲受)にはならないのか?吸い取られたほうは、やっぱり(譲渡)?と、罪を犯すことへの心配が尽きないのです(笑)
下の世界では、まれに”上下の向きを逆さにしてミサイルを装てんしてしまうことがあります。俗にいう、ヒューマンエラーってやつですw。戦いの後半にもなってくると、タチでも、マンが、倍トロ.comになるんです。相手も相手で発射前に気付くはずなんだけど…なぜか、気づかない時がある。逆向きに装てんした場合、理論上は、押せないはずなんだけど、(仮に押せても相手の顔にかかるだけw)中身がない状態で発見されることもある。それに暫くしてから、未使用のミサイル(不発弾)がケツから出てくるケースまで、色々あるから怖い。確かにキマッテたはずなのに、なぜ不発弾が?。置き忘れなのか?いつから?2本あったってこと?この事故をきっかけに、 突発事案未然抑止のため シリンジに番号をふる特例法ができましたw。
ここでまた心配事が。ミサイルの発射を忘れて、体内にそのまま放置してしまった場合、これも何かの罪になるのか?未使用だから使用罪はおかしいし、しかも手を離した時点で所有権は相手に移動してる。僕は入っていることすら知らないのだから、もしかして無罪? え?所持になる?持ってないのに?入っていただけですよ? 忘れ物!専門家の間でも、意見が割れる事案と思われ、裁判になれば、最高裁までいくかもねw、ほら、どうでもいい話でしょ?(笑)
Tumblr media
安全対策3:麻薬特例法
法律の解説を読んでいると、え? なぜ? WHY? と思うことが結構あるんです、それも特に薬物関係。無理に無理を重ねてこじつけてしまったから、後で他と整合がとれなくなってしまったのでしょうか? 例えば、最初は誰もが一度は疑問に思う事。”使用するための所持なのに、どうして使用と所持、両方で罪に問われるのか?”これがドロボーだと、誰かの家に侵入して何かを盗めば『住居侵入罪+窃盗罪』になります。ここまではいいんです。でも窃盗の場合、この”住居侵入罪”は”窃盗罪”のほうに吸収されるんです。結局 ”住居侵入”は無かったものとして扱われる。理由?それは”住居侵入”は、”窃盗”という目的を果たすための手段に過ぎないからだそうです(最高裁)。「オイ オイ !ちょっと待って!裁判長ー!僕も”使用”するための手段として、やむ負えず”所持”しているだけなんですけどぉ?」この考え方”牽連犯”というそうですが、窃盗以外にも、強盗・殺人・強制性交・傷害・放火にまで適用されるらしく、なぜそっちが優遇されるのかが首を傾げるわけです。外でキメてから、住居侵入して強制性交しても「強制性交」だけになるってことなの? もうそうなら、あらかじめ・・・w
共同所持で全員逮捕というケースもです。車の中から”他人の財布”が見つかって同乗者全員が「自分のモノじゃない」と言っても罪に問われないのに、”財布”が”違法薬物”にかわるだけで、どうしてイキナリ全員逮捕までされるのか?。逮捕するということは、人の行動の自由を奪う重大な手続きのはずなのに、そんなに簡単に人を逮捕するのが許されていいのだろうか?また首を傾げる。
RUSHもそう、使用や所持よりも、ネットで海外に注文する(輸入)のほうが、最大で3倍も罪が重い(吸ってもいない・届いてもいないのに・1クリックで注文しただけ)。そもそもRUSHや危険ドラッグで逮捕されると、”医薬品医療機器等法違反”という罪名になるんですが、RUSHって医療機器?医薬品だったの?と、これまた首を傾げる。もうこの時点で首が120度以上傾いている状態です。危険ドラッグもあれだけ”危険だ!危険だ!”と大騒ぎしていたわりには、量刑にすると懲役6ヶ月-1年だから大麻とほぼ同じ。覚醒剤は最低でも懲役1年6月~なので、危険ドラッグよりも最大で3倍以上罪が重い。誰もひき殺していないのに。もうこれ以上、首は傾きませんw。
Tumblr media
麻薬特例法
今回のテーマは麻薬特例法です。この法律、簡単にいうと『覚醒剤取締法、麻薬及向精神薬取締法、大麻取締法、それぞれの所持/使用を処罰するだけでは足りないから、処罰の対象を一気に広めてしまえー!』という後付けの”やってまえ法”です。所持/使用だけでは?って16罪も網にかけておいて、それでも足りない?って、欲張りサン! この法案を提出した目的について、当時の厚生労働大臣は「乱用を一国の努力のみで解決することは極めて困難であり、国際的な協力のもとに薬物の不正取引を防止するために、この法案を提出した次第であります」ところが、蓋をあけてみたら、”国際”の文字はどこにもなく、オトリ捜査の一部が可能になったり、規制の範囲が広まったりとドサクサに紛れた感がタップリだったのです。麻薬特例法で規制している薬物は、覚醒剤、大麻、コカイン、ヘロイン、あへん、MDMA、ゴメオ。後付け法案といっても、施行からもう30年も経っています。年間の検挙件数は、わずか50件程度。積極的に検挙しているともいえません。実は、そこがポイントなんです。まずどういったケースが”麻薬特例法違反”になるかを見ていきますね。 
オトリ捜査の手法の一つ”泳がせ捜査”がこの法律によって公に認められました。外国からの荷物に薬物が入っていることを税関職員や捜査機関が知った場合、中身を砂や塩・砂糖・小麦粉・お好み焼き粉など、その辺にあるものを取ってきて中身をすり替えます。荷物は通常通り配達させ、受け取りに来た人を逮捕するという捜査手法が ”泳がせ捜査” 。受け取ったモノが”砂”なら大丈夫なのでは?と思いますが、この法律、中身を本物の規制薬物だと認識してさえいれば、仮に中身がニセモノでも処罰できるようになったんです。そうすると輸入だけの話ではなくなります。
例えば”覚醒剤と称してニセモノを販売、代金をだまし取った場合”は、実際には覚醒剤そのものは流通していないけれど、麻薬特例法(譲渡)及び(あおり唆し(そそのかし)+詐欺罪の3罪で逮捕されます。僕もかつて2gのビニール片をつかまされた苦い経験があるので、「それは良かった!天罰を喰らえ!」なんつって、余裕こいて踏んぞり返っていると、なんと!この法律 、騙された方(ビニール片を購入した者)まで、麻薬特例法(譲受)で逮捕できるという、なんという非道な。騙された方まで逮捕って、この世にあります?
ここまでで、何か矛盾を感じませんか?「法律では人を騙すという行為を禁じています。麻薬特例法でも人をあおったり、唆すのを禁じている。それなの薬物を砂と入れ替えて、そのまま配達させ、獲物が喰い付いたところで検挙するという捜査手法は、騙しではないか?煽ってはいないか?唆しではないか?麻薬特例法はこうも言っています。『氷砂糖を「覚醒剤」だと嘘を言って売る行為は,それを信じて覚醒剤を買おうとする客を誘引する行為であり,覚醒剤を譲り受ける行為は明らかな薬物犯罪ですから,この行為は,薬物犯罪等の実行を「あおり,唆した」ものとして,麻薬特例法9条で処罰される』。「砂」だから処罰の対象にはならないのか?そんなはずはない。砂でも、それを覚醒剤と信じて到着を心待ちにして、期待を膨らましている人がいる以上、それも「あおり,唆し」になるはず。それとも悪い奴を捕まえる為だったら、何をしても許されるというのでしょうか? ハイ!許されちゃいます!w。 
この9条(あおり唆し)がクセ者なんです。あおり・唆しを具体的にいうと、大麻を吸引時の映像。覚醒剤の注射の動画をネット上に投稿すること。相手を募集・応募はもちろん、”シェア希望””混ざりたい”ガッツリ入れて廻されてぇー”という希望や願望の書き込みまで、内容によってはフライト日記も。検挙されていないだけで、実は違法行為なんです。 【2020年9月15日、愛知県警は、無料通信アプリ「LINE」で大麻の使用をあおる書き込みをしたとして、麻薬特例法違反(あおり、唆し)の疑いで神奈川県在住の―容疑者と、東京都在住の―容疑者のふたりを逮捕しました。2人は3月から5月にかけ、不特定多数の人が閲覧できる「LINE」のオープンチャット内で、「大麻うめえw」などと大麻使用に関する情報を書き込み、閲覧者の薬物使用をあおった疑いがもたれています】 「大麻うめえw」で逮捕ってどうなんですかね、 「⏱(タイマー)うめえw」だったら逮捕されなかったのでしょうか?これで 煽ったのか、煽らなかったのかをどう証明するんだろう?「わたし煽られました!」なんて証言出てくるわけがない。YouTubeやNetflixで大麻の吸引シーンを誰もが見れるようになりました。あれは”あおる・唆す”には当たらないのか?なぜ捜査機関は両社に捜査のメスを入れないのか?多くの人が疑問を呈しています。逮捕しても起訴まで持っていけるかわからない微妙な法律をなぜ作ったのか?そこに麻薬特例法の真意が隠されていると、僕は思うのです。
その前に <顔出し投稿している人へ>あえて忠告Death! 確かにTumblerは暗号化されているのでプライバシーや匿名性が守られています。でもそれは”Tumblerにどんな動画を投稿しても安全”という意味ではありません。”自分が実行犯です”ということを、わざわざ自分で証明している自刺し動画は、単体でも高い証拠力を持ちます。もしサイバーパトロールの捜査員が一般ユーザになりすましてTumblerに潜伏していたら? その動画を捜査用カメラで直接撮影して本部に持ち帰っていたら?あとはその被写体から個人を割り出すだけの問題です。コンビニ強盗が映った映像から犯人を割り出すのと同じです。至近距離で撮影されて鮮明なので完全に不利です。ちなみに警視庁は、5年前には既に各警察署に3Dカメラを導入し、顔認証を捜査に取り入れていました。”地方にいるから心配ない”というのも大きな誤解です。ネットには管轄がないので、見つけた警察本部の事件になります。警視庁が犯罪をネットで発見して、捜査をして犯人だと特定したら、犯人が福岡にいても、北海道でも出張経費など何のためらいもなく確保に向かいます。ピンポーン♪”おはよー”って。他の県警も同じです。手錠をかけられ両側を捜査員に挟まれて、公の目にさらされながら、一般の乗客に混ざって新幹線や飛行機で護送されるんですよ。報道で見たことないですか?逮捕されたことがある多くの人が言うセリフ『テレビでみたあのシーンの中に、いま自分がいる』そこまで知っていて投稿しているなら、むしろ僕は応援したいくらいですが、残念ながらそこまで考えているようには見えませんでした。手遅れになるその前に…。投稿で得られるモノと投稿で失う可能性があるモノを天秤にかけて考えてみてください。3秒で答えが出るはず。
タイムリーで”YouTubeが顔認識に関して利用規約をより厳しくした”というお知らせがありました。それによれば、顔認識など個人を特定できる可能性がある情報を許可なく収集することは既に規約で禁止しているけど、今後それを更に強化するという内容。オッケーGoogle!。これこそがまさに、その件の対抗策?YouTubeからも動画を証拠品として抜いているということなんでしょう。Googleって毎回凄いなーと思うのは、各国の捜査機関が相手にでも、ポリシーを曲げない、この強固な姿勢。絶対、誰か薬物やってると思うんですよねーw。じゃないと、ここまで抵抗しないと思うのですw。でもね、どっちが正しいという話ではないですけど、欧米諸国の人に”日本はね、薬物の単純使用で逮捕されるんだよね”というと、OhMYGOD!! OhMYGOD!! って、ほぼ驚きます。さらに ”日本はね、それを2回繰り返すと刑務所に入れられるんだよ” というと、FUCK!あり得ない!理解できない!信じられない!それで誰も文句を言わないのか?って、老夫婦が、薬物を使ってない人までが驚きます。そういう自由主義・個人主義を重んじる価値観でみると、Googleの対応って特別なことでもないんです。
Tumblr media
変わる捜査手法
麻薬特例法の真意とは?これはあくまでも僕の主観です。捜査機関は、はじめから”麻薬特例法”を振りかざして、片っ端から検挙するようなことは想定していなかったのではないか?これまでのブログに書いたように、薬物事犯を検挙できる機会は”職務質問”と”逮捕者の証言”です。それだけでは、十分とはいえません。 検挙率をあげるためには、その機会=分母を増やさないといけない。ネット上に”あおり、唆(そそのか)しをしただけでも一応逮捕はできるけど、立証は難しく不起訴が増えるだけ。それに表面的なところに注力しても、薬物の根絶にはつながらない。それならば、まずはガサ状(捜索差押許可状)だけとって家宅捜査をすれば、何かでてくるんじゃないか?ネットに書き込むくらいだから、何かでるだろう。仮にでなくても”麻薬特例法”9条(あおり唆し)で逮捕できるじゃないか?というような発想??。掲示板やSNSをパトロールは、いわば次世代型の職質なんです。民間企業でいえば人材発掘と同じです。どれが悪い奴か?売買をしていそうなのは誰か?譲渡していそうなのは誰か?有力な人材が見つかれば、相手の隙をねらって、”あおり、唆(そそのか)すタイミングをじっくりと待って機会をうかがう。実行したところで、”麻薬特例法”違反でガサ状をとる。そこから身体や居宅の捜索を強行して,あわよくば覚醒剤等を発見しようというのが、サイバー犯罪対策課の常套手段でした。これまでも。これからも。こうした捜査手法に異議を唱える専門家の人も確かにいますが、結果的に黒でした…ということになると、日本という国は過程がどうであれ「それならしょうがいないね」という風になり、社会がそれを許容してしまう傾向があります。ただでさえ肩身の狭い想いをしている使用者本人が、それについて異論を唱えるはずもなく、薬物=悪というのが益々社会に染みついて許容が加速してしまうという悪循環に陥ってるんです。
サイバー犯罪対策課
こうしたネット犯罪を捜査しているところこそ、サイバー犯罪対策課。そこを語らずしてこのブログを終えることはできません。”サイバー犯罪対策課”は、警視庁をはじめ、各警察本部ごとにそれぞれ配置されている部署で、その名のとおり任務は、ネットワーク(インターネット)を利用した犯罪の検挙。具体的にはSNSやオンラインゲームで他人のIDやパスワードを不正に使用してログインする不正アクセスや、仮想通貨の事件の捜査、ウイルス感染による個人情報流出やパソコンの乗っ取り、インターネットオークションにおける詐欺などが対象です。薬物の検挙には、特に積極的で、身近なところではMensnetJapan、CoolBoys、Club21をはじめとするゲイ向けコミュニティサイトは、昔からパトロールの重点をおいていました。現在では掲示板だけではなく、ツイッターの書き込みやSNSサイトにパトロールの範囲を広げています。恐らく目視でパトロールしているのだと思います。もしかしたら、もう既にTumblerにも一般ユーザになりすまして潜入しているかもしれません。
パトロール中に有力な人材が見つかれば、時にはオトリを使って近づき、相手の隙をねらって、じっくりと機会をうかがいながら、然るべき時を待つ。然るべき時とは、ガサ状をとることだけではありません。「面接」「デート」「食事」待ち合わせと称して、巧みに外に誘い出すこともあります。出てきたところで相手の身柄を確保、身体検査+尿検査をして、あわよくば犯罪を炙り出すという卑劣な手法です。
僕がどうして、そこまでサイバー捜査に詳しいのかを、そろそろ話さないといけません。もう10年以上前ですが、僕自身もオトリに嵌まってしまった経験があります。当時はホワイトに近いグレーなものの売買で、買い手として破格の金額を提示して登場したのがSB(サイバー)でした。当時僕はそんな捜査や組織があることを全く知らず、何を警戒することなく、まんまと待ち合わせ場所まで誘導されたんです。違法性もなく、薬物検査も問題がなかったので結果的に解放されましたが、もう10年前には既にそのような捜査が行われていたのです。 逮捕されないとわかれば”ただでは転ばない”のが、僕のいいところw。署内に潜り込めたのをいいことに、サイバー犯罪対策課とは何者なのかを逆聴取、質問攻めにしました。当時、僕がSBについて率直に感じたことは、第一に高圧的で傲慢な態度、はじめから犯人扱いをされ、「何か犯している罪があるだろう、白状しろ」といった決めつけた態度。それとサイバーという名前のわりには、ITスキルが全くないこともわかりました。自職がその分野だったので、技術力があるかないかは、話せばすぐにわかりました。話さずとも、あのタイピングの遅さを見れば、レベルの低さは誰でもわかります。ITのスキルを含めて裏付け捜査に合理性があるとも思えなかったし、僕がそれまでもっていた警察全体のイメージを根底から崩してくれました。人権をとても軽視しているように感じました。全国でもSBに対する同じような声や批判は、今もなお耳にします。そこまでだったら、僕も良かったんです、
数年後、友人が立て続けにオトリに嵌められて逮捕されてしまいました。中には掲示板で”仕事を探している”という趣旨の書き込みをしただけなのに、”危ないもの運べますか?”と寄ってきて、架空の面接に誘導されて、あわよくば…式で、逮捕されたケースもありました。”結果的に悪い事してたんだから”と言うかもしれないけど、人の趣味趣向に寄り添っているように見せかけて、あるいは仕事がなくて困っているところに、力になろうと言って近づき、言葉巧みに相手の心理を揺さぶりながら巧妙に誘い出す、そして現れたとこを捕まえて、あら捜し、あわよくば犯罪を発見すればお手柄なんて、僕に言わせれば、やってることは、特殊詐欺と何ら変わりがないのです。
Tumblr media
そこから本気になりました。告発するための逆捜査、そっちがオトリでおびき出すなら、こっちもオトリで対抗しよう。オトリであることを先に見抜いて、あたかもオトリに引っかかったかのように見せかけておいて、手法や手口を収集し、最後の最後に鼻をへし折ってやる!『騙しているのは、どっち?オトリ・オトラレ作戦!』今でいうと、そう!まさに『だまされたフリ作戦』!
幸先がいいようにみえますが、当然のことながら最初の1-2年は全く成果があがりません。成果がないというより、どれがオトリでどれが一般なのかもわからない。当然です。「あのー失礼ですけど、警視庁じゃないですよね?」って聞いたこともあるくらいw。大体そういう質問は、返信がないので、答えはわかりません。当然です。それでも同じことを地道にコツコツ続けていると、あるとき「あれ?これは?もしかして?」とセンサーが反応するようになったんです。何ですかね、アレは。多分、”職質の神”がここにも下りてきた?そんな感覚でしたね」「これといった理由はないけど、なんかそんな感じ?直感といわれると、そうかも。」職質のプロたちが言っていたあの感覚って、多分コレの延長線上にあるんですw。あの時、多分、僕の目も白目剥いてたと思いますw。 今では、目を閉じていても、見抜けるようになりました!まさに神!(反対側の)w しかし色々と情報は集めてはみたものの、専門家を尋ね相談しても「気持ちはわかるけど、明らかな違法捜査とまでは言えない…」というのが答えでした。
そこからは一気に意欲消沈、たまにオトリだと気付けば、暫くかまってあげて、最後に肉便器爆弾投下してオトリを撃退!それでも彼らは必ずやってくるから、また暫くかまってあげて、最後に肉便器爆弾投下で撃退!その繰り返し 繰り返し で、もう何年でしょうか?捜査妨害? 復讐?全くそんなレベルじゃないです。勝手に応募してきた人と、じゃれ合ってるだけなので暇つぶしです。あちらも捜査ではなく、”機会”を伺っているだけと思うから、どっちもどっちだと思っています。 「だまされたフリ作戦」不定期ではあるけれど、 それでも足掛け3年?ノウハウというほどのことでもないですが、個人で保有しているだけでは、何の価値も生みません。 対策というほどのことでも、そういう捜査手法があることを知るだけでも、無駄に穴に落ちることを少しは防ぐことができるはず。 次回は最終回です! ネット上で今も行われている新しい職質に、LockOnされない為にはどうすればいいのか?オトリに騙されないための対策について、次回詳しく紹介します。 
今回も最後まで読んでいただきありがとうございます
おクスリ安全対策~その7(最終回)~ やられたら、やりかえせ!なりすましには、なりすまかえせ?w 肉便器爆弾投下でオトリを撃退!
67 notes · View notes
lica1023 · 5 months ago
Text
Tumblr media
.
街の中を当てもなくブラブラ〜も、
カメラとカメラ友達が一緒なら
特別な時間になる。
.
ハーフカメラとか、オートコードとかを
持つようになってから、街撮りの楽しさを知った。
.
Tumblr media
最近、会社のホームページ用の写真を
撮りに、外に出ることが多い。
デスクワークなので昼間の外が新鮮で、
気分転換になって楽しい。
.
撮ってるカメラはお借りしてる
結構ごっついカメラで、
レンズも高そうなのが装着されてて
いつか落としたり、ぶつけたり
するんじゃないかと毎回緊張する。
.
そして
ピント位置の移動ボタンが
いつもわからなくなるのが最大の難点だ。
(私が覚えられないだけの話…泣)
.
改めて
写真の難しさを実感してます。。
.
.
2021.5.10
.
69 notes · View notes
captain-moonship · 4 months ago
Text
ゆめがかなう
突然だけど私は今まで付き合った人々とディズニーに行ったことがない。行きたかったけど行かないまま終わった。行こうとしたら行けたのかな。分かんないけど行かなかった。
今の恋人はディズニーとかに全然興味がなさそうだったから、一緒に行けないだろうなと思っていた。でも夏休みどうしよっか、どっか行く?という話になって、ふと提案してみようか、という気持ちがむくむくと湧いてきた。何故か妙に緊張しながら、ディズニーとかって行ったりするの?と聞いたら高校生くらいから行ってない、というやや衝撃的な解答が返ってきた。高校生からディズニーに行ってない人は周りには殆どいなかったので(せいぜい大学生のうちに2回くらいは最低でも行っていた)、これは一緒に行けないかも……とガッカリしながらも「どうですか?」と聞いてみたら「行く?」と言ってくれた。いやまぁ大体そう言うだろうけど、恋人は結構嫌なことは嫌というタイプなのでちょっとびっくりした。あまりに意外だったので「ほんとにいいの??」と何回か聞いたけど何でもないような感じで「うん」と言われたのがすごく嬉しかった。でも耳はつけないらしい。着けなさそう!!!と思いながらも何やかんやで着けてくれないかな……と思ったりする。私だけ着けてたらなんか恥ずかしいし。アフ6がいいといわれて渋っていたら今は昼のチケットしか買えないらしくてガッツポーズをした。ごめんね。
実を言うとまだ恋人の顔がハッキリとうつった写真を1枚も撮ったことがない。私たちは大抵なにか食べに出掛けているし、撮る前に食べてしまう。恋人が撮られるのが嫌だというのもあって、殆どカメラを起動させることがない。なので今のところ彼がうつっているといっていいものは私が撮ったケーキの向こう側に座る彼のTシャツくらいだ。
浮かれている。好きな人とディズニーに行くのは高校生くらいからの夢だったので、とても嬉しい。思っていたよりも嬉しかった。写真撮れたらいいな。ムービーにしとくか。予定はずいぶん先なのに今から何を着てくか考えたりしている。ほんとに浮かれてる。でも昨日仕事の山場も越えたから、このくらい浮かれるのは許して欲しい。好きな人と遊園地に行くっていう夢みたいな夢が叶いそうなんだ。他の子にとっては簡単でも、私には簡単じゃなかった夢が。どうか叶いますように。
2021 6 11
41 notes · View notes
may-k-world · 5 months ago
Photo
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
2011年の地震で壊れてしまった器、もともとは姉のものでしたが、陶芸作家 川口淳氏の作品で、割れたからと捨ててしまうのも惜しく、ずっととっておいたんですよね。でも実は割れた当初はもっと欠片も大きく、継ぎ合わせればそこそこ原型に近づけたのかもしれませんが…。 いつか金継ぎにチャレンジしようと思い、実際には数年先でしたが、金継ぎセット(初心者向けでも本格的な材料のもの)を買って、安物とか小物のお直しから始めたのですが、欠片を接着するのって漆と米粒やら小麦粉を練ったものとか、それも微妙な量の差でなかなかうまくいかず、やっとくっついたと思ったらパキッとまた外れたりして、結構心が折れる連続だったりして…。 そんなわけでこちらの作品、欠片をつなぎ合わせて元の大皿を復元するよりは、もっと砕いて小さな欠片で何か小物でも作ろうかと、トンカチでさらに砕いちゃったんですよね〜💦 しかし最近調べたら、そんな本格的な材料を使わなくても、用途などさほど気にしなければ、代用できる接着剤とか金のライナーなんかもあるではないですか! そちらでとりあえずくっつけてしまえ!と、このゴールデンウィーク、10年越しで着手したわけです。 本当にとりあえずくっつけただけ。紛失した欠片もあるので、もう元のお皿は復元できないけど、、、まぁお香用のお皿か、苔玉でミニ盆栽でも乗せましょうか? 最後の写真は、これも10年前の地震で割れた印判手、本当に心が折れるほど失敗を繰り返し(特に緑の方)2015年にやっと出来上がった代物です。
50 notes · View notes
littlestar8492 · a year ago
Photo
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
2020-07-20
日曜日開け。
天気予報は晴れのハズ…でしたが、ご覧の通りの曇り空。
たまにはスカッと晴れた青い空を拝みたいですね。
とはいえ、曇り空は彩度が抑えられるので、落ち着いた雰囲気の写真を撮るにはぴったりです。
その日なりの楽しみ方を見つけていきたいですね。
実は最近、公式なお仕事の一環として写真を撮っています。
といっても、撮影ボックスでの物撮りオンリー。
物撮りはあまり得意ではないですし、提供された機材もそれほど良いものではありませんが、ライティングや編集など、自分なりに工夫しながら撮影するのは結構楽しかったりします。
もしかすると、意外なところで私の写真を見ることがあるかもしれませんね!
534 notes · View notes
takurohtoyama · 8 days ago
Text
new book "DEVENIR"
Tumblr media
『DEVENIR』
https://takurohtoyama-devenir.com/
写真家トヤマタクロウによる作品集。 2020〜21年に撮影された写真から約500点を掲載。 「DEVENIR」とは、「〜になる」「〜に変わる」の意。
全7編、CAMERA OBSCURA / ERROR / PORTRAIT / OBJECT / [[   ]] / 2020 / MY FUTURE とシリーズに分節して構成することで、作者の知覚の変化や思考の変遷を俯瞰する1冊。 
本書においてトヤマは、ある種の「軽さ」と不可分な写真にまつわる行為を介して、自身を含めたあらゆる事物とその関係が変容し続けていくことを肯定する。 
また、個人の試行がカメラ製品技術の進歩をはじめ様々な外部と接続されうる複層的な内容となっており、本という有限性のなかにあって無形態なひろがりを感じさせるものとなっている。
本作は、特設サイトにて10月22日より販売開始。サイン・エディションナンバー入りのプリント・エディションや、受注生産による限定グッズとのセット販売も実施される。
特設サイトでは、現在、トヤマタクロウ、グラフィックデザイナー 加瀬透、本書を装丁した米山菜津子との鼎談が公開中。
特設サイト: https://takurohtoyama-devenir.com/
仕様:並製(階段上小口)+中綴じ冊子付き +特製スリーブ サイズ:297×220mm 頁数:254p 装丁:米山菜津子 発行:Fu-10 LLC. 価格:8,030円(税込) 発売:2021年10月
10 notes · View notes