Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
#最弱無敗の神装機竜
monqu1y · a month ago
Text
敵のタイプ別攻略方法 敵の値踏みとタイプ別の攻め方
 市営住宅集会所へ講演会を聞きに行った。  演題は「 兵法書 ( へいほうしょ ) を読んで『生き方』を考える」。内容の要点は次の通りだった。   呉起 ( ごき ) は、今から2400年ほど前に、 魯 ( ろ ) ( 斉 ( せい ) の近隣諸侯国)、 魏 ( ぎ ) 、 楚 ( そ ) と転職をくり返し各国で華々しい軍功を挙げながら、素行の悪さで定着できず、最後には、富国強兵策で特権を奪った貴族たちから恨まれて殺された 軍略家 《 ぐんりゃくか 》 。
Tumblr media
以下は、呉起が説いた兵法の要旨。 〖国を治める〗  〔不和〕  1_国内が不和であれば、軍を発することはできない。  2_軍内が不和であれば、陣を組むことができない。  3_陣営内が不和であれば、進撃することができない。  4_兵士が不和であれば、勝利を収めることはできない。  〔徳目〕  1_道:根本原理に立ち返り、始まりの純粋さを守る  2_義:事業を行い、功績をあげる  3_謀:禍を避け、利益を得る  4_要:国を保持し、君主の座を守る  〔戦の原因〕  1_名誉欲  2_利益  3_憎悪  4_内乱  5_飢饉  〔軍の名目〕  1_義兵:無法を抑え、乱世を救う兵⇐礼をもって和を求める  2_強兵:兵力を頼んで戦を仕掛ける兵⇐謙虚な態度で説得  3_剛兵:私憤から戦を仕掛ける兵⇐外交折衝  4_暴兵:礼節を棄てて略奪をほしいままにする兵⇐策略  5_逆兵:国内が乱れ、民が苦しんでいるのに戦に駆り出される兵⇐臨機応変の処置  〔百人部隊の編制〕  1_肝のすわった勇者の集団  2_好んで戦い全力を挙げて武功を立てようとする者の集団  3_高い障壁を飛び越えたり遠い道を踏破したりできる者の集団  4_位を失って再起を図ろうとしている者の集団  5_城や陣地を棄てて敗走した汚名をそそぎたいと思っている者の集団 [注 伍は五人、両は伍が五つで二十五人。 卒 ( そつ ) は四両で 百人 ( ・・ ) 。旅は五卒で五百人。師は五旅で二千五百人。軍は五師で一万二千五百人]  〔必勝法〕  日ごろから、優れた者を高い地位につけ、無能な者を低い地位にすえる。  民の生活を安んじ、役人に親しませる。  百官がみな、わが主君を正しいと信じ、隣国を悪いと考えるような政治を行う。 〖他国を評価する〗  斉:人は剛毅で、国も富んでいるが、主君も臣も驕り高ぶって、民をないがしろにしている。その政治は寛大だが、俸禄は公正でなく、軍は統一しておらず、先陣がしっかりしていれば後陣は手薄になる。⇐必ず兵を三分して敵の左右を脅かした上で追撃する。そうすれば敵軍を破ることができる。  秦:人は強靭で、地形は険しく、その政治は厳しくて、信賞必罰で、人も功を競い合い、みな闘争心が旺盛で、勝手に戦おうとする。⇐必ずまず利益を見せびらかせて釣り、兵を引く。そうすれば敵は功をあせって統制を乱す。これに乗じて伏兵を繰り出し、機会を捉えれば、敵の将を虜にすることができる。  楚:人は軟弱で、国土は広く、政治は乱れ、民は疲弊している。そのため規律があっても持久力が乏しい。⇐本陣を襲撃して敵の戦意を削ぎ、機敏に行動して敵を翻弄し、疲れさせる。  燕:人はまじめで、民は慎重であり、勇気や義理を重んじて、策をめぐらすことは少なく、ゆえに守りを固めて逃げ出したりしない。⇐近づいたと見せて急に攻め、攻めるとみせて退き、追うとみせて背後にまわるなど、神出鬼没に行動する。そうすれば必ず敵の指揮官はこちらの意図がわからず、部下は不安になる。兵車や騎兵を伏せ、敵をやり過ごして襲えば、敵将を虜にすることができる。  三晋:性格は穏やかで、政治は公平。しかし民は戦に疲れ、兵事に慣れている。そのため指揮官をあなどり、俸禄が少ないと不満をもらし、死ぬまで戦おうとしない。ゆえに統制は取れているが、実戦の役には立たない。⇐対陣して相手を圧倒する。攻めてくれば阻み、退けば追撃するといったようにして、戦に嫌気を起こさせる。  〔敵情:攻撃適機〕  1_風が強く、厳しい寒さで、敵が早朝に起きて移動したり、氷を割って河を渡り、難儀を顧みないでいる  2_夏の真っ盛りの炎天下に、日が高くなっても起きず、起きると間もなく行軍し、飢え渇きながら行動している  3_軍が長い間戦場に止まり、食糧は欠乏し、百官の間に不満の声が高まり、奇怪な事件がしばしば起こっていながら、指揮官がこれをおさえきれていない  4_軍の資材がつき、薪やまぐさも少なくなり、雨が続き、物資を略奪しようにもその場所がない  5_兵数も多くなく、水地の便も悪く、人馬ともに疲れ、どこからも援軍がこない  6_行軍が長く日も暮れ、兵士は疲労と不安におそわれ、うんざりして食事もとらず、鎧を脱いで休息している  7_指揮官の人望が薄く、参謀の権威も弱く、兵士の団結力が弱く、全軍がおびえていて、援軍がない  8_布陣が完成せず、宿舎が定まらず、また険しい坂道を行軍して、到着予定の半分も着ていない  9_敵の進軍がしまりがなく、旗が乱れ、人馬とも振り返ることが多い  10_同盟する諸侯が到着せず、臣君が和せず、陣地も完成しておらず、禁令が施されておらず、全軍が戦戦兢兢として進もうにも進めず、退くこともできない  11_敵が遠くから来て、到着したばかりで、まだ陣地も整わない  12_食事をし終えて、まだ防禦態勢が整っていない  13_あちこちと走り回っている  14_疲れている  15_有利な地形を占領していない  16_時勢を失っている  17_長距離の行軍で、遅れた部隊が休息できていない  18_河を渡ろうとして、軍の半分しか渡り終えていない  19_険しい狭い道を行軍している  20_旗が乱れている  21_陣営が忙しく移動している  22_将と兵士の心が離れている  23_兵士がおじけづいている  ―敵の充実したところを避け、手薄なところを攻める―  〔戦を避けるべき相手〕  1_土地が広大で民が豊かで、人口が多い  2_君主が下々の者を愛し、恵みが国中に行き渡っている  3_賞罰が公平であり、発する時期も時を得ている  4_功績のある者に高い地位を与え、賢者や能力のある者を重用している  5_軍団の兵士が多く、装備が整っている  6_隣国や大国の助けがある 〖軍隊の管理〗  〔四軽〕  1_地形をつぶさに見極めたうえで馬を走らせる  2_まぐさを適当に与える  3_車に油を十分注す  4_武器を鋭く、甲冑を堅固に整える  〔二重〕  1_進んだ者には重い賞を与える  2_退いた者には重い罰を加える  〔勝敗の要因〕  1_平生の訓練で、礼節を守り、行動を起こすときには威厳があり、進むときには阻むことができず、退く時には追撃できず、進退に節度があり、左右両翼の軍も指揮に呼応し、分断されても陣容を崩さず、分散しても隊列をつくることができ、安全な時も危険な時も、将兵が一体となって戦い、いくら戦っても疲労すしないような軍隊を作れるかどうか  2_飲食を適切に取り、人馬の力を消耗させていないかどうか  3_将が、穴のあいた舟に乗り、燃えている家で寝ているように、必死の覚悟をしているかどうか  4_優柔不断に陥るかどうか  5_訓練が良くできているかどうか(近くにいて遠くの敵を待ち、余裕を持って敵の疲れるのを待ち、満腹の状態で敵が飢えるのを待つ。円陣を組んだかと思えば方陣を組み、座ったかと思えば立ち、前進したかと思えば止まり、左に行ったかと思えば右に行き、前進したかと思えば後退し、分散したかと思えば集中する。様々な変化に対応できるよう習熟させる。)  6_戦の訓練で、背の低い者には長い矛を持たせ、背の高い者には弓や弩を持たせる。力の強い者には旗を持たせ、勇敢な者には鐘や太鼓を持たせる。力の弱い者は雑用に使い、思慮深い者は参謀とする。同郷の者で 伍 ( ご ) を編成し連帯責任を持負わせる。  7_一度目の太鼓で武器を整え、二度目の太鼓で陣立てを整え、三度目の太鼓で食事をとり、四度目の太鼓で武器を点検し、五度目の太鼓で進軍の状態にさせ、そして太鼓の音が揃ってはじめて、旗をかかげる。  〔行軍の定石〕  1_深い谷間の入口や大きな山のふもとを避ける。  2_青竜の旗を左に、白虎の旗を右に、朱雀の旗を前に、玄武の旗を後ろに立て、招搖の旗を中央にかかげて、その下で将が指揮を執る。  3_順風のときは敵を攻め、逆風のときは陣を固めて待機する  〔軍馬の飼育〕  1_環境を良くし、水や草を適度に与え、腹具合を調整し、冬は厩舎を温め、夏にはひさしをつけて涼しくし、毛やたてがみを切りそろえ、注意深く蹄を切り、耳や目をおおって物に驚かないようにし、走り方を学ばせ、留まりかたを教育し、人と馬がなれ親しむようにする。  2_鞍、おもがい、くつわ、手綱などはしっかりとつける。  3_馬は、仕事の終わりや腹が減ったときよりも、仕事の始まりや食べ過ぎたときに駄目になる。  4_日が暮れてもまだ道が遠い時には、時には降りて休ませる。人はくたびれても馬を疲れてさせてはならない。いつも馬に余力をもたせ、敵の奇襲攻撃に備える。 〖将軍のあるべき姿〗  〔心得〕  1_管理:大部隊をあたかも小部隊を治めるように掌握して統率する  2_準備:門を出れば、いつ敵に襲われてもいいように備える  3_決意:敵を眼の前にして決死の覚悟を持つ  4_自戒:勝っても戦を軽々しく考えないように自らを警戒する  5_法令簡略化:  6_形式的な煩雑さを避けて分かりやすくする  7_命令を受ければ家人に別れを告げることもなく、敵を撃ち破るまで家人のことを言わない  〔好機〕  1_精神:全軍兵士の動きを充実させる将軍の気  2_土地:道が狭く険しい高山の要塞では、十人の兵卒でも千人の敵を防ぐことができる  3_状況:間諜を放ち、軽装備の兵を発して敵の兵力を分散させ、君主と臣下の心を切り離し、将と兵がお互いに非難しあうようにしむける  4_力:車の楔を堅固にし、舟の櫓や櫂を潤滑にし、兵士をよく訓練させ、馬は良く走るように調教しておく  5_将の威徳や仁勇:部下を統率し、民を安心させ、敵をおののかせ、疑問が生じても迷うことなく判断する。  〔軍の威信を兵卒に伝える戦具〕  1_太鼓・鐘:耳から  2_軍旗・采配:目から  3_禁令・刑罰:心から  〔敵将のタイプ別対応策〕  1_愚直で軽々しく人を信用する⇐だまして誘い出す  2_貪欲で恥知らず⇐賄賂で買収する  3_状況の変化を軽く考える無思慮⇐策をつかって疲れ苦しめる  4_敵将が富んで驕り高ぶり、部下が貧しくて不満をもっている⇐これを助長し、離間させる  5_優柔不断⇐驚かせて敗走させる  6_兵が敵将を軽んじて帰郷の心がある⇐逃げ易い道を塞いで険しい道を開いておき、迎え撃って殲滅する  〔敵将タイプ判別法〕  1_身分は低いが勇気のあるものを選び、敏捷で気鋭の兵士を率いて試みる。彼らにはもっぱら逃げさせ、勝利を収めさせない。敵が追ってくるのを観察し、兵卒の一挙一動を見て軍規がゆきわたっているかを見る。追撃するときもわざと追いつけないようにみせたり、有利とみてもわざと気づかないふりをして誘いに乗らないようであれば、智将。戦を避ける。  2_部隊がさわがしく、旗は乱れ、兵卒はばらばらに動き、隊列が縦になったり横になったりして整わず、逃げる者を追おうとしてあせり、利益があると思えばやたらそれを得ようとするのは愚将。捕虜にできる。  〔場所別対応〕  1_進みやすく退却が難しい場所では、敵が行き過ぎてきたところを討つ  2_進みにくく退きやすい場所では、こちらから討って出る  3_敵軍が低湿地に駐屯していて、水はけが悪く長雨が続いているようであれば、水攻めで溺れさせる  4_敵が荒れた沢地に駐屯していて、雑草や潅木が繁茂しておりつむじ風が吹いているようであれば、火攻めで焼き滅ぼす  5_敵が駐屯して動こうとせず、将兵ともにだらけ、軍備も十分でない場合は、深く侵入して奇襲する 〖ケースごとの対応〗  1_敵の急襲を受け、混乱して隊伍が乱れた場合   ↑←自軍に威光が行きわたり士卒が命令どおりに動くのであれば、慌てず対処する。  2_敵が大軍で、自軍が少ない場合   ↑←平坦な土地での戦闘を避け、狭く険しい地形にさそいこむ。  [一の兵力で十の敵に当たるときは狭い場所で。十の兵力で百の敵に当たるときは険しい場所で。千の兵力で万の敵に当たるときは障害の多い場所で。]  3_敵の兵力が非常に多く、武勇に優れており、大きな山を背にして要害の地に拠り、右手に山、左手に川、堀を深くして砦を高くし、強弩をもって守っており、退くときは山のように堂々としており、進むときは雨風のようにはげしく、兵糧も十分で、長期戦になってもこちらが不利になる場合   ↑←千輌の戦車、一万の騎馬兵を備え、さらに歩兵を加え、全軍を五つに分け、それぞれの道に布陣させる。五つの軍が五つの道に布陣していれば、敵は必ず迷って、どこを攻めればよいか分からないでしょう。敵が固く守るようであれば、急いで間者を送り込み、敵の意図を探る。敵がこちらの言い分を聞けば、囲みを解いて去る。聞き入れずに使者を斬って、文書を焼き捨てるようであれば、戦闘開始。勝てなければすばやく退却する。勝っても追い討ちをかけない。余力残してわざと逃げ、整然と行動して、すばやく戦い、ひとつの軍は前方の敵をくぎづけにし、ひとつの軍は後方を分断し、別のふたつの軍は、馬に枚をふくませてひそかに左右に動かして急襲し、五軍が次々に攻め立てる。  4_敵が近づいて自軍に迫り、退却しようとしても道がなく、兵卒が不安におちいった場合   ↑←もし敵が少数で自軍が多数であれば、部隊を分散して代わる代わる敵を討つ。もし敵が多数で自軍が少数であれば、策をめぐらせて相手の隙を狙い、継続的に敵を攻める。  5_敵に渓谷でぶつかり、周囲は険しい地形が多く、しかも敵が多数で自軍が少数の場合   ↑←丘陵や森林、深い谷や険しい山、大きな沼沢地にあえば、すばやく通過する。万一、深山幽谷でいきなり敵と遭遇したら、必ず先手を取って太鼓をたたいて敵を驚かせて、弓や弩を射掛けながら攻め立て、敵を捕え、敵軍の混乱を見極めたうえで、ためらうことなく追撃する。  6_左右に山がそびえ立ち、地形は狭く、身動きできないようなところで、急に敵に遭遇し、あえて攻撃もできず、退却もできない場合   ↑←味方の兵のうちから武術に優れた者を選んで敵に当たらせる。そして身の軽い兵を先頭に立たせて、戦車や騎兵を分散させて四方に潜ませる。敵との距離を数里に保ち、相手に見つからないようにする。陣を固く守り進退できない敵に対して、山かげから旗を押し立てて陣立てを現す。驚く敵に向かって、戦車と騎馬を出動させ、休む間もなく攻めかかる。  7_敵と大きな沢沼地で遭遇し、車輪はぬかるみに落ち、轅は水につかり、水は車にせまり、舟の用意もなく、進退に窮した場合   ↑←戦車や騎兵を用いることなく、しばらく待機させ、高いところに登って四方を観察し、幅の狭いところ広いところ、浅いところ深いところ、水の状況を調べたうえで策を巡らす。もし敵が水を渡って攻めてきたら、およそ半数が渡るまで待って、攻める。  8_長雨続きで、馬はぬかるみに落ち、戦車も動かないようなときに、四方から敵の攻撃を受け、全軍が驚き慌てふためいた場合   ↑←戦車は、晴れて湿気がないときに動かすもの。雨天や湿気のあるときには用いない。頑丈な戦車を走らせ、進むにしても止まるにしても、必ずその道理に従うようにする。雨天や湿気のあるときには低い土地を避け、高いところをめざす。  9_凶悪な敵がいきなり侵入してきて、わが国土を侵し、牛や馬を略奪していくような場合   ↑←昼間は守りを固めて敵に応じず、日暮れになって敵が退却するときに追撃する。敵は、帰りを急ぐが、戦利品で動きが鈍くなっているので、焦りで部隊が乱れる。  10_城邑をすでに攻略し、それぞれの宮殿に入った場合   ↑←宮殿の財貨を奪い、収用する。軍が駐屯した土地では、住民を害しない意図を示して不安をとりのぞく。自軍を厳しく取り締まり、材木を切ったり、建物を荒らしたり、食糧を盗ったり、家畜を屠ったり、財産を焼き払ったりさせないようにする。安心して投降できるよう、寛容さを示す。 〖信賞必罰〗  〔供応エピソード〕  呉王は、廟前で宴会を開き、家臣たちを3列に並べて供応した。最高の功績をあげた者は前行に座らせ上等の器に上等の料理を盛ってもてなした。それに次ぐ功績をあげた者は次の列に座らせ皿数をやや少なくした。功績のなかった者は後の列に座らせて、料理の数をわずかにした。  饗宴が終わると、功績ある者の父母妻子には、廟の門外でみやげ物を贈った。そのときも功績ある者とない者で差をつけた。  戦死した者の家族には、毎年、使者を送ってその父母をねぎらい、贈物をして、功績を忘れないでいることを知らせた。  これを行うこと3年。秦が軍を興して西河に進軍してきた。魏の臣はそれを聞くと、命令を待たずに装備を整えて奮って敵を討とうとする者が数万におよぶほどであった。  呉起は、「人には短所と長所があり、意欲には盛んになるときと衰えるときがありる。功績のなかった者を試しに五万人ほど徴集してください。五万の兵を死にもの狂いにして、戦ってみせます。」と言って、五万の兵を託された。戦いの前日、呉起は全軍に、「各吏士たちよ、戦車、騎兵、歩兵それぞれに対応して戦え。戦車隊が敵の戦車隊を打ち破れず、騎馬隊が敵の騎馬隊を打ち破れず、歩兵隊が敵の歩兵隊を打ち破ることができなければ、敵を破ったとしても、功績があったといえない。」と訓示した。そして、戦車五百乗、騎馬兵千人を含む五万の兵で、秦軍五十万を破った。
0 notes
toubi-zekkai · 2 months ago
Text
 月の見えない暗い夜が明けると太陽の見えない白い朝が訪れた。  二つの瞳は夢から半ば覚めていなかった。白い蛍光灯が縦一列に並んでいる天井が酷く眩しく見える。熱を感じさせない観念的なその光は吊り革の丸いプラスチック製の輪、中吊り広告紙の表面、ステンレス製の網棚や手摺り、エナメル質の白い床、シート座席の前に投げ出されている革靴といった列車内の物質に硬い光沢を纏わせ、橙色のシート座席に座っている乗客たちの顔を一つ一つ鮮明に照らし出していた。毎朝見掛けているその顔たちは皆一様に寡黙でモノレールの列車が線路の上を滑る音だけが車内に響いている。その音も地上を走る普通の電車に比べると非常に大人しく、意識していないと忘れてしまう程で、むしろ耳にする頻度が一番多い大きな音は列車が駅に到着する毎に開閉する自動ドアの作動音だった。その音が聞こえて来る度に微睡みの淵へと沈みかけていた意識が再び現実へと戻され、ぼやけた双眼に見慣れた駅名板と開いたドアから入って来る見慣れた乗客たちの姿が朧げに映り込んだ。一日の汚れや垢の臭いに未だ汚染されていない清潔な始発運行列車の中に乗客たちは少しずつ生活の腐臭を運び込んで来た。しかし昼間のましては夕方の列車内におけるあの耐え難い生活の腐敗臭と比較するとやはりそれは遥かに清潔な車内と言うことが出来た。
 列車と列車間の連結部には仕切りのドアが設置されておらず、座席に座っていても右や左に視線を遣れば先頭から最後尾に至るまで列車内部の全景を見渡すことが出来た。清潔と静謐の中で蛍光灯に照らされている白い床と両脇の細長い座席に座っている人間の俯いた横顔が真っ直ぐに延びている様子は病院の長い一本の待合い廊下を思わせた。しかし暗鬱な表情をして彼らを待っているものは病気の診断結果ではなくてこれから始まる膨大な一日の耐え難い重圧であり、そういう意味では懲役刑の執行を待つ囚人を乗せて走る護送列車と言い直した方が適切であった。受刑者たちの数は音を立ててドアが開く毎に黙々と増えて、同時に刑の執行される時間も確実に迫っていった。それは夜と朝の狭間を走る列車であり、車内の清潔さや静けさが作り出している安全と秩序の雰囲気がかえってこれから先乗客たちに降り掛かる太陽の暴力と未だ生々しく夜が残る彼ら自身の内に渦巻く闇の暴力を鮮明に際立たせているのだった。  直線的に延びた白い廊下と両脇の長椅子に座り込む人間たち、それは一枚の陰惨な静止画の様に永久に動きを見せないかの様に思われたが、列車が線路のカーブに差し掛かると先頭の車両から順番に右や左にずれていった。顔や身体は依然として微動だにしないままに、今までは見えていなかった一番奥の車両の人間の顔が見え始め、同時に今まで見えていた中腹の車両の人間の顔が消えていく、或いは逆の現象が起こった。手前に見える横顔だけは如何なる時も動かなかった。  それよりも更に注意を引くものがあって、それは列車がその細長い車体を曲げた時に露見する列車と列車を繋ぐ連結部の蛇腹であった。あらゆる構造物がステンレスやガラス、プラスチックといった硬い物質で構成されている鋼鉄の列車内において柔らかそうな灰色のビニールで作られている蛇腹がうねうねと曲がりくねっているその様子はそこだけが異様に生々しく有機的で不吉にさえ映った。それは戦士の全身を完璧に包み込んでいると思っていた鉄の鎧兜に隙間とそこから覗く肉の肌を見つけてしまった時のように、熱中して読んでいた難解な哲学書のページの上に小さな虫が動いている姿を発見した時のように、完全無欠であると思い込んでいた鋼鉄の観念が不意に裂けて生の現実が顔を現す瞬間だった。傷付けられた人体の皮膚と同様にして一度引き裂かれたた観念が回復するには長い時間を必要とし、その間、鎧の戦士は唯の脆弱な肉の塊へと堕落し、哲学書は無意味な文字記号が黒いインクで染み込んでいる唯の紙へと堕落する。それは普段人間によって意識の地下室へと巧妙に且つ厳重に隠蔽監禁されている生の現実が人間に対して復讐する瞬間であり、こういう時に私はいつも生の現実の甲高い笑い声を聞いているような気がする。時にはその顔姿までが心にはっきりと浮かんで来ることもあって、それは挑発的で豊満な肉体を真っ黒なドレスに包んでいる魔女だった。優雅に伸びた両腕の先に細い指の一本一本が独立した生き物の様に蠢き、鋭く尖った鉤爪が空中に赤い軌跡を描いている。気品ある白く細い首元には逆さの十字架に絡まっている髑髏のネックレスをぶら提げ、嘲弄と侮蔑に歪んだ笑窪と蠱惑的な赤い唇からはありとあらゆる下品で下劣な罵りが最も高貴な言葉で語られる。高慢さの象徴である高い鼻、救いや同情の声などには一切反応しない冷酷に尖った両の耳、やはり嘲弄と侮蔑に歪んでいる細長い眉の付け根、長い睫毛の下に隠されがちな暗い夜そのものを映し込んでいる虚ろな瞳……全ての物を飲み込んでしまう相対性の黒い魔女。  唸る様な囁く様な声を響かせて巨大な蛇に変身した魔女が今もその艶めかしい蛇腹を右に左にくねらせている。不安や不快感が心に押し寄せて私は列車の連結部から目を逸らす。しかし気が付くと直ぐ蠢く蛇腹の襞に見入っている。見たくないのにどうしても見てしまう。それは自分の肌に出来た裂傷を絆創膏を捲って何度も何度も見てしまう、更に重症化すると傷口に指先を這わせてその苦痛を味わおうとする、あの感覚に酷似していた。  普段から意識の散漫な私は道端で転んだり硬い机の角に脚をぶつけたりするなどして腕や脚に怪我を負うことが少なくはなかった。そうして怪我をする度に肌の表面に造られる傷跡や青痣は酷く私を高揚させた。更にもっと酷い傷を負い、鮮血が流れ出した場合などは尚の事私の興奮は音楽の様に高まった。  偶然の怪我は自分を包み込んでいると頑なに信じていた肉体という観念の鎧を容易に破壊した。肌の裂傷、青痣、赤い血は私内部の露出した生の現実であると同時に刻みつけられた外の世界の生の現実だった。傷跡は私の内と外の現実を一つに繋ぐ結合地点、私の肌に刻まれた世界そのものの爪痕だった。傷跡が自分の身体に出来たその夜は恋人につけられた首筋の噛み跡を愛でる様に新しい傷跡を撫でてながら安心してベッドの上で眠った。  しかし私は自分で自身の肌を傷付けようとは思わなかった。或いは或る種のマゾヒストたちの様に誰かの指に握られた薔薇鞭に尻を打たせようとも思わなかった。自分の意志が僅かでも混入していたらそれは純粋に外の世界の生の現実が付けた傷跡ではなくなり、私の内側と外側を一つに繋ぐ聖痕としての資格を失うからであった。完全に偶然、つまりは不意に訪れる運命の一撃だけが唯一正統な傷跡を創成することが出来るのであり、更にはこうして傷を受けることを望み意識している状態で傷を受けることさえも傷跡の純粋さを著しく傷付けるものだった。だから自暴自棄の人間に聖痕が刻まれることは永久にないのであって、その点、私は或る程度合格点に達しているようだった。それが擦り傷であれ青痣であれ出血であれ、普段日常の私は自分の身体が傷付けられる事を他の何よりも恐れ且つ拒否していた。  しかし、繰り返し連結部の蛇腹に目を遣ったり逸らしたりしているうちに段々と私は軽い吐き気を伴う眩暈を感じ始めて完全に視線を前方へと固定した。このままその暗い淵に意識を向けていては度々私を襲う狂気の発作が発動するという予感がしたからであった。  視界の向かい側には幾何学模様がプリントされている橙色のシート座席に乗客たちが並んで静かに座っていた。その顔の殆どは俯いていて、例外的に俯いていない顔の大抵は口を開いて眠り込んで居る顔だった。寝顔は間抜けでもあり無邪気にも見えた。それは人間から人間性の全てを剥ぎ取った顔、つまりは一動物の顔であって、間抜けさや無邪気さといった印象はそこから来るものであったが、一動物の顔には危険さも醜悪さも皆無で、永遠に目覚めなければ私はこの顔を愛することさえも出来たかもしれなかった。しかし一方で目覚め始めている顔というのはとても直視出来るものではなかった。それは醜悪さから目を背けるというよりもそうした顔が私に恐怖や不安を呼び起こすからだった。  より厳密に言い表わすならばそれは顔というよりは形成される過程の顔だった。長い夜の間にばらばらに分裂して夜の体液に溶け切った顔は良く晴れた朝ならば朝陽を浴びて迅速且つ順調に形を作っていくのだが、曇って朝の光が乏しい今朝のような条件下では顔の制作工程が著しく停滞するらしかった。中途半端で脆弱な構造しか持っていない顔はその中にある膨大な夜を覆うことが出来ずに、目玉は真っ赤に充血し、顔全体が吹き出物の様に腫れて、毛穴という毛穴から夜が絶えず漏洩している様に見えた。それは無限の夜を圧縮して閉じ込めている爆弾であり、爆弾が周囲に暴力を撒き散らすものならば爆弾そのものと言うことも出来た。  列車の橙色のシート座席の上に爆弾が所狭しと並べられいる。爆弾自身も自らが爆弾であることは十分に自覚しており、瞳を閉じたり俯いているのは爆弾を刺激して暴発することを防ぐ為であった。爆弾が爆発して最初に破壊されるのは作り始めている自分の顔であり、それは自分自身が破壊されるのと同義語であることを爆弾自身が一番認識していた。  しかしこうして動物の顔や爆弾の顔を眺めていると、普段昼間太陽の下で見ている顔が如何に作り物なのかが良く理解出来る。結局、顔というのは衣装と同じで本当の中身を隠すものに過ぎないのだろう。その本当の中身というのは夜であり暴力、更に突き詰めれば虚無であって、ただその虚無を覆い隠す方法の差異が顔貌の差異として表出し見えているに過ぎないのだろう。  それならば一体私は今何を見ているのか?顔ではない。夜と溢れ出ようとする夜を見ているのだ。しかしそういう私自身も目玉が真っ赤に充血し、顔全体が吹き出物の様に腫れて、毛穴という毛穴から夜が漏洩している、今にも爆発しそうな夜の爆弾だった。つまりは夜が夜を眺めているのであった。しかし視線の先に見える夜の傍らに見える窓からは歴然とした朝に包まれている外界が映っていた。私の視線は重苦しい夜の顔たちから逃避する様に窓の外の景色へと吸いこまれた。  窓の外から見える空は遍く白い雲に覆われていた。しかし限りなく密集して飽和状態にある雲はもはや雲としての意味を失い、そこにあるのはただの白い空だった。その白い空の遥か下界には住宅の屋根や自動車が列を作っている道路、時折広大な畑や野原も見えた。走馬灯の様に窓枠の中に現れては瞬く間に消えていく下界の風景は視線の先にどこまでも続いていくかの様に思われた。しかし、彼方の地平線に厳然と聳え立つ蒼黒い山脈が広がっていこうとする風景をその豊かな下半身を盾に堰き止めていた。狂暴な竜の下顎に並んでいる鋭い歯を思わせる山脈の稜線は視線の端から端まで途切れることなく続き、その雄大な体躯は列車がどんなに移動しても微動だにしなかった。  天上は白い空に塞がれて、視界の奥行きは蒼黒い山脈に遮られ、それは無情な観念の世界に逃げ場なく閉じ込められているのだという感覚を強くさせる窓の景色だった。しかし、良く見ると白い空と蒼黒い山脈の間には青い空が垣間見えていて、白い空、青い空、蒼黒い山脈という縦並びの一枚絵が視界の奥に完成していた。白い空と蒼黒い山脈の間になぜ青い空が見えるのか最初解らなかったが、暫くして、この近辺一帯の空は白い雲に覆われているが蒼黒い山脈の上方に限ってのみ晴れ渡っているのだということを理解した。同時にその垣間見えている青空に私の意識は強く惹き付けられた。なぜなら真っ直ぐに引き裂かれたその青い一本線が白い天井と蒼黒い壁に包囲されている密閉空間に唯一開かれた脱出口の様に映ったからであった。  それはドアや窓が無く完全な密室状態だと思われていた部屋の白い壁に小さな穴を発見したようなものだった。穴にぴったりと張り付いた瞳にとってそこから見える青い空は狭い部屋に対する広い世界の、有限に対する無限の象徴として映り込むだろう。やがて小さな穴は狭い部屋に閉じ込められている彼にとって広大無辺の世界に通じている唯一の脱出口として輝き始めるのだ。  しかし、もし仮にだが部屋にドアや窓が付いていた場合はどうだろう。白い壁に空いている小さな穴は脱出口としての意味や条件を失い、脱出という行為そのものが不可能になる。脱出を可能にするためには密室が必要であり、脱出口の輝きが出現するためには完全に部屋を塞いでいる白い天井や白い壁が必要なのだ。  今、街の上を走るモノレールの長椅子に座って窓の外に眺めている彼方の青い空がこの狭い車内及びこの小さな街からの脱出口として急速に輝き始めているのは私の頭上を白い空が覆い隠し、更には視界の行く手に厳然と巨大な蒼黒い山脈が立ち塞がっているからだった。脱出口が完成するためには、つまり密室が完成するためには白い雲に覆われた空だけでは不完全であり、晴れた空と蒼黒い山脈だけでも不完全で、今朝の様に白い雲に覆われた空と蒼黒い山脈が現れることが絶対的な条件なのだ。  しかし、この密室も私にとって完全な密室ではないことは、瞳こそ夢から覚め切ってやや熱くなり始めたものの身体の方は依然として柔らかい長椅子に深く沈まったままである姿勢からも明白であった。何度も何度も窓硝子にぶつかり最後には力尽きて窓の縁で死んでしまう蠅や黄金虫にとっての部屋や窓硝子程の意味にまではあの白い空や蒼黒い山脈も青い空も私の中で到達していないのだろう。  結局は、精神的にであれ肉体的にであれ自己の存在を圧し潰す様な恐ろしい危機だけが脱出を可能にするのだろう。つまりはこう言い換えることも出来る。自己の死に瀕している絶望的な瞬間にのみ彼は本当に自己を生きようとすることが出来るのだ。  しかし私が今こうして通勤の車内に揺られて仕事場へと向かっているのも、仕事に行かなければ肉体的精神的危機を迎えるからであった。とはいってもさほど大した危機などではないことは通勤する私の緩慢な態度からも伺える。本当に危機で本当に脱出口がその先にあるのならばこうして脇目を振って窓の外など見てはいられない筈だ。完全な危機に瀕している人間は脱出口以外に注意を向けることはないし、自分の中にあるありとあらゆる力を動員してそこに向かっていくだろう。  そうした推測からは逆説的な事実が導き出される。それは恐ろしく精力的で活発に動き回る人間、つまり本当に生きている様に見える人間の内側は絶えず精神的肉体的崩壊の危機に瀕していているということである。彼は絶えず彼自身を襲う破滅の危機から逃れるために絶えず活発に動いているのである。  しかし、それならば生きているとはただ単純に死から逃避しているだけなのかもしれない。その死とは肉体的な死というよりも自分自身の死である。  自殺者の瞳に世界は刻々と自分自身を圧し潰す完全な密室の様に映り、だから必死に脱出口探し続けるが、最終的にやっと見つけた壁の小さな穴こそ死そのものなのだ。小さく丸い穴は彼の中で徐々に膨張を開始し、やがて視界の全てを覆う巨大な太陽へと成長する。それは客観的に第三者の瞳から見れば黒い虚無のブラックホールなのだが、究極に追い詰められた人間の瞳には燦燦と輝く光と生そのものである太陽の如く映る。永遠で普遍的な神とほぼ同義語であるその太陽の光や熱に自分自身を同化させることが自分自身を普遍化し永遠に生かし続ける唯一の方法だと考えて、彼は夏の虫たちの様に太陽に向かって飛んで行くのだ。  と考えたとき、突然私の心に日の丸が浮かんだ。同時にあの国旗は密室の白い部屋に空いている丸い脱出口なのではないだろうかと考えた。しかしその穴から見えるのは青い空でも黄色い月でもなくやはり太陽なのだった。それも白い空に赤く燃えている太陽であって、同時にそれは白い観念が引き裂かれて顔を見せた赤い現実であり、白い死に装束を身に纏って果てた人間の打ち落とされた首に浮かぶ赤く丸い傷跡だった。
0 notes
lolowv0 · 3 months ago
Text
V3キャラ評と感想
ニューダンガンロンパV3のキャラクター評と本編の感想追加
以下ネタバレあり
印象はほぼ本編で感じたことのみ 正直記憶が曖昧なので覚えている部分だけ そのうち追記するかも
‣赤松楓
最原終一の想い人、赤松ちゃん
1章で退場って聞くと短いけど確実に最原の記憶にもプレイヤーの記憶にも深く刻まれたであろうヒロイン 探偵の相棒として首謀者を暴くための罠を仕掛けたのが最初で最後の共同作業だった 教室のシーンはたまげたなぁ…
首謀者を殺せばゲームも終わるという思考は中々常識離れしていると思うが、その考えにいち早くたどり着いたという点では、あの常識が通じない世界に適応する能力はかなり高かったのではないかと思う いや、高すぎたのである
実際、あの瞬間まで殺人は起きておらず、首謀者も彼女の運任せの犯行を利用したということは、彼女以外には殺害の計画を企てた人すらいなかったということだ
ただあの場面で首謀者を殺して無事外に出られたとして、赤松ちゃんはその先人殺しの罪悪を背負って生きねばならないのはそれはそれで苦しいのでは?
最原終一を形成した人物
‣天海蘭太郎
私服登校も生存者特典なんすか?
‣東条斬美
東条斬美は私の母になってくれるかもしれなかった女性だ
キャラとしても好きだったし犯人としても動機とトリックがちゃんとしてて好感度が高い トロッコ問題のような動機は彼女の責任感の強さと実行力を考えると防ぎようがなかった 手袋さえ使わなければクロと確証づけるものは無かったと思う
2章と言う早い段階での計画的犯行だが それだけ彼女の動機が重く、生への執着が強く、そして周りとの信頼を築くには時間が短すぎたのである
‣星竜馬
動機もなければ生きる希望もない、殺されるためだけに用意されたかのような悲しい人生 だからこそ斬美の動機と噛みあってしまい命を捨てることになった
最原たちと触れ合って少しでも生きることに意味を見出していたようだが、その矢先に犠牲者に 秘密子や春川のように、才囚学園の中で生きることに希望を持てるくらいの友人ができていればあるいは被害者とはならなかったかもしれないが、それにもやはり時間と行動力が足りなかった
‣夢野秘密子
可愛い 初期のダウナーな感じも良いが終盤の健気でひたむきなのも好き
最初は周りと馴染めなかったり、変な宗教にハマったり、何度も容疑者として挙げられたり、友達を失ったりとたくさん苦い思いをしてきたが最後は立派に成長を遂げた
転子とずっと仲良く…とはいかなかったが、死を乗り越えた先でしか得られなかったものもあるだろう 最後まで前向きに生きた姿を見れば、転子や最原たちと過ごした時間が秘密子の人生の糧になっていることは確かだ
6章では自ら春川に身を寄せ、場を和ませようとする場面も見られる ”超高校級のマジシャン”だけあって、他者を楽しませることに一生懸命なのである
かわいいね
‣春川魔姫
第一印象は悪かった 話しかけてみればちゃんと会話してくれるが明らかに他者との壁を作っていた 強い口調とは裏腹に人を信じることができない弱さもある 口では子供が好きではないと言いつつ、プレゼントで喜ぶものが絵本やつみきなど子供向けのおもちゃだったりする 虚勢を張っているのである
百田は持ち前の勘で彼女のことも悪い奴じゃないと思い気にかけていたが、それ以外の人物からは近寄りがたく思われ、終盤まで信頼を築けなかった 結果、王馬と敵対し5章の事件に繋がる 結局愛の力はすべてに勝るのだ
王馬だけでなく、秘密子やキーボとも完全な信頼を築けていなかったから、彼女は一人で格納庫に侵入した(彼女の”暗殺者”の才能も後押ししたのだろうが)
5章での彼女の行動理念は「自分を救ってくれた百田を守りたい」の一点にあり、その想いは他の仲間を犠牲にしても良いと思うほど 百田が与える無償の信頼は相手にとっては成長の糧となるが、同時に自分すら顧みずコロシアイの犠牲になる可能性を高めるリスクもある (転子の秘密子に対する強い加護欲も同様)
他人の色恋にも鋭いし自覚もあるのは可愛くて好き 大胆は告白は女の子の特権だけど時と場合は考えてほしい
‣茶柱転子
全体的にクールなキャラが多い中で唯一まっとうに明るいムードメーカーだった まともだったし 死はあまりにも理不尽だった
秘密子を成長させるという重要な役目を全うしてサイコパスに殺された 秘密子を救うために本当は信仰していないアンジーの生徒会に入る等、時に”嘘”を使いこなせる人物であり、”超高校級の合気道家”らしくフィジカルも十分 コロシアイゲームを生き残れるだけのポテンシャルは本来あっただろう
男死と呼ぶほどの男嫌いではあるが、自ら危害を加えるようなことは無く必要ならコミュニケーションも取れるため春川や入間ほど他者との壁は作っていなかった
夢を与えてくれる秘密子の才能に惚れこみ、最後まで”秘密子を守る”という行動理念のもと自分の正義を貫いた 義理堅く、強い信念を持って生きた転子は最期の瞬間まで人との約束を破ることはなかった
‣夜長アンジー
見た目と声が好きすぎて入信しかけた イベント会話も可愛くて好きだった アンジーはアンジーらしいまま神様のところへ行った 王馬よりも素性が分からなかったような気がする
でもアンジーのやろうとしてたことは確かに”皆と一緒に生きるため”にやっていた事だし、皆の信頼を集めるだけのカリスマも持ち合わせていたのだと思う ただ運悪くサイコパスに鉢会っただけだったんだ
‣真宮寺是清
ちゃんとしたサイコパス
‣百田解斗
勘だけで生きている男
‣入間美兎
プリパラ見てそう
ある意味では一番人間臭いというか現実的な思考の持ち主だと思う 彼女の動機としては「オレ様の発明なら世界をより良くできるはず」という台詞があったことから、”超高校級の発明家”としての使命感から犯行に及んだと思われる
彼女が友達と呼べる程の関係に至ったのは王馬とキーボくらいだったと思う キーボに関しては入間からすれば機械に過ぎないと思うが… 頼られるのは嫌いじゃないっぽいし、色々と発明品を渡していた王馬の事は他より信頼していただろう でなければプログラム世界の事も説明しないし「裏切られるかもしれない事に恐怖を感じてる」と独白したりもしない
彼女にとって自分の計画を成功させるにあたり信頼できる人(自分を信じて屋上に来てくれる人)が王馬だったのだ つまり二人は互いに信頼関係があったといえる だからこそ4章の後には引けない殺人が起きたわけだ
彼女が周りとの信頼を築けなかった理由は虚勢にある 入間が発言のたびに下品な冗談を言うのは本人曰く「場を和ませるため」だが、あまりにも品がないため引かれる事になってしまっていた 端的に言うとコミュ障である
そんな彼女の発言に唯一対抗できたのが王馬であった 言うなれば彼女の冗談に乗ってあげていたのである 王馬に罵られた時の反応を見るに嫌な気持ちを抱いてるようには見えないし素直に喜んでいるのだろう
最原と赤松ちゃんは土下座で発明を頼み込んでいたが、王馬がそんなことをするとは思えないし 彼女と正しく向き合うにはもっと”対等”であるべきだったのかもしれない
‣獄原ゴン太
ここが才囚学園じゃなかったら良い紳士になれていたと思う
ずっと「みんなを守りたい」という信念だけで体を張ってきたが、”外の世界の真実”を見て絶望してしまい、そこで王馬とコロシアイバスターズを結成することとなる
4章のゴン太は記憶を失っていたため百田の勘も通用せず、王馬の自白がなければ真相の道へも行けなかっただろう そのため裁判中での百田の勘は間違っておらず、王馬の自白に乗る最原を遠ざけるのは当然のことである
(この辺は以前の感想から考えが改まった部分)
ゴン太が王馬の計画に乗った理由は彼の計画がコロシアイを終わらせる事にあったからである 王馬の目的が首謀者を暴き、自分の信条に背くコロシアイゲームを終わらせることにあるのならば ゴン太も協力するだろう
計画の内容は、まず前提として”首謀者は監視カメラで全ての状況を把握していて、ゲームを続かせるために議論中クロに疑いを向けるよう誘導するような発言があるはず”と想定して、その人物を特定することにある 監視カメラについてはモノクマが状況を把握してる事とゴン太の「学園内に虫さんがいる気がする」と言う発言から、いち早く推測できたとする またコロシアイゲーム自体が「誰かに見られている」こと自体、王馬は早い段階で気づいていた
学級裁判は ゴン太は何も知らない→王馬が偽証により犯人に仕立て上げられる→王馬自白→ゴン太は変わらず何も言わない→王馬が反論を求め捲し立てる→最原が記憶喪失の推理をする
という流れだったと思う ここで王馬の計算外が二つあり、一つは最原の偽証 もう一つがゴン太の記憶喪失である
最原の偽証で王馬がクロとされてしまっては計画が破綻してしまうため王馬は自白をはじめる そしてゴン太があまりにもシロを演じているように見えたため、王馬は”裏切られた”と感じたのではないだろうか そのためゴン太に対して激しく糾弾したが、記憶喪失の可能性が浮上したため計画の破綻に気づく
そしてゴン太アルターエゴが言っていた「みんなを楽にしてあげたい」と言う発言と、自分もおしおきしてくれと頼む王馬に対する「ゴン太は大丈夫だからそんな事言わないで」という趣旨の発言は明らかに矛盾している 死を救済と捉えているなら(おしおきはつらいからと言う理由は抜きにして)王馬に死なないで欲しいという趣旨の言葉は残さないと思う
みんなを楽にするためではなくコロシアイを終わらせるための犯行だとしたら、ゴン太アルターエゴの言葉は王馬の”嘘”に乗っていたのである 後の事を王馬に託して彼は最期までみんなの為に体を張ったのだ
‣王馬小吉
端的に言えば彼もコミュ障である
王馬の嘘は虚勢とは言い切れないが、百田が指摘した「本音を隠すために嘘をついている臆病者」というのも否定はできない 彼の素性を考えるならあくまでエンターテイメントとしての嘘とコロシアイを生ききる中で身を守るための嘘が混在していたとみる
そして彼の嘘は最原たちを”誘導”するために使われることが多かったが、やり方が迂遠すぎたためヘイトを貯めこみ、それが作戦の失敗へと繋がる
王馬が明確に怪しんでいたのは5章の時点で春川のみ(個室のホワイトボード参照) 逆にそれまでに信頼していた(信頼を得たかった)であろう人物はゴン太・入間・最原、他に注目していたのはキーボ
キーボに対しては単純に面白がっていた部分もあるだろうが、ホワイトボードによると”変”だと思っていたらしい 実際、キーボには「視聴者代表」という役割が設けられており、その他のキャラクターとは乖離しているため王馬の予想は当たっていたともとれる
入間については王馬の計画に使うための道具を多数提案し、作って貰っていた事から確実に信用していたとみられる
ゴン太に関しても、早期から”昆虫でなごもう会”を画策したり、ゴン太の見た”中庭の文字”を学園に関係するヒントと受け取ったり、「虫を見た」という発言を受けて入間に”吸い取りマシーン”を作らせたりと、かなりの信頼を置いている
また、彼の動機ビデオの内容を踏まえると 王馬がコロシアイゲームを許せないと思っていたことは事実で、春川と敵対した理由は「暗殺者」だから(理由がどうあれ殺しの前科を許容できなかったし、春川の出自を知る術もない) 
最原は5章の計画を成功させるための重要なファクターであり、計画を成功させるにあたっての脅威でもある 彼を共犯者にして”推理をさせない”ために友達や相棒と言って引き込もうとするが、4章にて最原から嘘の証言で反論される それを受けて王馬は最原の信用を得るのを諦めることになるが、同時に最原に信頼をおく事にも繋がった
4章での計画が失敗してしまった状況で王馬が次に考えることは、5章での「首謀者を名乗り皆を絶望させ行動不能にする」作戦、そして「死体を偽装して首謀者を欺く」作戦である これらの作戦概要は4章以前から準備していたものである (”外の世界の真実”に伴う推理や 百田に渡していた”裁判中の王馬”の台本、生前入間に頼んで作って貰っていたエレクトハンマー等)
まず前者の作戦に引き継ぐため王馬は”ゴン太を利用した”事を強調し、コロシアイゲームの主催者らしく威勢を張って最原たちを煽るのだった
しかしゴン太がおしおきされる直前の問答は本心だと思う 仲間のために涙を流せないやつは組織の信条も守れないよ
5章 まず最原たちを行動不能にした際、百田を連れ去った理由は 彼を”首謀者”と踏んでいたためであると考える 百田はこれまで勘で皆の議論を扇動したり最原のサポートをする場面があり、これが「ゲームを続けるためにクロへ誘導する」という首謀者の条件に当てはまるため また、2章・3章・4章と百田にはアリバイが無いことが多く、これが「監視カメラで情報を得ている」と取れるため
「人を信じる」百田は、常に「人を疑う」王馬とは真逆の行動理念で対立しており、根拠はないけど正解に辿りつき人を惹きつけるという、まるっきり王馬とは対の位置にいた人物である
更には4章でゴン太をクロに誘導する人物が居なかったのもあり、それ以上首謀者を絞れなかったものとみられる
王馬の嘘によってコロシアイ参加者たちが動けなくなり膠着状態に陥れば、当然”見ている人たち”にとっては退屈になり首謀者もアクションを起こさなければならない そして王馬視点では首謀者(百田)を最原たちから引き離して軟禁しているため、膠着状態が続くものと考えているだろう つまりこの時点では王馬が”死体偽装トリック”を実行する予定はなかったのである
しかし王馬のついた嘘は真の首謀者によって利用されてしまう
首謀者の思惑により”絶望の残党”である王馬に立ち向かう事を決めた最原たち、もとい春川は単身で格納庫へ乗り込み、コロシアイを続ける引き金を引いてしまう これが想定外だった王馬は、用意していた事実上最後の手段を使うことになる 共犯者に百田を選んだのは、百田を軟禁していた際に膠着状態が解かれた以上百田は”首謀者”ではないと確信したことと、春川から自分を庇ったことを見て信用しても良いと踏んだのだろう
結果的に最原に推理をさせてしまったことで王馬の偽装トリックは暴かれてしまうが、自分が今までに得たヒントの情報を個室に残すことで更に”その先”で最原たちに勝たせる事を計画していた 正しくコロシアイゲームを終わらせることに命を懸けたのである
ただ天海の蝋人形吊るした部屋で眠れる精神状態はまずいと思う
‣キーボ
6章のことはまだ考え中
‣白銀つむぎ
生き残った三人は皆コロシアイゲームを経て親密になった人を失っている、言い換えると死を超えて成長を遂げられた人物であることが分かった 百田とか天海についてはもっとちゃんとした感想があるのでそのうち追記したい
以上が個人的なキャラ評と改めてストーリーの感想です
1 note · View note
gamsic · 4 months ago
Text
kiterestu.txt
1. ワガハイはコロ助ナリ/潜地球で宝探し! ある日、英一はキテレツ斎さまの夢を見る。英一は夢の中のキテレツ斎さまから「大百科は役にたっているか?」と訊ねられるのだが……。/みよちゃんとトンガリにお花見に誘われた英一。しかし、英一は“潜地球”の製作に夢中になっていた。2人は英一を残して城山に向かうが、そこには「立入禁止」の立て札が……。 2. サクラ散ル勉三さん/動物しばいを作るナリ 木手家の隣に住む、浪人生の勉三さんが失恋してしまった。落ち込んでいる勉三さんのために、英一は異性を引きつける“羅部身膏”を作ってあげる。/英一の作った“動物あやつり機”で、動物劇団を結成することにしたコロ助。さっそく動物たちをスカウトするため、町に出かけるのだが……。 3. 手づくりロケットで月までアドベンチャー “昇月紗”と“千里鏡”を使い、100年以上も昔に月面の様子をスケッチしていたキテレツ斎さま。そんなキテレツ斎さまの偉業に刺激された英一は、キテレツ斎さまも出来なかった月面旅行に挑戦しようとする。昇月紗を推進装置にした土管の宇宙船に、宇宙服と酸素ボンベを積み込み、英一は月面を目指して出発する。 4. くらやみでドキドキ/うらみキャンデー 土砂崩れで洞窟に閉じ込めらた英一たち。このままでは全員が窒息死してしまう。英一は“かべぬけ服”さえあれば、と思うのだが……。土砂崩れで洞窟に閉じ込めらた英一たち。このままでは全員が窒息死してしまう。英一は“かべぬけ服”さえあれば、と思うのだが……。/いつもみんなにイジメられている、気の弱い乙梨くん。そんな乙梨くんに頼まれ、英一は恨みの念をエネルギーに変える“うらみ糖”を作ってあげる。 5. てんぐの抜け穴でらくらくハイキング 空間をねじ曲げ、どんな遠くの場所でも簡単に行き帰りが出来る“てんぐの抜け穴”。これを活用し、英一とコロ助は手ぶらでハイキングに出かける。手ぶらで軽やかに山登りをし、昼食にはバーベキューセットを用意する英一。英一のバーベキューに対抗心を燃やしたブタゴリラは、松茸を探すため、森の奥へ入っていく……。 6. 帰って来たからくり武者/如意光でひっこし 物置に閉まっておいたはずの“唐倶利武者”が、突然、あちこちで暴れ始めた。コントローラーを持ち出したのは、いったい誰なのか?/物体の大きさを自由に変えられる“如意光”。しかし、コロ助が操作を誤ったため、英一は小さな体のまま、置き去りにされてしまう!? 7. みよちゃんとままごとハウス/わすれん帽!? 本気でままごと遊びが出来る“こころみの家”。将来、みよちゃんとの結婚を夢見る英一は、こころみの家を使って、みよちゃんと……。/誤解がもとで、友紀さんに嫌われた勉三さん。友紀さんのことで苦しむ勉三さんに頼まれ、英一は“わすれん帽”を作ってあげる。 8. 宇宙怪魔人ブタゴリラ/ミニタウンで遊ぼう “夢幻灯”で特撮映画を作ろう! 英一はコロ助を主役にし、みよちゃんやブタゴリラにも出演を依頼して、映画を作るのだが……。/自由に遊べる町が欲しい。そんなみんなの願いをかなえるために作った“縮小門”と模型の町。子供だけの町にみんな大満足だったが……。 9. 思い出カメラ/対決! コロ助対かわら版小僧 近所で次々と起きる謎の盗難事件。英一とコロ助は過去を移すカメラ“回古鏡”を使って、犯人を突き止めようとする。/学級新聞の担当になった英一とみよちゃん。しかし、新聞記事のネタが思うように集まらない。そこで英一は、ネタ集めのために“瓦版小僧”を作る。 10. コロ助と赤ちゃん恐竜! 南の海の大冒険!! 高知県の竜馬湖に恐竜・リッシーが出現!? そんなニュースがテレビで大々的に放送された。しかし、テレビに写っていた恐竜のシルエットが、以前、百丈島に残してきた“亀甲船”に似ていることに気付いた英一は、恐竜の正体は亀甲船に違いないと思い始める。英一とコロ助は、大騒ぎになる前に亀甲船を回収しようとするが……。 11. 分身機で人間コピー!?/コロ助学校へ行く いつもお小遣いをくれるおじさんが木手家に遊びに来た。しかし、英一はみよちゃんとの約束が……。お小遣いを取るべきか? みよちゃんとの約束をを取るべきか?/英一が学校に行っている間、いつも家で留守番のコロ助。それをつまらなく思っていたコロ助は、みんなに内緒でこっそりと学校に忍び込む。 12. 脱時機でのんびり/水遊びもほどほどに 今年こそ浪人生活から抜け出そうと、毎晩、勉強に励む勉三さん。しかし、あまりにもピリピリし過ぎている勉三さんを気の毒に思った英一は、“脱時機”を作る。/水不足でプール開きが延期になってしまった。英一はブタゴリラに命令され、水を何百倍にも増やすことが出来る“水増殖丸”を作るのだが……。 13. 雲の上のスイートホーム 静かな場所でないと気が散って勉強が出来ないというみよちゃん。そんなみよちゃんのために、英一はとっておきの勉強部屋を作ってあげることにする。“仙境水”を使い、雲の上にみよちゃんのためだけのスイートホームを作った英一とコロ助。だが、突如現れたブタゴリラたちによって、スイートホームは乗っ取られてしまう。 14. ちょうちんおバケ捕物帖/怪談ボタン灯 ブタゴリラの横暴な行動に怒った英一は、ブタゴリラをギャフンと言わせるため、どんな小さな悪事も見逃さない“必殺召し捕り人”を作る。/ものすごく怖がりなことをブタゴリラにバカにされた英一とコロ助。2人は仕返しをするため、“ボタン灯”を作って、ブタゴリラの部屋にこっそりとしかける。 15. 一寸ガードマン/シャボン玉ドーム パパがひったくり犯に襲われた!? 英一は犯人を捕まえるため、小型ボディーガード・ロボット“助太刀人形”と“打ち出のマイク”を作り、犯人探しに出かける。/シャボン玉を上手く膨らますことが出来ないコロ助。そんなコロ助のために、英一はとびっきり大きなシャボン玉が作れる“大シャボン玉水とストロー”を作る。 16. パパたちの授業参観.親子で野球大会 今日は表野小学校の父親参観日。しかし、何故かパパと一緒にコロ助まで学校に来てしまう。しかもブタゴリラの父親(熊八)に「ねぎ坊主」とバカにされたコロ助は、ことある事に熊八と張り合い始める。授業参観のあとに行われた、親子混成チームによる野球の試合でも、対抗意識まる出しの2人は……。 17. 哀しみのトンガリ.かくれみので一人ぼっち 身に着けた者の姿を、完全に見えなくしてしまう“かくれみの”。コロ助は英一に無断でかくれみのを持ち出して、みのをトンガリに取られてしまう。姿が見えないのをいいことに、次々とイタズラをはたらくトンガリ。しかし、かくれみのの結び目が見えなくなったトンガリは、みのが脱げなくなってしまう。 18. エジソンに会った 誰にもいえない夏休み 発明王のエジソンに会うため、改良型の航時機を作った英一。しかし、英一がちょっと出かけたスキに、ブタゴリラとトンガリが勝手に航時機を操作し、2人だけで19世紀のアメリカに行ってしまう。わけのわからないままアメリカに来てしまったブタゴリラたちは、そのままなりゆきでギャング団の一味になってしまう。 19. ひんやりヒエヒエ水ねんど/台風と夏まつり 水を粘土のように固めて、自由に形を変えることが出来る“粘土水”。英一たちは夏を涼しくすごすため、粘土水で家を造り。快適な夏を過ごすのだが……。/年に一度の「こども夜店」の日が近づいていた。しかし、天気予報ではその日は雨。こども夜店が中止にならないよう、英一は“雨よけコントローラー”を作る。 20. コロ助! パワーアップ大作戦 グランロボのように強くなりたいコロ助は、グランコロ助に改造して欲しいと言い出す。しかし、お金がないという理由で、英一に断られたコロ助は、お金があれば改造してもらえると思い、アルバイトを始める。しかし、お世辞がヘタなコロ助は、うまくお客さんの相手が出来ずに困ってしまう……。 21. 走れ 42.195キロ! マラソンはこりごりナリ!? マラソンが42.195キロだなんて誰が決めたんだ! マラソンを35キロにしよう!! ブタゴリラのわがままのせいで、紀元前490年のギリシャに向かうことになった英一たち。アテネからマラトンまでの距離が35キロなら、マラソンも35キロになるはず。というわけで、アテネからマラトンまでの距離を測り始める英一たちだったが……。 22. 町内運動会 MVPは誰の手に!? 突然、木手家のテレビが壊れてしまった。グランロボが見れないコロ助は「新しいテレビを買って欲しい」とママにお願いするが、ヘソクリを使いたくないママに却下される。そんな時、今度の日曜に行われる町内運動会のMVPの商品が大画面テレビだと知り、やる気満々になるママ。一方、敵チームのブタゴリラもテレビを狙って、やる気満々になっていた。 23. ふりかけはコロッケの味/きき耳ずきん ブタゴリラが開く野菜パーティーに、ムリヤリ参加させられることになった英一と乙梨くん。困った英一は、どんな食べ物もコロッケの味に換えられる“食物変換ふりかけ”を作ることにする。 24. 昼行灯で百点満点/コロ助 恋におちて 人間の記憶力を増進させる効果を持つ“昼行灯”。昼行灯を使って、英一は苦手な国語のテストを克服したのだが、昼行灯のことがブタゴリラに知られ、取り上げられてしまう。/学校の授業で、自動車工場の見学に行った英一たち。そこでコロ助は、最新型の自動車点検ロボットに気に入られてしまう。ロボットに一目惚れされてしまったコロ助は……。 25. キョーレツ!! 怪人ドテカボチャン トンガリが軽い気持ちで応募したマンガが、次号のゲラゲラコミックに掲載されることになった。しかし、そのマンガはギャグマンガで、主人公のドテカボチャンはブタゴリラをモデルにしたキャラクターだった。もし、マンガをブタゴリラに見られたら、絶対に殺される!? トンガリは英一に、どうにかして欲しいと泣きついてくる。 26. ひかえい! 黄門サマは大悪人? 水戸黄門の印籠のように、どんな相手も恐れ入らせてしまう“黄門印籠”。しかし、その印籠をコロ助が持ち出し、ブタゴリラに取り上げられてしまう。印籠のご威光にひたすらひれ伏し、ブタゴリラの命令に従うコロ助。それを見ていた泥棒が、ブタゴリラから印籠を奪い取り、印籠を利用して悪事を働こうとする……。 27. やればできる! 逆あがり必勝法 体育の時間に逆上がりができず、みんなに笑われる英一。その話を聞いたママは英一を公園に連れ出し、逆上がりの練習をさせようとする。しかし、逆上がりの練習をブタゴリラたちに見られ、英一はさらに笑われてしまう。練習をやめた英一を見て、再び練習させるためのアイデアを思いついたコロ助は、パパに“てんぐの抜け穴”を渡し、あるお願いをする。 28. 夢のつんつるつづら/コロ助がお見合い 繊維の分子を膨張させる“つんつるつづら”。英一はこれを使い、みよちゃんが七五三のときに着たという、思い出の振り袖を、もう一度着れるようにしてあげようとするのだが……。/“臭覚マスク”を使い、八百八でおつりを間違えたおばあさんを見つけ出したコロ助。その事件がキッカケで、コロ助のことを気に入ったおばあさんから、お見合いの話が持ち込まれる。 29. アッチッチ! 温泉さがして地底探検 パパの誕生日に温泉をプレゼントしよう! “箱庭製造機”で庭に露天風呂を作り、そこに“てんぐのねじれパイプ”で、地下の源泉からお湯を引っ張ってこようと考える英一。みんなと一緒に“潜地球”に乗り、源泉を探しに地下へ潜っていく。しかし、その途中で地震にあってしまい、ブタゴリラとコロ助が潜地球の外に放り出されてしまった!? 30. コロ助とチビゴリラの友情物語 お使いに出かけたコロ助が拾ってきたサルの子供。すっかりなついているそのサルに、チビ丸という名前を付け、家で飼おうとするコロ助。しかし、チビ丸は動物園へ輸送する途中の事故で逃げ出したゴリラの子供だった。チビ丸を飼うことをママに反対され、そのうえママの剣幕の凄さに驚いたチビ丸は、窓から逃げ出してしまう。 31. 君こそスターだ! 浦島亀太郎 文化祭で『浦島太郎』の劇をやることになった英一たち。配役はブタゴリラが浦島太郎、みよちゃんが乙姫、そして英一は亀の役だった。ブタゴリラは亀役の英一にまたがると、まるで英一を馬のように扱う。怒った英一はストーリーを変えてしまおうと思い、“航時機”で室町時代へ向かう。英一は浦島太郎の作者に会い、主役を亀にしてもらおうとするのだが……。 32. キテレツ斉様は千両役者!? コロ助が公園で知り合った、元旅役者の梅岡藤十郎。かつては人気者だった藤十郎だが、今では行くあてもなく、その日の食事にも困るありさまだった。寝る場所もなく困っている藤十郎だが、よく見ると顔がキテレツ斎さまに似ていることにコロ助は気付く。コロ助は藤十郎をキテレツ斎に変装させ、英一の部屋に泊まれるようにしてあげようとする。 33. サンタクロース見ーつけた 突然ブタゴリラの態度が変わった!? あまりのブタゴリラの豹変ぶりが気になる英一は、思っていることをすべてしゃべってしまうという道具“腹蔵清浄器”を作り、その理由を聞き出そうとする。実はブタゴリラは、サンタクロースが本当にいると今でも信じていて、いい子にしていないとサンタさんからプレゼントがもらえないと思っていたのだ。 34. みよちゃんの花ムコ占い・10年後は成人式 デパートの占いコーナーで、評判の占い師に将来を占ってもらったみよちゃん。占いの結果は20歳で同級生と結婚し、結婚相手は八百屋などの威勢のいい職業についている人ということだった。その条件に当てはまる同級生は1人しかいない。落ち込んでいるみよちゃんのため、占いが当てにならないことを英一は証明しようとするのだが……。 35. 雪国でミステリー ブタゴリラの祖母が経営する民宿に招待された英一たち。駅に到着すると、迎えに来ているはずのブタゴリラはまだ来ていなかった。仕方なく駅で時間をつぶす英一たち。ところが、英一たちは村人たちから泥棒と間違えられてしまう!? 実は半年前に村から盗まれたごんた人形とコロ助がそっくりだったせいで、勘違いされてしまったのだ。 36. ブタゴリラのスケート特訓/寒中水泳大会 今度の日曜日にスケートに行くことになった英一たち。スケートの出来ない英一は憂鬱な気分に……。ところが、スケートが出来ないのは実は英一だけではなかった。/毎年の恒例行事、寒中水泳大会が今年も行われることに……。英一は、手荒れに悩むママのために作ってあげた“保温防水膏”を使って、寒さをしのごうとする。 37. 新一年生必見! 赤いランドセルの女の子 公園で遊んでいたコロ助が、見知らぬ女の子から預かった赤いランドセル。しかし、それは近所の勉強堂から盗まれたランドセルだった。ランドセル泥棒の汚名を着せられたコロ助は、名誉を回復しようと町に出て、女の子を捜し始める。ところがその間に、今度はブタゴリラが同じ女の子から赤いランドセルを預けられていた……。 38. 王子と結婚!? みよこ姫 学校の授業で、将来の夢を聞かれた英一たち。ブタゴリラの夢は八百八をもっと大きな八百屋にすること。英一の夢は立派な発明家になること。そして、みよちゃんの夢は、なんとシンデレラみたいになることだった。英一はみよちゃんの夢を叶えてあげようと、“航時機”を使って中世のヨーロッパに連れって行ってあげることにする。 39. 北斗星で北の国へUターン 札幌ラーメンを食べるため、家族で日帰りの北海道旅行に行ってきたトンガリ。トンガリに対抗意識を燃やしたブタゴリラは「自分も日帰りで北海道旅行に行く」と言い出し、その方法を英一に用意しろと迫る。ちょうど勉三さんが受験のために北海道に行くことを知った英一は、勉三さんに“てんぐの抜け穴”を預けることにする。 40. コロ助 秀才になる!? 近所に新しく出来た学習塾の模試を受けることになった英一たち。しかし、テストでビリになりたくないブタゴリラは、コロ助にも一緒に模試を受けさせることにする。名前しか書けないコロ助のために、英一は“念動筆”を作るが、2人は別々の教室になって作戦は失敗しまう。それなのに発表された模試の結果では、コロ助が満点で1位になっていた!? 41. コロ助若さまのいいなずけ みよちゃんが日本橋のおじいちゃんの家で見つけてきた浮世絵。その絵にはコロ助の後ろ姿が描かれていた。浮世絵に描かれているコロ助の正体を調べるため、英一たちは“航時機”で安政五年の江戸に向かう。しかし、何故かコロ助がお城の若様(菊千代)と間違えられ、連れていかれてしまう。英一たちは何とかコロ助を連れ戻そうとするのだが……。 42. 恐竜からの招待状 南の国へいらっしゃい! 英一のもとに届いた一通の手紙。その手紙の差出人は、以前に竜馬湖で英一たちが助けた恐竜だった!? いくらなんでも恐竜が手紙を出すわけがない。英一たちは本当の差出人を探すため、消印が押されていた百丈島に向かう。実は手紙の本当の差出人はマキという少女で、マキは恐竜を見つけ出し、島を有名にしたいと思っていたのだった。 43. ブタゴリラのあこがれは年上の女の子? いつも八百八に買い物に来る中学生のひとみさん。ブタゴリラが、そのひとみさんのことを好きになってしまった。恋に悩むブタゴリラは、ひとみさんと仲良くなれる道具を作れと言い出す。その後、神社に向かい、ひとみさんと仲良くなれるようお願いをしていたブタゴリラは、神社で犬に襲われていた女の子(まさこちゃん)を助けたのだが……。 44. ウルトラ迷路でウロウロどっきり!? 迷路のアトラクションに遊びに来た英一たち。誰が一番早く迷路から脱出できるか競争することになり、5人はそれぞれ迷路の中に入っていく。ところが、みよちゃんがコロ助の目の前で壁の中に消えてしまう!? どうやらみよちゃんは次元の裂け目に迷い込んでしまったらしい。英一は“異次元刀”を使って四次元への入口を開き、みよちゃんを救出に向かう。 45. 一獲千金 まぼろしの蝶を探せ トンガリが自慢していためずらしい蝶の標本。その標本の蝶が1匹10万円すると聞き、ブタゴリラはめずらしい蝶を捕まえに行こうと言い出す。近所に住んでいる蝶の研究者の如月博士の話では、20年前に絶滅したキンイロクジャクアゲハなら1000万円以上するらしい。英一たちは“航時機”を使い、20年前のブラジルに蝶を捕まえに行くことにする。 46. 呼べばこたえるヤマビコ野菜 コロ助が丹精込めて育てた鉢植えのトマト。しかし、そのトマトがブタゴリラに食べられてしまう。悔しがるコロ助のために英一は“山彦野菜”を作り、それを仕込んだトマトでブタゴリラを驚かせようとする。ところがコロ助の育てたトマトを気に入り、木手家に来ていたグルメ評論家の本山先生が、山彦野菜の仕込まれたトマトを間違えて触ってしまう。 47. まかフシギ? 乙姫様が鶴の恩返し 新聞を見て大騒ぎするコロ助。そこには英一たちが室町時代に忘れてきた“動物変身小槌”の事が載っていたからだった。小槌を回収しようと、慌てて室町時代に向かう2人。ところが運の悪いことに、英一とコロ助は乙姫に捕まってしまい、座敷牢に閉じ込められてしまう。動物変身小槌も取り上げられた英一たちは絶体絶命のピンチに……。 48. 地震のつくり方/思い出ハウスで仲直り 突然の地震に慌てふためき、みんなにバカにされてしまった英一。冷静沈着なところを見せ、名誉を挽回しようとした英一は“地震発生機”を作ることにする。/いつもは仲がいいブタゴリラの両親が大ゲンカをした!? 2人を仲直りさせて欲しいと頼まれた英一は、“こころみの家”を改造し“思い出ハウス”を作ることにする。 49. 当選確実! クラス委員は脚光灯で 新しいクラス委員を決める選挙が行われた。クラス委員は秀才の瀬川さんに決まったが、英一にも1票だけ票が入っていた。「その1票は自分で入れたんだろう?」と、英一はブタゴリラにからかわれてしまう。しかもブタゴリラには3票も入っており、そのことを悔しがったコロ助は、英一の人気がもっと出るようにするため、英一に“脚光灯”を作らせる。 50. ウソ! あのブタゴリラが野菜嫌いに!? 突然ブタゴリラが「俺は野菜がキライになった。今後いっさい野菜は食べないから、おまえたちも俺の前で野菜の話はするな」と言い始める。実はブタゴリラのあまりにも度を越した野菜好きを心配した両親が、ブタゴリラにそのことを注意したため、そんなこと言うなら「もう野菜なんかキライになってやる!」と、ブタゴリラは拗ねていたのだ。 51. キンキラ金山見つけた 地底の大冒険 物置の掃除中に偶然見つけた宝の地図。その地図は木手家の先祖が記した、平家の隠し金山の地図だった。いつものメンバーで宝探しに出かけた英一たちは、宝の地図を頼りに滝の裏に隠された洞窟へ入っていく。さまざまなワナをかいくぐりながら奥へ進んでいく英一たちは、洞窟の中で同じように隠し金山を探しているという大学生の奥村に出会う。 52. 大人気!5年3組白鳥先生 5年1組と3組のクラス対抗リレーが近づいていた。3組担任のドラムカン(広井先生)が大キライなブタゴリラは、「絶対に3組に負けるな!」と、英一とトンガリをしごき続ける。ところがクラス対抗リレーの直前にドラムカンは産休をとることに……。そして、代わりに3組の臨時担任として赴任して来たのは、美人の白鳥先生だった。 53. 恐怖の九官鳥・コロ助が危ない! ブタゴリラに秘書扱いされ、いいようにこき使われるトンガリ。しかし、面と向かって文句を言えないトンガリは、自宅のベランダでブタゴリラの悪口を言って、ストレスを発散させていた。ところが隣の家の九官鳥の勘三郎に、トンガリが言っていた悪口を覚えられてしまう!? もしも、このことがブタゴリラに知られてしまったら……。 54. 感激鐘で武士の目にも涙ナリ みんなが感激して涙ぐむような映画を見ても、何とも思わないコロ助。あの映画を見ても感動しないやつはネコ以下だと言われ、ショックを受けたコロ助は、英一に“感激鐘”を作ってもらう。これがあればピアノの発表会で、みよちゃんの演奏を聴いて感動できる。そう思って喜んでいたコロ助だが、うっかり感激鐘を階段から落とし、壊してしまう。 55. キテレツ大ピンチ? パパの発明禁止令! パパの夢の中にパパのパパ(英一のおじいさん)が現れる。「もっと厳しく育てないと、英一がダメになってしまうぞ」と、おじいさん叱られるパパ。最初はあまり気にしていなかったパパだが、普段の英一を見ているうちに、だんだんおじいさんの言葉が気になり始める。英一を鍛え直すためことを決めたパパは、毎朝英一にジョギングをさせ、発明も禁止してしまう。 56. 撮影快調! ハリウッドのバビロン大宮殿 無声映画の傑作と言われる『イントレランス』。その映画に刺激されたトンガリは、買ってもらったビデオカメラで映画を撮り始める。英一も大百科を見て“夢楽鏡”を作るが、夢楽鏡が旧式すぎるため、使い方が分からない。夢楽鏡と昔のカメラが似ていることに気づいたトンガリは、カメラの使い方を『イントレランス』の監督に教わろうと言い始める。 57. 大予言! コロ助のあした草紙 絵本しか読めないことをブタゴリラにバカにされたコロ助。コロ助は傑作小説を書いて、ブタゴリラを見返そうとするが、さっぱり筆が進まない。見かねた英一はコロ助のために“あした草紙”を作ってあげることに……。しかし、あした草紙は小説を書いてくれる道具ではなく、明日、身の回りで起きる出来事を予言する道具だった。 58. ついに発明! 夏休みを3倍にする夢遊境 夏休みになり、ブタゴリラは田舎のおばあちゃん家、トンガリは百丈島の別荘、みよちゃんは軽井沢のペンションに行くことになった。それを聞き、自分もどこかに行きたいと駄々をこねるコロ助。英一はコロ助のために、5メートル四方の空間を入れ替えることが出来る道具“夢遊境”を作り、夢遊境の受信用ペンダントを、トンガリたちに預ける。 59. 骨折り損のくたびれ小槌 明日は結婚記念日だというのに、パパとママが夫婦ゲンカをしてしまった。この様子だと、パパは明日のことを忘れているに違いない。英一はパパに結婚記念日のことをそっと伝えようとするが、すれ違いばかりでうまく伝えられない。このままだとマズイことになる。そう思った英一は、“成長小槌”で大人に変身し、会社までパパを追いかけていく。 60. 八月のある日、迷い子クジラが空とんだ みんなと一緒に海水浴にやって来た英一とコロ助。しかし、海岸は人だらけで、とても海水浴を楽しめる状態ではなかった。“昇月紗”と“仙境水”を組み合わせて作った新しい道具“キント雲”を使い、英一たちは無人島まで飛んでいくことにする。誰もいない海岸で海水浴を満喫していると、なぜか島の浅瀬にザトウクジラの子供が迷い込んで来た……。 61. こわいの飛んでけ! 三半鏡でバッチリ 自動車の免許を取った勉三さんに誘われ、ドライブをすることになった英一とコロ助。ところが勉三さんの運転は、試験に合格したことが不思議なぐらい危険で、英一たちはあやうく死にかける。しかし、そんな勉三さんの運転のことを知らないみよちゃんが、今度の日曜日に、勉三さんの車で遊園地に行く約束をしてしまう。 62. おばけがいっぱい!? キャンプでパニック 林間学校に行くことになった英一たち。しかし、学校の行事だというのに、“てんぐの抜け穴”を使い、コロ助が勝手に付いて来てしまう。しかも、林間学校で行われるきもだめし大会の優勝者に商品が出ることを知ったコロ助は、英一を優勝させようとして、こっそり持ってきていた“ボタン灯”をきもだめしのコースにしかける。 63. 走れ! トンガリ号 夢の四駆グランプリ 表野百貨店の屋上で行われた、予選大会で優勝し、ミニ四駆の決勝大会に出場する資格を手に入れたトンガリ。ところがトンガリは「決勝の日は風邪をひき、出場できない気がする」と言いだす。実はトンガリは、ここ一番という時に風邪をひいてしまうジンクスがあったのだ。トンガリの晴れ舞台をつぶさせるもんかと張り切るブタゴリラに命令され、英一は“風邪見鳥”を作ることに……。 64. まことナリ! キッコー船で山のぼり コロ助が公園で見つけた風船。その風船には1通の手紙が着いていた。さっそく手紙の差出人に返事を書くコロ助。しかし、英一が宛先を間違えて書いてしまったため、手紙が戻ってきてしまう。そのことを知ったコロ助は怒り、英一に内緒で“亀甲船”を持ち出し、手紙の差出人に直接会いに行こうとする……。 65. ゴリラとブタゴリラ・どっちがゴリラ コロ助が拾ってきたという子猫。しかし、それは子猫ではなくライオンの子供だった!? しかもそのライオンは、密輸業者がアフリカからさらってきたものだったのだ!? ライオンを母親のもとに返してあげようと決めた英一たちは、トンガリのパパに頼んで、“てんぐの抜け穴”をアフリカの支店に送ってもらい、アフリカでライオンの母親を探しはじめる。 66. 大爆笑! あの乙姫がやって来た 発明品の整理をしていた英一とコロ助の目の前で、突然“航時機”が消えてしまう。それは、過去の時代のどこかで、誰かが航時機を操作したからだった。実は英一たちが室町時代で座敷牢に入れられていた間に、乙姫が勝手に航時機を操作していたのだった!? 航時機に乗って現代に現れた乙姫は、持ち前のバイタリティで次々と騒動を引き起こしていく。 67. 雨あめ降れふれ! 忘れな傘を君の手に 雨が急に降り出しても困らない道具“忘れな傘”。忘れな傘は、出かける前に軒先にぶら下げておくと、雨を自動的に感知し、持ち主のもとに飛んで来るという、とても便利な道具だった。その便利さに驚いたみんなに頼まれ、英一はみよちゃんや、ブタゴリラ、勉三さんの分も作ることに……。ところが忘れな傘には、ある欠点があった。 68. 邪馬台国の謎に迫る! みよ子がヒミコ? 邪馬台国の女王・卑弥呼に思いをはせる勉三さん。卑弥呼のことを絶世の美女だと信じている勉三さんは、卑弥呼のことが気になって勉強も手につかない状態に……。勉三さんの思いをかなえるため、みんなで“航時機”に乗り、本物の卑弥呼に会いに行くことにする。しかし、定員オーバーの航時機は途中で調子が悪くなってしまう。 69. 秋深し みんなそろって結婚式フルコース 親戚の結婚式に出るため、学校を早退するトンガリ。結婚式で出るフルコース料理のことをさんざん自慢するトンガリに対抗意識を燃やしたブタゴリラは、「俺もフルコースを食べるぞ!」と言い出す。勉三さんが結婚式場でカメラマンのアルバイトをしていることを知ったブタゴリラは、勉三さんに頼み込んで、結婚式に参加させてもらおうとする。 70. テストもバッチリ!! 一夜漬けマクラ 突然、ブタゴリラが国語のテストで88点をとった!? 驚いた英一たちがその理由を尋ねると、熊田家に伝わる漬物石の下に教科書を敷き、それを枕にして寝ると、教科書の内容が頭の中に入ってくるのだとブタゴリラは言う。そんなバカな! そう思う英一だが、大百科の中にも同じような効果を持つ道具、“一夜漬け枕”が載っていたのだった……。 71. あと5分! そんなときこそ時間逆転機 英一が“脱時機”を改良して作った“時間逆転機”。時間逆転機は、機械で狙った人間の時間を5分間だけ過去に戻すことが出来るという道具だった。時間逆転機で短い時間を活用し、充実した時間を送る英一。そんな時、突然みよちゃんが英一の家を訪ねてくる。みよちゃんの様子が変なことに気づいた英一は、時間逆転機でみよちゃんの時間を戻すことにする。 72. みつばちじいやがやって来た 愛用のハチミツを切らしてしまった勉三さん。そのハチミツがないと勉強のための活力が沸かない勉三さんは、新しいハチミツを譲ってもらおうと八百八に向かう。しかし、ちょうど八百八もハチミツを切らしており、困った勉三さんは、ハチミツを手に入れるため、ハチミツを作ったというブタゴリラのおじさん(熊一郎)に会いに、伊豆に行くことにする。 73. サンタの孫はマッチ売りの少女ナリ! 喫茶店の宣伝用マッチを駅前で配っている少女・雪乃。その日、「マッチ売りの少女」を本屋で立ち読みし、大泣きしてしまったコロ助は、雪乃のことをマッチ売りの少女だと思い込んでしまう。貯金箱を持ち出し、雪乃からマッチを買えるだけ買おうとするコロ助。しかし、当然ながら、雪乃がマッチを配っているのは、まったく別の理由からだった。 74. ついに成功! 2001年大学キャンパスの旅 やきいもにつられ、コロ助が“航時機”を勝手にブタゴリラとトンガリに貸してしまった。ブタゴリラは自分の不注意で無くしてしまったこづかいを、未来の自分のこづかいで埋め合わせしようと考えていたのだ。しかし、操縦法がよく分からないブタゴリラは、航時機をデタラメに操作してしまう。そしてたどり着いた場所は、2001年の高尾大学だった!? 75. 見たか悪漢! 二刀流コロ助 西部を行く チャンバラで幼稚園児に負け、“鈍時鏡”を使った英一にも負け、すっかり自信をなくしたコロ助。このままでは武士の誇りが守れないと思ったコロ助は、「宮本武蔵先生に弟子入りするナリ!」と言い出す。コロ助にせがまれ、“航時機”で江戸時代に行くことになった英一たち。しかし、またしても航時機の調子が悪くなり、着いた場所は西部開拓時代のアメリカだった。 76. 雪山メルヘン! 長靴をはいたクマ物語 商店街のスキー旅行に行くことになった、ブタゴリラとトンガリとみよちゃん。バスで行けるのは3人だけなので、英一とコロ助は、後から“てんぐの抜け穴”を使って合流することにする。ところが予定よりもかなり早く、英一はブタゴリラから呼び出される。実はブタゴリラとトンガリは、サービスエリアで置いてきぼりをくらい、困り果てていたのだ。 77. ポッカポッカ! コタツムリで春がきた 寒い冬でも楽に配達がしたいブタゴリラは、英一から“潜地球”を借りようとする。しかし、メンテナンスが十分でなかったこともあって、潜地球での配達は失敗してしまう。とにかく寒くなければいいはず、と思った英一は、大百科に載っていた“コタツムリ”を作ることにする。コタツムリは遠赤外線を利用し、周囲を暖めるという暖房器具だった。 78. 上がれやっこだこ! 江戸時代からの贈り物 英一が大百科を見て作った、新しい発明品“やっこだこ”。やっこだこは凧と同じ外見をした人が近づくと、教えてくれるという道具だった。試しにブタゴリラの顔を描き、凧を上げてみるコロ助。すると実験は見事に成功する。やっこだこの効果に感心したみよちゃんは、嫌いな親戚のおじさんの顔をした凧を作って欲しい、と英一に頼むのだが……。 79. 受験生必見! 勉三さんに春は来るか!? 今までに6度も受験に失敗した勉三さん。もし今年も大学に落ちたら、勉三さんは郷里に帰る覚悟を決めていた。お百度参りに教会でのお祈りと、合格祈願のはしごをした勉三さんは、無理がたたって、合格発表の当日に風邪で倒れてしまう……。英一とコロ助は勉三さんに頼まれ、勉三さんの代わりに、高尾大学の合格発表を見に行くのだった。 80. 極秘情報! ブタゴリラは女だった?! ブタゴリラが自分の部屋に帰ると、3年ぶりに押し入れから出された、ひな人形が飾られていた。実はそのひな人形は、ブタゴリラが生まれたとき、薫という名前を聞いて勘違いしたおじさん(虎七)から贈られたものだった。男のくせにひな人形を持っていることが知られたら、みんなにバカにされる。ブタゴリラは慌ててひな人形を隠そうとする……。 81. 絶滅寸前!キテレツ流トキ救出大作戦 森林開発や農薬のために日本にたった二羽しか生息していない絶滅寸前のトキ。その多くの責任が人間にあることを知った英一たちは、二羽のトキに元気な仲間の写真を見せて、元気づけてあげようと江戸時代へ行く。それは思いがけず命がけの旅となるが、そこで再会したキテレツ斎に助けられる。トキの運命はいかに!!? 82. クマのコロ助 天狗の抜け穴でご対面ーン ブタゴリラと父・熊八は、飛行機に乗り、北海道へ行くことに。飛行機=落ちるかも?と不安を抱いていた熊八は、スチュワーデスに会いたいがために見送りに来ていたコロ助と英一を一緒に連れて行くことを決める。ペンションに到着すると、そこには一匹の熊が飼われていた。“天狗の抜け穴”で後に合流することになっていたみよちゃんたちが見たものは…!? 83. 思い出宙返り・勉三母さんやって来た 今年も大学受験に失敗するだろうと弱気だった勉三さんが、念願の大学に合格。しかし、心臓が弱く、とてもコースターに乗れる体ではないお母さんと、合格したら『二回転宙返りジェットコースター』に乗せてあげると約束してしまっていたのだ。それを知らないブタゴリラたちは、ひょんなことから、勉三さんのお母さんを連れて遊園地に行くことになるが…!? 84. トンガリパニック!め組人形大騒動 自宅の内装工事のため、一週間・超高級ホテル暮らしをするお金持ち・トンガリ。最初はみんなにホテル生活自慢をしていたが、ホテルが火事になる映画を観てしまい、自分の泊まっているホテルも火事になるんではないかと不安で不眠症になってしまう。寝不足で今にも倒れそうなトンガリのために英一が作った“め組人形”だったが…。 85. コロ助珍道中 花のお江戸でアルバム作り グループ研究のために懐かしの思い出アルバムを見ながら、昔話に花を咲かせている英一たち。それを見たコロ助は、「ワガハイには思い出がないナリ~」と泣きじゃくる。それを可愛そうに思ったみよちゃんたちは、「コロ助にも思い出を作ってあげよう」と航時機に乗って、江戸時代でのコロ助を写真に撮りに行くことにする。 86. コロ助の消えたバースデープレゼント みんなから誕生日プレゼントをもらい感激するコロ助。しかし、みよちゃんからのプレゼントを開けてみると、箱の中は空っぽ!! みよちゃんに打ち明けれずにいるコロ助は、なんとか謎を解こうとするが、それがきっかけとなり、勉三さんはバイトをクビになってしまう。空っぽだったそのワケと勉三さんの深い関係とは… 87. 迷い子にサヨナラ! 方向音虫ブローチ!! 新学期の目標として、「方向音痴をなおしたい」と真剣に悩むみよちゃん。どうにかしてあげようと英一が発明したのが“方向音虫”。これによって、勉三さんは、初めて遅刻せずに教室まで辿り着くことができたが、英一のママとみよちゃんは“方向音虫”を巡って、大騒動!! 果たして、方向音痴をなおすことができるのか!? 88. 家庭訪問にバッチリ!! ながっちりめん 日頃の行いが悪いブタゴリラが最も恐れる家庭訪問の日がやってきた!! そこでなんとか家庭訪問を中止にしてほしいと英一に頼みこむが、そんな発明品は当然『大百科』にもない。そんなとき、英一の田舎のおばあちゃんから小包が届く。そこに入っていた“ながっちりめん”、これならブタゴリラの運命を救えるかも!? 89. コロ助のライバル 豆コロでござる!! 頼んだモノは忘れる、英一の宿題ノートを汚す…英一に怒られてばかりのコロ助は、家出を決意する。コロ助はみよちゃんの家に助けを求めに行くが、相手にされず、結局トンガリの家で世話になることに。なかなか帰ってこないコロ助に呆れた英一は、新たなる発明を開始。そんなキテレツが作った「聞き分けの良いコロ助」“豆コロ”とは!? 90. あっぱれ扇子で豆コロ旋風! ブタゴリラ一家を教育するために生き甲斐を感じてしまった“豆コロ”。どこまでも人に厳しい“豆コロ”に対し、八百八がピンチに!?  困り果てたブタゴリラ一家は、英一に助けを求める。そこで英一は、扇がれただけで陽気になり、なんでもかんでも許してしまうという“あっぱれ扇子”を作る。そんな扇子を手にした豆コロは?! そしてコロ助は?! 91. とんでけ五月病!? みよちゃん雲にのる 突然「すぐに雲を作って…」と、みよちゃんに頼まれた英一は“仙鏡水”を作ることに。雲の上にみよちゃんを一人にできまいと、こっそり雲になりすましたコロ助をおいて、英一は追加の“仙鏡水”を作りに一旦自宅へ引き返す。しかしコロ助と連絡を取り合うためのトランシーバーは、ブタゴリラたちのラジコン飛行機によって、落ちてしまう!! 連絡がとれなくなってしまった英一たち、雲はどこまでも流されて… 92. コロ助ピンチ! 武士はウソをつかぬナリ 「コロ助がオネショをした」という根も葉もないうわさ話に激怒したコロ助は、うわさを流した犯人を突き止めるべく英一、みよちゃん、勉三さんの協力のもと、犯人探しを始める。うわさを流したと思われる犯人の証拠をつかむため、過去にさかのぼり、再現映像が見れるという“過去透視鏡”を作る英一。うわさを流した犯人とは!? 93. 仰天告白! ウチの二階のかわいいポニー 高原牧場に遊びにきた英一一家。はじめてポニーに乗って、すっかり気に入ってしまったコロ助は、英一に内緒で“天狗の抜け穴”をポニーの小屋に仕掛けてしまう。その晩、英一宅の庭に突如現れたポニー。牧場ではポニーがいなくなったと大騒ぎしている。なんとか、ポニーを牧場に帰そうとする英一とコロ助だが…。 94. どすこい! 犬型神隠し発見器で力士捜し ブタゴリラの叔父さんが、村の力士が初土俵をふむということで励ましにやってきた。しかしその相撲取りが家出しまったというから、さあ大変!! 将来きっと大物になると期待されているだけに、親方のメンツを守るため、警察に頼むこともできす、英一のもとに救いを求めにきたブタゴリラ。“犬型神隠し発見器”で捜しに行くが… 95. ど忘れ玉でチマキに雨ふる勉三さん すっかり元気がなくなった勉三さんを目撃し、心配するブタゴリラ。勉三さんの自宅へ行くとそこには口紅のついたカップが…。真相を突き止めるため、“新回古鏡”で数時間前の勉三さんの自宅を見ると、そこには恋人・友紀さんにフラレる勉三さんの姿が!! すっかりセンチメンタルになってしまった勉三さんと友紀さんの恋の行く末は!? 96. お金のなる本! キュリー夫人とにんじん ブタゴリラが分厚い本を読んでいることに驚いたトンガリ。「きっと裏がある!」と“唐倶利武者”で追跡開始。始まりはブタゴリラがきゅうりの本だと勘違いして借りた「キュリー夫人」の本の間に、五千円がはさまっていたということだった。それに味をしめたブタゴリラだったが、真相がバレたため英一たちとともに渋々お金の持ち主を捜すことになる。 97. 21世紀からブタゴリラ親子がやって来た 航時機に乗って、未来のブラゴリラ親子がやってきた。ブタゴリラの息子は、八百八の跡取り息子なのに野菜嫌い。なんとかなおして欲しいと未来のキテレツに頼んだが、「忙しいから」と断られ、過去に来たという。未来の野菜はバイオテクノロジーの進歩などで、色も形も味も今とは全然違う。そこで英一たちが考えた野菜嫌い克服法とは? 98. 黄門さまもびっくり!? めしどき印籠ナリ 人様の家に行くと、必ずめしどきにあたってしまうという勉三さんは、この日もパパやママに留守番を頼まれバーベキューをしていた英一たちのところにやってきた。エチケットのない、卑しい人間だと思われることに怯える勉三さんのために英一は“めしどき印籠”を作る。めしどきの部屋に入ろうとするとベルが鳴るというものだが、これがきっかけで友紀さんと… 99. ツルの折れない人この指とまれ! 英一たちのクラスメイトのみどりちゃんが盲腸炎で入院してしまった。話し合いの末、折り鶴と手紙を作り、クラス代表でブタゴリラとみよちゃん、そしてなぜかコロ助でお見舞いに行く。前の人の指や手の動きを覚えて、マネする“てれん袋”を使って、みどりちゃんのために一生懸命鶴を折るブタゴリラだったが、「ブタゴリラくんはお見舞いを遠慮してほしい…」と。ショック!!! その理由とは!? 100. 過去板消しで判明!? 八百八は魚屋だった 過去に書いたものがこすっただけで蘇る“過去板消し”。字が汚すぎたため、仕入れのことが書いてあることも分からず、店の黒板を消し、一方的に叱られるブタゴリラ。納得がいかず家出するが、“過去板消し”で一見落着。しかし、コロ助がこすった八百八の看板から、浮かび上がってきた新事実とは!? ブタゴリラの目に涙!? 101. 真夏の花博で大百科外伝をみつけ出せ! 夏休みを利用して、英一たちは叔父さんの家に遊びに行く。叔父さんから渡された手紙、それはキテレツ斎の遺言書だった。天井裏に隠した“奇天烈大百科 外伝”と“神通鏡”を悪者に使われる前に焼き捨てて欲しいというのだ。しかし、随分前に古道具屋に売りに出され、すでに悪者の手に!!! 英一たちは、遺言を守るために力を合わせ戦う。 102. 夏の海でかわいそうなバナナがSOS ! 「八百八」でバナナを買い占めた見かけない美しい女性。何者なのか探りに亀甲船で追いかける英一たち。目的地は房総半島。しかし、船の渦に巻き込まれ、気が付いたときには無人島に打ちあげられていた。そこにいた一匹の猿「バナナ」とすっかり仲良しになったコロ助は、無人島にたった一人で暮らす「バナナ」を可愛いそうに思う。気になる美しい女性と「バナナ」の関係。感動のフィナーレだ。 103. 宿題があぶない! 8月32日を作ろう!! 夏休みの宿題を終わらせるにはどうしても一日足りない!!! 航時機で静かな場所に行き、宿題をすれば、移動している間は時間が止まっている!! そこで英一たちは先生として勉三さんを迎え、昭和へ行くことに。しかし、当時の極悪犯人役ばかりの人気俳優にそっくりだった勉三さんは、本物の極悪犯と間違われ、逃げまどうハメに。勉三さんは捕まってしまうのか!? 104. リーンリーン! こちら鈴虫ロックバンド 勉三さんはお母さんが幼虫から育てたという鈴虫を英一たちに持って帰ってきた。鈴虫の主食はナス。ナスと言えば、ブタゴリラ。商売人のブタゴリラは早速山のようなナスを注文する。そして、ナスをたくさん売るために鈴虫を“如意光”で大きくしてしまう。涼しげな鈴虫の鳴き声が、巨大化とともに公害音に。壊れた“如意光”が直るまで、鈴虫を避難させた場所…それは…。 105. お祭りの天才 コロ助と笛吹き勉ちゃん! いくら練習してもリコーダーがいっこうに上手くならない英一。あまりの下手さにコロ助は「公害ナリ」と、大百科で発明しようとするが、リコーダーがボロボロに。修復しなくては、テストに間に合わないと英一が手を加えたのが“真似子笛”。上手な人が吹いた音を覚え、だれでも真似できるというもの。これがきっかけでコロ助は一躍街の人気者になるが…。 106. コロ助 真っ青! チョンマゲを切られる!? キノコ狩りに参加した英一たち。「毒キノコと、食べれるキノコを見極めれる」と自信満々のブタゴリラだったが、どれも毒キノコだった。八百屋の跡継ぎを差し置いて、コロ助はレンズを覗いただけで毒があるかどうかを見極める“天眼鏡”で一躍キノコ名人と呼ばれ、翌日から街のヒーローに。しかし、柿ドロボーのレッテルを貼られてしまう。果たして無実を証明できるのか!? 107. トマトは ナス テフテフは一体何ナリ 突然ブタゴリラにできるだけ大きな袋を持って家にこい!と言われた英一たち。何がもらえるのだろうと不安だった気持ちが的中。それはブラジルの叔父さんから送られてきたという『百科事典』の山だった。そもそも百科事典というのは全巻揃ってないと意味がないのだが…。それをバラバラに渡された英一たちに降り掛かった悲劇とは!? 108. ワーオ!はずかしがり屋の 石焼~きイモ 焼き芋屋の車に逃げられた!? 近づこうとすると、逃げてしまう焼き芋屋なんて聞いたことないっ!!と悪評が広まる。謎を解明するべく英一が発明したのは“臭覚天狗”。焼き芋の匂いを覚えさせるだけで、その匂いが近づいてくると、人間の4000倍の臭覚で反応するというもの。車に乗っている人の正体は、ただのはずかしがり屋ではなかった!? 109. 世にも奇妙な! おしゃべりな野菜たち 家族で温泉旅行に出ているはずのブタゴリラの家から、声がする!! よ~く耳をすませて聞いてみると、野菜がしゃべっているではないか!! そしてきれいに並べられた野菜たちは、留守中にどうにか店から逃げ出そうと作戦会議をしていた!! 驚いた英一たちは、植物や野菜の心を聞き出せる“聴心器”を手に、一大事だとブタゴリラのいるもみじ谷へ行く。 110. 走れ永遠に! 幻のSL特急アジア号!! お年寄りの自宅に行き、お掃除やお洗濯をするというボランティア活動に力を入れるみよちゃん。その日は模型を作るお爺さんの家だった。そこには昔、満州で走っていた特急列車『アジア号』の未完成模型があった。これは子供達が乗れるSLとして、一週間後に街の公園に寄付することになっている。しかし、どうしても設計図がないと作れない所があるというお爺さんを連れて、中国へ!! 111. ハコダテ、イグアナ、イカソーメン みよちゃんが男の人と腕を組んで歩いてる!? そう、これは初登場のみよちゃんのお兄さんだった。函館から久しぶりに帰って来たのだ。お兄さんと分かり、安心した英一は、函館=イカソーメンだと騒ぐブタゴリラを連れて、函館まで着いていくことに。科学的な立証がないと何事も信じないお兄さんと英一の間で交わされた二人だけの約束とは!? 112. コロ助のフィアンセ! むらさきしきふ トンガリの壊れた真空管ラジオを修理してあげた英一。たまたまテストのつもりで聞いたラジオ番組「ちびっこ電話相談室」から、熊田薫(ブタゴリラ)と名乗るコロ助の声が。「オネショのくせがあるナリ~」と悩みをうち明けたコロ助だったが、どうやらコロ助自身の悩みではないようだ。悩んでいたのはコロ助の友達!? それともフィアンセ!? 113. 地震! カミナリ! 火事! コラー大魔王!? ブタゴリラがリトルリーグのコーチにスカウトされた!? 「練習を見て上げる」と言われ、コーチに呼び出されたブタゴリラだが、実際には誰もいない空き地で、コロ助と一緒に野球をすることだった。しかも、ブタゴリラの打ったボールが隣りの家に飛び込み、ガラスを割ってしまう。それなのに、コーチは翌日も同じ場所で、同じように練習をしようと言うのだった。 114. 大そうじ募金 勉三さんに愛の手を!! 食べ物も買えないほど、お金に困っていた勉三さん。英一とコロ助は、大掃除のために作った“小昇月紗”を使い、「勉三さん募金」を始めることにする。重力をさえぎる力を持った小昇月紗で、タンスなどの重い物を動かし、その下からお金が見つかったら、その半分を勉三さんのために寄附してもらおうというのだ。 115. 花の命は短いぞ! ブタゴリラ最後の日 近い将来の出来事が透視できる道具“近未来水晶玉”。それを使って未来をのぞくと、そこに映っていたのは、ブタゴリラの写真を持ち、涙を流すブタゴリラの両親と、熊田薫と書かれたお墓だった。近未来水晶玉で透視できる未来は一週間以内。ということは、ブタゴリラは一週間以内に死んでしまうということだった!? 116. たずね人ダマで ホワイトクリスマス 家の前で、マミちゃんという小さな女の子から、サンタクロース宛の手紙を渡されたコロ助。実は昨夜、サンタの衣装を着たままアルバイトから帰ってきた勉三さんが、英一の家に入っていくのを見て、勘違いしてしまったのだ。手紙を返しに行こうにも、住所が書かれていない。英一は“たずね人ダマ”を作り、これでマミちゃんの家を探し出そうとする。 117. 春や春! 大正ロマンのハナ・ハト・マメ 酔っ払ったパパが、間違えて“航時機”を動かしてしまった。翌日、どこかに行っていた航時機が無人で戻ってくると、航時機の中には、イシクラセウヘイと書かれた大正7年発行の国語の教科書と、羽子板とやっこ凧が残されていた。教科書が無くなって、持ち主が困っているはずだ。そう思った英一たちは、教科書を返しに大正時代に行くことにする。 118. 八百八のCMソング! ミカンセイ交響曲 みかんを注文したハズなのに、八百八から届いたみかん箱に入っていたのは、蓄音機のように見える奇妙な道具だった。しかも、その道具には「奇天烈斎弟子 奇妙斎作」という文字が書かれていた。実はその箱は、みかん農家から八百八に間違えて送られてしまったものだったのだ。英一たちは奇妙斎の話を聞くため、伊豆のみかん農家に行くことにする。 119. 厳窟王が 八百八の前かけをしていた! 巌窟王の本を読んで、すっかり主人公のダンテスに感情移入してしまったブタゴリラ。巌窟王の話が、本当にあった出来事がもとになっていることを知ったブタゴリラは、ダンテスを牢獄から助け出すんだと言い出し、英一に“航時機”を用意させる。1800年代のフランスへと向かった英一たちだが、着陸に失敗し、航時機が壊れて、帰れなくなってしまう。 120. 節分 秘 情報!どっこい鬼は生きている 今日は節分。その節分の日に、学校に鬼が現れた!? トンガリやコロ助を始め、目撃情報が次々と寄せられるが、小柄ですばしっこい鬼はすぐにどこかに行ってしまう。英一は鬼を見つけ出すために、“毛頭銃”という道具を作り、ブタゴリラと一緒に鬼探しを始める。その頃、家の台所に入り込み、勝手にご飯を食べていた鬼を、コロ助が偶然見つけてしまう。 121. 参観日、小鳥がハイクを作ったよ! 参観日の国語の授業で、俳句を作るはずなのに交通標語を発表してしまったブタゴリラ。すっかり呆れた熊八は、少しでも風情の分かる息子に育てようと、梅の木と文鳥(ウグイスの代わり)を買ってくる。「配達する間、預かってくれ」と言われ、ブタゴリラから文鳥を預かった英一はイタズラ心を出し、その文鳥に“獣類あやつり機”を付けてしまう。 122. 何でモテるの!? 勉三さんとブタゴリラ コロ助が行方不明になった!? 英一が“新回古鏡”で調べると、どうやらコロ助は車にひかれ、その車で連れ去られてしまったらしい。しかも、コロ助をひいた犯人は、無免許運転だったため、コロ助を連れてその場から逃げ去ったあとで、山奥にコロ助を放り出してしまう。置き去りにされたコロ助はひとりで山道を歩き、一件の小屋を発見したのだが……。 123. ワガハイが チンチン電車だった頃・・・ その人の前世が分かるという道具“前世探知機”。その道具を使って調べると、コロ助の前世がチンチン電車だったことが判明する。どうしてコロ助の前世がチンチン電車なんだろう? 疑問に思った英一が調べると、実はコロ助の心臓に使われているスプリングは、以前、都電の部品として使われていたものだったことが判明する。 124. 嫌信丸でズバリ! いい人 悪い人 お留守番を頼まれたコロ助。「集金の人が来たら払っておいて」と、ママから一万円を預かったコロ助だが、その一万円を泥棒にだまし取られてしまう。あとで騙されたことを知ったコロ助は、人に騙されなくなる道具を作って欲しいと英一にお願いする。英一は、あらゆることに対してうたぐり深くなるという薬“嫌信丸”を作ったのだが……。 125. ガーン! ワガハイ、犬になりたいナリ! ある家の前を通りかかった時、「コロちゃん」と呼ばれたコロ助。コロ助が家の中に入って行くと、コロちゃんというのは、そこで買われている犬(マルチーズ)のことだった。飼い主のおばさんと親しくなったコロ助は、足の悪いおばさんの代わりに、マルチーズを散歩に連れていって上げることにする。ところが散歩の途中で、マルチーズに逃げられてしまう!? 126. 大スクープ!八百八に双子の赤ちゃん これから生まれる赤ん坊が、男か女か分かる道具を作って欲しい、とブタゴリラに頼まれた英一。実は、ブタゴリラの母ちゃんが妊娠し、ブタゴリラは生まれる子供が、弟か妹か知りたがっていたのだ。英一は、妊娠した人がはくと、男なら白、女なら赤に変化するという“七色足袋”を作る。ブタゴリラは七色足袋を持ち帰り、さっそく試してみると……。 127. 世紀の大失敗作! チュウシングラ ナリ いつも用事を頼まれてばかりのコロ助。みんなからいいように使われるのが嫌になったコロ助は、「ワガハイは家来ではないナリ」とへそを曲げてしまう。そんなコロ助の機嫌を直そうと、英一はコロ助に忠実に仕える家来の“忠臣倉”を作ってあげる。忠臣倉のおかげで、すっかり殿様気分のコロ助。しかし、忠臣倉の忠誠心はあまりにも行き過ぎだった……。 128. ひみつのコロッケは セーラー服の味ナリ 英一が学校から帰ってくると、コロ助が家から飛び出して来た。家の中にセーラー服の幽霊がいたと言うのだ。しかし、その話を英一やママにすると笑われてしまう。幽霊の正体を突き止めたいコロ助は、みよちゃんに協力してもらい、幽霊の制服が二ッ星女学院のものであることを突き止める。しかし、それ以上の手がかりが見つからず、調査は行き詰まってしまう。 129. キャッシュカードで コロ助 指名手配!? トンガリに頼まれ、銀行にお金を下ろしに行くことになったコロ助。コロ助はキャッシュカードを渡され、教えられた手順どおりにお金を下ろしてくる。ところが、普通にお金を下ろしてきただけなのに、何故かコロ助は銀行強盗にされてしまっていた。トンガリの家で一緒にニュースを見ていて驚いたブタゴリラは、コロ助をかくまってやることにする。 130. チルチルさくら! みよ子姫が危ない!! 勉三さんと一緒に、山形に来た英一たち。ところが、お城のイベントとして行われる大名行列のお姫様が急に病気になり、みよちゃんがその代役を担当することに……。その時、姫を亡き者にしようと狙っている侍が、何故か“航時機”に乗って現れる。タイムスリップの説明をしても、まったく侍には通じない。このままでは、みよちゃんが暗殺されてしまう!? 131. これが初恋!? 八百屋お七とツーショット 日本舞踊の発表会に、無理やり連れてこられたブタゴリラ。そんなものには、まったく興味のないブタゴリラだが、「八百屋お七」という演目だけは、気になっていた。しかも、その八百屋お七を演じていたのは、ブタゴリラと同じ年頃の子供で、堀川正美という子だった。正美にひとめ惚れしてしまったブタゴリラは、正美にラブレターを出すのだが……。 132. 大異変! ママとボクにヒゲが生えた!? 勉三さんの後輩の応援団員に頼まれ、立派なヒゲが生える薬、“髭丸水”を作った英一。ところが、髭丸水をうっかりこぼしてしまい、英一の顔にもヒゲが生えてしまう。髭丸水で生えたヒゲはとても固く、まったく剃れずに困ってしまう英一。しかも、ちょっとした手違いから、ママの顔にも髭丸水が付いてしまい、そのヒゲを見たママが気絶してしまう。 133. 究極のずる休みグッズ! 仮病マクラ 運動の苦手な英一が、とび箱のテストをさぼるために作った“仮病枕”。ところが事情を知らないママが、その枕を勉三さんに貸してしまう。翌日、勉三さんが病院に担ぎ込まれてしまい、しかもその騒ぎの最中に仮病枕が行方不明になってしまう。英一が枕の行方を探すため、“新回古鏡”で調べると、枕を持ち出したのはみよちゃんだった。 134. アウトドアライフ! ブタゴリラ修業の旅 勉三さんと一緒に、みんなでキャンプに来た英一たち。ところが、ブタゴリラが山で見つけてきた山菜の中に、「ハシリドコロ」という毒草があり、それを食べたトンガリが大変なことになってしまう。その事に責任を感じたブタゴリラは、「オレは八百屋としての才能に絶望した、修行の旅に出る」と書いた置き手紙を残し、姿を消してしまう。 135. ハダカの思い出! さくら湯ものがたり 家の風呂が壊れ、銭湯(さくら湯)に行くことになったトンガリ。しかし、男湯に入ろうとすると「ぼくちゃん1人で入って、溺れたらどうするザマス」と、ママに無理やり女湯へ連れていかれてしまう。女湯に入っていたことを、さくら湯の娘の妙子に知られてしまったトンガリは、妙子がこの事を誰にもしゃべらないようにする道具を作って欲しい、と英一に頼み込む。 136. 遊んでくれないパパたちへ! 道楽つづら 囲碁にハマって、店をほったらかしの熊八。「このままだと八百八がつぶれてしまう」と、大騒ぎするブタゴリラに頼まれ、英一は“道楽つづら”を作る。道楽つづらは、その人が夢中になっている遊びに対する興味を無くさせる道具だった。道楽つづらを使うと、熊八はまったく囲碁に興味がなくなってしまい、これで万事まるく収まるはずだったのだが……。 137. ブタゴリラ主催!緑幼稚園大同窓会 緑幼稚園を卒業したブタゴリラは同窓会を開く計画を立てる。コロ助も参加したがるが、卒業していなければ出る意味がないと諭され、すねてしまう。見かねたみよ子はコロ助に、同窓会の案内状の投函をやってもらおうと提案する。ようやく機嫌の直ったコロ助だったが、ポストに向かう途中、案内状を全部風に飛ばされてしまう・・・。 138. 子どもなら見たい!! パパとママの通信簿 小百合の田舎から届いた荷物の中に、子どもの頃の通信簿が入っていた。それがきっかけでブタゴリラとトンガリがもめてしまう。ママは絶対成績がよかったはずだと自信を持つトンガリだったが、通信簿を見せて証明しなければ裸で町を一周しなくてはならなくなる。そこでトンガリは英一に発明を頼み、『古文書香』が完成する。 139. のぞかないで!! トンガリの夢の新婚生活 横断歩道ではないところで渡ろうとしたトンガリが怒られた。相手の婦警さんを見たトンガリは、彼女にひと目惚れ。頭の中は婦警さんのことで一杯で、あまりの浮かれように皆は呆れてしまう。少し頭を冷やした方がよさそうだと、英一は『こころみの家』を発明しトンガリと婦警さんを引き合わせる。 140. むかしの常識!? 堂々封切総天然色三本立 ある夜、トイレに起きたコロ助は、パパとママがけんかをしているのを聞く。原因はパパが寝言で女の人の名前を叫んだことだ。学生時代の夢を見ていたというが、ママは信用しない。そんな時、ブタゴリラが昭和40年の映画券を持って来た。丁度パパが学生だった頃だと気付いた英一は、手がかりを求め航時機で行ってみることに。 141. クーラー不要! 怪談・百丈島スイカ御殿 百丈島に海水浴に出掛けた勉三さんと英一達。スイカ割りをしていた若者を見つけたブタゴリラは、割られようとしているスイカを黙って見ていることが出来ず彼らから奪い取ることに成功する。その夜、別荘に不思議な『スイカの精』が現れる。昼間助けてもらったお礼にブタゴリラを御殿に招待するという・・・。 142. 謎また謎 氷曜日のカキ水パーティー ブタゴリラから誤字だらけの暑中見舞いのはがきが届く。かき氷パーティーを開くという誘いに喜んで参加する英一達。古いかき氷の機械をふと見ると、地図がはさんであった。30年前の地図らしい。『回古鏡』に写った昔と今を照らし合わせると、場所はトンガリの家の方向だ。早速ブタゴリラは尖家の庭を調べることにする。 143. 秋がきて・・・いなかのトンボが東京見物 田舎から帰ってきた勉三さんが帽子を取ると、頭に赤トンボがとまっていた。群れから離れ、東京にひとりぼっちでかわいそうな赤トンボ。何とか帰してあげようと英一に相談するが、うまく使える発明品が見つからない。ひょんなことからコロ助とブタゴリラは、山形ナンバーの観光バスに乗り込むことに成功するが・・・?K 144. プールに出現! ピーターパンのワニ 明日は水泳の記録会。スポーツが苦手な英一は気が重い。そんな様子を見ていたコロ助は、水を抜いてしまえばプールは中止と思いつき、夜の学校へ忍び込む。いざプールに飛び込んだコロ助は仰天!なんとそこにはワニがいた!必死に逃げて英一に話すが、まるで信じてもらえない。ところが翌日、教室にそのワニが現れ大騒ぎに! 145. 警察不用? 土下座ぶとんでゴメーン! パパが家に来た会社の部長ともめている。原因の取引先の相手はブタゴリラの知っており、一筋縄ではいかない変わり者だという。今回ばかりは譲れないと怒るパパを見て、なんとか相手に謝って欲しいと思ったママは、英一に発明を依頼する。そこで英一が作ったのは『土下座ぶとん』だった。 146. 涙の交換日記! ブタゴリラはKくんナリ ある日、自分の下駄箱に手紙が入っているのを見つけたブタゴリラ。交換日記を申し込むその手紙を書いたのは、隣のクラスの片桐麻衣。歯医者さんの娘で可愛い彼女を見たブタゴリラは舞い上がる。ところが、麻衣が交換日記を申し込んだ相手は実は英一だったことがわかる。麻衣はブタゴリラの下駄箱と間違えたのだった…。 147. 読書の秋! 感想イモと筆跡鑑定ロウセキ 感想文を書く宿題が出た。ブタゴリラが選んだ本はなんと世界地図帳。一番字が少ないからだという。ところがその地図帳に『ブタゴリラは青虫がこわい!』と書かれた落書きを見つける。これは両親しか知らないはずの秘密だ。ブタゴリラは書いた主を調べる為、英一に発明を頼み『筆跡鑑定ロウセキ』が完成する。 148. ビックリ仰天! スカートをはいたコロ助 新潟の妙子が運動会の応援に来るという。大はりきりのブタゴリラ。実はブタゴリラが招待し、八百八に泊まるのだ。ところが英一に妙子から連絡が来る。急に来られなくなったというのだ。ブタゴリラには直接言えなかった妙子。そこで英一は『複写黒巻き』を発明し、コロ助の姿を妙子に変えて、ブタゴリラの家に行かせることにする。 149. ママはいらない!? からくり料理人ナリ パパとママが旅行に行くことになった。留守中を心配するママだったが、この日の為に英一は『からくり料理人』を発明する。作った料理を残すと怒るのが欠点だが、材料さえあれば何でも料理してくれる優れものだ。この機械を知ったブタゴリラは店に役立つと借りることにするが、英一の不安が的中し、八百八で事件が起こる! 150. 遠足のアイテム! ブタゴリラ七品セット ブタゴリラの大好きな遠足の日。張り切って八百八特製・野菜と果物のセットの注文まで取る始末。皮をむく発明品も英一に頼み、準備万端だ。おまけにこのセットの中にコロ助を隠し、一緒に連れて行くことまで成功する。クラスの担当になったバスガイドさんが同じ名前だと知ったブタゴリラは、更にはりきることに! 151. 教室で指されたくない人へ! 指名扇 ナリ 国語の授業で教科書を読まされた上に、質問に答えられなかったブタゴリラ。自分ばかり指されるのが不満になり英一に発明を依頼し、完成したのは氏名扇子。ある日、効果抜群なこの扇子をみよ子に貸してほしいと頼まれた英一。ピアノの発表会の時に挨拶をする父兄の代表を決めるときに使いたいというのだが…。 152. 箱根山でドッキリ! 江戸時代の山賊たち 小説を読んで落ち込んだ勉三は、昔の時代で生きることにすると書き置きを残し、一人航時機に乗って出掛けてしまった。どこへ行ったのか心配する英一の元に勉三が帰って来る。江戸時代で山賊に襲われ身ぐるみはがされ、更に落ち込む勉三。母の編んだ大事な腹巻まで取られたと知った英一達は、それを取り返すために旅立つ! 153. 回れ仲直り鶴! ブタゴリラパンツの怒り 午後から身体検査がある日に寝ぼけて母ちゃんのパンツをはいて学校に来てしまったブタゴリラ。ブタゴリラはコロ助に頼んでパンツを持ってきてもらうことにする。しかし、うっかりそのことをしゃべってしまったコロ助は、ブタゴリラに追いかけ回されることに…。英一はコロ助のために”仲直り鶴”を作って、2人を仲直りさせようとする。 154. ゲロゲロ! 小便小僧になった ブタゴリラ 校門の前に立っていた怪しいおじさんは、有名な彫刻家の先生で、子供のモデルを捜していたのだった。先生はコロ助を見て、ひと目で気に入り、コロ助をモデルにして彫刻を作り始める。ところが「木に登ったままでおしっこをして欲しい」と言われ、コロ助は逃げ返ってしまう。そして、コロ助の代わりにモデルに選ばれたのはブタゴリラだった。 155. なぞの物体! ピアノの中のヘタウマドリ みよちゃんがピアノを弾いていると、ピアノの中から馬が歩いているような音が聞こえてくる。そして、勉三さんがハーモニカを吹いている時も。同じ音が…。謎の音の正体を探るため、英一とコロ助が調べると、犯人はキツツキだった。どうしてキツツキが?実はそのキツツキは、軽井沢からやって来た音楽大好きのキツツキだったのだ。 156. ブタゴリラも ウルウル! 黒板の中のママ お使いに来た子供に、おつりを1000円少なく渡してしまったブタゴリラ。運良く、子供の家はすぐに見つかったのだが、家の中には誰もいなかった。ブタゴリラはカギが開いていた裏口から入り、1000円を置いて伝言用の黒板にメッセージを残して帰ってくる。ところが、その子供はブタゴリラが黒板を汚したことに、泣きながら抗議するのだった。 157. 雪だるまがくれた クリスマス プレゼント 新潟の妙子が送ってくれた、クリスマスプレゼントの雪だるま。ブタゴリラはその雪だるまを見せびらかし、みんなに自慢する。ところが、その雪だるまが無くなってしまった。きっと、雪だるまを欲しがっていた、コロ助が盗んだに違いない。そう思ったブタゴリラが、英一の家に行き、冷蔵庫を開けると、そこにはブタゴリラの雪だるまが入っていた。 158. 珍発明!? だまってはさめば宿題スラスラ 回覧板をただの紙挟みと勘違いし、宿題のプリントを挟んでおいたブタゴリラ。まわりまわって英一の家に来た回覧板には、やってないはずのプリントの答えが書かれていた。これに味をしめたブタゴリラは、ニセの回覧板を作り、もう一度宿題のプリントを挟んで回覧板を回すことにする。ところが、今度は挟んでおいたプリントが無くなってしまっていた。 159. コロ助仰天! やじろ帽でニチコメ友好!? みんなでトンガリのパパのロッヂに遊びに来た英一たち。しかし、スケートの出来ない英一は”やじろ帽(ミニ)”を付けて滑り始める。やじろ帽は、身につけると絶対に倒れなくなるという道具だった。やじろ帽を付けた英一の滑りを見て、感動したミセス・スーザンから、娘のコーチになって欲しい、と英一は頼まれるのだが…。 160. 開けてびっくり! 机の中の遅れたお年玉 お正月が終わって、しばらくたったある日、突然みんなの机の中に、見覚えのないお年玉が出現する。初めて見るお年玉袋の中には、しっかり1万円が・・・・。このお年玉の謎を調べるため、英一とコロ助とみよちゃんは、”航時機”でお正月に戻り、お年玉の秘密を調べようとする。栄一たちは、なんとなく勉三さんが怪しいと睨んでいたのだが・・・・・。 161. 春の珍事! 時刻表を書いたブタゴリラ 落とし物係に選ばれたブタゴリラ。ところが、初めての経験に張りきりすぎたブタゴリラは、落とし物係なのに、みんなの落とし物を記録した、落とし物ノートを落としてしまう。こんな事がバレたら、落とし物係失格の烙印を押されてしまうに違いない。ブタゴリラは英一から落とし物を探す道具”捜しっぽ”を借りて、落とし物ノートを探し始める。 162. ブタゴリラでもスターになれる! 丸案鬼・・・ 勉三さんがエキストラのアルバイトをしている映画の見学に行き、監督にスカウトされたブタゴリラとコロ助。しかも。エキストラではなく、主役級の役で出て欲しいと言われてしまう。すっかり舞い上がった2人だが、一つだけ気がかりなことがあった。それはセリフを覚える自身がないことだった。英一はそんな2人のために”丸案鬼”をつくろことにする。 163. 一家ランラン!? ブタゴリラファミリー 求人情報誌に、八百八の店員募集の広告が!?実は、ブタゴリラの両親が、ブタゴリラを塾に通わせるため、代わりの店員を雇うことにしたのだ。募集広告を見てやって来たのは、咲子という若い女の子で、熊八たちにもすっかり気に入られてしまう。このままだと塾に通うことになってしまうブタゴリラは、咲子を追い出す道具を英一に作らせようとする。 164. 文明の危機! 教室からラーメン一丁 給食が休みの日なのに、弁当を忘れてしまったブタゴリラ。ママと連絡をとる用事があり、学校に携帯電話を持って来ていたトンガリから携帯電話を借り、ブタゴリラは教室にラーメンのデマ家をとってしまう。しかも、携帯電話がめずらしいブタゴリラは、なかなか携帯電話を返そうとしない。家にまで携帯電話を持ち帰ったブタゴリラが、一瞬目を離したスキに・・・・・。 165. カチカチ! ブタゴリラの火の用心クラブ 熊八が、子供の頃に夜回りに使っていた拍子木。それえを見て、自分も夜回りがしたくなったブタゴリラは、英一とコロ助とみよちゃんを呼び出し、4人で一緒に夜回りを始める。夜回りのご褒美として、亀屋のご隠居に鍋焼きうどんをおごってもらったコロ助は、翌日もすっかり乗り気になってしまうが、あまり乗り気でない英一は”分身機”を使うことにする。 166. すれちがいメロドラマ! 愛の上越新幹線 内緒で新潟に行き、妙子を驚かせてやろうと考えていたブタゴリラ。ところがその日は、妙子は用事で大宮に来る日だった。妙子が大宮に来ることを知らないブタゴリラは、みんなに内緒で、両親と一緒に上越新幹線に乗り込んでしまう。一方、ブタゴリラが新潟に向ったことを知らない妙子も、ブタゴリラにあうために八百八へ来たのだが・・・・・ 167. アットホーム!? 一家そろって記念写真 学校の帰り、急に遠回りして帰ろうと言い出すトンガリ。実は写真館で撮ってもらった家族の写真を、みんなに自慢したかったのだ。ママとコロ助も、トンガリのままから写真の自慢をされ、「ワガハイも写真を撮りたいナリ」と言い始めてしまう。一方、トンガリのママに写真の自慢をされた熊八も、対抗意識を燃やし始め、一家そろって写真を撮りに行くことにする。 168. ゾーッ!! 江戸時代から来た 大きな迷子 突然、、八百八にゾウがやって来て、店中の野菜を食べ始めてしまう。ブタゴリラは英一に電話をかけ、持ってきてもらった”如意光”でゾウを小さくする。翌日、みよちゃんが神社で、壊れた”航時機”を見つけて来た。昨日のゾウは、どうやらこの航時機に乗って、江戸時代から来たらしい。英一たちはゾウを返しに江戸時代に行くことにする。 169. うそみたい! テレビに ドアがついていた ブタゴリラが見つけてきた変な箱。金庫のような仏壇のような、その変な箱の扉を開けると、中に入っていたのは大昔の白黒テレビだった。「せっかくだから、自分専用のテレビにするから修理してくれ」と、ブタゴリラに頼まれた英一。ところがそのテレビは、電源もアンテナも繋いでないのに、変な人影が映る「おばけテレビ」だった!? 170. 世紀の名犬! のら犬ベンからの贈り物 コロ助がベンにコロッケを盗まれ、八百八でもベンにピーマンを盗まれてしまう。何故かベンは、食べ物を次々と盗んでは、勉三さんのもとに届けていたのだった。どうもベンは、勉三さんからもらったたこ焼きの恩返しがしたいらしい。しかし、泥棒は良くない。英一は犬と話ができる道具”犬話機”を作り、ベンに盗みを止めるよう説得しようとする。 171. キリンにメガネ!? ハシゴローものがたり 動物園に遊びに行った英一たち。ところが、英一のメガネ(神通鏡)がキリンに取られてしまう。飼育係の人に頼んで、檻の中を探してもらうが、神通鏡は見つからない。このまま神通鏡が見つからないと、キテレツ大百科が読めなくなる。真っ青に英一。ブタゴリラとトンガリとコロ助は、英一のために神通鏡を取り戻そうと、夜中に動物園に忍び込もうとする。 172. 海底SOS! 龍宮の使いと金歯のサメ いつものように、百丈島の別荘でバカンスを満喫していたトンガリ母子。ところがトンガリのママが、大切な思い出のブレスレットをうっかり産みに落としてしまう。トンガリは落ち込んでいるママのために、ブレスレットを探して欲しい、と英一にお願いする。英一たちは”新宝物探知機”と亀甲船”を使い、ブレスレットを探し始めるのだが・・・・・。 173. お茶の間の太陽! ボンボン時計と踏み台 「家に古い柱時計があれば、時計屋の善造じいさんがネジを巻きに来てくれるのに残念です」と書かれた手紙を受け取ったブタゴリラ。その手紙にを読んだブタゴリラは、妙子のためにゼンマイ式の柱時計をプレゼントしようと決心する。”航時機”で過去に行き、時計を買おうとするブタゴリラだが、今のお金は使えないと言われてしまう。 174. 鳥心器でドッキリ! 鳩のハートに大接近 英一の家に迷い込んで来た一羽のハト。そのハトはレースの途中で迷子になった伝書鳩だった。飼い主に連絡を取り、伝書鳩を返そうとするが、飼い主の元に戻るのが嫌なハトは、逃げ出してしまう。ハトを探すため、鳥の言葉が分かる”鳥心器”を作って、伝書鳩を探し始めるが、実はそのハトは、行方不明になった伝書鳩とは別のハトだった。 175. 秘 特訓! トンガリはロッキーになれるか みんなに内緒で、ボクシングジムに通っていたトンガリ。ブタゴリラの横暴に耐えられなくなっていたトンガリは、ブタゴリラの暴力に対抗するため、こっそりジムに通っていたのだ。偶然、、その事を知ってしまった英一とコロ助。同じようにブタゴリラにいじめられているコロ助も、ブタゴリラを見返そうと、トンガリと一緒にボクシングジムに通い始める。 176. 仙鏡水で発見! 東京でいちばん奇妙な雲 五月病になり、すっかり落ち込んでしまった勉三さん。いつもお世話になっている勉三さんを元気づけてあげようと、英一たちは仙境水で作った雲のお城に勉三さんを招待する。ところが、みよちゃんとトンガリを迎えに行ったブタゴリラが、熱気球に乗ったまま迷子になってしまい、英一とコロ助と勉三さんの3人は、雲の上に置き去りにされてしまう。 177. 転校御免! みよちゃん サンキンホータイ みよちゃんのパパが、北海道に転勤することになった!? しかし、転校したくないみよちゃんは、両親と一緒に北海道に行くことを嫌がり、1人で東京の家に残ると言い出す。みよちゃんを転校させたくない英一も、遠くに行かなくてすむ道具“参勤包帯”を作り、みよちゃんが転校しなくて済むように協力しようとするのだが……。 178. トンガリ ドッキリ! ブランデーと錯覚糖 ブタゴリラと一緒にサッカーをしていて、パパが大切にしている10万円のブランデーを割ってしまったトンガリ。2人はいつものように英一のもとに行き、何とかして欲しいと頼み込む。英一は、ちょうど実験中だった道具“錯覚糖”をトンガリたちに渡すことにする。錯覚糖は、実際にはそこにないものがあるように見える(錯覚する)という道具だった。 179. コロ助の時代! コロッケ5円でバス10円 昔の映画を見ていたコロ助が、突然騒ぎ始めた。その映画の中では、コロッケが2個で10円だったのだ。昔は、コロッケが1個5円で買えたことを知ったコロ助は、“航時機”で昔にコロッケを買いに行きたいと言い出す。「そんなことに航時機は使えない」と英一に怒られてしまうが、コロッケをあきらめきれないコロ助は、5円玉を集め始める。 180. 田植えツアー! ブタコレラ&トンガラシ 勉三さんの田舎に、田植えツアーに行くことになった英一たち。くじ引きの結果、コロ助とみよちゃんが勉三さんの家。英一とブタゴリラが平吉じいさんの家。トンガリはお杉ばあさんの家に泊まることになった。しかし、どことなく不気味なお杉ばあさんと、2人っきりでいることが怖くなったトンガリは、夜中に東京に帰りたくなってしまう。 181. ベンも仰天! 痛いのとんでけ~鎮痛香 予防注射を嫌がって、ベンが逃げ出してしまった。英一は痛みを感じなくなる道具“鎮痛香”を作り、なんとかベンに予防注射を受けさせようとする。一方、逃げ出したベンはブタゴリラの家に逃げ込んでいた。動物嫌いの母ちゃんにバレないようにしながら、こっそりベンをかくまうブタゴリラ。ところが一緒の布団で寝ていたベンが、おねしょをしてしまう!? 182. 超ふしぎ!? タナバタ 竹の子 ノーベル賞 学校の授業で、「ノーベル賞を受賞した日本人の名前を挙げなさい」と言われ、「たなばた康成」と答えてしまったブタゴリラ。七夕と言えば、自分と妙子も牽牛と織女みたいだと思ったブタゴリラは、笹の代わりにタケノコを妙子にプレゼントしようと考える。でも、どうせなら直接届けた方が……そう考えたブタゴリラは、“潜地球”で新潟に行こうと言い出す。 183. 大どろぼう登場! その名は注射ジョー うっかりキーを挿したまま自動車のドアをロックしてしまった勉三さん。そして、カギを無くしてしまい、家に入れなくなってしまったトンガリ。英一は2人のために、どんなカギでも開けることができる道具“注射錠”を使って、車のドアと家のカギを開けてあげる。ところがその時の様子を泥棒に見られてしまい、注射錠が泥棒に盗まれてしまう。 184. 迷い人に贈る! メウツリコーナリ 欲しい物がなかなか決められず、すぐに目移りしてしまうみよちゃん。ママと一緒に水着を買いに行ったときも、水着売り場で2時間以上も迷い続け、それでも欲しい水着が決められず、ママに怒られてしまう。「目移りしなくなる道具を作って欲しい」とみよちゃんから頼まれた英一は、額に塗ると目移りしなくなる道具“目移り膏”を作ってあげる。 185. 日本初のUターンかぶと虫! クロ丸ナリ 勉三さんのお母さんが、送ってくれたカブトムシ。コロ助はカブトムシがすっかり気に入り、クロ丸と名前を付けてかわいがっていた。ところが、「そんな芸もしない虫ケラ」とブタゴリラにバカにされてしまったコロ助は、クロ丸を大きくして、芸を教え込みサーカスを作ろうと考える。コロ助は"如意光”を使い、クロ丸を大きくしたのだが・・・・・。 186. ユーレーも真っ青! ブタゴリラの通知表 塾の帰りに、気味の悪い女の人から、英一の家を聞かれたトンガリ。トンガリは女の人を英一の家まで案内するが、途中でその人はどこかに消えてしまう・・・・・。翌日、今度はコロ助が、同じ人からブタゴリラの家を聞かれる。その女の人に思い当たるフシがあるママが写真を見せると、同じ人だとコロ助は答える。しかし、その人は20年前に山で遭難していただ。 187. 語るも涙! ブタゴリラ一家の悲惨な休暇 家族旅行で北海道に行くことになったブタゴリラ一家。ところが、熊八が空港でチケット出すと、そのチケットは昨日のチケットだった。キャンセル待ちも絶望的で、旅行は諦めるしかない。しかし、日付を間違えたなんて恥ずかしくてみんなに言えない3人は、百丈島の別荘に行っているトンガリに頼み込み、トンガリの家に隠れさせてもらうことにする。 188. ナイターも真っ青! 一時だけの大人体験 野球場でビール売りのアルバイトをしていた勉三さん。偶然、近くにファールボールが飛び込み、テレビに映った勉三さんを見たブタゴリラは、自分もテレビに映りたいと思い、勉三さんにアルバイトの紹介をお願いする。しかし。小学生のままではバイトが出来ないため、背丈が伸びる、道具”一時足袋”を使い、年齢をゴマかして、バイトを始める。 189. 実りの秋! 田んぼのアイドル 田吾作ナリ 以前、英一たちが植えた稲が成長し、収穫も間近になっていた。しかし、せっかく立派に実った稲なのに、スズメたちによって、稲を食い荒らされてしまっていた。最近のスズメは賢くなっていて、かかし程度では驚かなくなっていたのだ。そこで英一は、スズメを追い払うための道具”田吾作”を作り、勉三さんに山形に届けてもらうことにする。 190. ブタゴリラもポ~! かあちゃん初恋時代 ブタゴリラの家に、母親の初恋の相手だと名乗る男がやってきた。実はその男は、母親たちが留守の時を見計らい、「昔、貸したお金を返してもらいに来た」と言って、お金をだまし取る詐欺師だったのだ。その男に、お金をだまし取られたことを知ったブタゴリラとトンガリはカンカンに怒り、トンガリは似顔絵を作って、その詐欺師を捕まえようと言い出す。 191. 勉三さんの家に出現! 幻のバス停ナリ 酔っ払って前後不覚になった勉三さんが、バス停を抱えて帰って来た。バス停を盗んだことがバレたら、勉三さんが逮捕されてしまう!?そうなる前にバス停を返しに行こうとするが、どこにあったバス停なのかさっぱり分からない。「不動前」という名前を頼りに、バス停をさがす英一たち。しかし、「不動前」というバス停は、もう存在しないはずのバス停だった。 192. 乗れば休日! のらくらはドッジの味方 もうすぐ暮らす対抗のドッヂボール大会。しかし、相変わらず運動音痴の英一に、ブタゴリラは苛ついていた。特訓してもどうにもならないと諦めたブタゴリラは、キテレツにカゼをひかせて休ませようとする。しかし、そんなに都合よくカゼをひかせられるわけがなかった。ところが、トンガリは「いい方法があるよ」とブタゴリラに言うのだった。 193. 八百八の家宝! オンボロ自転車百年号 ブタゴリラがいつもの配達に使っている自転車が盗まれてしまった。「どうせ、そろそろ買い替えの時期だろう」と、軽く思っていたブタゴリラだが、あの自転車は自転車作りの名人が作り、100年使えるという保証書までついている自転車だった。「百年号は八百八の家宝だ。百年号が盗まれたのは、八百八の歴史が盗まれたのと同じだ」と熊八から叱られてしまう。 194. 秋 サンサン! 隅田川から愛をこめて トンガリのイタズラで、留守番電話のふりにだまされてしまったブタゴリラ。コロ助も同じ手を使われ、ムシャクシャしていたブタゴリラは、同じ手でみよちゃんをひっかけようとする。ところが、かかってきた電話は、みよちゃんではなく妙子だった。ブタゴリラは、相手が妙子だと気付かずに留守番電話のふりをし、あとで気付いて慌ててしまう。 195. 秋の大運動会! りんりん丸で勝負あった 運動会の騎馬戦に参加することになった英一、トンガリ、ブタゴリラ、コンチの4人。穂hんとうはブタゴリラを上に乗せたいところだが、ひ弱な英一が下だと馬がつぶれてしまう。そこで、英一が上に乗ることになってしまった。実は、わざわざ英一を上に乗せることにしたのは、トンガリとブタゴリラにある作戦があったからだった。 196. ついに発見! 遠足名物リュックがなる木 遠足で奥多摩湖に来た英一たち。しかし、ブタゴリラのリュックがサルに盗まれてしまう。リュックを盗んだサルは、リュックモンキーと呼ばれている有名なサルで、他人のリュックを盗んでは、その中の食べ物を食べているサルだった。怒ったブタゴリラは「捕まえて、反省ザルにしてやる!」と、リュックモンキーを探しに、森の中に入っていく。 197. 思い出探険! 15年前に恐竜がいた!? 今年は銅婚式(結婚15年目)なのに、結婚記念日を忘れてしまったパパ。一方、トンガリのパパも、15年前の婚約記念日のことを忘れてしまっていた。2人のパパに頼まれ、結婚記念日と婚約記念日を確かめるため、”航時機”に乗って、15年前まで調べに行くことにする。ところが、15年前に行ったはずなのに、何故か英一たちは恐竜に襲われてしまう。 198. おーっと! コロ助がタマゴをうんだナリ コロ助が公園で拾ってきたニワトリのコケコ。家に連れて帰り、飼いたいとママにお願いするが「近所迷惑だからダメです」と怒られてしまう。コケコを引き取ってもらえる家を探しまわったコロ助だが、どこにもコケコは引き取ってもらえなかった。英一は、ママがコケコを飼いたくなるようにするため、動物が好きになる”花鳥風鈴”を作ってあげる。 199. ハワイが消えた! 犯人はブタゴリラ!? 福引きで白い玉を出し、特等のハワイ旅行を引き当てたコロ助。だが、残念ながらそれは夢だった。しかし、ハワイ旅行が当たりそうな気がして仕方がないコロ助は、券を集めて、福引きにチャレンジする。夢とまったく同じシチュエーションに、その気になるコロ助。そして、見事に白い玉を引き当てたのだが、現実の白い玉は4等で、本当の特等は金色だった・・・・・。 200. トンガリ激白!! 学校がママよりも好き 百丈島の別荘に行っていたトンガリが、急な悪天候で東京に戻れなくなってしまった。このままだと今年の皆勤賞がパーになる!?皆勤賞を逃したくないトンガリは、”亀甲船”で迎えに来て欲しいと、英一にお願いする。あまり気乗りしない英一だが、亀甲船がみんなに見つかって、大騒ぎになったため、亀甲船を隠すために仕方なく百丈島に行くことにする。 201. レトロー! 父ちゃんの思い出オート三輪 懐かしいオート三輪を見つけ、小百合に内緒で買った熊八。駐車場も借りていたが、管理人のミスで契約出来なくなってしまう。ブタゴリラは英一に頼み、車を如意光で小さくし預かってもらうことに。そんな時、熊八が中古車センターでオート三輪を購入したことを聞きつけた老人が、八百八を訪ねて来る。 202. 日本一の福袋 遂に出ました100万円 お年玉を手にデパートへ出掛けた英一とコロ助。ひとつだけ売れ残っていた福袋を買い、大喜びのコロ助だったが開けてがっかり。リモコン・灰皿・日記帳・・・。ところが中に妙な招き猫を見つける。帰りの電車で出会ったおばあさんが別れ際に『猫によろしく』と言い残したのを思い出した英一は、おばあさんの行方を追うことに。 203. 雪のプレゼント 透明人間でログハウス 新潟に新しくスキー場がオープン。イベントの目玉が仮装大会と妙子から知らされたブタゴリラ。優勝賞品はログハウスだという。早速英一達と相談し、出場することになり、出し物は『透明人間』に決定。ところが勉三さんもコンテストに出場、そして出し物も同じとわかり、ブタゴリラは勉三さんがスパイではと疑う。 204. モデルはどっち!? コロ助 対 ブタゴリラ コロ助に緑幼稚園の園児募集のポスターモデル依頼が舞い込む。一旦は引き受ける気になったコロ助だったが、自分の顔が町中に貼られることと、ライバル幼稚園のポスターモデルの可愛さにすっかり自信をなくし寝込んでしまう。一方、モデルをコロ助ひとりにさせてなるものかと、ブタゴリラはデザイン担当のトンガリを脅す。 205. ネコの集会! 夜中に消えたパパとママ 夜中、トイレに起きたブタゴリラは両親がいないのにびっくり。夜逃げと勘違いしたのだ。その一件を翌朝英一達に話すと皆の両親も夜、出掛けていたことがわかる。気になった英一とコロ助が後をつけると大人しか食べられない『あるもの』を発見する。絶対内緒を条件に食べさせてもらえたのだが、果たして黙っていられるか・・? 206. ついに復活!? 室町時代の超豪華結婚式 室町時代で会ったおみよさんに乙姫を助けて欲しいと頼まれる夢を同時に見た英一とコロ助。ブタゴリラにそっくりなあの乙姫のことだ。様子を見に室町時代に飛ぶが、なんと乙姫の婚礼は決まっているという。心に決めた人以外との結婚・・。悲しみにくれる乙姫をなんとか救おうと婚礼を壊そうとするのだが・・・ 207. 大スクープ!? 八百八のストーブリーグ イーグルスの人気選手・鈴木が行方不明になったという新聞記事に彼の大ファンのコロ助は仰天。実は鈴木は以前、ブタゴリラにファールボールを当てたのがきっかけで知り合った熊田家にいた。そうとは知らないトンガリは『見つけてくれたら最新式のゲーム機をあげる』という新聞記者の言葉に目がくらみ、英一に発明を依頼する。 208. 愛のプレゼント! マゴにもセーター? 新潟の妙子から手編みのセーターが届き、大喜びのブタゴリラ。ところがサイズが小さすぎて着られない。英一に発明で大きくしてもらうが、直後、妙子の送り間違いだったことが発覚。ブタゴリラから相談されたみよ子は、意外なことに勉三さんが編み物が上手で、特にセーターが最も得意だという。そんな勉三さんに事件が・・・! 209. デザートは胃薬? みよちゃんクッキング みよ子から昼食に招待された英一達。全てみよ子の手料理だと聞いた一同は期待に胸をはずませる。ところが一口食べて、そのまずさにびっくり!本当のことを言えず悩む英一達の気も知らず、再びみよ子から招待が。事実を伝えた方が本人のためということになったが、誰が言うかであみだクジ。そして見事当たったのはコロ助だった! 210. ピュ~ッ! 北国から来た北風ばあちゃん みんなで勉三さんの田舎に行った時にトンガリが泊めてもらったお杉ばあちゃんが突然やって来た。尖家にしばらく泊まることになるが、こたつや火鉢・畳・ネコがどうしても必要だという。苦労してそれらのものを揃えるが、トンガリのママともめてしまい、ある日おばあちゃんがいなくなってしまった。一体どこへ行ってしまったのか・・。 211. 指名手配! 恋の落書きボンネットバス 『遺跡に落書き』のニュースを見て憤慨していたブタゴリラ。両親に同意を求めたが、書いた人をかばうような反応に首をかしげる。実は熊八と小百合は結婚前、一緒に乗ったバスに落書きをしていたのだ。悪いことをしたと長い間反省していたという。それなら自分がそのバスを見つけて落書きを消そうとブタゴリラは決心する。 212. 八百八の名馬! クマハチダイオーナリ 競馬中継を見ていたコロ助が大騒ぎ!『クマハチダイオー』という名前の馬がレースに出るという。しかし結果は惨敗。そんなクマハチダイオーを励ましに厩舎を訪ねたブタゴリラ達は『次のレースで負けたら引退』だと告げられる。そんな時、クマハチダイオーが行方不明になり、逃がした犯人としてコロ助に疑いがかかる。 213. 春の正夢!? マイゾーキンとハンバーグ トンガリのパパが骨董屋で買った壺の中に古い地図が入っていた。埋蔵金の隠し場所では?と盛り上がるが、英一やみよ子は信じない。諦めきれないトンガリとブタゴリラは、英一の目を盗み航時機で江戸時代に向うが、はずみでコロ助も一緒に乗ってしまう。そんな時、江戸時代から山賊の牛五郎がやって来る。 214. ブタゴリラも真っ青! 五月は花の転校生 英一のクラスに転校生・花丸五月がやって来た。スポーツ万能・勉強も出来て、しかも可愛い五月はたちまちクラスの人気者となる。ある日、五月はコロ助をいじめているブタゴリラを見つけ、いとも簡単に投げ飛ばてしまう。このままではおさまらないブタゴリラは、勝利をかけて再度五月に挑戦状をたたきつける。 215. 勉三さん変身! 涙で食べる最後の晩さん 学生服しか着ない勉三さんがある日突然豹変した!サングラスに、派手なだけで趣味の悪い服装に、周囲は唖然。突然の変化には理由があった。留学先から友紀が帰国するのだ。空港に迎えに行き、イメージチェンジした自分を見せて驚かすのだという。一方、勉三さんとメガネ店に行ったコロ助が軽い老眼だと判明する。 216. 八百八ピンチ! テケテケテンで自己紹介 見覚えのない奥さんから、「おひさしぶり」と挨拶された熊八。しかし、知らないと言えない熊八は、適当に話を合わせ、配達の注文を受けてしまう。その奥さんとにこやかに話していた母ちゃんに、後で配達先を聞くと「おまえさんの知り合いだろ?」と言われてしまう。配達先の分からない注文を受けてしまい、八百八はパニックになってしまう。 217. 定年記念物!? しあわせの黄色いウサギ ブタゴリラが見つけた、迷子の黄色いウサギ。自分の家で動物を飼えないブタゴリラは、「幸せを呼ぶ幸運のウサギ」だと言って、コロ助に押しつける。コロ助がウサギを連れ帰ると、ママが懸賞に当選したり、パパがパチンコで大当たりしたりと、次々と幸運な出来事が起きる。しかし、そのウサギの飼い主が見つかり、ウサギを返しに行くことになったのだが……。 218. 八百八のCM! アドバルーンで大売出し 大売り出しと書かれたアドバルーンが、どこかから飛ばされて来て、八百八の屋根に引っかかった。警察からも「持ち主が見つかるまで、そのままにしておいて欲しい」と言われ、せっかくだからと、八百八では本当に大売り出しを始める。ところが、そのアドバルーンを留めていたヒモが外れてしまい、コロ助がアドバルーンと一緒に飛ばされてしまう。 219. 恐怖体験! ワープロからお化けが出た~ トンガリのワープロを見て、ワープロが欲しくなったコロ助。しかし、お金のないコロ助は、勉三さんにアルバイトを紹介してもらうことにする。遊園地でのアルバイトだと聞き、大喜びのコロ助だったが、コロ助の担当はお化け屋敷の一つ目小僧だった。しかも、アルバイトのことを知らない英一たちが、今度の日曜日にその遊園地に遊びに行くことになっていた。 220. 御用だ! 八百八に江戸時代のドロボーが 八百八の名物にもなっている、お金を入れるための竹ザルが盗まれた。そのザルは20年前に死んだ、房総の竹細工の名人に作ってもらった由緒あるザルで、ザルが無くなったことで、熊八はすっかり元気をなくし、店をたたむと言い始める。熊八に元気になってもらおうと思ったみんなは、“航時機”を使って20年前に行き、もう一度名人にザルを作ってもらおうとする。 221. 野菜か相撲か!? ブタゴリラの血統書 ブタゴリラの家に相撲部屋からスカウトがやって来た!? しかし、八百八の跡を継ぐと決めているブタゴリラは、返事に迷っていた。ブタゴリラが相撲取りになって成功するかどうか調べようと、英一は“血統乾板”という道具を作る。血統乾板は、同じような才能を持った先祖の顔が写るという道具で、そこに写っていたのは、いかにも相撲取りという感じの人だった。 222. 焼き方はミデアム? 世紀の貴婦人登場! 勉三さんが預かったネコのパトリシア。パトリシアはステーキと新鮮な野菜しか食べないという、超ぜいたくなネコだった。昨日、間違えて古いレタスを売り、パトリシアに拒絶されたブタゴリラは、今度は新鮮なサラダを用意し、名誉挽回をはかろうとする。最初はおいしそうにサラダを食べていたパトリシアだが、突然バッタリと倒れ、呼吸が止まってしまう!? 223. ブタゴリラショック! 母ちゃん面会謝絶 いつも元気なはずのブタゴリラが、めずらしく落ち込んでいた。実は今朝、ブタゴリラの母ちゃんが突然倒れたらしいのだ。しかも、あと1ヶ月の命だと話している両親の会話を聞いてしまう……。母ちゃんの命が、あと1ヶ月だなんて!? あまりの出来事にショックを受けたブタゴリラは、英一に何とかして欲しいと、お願いに来る。 224. 夏休み先取り!! 家出トリオの城下町 イギリスにホームステイすることになったトンガリ。ところが出発直前になって、急にホームステイが延期になってしまう。今さら、ホームステイが取り止めになったと言えないトンガリは、家を飛び出してしまう。一方、コロ助も、ブタゴリラに「むだ飯ぐらいの居候」と言われて、落ち込んでいた。まったく同じ気分の2人は、一緒に家出をすることにする。 225. 海水浴の(マル秘)ポイント!江戸時代の百丈島 百丈島へ海水浴にやって来た英一達。来てみてビックリ大混雑!こんなこともあろうかと、英一は如意光で小さくして持って来た航時機で、江戸時代の百丈島へ行ってみようと提案する。そこで出会った漁師の親子は、悪い網元に苦しめられているのだが、英一は島に伝わる、ある伝説を利用して彼らを救うことを思いつく。 226. 学校怪談!! パートの幽霊は昼間出る? 夏休みの登校日を間違えたブタゴリラが学校で聞いたのは、ピアノの音だった。しかし音楽室には誰もいない。さては幽霊!?はじめはブタゴリラの話を信じなかった英一達だが、勉三がその『夏休みに出る給食のおばさんの幽霊』の噂を知っていたことから、発明品『幽霊香』を使って確かめることになる。 227. 近所のフン!? イチゴ平野でひとり旅! 新潟行きの高速バスに乗り、ひとりで妙子の家に行ったブタゴリラ。無事に着かないのではというコロ助達の予想通り、ひとつ手前の停留所で降りてしまう。徒歩で次の停留所に向かうブタゴリラを、親切な夫婦が車に乗せてくれた。喜ぶブタゴリラだったが、実はこの夫婦、1億円強奪で逃走中の犯人だったのだ。危うし、ブタゴリラ! 228. 夏のスクープ!勉三さんに赤ちゃんが? 勉三が赤ちゃんをあやしているのを見たコロ助はビックリ!実は田舎の友人が盲腸で入院している間、預かっているのだという。名前は『勉三郎』。昔、沼でおぼれたこの友人を勉三が助けたことで恩人と慕われ、自分の子供に名付けたのだ。ある日、コロ助と勉三郎がいなくなる。無事見つかったのはコロ助だけ。勉三郎はどこへ・・・。 229. そんなバカな!! 72歳のイジメッ子? コロ助が大泣きしながら帰って来た。公園で見知らぬおじいさんにおやつのポテトチップスを取られたという。72歳のこの老人、ガキ大将を探しているという。トンガリからブタゴリラを教えられたおじいさんは八百八を訪ね、『元気のいい子分を集めてほしい』と頼み込む。派手なことをするのが目的だというが、それは一体なに? 230. 犯人は誰だ!! ブタゴリラ0点漂流記 新潟の妙子から手紙が来た。内容を読んだブタゴリラはビックリ!海で遊ばせていた犬が瓶をくわえて戻って来たが、その中に入っていたのはブタゴリラの0点のテストだったというのだ。こんなことをするのはトンガリに違いないと決めつけるブタゴリラ。ところが犯人はトンガリではなかった。では真犯人は一体だれ? 231. SOS! 秋の大江戸セップクツアー!? 授業で江戸の生活がわかる博物館を訪れた英一達。博物館が苦手なブタゴリラは、トンガリを無理矢理誘い仮病を使って抜け出すが、罰として皆より感想文を多く書かされるはめに。ほとんど展示物を見ていないトンガリは、英一に頼み航時機で本物の江戸時代へ飛ぶ。発明品『家人小判』で武士の家に潜入出来たみよ子達だが・・・? 232. 今年こそなるナリ!! 運動会の星!? 運動会で綱引きをやることになった英一。一番張り切っているのは例によってブタゴリラ。特訓するものの、隣のクラスが強敵だ。そんな時、五月が横浜にいるということがわかり、綱引きの助っ人に来られることになる。大喜びのブタゴリラ達。ところが急な追加公演が決まり、五月が出られなくなってしまう・・・。 233. ブタゴリラ探偵団!餌はトラック一台分 ある日、八百八を訪れた謎の客。彼は店の野菜全部を買い占めに来たのだ。熊八が同業者に確かめると、あらゆる店に現れ、同じように野菜全部を買って行くという。ブタゴリラは、彼が恐竜を飼っているのでは?と推理し、彼がまだ来ていない唯一の店・五月の叔母の家にコロ助を見張りに行かせる。そんな時、店に例の男が現れた! 234. オデンション?お役者仮面で大スター! 田舎の母に何度電話してもつながらないのを心配していた勉三。そんな時、『花丸一座』のオーディションを見学に行った英一達はビックリ!なんと、母・ヨネがいた。勉三には内緒だという。一方、バイト代が入った勉三は、皆を花丸一座の公演に招待してくれることに。このままでは、ヨネが舞台に出ているのがバレてしまう!? 235. トンガリ改造!ママ~なんて言わない! 学校の懇談会で先生から『過保護』を注意されたトンガリのママ。一度は憤慨したものの、近所の子供達まで息子をバカにしているのを目撃し大ショック!このままではトンガリがだめになる、と心を鬼にして、八百八で鍛え直してもらおうと決心する。しかしそう簡単にはマザコンは直らない。そこで英一は『自信満々鏡』を発明する。 236. おでん異変!チャック付きのガンモドキ 学園祭でおでん屋の模擬店をやることになった勉三。味見をした木手一家は、その不味さに閉口する。ママが作り方を教え味の方は解決したが、問題は売り子の勉三だ。おまけにライバルのボート部のエースはハンサムで、出し物が同じときたら、勉三に勝ち目はない。そこで英一は『からくり料理人』に店を手伝わせることにする。 237. テイセイ教育委員会!学問のスルメ 今日は授業参観日。来ていないのは英一のママだけだ。コロ助に聞くとオシャレして出掛けたという。参観日をすっぽかされた英一は大むくれ。一方ブタゴリラも先生に指され、いつもの言い間違いをして熊八に叱られたのが原因で家出する。はずみで航時機に乗った英一・ブタゴリラ・コロ助が着いたのは、英一が赤ちゃんの時代だった。 238. 忘れ競争!ミョウガVS逆境タイマツ 真っ青な顔をして八百八に現れた勉三。店にあるミョウガを全部買うという。ミョウガを食べると忘れっぽくなると言われていることから、どうやら何かあったらしい。取引先との打ち合わせでホテルに行ったパパから、友紀がブライダルコーナーに勉三とは別の男性といるところを見たと聞いた英一。忘れたいのは友紀の事だったのだ。 239. 怒り爆発!ブタゴリラ酸っぱい戦争 ブタゴリラに内緒でみかん狩りに出掛けた英一・トンガリ・みよ子にコロ助。いつもいじめられているトンガリとコロ助は、ブタゴリラがいない平和を満喫する。ところがいざ農園に着いてびっくり!ブタゴリラがいたのだ!ところが彼の様子がおかしい。とても親切な上、農園の人から『おさむ』と呼ばれている。どうやら別人? 240. クマダも参加?車と列車のスキー旅行! スキーに行くのに車か新幹線かで大モメの英一達。行き先が勉三の田舎ということもあり、こうなったらどちらの方法が早く着くか、ゲームをしようということになる。新幹線がトンガリとみよ子、車が英一・コロ助・ブタゴリラ・勉三だ。途中までは快調に進んだ両チームだったが、峠を越える地点で車チームに災難が・・・。 241. トンガリ奮闘記!汗と涙のデート作戦! デレデレした顔で英一を訪ねてきトンガリ。差し出されたのは五月からの手紙だった。次の日曜日にデートをしようというのだ。ところがその日は、ブタゴリラとのスケートの約束がある。当然五月とのデートを選びたいトンガリは、なんとかブタゴリラを怒らせないで断る方法はないかと英一に相談する。 242. ブタゴリラの総決算!お騒がせ大全集! 年末。夜、トイレに起きたブタゴリラは、「景気が悪く赤字で借金取りが来たら年を越せない」と両親が話しているのを聞いてしまう。そこで英一は、借金取りが来ても姿が見えなくなる『夜逃げ電球』を発明する。そんな時、英一のパパとみよ子は、八百八の看板が別の店の名前に掛けかえられる現場を目撃する・・・! 243. 5年1組 熊田薫!今年の抱負は良い豆腐 今年の抱負をテーマに作文を書くところを、『豆腐』と間違えたブタゴリラ。その件が小百合にバレて大目玉。英一とコロ助を伴い航時機で江戸時代に向かう。そこで出会ったのはからくり師の息子・利吉だった。父が殿様を怒らせ、このままでは張り付けの刑だという。そこで英一は、発明を生かし彼の父を助けることを思いつく。 244. 歴史を守れ!牛若五月と弁慶の泣き所! トンガリが英一を訪ねて来た。相談の内容は、五月が次の公演で牛若丸を演じることになったのだが、役作りをする上でどうしてもイメージが浮かばない。そこで航時機で平安時代に行き、本物の牛若丸に会いたいというのだ。さらに弁慶と戦う場面にも遭遇したいという。その希望を叶えようと、英一は1172年に飛ぶ。 245. 雪山参加!? ブタゴリラ救助隊出動!! ニュースを見ていた英一とコロ助はビックリ!谷神岳で勉三と後輩が遭難したというのだ。ところが本人が現れ二度ビックリ。宿の人に黙って宿泊代を取りに帰ってきているうちに、誰かが勉三達の名前を語り、実は遭難したのはその二人らしい。ブタゴリラはそれが熊八だと直感し、英一達と潜地球で現地に向かう。 246. 節分グッズ!だまって飲めば鬼になる! 緑幼稚園の園長さんから豆まきの鬼の役をやって欲しいと頼まれたブタゴリラ。英一やトンガリもブタゴリラに幼稚園時代の弱みを握られている手前、渋々承諾。その話を聞いたコロ助は、自分も鬼になりたいと言いだし、英一は『鬼面丸』を発明する。ところが使い方を誤ってしまったために、コロ助に大異変が起こってしまう! 247. コロ助の妹登場?八百八のおちゃっぴい 怠けグセがついてしまったコロ助。寝坊はする、ママの手伝いはしない、一日中ゴロゴロするようになったコロ助のライバル心を芽生えさせようと、英一が作ったのが『おちゃっぴい』だ。働き者で可愛いおちゃっぴいは、皆に褒められ可愛がられる。そんなおちゃっぴいのうわさを聞いたブタゴリラは、八百八の手伝いをさせることに。 248. ブタゴリラ恐怖!!!Faxされたテスト 八百八にファックスが入った。試用期間を経て両親が気に入れば購入するという。両親は学校から直接ブタゴリラの答案用紙を送ってもらえると考えニンマリ。それを聞いたブタゴリラは大慌て!何とか機械を買わないようになる発明を頼むが、その矢先、新潟の妙子からファックスが送られて来る。便利さ・不便さ、どちらを取る? 249. 24回払い? 戦国時代のコンテスト!! 勉三が24回払いでカメラを買った。『小夜姫コンテスト』に応募するためだという。戦国時代、敵に攻められた高尾城と運命を共にしたという。モデルを探す勉三にブタゴリラは航時機でその時代に飛び、本人を撮ればいいと提案する。気の進まない英一だったが、一同の熱意に負けて旅立つことになる。 250. レンズ騒動!秘密のコロッケは涙入り? 勉三のアルバイト先で買ったコロッケの中に、コンタクトレンズが紛れ込んでいた。どうやら持ち主は勉三らしい。最近、トレードマークのメガネをコンタクトレンズに変えたのだ。ところがメガネの顔を見慣れている人達は、勉三の顔を見る度に吹き出しそうになるのをこらえるのに必死。そこで英一は『嫌悪鏡』を発明する。 251. ブタゴリラ真っ青!野菜が肉に負けた! 肉屋の息子の上級生に野菜をバカにされてケンカになり、こてんぱんにやられてしまったブタゴリラ。大好きな野菜をバカにされ、悔し涙が止まらない。その日から一切肉を口にしなくなってしまうが、それだけではおさまらず、クラス全員の給食からも肉を取り除いてしまう。困った英一は『反面鏡師』を発明する。 252. ボクがいない!! 三十年後の同窓会!? トンガリの家でシュミレーションゲームをやっていたコロ助。皆が出世しているのに英一だけが落ちぶれると出て面白くない。このゲームでは、ブタゴリラの妻となっていたと知らされたみよ子は憤慨。こうなったら自分の目で確かめる!内緒で航時機を使うことに不安なコロ助を誘い未来へ飛ぶが、着いた時代は戦争中だった・・・。 253. 女子プロ真っ青!八百八のお手伝いさん トンガリの家にお手伝いさん・小早川文子がやって来た。写真とは別人の大柄で力持ち!圧倒されるトンガリとママ。ある日、文子は八百八に買い物に出掛けるが、ブタゴリラの自転車に乗っていたことから泥棒と間違われ、熊八を投げ飛ばしてしまう。腰を傷めて動けなくなってしまった熊八が治るまで、八百八で働くことになる。 254. 保存版!日本全国つぶれそうな店特集? 八百八がテレビの取材を受けることになった!放送日までの間、考えつく全ての知り合いに連絡しまくる熊田一家。ところが番組のテーマを知ったトンガリは愕然!なんと『つぶれそうな店特集』だったのだ!英一に泣きつき発明を懇願するが、放映は止められない。そしていよいよ、放送当日となってしまう・・・! 255. みよちゃんのBF!? ライオンがノック 動物園に遊びに行った英一達。ライオンバスに乗るが、一頭だけ群れから離れて寂しそうなライオンがいた。バスに気付くとそのライオンが追って来る。どうやらみよ子を知っているようだ。ライオンの話を聞こうと、再び動物園を訪れた英一達は、コロ助に『真っ黒衣』を着せるが、はずみでコロ助がバスから落ちてしまう! 256. コロ助降参!オネショの作り方!? 佐々木先生の奥さんが入院した。その間、先生の息子・和馬を交代で面倒を見ることにしたクラスのみんな。そんなある朝、妙な感覚で目が覚めたコロ助は、オネショをしてしまったことに気付く。しかも一緒に寝ていた和馬に見られてしまった。家来になれば黙っていてくれると言う。だが、次に面倒を見ていたみよ子にも災難が! 257. 熊田グー!! 八百八一家の夢の別荘!? ブタゴリラに内緒で別荘購入の計画を立てていた両親は、遂に念願が叶った。胸を躍らせ勉三に案内された家を見て愕然。あまりにも古いのだ。既に英一達を招待してしまったブタゴリラ。なんとかこの場を切り抜けようと必死になるが、そこへ勉三の母が現れる。全て任せろと自信満々の彼女のアイデアとは一体なに!? 258. 出場禁止!? 運動オンチは誰の遺伝!! 英一の苦手な運動会。よりによってリレーのアンカーに選ばれてしまう。結果、予想通り英一の失敗で最下位に。それがきっかけで両親は、英一の運動オンチがどちらの遺伝かとケンカになってしまう。ママの運動神経の良さはすぐに証明されたが、パパはうまくいかない。そこで英一とコロ助は、中学時代のパパを見に行くことに。 259. 24時間営業!八百八の朝まで生野菜! ある朝、八百八が24時間営業になるという広告が入る。店内にツバメが巣を作ったので、ヒナが巣立つまで続けるという。熊田一家の体を心配した勉三とコロ助は、夜中の店番をかって出る。ところが近所で強盗騒ぎが起こり、狙われないのは八百八の恥と、おかしなプライドをかざすブタゴリラ。そんな時、夜中の八百八に怪しい人物が現れる! 260. コロ助のペット!ひらがなのかおる!? 八百八から届いた野菜の中にカタツムリを見つけたコロ助は大喜び!早速名前を付けて飼うことにする。ある日、パパがエスカルゴをお土産に帰宅するが、それがカタツムリと知ったコロ助は仰天する。同じ頃、カタツムリの『かおる』が行方不明に。エスカルゴでショックを受けたと思ったコロ助は、如意光で自分を小さくし捜索開始! 261. コロ助の逆襲!八百八侍を成敗するナリ 夢の中ではいつも悪役だとブタゴリラにバカにされたコロ助。今度は自分でブタゴリラが悪役の夢を見ようと頑張るがうまくいかない。そこで英一に頼み『からくり獏と夢変更鏡』を発明してもらう。他人の見ている夢を知ることが出来る上、自在に変えることも可能なこの機械。やっと眠ったブタゴリラの夢の中に入ったコロ助は!? 262. 海のメロン!? ブタゴリラ涙の航海記! 千葉へ潮干狩りに出掛けた英一達。往きのフェリーにリュックを忘れたブタゴリラは、無理やりコロ助を連れて引き返す。五月の劇団がこの街に来ていると知ったブタゴリラは、訪ねてみようと思い立つ。留守中にブタゴリラが来たと知った五月はガッカリ。ところがトンガリは真っ青!塾の試験と嘘をつき、五月に会いに来ていたのだ! 263. めざせ北海道!西から来た赤いモグラ? 八百八にネズミが住み着き、野菜が食い荒らされた。困ったブタゴリラは、英一に駆除する物の発明を依頼する。出来上がった『鼠笛』は効果てきめん!実はこの笛、地中のモグラにも聞こえる音色を出していた。北海道へ行くのが夢だった大阪のモグラは、途中で関東のモグラに攻撃され、ケガをするがコロ助に助けられる。モグラの夢は叶うのか? 264. 日米友好! コブタ対トウモロコシ!? 妙子の元にホームステイにやって来たアメリカ人・ニックの存在を知ったブタゴリラは落ち着かない。彼とうまく話せるように妙子は英一に発明を依頼する。出来上がった『通詞器』を送ろうとする英一からそれを奪い、直接新潟へ向かうブタゴリラ。ところが、日本の生活を知るには八百八が一番と薦められたニックと行き違いになる。 265. ブタゴリラ絶叫!夏休み地獄の大脱走! 夏休みに入ってからというもの、ブタゴリラの姿が見えない。両親に尋ねてもどうも様子がおかしい。トンガリはブタゴリラの悪い夢を見てうなされ、その後、英一宅にも本人から助けを求める電話がかかる。何かの事件に巻き込まれたのではと、八百八からもらったお土産をヒントに、英一達はブタゴリラを探しに行くことにする。 266. 泳ぐ宝石? びっくりザイバツの若さま! 勉三が大財閥の運転手として雇われた。高級外車から降り立ったのはその孫・景正。恐ろしいほど生意気な彼だったが、なぜかコロ助を気に入り家に招待する。帰りに高価な錦鯉をもらうが、池のない木手家では飼えない。そこでトンガリに預かってもらうことになるが、翌日、その鯉が忽然と姿を消してしまう・・・! 267. 夏休み偉人伝!銅像になったブタゴリラ ハイキングに出掛けた木手一家。山奥の、今は廃校になった学校に辿りつくが、そこで姿は二宮尊徳・顔はブタゴリラにそっくりな銅像を見つける。写真を見たブタゴリラと両親は、早速実物を見ようとコロ助を案内役に、出掛けることにする。ところが現地に着くと、肝心の銅像が消えていた!慌てるコロ助。一体、銅像はどこに!? 268. 夏の名作! ブタゴリラの竹の子くらべ? コンビニでブタゴリラに会ったコロ助。熊八に頼まれ、コピーをとりに来たという。すると、コピー機に夏休みの宿題、読書感想文が書かれたノートが忘れられていた。早速写させてもらおうと持ち帰るブタゴリラ。その頃、トンガリは慌てふためいていた。実はそのノートは、トンガリが他校の女の子・浅野めぐみから借りた物だった。 269. 北の国から贈り物!五月と花子初共演! ブタゴリラや英一達には内緒で北海道へ五月を訪ねたトンガリとママ。五月は、トンガリに大事にしている子牛の花子を紹介する。劇団の仕事をしていて転校の多い五月にとって、花子は北海道で出来た唯一の友達だという。なんとか五月が花子と一緒にいられるように考えるトンガリ。そこへ亀甲船に乗ったブタゴリラ達が現れる。 270. 衝撃告白! 勉三さんはツンツルテン!? 勉三の部屋を覗いたコロ助はビックリ!なんと勉三の髪の毛がなかった!誰にも言わないと心に決めるコロ助。そんな時、熊八が皆をプールに連れて行ってくれることになる。偶然そこに勉三とゆきがいた。無理矢理ウォータースライダーに乗せられてしまう勉三。このままでは勉三がカツラだとバレてしまう!どうする、コロ助!! 271. 新事実! タイタニック号の名犬バロン! 航時機の整備中に先生とブタゴリラ・トンガリが訪ねて来る。見つかっては大変!と、整備途中で発進した航時機が着いたのは、なんと1912年・航海中の豪華客船・タイタニック号の船内だった。慌てて現代に戻る英一だったが、客船に乗っていた犬・バロンも連れて来てしまう。この客船が間もなく沈没すると知らされた英一は・・・。 272. サスペンス! アメリカ土産は恐怖が一杯 妙子がアメリカ留学から帰国した。お土産を渡そうとトランクを開けてビックリ!札束と拳銃が入っていたのだ!空港で取り違えられたらしい。その頃、新潟の妙子の家や英一宅に怪しい電話がかかっていた。何かの大きな事件に巻き込まれたのか?このままでは危ないと、熊田家と英一達は妙子をかくまうことにする。 273. 消えたブタゴリラ!イモより怖い神隠し 学校行事でイモ掘りに出掛けた英一達。ところがいつもの元気がないブタゴリラ。心配した先生は、トンガリに送らせるが、途中でブタゴリラの姿が見えなくなってしまう。この辺りでは子供が突然姿消してしまう『神隠し』の伝説があるという。必死で探す英一達。実はブタゴリラは、山に残っていた古井戸に落ちてしまったのだ。 274. とんだアップル? みよちゃん初恋物語 最近、みよ子の様子がおかしい。心ここにあらず、の雰囲気で、どうやら好きな人が出来たらしい。その相手は自分かも知れないと浮かれるブタゴリラやトンガリだが英一は気が気でない。みよ子の心に誰がいるのか知るために、『恋念写』を発明するが、そこに写ったのはなんと、担任の佐々木先生だった・・・! 275. 謎のスイカ爆弾! 伝説のボウラー熊八? あまりにも悪いテストの答案用紙を裏庭で燃やしてしまおうと考えたブタゴリラ。穴を掘っているとなにやら丸い物体が現れた。英一達を呼んでおそるおそる洗ってみるとそれはスイカの模様をした爆弾のようだ。驚く一同だったが、英一はその物体に3つの穴があいているのを見つける。ボウリングのボール?なぜ八百八の裏庭に? 276. ついに発見! マツタケいっぱい石器時代 秋。熊八は1本1万円のマツタケを3本も仕入れてしまい、小百合と大ゲンカ。はずみで小百合がマツタケの上に尻もちをつき、哀れなマツタケは紙のようにペッシャンコ。ケンカの理由を知ったブタゴリラは、航時機でマツタケが山ほど採れた時代に行こうと英一とコロ助を誘うが、航時機の不備で石器時代に着いてしまう・・・! 277. ギネス珍記録!? 一日だけのクラス委員 佐々木先生が6年生の旅行に付きそうことになり、その3日間臨時のクラス委員に任命されたブタゴリラ。早朝からクラス全員をマラソン・ラジオ体操に招集し一同ゲンナリ。こんなに早く起こすのはかわいそうとコロ助を思いやった英一の気持ちが裏目に出て、コロ助は遠足と勘違い。6年生のバスに乗り込んでしまう。 278. 人気バク発! お面になったコロ助ナリ お祭りに出掛けたブタゴリラとトンガリは、屋台でコロ助そっくりなお面を見つけ大笑い。人気がなく3つのうち一つしか売れないという。そのひとつを買ったのが勉三の母だった。送られて来たお面『アンコロモチベエ』を見て、誰が作ったのか知りたくなった英一は『能面寒天』を発明する。そこに浮かび上がったのはどんな顔? 279. ゲージツ祭参加? 愛の星降るすずらん峠 トンガリが五月の為に脚本を書いた。花丸一座で演じてもらうという。皆にふれまわるだけふれまわったものの、肝心の五月から返事が来ない。そんな時、みよ子に五月から電話が。トンガリの脚本があっさり不採用になってしまったことを伝えられずに困っているという。ひょんなことからそれを知ってしまったトンガリは・・・。 280. 大安吉日! カボチャカボチャの結婚式 熊八が結婚式の媒酌人を引き受けた。英一達を集めスピーチの練習を始めるが、緊張のあまり、まるでうまくいかない。今更断るわけにもいかず、ブタゴリラは佐々木先生に頼み、熊八そっくりに変装してもらい、当日替え玉をやってもらう約束を取りつける。一方英一は、熊八のために『唐茄子鏡』を発明する。 281. 勉三さん受難!学園祭はケツバット? 勉三の母・ヨネが上京した。勉三の大学生活を覗こうと、コロ助と共に学園祭中の大学に出掛けることになる。コロ助が勉三の居所を屋台の女学生に尋ねると、なんと夏休み前に辞めたという。これがバレたら大変!と英一は故郷が懐かしくなる『望郷独楽』を発明する。ところがヨネは、「帰る前に大学に行く」と言い出してしまう。 282. 謎の物体! ノックを返す八百八カボチャ 冬至にちなんで八百八はカボチャの大安売り。ブタゴリラがいいカボチャを判別しようと軽く叩くとなんとカボチャもポンポンポン!中に何かいるのでは、と大騒ぎになるが、その場にトンガリのママがいたから、さあ、大変!たちまち町中に『八百八の呪われたカボチャ』の話が広まってしまう。一体誰が作ってどこで採れたのか? 283. 新春冒険! みかん長者の書き初め!? お正月。トンガリ家に招待された英一達。そこで見せられたのは、武田信玄直筆の掛け軸だった。自慢し通しの一家に向かって「うちにあるのは紀伊国屋文左衛門だ」と豪語するブタゴリラ。本当はそんなものなどなく、実は航時機で江戸時代に行き、本人に書いてもらうつもりだという。そして着いたのは船の中だった。 284. はやまるな! コロ助駆け落ち成人式!? コロ助に成人式の案内状が届いた。何とかうまい具合に式典にもぐりこむことに成功する。市役所のきれいなお姉さんから記念品をもらうが、中身は期待外れの国語辞典。『いつも持っているときっと貴方のためになる』と言われたコロ助は肌身離さず持ち歩く。ところがそれを見た熊八から諺を教えられ、それを叫びながら練り歩き・・・。 285. ご近所捜査網! 怪盗はトンガリのママ? 勉三のバイト・アンテナの取り付けを手伝って屋根にいたコロ助は、近所の家で洋服や宝石をトランク一杯に詰め込んで踊っているトンガリのママを目撃する。その直後、パトカーがやって来て大騒ぎ。コロ助が見た家に空き巣が入ったという。捜査中の刑事は、ブタゴリラが電話で話している内容からトンガリのママに目をつける。 286. 真冬の怪談? 雪女のおんがえし!! 新潟の妙子の家に遊びに行った英一達。その夜、外からか細い女性の声がした。恐る恐る戸を開けると、スキーウェア姿の女性が倒れていた。天狗平から来たという彼女は翌朝、雪女と記し『自分を助けたことは内緒にして』と書き置きを残して姿を消す。その後みんなは天狗平へスキーに出掛けるが、ブタゴリラとトンガリが行方不明に。 287. 国際親善? スカートをはいたブタゴリラ ブタゴリラとトンガリが賭けをした。負けたブタゴリラが町内一周していると、そのスカートを懐かしがる外国人に抱きつかれる。勉三の友達だという彼・リチャードは喋り方も勉三そっくり。アパートを追い出されたリチャードは八百八に下宿することになるが、ある日、トンガリが新聞片手に血相を変えて飛んでくる。 288. 大激怒! カラスと八百八大戦争 まぐれでホームラン級のヒットを打った英一。ところがそのボールがカラスの巣に入ってしまう。かまわず巣ごと落とすブタゴリラ。戻った白いカラスは大激怒!ブタゴリラや英一、トンガリの家までつけ回し、その数は増える一方だ。復讐に燃える白カラスは、遂にブタゴリラの家を発見!大群が押し寄せ、店が襲われてしまう! 289. キテレツ異変! 年上美人にモッテモテ? みよ子が英一のママに編み物を教えてもらっているのを見たコロ助は大はしゃぎ!型紙に『K』のイニシャル入りだという。英一は照れながらも嬉しくて仕方がない。ところが、ブタゴリラから「みよ子が自分の寸法を測りに来た」と聞いた英一は大ショック!なんとか英一を元気づけようと、コロ助は勉三に相談するが・・・。 290. 夢は大金持ち! めざせケン玉世界一 学校に『ケン玉はっちゃん』を探しているという老人・奈良太平が現れる。『八』のつく名前から、それは熊八だということがわかる。太平は近々開催される『ケン玉ワールドチャンピオン大会』に熊八の息子を出したいというのだ。2ヶ月預かれば優勝間違いないという話が、なぜか『養子に出される』とブタゴリラは勘違い・・・。 291. びっくり京都! あぶない天狗あらわる? パパが仕事で京都へ行くのに便乗した英一。後から『天狗の抜け穴』で来ればいいと言われたものの、置いていかれたコロ助はすねっぱなし。その夜、用意していたおいた『天狗の抜け穴』が何者かに盗まれてしまう。犯人はブタゴリラだったのだが、英一が天狗寺に抜け穴を貼ったことからとんでもないことが起こってしまう! 292. 時を越えたライバル? モーレツ斉登場! テレビ番組『あなたが日本一!』の予選を通過したコロ助。いよいよ本番の日、強敵をものともせず見事優勝!!大喜びの英一達の目の前に猛烈一が現れる。ロボットのコロ助には優勝の資格がないという。どうやら彼の先祖は奇天烈斎を相当恨んでいたらしい。一体何があったのか?英一とコロ助は航時機で確かめに行くことに。 293. 未来で目撃! コロ助お嫁さんとチュー? 英一の学校で『将来の夢』を作文に書くという課題が出された。その話を聞いたコロ助は、「自分はいつまでも子供のままだ」と落ち込んでしまう。将来を見るまでは安心できないというコロ助。皆は何とか元気を取り戻させようと、まるで未来都市のような街・多摩ニュータウンを舞台に一芝居うつことにする。 294. 妙子遭難! トラに食べられそうなんです 黒馬岳に山菜採りに出掛けた妙子親子が遭難した!テレビのニュースでそれを知った英一達は、潜地球で現地へ向かう。報道によると、飼われていたトラが逃げ出し、今も行方不明だという。もし黒馬岳で生存していたら・・・。不安は的中し、トラに遭遇した英一とコロ助。必死で逃げる途中、コロ助だけがトラに連れ去られてしまう! 295. 心は別人? みよ子が五月で五月がコロ助 舞台の本番中、足を骨折してしまった五月。主役の五月目当てで来ていた観客は日ごとに減る一方だ。このままでは興行がピンチに!そこで五月はみよ子に自分の代役を頼むことにする。五月の立ち回りが全くわからないみよ子のために、英一は『遊魂帽』を発明。五月の魂を乗り移らせ、舞台に立たせることにする。 296. ベンが初恋?アイドル犬とご対メーン ベンがドッグフードのCMに出ているゴールデンレトリバーを好きになったようだ。恋煩いで3日も餌を食べない有様。そんなベンに朗報が!CM制作にトンガリのパパが関わっていたことから、その犬・シンシアに会えることになったのだ。ところが夢が叶ったはずなのにベンの様子がおかしい。まさか、恋の相手が違うのか? 297. (秘)ブタゴリラのアロエビックリ大作戦! ブタゴリラの様子がおかしい。遊びに誘っても断り続け、学校からも早々と帰ってしまう。その話を聞いたコロ助は、『真っ黒衣』で姿を消し、ブタゴリラの後をつけることに。すると、着いた場所はフィットネスクラブだった!部屋を出る途中で真っ黒衣が脱げ、侵入したのがバレた上、口止めにやらされることになったのは・・・? 298. ジュラシックパニック! 虫歯の恐竜発見 恐竜キャラメルのおまけを集めているコロ助を喜ばせようと、箱の中にある一番リアルな恐竜を如意光で大きくした英一はビックリ!なんとそれは本物だった。以前、航時機で紀元前に行った時、卵がくっついて現代に帰って来てしまったようだ。英一に内緒で『りゅうた』と名付けて可愛がっていたコロ助だったが・・・。 299. 何かようかい!雨降り小僧ケヤキの祟り 雨の日に3丁目の樹齢200年になるケヤキの大木にお化けが出ると噂が立つ。その名も『雨降り小僧』。ある日、トンガリを探しに家を飛び出したママが雨降り小僧に遭遇し、それ以来、ケヤキが乗り移ってしまう。ママを助けて!とトンガリに泣きつかれた英一は、新回古鏡を使い、雨降り小僧の正体を探ることにする。 300. 禁断の料理? ファラオの呪いで大ピンチ 勉三に4000年前の種で育てたエンドウ豆を見せてもらった英一達。食べようとしたブタゴリラをファラオの呪いは恐ろしいと諭す勉三。ところがいつの間にか豆を失敬し、夕飯に食べてしまったブタゴリラリは、その夜から高熱にうなされてしまう。呪いを解くために英一達は、航時機で古代エジプトへ飛ぶが・・・。 301. 八百八崩壊? コスプレナイター中継! 新鮮さが自慢の八百八の野菜がしなびている。これには理由があった。熊八がイーグルスの私設応援団長に夢中で、仕入れがおざなりになっているのだ。腹を立てた小百合は家出をするが、団長を辞められない熊八は、変装して応援に出掛ける。それをテレビで観た小百合の怒りは最高潮!熊八に対抗しようと、ある作戦に臨む・・! 302. 夏休み直前! まだまにあう通信簿対策 いよいよ待ちに待った夏休み!ところがブタゴリラは気が重い。通信簿がこわいのだ。実は英一も今学期の成績に自信がないことから『御機嫌水』を発明していた。これを通信簿に吹きかけておくと、怒られずにすむのだ。大喜びのブタゴリラ。ところが、ひょんなことからそれがトンガリのママに渡ってしまい・・・!! 303. どーして? ボクたち臨時の八百八屋さん 八百八一家が東北へ家族旅行に出掛けた。ところがトンガリに「鍵をかけ忘れたので確認してくれ」とブタゴリラから電話が。やむなく今夜は熊田家に泊まることになる。翌朝、野菜を卸している農家・清水がやって来た。旅行の件を連絡し忘れた為、いつも通りに野菜を持ってきてしまったのだ。急遽、皆でこの野菜を売る羽目に・・・! 304. 真実をあばけ! 夏のみちのくミステリー 旅行中、店の手伝いをしてくれたお礼に、英一達をブタゴリラのいる勉三の田舎へ招待してくれた熊田夫妻。そんな時、村では30年振りの泥棒騒ぎが起こっていた。泥棒などいないと信じる村人達は、都会から来たブタゴリラを疑っていた。盗まれたのが小銭ばかりと聞き、英一はある考えを胸に山へ向かう。 305. 霊界探検! みんなであの世へ行きました ボート遊びをしていたトンガリが誤って湖に落ちてしまった。一面花でいっぱいのきれいな場所。川の向こうから呼んでいるのはトンガリの祖母だった。どうやら臨死体験をしたらしい。そんなある日、両親と墓参りに出掛けたブタゴリラは、墓石に現れた不思議な光に吸い込まれ、消えてしまう。着いた場所には再びトンガリの祖母が! 306. 相手はだ~れ ペンフレンドくるみちゃん コロ助に知らない女の子数人から手紙が来た。実はトンガリがコロ助の名前をかたり、少女雑誌のペンフレンド募集欄に投稿していたのだ。それを知っても全くがっかりしないコロ助。ある日、その手紙を出したうちの一人・坂本くるみが木手家を訪ねて上京してくる。途中で道を尋ねられたブタゴリラは、コロ助になりすまし・・・。 307. 居眠り禁止!スカッと一撃 徹夜メーン☆ レポート作成で徹夜続きの勉三のために英一が発明した『徹夜面』。居眠りすると竹刀で一撃するのだ。そんな時、勉三がお湯をかけてしまったことで回路がショートし、徹夜面が行方不明になってしまう。なんとパパについて会社に行ってしまったのだ。会議中に居眠りしていた上司を一撃してしまうが、逆に気に入られてしまい・・・。 308. 豊年マンサク! 山田の中のコロ助カカシ 英一の学校で栽培していた稲がもうすぐ収穫を迎える。スズメの害から守ろうとトンガリが作ったのは、コロ助そっくりのカカシだった。本人は学校へ来ないからバレる心配はないと安心していた英一だったが、傘を届けに来たコロ助がカカシを目撃してしまう。怒ったコロ助は、勉三の家に置いてもらうことにするのだが・・・。 309. 花丸一座で夢芝居? 髭丸コロ助大変身! 表野町に花丸一座が戻って来た。五月は英一達を家に招待するが、ぜひコロ助も連れて来て欲しいという。実は五月の母が皆に一番合う衣装を用意していたのだ。コロ助はおじいさんに変身するが、ひょんなことから、あるおばあさんと知り合うことになる。借りた衣装のままデートをするコロ助だったが、さて、彼女の正体は?? 310. 突然の手紙! 妙子からFrom USA? トンガリのママが遊園地の招待券をくれた。ブタゴリラは早速新潟の妙子に電話をするが、既に番号が使われていないという。実は妙子はアメリカのおじさんの所へ引っ越すことになっていたのだ。知らせの手紙をきちんと読んでいなかったブタゴリラ。しかも出発は今日の夕方!英一はコロ助と共に潜地球で空港に向かう。 311. 百丈島伝説! コロ助は浦島太郎の子孫? トンガリ親子が五月を連れて百丈島へ出掛けた。村の子供達に『浦島太郎』の劇を見せてあげようと衣装まで用意していくが、村長から断られてしまう。なんでも、この村では浦島太郎を演じると、必ず良くないことが起きるのだという。一方、英一達はトンガリを追いかけ亀甲船で百丈島へ向かうが、その途中で亀の大群に攻撃される。 312. 家族ゲーム? ママに代ってブロンドママ ある日、コロ助が慌てて英一の学校へやって来た。パパとママがケンカして、ママが家出したという。帰宅して様子を聞くと、今回はどうやら真剣らしい。ご飯のことが一番心配なコロ助。ところがその日の夜、台所で物音がするので行ってみると、そこには金髪の女性が食事の支度をしていた!外国人の女の人?彼女は誰?? 313. ブタゴリラ病欠? 修学旅行のバスを追え 明日から修学旅行の英一。一緒に行かれないコロ助は、あれこれ作戦を練りなんとか参加しようとするが、全て見透かされてがっかり。翌朝、修学旅行や運動会には真っ先に来るブタゴリラが遅刻した。なんと急な高熱で欠席するという。英一は予めトンガリに頼まれて発明しておいた『金縛丸』が無駄になったことを半分喜ぶが・・・。 314. 雪男発見! 生まれはヒマラヤ日本育ち 勉三がスノーランド夜間警備のアルバイトを始めた。ゲレンデにさしかかった時、大きな雪の玉が転がって来る。そこから現れたのはなんと雪男だった。先輩警備員の細谷に報告するが、相手にしてもらえない。その話を聞いた英一は、雪男に関する世界の情報を集め始めるが、高尾大学のデータに若いが細谷によく似た男性を発見する。 315. 大当り! 宝くじでパンダと3千万円!? 去年買った宝くじの当たりはずれを調べ忘れていたブタゴリラの両親。翌日銀行に出向いた熊八は、なんと3千万円の当たりだったと知り仰天!ところが引き替え期限が昨日で切れていた為、夢は一瞬にして消えてしまう。諦めきれないブタゴリラは、英一の目をを盗み、コロ助と航時機で過去へ戻るが、着いたのはパンダの檻だった。 316. 女湯でアート? トンガリ画伯大爆発! トンガリの絵が区の児童コンクールで入賞した。そんな時、トンガリの絵を見た人から『ぜひ壁画を描いて欲しい』と依頼がある。早くも画伯気取りのトンガリ。ところが壁画は描く場所は銭湯だった。今更事実を言えないトンガリママは、三つ星レストランの壁画と偽る。最高級の店なら、そう簡単に来られないだろうというのだが? 317. 謎のアルバイト! むさ苦しい人大歓迎? 勉三がエステの宣伝ティッシュを配るアルバイトを始めた。ところがその風貌が災いし、対象年齢の若い女性に受け取ってもらえない。みかねたコロ助が助っ人を名乗り出るが、契約した以外の人間が配ったということで雇い主に預けた保証金を奪われてしまう。どうも怪しい話だと、みよ子が『一時足袋』で大人に扮し、探りに行く。 318. 正月が二度も来た! お年玉ももう一度? 故郷では旧暦で正月を祝うという勉三に誘われ、一緒に田舎へ行くことになった英一とコロ助。お年玉をもう一度もらえると期待するブタゴリラも便乗することになった。田舎の母の気が紛れるかも知れないと、今回はベンも一緒だ。ところが慣れない車に酔ってしまったベンのためにドライブインで休憩中、当のベンが行方不明に! 319. 今世紀見オサメ!? 幻のリョコウバト ある朝、ケガを負ったハトがブタゴリラの家に迷い込んできた。英一が図鑑で調べると、既に絶滅したといわれている『リョコウバト』だった。アメリカの妙子の知り合いが内緒で飼育していたのが悪い大金持ちに知られてしまい、手先のギャングも表野町にやって来る。日ごとに弱るハトを救うため、英一達は1920年代に飛ぶ! 320. 失恋がなんだ!! どん底でドンと恋 北海道の大学に通うみよ子の兄が帰ってきた。遊びに行った五月は一目惚れしてしまう。それを知ったトンガリは大ショック!一方、勉三も友紀に新しいボーイフレンドが出来たことで失恋・・・。二人の落ち込みように英一は『どん底』を発明する。そんなある日、みよ子の兄がガールフレンドを連れて来ることになる。 321. 春いちばん! 先生が飛ばされそうナリ 学年一斉テストの結果が出た。英一達のクラスは最下位。それを発表した時の佐々木先生は、妙に寂しそうだ。トンガリによると、先生が京都の学校に左遷になる噂があるという。五月とトンガリは真実を確かめようと先生の自宅を訪ねるが、既に引っ越した後だった。転勤阻止の為、英一達は『からくり署名人』と署名を集めることに。 322. たたり? ひな人形がコロ助を襲う! みよ子の家に飾ってあったひな人形に感激したコロ助。女の子だけが持てると聞きガッカリしたものの、家に帰るとママが15年ぶりにひな人形を出していて大喜び!それを見た英一は『右楽斉』作ではなく、『甚三郎』作であることを確認し一安心。『右楽斉』作の人形は、10年以上飾らないとたたりがあるのだ・・・。 323. トンガリ失踪! 恋に破れてサメのエサ? 五月の写真入りテレホンカードをもらったトンガリは大喜び!肌身離さず大事にしていたが、それが原因でママに不良少年扱いされてしまう。失意のトンガリは、バイトで伊豆の水族館へ向かう勉三の車に乗り込み、家出する。『新回古鏡』でトンガリの行き先を突き止めた英一達は、五月に内緒で伊豆へ向かう。 324. 人生一度の晴れ舞台? 熊田薫 送辞を読む 英一のクラスから卒業式の送辞を読む人を決めることになった。満場一致で五月に決定し、トンガリの原稿も完成したところで急遽、公演の仕事が入り、当日欠席することになってしまう。そこで俄然、張り切り出したのがブタゴリラ。あれよあれよという間に本当に代表となってしまう。一同の不安の中、ついに当日がやってくる・・・! 325. ブタゴリラ学説! 蜃気楼は貝から出る? 授業中、『蜃気楼は貝が出している』と発言し、大笑いされたブタゴリラ。汚名挽回にホラ貝を借りてきて、これから蜃気楼が出るように英一に発明を依頼する。そんな時、『飼っていたネコが死んでから寝たきりになってしまった近所のおばあちゃんを元気づけたい』とみよ子から頼まれた英一。早速出来上がった発明品を使うのだが。 326. 子供の天国! 遊び場いっぱいの町 3学期の成績があまりにも悪かったのが原因で、熊八とケンカしたブタゴリラが家出した。なんと航時機に乗って昭和35年に行ってしまったのだ。そこで子供時代の熊八に出会う。今では想像もつかない程、子供達が生き生きしているまさに天国の時代だ。現代に帰りたくなくなったブタゴリラは英一達の説得にも応じなかったが・・・。 327. スクープ! 名犬ベン 日本で一番有名な犬 山形にいるはずのベンが勉三の家に帰って来た!母から『2週間前にいなくなった』と聞いていた勉三はビックリ!トンガリのパパの紹介でテレビ出演することになるわ、雑誌の取材は来るわ、全国からベン宛にプレゼントが届くわと大騒ぎ!一気に名犬として有名になる。ところがある日、母から『ベンが帰ってきた』と知らせが入る。 328. 神出鬼没のいたずらっ子 正体はコロ助? ブタゴリラ・みよ子・勉三・トンガリ、そしてママ。なぜか皆がコロ助にいたずらされたと怒ってやって来た。コロ助がいくら自分ではない!と訴えても信じてもらえない。ある日英一は物置に傷があるのを発見する。太陽の光が差し込む程の大きさだ。そこでひらめく英一。中にはずっと『豆コロ』をしまっておいたのだ! 329. 五月の恐怖!のろわれた鯉のぼり トンガリがいつもの自慢で皆を呼び集めた。五月が静岡から由緒ある鯉のぼりを送ってくれたという。大喜びのトンガリだったが、五月から電話がある。あの鯉のぼりは呪われている、すぐにしまって欲しいという。最初は気にしなかったトンガリだったが、ママが事故を起こしたことから、英一に呪いを解く道具の発明を依頼する。 330. 男のメロン? 父ちゃん一番乗り病! 熊八が仕事を放り出して出掛けてしまった。新しい橋が出来ると一番に渡りたい『一番乗り病』だという。大阪のライバルを振り切り見事先頭を獲得する。何とか家に戻そうと、ブタゴリラは英一に頼み『帰巣線香』を発明してもらう。一度はこの香りの効果で帰ろうとした熊八だったが、思い直した小百合とブタゴリラが止めに来る。 331. 愛のフィナーレ! さよならコロ助大百科 木手家にドロボーが入った。英一の部屋も荒らされてメチャクチャだ。調べてみるとキテレツ大百科と如意光が盗まれていた!回古鏡改を作り、手がかりをさがすと、大百科を持った男と熊八がすれ違っていた。早速八百八に向かって話を聞くと、その男はゴミ処理車に大百科を投げ入れたという。英一、最大のピンチ!!
1 note · View note
zipdlcom · 5 months ago
Text
<span style="color: #00cc66;">小説</span> 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫ 第01-12巻 Saijaku Muhai no Bahamut
無料 ダウンロード zip まんが https://zip-dl.com/%e5%b0%8f%e8%aa%ac-11-%e6%9c%80%e5%bc%b1%e7%84%a1%e6%95%97%e3%81%ae%e7%a5%9e%e8%a3%85%e6%a9%9f%e7%ab%9c%e2%89%aa%e3%83%90%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%88%e2%89%ab-%e7%ac%ac9-12%e5%b7%bb-saijaku-mu/%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%8c-%e7%84%a1%e6%96%99/
小説 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫ 第01-12巻 Saijaku Muhai no Bahamut
小説 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫ 第01-12巻 Saijaku Muhai no Bahamut
小説 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫ 第01-12巻 Saijaku Muhai no Bahamut [Novel] 最弱無敗の神装機竜《バハムート》 zip 12巻 rar dl Saijaku Muhai no Bahamut vol 01-12 (一般小説)[明月千里]最弱無敗の神装機竜《バハムート》 Undefeated Bahamut Chronicle 最弱無敗の神装機竜《バハムート》
                  最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫
五年前、革命によって滅ぼされた帝国の王子・ルクスは、誤って乱入してしまった女子寮の浴場で、新王国の姫・リーズシャルテと出会う。「……いつまでわたしの裸を見ている気だ、この痴れ者があぁぁっ!」 遺跡から発掘された、古代兵器・装甲機竜≪ドラグライド≫。かつて、最強の機竜使い≪ドラグナイト≫と呼ばれたルクスは、一切の攻撃をしない機竜使いとして『無敗の最弱』と、今は呼ばれていた。リーズシ…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫2 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫2
「あなたには私の恋人になって欲しいの。それが、私の依頼よ」 機竜使いの王立士官学園に、唯一の男子生徒として入学した、亡国の王子・ルクスは、とある一件により、ユミル教国からの留学生・クルルシファーの「恋人」になることに!? 遺跡調査の任務が出される一方で、神装機竜≪アジ・ダハーカ≫を駆る四大貴族の実力者・バルゼリッドが、クルルシファーの前に婚約者として現れ、波乱が幕を開ける。お祭…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫3 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫3
「男性は、わたしたちの敵です」 ついに学園最強の三年、セリスティア・ラルグリスが王都より帰還する。男嫌いで有名なセリスの信念により、ルクスが学園にいることが再び問題化する中、ルクスは終焉神獣の討伐のため、彼女への協力を申し出る。対立する二人の正義は、彼らを支持する生徒たちをも巻き込み、校内選抜戦による勝負にかけられる!! 一方、ある事情で変装したルクスは、セリスとデートをする…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫4 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫4
装甲機竜による校外対抗戦を控えた初夏。ルクスたち代表メンバーは、新王国の離島で強化合宿を敢行する。水着と温泉、合宿所での共同生活と、解放的な少女たちに圧倒されるルクス。しかしその合宿には、もうひとつの隠された目的があった。 浮上した遺跡『方舟』の調査と、中で眠っていた自動人形との出会い。そして現れた敵勢力の影が、ルクスとフィルフィの過去と現在を結び、絶望の未来へと加速させる…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫5 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫5
「初めまして主様。暗殺でも、雑用でも――わたくしの身体をお好きに使っていただいても構いませんわ」 ルクスの前に現れた少女、切姫夜架。かつて『帝国の凶刃』と呼ばれた彼女は、ルクスを慕い世話を焼こうとしつつ、新王国の滅亡と帝国の再興を求め、学園に波紋を呼ぶ。そして、ついに王都で始まった校外対抗戦――全竜戦で新たな強敵も現れる一方、反乱軍による『帝都奪還計画』を阻止すべく、ルクスは執…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫6 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫6
「俺は『七竜騎聖』の副隊長として、新王国最強の男を引き入れる――」 ヴァンハイム公国で行われる階層昇格試験の参加を目前にし、意気込む王立士官学校の少女たち。穏やかな日常と騒動の中、『蒼の暴君』こと『七竜騎聖』シングレンが現れ、ルクスを自らの覇道へ誘う。一方、公国の『遺跡都市』で行われる昇格試験の陰で、『竜匪賊』と呼ばれる勢力が暗躍し、少女たちは遺跡の闇へと囚われてしまう。閉ざ…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫7 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫7
「ときにお嬢様。彼との関係は?」 「順調に恋人としての仲を深めていると言って過言ではない状況ね」 緊急の呼び出しに応じ、ユミル教国へ向かうクルルシファーとルクス。 婚約者と誤解されつつ戸惑う中、エインフォルク家に紹介されたルクスは、ユミルの大祭『巡礼祭』にて教皇の護衛を依頼される。 同行するユミルの『七竜騎聖』、メル・ギザルトがクルルシファーに対抗し、ルクスの奪い合いにまで発…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫8 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫8
「わ、私は一体どうしてしまったのでしょうか……? ルクスを見ているだけで、この気持ちは――」 対話を求め現れた旧時代の皇族、『創造主』。『七竜騎聖』とともに対峙した世界会議の場で、ルクスは兄フギルとの邂逅を果たし、恐るべき世界滅亡の危機を知る。 そして、ついに始まった校内最大の催し物――学園祭。 なじみの少女たちと触れあい、つかの間のお祭り騒ぎを楽しむルクス。 一方、気の緩みを父に…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫9 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫9
「私は兄さんのこと、取られたくないって思ってるんでしょうか……?」 学園祭と死闘を終え、束の間の穏やかな日常を過ごすルクスたち。 ルクスへの気持ちに戸惑うアイリは、初めて装甲機竜の訓練に挑む!! 一方、学園の校医から恋のアドバイスを受けたリーシャ。ルクスの欲求を満たすための極意とは? 悩み多き学園最強のセリスは、自分の至らぬ点を学ぶため、頼れるルクスと訓練をすることに……。 クル…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫10 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫10
「フィーちゃん。パーティでは、その……僕のお嫁さん役、だからね」 世界連合の裏切り者を特定するためルクスとフィルフィは、新婚旅行に扮してヘイブルグ共和国に潜入。 かつての旧帝国を思わせる情勢の中、苦戦の末に全ての元凶たる『鋼の魔女』ローザを打ち破ったかに思えたが、その結末は……。 更に時を同じくして、世界を支配せんとする真の悪略が、新王国第一遺跡『塔』を舞台に動き始める。 謎に包ま…
最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫11
「ルクス君は僕が守るから平気だよ」 遺跡『塔』攻略に成功し、学園で束の間の休息を送っていたある日、『補佐官交換』の名目で、学園にコーラルがやってくる。 年末に向けて少女たちがルクスへのアプローチを牽制し合う中、夜架はルクスの護衛係を巡って、コーラルと勝負する!? 一方、ラフィ女王より与えられた密命により、リーシャたちと第六遺跡『箱庭』を訪れるが、そこにはルクスを狙うシングレンの…
    最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫12 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫12 シリーズ累計100万部突破
聖夜祭でにぎわう学園に…… 世界の裏切り者、襲来!!
「――これは独り言。私は裏切り者の一族と話す口は持ってない」 ソフィスの離反により遺跡攻略が佳境を迎える中、学園は七日後に迫る聖夜祭の準備に盛り上がっていた。 束の間の待機を余儀なくされた日常で、少女達との絆を深めるルクス。
一方、『七竜騎聖』隊長マギアルカは罠を仕掛け、アイリを奪取せんと学園に現れたソフィスを捕縛する。 ルクスは、聖夜祭までにソフィスを説得する猶予を与えられるが――。 少女を見張る看守生活に戸惑いつつ、頑ななソフィスに歩み寄るルクスだが、同時に残された遺跡『月』に現れた、不穏なる影が策動する!
王道と覇道が交錯する“最強”の学園ファンタジーバトル第12弾!!
    最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫13 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫13
シリーズ累計100万部突破! 裏切りのルクス!? 『七竜騎聖』崩壊……。 『大聖域』をめぐる最終決戦が始まる!!  ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
    最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫14 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫14
「僕に抑えきれるのか、あの男を」 激闘の余韻も冷めやらぬ中、ルクスたちは砦で束の間の休息を取る。 決戦前の宴を戦友たちと過ごす傍ら、ルクスは五年前の革命の記憶と異なる、過去の夢を見ていた。 そして、各陣営の策謀が入り混じる中、ついに『大聖域』の深層階が出現! 『創造主』と世界連合それぞれの部隊は『大聖域』入手の試練へと挑みつつ、激しい戦いの火花を散らす!! 宿敵シングレンと共闘し…
    最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫15 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫15 新章『新王国編』スタート
ルクスは誰と結ばれる!?
“最強”ファンタジーバトル激闘の第15弾!!
「――僕は、あなたが好きです」 世界連合とともに『大聖域』を巡る最終決戦に勝利したルクスが新王国へ戻り、早二週間が経っていた。 勝ち取った平穏に浸る学園生活の日常に、新たな闘争が幕を開ける!? 少女たちの『協定』が終わりを迎え、ルクスをモノにせんと機会を窺う『騎士団』のメンバーたち。 催された王都の戦勝パレードの最中、ルクスは封じ込めていた恋心を自覚し、ついに告白へと至るが――。 享受される平和の数日間でルクスが目にした策動と事件は、五年前も繰り返されていた空白の記憶を呼び覚まし、驚愕の現実へと導かれる!
王道と覇道が交錯する“最強”の学園ファンタジーバトル、第15弾!! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
    最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫16 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫16 「彼が、『黒き英雄』……? 私が憧れ、信じていた。本物の――」 ルクスは、繰り返される三日間のパレードを打ち破るべく、『騎士団』の少女たちとともに世界改変の謎を探り、ついにその黒幕へと迫る。 だが、待ち受けていたのは更なる絶望という名の真実だった。 新王国を敵に回し、孤独な戦いへ身を投じるか迷うルクスの元へ『キルゾレイク・ファミリー』と名乗る異国のマフィアが訪れ、世界改変を破るための共闘を申し込まれる。 仲介役の少年アルマとともに、囚われのエーリルを奪還しようと遺跡『箱庭』へ赴くが、ルクスたちを待ち受けていた漆黒の機竜使いが、過去の因縁とともに再臨する! 王道と覇道が交錯する“最強”の学園ファンタジーバトル、第16弾!! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
    最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫17 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫17 ルクスv.s.『騎士団』勃発!!
“最強の敵”ラフィ女王を止めるため、ルクスは中の少女たちと決別する!?
「安心してください。兄さんは――妹の私が守ってみせますから」 平和の裏で『大聖域』を操り、支配を目論むラフィ女王の陰謀を止めるため、『蒼穹師団』の指導者となったルクスは、その正体を皆に隠し、『新王国崩し』を開始する!! 表向きは気心の知れた『騎士団』の少女たちに癒される日々を過ごす裏で、ルクスは夜架やエーリル、アルマらを指揮し、『大聖域』が隠された地と、『聖蝕』の秘密に切り込んでいく。 対するラフィは、仲間である『騎士団』の精鋭を差し向け、幾重にもルクスを絡めとる策を打ち、ついに恐るべきその本領を現す!
王道と覇道が交錯する“最強”の学園ファンタジーバトル、第17弾!!
※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
    最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫18 最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫18 始まりの日をなぞる、ルクスとリーシャの戦いは、思わぬ決着を迎える……。
「――リーシャ様、愛しています。あなたのことを」 『聖蝕』こと、ラフィによる世界崩壊の足音が間近に迫る中、記憶を失っていたかつての仲間たちは、ルクスという道標の下へ集い、極限の死闘が『古代の森』で展開される。 一方、世界改変の呪縛に囚われたリーシャは、『蒼穹師団』の首領がルクスである現実を受け入れられず、義母ラフィと新王国を守るために剣を取る。始まりの日をなぞる二人の決闘は、思わぬ決着を迎える……。 敗北の窮地に立たされたルクスは、偽っていた自分の本当に気持ちに気づき、少女のために再び剣を取る!! 王道と覇道が交錯する“最強”の学園ファンタジーバトル、第18弾!!
※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください  
            同様の まんが / その他関連 マンガ : (一般小説)[明月千里]最弱無敗の神装機竜《バハムート》 (一般コミック)[明月千里×唯浦史] 最弱無敗の神装機竜《バハムート》第01-38話 (一般コミック)[明月千里×唯浦史] 最弱無敗の神装機竜《バハムート》第01-10巻 明月千里
                  ダウンロード / トレント / DOWNLOAD :
▉ DL : 「n」最弱無敗の神装機竜≪バハムート≫ 第01-12巻 Saijaku Muhai no Bahamut「小説 ZiP-DL.com」n.zip
0 notes
holycatfriend · 7 months ago
Photo
Tumblr media
メシアダビデ(דוד‎ Dāwīḏ) と神獣(ゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat))の聖なる戦いを演ずる物語 守護神の神獣(ゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat)) 神であるヤハウェを嘲った者の守護神
瑞獣はあくまで「めでたい動物」という意味なので、伝説上の動物でなくてもかまわない。中国の吉祥獣は書道や絵、彫刻の中でよく見られる。
麒麟がくる 脚本 池端俊策 『麒麟がくる』(きりんがくる)は2020年(令和2年)1月19日[1]から放送されているNHK大河ドラマ第59作[2]。
麒麟 仁の心を持つ君主が生まれると姿を現す一角の霊獣。角は肉に包まれ、いかなる生命をも傷つけない。麒麟から諸獣が生まれたとする。
サウル王治下のイスラエル王国の兵士と対峙し彼らの神であるヤハウェを嘲ったが、羊飼いの少年であったダビデが投石器から放った石を額に受けて昏倒し、自らの剣で首を刎ねられ絶命した。この故事にちなんで、弱小な者が強大な者を打ち負かす番狂わせの喩えを「ジャイアント・キリング」と呼ぶ。
ヤハウェ(ヘブライ語: יהוה‎、フェニキア語: 𐤉𐤄𐤅𐤄、古アラム語(英語版): 𐡉𐡄𐡅𐡄)は旧約聖書および新約聖書における唯一神の名である。
この名はヘブライ語の4つの子音文字で構成され、神聖四文字、テトラグラマトンと呼ばれる。神聖四文字とこれを「アドナイ」(わが主)と読み替えるための母音記号とを組み合わせた字訳に基づいて「Jehovah」[注 2]とも転写され、日本語ではエホヴァ、エホバ(文語訳聖書ではヱホバ)とも表記される。遅くとも14世紀には「Jehova原文ママ」という表記が使われ、16世紀には多くの著述家が Jehovah の綴りを用いている[2]。近代の研究によって復元された原音に基づいて、これを「Yahweh(ヤハウェ)」と読むのが主流となっている[3]。ユダヤ、エレミヤ、ヨシュア等の固有名詞に保存されたヘブライ語の音に基づくと「Yahuah(ヤフア)」と読める。
本項に示す通り、この神を指す様々な表現が存在するが、特に意図がある場合を除き、本項での表記は努めてヤハウェに統一する。また本項では、ヤハウェを表す他の語についても述べる。
「アッラーフ」および「アブラハムの宗教」も参照
瑞獣 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動
麒麟の石彫(明時代)
九尾狐(『山海経』より) 瑞獣(ずいじゅう)とは、古代中国でこの世の動物達の長だと考えられた特別な4つの霊獣に代表される、瑞兆として姿を現すとされる何らかの特異な特徴を持つ動物のこと。
目次 1 概説 2 四霊を含む架空の瑞獣たち 3 中国の瑞獣 4 脚注 5 関連項目 概説 この世には魚のように鱗を持つ鱗虫[1]、鳥のように羽を持つ羽虫、獣類のように毛をもつ毛虫、甲殻類のように固い殻や甲羅をもつ甲虫がそれぞれ360種類いるとされたが、これらそれぞれの軍団の長が前述の瑞獣である。
優れた王者の時代に出現するとされ、さらには王者の裁判が公正に行われる時代に出現する特別な瑞獣もいるといわれる。
またアルビノの動物を瑞獣・瑞鳥とみなし、白い雀や白い鹿などが献上されたのを記念して元号を変える例がよく見られる。
四霊を含む架空の瑞獣たち 鳳凰 徳の高い王者による平安な治世か、優れた知性を持つ人が生まれると姿を現す五色の霊鳥。 鸞 平安な治世に姿をあらわす鳳凰とよく似た姿の青色っぽい羽を持つ霊鳥。鳳凰から生まれ、鸞鳥から諸鳥が生まれたとする。 麒麟 仁の心を持つ君主が生まれると姿を現す一角の霊獣。角は肉に包まれ、いかなる生命をも傷つけない。麒麟から諸獣が生まれたとする。 竜 角は鹿、頭は駱駝、眼は兎、胴体は蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似ていて、口辺に長髯をたくわえ、喉下には一尺四方の逆鱗があり、顎下に宝珠を持つと言われる神獣・霊獣。中国では皇帝のシンボルとして扱われた。 霊亀 治水の才を持つ人(帝王)が生まれると姿を現す亀。甲羅に水脈が刻まれており治水を助ける。蛇と対で描かれ、水神の象徴。 獬豸 優れた裁判官が生まれると姿を現す一角の羊。人の善悪を理解し悪人を角で突く。 九尾の狐 漢王室の守り神とされた霊獣。ただし徳のない君主の場合、革命を促すので凶獣でもある。 中国の瑞獣 瑞獣といえば、中国では一般に四神(四大聖獣)のことを指す。
瑞獣の「瑞」の字は中国では「吉祥」、「めでたい」という意味を表し、瑞獣は吉祥獣と呼ばれることもある。また、四霊に位置づけられる応竜、鳳凰、麒麟、霊亀を四大瑞獣と呼ぶ場合がある。
瑞獣はあくまで「めでたい動物」という意味なので、伝説上の動物でなくてもかまわない。中国の吉祥獣は書道や絵、彫刻の中でよく見られる。
「ダビデ(דוד‎ Dāwīḏ) とゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat)」 ダビデ(דוד‎ Dāwīḏ) の信仰と守護神の神獣(ゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat)) 広岡達郎と猛虎阪神タイガースの の日本シリーズでの対決における謎のダビデ(דוד‎ Dāwīḏ)の敗戦 織田信長(ダビデ(דוד‎ Dāwīḏ))と明智光秀(麒麟 守護神の神獣(ゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat))の謎のダビデ(דוד‎ Dāwīḏ)の敗戦
麒麟がくる 脚本 池端俊策 『麒麟がくる』(きりんがくる)は2020年(令和2年)1月19日[1]から放送されているNHK大河ドラマ第59作[2]。 広島県立呉三津田高等学校を経て[4][2]、1970年、明治大学政治経済学部卒業[5]。高校時代から演劇部に入り、脚本作りに熱中していた[6]。大学在学中からシナリオ作家協会主催の「シナリオ研究所」(現在の「シナリオ講座」)に通い、卒業後は竜の子プロダクションに半年勤務。その後は営業職など職を転々とし、今村昌平の脚本助手となり、今村監督の映画『復讐するは我にあり』(1979年、松竹/今村プロ)、『楢山節考』(1983年、東映/今村プロ)の第1稿を手がけた。
1984年、テレビドラマ脚本『私を深く埋めて』(TBS)『羽田浦地図』(NHK)『危険な年ごろ』(読売テレビ)の三作品で向田邦子賞、芸術選奨文部大臣新人賞を受賞し脚光を浴びる。
1991年、第29作目の大河ドラマ『太平記』の脚本を手がける。
2009年春に『帽子』(NHK広島)で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、同年秋には紫綬褒章を受章。
2017年、『夏目漱石の妻』(NHK)で放送人グランプリ2017のグランプリを受賞。同年、旭日小綬章を受章[5]。
2020年、自身2作目となる大河ドラマ『麒麟がくる』の脚本を手がける。
映画『復讐するは我にあり』『楢山節考』以来の仲である緒形拳の出演作を、『羽田浦地図』『百年の男』『帽子』(以上、NHK)など多数執筆。初監督映画『あつもの』でも、緒形が主演している。2009年2月に、2008年に死去した緒形を追悼するドキュメンタリー番組『俳優〜脚本家・池端俊策が見つめた緒形拳〜』(NHK)が放送された。
ビートたけしの主演作も、『昭和四十六年 大久保清の犯罪』『イエスの方舟』『あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機』(以上、TBS)などを発表している。また、1990年の『忠臣蔵』では、両主演という形で、緒形拳(大野九郎兵衛役)、ビートたけし(大石内蔵助役)が共演した。
演出家の鶴橋康夫とのコンビは長く、『仮の宿なるを』『魔性』『危険な年ごろ』『風の棲む家』(以上、読売テレビ)などの作品がある。TBSプロデューサーの八木康夫との仕事も、『昭和四十六年 大久保清の犯罪』『協奏曲』『烏鯉』など多数。
日本放送作家協会会員。日本脚本家連盟会員。日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム代表理事[7]。向田邦子賞選考委員。また、日本映画学校に於いて多数の後進の育成に努める。
早坂暁 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動 早坂 暁 誕生 富田 祥資(とみた よしすけ) 1929年8月11日 愛媛県温泉郡北条町(現松山市) 死没 2017年12月16日(88歳没) 東京都 職業 小説家、脚本家 言語 日本語 国籍 日本の旗 日本 教育 学士 最終学歴 日本大学芸術学部演劇学科 活動期間 - 2017年 ジャンル 脚本、 小説、随筆、戯曲、演出 代表作 『天下御免』 『夢千代日記』 『花へんろ』 公式サイト 公式ウェブサイト テンプレートを表示 早坂 暁(はやさか あきら、1929年8月11日 - 2017年12月16日[1])は、日本の脚本家、小説家。
本名、富田 祥資(とみた よしすけ)。
愛媛県温泉郡北条町(現松山市)生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。
人物・略歴 遍路道の商家で生まれ育ち、幼少の頃からお遍路さんに接した。旧制松山中学校(現在の愛媛県立松山東高等学校)を経て、海軍兵学校在学中に終戦。被爆直後の広島の惨状を目撃している。旧制松山高等学校(現在の愛媛大学文理学部の構成母体)卒業後、東京大学医学部に合格するも、医業に疑問を持ち入学せず[2][3]、日本大学芸術学部演劇学科に進学し同校卒業。
新聞社編集長を経て、いけばな評論家として活躍。日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』には、放送作家として多くの作品に関わる。 その後テレビドラマや映画の脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線で独自の作風を築く。ドキュメンタリーや舞台戯曲、演出も手がけ、その総数は1000本以上ともいわれる。
代表作は『天下御免』『夢千代日記』『花へんろ』[4]『ダウンタウン・ヒーローズ』『華日記・昭和生け花戦国史』『戦艦大和日記』など。必殺シリーズでは脚本をはじめ、オープニングナレーションも多数手掛けている。『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリとなっており、既存の必殺シリーズとは一線を画した内容で評価が高い。
生家が遍路みちに面した大きな商家で、幼少より遍路に接してきたこと、また、遍路に置き去りにされ、生家が引き取って「妹」として育った少女が、広島で原爆に遭い死亡したと思われる(8月5日に広島に行ったまま行方不明)ことなどから、遍路(四国八十八カ所)や原爆に関する作品や論評、活動も多く、胎内被爆者が主人公の『夢千代日記』[5]や生家をモデルにした『花へんろ』につながっている。
勉誠出版から『早坂暁コレクション』を刊行。初の単行本化となる長編小説『戦艦大和日記』や主なシナリオ作品を収録する。
2017年12月16日、都内の外出先で体調を崩し搬送、運ばれた東京都内の病院で同日14時、腹部大動脈瘤破裂のため死去。88歳没[6][7]。
「これだけは未来のために書き残したい」として「春子の人形」の脚本執筆を開始したが未完成だったものを冨川元文が仕上げ、その第1稿が完成した2日後に早坂は急逝し『花へんろ 特別編 「春子の人形」』が、2018年夏に放送された[8][9][10]。
戦後の日本を代表する脚本家、小説家である。
渥美清との交流 大学時代に学生運動にかかわり公安当局からマークされ浅草に潜伏中、銭湯で渥美清と知り合い、何度もプライベート旅行に行くなど親友となった。渥美の死後発見された晩年の手帳の最後のページには「……家族で旅行に行こう。ギョウさん(早坂暁の暁を音読みしたもの)も一緒に……」と綴ってあった。
2006年に放送された「渥美清の肖像〜知られざる役者人生〜」によると、早坂は渥美が大変才能のある役者であるにもかかわらず、「寅さん」以外の役をほとんど演じられなかったことを危惧し、また渥美本人の希望もあって渥美主演の作品を数作企画・用意していた。クランクイン寸前の作品もあったが「寅さん」のイメージに縛られるなど、諸々の事情により実現しなかった。しかし、渥美には、初期のテレビドラマ「泣いてたまるか」や、「土曜ワイド劇場」の第1回作品の「田舎刑事」シリーズなどの脚本を書いており、いずれも「寅さん」ではない渥美の魅力が引き出された名作となっている。
1996年8月13日に松竹大船撮影所で開かれた「寅さんとのお別れの会」では弔辞を読んでいる。
関ヶ原 (テレビドラマ) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動 関ヶ原 ジャンル テレビドラマ(時代劇) 原作 司馬遼太郎 脚本 早坂暁 演出 高橋一郎・鴨下信一 他 出演者 森繁久彌 加藤剛 三國連太郎 三浦友和 藤岡弘 辰巳柳太郎 竹脇無我 高橋幸治 川津祐介 国広富之 丹波哲郎 三船敏郎 宇野重吉 杉村春子 松坂慶子 沢村貞子 京塚昌子 栗原小巻 三田佳子 ナレーター 石坂浩二 オープニング 山本直純 製作 製作総指揮 大山勝美 制作 TBS 放送 放送国・地域 日本の旗 日本 初回放送版 放送期間 1981年1月2日‐1月4日 放送時間 金曜21:05 - 22:55 土曜21:05 - 22:55 日曜21:05 - 23:55 放送分 110分+110分+170分 回数 全3 分割放送版 放送期間 1981年10月11日 - 同年11月29日 放送時間 日曜20:00 - 20:55 放送枠 TBS日曜8時枠の連続ドラマ 放送分 55分 回数 7 テンプレートを表示 『関ヶ原』(せきがはら)は、東京放送創立30周年記念番組として司馬遼太郎の小説『関ヶ原』を原作に、TBS系にて1981年1月2日から1月4日まで3夜連続で放映された大型時代劇。
石田三成と徳川家康を主人公に、豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の合戦に至るまでの過程を壮大なスケールで描く。
このドラマの最大の特徴は、それまで「家康に無謀な戦いを挑んだ愚か者」もしくは「太閤亡き後の実権を握ろうとした奸臣」として描かれがちだった三成を、司馬の原作に即した「豊臣家への忠義に熱い正義の人」として主人公に据えた点にある。このドラマの放映前にもNHK大河ドラマ『黄金の日日』などのように三成を悪役として描かないドラマはあったが、それらは全て三成が脇役として描かれるのみであり、本格的に三成を主人公に据えて描いたのはこのドラマがはじめてである。ただし、一方的に美化するのではなく、融通のきかない性格から敵を増やし破滅していく過程を客観的に描く視点は、原作に忠実である。逆に、家康に関しては司馬の原作と異なり、原作のように「陰謀家の狸オヤジ」という描き方はせず[1]、関ヶ原の戦いの後に豊臣家の忠臣としての三成に敬意を表して涙するといった、懐の大きい人物として描いている。
スタッフ 原作 - 司馬遼太郎 脚本 - 早坂暁 演出 - 高橋一郎・鴨下信一 プロデューサー - 大山勝美 音楽 - 山本直純 テーマ演奏 - ニニ・ロッソ 演奏 - オズムジカ 古楽器演奏 - コレギウム・ミカエルム 殺陣 - 國井正廣 美術監修 - 高津年晴 能 - 観世栄夫、銕仙会 振付 - 杉昌郎、花柳糸之 ロケ協力 - 原町市役所商工観光課、相馬野馬追執行委員会 製作著作 – TBS
神獣 (年号) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動 神獣(しんじゅう)は、南北朝時代の北魏で大趙政権を樹立した万俟醜奴が建てた私元号。528年 – 530年。
殿頂装飾
太和殿殿頂神獣排列図 太和殿殿頂両端の鴟吻(しふん)は、故宮における最大の鴟吻である。鴟吻は13枚の琉璃で構成され、重量は4.3トン、高田340ミリメートル、幅268ミリメートル、厚32ミリメートルとなっている。
太和殿垂脊下部には仙人神獣が設けられている。鳳の乗った仙人以外、竜・鳳・獅子・天馬・海馬・狻猊・狎魚・獬豸・斗牛・行什の10体の神獣が設置されているこれは装飾以外に国家国民の安泰を願うものである。 紫禁城(しきんじょう、簡体字: 紫禁城、拼音: Zǐjìnchéng、満州語:ᡩᠠᠪᡣᡡᠷᡞ ᡩᠣᠷᡤᡞ ᡥᠣᠳᠣᠨ、転写:dabkūri dorgi hoton)または故宮(こきゅう、簡体字: 故宫、拼音: Gùgōng)は、中華人民共和国北京市に所在する明清朝の旧王宮である歴史的建造物。「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」の一つとしてユネスコの世界遺産(文化遺産)となっている。面積は 725,000m2 あり、世界最大の木造建築群である。別称の故宮とは「古い宮殿、昔の宮殿」という意味で、現在は博物館(故宮博物院)になっている。
歴史
黄昏の太和殿 元(モンゴル帝国)のクビライが大都に建設した宮殿を明の成祖永楽帝が1406年から改築し、1421年に南京から北京へ都を遷してから、清朝滅亡まで宮殿として使われた。
1644年の李自成の乱で明代の紫禁城は焼失したが、李自成の立てた順朝を滅ぼし北京に入城した清朝により再建され、清朝の皇宮として皇帝とその一族が居住するとともに政治の舞台となった。義和団の乱では皇帝とその一族が西安に逃亡し、イギリス・フランス・オーストリア=ハンガリー帝国・ドイツ・イタリア・日本・ロシア・アメリカによる八カ国連合軍に占領された[1]。
1908年12月に、西太后が光緒帝の後継者として愛新覚羅溥儀を指名したことにより、溥儀はわずか2歳10か月で皇帝に即位させられ、清朝の第12代宣統帝かつ紫禁城に居を構える最後の皇帝となった。
1911年10月に辛亥革命が起き、袁世凱の求めを受けて1912年2月に溥儀は退位したが、中華民国臨時政府の「優待条件」として溥儀とその一族は、紫禁城の内廷での居住を許された。
しかし、1924年10月の馮玉祥による北京政変の際、11月5日を以って溥儀を初めとする皇族への紫禁城退去が通告され、その後は故宮と呼ばれルーヴル美術館などの例に倣い1925年10月10日に博物館として組織された。1949年に、中国共産党の指導者の毛沢東は城門の一つである天安門で中華人民共和国の建国を宣言した。
1961年に、中国国務院より国家重要文化財、1987年にユネスコより世界遺産に認定された。現在は建物自体も明と清の歴史を伝える故宮博物院の文物の一つとして一般開放されている。
聖なる猫の友達だよ。
日本においても他の国家と同様にその歴史上にある捻じ曲げられた歴史的事実があります。その最重要な危険な歴史観が織田信長が天下を取ることを目指した天下人(日本のルーラー)であり、その志半ばで無念の死を迎えたとする天下を争った歴史的人物だという認識です。その日本の思想教育が全く間違いであり、織田信長の死後に行われた天下人(日本のルーラー)を巡る殺し合いが織田信長の戦士達によるその後継者を巡る殺し合いとされました。その中で豊臣秀吉により織田信長が作り上げた戦士達がほぼ殲滅された悲しい世界が日本にあった。「豊洲会議」という茶番劇が逸話としてありますがそのあまりの低俗内容に織田信長の後継者争いとは全く違う神聖喜劇を観ました。私はその後の豊臣秀吉から徳川家康へそして明治新政府の英雄から現在の政治家の英雄と豪傑と決定的な違いを生む日本の歴史の流れを観ました。その時に聖人としての聖なる織田信長の聖なる伝説があるのだということが聖なる日本において最需要の聖なる認識であると考えました。神聖なる歴史の聖なる回復として神聖喜劇が最も必要とされる理由だと考えたのです。仏教の否定としての末法思想が広まった時にその「世も末」の時に日本の歴史史上に突如現れたその末法思想の殲滅を行った聖人の織田信長と彼の作り上げた聖なる戦士達という聖なる聖戦があの時にあった。私は聖なる聖戦の聖人伝説の聖なる復活が今最も必要だという聖なる認識に至りました。聖人の織田信長の聖なる死は聖なる世界への聖なる殉教であった。彼の作り上げた聖なる戦士達の聖なる死も聖なる殉教であった。彼は真善美への殉教者であり、最高善の信仰への聖なる殉教者であった。聖人の織田信長の聖なる殉教は神聖悲劇である。この神聖悲劇は聖人の織田信長と彼の作り上げた聖なる戦士達の聖なる聖戦の聖人伝説であります。
Holy cat friend.
In Japan as well as in other nations, there are twisted historical facts in its history. Recognizing that the most important and dangerous view of history is Oda Nobunaga's aim to take the world (ruler of Japan), and the historical person who fought against the world that he had died in the midst of his will. Is. The ideological education in Japan was completely wrong, and the killing of Oda Nobunaga's warriors and their successors was said to have been carried out after the death of Oda Nobunaga. There was a sad world in Japan where warriors created by Nobunaga Oda by Hideyoshi Toyotomi were almost destroyed. There is an anecdote of the tea ceremony drama called 'Toyosu Conference', but I saw a sacred comedy completely different from the battle for the successor of Nobunaga Oda because of that vulgar content. After that, I saw the flow of Japanese history that made a definite difference from Hideyoshi Toyotomi to Ieyasu Tokugawa and from the heroes of the new Meiji government to the heroes of today's politicians and the great masters. At that time, I thought that the holy legend of Nobunaga Oda as a saint was the most sacred recognition in holy Japan. I thought that sacred comedy was the most needed reason for the sacred restoration of sacred history. The holy war of saints Nobunaga Oda and his holy warriors who destroyed the end-of-life thought that suddenly appeared in the history of Japan at the time of 'the end of the world' when the end-of-law thought as the denial of Buddhism spread It was at that time. I have come to the sacred realization that the sacred resurrection of the saint legend of the Holy War is the most necessary right now. The sacred death of Nobunaga Oda, the saint, was a sacred martyrdom to the sacred world. The holy death of the holy warriors he created was also holy martyrdom. He was a martyr to true beauty and a sacred martyr to the faith of supreme goodness. The sacred martyrdom of the saint Nobunaga Oda is a sacred tragedy. This sacred tragedy is the saint legend of the holy war of the saint Nobunaga Oda and his holy warriors.
聖なる猫の友達だよ。 殺し合いの権力ダッシュ。成熟した民主主義。 殺しと侮り。殺していいと侮る。 末法思想殲滅のBITCH殺戮の聖人の織田信長と聖なる戦士達。 聖性とイマーゴに唾を吐き冒涜するBITCHがいる。 人間性の冒涜であるBITCH殺戮の聖性 そして殉教とは聖人の死によって成立する聖人伝。 そして殉教とは聖人の織田信長と聖なる戦士達の悲惨な死によって成立する聖人伝。 織田聖伝説 そして殉教とは聖人の悲惨な性的虐待と処刑によって成立する聖人伝。 聖人ジャンヌダルクの聖伝説 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」 映画「風の谷のナウシカ」の聖人のナウシカの奇跡の物語 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. There is BITCH that spits on holiness and imago and blasphemy. BITCH slaughter sacredness that is a blasphemy of humanity And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the tragic death of saint Nobunaga Oda and sacred warriors. Oda Saint Legend And martyrdom is the saint's biography established by the miserable sexual abuse and execution of the saint. Saint Jeanne d'Arc legend 'If I am not blessed, God will give it. If I am blessed, God will leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.” The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind' 'If I am not blessed, God may give it. If I am blessed, God may leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.”
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the death of the saint Nobunaga Oda and the sacred warriors. Oda Saint Legend The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind'
聖なる猫の友達だよ。本当は聖なる友達が欲しかったけど現実には無理だったよ。聖なる猫の誕生だよ。聖なる猫の友達だよ。
Holy cat friend. I really wanted a holy friend, but in reality it was impossible. Birth of a holy cat. Holy cat friend.
そしてコロナの時代がやってきました。この時代に自分の信頼できる聖なる方へ変わらぬ聖なる信頼と変わらぬ聖なる尊敬と変わらぬ聖なる愛をお伝えしたいのです。このコロナ時代は聖なる人間社会と聖なる人間性が問われる時代になったのではないでしょうか?聖なる人間性の否定の時代ではなく逆にこういう時こそ全く逆に聖なる人間性が問われる時代なのではないでしょうか?あばずれた時代のあべこべで済んだ時代の終末と聖なる黙示録の時代になったのではないでしょうか? 聖なる福音書のはじまりと地獄の聖なる黙示録のはじまりを告げています。 聖なるものと聖なるイマーゴを冒涜するものは永遠の地獄へ堕ちる。
And the age of corona has arrived. In this era, I would like to convey to my trustworthy holy one the same holy trust, my holy respect, and my holy love. Isn't this corona era a time when sacred human society and sacred humanity are being questioned? Isn't it not the age of denial of the sacred humanity, but conversely, is it the time when the sacred humanity is tested in the opposite way? Isn't it the time for the apocalypse and the holy apocalypse of the times that were out of order? It marks the beginning of the holy gospel and the beginning of the holy apocalypse in hell. Those who blaspheme sacred things and those who blaspheme Imago fall to eternal hell.
『焚書坑儒の始皇帝』 'Император Шошокен Конфуций' 'Emperor of Shoshoken Confucius' '분서 갱유의 진시황 ' “孔子皇帝” 
「冒涜について―アンチキリスト」
キリストと言われるものはIēsous Christos; Jesus Christもとは神に選ばれ,塗油を受けた者を意味するヘブライ語メシアのギリシア語訳です。ヘブライズムとヘレニズムの流れがありヘブライズムとしてのユダヤ一神教からヘレニズムとしてのキリスト教がナザレの死後にキリストの教えとして広まりその教会の教義としてキリスト教が誕生していきました。ヘーゲルは後世にキリスト教が世界性を持った歴史的過程を理性の狡知と言いましたが私はそれは違うと思います。やはりナザレのイエスの存在が聖なる行いが特別な何かがあったことを見ずしてただ世界性としてヘゲモニーを握ったからと言ってそのことだけで評価するのはメシアであるナザレのイエスのオマージュはあるがイマーゴを冒涜した姿勢であると思います。これは日本の聖なるアニメ映画を作る聖なる宮崎駿監督へのオマージュを表明しその絵コンテを研究しアニメ制作に利用したアニメーターが結局は聖なる宮崎駿へのオマージュが絵コンテのアニメーターとしての宮崎駿しか見ていない。そうではないのだ宮崎駿の聖なる凄さは決して絵コンテだけではなく演出家・脚本・監督としての聖なる総合監督でありその聖なる凄さへの聖なるオマージュをアニメーターだけで見てしまい聖なるイマーゴとしての聖なるものへの信仰として真善美への信仰と最高善の道理を至上命令とする最高善の信仰があるという最も大切な聖なるイマーゴを完全に冒涜した宮崎駿への解釈をやってのけるのです。聖なる宮崎駿の聖なるイマーゴは、それは言葉で言えば最高善への信仰と真善美への信仰と愛への信仰、最愛への信仰、隣人愛への信仰とそして罪を悔い改める者への人間愛としての聖なる愛の信仰があるのです。聖なるオマージュであるなら聖なるイマーゴも見なければなりません。聖なる宮崎駿監督への聖なるオマージュのないアニメ映画関係者が日本のアニメ界で冒涜を肯定するアニメを作り続けています。コミックにしても冒涜を煽りそれが凄いことだとする内容の作品を作り続けています。何故そこまで冒涜を推奨する作品を作り続けるのでしょう? アンチキリストの冒涜のついて―人間冒涜の歴史 私の知る限り日本の歴史史上で最大のアンチキリストの存在は織田信長に関することです。織田信長は日本の歴史至上で最も混乱した戦国時代と言われる最悪の末法思想が支配した仏教を冒涜した世界に突如に現れた奇跡的な存在でした。彼の逸話は歴史小説家の坂口安吾の二冊の小説である小編「織田信長」と長編「信長」に書かれています。坂口安吾は信長のことを日本国内での調査ではなく自ら語学を学びその当時に日本にいた海外からやってきた人たちの海外にある文献から信長のことを調査して作品を仕上げたと言われています。海外資料を見つけそういった調査を自ら真面目に行ったのは坂口安吾が最初の人だと言われています。その中で小編「織田信長」には池に住む龍の噂を聴いた信長が自ら裸になってその池に潜りそれを確かめた逸話が書かれています。織田信長は長編「信長」において「大うつけもの「OOUTUKEMONO」(中身が空っぽな男)」と周囲から評価されその理が理解されない存在として描かれている。この小説の最後は「桶狭間の戦い」であるがそこで勝利した信長軍の足軽連中は皆途方に暮れたと言われている。何故勝ったんだろうか理解できていない信長軍の足軽連中達の描き方が面白い。そして作品中に出てくる信長の従う最重要な戦士は「柴田権六」である。これはの死後に信長の妹である「お市の方」(OICHINOKATA)と共に後継者争いの名目で滅ぼされた柴田勝家のことである。彼は当初は敵として戦っていた敵方の武将であったが信長の聖なる姿勢への心服から彼に心底従った信長軍の最重要人物の戦士として描かれている。 坂口安吾は彼の独自研究に於いて自ら語学を治め海外文献を渉猟し独自に日本人として信長を研究した人物である。彼は学者であり小説家だった。そして聖なる歴史を探求していた。 ただこの日本人の海外文献の研究に対しての外国人の証言がその冒涜として利用されているのが現実である。 完全に日本人の研究を否定しその学者として又は日本の歴史学者としての価値を否定し冒涜したものが「フロイス日本史」と『信長公記』(しんちょうこうき)でありこの二つは信長の殉教を否定し冒涜する理由がある。 フロイスはポルトガル人でその後の日本における利権を独占するはずだった。 長崎出島「出島は幕府によって1634年(寛永11年)から1636年にかけてポルトガル人を管理する目的で建設された」 ただ当時の「近代世界システム」(イマニュエル・ウォーラーステイン)によると世界史の中で「ヘゲモニー国家」が生まれた。それが「オランダ」だった。だから当初はポルトガルだったがヘゲモニー国家としてオランダが日本に乗り込んできたのだ。ただポルトガルを継承したオランダは「フロイス日本史」を継承したので海外ではそれが正史とされているし日本では海外の評価として「フロイス日本史」を利用している。だがそれは日本の聖なる歴史を冒涜したものであり狂った冒涜歴史観を持っているのが日本人なのである。
'About Profanity-Antichrist'
The so-called Christ is Iēsous Christos; Jesus Christ is a Greek translation of the Hebrew Messiah, which means the person who was originally chosen by God and oiled. There is a flow of Hebrewism and Hellenism. From Jewish monotheism as Hebrewism, Christianity as Hellenism spread as the teaching of Christ after the death of Nazareth, and Christianity was born as the doctrine of the church. Hegel later called the historical process of Christianity world-wide as wisdom of reason, but I think that is not the case. The homage of Jesus of Nazareth, which is the Messiah, is evaluated only by saying that the existence of Jesus in Nazareth held the hegemony as a globality without seeing that the sacred deeds had something special. However, I think it is a blasphemous attitude. This is an homage to the sacred director Hayao Miyazaki who makes sacred Japanese animation movies, the animator who researched the storyboard and used it for animation production is the homage to the sacred Miyazaki Hayao Miyazaki only as an animator of the storyboard I haven't seen it. That's not the case. Hayao Miyazaki's holy awesomeness is not only a storyboard, but also a holy general director as a director, screenwriter, and director. As a belief in the sacred thing, there is a faith in true good beauty and a belief in the highest good that the highest reason is the highest order, and the interpretation of the most important sacred imago is Hayao Miyazaki. Sacred Miyazaki Hayao's holy imago, in words, is faith in the highest good and faith in true good beauty and faith in love, faith in beloved, faith in love for neighbors and human love for those who repent of sin. There is a holy love faith. If it's a sacred homage, you must also see a sacred imago. Anime film officials without sacred homage to the sacred director Hayao Miyazaki continue to create anime that affirm blasphemy in the Japanese animation world. Even in comics, I continue to create works with a blasphemy sensation and what it says is amazing. Why do you continue to make works that encourage blasphemy? On the Desecration of Antichrist-History of Desecration of Humans As far as I know, the biggest existence of Antichrist in Japanese history is about Nobunaga Oda. Nobunaga Oda was a miraculous figure that suddenly appeared in a world that blasphemed Buddhism ruled by the worst endocracy thought to be the most confused Sengoku period in Japanese history. His anecdote is written in two novels by historical novelist Ango Sakaguchi, 'Nobunaga Oda' and 'Nobunaga'. It is said that Ango Sakaguchi finished Nob Nagano's work by studying Nobunaga from literature overseas that was learned from people who were in Japan at the time, studying the language, rather than studying it in Japan. I will. It is said that Ango Sakaguchi was the first person to seriously conduct such surveys to find foreign materials. In the short story, 'Nobunaga Oda', there is an anecdote that Nobunaga, who heard the rumor of a dragon living in a pond, went naked into the pond and confirmed it. Nobunaga Oda is depicted in the feature film 'Nobunaga' as being 'Ou Tsukemono 'OOUTUKEMONO' (a man with empty contents)' and whose reason is not understood. At the end of this novel is the 'Battle between Okezama', but it is said that the Nobunaga army's Ashgaru troupe who won there was at a loss. It is interesting how to draw the Nogaraga army's Ashikaga guys who do not understand why they won. And the most important warrior that Nobunaga follows in the work is 'Gonroku Shibata'. This is Katsuie Shibata, who was destroyed after the death of Nobunaga's sister 'Oichinokata' (OICHINOKATA) in the name of fighting for a successor. He was originally an enemy warlord who was fighting as an enemy, but is depicted as the most important figure warrior of the Nobunaga Army who obediently followed him due to Nobunaga's sacred attitude. Ango Sakaguchi is the person who independently studied Nobunaga as a Japanese by his own research, governing the language himself, hunting foreign literature, and studying abroad. He was a scholar and a novelist. And he was searching for sacred history. However, it is the reality that the testimony of foreigners to this study of foreign literature by Japanese people is used as a profanity. The profession that completely denied Japanese research and denied its value as a scholar or as a Japanese historian was 'Freuss Japanese History' and 'Nobunaga Koki' (Shincho Koki), and these two are Nobunaga's martyrdom. There is a reason to deny and blasphemy. Frois was a Portuguese and was to monopolize his subsequent interests in Japan. Dejima Nagasaki 'Dejima was constructed by the Shogunate from 1634 (Kanei 11) to 1636 to manage the Portuguese.' However, according to the 'modern world system' (Imanuel Wallerstein) of that time, a 'hegemony nation' was born in world history. That was the Netherlands. Therefore, initially it was Portugal, but the Netherlands came into Japan as a hegemony nation. However, the Netherlands, which inherited Portugal, inherited 'Frois Japanese History', so it is regarded as a true history abroad, and in Japan, 'Flois Japanese History' is used as an overseas evaluation. However, it is a blasphemy of Japan's sacred history, and it is the Japanese who have a crazy view of blasphemy history.
私は名古屋に住み生活したことがあるがどうして名古屋の名称が織田家の「那古野城」と尾張徳川家の「名古屋城」になっているかどうしても理解できなかった。
「信長は、早くに信秀から那古野城を譲られ、城主となっている[注釈 11]。『信長公記』によれば、信長には奇天烈な行動が多く、周囲から大うつけと呼ばれたという[10]。なお、人質となっていた松平竹千代(後の徳川家康)と幼少期の頃に知り合っていたとも言われるが、可能性としては否定できないものの、そのことを裏付ける史料はない。」
信長公記 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動
信長公記/陽明文庫所蔵 『信長公記』(しんちょうこうき)とは戦国大名・織田信長の一代記。戦国時代から安土桃山時代にかけての史料。著者は信長旧臣の太田牛一。原本は江戸時代初期に成立した[1]。全16巻。 著者 太田牛一 幕府 織豊政権 主君 斯波義統、柴田勝家、織田信長、丹羽長秀、丹羽長重、豊臣秀吉、豊臣秀頼
米沢藩上杉氏旧蔵本である個人蔵十冊本の内題が「しんちやうき」なので「しんちょうき」と読まれていたと考えられている 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
信長の後継者を決める最重要会議「清須会議」にしても、信長ゆかりの清州を冒涜して付けられているとしか思えない。
Even the most important meeting, the Kiyosu Meeting, which decides the successor to Nobunaga, seems to have been blasphemous about Cheongju, which is related to Nobunaga.
だいたい清州とはどこなのか?
Where is Cheongju?
信長の生まれた「弾正忠家」は、尾張国の下四郡の守護代であった織田大和守家(清洲織田家)の家臣にして分家であり、清洲三奉行という家柄であった。
チョンジュ【清州】〔市〕 Ch’ǒngju 韓国,チュンチョンプク(忠清北)道の西部にある市。道庁所在地。 1949年市制。クム(錦)江の支流ムシム(無心)川の流れるチョンジュ盆地にあり,クム江流域の平野部と,ノリョン(蘆嶺)山脈,ソベク(小白)山脈との漸移地域に発達した。新羅時代に西原京がおかれ,高麗時代には清州牧となった。李氏朝鮮でも軍事,地方行政の要地で,08年チュンジュ(忠州)に代って道庁所在地となった。チュンブク(忠北)鉄道が通り,西方にキョンブ(京釜)高速道路のインターチェンジがある。農産物の集散や加工が行われる。 70年代に工業団地が造成され,繊維,機械,化学,食品などの工場が建設された。タバコの産出が多く,米,オオムギ,ジャガイモ,モモなども栽培される。弥勒七体仏のあるヨンファ(竜華)寺,道立公園のファヤン(華陽)洞などがある。面積 65km²。人口 49万 7429(1990推計)。 『ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版』 Britannica Japan Co., Ltd./ Encyclopaedia Britannica, Inc.
みろく【弥勒】 Maitreya 釈迦仏の次にこの世に現れ,仏となるとされる菩薩。慈氏と訳する。『弥勒下生経』などによると,弥勒菩薩は現在⇨兜率天(とそつてん)にあって説法しており,釈迦入滅後 56億 7000万年後に下生し,釈迦の説法に漏れた無数の衆生を救済するという。下生のときにはすでに釈迦仏の代りとなっているので菩薩ではなく仏となっており,そのために将来仏,当来仏とも呼ばれる。弥勒仏信仰は,インド,中国,日本で広まり,多くの像や来迎図がつくられたが,像容は菩薩形と如来形に大別される。遺品としては,京都広隆寺の木造『半跏思惟像』(飛鳥時代)が最も有名で,ほかに奈良当麻寺の『弥勒仏像』(白鳳時代),興福寺北円堂の運慶作木造如来形の『弥勒仏像』(鎌倉時代)などが知られる。(→メシア) 『ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版』 Britannica Japan Co., Ltd./ Encyclopaedia Britannica, Inc.
清州から【弥勒】Maitreyaが生まれ仏教の否定をする末法思想を殲滅し釈迦入滅後 56億 7000万年後に下生し,釈迦の説法に漏れた無数の衆生を救済するというメシアとして突如現れた人間だった。
信長はメシアだったのだ。
聖なる信長のメシアとしての存在が日本にあった。
Nobunaga was the Messiah.
There was a sacred Nobunaga messiah in Japan.
とそつてん【兜率天】 仏教の宇宙観にある天上界の一つ。欲界の六天(四王天,とう利天,夜摩天,兜率天,化楽天,他化自在天)のうちの第4にあたるところ。サンスクリット語では Tuṣitaといい,音写して都率(とそつ),都史多(とした)とし,上足,知足と訳す。ここには七宝でできた宮殿があり,そこには内院と外院とがある。前者には弥勒菩薩が住み,説法を行なっている。後者には天衆の遊楽の場所がある。ここでは寿命は 4000歳で,その1日は人間界の 400年に相当するという。また仏伝によると釈迦はここから降下して摩耶夫人の胎内に宿り,生誕したとされている。この天を絵画化したものに,大阪府の延命寺の『兜率天変相図(兜率天曼荼羅)』がある。 『ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版』 Britannica Japan Co., Ltd./ Encyclopaedia Britannica, Inc.
敦盛 (幸若舞) 1184年(元暦元年)(平家方の呼ぶ寿永2年)、治承・寿永の乱(源平合戦)の一戦である須磨の浦における「一ノ谷の戦い」で、平家軍は源氏軍に押されて敗走をはじめる。 平清盛の甥で平経盛の子、若き笛の名手でもあった平敦盛は、退却の際に愛用の漢竹の横笛(青葉の笛・小枝)を持ち出し忘れ、これを取りに戻ったため退却船に乗り遅れてしまう。敦盛は出船しはじめた退却船を目指し渚に馬を飛ばす。退却船も気付いて岸へ船を戻そうとするが逆風で思うように船体を寄せられない。敦盛自身も荒れた波しぶきに手こずり馬を上手く捌けずにいた
織田信長と『敦盛』 直実が出家して世をはかなむ中段後半の一節に、
思へばこの世は常の住み家にあらず 草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし 金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる 南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり 人間五十年、化天[1][2]のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ
菩提の種(読み)ぼだいのたね の 種(たね)ぼだい菩提 精選版 日本国語大辞典の解説
さとりを開く機縁。仏果を得るに至る動機。 ※栄花(1028‐92頃)うたがひ「百千万劫のぼだいのたね、八十三年の功徳の林」
織田信長とは何か?彼は菩提の種でありさとりを開く機縁。仏果を得るに至る動機を持つメシアだった。 What is Oda Nobunaga? He is a bodhi seed and has an opportunity to open a basket. It was a messiah who had the motive to get Buddhist fruits.
【人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか】
という詞章があり、織田信長がこの節を特に好んで演じたと伝えられている。 「人間(じんかん、又は、にんげん)五十年」は、人の世の意。 「化天」は、六欲天の第五位の世化楽天で、一昼夜は人間界の800年にあたり、化天住人の定命は8,000歳とされる。「下天」は、六欲天の最下位の世で、一昼夜は人間界の50年に当たり、住人の定命は500歳とされる。信長は16世紀の人物なので、「人間」を「人の世」の意味で使っていた。「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」は、「人の世の50年の歳月は下天の一日にしかあたらない、夢幻のようなものだ」という意味になる。現代において、「(当時の平均寿命から)人の一生は五十年に過ぎない」という意味としばしば誤って説明される場合があるが、この一節は天界を比較対象とすることで人の世の時の流れの儚さについて説明しているだけで、人の一生が五十年と言っているわけではない。 特に、桶狭間の戦い前夜、今川義元軍の尾張侵攻を聞き、清洲城の信長は、まず『敦盛』のこの一節を謡い舞い、陣貝を吹かせた上で具足を着け、立ったまま湯漬を食したあと甲冑を着けて出陣したという『信長公記』の伝記がある。
これは人間とは天下を取る夢を追う旅人であるという夢追い人という信長像ではなく滅せぬものはないという殉教として生きる覚悟を示したものである。
This is not a figure of Nobunaga, a dream chaser that humans are travelers who pursue dreams of taking the whole world, but a determination to live as a martyrdom that there is nothing that cannot be destroyed.
信長の殉教への覚悟を示し好んで舞った『敦盛』だった。「本能寺の変」の死を前にして名誉ある聖なる殉教者となる時に涙を流して悔やむはずのない信長の殉教への覚悟の舞だったのだ。
It was 'Atsumori,' which Nobunaga was prepared to dance to and was dancing to. It was a dance of Nobunaga's martyrdom that she could not regret and shed tears when he became a prestigious sacred martyr before the death of 'Honnoji no Hen'.
『フロイス日本史』フロイスの描くこのような「絶対君主」的な信長像 Luis Frois, Historia de Japam. Edição anotada por Jose Wicki. 5 vols. Biblioteca Nacional de Lisboa, 1976-1984. Luis Frois, Die Geschichte Japans (1549-1578). nach der Handschrift der Ajudabibliothek in Lissabon ubersetzt und Kommentiert von G. Schurhammer und E. A. Voretzsch. Leipzig, 1926.
歴史学者の池上裕子は、同時代人による信長についての「もっとも的確でまとまった人物評」は、宣教師ルイス・フロイスのものであると述べている[210]。信長について「きわめて稀に見る優秀な人物であり、非凡の著名なカピタン(司令官)として、大いなる賢明さをもって天下を統治した者であったことは否定し得ない 」[211]とも述べたフロイスによれば、信長は次のような人物であった。
彼は中くらいの背丈で、華奢な体躯であり、ヒゲは少なく、はなはだ声は快調で、極度に戦を好み、軍事的修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格であった。彼は自らに加えられた侮辱に対しては懲罰せずにはおかなかった。いくつかの事では人情味と慈愛を示した。彼の睡眠時間は短く早朝に起床した。貪欲でなく、はなはだ決断を秘め、戦術に極めて老練で、非常に性急であり、激昂はするが、平素はそうでもなかった。彼はわずかしか、またはほとんど全く家臣の忠言に従わず、一同からきわめて畏敬されていた。酒を飲まず、食を節し、人の扱いにはきわめて率直で、自らの見解に尊大であった。彼は日本のすべての王侯を軽蔑し、下僚に対するように肩の上から彼らに話をした。そして人々は彼に絶対君主に対するように服従した。彼は戦運が己に背いても心気広闊、忍耐強かった。彼は善き理性と明晰な判断力を有し、神および仏の一切の礼拝、尊崇、並びにあらゆる異教的占卜や迷信的慣習の軽蔑者であった。形だけは当初法華宗に属しているような態度を示したが、顕位に就いて後は尊大に全ての偶像を見下げ、若干の点、禅宗の見解に従い、霊魂の不滅、来世の賞罰などはないと見なした。彼は自邸においてきわめて清潔であり、自己のあらゆることをすこぶる丹念に仕上げ、対談の際、遷延することや、だらだらした前置きを嫌い、ごく卑賎の家来とも親しく話をした。彼が格別愛好したのは著名な茶の湯の器、良馬、刀剣、鷹狩りであり、目前で身分の高い者も低い者も裸体でルタール(相撲)をとらせることをはなはだ好んだ。なんぴとも武器を携えて彼の前に罷り出ることを許さなかった。彼は少しく憂鬱な面影を有し、困難な企てに着手するに当たっては甚だ大胆不敵で、万事において人々は彼の言葉に服従した。 — 『フロイス日本史』より[212] フロイスの描くこのような「絶対君主」的な信長像は、信長の実際の言動と矛盾しない適切な描写であると池上裕子は言う[210]。他方、歴史学者の神田千里によれば、こうした信長の人物像は日本の史料で確認できない部分も多く、以下で述べるとおり、このフロイスによる信長の評価を鵜呑みにすることは問題も多い  (wikipedia)
『完訳フロイス日本史』全12巻、中公文庫、2000年。 織田信長篇 I 将軍義輝の最期および自由都市堺 ISBN 4-12-203578-3(単行本では3巻、五畿内編I) 織田信長篇 II 信長とフロイス ISBN 4-12-203581-3(4巻、五畿内編II) 織田信長篇 III 安土城と本能寺の変 ISBN 4-12-203582-1(5巻、五畿内編III) 豊臣秀吉篇 I 秀吉の天下統一と高山右近の追放 ISBN 4-12-203583-X(1巻、豊臣秀吉編I) 豊臣秀吉篇 II 「暴君」秀吉の野望 ISBN 4-12-203584-8(2巻、豊臣秀吉編II) 大友宗麟篇 I ザビエルの来日と初期の布教活動 ISBN 4-12-203585-6(6巻、豊後編I) 大友宗麟篇 II 宗麟の改宗と島津侵攻 ISBN 4-12-203586-4(7巻、豊後編II) 大友宗麟篇 III 宗麟の死と嫡子吉統の背教 ISBN 4-12-203587-2(8巻、豊後編III) 大村純忠・有馬晴信篇 I 島原・五島・天草・長崎布教の苦難 ISBN 4-12-203588-0(9巻、西九州編I) 大村純忠・有馬晴信篇 II 大村・竜造寺の戦いと有馬晴信の改宗 ISBN 4-12-203589-9(10巻、西九州編II) 大村純忠・有馬晴信篇 III 黒田官兵衛の改宗と少年使節の帰国 ISBN 4-12-203590-2(11巻、西九州編III) 大村純忠・有馬晴信篇 IV キリシタン弾圧と信仰の決意 ISBN 4-12-203591-0(12巻、西九州編IV)
信長は、早くに信秀から那古野城を譲られ、城主となっている[注釈 11]。『信長公記』によれば、信長には奇天烈な行動が多く、周囲から大うつけと呼ばれたという
この信長評も怪しい。信長がどうやって登場したのか?それがメシアとして現れた者のその聖なる存在が否定されたその聖性への冒涜が現在の日本の歴史であるが、それは聖なる歴史ではなく織田信長というメシアとしての聖なる指導者が存在したことは興味深い。この日本人は世界的にも聖なる存在である。日本歴史上にとって燦然と輝くはずのメシア(Maitreya)だったのだ。
his Nobunaga reputation is also doubtful. How did Nobunaga appear? The blasphemy to the sacredness where the sacred existence of the person who appeared as the Messiah was denied is the present history of Japan, but it is not the sacred history, but the existence of Oda Nobunaga, the holy leader as the Messiah, existed. Interesting. This Japanese is a sacred existence in the world. It was a messiah (Maitreya) that should shine brightly in Japanese history.
チョンジュ【清州】〔市〕 (信長の清州でもある。) Ch’ǒngju 韓国
豊臣秀吉の政権の朝鮮へ2度の出兵である文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき) 日本の天下統一を果たした天下人・秀吉は大明帝国の征服を目指し、配下の西国の諸大名を糾合して遠征軍を立ち上げた。秀吉は(明の)冊封国である李氏朝鮮に服属を強要したが拒まれたため、この遠征軍をまず朝鮮に差し向けた。小西行長や加藤清正らの侵攻で混乱した首都を放棄した朝鮮国王宣祖は、明の援軍を仰いで連合軍でこれに抵抗しようとした。明は戦闘が遼東半島まで及ばぬよう日本軍を阻むために出兵を決断した。以後、戦線は膠着した。休戦と交渉を挟んで、朝鮮半島を舞台に戦われたこの国際戦争は、16世紀における世界最大規模の戦争であった[11][注 13]。
これは冒涜として行われた戦争であるだろう。
信長というメシアの存在への冒涜として信長の思想の信仰を最大に冒涜するために行われた信長信仰の大冒涜の大事件だったのだ。
信長の信仰を冒涜するための大事変がこの二度にわたる朝鮮出兵だった。
This would be a blasphemous war.
It was a great blasphemy incident of Nobunaga's faith, which was carried out in order to blaspheme the faith of Nobunaga's thought as the blasphemy to the existence of the Messiah Nobunaga.
The two major events in Korea to blaspheme Nobunaga's faith were the two Korean troops. 「唐入り」や「唐御陣」や「朝鮮征伐」や「朝鮮征伐」や「壬辰倭乱」や「丁酉倭乱」
幕末時代 壬生浪士 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動 壬生浪士(みぶろうし)あるいは精忠浪士(せいちゅうろうし)は、新選組の前身集団。
どうして当時の体制派だった徳川幕府が壬生浪士という哀れと言われる者となるのかも分からん。
朝鮮へ中国への大冒涜行為は日本人の信長の信仰への冒涜行為がある。何故そこまでメシアの存在を否定するのか?何故海外の人はそのことを日本人に指摘しないのか不思議な感じだった。
この大冒涜事件が最も恐れているのは人間冒涜を崇拝する者がメシアへの信仰を恐れているのだ。
これは日本におけるメシアの存在があったことを示していている。
はじめに言葉ありき 言葉を解釈で冒涜する行為が解釈論  信長解釈論は大冒涜である。 解釈論は大冒涜の論理だった。
I don't know why the Tokugawa Shogunate, which was a systematic group at the time, became a poor man named Mibu Ronin.
A blasphemy act against Korea to China is a blasphemy act against the faith of the Japanese Nobunaga. Why do you deny the existence of the Messiah so far? It was a mystery why foreigners wouldn't point that out to the Japanese.
The greatest fear of this great blasphemy is that those who worship human blasphemy fear the faith in the Messiah.
This indicates that there was a Messiah in Japan.
In the beginning there are words Interpretation is the act of profaning by interpreting words Nobunaga's interpretation is a blasphemy. Interpretation was a logic of great blasphemy.
「末法思想の正体」 冒涜の世界であります。人を冒涜し人に冒涜された関係だけで人間関係をつくる。人を徹底的に冒涜した従軍慰安婦問題や細菌兵器開発のための生体実験の部隊である石井四郎隊長下の731部隊についてそして南京大虐殺事件があった。人と冒涜の関係を構築する。それは「世も末」であり「末法思想」である。相手をとにかく大冒涜し冒涜の挑発を続ける、そして相手が冒涜へ堕ちるのを見て相手こそ冒涜だと大冒涜する。それが冒涜の関係を作る日本社会の姿です。織田信長の死後行われた朝鮮半島への侵略は織田信長へオマージュを持った豊臣秀吉によって行われたとされていますが実は織田信長は大陸の理の文化へ深い尊敬の念を持っていた。それは彼が異常とされた日本独特の世界観の中で彼の行為はそういった進んだ文化への冒涜として織田信長の理の方が中身がないOOUTUKEMONO(中身のない人間)とされています。織田信長に聖なるオマージュを寄せたのは柴田勝家でした。その柴田勝家は滅ぼされました。聖なるオマージュには聖なるイマーゴがあるのです。織田信長の聖なるイマーゴへの大冒涜がその後の日本の大冒涜の事件を織田信長こそがその元凶とすることで徹底的に冒涜したのです。 そして新元号(REIWA)の由来であるその日本の元号(REIWA)は、この万葉集の「巻五 梅花の歌三十二首并せて序」の一節を典拠としており、本来中身のない詩の方が中身があるとされたのです。その元号の逆転事件が新元号(REIWA)なのです。これは日本史上に残る歴史的元号の大冒涜事件です。そして朝鮮への大冒涜事件は聖なるイマーゴを大冒涜する末法思想でありアンチキリストとしての大冒涜社会が人間世界を支配しそれを徹底的に遣り抜くことを胆力とする英雄を英霊を作ったのです。それを祭っているのが靖国神社です。どうして人間はここまで大冒涜にこだわるのでしょうか?織田信長の聖なるイマーゴは清州にあったかもしれません。そこを徹底的に冒涜することにより冒涜できる人間こそが優生民族であり優生人間であるとしたのでしょう。大冒涜できるエリートこそが真のエリートであるとする大冒涜した奴は出世する社会の世界観を作ったのです。テレビ朝日の大下 容子のテレビ朝日アナウンサーはテレビ司会者として視聴者を大冒涜しました。平気で小池都知事に媚びあがりました。彼女は「私は頭が悪くて何もわかりません。」と言ってのけました。凄い胆力です。彼女は役員待遇に大出世しました。大冒涜した者は出世するのです。萩生田光一文部科学大臣の再チャレンジは明らかな贔屓です。再チャレンジを贔屓とする大冒涜です。誰も納得していません。しかし本人は一切を大冒涜して生きていけるのです。凄い胆力です。他にも大冒涜して出世した大英雄が一杯います。田崎四郎のジャーナリストとしての凄い胆力と櫻井よしこの凄い胆力は今までの世界のジャーナリズムの在り方を一変させました。橋下徹の大冒涜は日本国憲法と法学のへの大冒涜であり人権弁護士への懲戒請求の煽りや極刑を煽った光母子殺人事件の被告への死刑への激しい煽りは恐怖を感じました。人権への大冒涜です。でもこれによって彼は大冒涜できるエリートこそが真のエリートであるとする大冒涜した奴は出世する日本社会の鏡とされたのです。日本の鏡の大冒涜ですね。本音と建前の大冒涜もありました。人間の本音はすべからく大冒涜大好きであると人間存在を大冒涜して見せたのです。それをしたフジテレビジョンの剃刀の切れ者の反町理さんは報道局解説委員長です。彼も大出世いたしました。凄すぎる人たちです。他にもアイドル出身で不倫を平気でした大冒涜の政治家がいましたが彼女も凄すぎる大出世をしました。本当に羨ましいです。大変な高い能力を持っています。僕には絶対にできません。大冒涜が高い評価を受ける世界を目指したのが安倍晋三総理大臣です。凄すぎる人です。そして次を狙う大冒涜の政治家は菅義偉の内閣官房長官です。大冒涜をどうするんでしょうか?大冒涜マニュフェストが掲げられるでしょう。凄すぎる胆力です。ただここで胆力というものを織田信長と比較するとどうでしょうか?聖なるイマーゴを大冒涜する末法思想でありアンチキリストとしての大冒涜社の中で突如現れた織田信長というメシアがその殲滅と聖なる隣人愛と最高善の信仰としての真善美の信仰と聖なる隣人愛としての海外との外交を織田信長ならしたでしょう。そしてメシア織田信長は絶対に朝鮮出兵はしなかったでしょう。彼は末法思想殲滅以外は聖なる隣人愛のメシアだったからです。どうしてここまで大冒涜がまかり通ってしまったのでしょう?自虐史観という反省の禁忌を強硬に主張しました。そこが最高善の信仰の至上命令の真逆の真の末法思想の命令であり真のアンチキリストなのです。もうどうしようもない真の末法思想と真のアンチキリスト世界ですがここからはメシア織田信長の神聖喜劇と神聖悲劇である彼のメシアとしての殉教は認めてあげたらいのではないでしょうか? メシア織田信長の善政の政治を目指す話は中国の古典「三国志演技」にも譬えることはできます。聖なる善政メシア織田信長の存在証明をしたらいいのではないかと思いここにその一端を買き記してみました。
'The true identity of end-of-life thought' It's a blasphemy world. A person is blasphemed and a human relationship is created only by the blasphemous person. There was a Nanjing massacre about Unit 731 under Captain Shiro Ishii, a unit of biological testing for the development of bacterial weapons and the issue of comfort women who blamed people thoroughly. Build blasphemous relationships with people. It is “the end of the world” and “the end-of-life idea”. Anyway, the profanity of the opponent is continued and the provocation of the profanity is continued, and when the opponent falls into profanity, the profanity is said to be the profanity. That is the image of Japanese society that makes a blasphemous relationship. It is said that the invasion of the Korean Peninsula after the death of Oda Nobunaga was carried out by Toyotomi Hideyoshi, who had a homage to Nobunaga Oda, but in fact Nobunaga Oda had a deep respect for the scientific culture of the continent. It is said that his actions are OOUTUKEMONO (a human being with no content), in which he has no content, as a blasphemy to such advanced culture, in the world view unique to Japan where he was regarded as anomalous. It was Katsuie Shibata who sent the holy tribute to Nobunaga Oda. The Katsuie Shibata was destroyed. The sacred homage has a sacred imago. Nobunaga Oda's blasphemy of the sacred Imago was thoroughly blasphemed by Oda Nobunaga, who blamed the subsequent blasphemy of Japan. And the Japanese era (REIWA), which is the origin of the new era (REIWA), is based on the section of 'Mangoshu Umeka no Uta 32 Syokushuu Iijuru (Introduction)', which has no content. The poem was supposed to have contents. The reversal case of that era is the new era (REIWA). This is the blasphemy case of a historical era that remains in Japanese history. And the Great Desecration Case against Korea was a sequel to the sacred Imago and the Great Desecration Society as Antichrist created a hero with the courage to dominate the human world and exhaust it thoroughly. Is. It is the Yasukuni Shrine that celebrates it. Why do humans stick to this blasphemy? Nobunaga Oda's holy imago may have been in Cheongju. The person who can blaspheme by thoroughly blaspheming it would be the eugenics and the eugenics. The blasphemous man who made the blasphemous elite the true elite made the world view of the society that succeeded. TV Asahi Yoko Oshimo's TV Asahi announcer has desecrated the viewer as a TV host. I flattered over to Governor Koike. She said, 'I'm stupid and I don't know anything.' It is a great courage. She has made a big leap forward as an officer. Those who desecrate will be promoted. Koichi Hagita's re-challenge by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology is a clear favor. It is a great blasphemy to re-challenge. No one is convinced. However, the person can live in blasphemy. It is a great courage. There are also many other great heroes who have prospered and succeeded. Shiro Tazaki's tremendous courage as a journalist and Yoshii Sakurai This tremendous courage has transformed the world of journalism. Tohashi Hashishita's blasphemy was a blasphemy to the constitution and law of Japan, and I was frightened by the fierce incitement to the death sentence for the defendant in the murder of Mitsuko and the child who blamed the punishment for a legal penalty. .. It is a blasphemy to human rights. However, this made him believe that the elite who can blasphemy is the true elite, and the blasphemy was made a mirror of the Japanese society in which he succeeded. It's the blasphemy of Japanese mirrors. There was also a real intention and a great blasphemy of Tatemae. He showed that human beings really blame the blasphemy for all their true intentions. Fuji Television's razor-breaker Osamu Machimachi is the commentary chairman of the news station. He has made a big comeback as well. Too awesome people. There were other profane politicians who were from idols and had no affair with affairs, but she also made a big success. I'm really envious. I have a very high ability. I can never do it. Prime Minister Shinzo Abe aimed at a world where great blasphemy is highly regarded. It's too awesome. The next major politician who is aiming for the next is Yoshihiro Kan, Chief Cabinet Secretary. What would you do to the blasphemy? The Great Desecration Manifest will be raised. It's too awesome. But what about comparing the power of gallancy with Nobunaga Oda? Nobunaga Oda, a Messiah who suddenly appeared in the Great Desecration Company as Antichrist and a holy immoralism, is a messiah, and the Messiah of Nobunaga Oda is the annihilation and sacred neighbor love, and the faith of true good beauty as the faith of supreme goodness and as the sacred neighbor love. Nobunaga Oda would have done foreign affairs. And Messiah Oda Nobunaga would never have dispatched to Korea. Because he was a holy neighbor's messiah of love for his neighbors, except for the destruction of the law. Why has the blasphemy gone so far? He strongly insisted on the contra-indication of self-masochist history. That is the true anti-Christ command, which is the exact opposite of the supreme command of the supreme belief, and the true endemic thought. It is a true ecclesiastical thought and a true anti-Christ world, but from this point on, I should approve of the messianic martyrdom of the Messiah Nobunaga Oda's sacred comedy and tragedy. Messiah Oda Nobunaga's story of aiming for good politics can be compared to the Chinese classic 'Three Kingdoms Acting.' I thought I should prove the existence of the holy good messiah Nobunaga Oda, so I bought a part of it here.
「個人的な冒涜についての嘆きと告白」
隣人愛と最愛人への愛 私が嘆くのは私の人間関係において私が行う隣人愛とその中で私が抱く最愛と思う人への愛が大冒涜されて酷い冒涜の扱いを受けたことに嘆きがある。その関係がふざけた逆転をしたり、ふざけた転倒をしたり、あべこべにされて大冒涜されて辛かった。
私が去ったあとグループワークへOBとして参加の誘いが来て私は嘗て最愛と思った者への信仰から嬉々として参加していたがそれがただ「隣人愛と最愛人への愛」を大冒涜するために呼び出しだったと悟った時に人生を嘆いた。そして聖なる愛とその冒涜への認識を明確に持ったのだ。
千葉大学附属病院の精神神経科医の金原信久先生から生体実験の申し入れがあった。それは最愛人が去った後に起こった私にとって冒涜の異常大事件だった。それは突然だった。特に悪いとか異常があったわけではなく通院していた外来の主治医がいきなり生体実験の申し入れをしてきたのだ。その時は主治医と別に大学病院の研究者と名乗る白衣の男が二人狭い診察室にいて異常な光景だった。そして入り口には顔は知っているが全く付き合いがない社会保険労務士(ソーシャルワーカー)が診察室の背後のドアに何故かいつまでもいて見ていた。狭い診察室の密室に医療関係の三人に囲まれた格好だった。なんだか怖かった。その時に金原先生は「****さんは回復されて珍しいからどうかペット療法という放射性物質を使った生体実験へ是非とも協力してもらえないかと申し入れてきた。」その時は私は基本的に隣人愛と聖なる愛と最愛の心理士への信頼があり、なんだかいきなり吃驚することを言うと妙だなとの感想を持った。しかし相手は上手だった。囲い込んだ上で治した信頼を盾にとり「好くなったケース」の実験をしたいと言われた。そして見返りに2000円提供すると言われた。そしてそこには「ペット療法実験」と「CTスキャンの実験」があるといわれた。そしてそれをOKしてしまったことが人生最大の後悔を生む自分が判断したことになる最大の自分への大冒涜事件として大トラウマとなった。その試験内容は最悪だった。金原先生は特別にたいしたことはないから!と言い切っていた。特別に何かある実験ではない。大したものじゃない。ぜひ協力してほしい。その程度の説明だった。その「CTスキャンの実験」は酷い内容だった。普通ではなかったのだ。何の説明もなく行われた「CTスキャンの実験」は頭を固定され上に凄まじい暴音(gannganngangann)を聴かされこれは拷問だと思った。何の説明もなく怖くなった。その後の「ペット療法実験」も固定され口に出したくないような異常なことをされて発狂しそうになった。大拷問だった。これって医者として大裏切りだと思った。だいたい20000円提供と言っても病院までの交通費は自費で結構かかってわざわざ病院へ行っているのに酷い扱い過ぎる。完全は医者への不信感を持った。医者の信用への大裏切りだ。ここに私は私の存在への全否定の大冒涜を医者から感じたのだ。その後にこの経験の大苦痛だったことを医者に訴えたときに「実は私も協力したんだよ」と言ってきた。でも貴方とは立場が違うよ!患者への裏切りではないかと嘆くしかなかった。自分がその申し入れを受けてしまった自らの判断を悔やみ、そして騙し討ちのような遣り方に引っかかてしまったことに悔しさが残った。ただ退職してしまったが私が愛した心理士の方のような聖なる心を持った医療関係者もいる。そして病院世界は医者と看護士などの医療スタッフのヒポクラテス信仰とナイチンゲール信仰(クリミア戦争従軍看護部隊)だったりミネルバ信仰であったりそういった信仰で成り立った世界でもある。だから病院全ては否定できない。だがこのやり方は酷いと思った。今でも大トラウマだ。医者として無神経だ。患者が悔やむことをわざわざさせないでくれ!もう人生の終わりすら感じた。私の人生における私自身の判断とされた大冒涜の事件だった。うんざり人生だ。
'Lamentation and confession about personal blasphemy'
Neighbor love and love for your loved one I mourn the lament that my neighbor's love in my relationships and the love I have for the loved ones that I consider to be the most blasphemous and blasphemous. It was painful for the relationship to play a tricky reversal, to make a funky fall, and to be humiliated and blamed.
After I left, I was invited to participate in the group work as an OB, and I was glad to participate because of my faith in the person I thought was the most loved one, but it was just 'neighbor love and love for my loved one' I lamented my life when I realized that it was a call to blasphemy. And he had a clear understanding of sacred love and its blasphemy.
Professor Nobuhisa Kanehara, a psychiatrist at Chiba University Hospital, has offered us a biological experiment. It was a blasphemy catastrophe for me after my mistress left. It was sudden. It was not that there was anything particularly bad or abnormal, but the outpatient doctor who was visiting the hospital suddenly made a request for a biological test. At that time, there were two men in white coat who were named researchers of the university hospital apart from the attending doctor in the narrow examination room, which was an unusual sight. At the entrance, a social worker, who knows his face but has no relationship with him, was at the door behind the examination room for some reason forever. He was dressed in a closed examination room surrounded by three medical personnel. I was scared. At that time, Dr. Kanehara said, 'Maybe **** is rare after being recovered, so I would like to ask for your cooperation in the biological experiment using radioactive materials called pet therapy.' At that time, I was basically a neighbor. I had the impression that it is strange to say that I am surprised and am surprised because I have love, holy love, and trust in my beloved psychologist. But the opponent was good. He was told that he would like to carry out an experiment on the 'favorable case' with the trust healed after being enclosed as a shield. He was told to offer 2000 yen in return. And it was said that there were 'pet therapy experiments' and 'CT scan experiments'. And it became a great trauma as a great blasphemy case to the self that made the biggest regret in my life that I made it OK. The test contents were the worst. Kanahara has nothing special to do! I was saying that. It's not something special. Not a big deal. Please cooperate. That was the explanation. The 'CT scan experiment' was terrible. It wasn't normal. The 'CT scan experiment', which was conducted without any explanation, had his head fixed and heard a terrible gangbang (gangnan gann), which I thought was torture. I was scared without any explanation. After that, the 'pet therapy experiment' was fixed and he was going to go crazy because he was doing something unusual that he didn't want to say. It was a great torture. I thought this was a big betrayal as a doctor. Even though it is said that about 20,000 yen will be provided, the cost of transportation to the hospital is quite expensive at its own expense and it is treated too badly even though I have to go to the hospital. Perfectly distrust of the doctor. A big betrayal of the doctor's credit. Here I felt the blasphemy of all denial of my existence from the doctor. After that, when I appealed to the doctor that this experience was a great pain, he said, 'Actually, I also cooperated.' But you're in a different position! I had to mourn for the betrayal of the patient. I still regret that I had regretted my decision that I had received the offer, and that I had fallen into a tricking and abusive manner. Some retired medical professionals have a holy heart like the psychologist I loved. And the hospital world is a world made up of the beliefs such as the Hippocrates faith and the Nightingale belief (the Crimea war service nursing unit) of the medical staff such as doctors and nurses, and the Minerva belief. Therefore all hospitals cannot be denied. But I thought this method was terrible. It's still a big trauma. I'm nervous as a doctor. Don't bother the patient for regret! I already felt the end of my life. It was a blasphemy incident that was my own judgment in my life. Tired of life.
聖なる猫の友達だよ。 殺し合いの権力ダッシュ。成熟した民主主義。 殺しと侮り。殺していいと侮る。 末法思想殲滅のBITCH殺戮の聖人の織田信長と聖なる戦士達。 聖性とイマーゴに唾を吐き冒涜するBITCHがいる。 人間性の冒涜であるBITCH殺戮の聖性 そして殉教とは聖人の死によって成立する聖人伝。 そして殉教とは聖人の織田信長と聖なる戦士達の悲惨な死によって成立する聖人伝。 織田聖伝説 そして殉教とは聖人の悲惨な性的虐待と処刑によって成立する聖人伝。 聖人ジャンヌダルクの聖伝説 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」 映画「風の谷のナウシカ」の聖人のナウシカの奇跡の物語 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. There is BITCH that spits on holiness and imago and blasphemy. BITCH slaughter sacredness that is a blasphemy of humanity And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the tragic death of saint Nobunaga Oda and sacred warriors. Oda Saint Legend And martyrdom is the saint's biography established by the miserable sexual abuse and execution of the saint. Saint Jeanne d'Arc legend 'If I am not blessed, God will give it. If I am blessed, God will leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.” The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind' 'If I am not blessed, God may give it. If I am blessed, God may leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.”
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the death of the saint Nobunaga Oda and the sacred warriors. Oda Saint Legend The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind'
聖なる猫の友達だよ。本当は聖なる友達が欲しかったけど現実には無理だったよ。聖なる猫の誕生だよ。聖なる猫の友達だよ。
Holy cat friend. I really wanted a holy friend, but in reality it was impossible. Birth of a holy cat. Holy cat friend.
そしてコロナの時代がやってきました。この時代に自分の信頼できる聖なる方へ変わらぬ聖なる信頼と変わらぬ聖なる尊敬と変わらぬ聖なる愛をお伝えしたいのです。このコロナ時代は聖なる人間社会と聖なる人間性が問われる時代になったのではないでしょうか?聖なる人間性の否定の時代ではなく逆にこういう時こそ全く逆に聖なる人間性が問われる時代なのではないでしょうか?あばずれた時代のあべこべで済んだ時代の終末と聖なる黙示録の時代になったのではないでしょうか? 聖なる福音書のはじまりと地獄の聖なる黙示録のはじまりを告げています。 聖なるものと聖なるイマーゴを冒涜するものは永遠の地獄へ堕ちる。
And the age of corona has arrived. In this era, I would like to convey to my trustworthy holy one the same holy trust, my holy respect, and my holy love. Isn't this corona era a time when sacred human society and sacred humanity are being questioned? Isn't it not the age of denial of the sacred humanity, but conversely, is it the time when the sacred humanity is tested in the opposite way? Isn't it the time for the apocalypse and the holy apocalypse of the times that were out of order? It marks the beginning of the holy gospel and the beginning of the holy apocalypse in hell. Those who blaspheme sacred things and those who blaspheme Imago fall to eternal hell.
聖なるものを言葉で示せ 聖なるものを言語で示せ 聖なるものを言語学で示せ
Show the sacred things in words. Show holy things in language. Show sacred things in linguistics
Soma Oishi
聖なる猫の友達だよ。
「殉教とGyokusai(death for honor)の美 日本における独特のあり方は実は聖人のあり方にある。聖なる存在と聖なる人とは?」
日本国の太平洋戦前の名称は「大日本帝国」であった。そして明治維新後に帝国日本は海外へ侵略戦争を挑み続ける。どうしてそんな事になったのか?明治政府と言われる国家政府が実は薩長同盟という軍事同盟で徳川幕府への倒幕運動である尊皇攘夷を掲げて幕府を軍事クーデターで倒し新政権を確立した。天皇を旧江戸城へ移し今の天皇の御所にしたのは軍事クーデターの薩長の軍事同盟である。
大日本帝国の英雄とGyokusai(death for honor)は明らかなその二つの間の差別が日本独特の価値観として文化として日本国民に思想教育をされているのは明確である。ただその思想は真となるものであるだろうか?新政府の英雄は西郷隆盛であり大久保利通であり坂本龍馬であるのです。
殉教とは真善美への殉教としてありえその聖人の死を以て殉教と見做される。シグムンド・フロイドが度重なる癌を治療しながら生き抜き研究を続けた姿勢は聖人でありその死を以て殉教となった。シグムンド・フロイドが医学としての精神分析学の創始者であり聖人である。
大日本帝国とその後継国である日本国は「Gyokusai(death for honor)」という美を殉教の代わりに美徳としました。Gyokusai(death for honor)とは「瓦でまっとうするより,玉のように美しく砕ける」という意の(tile a roof) has no (It's worth understanding.). 「Gyokusai(death for honor)」という言葉を用いた。『北斉書』元景安伝から取ったもの。」である。日本では明治維新の英雄の代表的存在である坂本龍馬や西郷隆盛などの悲劇の死を殉教であり英雄であるとしてその後の戦争に参加した兵士の死を決して殉教として見做さない。例えば大日本帝国の戦争犯罪の東京裁判などではA級戦犯が裁かれ巣鴨のプリズンに収容されましたが彼らA旧戦犯が日本軍国主義の軍神マルスとされ日本兵士の死はGyokusai(death for honor)「(tile a roof) has no (It's worth understanding.)」となっています。
Gyokusai (death for honor)「(tile a roof) has no (It's worth understanding.)」 立派な男子は玉となって砕けるべきで、瓦となって生き抜くべきではない。
Gyokusai (death for honor)「(tile a roof) has no (It's worth understanding.)」は殉教を全く否定することなのです。殉教の全否定がGyokusai (death for honor)なのです。
では日本に聖人はいなかったと言えるかというとそうではありません。日本の文化が殉教の全否定の文化であり中身の空っぽの人間が高評価されるのが日本人の本質です。それはイマヌエル・カントが批判論文集の一つで表明した{「悟性の欠片のない学者」が大学に一杯いる。}という認識です。イマヌエル・カントは日本人を何だかおかしな感じで何故か威張るタイプの民だと書き残しています。この代表が織田信長であるとする悪評が彼に纏い付いています。これは決定的な誤りです。日本における織田信長の存在は末法思想の殺戮を行った救世の聖人だったのです。聖人の織田信長により聖なる戦士達が末法思想の殺戮と「BITCH666=屁理屈」を徹底的に弾圧しました。聖人の織田信長は聖なる行為をした日本の聖人伝説なのです。日本で聖なるホロコーストを行ったのは聖人の織田信長だったのです。 彼は「本能寺の変」と言われる聖人の織田信長への造反により死しその遺体も見つからないという謎の死を遂げたと一般の歴史ではされているものが多いです。その主犯が明智光秀でありその造反の理由が「天皇制の擁護」と「聖なるホロコーストへの無理解」と「自分への酷評への不満」とされています。ただこれはあまりに稚拙な筋書きなのです。明智光秀は聖なる戦士の中では織田信長の鉄砲組の精鋭部隊でありその隊長の明智光秀を徳川家康の接待役で酷評し冷遇したという逸話はあまりに稚拙過ぎる。それで造反したという稚拙過ぎる動機は逆に彼こそが聖人の織田信長の精鋭である鉄砲組の最精鋭部隊(虎の子部隊)であることを示している。聖人の織田信長の死は聖人殺しという聖人ジャンヌ・ダルクの「性的虐待や人格の否定」などを含んだ陰惨な聖人の殺害と同様に日本の歴史史上において最大の聖人の殺害であるだろう。織田信長の死は謎とされている。聖人の織田信長が最も寵愛した聖なる戦士は明智光秀だろう。だから織田信長は最も手元に置いておいたのだ。だから明智光秀の造反は考えられない。当時の毛利元就の末裔である毛利家を攻めていたのは豊臣秀吉とされている。その謎の戦法が理解できない長期戦の「高松城の水攻め 」であり、この戦いは兵糧攻めというかなり人民を苦しめる兵士を苦しめる戦いであり聖なる戦士の聖なる戦い方とは違い違和感を覚える。ここで聖人の織田信長は最精鋭部隊の投入段階へ入った。最も寵愛した聖なる戦士である聖なる明智光秀の投入である。ここで謎の聖人の死が起こりと羽柴秀吉により聖なる織田信長の聖なる戦士達は壊滅し聖なる柴田勝家と聖なるお市の方(野村合戦 お市の方が両端を縛った小豆袋を送り、”織田家は袋のネズミである”ということを暗に伝えた)の最も聖人の織田信長の聖なる近親の聖なる戦士である聖なる柴田勝家も天下を取るという羽柴秀吉により聖人織田信長の妹もろとも殺戮されていったのです。これにより聖人の織田信長と聖なる戦士の聖人伝説は終了してしまうが聖なる行為への意思を持った聖なる人の死は最大の殉教である。彼は聖なるものへ殉教したのだ。真善美へ殉教したのだ。これが聖人の織田信長の聖人伝である。
大聖人 聖なる学者の聖なる卵 聖なる戦士をまとめあげ聖なる戦士達率い聖なる軍団を聖なる創立した聖なる指導者は聖なる織田信長だった。彼の聖なる殉教は聖なる日本の聖なる歴史史上における最大の聖なる殉教の聖なる伝説となった。織田信長とは大聖人なのだ。 冒涜された自分はモテたと思う人はいるかも知れない。虐待され殺されたココアちゃん事件の低学年女子小学生のその父親によって行われた陰惨な虐めによる虐待死事件に於いてその父親の犯行理由が聖なる教育だと主張する。聖なる教育によって子供が虐待死されている。もし本当に聖なる教育ならココアちゃんは聖なる学徒となり聖なる学者となったであろう。聖なる子供であった聖なる学者の卵であったココアちゃんの虐待死大事件は聖なる子供と聖なる学者の聖なる卵を護るために聖なる守護神が必要だという福音を齎している。 聖なる教育と聖なる学習と聖なる躾と聖なるマナーと聖なる流儀と聖なるもの。 聖なる物を守護するために大聖人を立てる。聖なる伝説の織田信長だったのだ。
聖なる猫の聖なる友達 聖なる福音の言葉を喋る聖なる猫 聖なる戦士 聖なるストーカー
私は聖なるストーカーだろう。 職業としての聖なる心理士へのストーカー。 聖なる心理学(imago)の宗教的信仰者としての聖なる心理学者。 彼女の聖なる精神的姿勢の聖なるhumorと聖なるSigismund Schlomo Freud の聖なるhumorは聖なるhumorの聖なるimagoである。 彼女は聖なる心理を信仰する心理学(imago)を理解しているかなり優秀な聖なる心理学者の聖なる卵だった。 彼女(聖なる心理学の聖なるimago)へ変わらぬ聖なる信頼と変わらぬ聖なる尊敬と変わらぬ聖なる愛を永遠に。
私に聖なる救済を齎した聖なる女性へ最愛を永遠に。 聖なる存在への冒涜行為への聖なる罰を聖なる神が聖なる神罰を下さんことを聖なる祈りを捧げます。 聖なる存在への冒涜行為の大罪への聖なる神罰を聖なる祈りを捧げそして聖なる神から聖なる啓示を得た聖なる者がこの世に現れて聖なる救済を齎す。
「はじめに言葉ありき」は聖なる言葉による正確に聖なる表現が聖なる語彙のレッテルではなく、聖なる言語の聖なる表現の正確さににある。できるだけ聖なる言語により出来るだけ聖善に出来るだけ正確な誰にでも出来るだけ分かるような聖なる言語の聖なる表現のことを示している。そして最高善の信仰はその神の聖なる至上命令を誰にでも分かるように示しそしてそれが誰にでも出来るように示さなければなりません。至上の聖なる道理が最高善の聖なる信仰の聖なる至上命令である「悔い改めの道理」なのです。それはもしそれが間違っているとはっきり分かった時には素直に「悔い改めの聖なる道理」の最高善の信仰の至上命令に聖なる服従する。聖なる反省が必要なのです。 「誰にでもできるものでなければ聖なる理想郷などありえないのです。」そしてそれは聖なる信仰があるかないかの聖なる問題となるのです。 私はたいへんな苦しみの中で「柄谷行人」の本を読み、この人は当たっていると直観した。「こんな人がいるんだ。」とその存在が現実にいる活躍している人物であったことに、そんな存在があり得るという世界に希望と救済という聖なる福音を感じた。柄谷行人の存在は聖なる福音だった。聖人の柄谷行人である。 私はこの人は信じられると直観した。そして仮にそれが間違っていたとしても自分のそれを当たっていると直観した自分自身のその判断力に従った自分の間違いでしかないのだ。だから仮に柄谷行人がに偽物でもそれは柄谷行人の所為ではないのだ。その時に又おのれ自身に聖なる最高善の聖なる信仰があるのであれば「悔い改めの道理」を適用し自分自身すっかり聖なる反省をすればいいのだ。それこそが最高善の信仰者の聖なる生き方であり最高善への聖なる殉教としての聖なる生き方なのです。
ヨハネによる福音書 1:1-18
はじめに言葉があり、言葉は神と共にあり、言葉は神であった。 この言葉ははじめに神と共にあった。 すべての物は彼を通して造られた。造られた物で、彼によらずに造られた物はなかった。 彼の内には命があり、命は人の光であった。 光は闇の中で輝くが、闇はそれに打ち勝たなかった。 神から遣わされた一人の人が現われた。その名はヨハネであった。 この人は証人として来た。光について証言するためであり、それはすべての人が彼を通して信じるためであった。 彼自身は光ではなく、光について証言するために遣わされた。 すべての人を啓発する真の光が世に来ようとしていた。 彼は世におり、世は彼を通して造られたのに、世は彼が分からなかった。
彼は自分の所有物のところに来たのに、彼自身の所有物であった者たちは彼を受け入れなかった。 しかし、彼を受け入れたすべての者たち、その名を信じた者たちに、彼は神の子供となる権利を与えた。 すなわち、血によらず、肉によらず、人によらず、神によって生まれた人々である。 言葉は肉となってわたしたちの間に住んだ。わたしたちはその栄光を見た。父のひとり子に属する栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。 ヨハネは彼について証言し、叫んで言った、「この方は、『わたしの後に来る方はわたしよりまさっている。わたしより先にいたからだ』とわたしが言った方だ」。 わたしたちは皆、彼の充満の中から、恵みの上に恵みを受けた。 というのは、律法はモーセを通して与えられ、恵みと真理とはイエス・キリストを通して来たからだ。 いまだ神を見た者はいない。 父の懐にいるひとり子こそ、その方を知らせたのである。
Great saint Holy scholar's holy egg The holy leader who organized the holy warriors and holy the holy warriors was holy Nobunaga Oda. His holy martyrdom has become the greatest holy martyrdom sacred legend in the history of holy Japan. Nobunaga Oda is a great saint. Someone may think that he was blasphemous. He claims that the reason for his father's crime is sacred education in the death of the abusive death of a younger elementary school student who was abusive and killed by his father. Children are abused and killed by holy education. If it was truly holy education, Cocoa-chan would have become a holy student and a holy scholar. The brutally fatal case of Cocoa-chan, the egg of a holy scholar who was a holy child, brings the gospel that a holy guardian deity is needed to protect the holy egg of a holy child and a holy scholar. Sacred education, sacred learning, sacred discipline, sacred manners and sacred manners and sacred things. Set up a saint to protect sacred things. It was the sacred legend Nobunaga Oda.
Holy Cat Holy Friends Sacred cat speaking the words of the holy gospel Holy warrior Holy stalker
I'm a holy stalker. A stalker to the holy psychologist as a profession. A sacred psychologist as a religious believer in Sacred Psychology (imago). The holy humor of her holy spiritual position and the holy humor of the holy Sigismund Schlomo Freud is the holy imago of the holy humor. She was the sacred egg of a fairly talented sacred psychologist who understands the psychology (imago) of belief in sacred psychology. To her (sacred imago of sacred psychology) forever a sacred trust, a sacred respect, and a sacred love forever.
Forever beloved to the holy woman who gave me holy salvation. Holy prayer that the Holy God will subordinate the Holy Divine Punishment to the Holy Prosecution. The holy one who gives holy prayer for the holy punishment for the sin of the blasphemy of the blasphemy, and the holy revelation from the holy God appears in the world to bring the holy salvation.
'Introduction to words' is not the exact sacred expression of the sacred word in the label of the sacred vocabulary, but the accuracy of the sacred expression in the sacred language. It refers to a sacred expression in a holy language that is as accurate as possible and as accurate as possible in the holy language. And the Faith of Supreme Goodness must show the Divine Supreme Command of God in a way that everyone can see and do so to everyone. The supreme holy reason is 'the reason for repentance' which is the sacred supreme order of the holy faith of the highest good. It obediently and holyly obeys the supreme command of the highest belief in the 'holy reason of repentance,' when it becomes clear that it is wrong. We need sacred reflection. “If there is nothing anyone can do, there can be no holy utopia.” And it becomes a holy question of whether or not there is a holy faith. I read the book 'Yukito Karatani' in a great amount of suffering, and I knew this person was hit. I felt the holy gospel of hope and salvation in a world where such an existence could exist, saying, 'There is such a person.' The existence of Yukiya Karatani was a holy gospel. It is a saint, Yukiya Karatani. I had the intuition that this person could be believed. And even if it is wrong, it is just my mistake according to the judgment of myself who intuitively hit it. Therefore, even if Yukiya Karatani is a fake, it is not due to Yukiya Karatani. At that time, if you also have a holy faith of the highest and highest sacredness, you can apply the 'reason of repentance' and do your own holy remorse. That is the holy way of life of the supreme believer and the holy way of life as a holy martyrdom.
John 1:1-18
In the beginning there was a word, the word was with God, the word was God. This word was first with God. Everything was made through him. Nothing was made without him. There was life in him, and life was the light of man. The light shines in the darkness, but the darkness has not overcome it. A person sent by God appeared. Its name was John. This person came as a witness. It was to testify of the light, for everyone to believe through him. He himself was not the light, but was sent to testify about the light. The true light of enlightening all was about to come. He was in the world, and the world was made through him, but the world did not know him.
He came to his property, but those who were his own did not accept him. But he gave all those who accepted him, and those who believed in his name, the right to be children of God. That is, those born of God, not blood, flesh, or people. The words became flesh and lived among us. We saw that glory. The glory of his father's only son, full of grace and truth. John testified about him and shouted, 'I am the one who said,'The one who comes after me is better than me. Because he was before me.'' We all received grace over his grace from his fullness. For the Law was given through Moses, and grace and truth came through Jesus Christ. No one has seen God yet. The only child in his father's pocket made him known.
聖なる猫の友達だよ。 聖の神の聖なる裁きが始まった。 聖なる優生思想。聖なる愛による邪悪の殲滅の聖なる福音書と聖なる黙示録。聖なる福音と地獄の聖なる黙示録の始まりを告げるコロナの聖なる出現。聖の神の聖なる裁きが始まった。
Holy cat friend. The holy judgment of the Holy God has begun. Sacred eugenic thought. Holy Gospel and Holy Apocalypse for the destruction of evil with holy love. The sacred appearance of the corona, which signals the beginning of the holy gospel and the holy apocalypse of hell. The holy judgment of the Holy God has begun.
聖なる猫の友達だよ。 殺し合いの権力ダッシュ。成熟した民主主義。 殺しと侮り。殺していいと侮る。 末法思想殲滅のBITCH殺戮の聖人の織田信長と聖なる戦士達。 そして殉教とは聖人の死によって成立する聖人伝。 そして殉教とは聖人の織田信長と聖なる戦士達の死によって成立する聖人伝。 織田聖伝説 映画「風の谷のナウシカ」の聖人のナウシカの奇跡の物語
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the death of the saint Nobunaga Oda and the sacred warriors. Oda Saint Legend The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind 聖なる猫の友達だよ。本当は聖なる友達が欲しかったけど現実には無理だったよ。聖なる猫の誕生だよ。聖なる猫の友達だよ。
Holy cat friend. I really wanted a holy friend, but in reality it was impossible. Birth of a holy cat. Holy cat friend.
聖なる猫の友達だよ。 私は聖なる「背水の陣」においての聖なる殉教者である。 「背水の陣」は本来やってはならない最悪の戦術である。 最悪の戦術の「背水の陣」の禁忌によって、初めて戦略が立てられる。それによって粘り強くダイハードな戦略思想となる。 聖なる「背水の陣」とはそのような聖なる「戦略思想」である。
Holy cat friend. I am a holy martyr in the holy 'Backwaters.' 'Backwater formation' is the worst tactic that should not be done. Strategies are first set up with the contraindications of the worst tactical 'backwater formation.' As a result, it becomes a tenacious and die-hard strategic idea. The sacred “backwater formation” is such a sacred “strategic idea”.
聖なる猫の友達だよ。 殺し合いの権力ダッシュ。成熟した民主主義。 殺しと侮り。殺していいと侮る。 末法思想殲滅のBITCH殺戮の聖人の織田信長と聖なる戦士達。 聖性とイマーゴに唾を吐き冒涜するBITCHがいる。 人間性の冒涜であるBITCH殺戮の聖性 そして殉教とは聖人の死によって成立する聖人伝。 そして殉教とは聖人の織田信長と聖なる戦士達の悲惨な死によって成立する聖人伝。 織田聖伝説 そして殉教とは聖人の悲惨な性的虐待と処刑によって成立する聖人伝。 聖人ジャンヌダルクの聖伝説 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」 映画「風の谷のナウシカ」の聖人のナウシカの奇跡の物語 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. There is BITCH that spits on holiness and imago and blasphemy. BITCH slaughter sacredness that is a blasphemy of humanity And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the tragic death of saint Nobunaga Oda and sacred warriors. Oda Saint Legend And martyrdom is the saint's biography established by the miserable sexual abuse and execution of the saint. Saint Jeanne d'Arc legend 'If I am not blessed, God will give it. If I am blessed, God will leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.” The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind' 'If I am not blessed, God may give it. If I am blessed, God may leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.”
聖なる猫の友達だよ。本当は聖なる友達が欲しかったけど現実には無理だったよ。聖なる猫の誕生だよ。聖なる猫の友達だよ。 聖なる猫の聖なる友達 聖なる福音の言葉を喋る聖なる猫 聖なる言語としてあるには聖なる言語学
Holy cat friend. I really wanted a holy friend, but in reality it was impossible. Birth of a holy cat. Holy cat friend. Holy Cat Holy Friends Sacred cat speaking the words of the holy gospel Sacred linguistics as it is as a sacred language
そしてコロナの時代がやってきました。この時代に自分の信頼できる聖なる方へ変わらぬ聖なる信頼と変わらぬ聖なる尊敬と変わらぬ聖なる愛をお伝えしたいのです。このコロナ時代は聖なる人間社会と聖なる人間性が問われる時代になったのではないでしょうか?聖なる人間性の否定の時代ではなく逆にこういう時こそ全く逆に聖なる人間性が問われる時代なのではないでしょうか?あばずれた時代のあべこべで済んだ時代の終末と聖なる黙示録の時代になったのではないでしょうか? 聖なる福音書のはじまりと地獄の聖なる黙示録のはじまりを告げています。 聖なるものと聖なるイマーゴを冒涜するものは永遠の地獄へ堕ちる。
And the age of corona has arrived. In this era, I would like to convey to my trustworthy holy one the same holy trust, my holy respect, and my holy love. Isn't this corona era a time when sacred human society and sacred humanity are being questioned? Isn't it not the age of denial of the sacred humanity, but conversely, is it the time when the sacred humanity is tested in the opposite way? Isn't it the time for the apocalypse and the holy apocalypse of the times that were out of order? It marks the beginning of the holy gospel and the beginning of the holy apocalypse in hell. Those who blaspheme sacred things and those who blaspheme Imago fall to eternal hell.
冒涜された人生で特に何にもない人生だった。 私は全くモテない人生だった。 全く最悪にモテない人生だった。 冒涜にモテただけだった。冒涜者にモテモテだった。 最悪の人生を歩んだ。 今な聖なるタロットを使いを考えている。 聖なる占術と聖なる占術師 聖なる卜占を立てる 聖なるアドバイスの聖なる啓示を得る
It was a blasphemous life and nothing special. I had a completely non-popular life. It was the worst life ever. It was just blasphemy. The blasphemous was hot. I went through the worst life. I am thinking of using the sacred tarot now. Holy scry and holy sculptor Make a sacred oligopoly Get holy revelation of holy advice
聖なるものを言葉で示せ 聖なるものを言語で示せ 聖なるものを言語学で示せ
それは聖なるイマーゴの表明と聖なるイマーゴへ聖なる忠誠を聖なる誓いを立てる 聖なる宣誓
Show the sacred things in words. Show holy things in language. Show sacred things in linguistics
It is a manifestation of holy Imago and a holy oath of holy allegiance to Holy Imago Holy oath
はじめに言葉があり、言葉は神と共にあり、言葉は神であった。 この言葉ははじめに神と共にあった。 言葉を冒涜するものは決して許されない。
In the beginning there was a word, the word was with God, the word was God. This word was first with God. Those who blaspheme are never allowed. Soma Oishi
1 note · View note
holycatfriend · 7 months ago
Photo
Tumblr media
メシアダビデ(דוד‎ Dāwīḏ) と神獣(ゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat))の聖なる戦いを演ずる物語 守護神の神獣(ゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat)) 神であるヤハウェを嘲った者の守護神
瑞獣はあくまで「めでたい動物」という意味なので、伝説上の動物でなくてもかまわない。中国の吉祥獣は書道や絵、彫刻の中でよく見られる。
麒麟がくる 脚本 池端俊策 『麒麟がくる』(きりんがくる)は2020年(令和2年)1月19日[1]から放送されているNHK大河ドラマ第59作[2]。
麒麟 仁の心を持つ君主が生まれると姿を現す一角の霊獣。角は肉に包まれ、いかなる生命をも傷つけない。麒麟から諸獣が生まれたとする。
サウル王治下のイスラエル王国の兵士と対峙し彼らの神であるヤハウェを嘲ったが、羊飼いの少年であったダビデが投石器から放った石を額に受けて昏倒し、自らの剣で首を刎ねられ絶命した。この故事にちなんで、弱小な者が強大な者を打ち負かす番狂わせの喩えを「ジャイアント・キリング」と呼ぶ。
ヤハウェ(ヘブライ語: יהוה‎、フェニキア語: 𐤉𐤄𐤅𐤄、古アラム語(英語版): 𐡉𐡄𐡅𐡄)は旧約聖書および新約聖書における唯一神の名である。
この名はヘブライ語の4つの子音文字で構成され、神聖四文字、テトラグラマトンと呼ばれる。神聖四文字とこれを「アドナイ」(わが主)と読み替えるための母音記号とを組み合わせた字訳に基づいて「Jehovah」[注 2]とも転写され、日本語ではエホヴァ、エホバ(文語訳聖書ではヱホバ)とも表記される。遅くとも14世紀には「Jehova原文ママ」という表記が使われ、16世紀には多くの著述家が Jehovah の綴りを用いている[2]。近代の研究によって復元された原音に基づいて、これを「Yahweh(ヤハウェ)」と読むのが主流となっている[3]。ユダヤ、エレミヤ、ヨシュア等の固有名詞に保存されたヘブライ語の音に基づくと「Yahuah(ヤフア)」と読める。
本項に示す通り、この神を指す様々な表現が存在するが、特に意図がある場合を除き、本項での表記は努めてヤハウェに統一する。また本項では、ヤハウェを表す他の語についても述べる。
「アッラーフ」および「アブラハムの宗教」も参照
瑞獣 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動
麒麟の石彫(明時代)
九尾狐(『山海経』より) 瑞獣(ずいじゅう)とは、古代中国でこの世の動物達の長だと考えられた特別な4つの霊獣に代表される、瑞兆として姿を現すとされる何らかの特異な特徴を持つ動物のこと。
目次 1 概説 2 四霊を含む架空の瑞獣たち 3 中国の瑞獣 4 脚注 5 関連項目 概説 この世には魚のように鱗を持つ鱗虫[1]、鳥のように羽を持つ羽虫、獣類のように毛をもつ毛虫、甲殻類のように固い殻や甲羅をもつ甲虫がそれぞれ360種類いるとされたが、これらそれぞれの軍団の長が前述の瑞獣である。
優れた王者の時代に出現するとされ、さらには王者の裁判が公正に行われる時代に出現する特別な瑞獣もいるといわれる。
またアルビノの動物を瑞獣・瑞鳥とみなし、白い雀や白い鹿などが献上されたのを記念して元号を変える例がよく見られる。
四霊を含む架空の瑞獣たち 鳳凰 徳の高い王者による平安な治世か、優れた知性を持つ人が生まれると姿を現す五色の霊鳥。 鸞 平安な治世に姿をあらわす鳳凰とよく似た姿の青色っぽい羽を持つ霊鳥。鳳凰から生まれ、鸞鳥から諸鳥が生まれたとする。 麒麟 仁の心を持つ君主が生まれると姿を現す一角の霊獣。角は肉に包まれ、いかなる生命をも傷つけない。麒麟から諸獣が生まれたとする。 竜 角は鹿、頭は駱駝、眼は兎、胴体は蛇、腹は蜃、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似ていて、口辺に長髯をたくわえ、喉下には一尺四方の逆鱗があり、顎下に宝珠を持つと言われる神獣・霊獣。中国では皇帝のシンボルとして扱われた。 霊亀 治水の才を持つ人(帝王)が生まれると姿を現す亀。甲羅に水脈が刻まれており治水を助ける。蛇と対で描かれ、水神の象徴。 獬豸 優れた裁判官が生まれると姿を現す一角の羊。人の善悪を理解し悪人を角で突く。 九尾の狐 漢王室の守り神とされた霊獣。ただし徳のない君主の場合、革命を促すので凶獣でもある。 中国の瑞獣 瑞獣といえば、中国では一般に四神(四大聖獣)のことを指す。
瑞獣の「瑞」の字は中国では「吉祥」、「めでたい」という意味を表し、瑞獣は吉祥獣と呼ばれることもある。また、四霊に位置づけられる応竜、鳳凰、麒麟、霊亀を四大瑞獣と呼ぶ場合がある。
瑞獣はあくまで「めでたい動物」という意味なので、伝説上の動物でなくてもかまわない。中国の吉祥獣は書道や絵、彫刻の中でよく見られる。
「ダビデ(דוד‎ Dāwīḏ) とゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat)」 ダビデ(דוד‎ Dāwīḏ) の信仰と守護神の神獣(ゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat)) 広岡達郎と猛虎阪神タイガースの の日本シリーズでの対決における謎のダビデ(דוד‎ Dāwīḏ)の敗戦 織田信長(ダビデ(דוד‎ Dāwīḏ))と明智光秀(麒麟 守護神の神獣(ゴリアテ(גָּלְיָת‎、Golyat))の謎のダビデ(דוד‎ Dāwīḏ)の敗戦
麒麟がくる 脚本 池端俊策 『麒麟がくる』(きりんがくる)は2020年(令和2年)1月19日[1]から放送されているNHK大河ドラマ第59作[2]。 広島県立呉三津田高等学校を経て[4][2]、1970年、明治大学政治経済学部卒業[5]。高校時代から演劇部に入り、脚本作りに熱中していた[6]。大学在学中からシナリオ作家協会主催の「シナリオ研究所」(現在の「シナリオ講座」)に通い、卒業後は竜の子プロダクションに半年勤務。その後は営業職など職を転々とし、今村昌平の脚本助手となり、今村監督の映画『復讐するは我にあり』(1979年、松竹/今村プロ)、『楢山節考』(1983年、東映/今村プロ)の第1稿を手がけた。
1984年、テレビドラマ脚本『私を深く埋めて』(TBS)『羽田浦地図』(NHK)『危険な年ごろ』(読売テレビ)の三作品で向田邦子賞、芸術選奨文部大臣新人賞を受賞し脚光を浴びる。
1991年、第29作目の大河ドラマ『太平記』の脚本を手がける。
2009年春に『帽子』(NHK広島)で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、同年秋には紫綬褒章を受章。
2017年、『夏目漱石の妻』(NHK)で放送人グランプリ2017のグランプリを受賞。同年、旭日小綬章を受章[5]。
2020年、自身2作目となる大河ドラマ『麒麟がくる』の脚本を手がける。
映画『復讐するは我にあり』『楢山節考』以来の仲である緒形拳の出演作を、『羽田浦地図』『百年の男』『帽子』(以上、NHK)など多数執筆。初監督映画『あつもの』でも、緒形が主演している。2009年2月に、2008年に死去した緒形を追悼するドキュメンタリー番組『俳優〜脚本家・池端俊策が見つめた緒形拳〜』(NHK)が放送された。
ビートたけしの主演作も、『昭和四十六年 大久保清の犯罪』『イエスの方舟』『あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機』(以上、TBS)などを発表している。また、1990年の『忠臣蔵』では、両主演という形で、緒形拳(大野九郎兵衛役)、ビートたけし(大石内蔵助役)が共演した。
演出家の鶴橋康夫とのコンビは長く、『仮の宿なるを』『魔性』『危険な年ごろ』『風の棲む家』(以上、読売テレビ)などの作品がある。TBSプロデューサーの八木康夫との仕事も、『昭和四十六年 大久保清の犯罪』『協奏曲』『烏鯉』など多数。
日本放送作家協会会員。日本脚本家連盟会員。日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム代表理事[7]。向田邦子賞選考委員。また、日本映画学校に於いて多数の後進の育成に努める。
早坂暁 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動 早坂 暁 誕生 富田 祥資(とみた よしすけ) 1929年8月11日 愛媛県温泉郡北条町(現松山市) 死没 2017年12月16日(88歳没) 東京都 職業 小説家、脚本家 言語 日本語 国籍 日本の旗 日本 教育 学士 最終学歴 日本大学芸術学部演劇学科 活動期間 - 2017年 ジャンル 脚本、 小説、随筆、戯曲、演出 代表作 『天下御免』 『夢千代日記』 『花へんろ』 公式サイト 公式ウェブサイト テンプレートを表示 早坂 暁(はやさか あきら、1929年8月11日 - 2017年12月16日[1])は、日本の脚本家、小説家。
本名、富田 祥資(とみた よしすけ)。
愛媛県温泉郡北条町(現松山市)生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。
人物・略歴 遍路道の商家で生まれ育ち、幼少の頃からお遍路さんに接した。旧制松山中学校(現在の愛媛県立松山東高等学校)を経て、海軍兵学校在学中に終戦。被爆直後の広島の惨状を目撃している。旧制松山高等学校(現在の愛媛大学文理学部の構成母体)卒業後、東京大学医学部に合格するも、医業に疑問を持ち入学せず[2][3]、日本大学芸術学部演劇学科に進学し同校卒業。
新聞社編集長を経て、いけばな評論家として活躍。日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』には、放送作家として多くの作品に関わる。 その後テレビドラマや映画の脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線で独自の作風を築く。ドキュメンタリーや舞台戯曲、演出も手がけ、その総数は1000本以上ともいわれる。
代表作は『天下御免』『夢千代日記』『花へんろ』[4]『ダウンタウン・ヒーローズ』『華日記・昭和生け花戦国史』『戦艦大和日記』など。必殺シリーズでは脚本をはじめ、オープニングナレーションも多数手掛けている。『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリとなっており、既存の必殺シリーズとは一線を画した内容で評価が高い。
生家が遍路みちに面した大きな商家で、幼少より遍路に接してきたこと、また、遍路に置き去りにされ、生家が引き取って「妹」として育った少女が、広島で原爆に遭い死亡したと思われる(8月5日に広島に行ったまま行方不明)ことなどから、遍路(四国八十八カ所)や原爆に関する作品や論評、活動も多く、胎内被爆者が主人公の『夢千代日記』[5]や生家をモデルにした『花へんろ』につながっている。
勉誠出版から『早坂暁コレクション』を刊行。初の単行本化となる長編小説『戦艦大和日記』や主なシナリオ作品を収録する。
2017年12月16日、都内の外出先で体調を崩し搬送、運ばれた東京都内の病院で同日14時、腹部大動脈瘤破裂のため死去。88歳没[6][7]。
「これだけは未来のために書き残したい」として「春子の人形」の脚本執筆を開始したが未完成だったものを冨川元文が仕上げ、その第1稿が完成した2日後に早坂は急逝し『花へんろ 特別編 「春子の人形」』が、2018年夏に放送された[8][9][10]。
戦後の日本を代表する脚本家、小説家である。
渥美清との交流 大学時代に学生運動にかかわり公安当局からマークされ浅草に潜伏中、銭湯で渥美清と知り合い、何度もプライベート旅行に行くなど親友となった。渥美の死後発見された晩年の手帳の最後のページには「……家族で旅行に行こう。ギョウさん(早坂暁の暁を音読みしたもの)も一緒に……」と綴ってあった。
2006年に放送された「渥美清の肖像〜知られざる役者人生〜」によると、早坂は渥美が大変才能のある役者であるにもかかわらず、「寅さん」以外の役をほとんど演じられなかったことを危惧し、また渥美本人の希望もあって渥美主演の作品を数作企画・用意していた。クランクイン寸前の作品もあったが「寅さん」のイメージに縛られるなど、諸々の事情により実現しなかった。しかし、渥美には、初期のテレビドラマ「泣いてたまるか」や、「土曜ワイド劇場」の第1回作品の「田舎刑事」シリーズなどの脚本を書いており、いずれも「寅さん」ではない渥美の魅力が引き出された名作となっている。
1996年8月13日に松竹大船撮影所で開かれた「寅さんとのお別れの会」では弔辞を読んでいる。
神獣 (年号) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動 神獣(しんじゅう)は、南北朝時代の北魏で大趙政権を樹立した万俟醜奴が建てた私元号。528年 – 530年。
殿頂装飾
太和殿殿頂神獣排列図 太和殿殿頂両端の鴟吻(しふん)は、故宮における最大の鴟吻である。鴟吻は13枚の琉璃で構成され、重量は4.3トン、高田340ミリメートル、幅268ミリメートル、厚32ミリメートルとなっている。
太和殿垂脊下部には仙人神獣が設けられている。鳳の乗った仙人以外、竜・鳳・獅子・天馬・海馬・狻猊・狎魚・獬豸・斗牛・行什の10体の神獣が設置されているこれは装飾以外に国家国民の安泰を願うものである。 紫禁城(しきんじょう、簡体字: 紫禁城、拼音: Zǐjìnchéng、満州語:ᡩᠠᠪᡣᡡᠷᡞ ᡩᠣᠷᡤᡞ ᡥᠣᠳᠣᠨ、転写:dabkūri dorgi hoton)または故宮(こきゅう、簡体字: 故宫、拼音: Gùgōng)は、中華人民共和国北京市に所在する明清朝の旧王宮である歴史的建造物。「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」の一つとしてユネスコの世界遺産(文化遺産)となっている。面積は 725,000m2 あり、世界最大の木造建築群である。別称の故宮とは「古い宮殿、昔の宮殿」という意味で、現在は博物館(故宮博物院)になっている。
歴史
黄昏の太和殿 元(モンゴル帝国)のクビライが大都に建設した宮殿を明の成祖永楽帝が1406年から改築し、1421年に南京から北京へ都を遷してから、清朝滅亡まで宮殿として使われた。
1644年の李自成の乱で明代の紫禁城は焼失したが、李自成の立てた順朝を滅ぼし北京に入城した清朝により再建され、清朝の皇宮として皇帝とその一族が居住するとともに政治の舞台となった。義和団の乱では皇帝とその一族が西安に逃亡し、イギリス・フランス・オーストリア=ハンガリー帝国・ドイツ・イタリア・日本・ロシア・アメリカによる八カ国連合軍に占領された[1]。
1908年12月に、西太后が光緒帝の後継者として愛新覚羅溥儀を指名したことにより、溥儀はわずか2歳10か月で皇帝に即位させられ、清朝の第12代宣統帝かつ紫禁城に居を構える最後の皇帝となった。
1911年10月に辛亥革命が起き、袁世凱の求めを受けて1912年2月に溥儀は退位したが、中華民国臨時政府の「優待条件」として溥儀とその一族は、紫禁城の内廷での居住を許された。
しかし、1924年10月の馮玉祥による北京政変の際、11月5日を以って溥儀を初めとする皇族への紫禁城退去が通告され、その後は故宮と呼ばれルーヴル美術館などの例に倣い1925年10月10日に博物館として組織された。1949年に、中国共産党の指導者の毛沢東は城門の一つである天安門で中華人民共和国の建国を宣言した。
1961年に、中国国務院より国家重要文化財、1987年にユネスコより世界遺産に認定された。現在は建物自体も明と清の歴史を伝える故宮博物院の文物の一つとして一般開放されている。
聖なる猫の友達だよ。
日本においても他の国家と同様にその歴史上にある捻じ曲げられた歴史的事実があります。その最重要な危険な歴史観が織田信長が天下を取ることを目指した天下人(日本のルーラー)であり、その志半ばで無念の死を迎えたとする天下を争った歴史的人物だという認識です。その日本の思想教育が全く間違いであり、織田信長の死後に行われた天下人(日本のルーラー)を巡る殺し合いが織田信長の戦士達によるその後継者を巡る殺し合いとされました。その中で豊臣秀吉により織田信長が作り上げた戦士達がほぼ殲滅された悲しい世界が日本にあった。「豊洲会議」という茶番劇が逸話としてありますがそのあまりの低俗内容に織田信長の後継者争いとは全く違う神聖喜劇を観ました。私はその後の豊臣秀吉から徳川家康へそして明治新政府の英雄から現在の政治家の英雄と豪傑と決定的な違いを生む日本の歴史の流れを観ました。その時に聖人としての聖なる織田信長の聖なる伝説があるのだということが聖なる日本において最需要の聖なる認識であると考えました。神聖なる歴史の聖なる回復として神聖喜劇が最も必要とされる理由だと考えたのです。仏教の否定としての末法思想が広まった時にその「世も末」の時に日本の歴史史上に突如現れたその末法思想の殲滅を行った聖人の織田信長と彼の作り上げた聖なる戦士達という聖なる聖戦があの時にあった。私は聖なる聖戦の聖人伝説の聖なる復活が今最も必要だという聖なる認識に至りました。聖人の織田信長の聖なる死は聖なる世界への聖なる殉教であった。彼の作り上げた聖なる戦士達の聖なる死も聖なる殉教であった。彼は真善美への殉教者であり、最高善の信仰への聖なる殉教者であった。聖人の織田信長の聖なる殉教は神聖悲劇である。この神聖悲劇は聖人の織田信長と彼の作り上げた聖なる戦士達の聖なる聖戦の聖人伝説であります。
Holy cat friend.
In Japan as well as in other nations, there are twisted historical facts in its history. Recognizing that the most important and dangerous view of history is Oda Nobunaga's aim to take the world (ruler of Japan), and the historical person who fought against the world that he had died in the midst of his will. Is. The ideological education in Japan was completely wrong, and the killing of Oda Nobunaga's warriors and their successors was said to have been carried out after the death of Oda Nobunaga. There was a sad world in Japan where warriors created by Nobunaga Oda by Hideyoshi Toyotomi were almost destroyed. There is an anecdote of the tea ceremony drama called 'Toyosu Conference', but I saw a sacred comedy completely different from the battle for the successor of Nobunaga Oda because of that vulgar content. After that, I saw the flow of Japanese history that made a definite difference from Hideyoshi Toyotomi to Ieyasu Tokugawa and from the heroes of the new Meiji government to the heroes of today's politicians and the great masters. At that time, I thought that the holy legend of Nobunaga Oda as a saint was the most sacred recognition in holy Japan. I thought that sacred comedy was the most needed reason for the sacred restoration of sacred history. The holy war of saints Nobunaga Oda and his holy warriors who destroyed the end-of-life thought that suddenly appeared in the history of Japan at the time of 'the end of the world' when the end-of-law thought as the denial of Buddhism spread It was at that time. I have come to the sacred realization that the sacred resurrection of the saint legend of the Holy War is the most necessary right now. The sacred death of Nobunaga Oda, the saint, was a sacred martyrdom to the sacred world. The holy death of the holy warriors he created was also holy martyrdom. He was a martyr to true beauty and a sacred martyr to the faith of supreme goodness. The sacred martyrdom of the saint Nobunaga Oda is a sacred tragedy. This sacred tragedy is the saint legend of the holy war of the saint Nobunaga Oda and his holy warriors.
聖なる猫の友達だよ。 殺し合いの権力ダッシュ。成熟した民主主義。 殺しと侮り。殺していいと侮る。 末法思想殲滅のBITCH殺戮の聖人の織田信長と聖なる戦士達。 聖性とイマーゴに唾を吐き冒涜するBITCHがいる。 人間性の冒涜であるBITCH殺戮の聖性 そして殉教とは聖人の死によって成立する聖人伝。 そして殉教とは聖人の織田信長と聖なる戦士達の悲惨な死によって成立する聖人伝。 織田聖伝説 そして殉教とは聖人の悲惨な性的虐待と処刑によって成立する聖人伝。 聖人ジャンヌダルクの聖伝説 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」 映画「風の谷のナウシカ」の聖人のナウシカの奇跡の物語 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. There is BITCH that spits on holiness and imago and blasphemy. BITCH slaughter sacredness that is a blasphemy of humanity And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the tragic death of saint Nobunaga Oda and sacred warriors. Oda Saint Legend And martyrdom is the saint's biography established by the miserable sexual abuse and execution of the saint. Saint Jeanne d'Arc legend 'If I am not blessed, God will give it. If I am blessed, God will leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.” The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind' 'If I am not blessed, God may give it. If I am blessed, God may leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.”
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the death of the saint Nobunaga Oda and the sacred warriors. Oda Saint Legend The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind'
聖なる猫の友達だよ。本当は聖なる友達が欲しかったけど現実には無理だったよ。聖なる猫の誕生だよ。聖なる猫の友達だよ。
Holy cat friend. I really wanted a holy friend, but in reality it was impossible. Birth of a holy cat. Holy cat friend.
そしてコロナの時代がやってきました。この時代に自分の信頼できる聖なる方へ変わらぬ聖なる信頼と変わらぬ聖なる尊敬と変わらぬ聖なる愛をお伝えしたいのです。このコロナ時代は聖なる人間社会と聖なる人間性が問われる時代になったのではないでしょうか?聖なる人間性の否定の時代ではなく逆にこういう時こそ全く逆に聖なる人間性が問われる時代なのではないでしょうか?あばずれた時代のあべこべで済んだ時代の終末と聖なる黙示録の時代になったのではないでしょうか? 聖なる福音書のはじまりと地獄の聖なる黙示録のはじまりを告げています。 聖なるものと聖なるイマーゴを冒涜するものは永遠の地獄へ堕ちる。
And the age of corona has arrived. In this era, I would like to convey to my trustworthy holy one the same holy trust, my holy respect, and my holy love. Isn't this corona era a time when sacred human society and sacred humanity are being questioned? Isn't it not the age of denial of the sacred humanity, but conversely, is it the time when the sacred humanity is tested in the opposite way? Isn't it the time for the apocalypse and the holy apocalypse of the times that were out of order? It marks the beginning of the holy gospel and the beginning of the holy apocalypse in hell. Those who blaspheme sacred things and those who blaspheme Imago fall to eternal hell.
『焚書坑儒の始皇帝』 'Император Шошокен Конфуций' 'Emperor of Shoshoken Confucius' '분서 갱유의 진시황 ' “孔子皇帝” 
「冒涜について―アンチキリスト」
キリストと言われるものはIēsous Christos; Jesus Christもとは神に選ばれ,塗油を受けた者を意味するヘブライ語メシアのギリシア語訳です。ヘブライズムとヘレニズムの流れがありヘブライズムとしてのユダヤ一神教からヘレニズムとしてのキリスト教がナザレの死後にキリストの教えとして広まりその教会の教義としてキリスト教が誕生していきました。ヘーゲルは後世にキリスト教が世界性を持った歴史的過程を理性の狡知と言いましたが私はそれは違うと思います。やはりナザレのイエスの存在が聖なる行いが特別な何かがあったことを見ずしてただ世界性としてヘゲモニーを握ったからと言ってそのことだけで評価するのはメシアであるナザレのイエスのオマージュはあるがイマーゴを冒涜した姿勢であると思います。これは日本の聖なるアニメ映画を作る聖なる宮崎駿監督へのオマージュを表明しその絵コンテを研究しアニメ制作に利用したアニメーターが結局は聖なる宮崎駿へのオマージュが絵コンテのアニメーターとしての宮崎駿しか見ていない。そうではないのだ宮崎駿の聖なる凄さは決して絵コンテだけではなく演出家・脚本・監督としての聖なる総合監督でありその聖なる凄さへの聖なるオマージュをアニメーターだけで見てしまい聖なるイマーゴとしての聖なるものへの信仰として真善美への信仰と最高善の道理を至上命令とする最高善の信仰があるという最も大切な聖なるイマーゴを完全に冒涜した宮崎駿への解釈をやってのけるのです。聖なる宮崎駿の聖なるイマーゴは、それは言葉で言えば最高善への信仰と真善美への信仰と愛への信仰、最愛への信仰、隣人愛への信仰とそして罪を悔い改める者への人間愛としての聖なる愛の信仰があるのです。聖なるオマージュであるなら聖なるイマーゴも見なければなりません。聖なる宮崎駿監督への聖なるオマージュのないアニメ映画関係者が日本のアニメ界で冒涜を肯定するアニメを作り続けています。コミックにしても冒涜を煽りそれが凄いことだとする内容の作品を作り続けています。何故そこまで冒涜を推奨する作品を作り続けるのでしょう? アンチキリストの冒涜のついて―人間冒涜の歴史 私の知る限り日本の歴史史上で最大のアンチキリストの存在は織田信長に関することです。織田信長は日本の歴史至上で最も混乱した戦国時代と言われる最悪の末法思想が支配した仏教を冒涜した世界に突如に現れた奇跡的な存在でした。彼の逸話は歴史小説家の坂口安吾の二冊の小説である小編「織田信長」と長編「信長」に書かれています。坂口安吾は信長のことを日本国内での調査ではなく自ら語学を学びその当時に日本にいた海外からやってきた人たちの海外にある文献から信長のことを調査して作品を仕上げたと言われています。海外資料を見つけそういった調査を自ら真面目に行ったのは坂口安吾が最初の人だと言われています。その中で小編「織田信長」には池に住む龍の噂を聴いた信長が自ら裸になってその池に潜りそれを確かめた逸話が書かれています。織田信長は長編「信長」において「大うつけもの「OOUTUKEMONO」(中身が空っぽな男)」と周囲から評価されその理が理解されない存在として描かれている。この小説の最後は「桶狭間の戦い」であるがそこで勝利した信長軍の足軽連中は皆途方に暮れたと言われている。何故勝ったんだろうか理解できていない信長軍の足軽連中達の描き方が面白い。そして作品中に出てくる信長の従う最重要な戦士は「柴田権六」である。これはの死後に信長の妹である「お市の方」(OICHINOKATA)と共に後継者争いの名目で滅ぼされた柴田勝家のことである。彼は当初は敵として戦っていた敵方の武将であったが信長の聖なる姿勢への心服から彼に心底従った信長軍の最重要人物の戦士として描かれている。 坂口安吾は彼の独自研究に於いて自ら語学を治め海外文献を渉猟し独自に日本人として信長を研究した人物である。彼は学者であり小説家だった。そして聖なる歴史を探求していた。 ただこの日本人の海外文献の研究に対しての外国人の証言がその冒涜として利用されているのが現実である。 完全に日本人の研究を否定しその学者として又は日本の歴史学者としての価値を否定し冒涜したものが「フロイス日本史」と『信長公記』(しんちょうこうき)でありこの二つは信長の殉教を否定し冒涜する理由がある。 フロイスはポルトガル人でその後の日本における利権を独占するはずだった。 長崎出島「出島は幕府によって1634年(寛永11年)から1636年にかけてポルトガル人を管理する目的で建設された」 ただ当時の「近代世界システム」(イマニュエル・ウォーラーステイン)によると世界史の中で「ヘゲモニー国家」が生まれた。それが「オランダ」だった。だから当初はポルトガルだったがヘゲモニー国家としてオランダが日本に乗り込んできたのだ。ただポルトガルを継承したオランダは「フロイス日本史」を継承したので海外ではそれが正史とされているし日本では海外の評価として「フロイス日本史」を利用している。だがそれは日本の聖なる歴史を冒涜したものであり狂った冒涜歴史観を持っているのが日本人なのである。
'About Profanity-Antichrist'
The so-called Christ is Iēsous Christos; Jesus Christ is a Greek translation of the Hebrew Messiah, which means the person who was originally chosen by God and oiled. There is a flow of Hebrewism and Hellenism. From Jewish monotheism as Hebrewism, Christianity as Hellenism spread as the teaching of Christ after the death of Nazareth, and Christianity was born as the doctrine of the church. Hegel later called the historical process of Christianity world-wide as wisdom of reason, but I think that is not the case. The homage of Jesus of Nazareth, which is the Messiah, is evaluated only by saying that the existence of Jesus in Nazareth held the hegemony as a globality without seeing that the sacred deeds had something special. However, I think it is a blasphemous attitude. This is an homage to the sacred director Hayao Miyazaki who makes sacred Japanese animation movies, the animator who researched the storyboard and used it for animation production is the homage to the sacred Miyazaki Hayao Miyazaki only as an animator of the storyboard I haven't seen it. That's not the case. Hayao Miyazaki's holy awesomeness is not only a storyboard, but also a holy general director as a director, screenwriter, and director. As a belief in the sacred thing, there is a faith in true good beauty and a belief in the highest good that the highest reason is the highest order, and the interpretation of the most important sacred imago is Hayao Miyazaki. Sacred Miyazaki Hayao's holy imago, in words, is faith in the highest good and faith in true good beauty and faith in love, faith in beloved, faith in love for neighbors and human love for those who repent of sin. There is a holy love faith. If it's a sacred homage, you must also see a sacred imago. Anime film officials without sacred homage to the sacred director Hayao Miyazaki continue to create anime that affirm blasphemy in the Japanese animation world. Even in comics, I continue to create works with a blasphemy sensation and what it says is amazing. Why do you continue to make works that encourage blasphemy? On the Desecration of Antichrist-History of Desecration of Humans As far as I know, the biggest existence of Antichrist in Japanese history is about Nobunaga Oda. Nobunaga Oda was a miraculous figure that suddenly appeared in a world that blasphemed Buddhism ruled by the worst endocracy thought to be the most confused Sengoku period in Japanese history. His anecdote is written in two novels by historical novelist Ango Sakaguchi, 'Nobunaga Oda' and 'Nobunaga'. It is said that Ango Sakaguchi finished Nob Nagano's work by studying Nobunaga from literature overseas that was learned from people who were in Japan at the time, studying the language, rather than studying it in Japan. I will. It is said that Ango Sakaguchi was the first person to seriously conduct such surveys to find foreign materials. In the short story, 'Nobunaga Oda', there is an anecdote that Nobunaga, who heard the rumor of a dragon living in a pond, went naked into the pond and confirmed it. Nobunaga Oda is depicted in the feature film 'Nobunaga' as being 'Ou Tsukemono 'OOUTUKEMONO' (a man with empty contents)' and whose reason is not understood. At the end of this novel is the 'Battle between Okezama', but it is said that the Nobunaga army's Ashgaru troupe who won there was at a loss. It is interesting how to draw the Nogaraga army's Ashikaga guys who do not understand why they won. And the most important warrior that Nobunaga follows in the work is 'Gonroku Shibata'. This is Katsuie Shibata, who was destroyed after the death of Nobunaga's sister 'Oichinokata' (OICHINOKATA) in the name of fighting for a successor. He was originally an enemy warlord who was fighting as an enemy, but is depicted as the most important figure warrior of the Nobunaga Army who obediently followed him due to Nobunaga's sacred attitude. Ango Sakaguchi is the person who independently studied Nobunaga as a Japanese by his own research, governing the language himself, hunting foreign literature, and studying abroad. He was a scholar and a novelist. And he was searching for sacred history. However, it is the reality that the testimony of foreigners to this study of foreign literature by Japanese people is used as a profanity. The profession that completely denied Japanese research and denied its value as a scholar or as a Japanese historian was 'Freuss Japanese History' and 'Nobunaga Koki' (Shincho Koki), and these two are Nobunaga's martyrdom. There is a reason to deny and blasphemy. Frois was a Portuguese and was to monopolize his subsequent interests in Japan. Dejima Nagasaki 'Dejima was constructed by the Shogunate from 1634 (Kanei 11) to 1636 to manage the Portuguese.' However, according to the 'modern world system' (Imanuel Wallerstein) of that time, a 'hegemony nation' was born in world history. That was the Netherlands. Therefore, initially it was Portugal, but the Netherlands came into Japan as a hegemony nation. However, the Netherlands, which inherited Portugal, inherited 'Frois Japanese History', so it is regarded as a true history abroad, and in Japan, 'Flois Japanese History' is used as an overseas evaluation. However, it is a blasphemy of Japan's sacred history, and it is the Japanese who have a crazy view of blasphemy history.
私は名古屋に住み生活したことがあるがどうして名古屋の名称が織田家の「那古野城」と尾張徳川家の「名古屋城」になっているかどうしても理解できなかった。
「信長は、早くに信秀から那古野城を譲られ、城主となっている[注釈 11]。『信長公記』によれば、信長には奇天烈な行動が多く、周囲から大うつけと呼ばれたという[10]。なお、人質となっていた松平竹千代(後の徳川家康)と幼少期の頃に知り合っていたとも言われるが、可能性としては否定できないものの、そのことを裏付ける史料はない。」
信長公記 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動
信長公記/陽明文庫所蔵 『信長公記』(しんちょうこうき)とは戦国大名・織田信長の一代記。戦国時代から安土桃山時代にかけての史料。著者は信長旧臣の太田牛一。原本は江戸時代初期に成立した[1]。全16巻。 著者 太田牛一 幕府 織豊政権 主君 斯波義統、柴田勝家、織田信長、丹羽長秀、丹羽長重、豊臣秀吉、豊臣秀頼
米沢藩上杉氏旧蔵本である個人蔵十冊本の内題が「しんちやうき」なので「しんちょうき」と読まれていたと考えられている 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
信長の後継者を決める最重要会議「清須会議」にしても、信長ゆかりの清州を冒涜して付けられているとしか思えない。
Even the most important meeting, the Kiyosu Meeting, which decides the successor to Nobunaga, seems to have been blasphemous about Cheongju, which is related to Nobunaga.
だいたい清州とはどこなのか?
Where is Cheongju?
信長の生まれた「弾正忠家」は、尾張国の下四郡の守護代であった織田大和守家(清洲織田家)の家臣にして分家であり、清洲三奉行という家柄であった。
チョンジュ【清州】〔市〕 Ch’ǒngju 韓国,チュンチョンプク(忠清北)道の西部にある市。道庁所在地。 1949年市制。クム(錦)江の支流ムシム(無心)川の流れるチョンジュ盆地にあり,クム江流域の平野部と,ノリョン(蘆嶺)山脈,ソベク(小白)山脈との漸移地域に発達した。新羅時代に西原京がおかれ,高麗時代には清州牧となった。李氏朝鮮でも軍事,地方行政の要地で,08年チュンジュ(忠州)に代って道庁所在地となった。チュンブク(忠北)鉄道が通り,西方にキョンブ(京釜)高速道路のインターチェンジがある。農産物の集散や加工が行われる。 70年代に工業団地が造成され,繊維,機械,化学,食品などの工場が建設された。タバコの産出が多く,米,オオムギ,ジャガイモ,モモなども栽培される。弥勒七体仏のあるヨンファ(竜華)寺,道立公園のファヤン(華陽)洞などがある。面積 65km²。人口 49万 7429(1990推計)。 『ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版』 Britannica Japan Co., Ltd./ Encyclopaedia Britannica, Inc.
みろく【弥勒】 Maitreya 釈迦仏の次にこの世に現れ,仏となるとされる菩薩。慈氏と訳する。『弥勒下生経』などによると,弥勒菩薩は現在⇨兜率天(とそつてん)にあって説法しており,釈迦入滅後 56億 7000万年後に下生し,釈迦の説法に漏れた無数の衆生を救済するという。下生のときにはすでに釈迦仏の代りとなっているので菩薩ではなく仏となっており,そのために将来仏,当来仏とも呼ばれる。弥勒仏信仰は,インド,中国,日本で広まり,多くの像や来迎図がつくられたが,像容は菩薩形と如来形に大別される。遺品としては,京都広隆寺の木造『半跏思惟像』(飛鳥時代)が最も有名で,ほかに奈良当麻寺の『弥勒仏像』(白鳳時代),興福寺北円堂の運慶作木造如来形の『弥勒仏像』(鎌倉時代)などが知られる。(→メシア) 『ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版』 Britannica Japan Co., Ltd./ Encyclopaedia Britannica, Inc.
清州から【弥勒】Maitreyaが生まれ仏教の否定をする末法思想を殲滅し釈迦入滅後 56億 7000万年後に下生し,釈迦の説法に漏れた無数の衆生を救済するというメシアとして突如現れた人間だった。
信長はメシアだったのだ。
聖なる信長のメシアとしての存在が日本にあった。
Nobunaga was the Messiah.
There was a sacred Nobunaga messiah in Japan.
とそつてん【兜率天】 仏教の宇宙観にある天上界の一つ。欲界の六天(四王天,とう利天,夜摩天,兜率天,化楽天,他化自在天)のうちの第4にあたるところ。サンスクリット語では Tuṣitaといい,音写して都率(とそつ),都史多(とした)とし,上足,知足と訳す。ここには七宝でできた宮殿があり,そこには内院と外院とがある。前者には弥勒菩薩が住み,説法を行なっている。後者には天衆の遊楽の場所がある。ここでは寿命は 4000歳で,その1日は人間界の 400年に相当するという。また仏伝によると釈迦はここから降下して摩耶夫人の胎内に宿り,生誕したとされている。この天を絵画化したものに,大阪府の延命寺の『兜率天変相図(兜率天曼荼羅)』がある。 『ブリタニカ国際大百科事典 電子辞書対応小項目版』 Britannica Japan Co., Ltd./ Encyclopaedia Britannica, Inc.
敦盛 (幸若舞) 1184年(元暦元年)(平家方の呼ぶ寿永2年)、治承・寿永の乱(源平合戦)の一戦である須磨の浦における「一ノ谷の戦い」で、平家軍は源氏軍に押されて敗走をはじめる。 平清盛の甥で平経盛の子、若き笛の名手でもあった平敦盛は、退却の際に愛用の漢竹の横笛(青葉の笛・小枝)を持ち出し忘れ、これを取りに戻ったため退却船に乗り遅れてしまう。敦盛は出船しはじめた退却船を目指し渚に馬を飛ばす。退却船も気付いて岸へ船を戻そうとするが逆風で思うように船体を寄せられない。敦盛自身も荒れた波しぶきに手こずり馬を上手く捌けずにいた
織田信長と『敦盛』 直実が出家して世をはかなむ中段後半の一節に、
思へばこの世は常の住み家にあらず 草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし 金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる 南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり 人間五十年、化天[1][2]のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ
菩提の種(読み)ぼだいのたね の 種(たね)ぼだい菩提 精選版 日本国語大辞典の解説
さとりを開く機縁。仏果を得るに至る動機。 ※栄花(1028‐92頃)うたがひ「百千万劫のぼだいのたね、八十三年の功徳の林」
織田信長とは何か?彼は菩提の種でありさとりを開く機縁。仏果を得るに至る動機を持つメシアだった。 What is Oda Nobunaga? He is a bodhi seed and has an opportunity to open a basket. It was a messiah who had the motive to get Buddhist fruits.
【人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり 一度生を享け、滅せぬもののあるべきか】
という詞章があり、織田信長がこの節を特に好んで演じたと伝えられている。 「人間(じんかん、又は、にんげん)五十年」は、人の世の意。 「化天」は、六欲天の第五位の世化楽天で、一昼夜は人間界の800年にあたり、化天住人の定命は8,000歳とされる。「下天」は、六欲天の最下位の世で、一昼夜は人間界の50年に当たり、住人の定命は500歳とされる。信長は16世紀の人物なので、「人間」を「人の世」の意味で使っていた。「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」は、「人の世の50年の歳月は下天の一日にしかあたらない、夢幻のようなものだ」という意味になる。現代において、「(当時の平均寿命から)人の一生は五十年に過ぎない」という意味としばしば誤って説明される場合があるが、この一節は天界を比較対象とすることで人の世の時の流れの儚さについて説明しているだけで、人の一生が五十年と言っているわけではない。 特に、桶狭間の戦い前夜、今川義元軍の尾張侵攻を聞き、清洲城の信長は、まず『敦盛』のこの一節を謡い舞い、陣貝を吹かせた上で具足を着け、立ったまま湯漬を食したあと甲冑を着けて出陣したという『信長公記』の伝記がある。
これは人間とは天下を取る夢を追う旅人であるという夢追い人という信長像ではなく滅せぬものはないという殉教として生きる覚悟を示したものである。
This is not a figure of Nobunaga, a dream chaser that humans are travelers who pursue dreams of taking the whole world, but a determination to live as a martyrdom that there is nothing that cannot be destroyed.
信長の殉教への覚悟を示し好んで舞った『敦盛』だった。「本能寺の変」の死を前にして名誉ある聖なる殉教者となる時に涙を流して悔やむはずのない信長の殉教への覚悟の舞だったのだ。
It was 'Atsumori,' which Nobunaga was prepared to dance to and was dancing to. It was a dance of Nobunaga's martyrdom that she could not regret and shed tears when he became a prestigious sacred martyr before the death of 'Honnoji no Hen'.
『フロイス日本史』フロイスの描くこのような「絶対君主」的な信長像 Luis Frois, Historia de Japam. Edição anotada por Jose Wicki. 5 vols. Biblioteca Nacional de Lisboa, 1976-1984. Luis Frois, Die Geschichte Japans (1549-1578). nach der Handschrift der Ajudabibliothek in Lissabon ubersetzt und Kommentiert von G. Schurhammer und E. A. Voretzsch. Leipzig, 1926.
歴史学者の池上裕子は、同時代人による信長についての「もっとも的確でまとまった人物評」は、宣教師ルイス・フロイスのものであると述べている[210]。信長について「きわめて稀に見る優秀な人物であり、非凡の著名なカピタン(司令官)として、大いなる賢明さをもって天下を統治した者であったことは否定し得ない 」[211]とも述べたフロイスによれば、信長は次のような人物であった。
彼は中くらいの背丈で、華奢な体躯であり、ヒゲは少なく、はなはだ声は快調で、極度に戦を好み、軍事的修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格であった。彼は自らに加えられた侮辱に対しては懲罰せずにはおかなかった。いくつかの事では人情味と慈愛を示した。彼の睡眠時間は短く早朝に起床した。貪欲でなく、はなはだ決断を秘め、戦術に極めて老練で、非常に性急であり、激昂はするが、平素はそうでもなかった。彼はわずかしか、またはほとんど全く家臣の忠言に従わず、一同からきわめて畏敬されていた。酒を飲まず、食を節し、人の扱いにはきわめて率直で、自らの見解に尊大であった。彼は日本のすべての王侯を軽蔑し、下僚に対するように肩の上から彼らに話をした。そして人々は彼に絶対君主に対するように服従した。彼は戦運が己に背いても心気広闊、忍耐強かった。彼は善き理性と明晰な判断力を有し、神および仏の一切の礼拝、尊崇、並びにあらゆる異教的占卜や迷信的慣習の軽蔑者であった。形だけは当初法華宗に属しているような態度を示したが、顕位に就いて後は尊大に全ての偶像を見下げ、若干の点、禅宗の見解に従い、霊魂の不滅、来世の賞罰などはないと見なした。彼は自邸においてきわめて清潔であり、自己のあらゆることをすこぶる丹念に仕上げ、対談の際、遷延することや、だらだらした前置きを嫌い、ごく卑賎の家来とも親しく話をした。彼が格別愛好したのは著名な茶の湯の器、良馬、刀剣、鷹狩りであり、目前で身分の高い者も低い者も裸体でルタール(相撲)をとらせることをはなはだ好んだ。なんぴとも武器を携えて彼の前に罷り出ることを許さなかった。彼は少しく憂鬱な面影を有し、困難な企てに着手するに当たっては甚だ大胆不敵で、万事において人々は彼の言葉に服従した。 — 『フロイス日本史』より[212] フロイスの描くこのような「絶対君主」的な信長像は、信長の実際の言動と矛盾しない適切な描写であると池上裕子は言う[210]。他方、歴史学者の神田千里によれば、こうした信長の人物像は日本の史料で確認できない部分も多く、以下で述べるとおり、このフロイスによる信長の評価を鵜呑みにすることは問題も多い  (wikipedia)
『完訳フロイス日本史』全12巻、中公文庫、2000年。 織田信長篇 I 将軍義輝の最期および自由都市堺 ISBN 4-12-203578-3(単行本では3巻、五畿内編I) 織田信長篇 II 信長とフロイス ISBN 4-12-203581-3(4巻、五畿内編II) 織田信長篇 III 安土城と本能寺の変 ISBN 4-12-203582-1(5巻、五畿内編III) 豊臣秀吉篇 I 秀吉の天下統一と高山右近の追放 ISBN 4-12-203583-X(1巻、豊臣秀吉編I) 豊臣秀吉篇 II 「暴君」秀吉の野望 ISBN 4-12-203584-8(2巻、豊臣秀吉編II) 大友宗麟篇 I ザビエルの来日と初期の布教活動 ISBN 4-12-203585-6(6巻、豊後編I) 大友宗麟篇 II 宗麟の改宗と島津侵攻 ISBN 4-12-203586-4(7巻、豊後編II) 大友宗麟篇 III 宗麟の死と嫡子吉統の背教 ISBN 4-12-203587-2(8巻、豊後編III) 大村純忠・有馬晴信篇 I 島原・五島・天草・長崎布教の苦難 ISBN 4-12-203588-0(9巻、西九州編I) 大村純忠・有馬晴信篇 II 大村・竜造寺の戦いと有馬晴信の改宗 ISBN 4-12-203589-9(10巻、西九州編II) 大村純忠・有馬晴信篇 III 黒田官兵衛の改宗と少年使節の帰国 ISBN 4-12-203590-2(11巻、西九州編III) 大村純忠・有馬晴信篇 IV キリシタン弾圧と信仰の決意 ISBN 4-12-203591-0(12巻、西九州編IV)
信長は、早くに信秀から那古野城を譲られ、城主となっている[注釈 11]。『信長公記』によれば、信長には奇天烈な行動が多く、周囲から大うつけと呼ばれたという
この信長評も怪しい。信長がどうやって登場したのか?それがメシアとして現れた者のその聖なる存在が否定されたその聖性への冒涜が現在の日本の歴史であるが、それは聖なる歴史ではなく織田信長というメシアとしての聖なる指導者が存在したことは興味深い。この日本人は世界的にも聖なる存在である。日本歴史上にとって燦然と輝くはずのメシア(Maitreya)だったのだ。
his Nobunaga reputation is also doubtful. How did Nobunaga appear? The blasphemy to the sacredness where the sacred existence of the person who appeared as the Messiah was denied is the present history of Japan, but it is not the sacred history, but the existence of Oda Nobunaga, the holy leader as the Messiah, existed. Interesting. This Japanese is a sacred existence in the world. It was a messiah (Maitreya) that should shine brightly in Japanese history.
チョンジュ【清州】〔市〕 (信長の清州でもある。) Ch’ǒngju 韓国
豊臣秀吉の政権の朝鮮へ2度の出兵である文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき) 日本の天下統一を果たした天下人・秀吉は大明帝国の征服を目指し、配下の西国の諸大名を糾合して遠征軍を立ち上げた。秀吉は(明の)冊封国である李氏朝鮮に服属を強要したが拒まれたため、この遠征軍をまず朝鮮に差し向けた。小西行長や加藤清正らの侵攻で混乱した首都を放棄した朝鮮国王宣祖は、明の援軍を仰いで連合軍でこれに抵抗しようとした。明は戦闘が遼東半島まで及ばぬよう日本軍を阻むために出兵を決断した。以後、戦線は膠着した。休戦と交渉を挟んで、朝鮮半島を舞台に戦われたこの国際戦争は、16世紀における世界最大規模の戦争であった[11][注 13]。
これは冒涜として行われた戦争であるだろう。
信長というメシアの存在への冒涜として信長の思想の信仰を最大に冒涜するために行われた信長信仰の大冒涜の大事件だったのだ。
信長の信仰を冒涜するための大事変がこの二度にわたる朝鮮出兵だった。
This would be a blasphemous war.
It was a great blasphemy incident of Nobunaga's faith, which was carried out in order to blaspheme the faith of Nobunaga's thought as the blasphemy to the existence of the Messiah Nobunaga.
The two major events in Korea to blaspheme Nobunaga's faith were the two Korean troops. 「唐入り」や「唐御陣」や「朝鮮征伐」や「朝鮮征伐」や「壬辰倭乱」や「丁酉倭乱」
幕末時代 壬生浪士 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動検索に移動 壬生浪士(みぶろうし)あるいは精忠浪士(せいちゅうろうし)は、新選組の前身集団。
どうして当時の体制派だった徳川幕府が壬生浪士という哀れと言われる者となるのかも分からん。
朝鮮へ中国への大冒涜行為は日本人の信長の信仰への冒涜行為がある。何故そこまでメシアの存在を否定するのか?何故海外の人はそのことを日本人に指摘しないのか不思議な感じだった。
この大冒涜事件が最も恐れているのは人間冒涜を崇拝する者がメシアへの信仰を恐れているのだ。
これは日本におけるメシアの存在があったことを示していている。
はじめに言葉ありき 言葉を解釈で冒涜する行為が解釈論  信長解釈論は大冒涜である。 解釈論は大冒涜の論理だった。
I don't know why the Tokugawa Shogunate, which was a systematic group at the time, became a poor man named Mibu Ronin.
A blasphemy act against Korea to China is a blasphemy act against the faith of the Japanese Nobunaga. Why do you deny the existence of the Messiah so far? It was a mystery why foreigners wouldn't point that out to the Japanese.
The greatest fear of this great blasphemy is that those who worship human blasphemy fear the faith in the Messiah.
This indicates that there was a Messiah in Japan.
In the beginning there are words Interpretation is the act of profaning by interpreting words Nobunaga's interpretation is a blasphemy. Interpretation was a logic of great blasphemy.
「末法思想の正体」 冒涜の世界であります。人を冒涜し人に冒涜された関係だけで人間関係をつくる。人を徹底的に冒涜した従軍慰安婦問題や細菌兵器開発のための生体実験の部隊である石井四郎隊長下の731部隊についてそして南京大虐殺事件があった。人と冒涜の関係を構築する。それは「世も末」であり「末法思想」である。相手をとにかく大冒涜し冒涜の挑発を続ける、そして相手が冒涜へ堕ちるのを見て相手こそ冒涜だと大冒涜する。それが冒涜の関係を作る日本社会の姿です。織田信長の死後行われた朝鮮半島への侵略は織田信長へオマージュを持った豊臣秀吉によって行われたとされていますが実は織田信長は大陸の理の文化へ深い尊敬の念を持っていた。それは彼が異常とされた日本独特の世界観の中で彼の行為はそういった進んだ文化への冒涜として織田信長の理の方が中身がないOOUTUKEMONO(中身のない人間)とされています。織田信長に聖なるオマージュを寄せたのは柴田勝家でした。その柴田勝家は滅ぼされました。聖なるオマージュには聖なるイマーゴがあるのです。織田信長の聖なるイマーゴへの大冒涜がその後の日本の大冒涜の事件を織田信長こそがその元凶とすることで徹底的に冒涜したのです。 そして新元号(REIWA)の由来であるその日本の元号(REIWA)は、この万葉集の「巻五 梅花の歌三十二首并せて序」の一節を典拠としており、本来中身のない詩の方が中身があるとされたのです。その元号の逆転事件が新元号(REIWA)なのです。これは日本史上に残る歴史的元号の大冒涜事件です。そして朝鮮への大冒涜事件は聖なるイマーゴを大冒涜する末法思想でありアンチキリストとしての大冒涜社会が人間世界を支配しそれを徹底的に遣り抜くことを胆力とする英雄を英霊を作ったのです。それを祭っているのが靖国神社です。どうして人間はここまで大冒涜にこだわるのでしょうか?織田信長の聖なるイマーゴは清州にあったかもしれません。そこを徹底的に冒涜することにより冒涜できる人間こそが優生民族であり優生人間であるとしたのでしょう。大冒涜できるエリートこそが真のエリートであるとする大冒涜した奴は出世する社会の世界観を作ったのです。テレビ朝日の大下 容子のテレビ朝日アナウンサーはテレビ司会者として視聴者を大冒涜しました。平気で小池都知事に媚びあがりました。彼女は「私は頭が悪くて何もわかりません。」と言ってのけました。凄い胆力です。彼女は役員待遇に大出世しました。大冒涜した者は出世するのです。萩生田光一文部科学大臣の再チャレンジは明らかな贔屓です。再チャレンジを贔屓とする大冒涜です。誰も納得していません。しかし本人は一切を大冒涜して生きていけるのです。凄い胆力です。他にも大冒涜して出世した大英雄が一杯います。田崎四郎のジャーナリストとしての凄い胆力と櫻井よしこの凄い胆力は今までの世界のジャーナリズムの在り方を一変させました。橋下徹の大冒涜は日本国憲法と法学のへの大冒涜であり人権弁護士への懲戒請求の煽りや極刑を煽った光母子殺人事件の被告への死刑への激しい煽りは恐怖を感じました。人権への大冒涜です。でもこれによって彼は大冒涜できるエリートこそが真のエリートであるとする大冒涜した奴は出世する日本社会の鏡とされたのです。日本の鏡の大冒涜ですね。本音と建前の大冒涜もありました。人間の本音はすべからく大冒涜大好きであると人間存在を大冒涜して見せたのです。それをしたフジテレビジョンの剃刀の切れ者の反町理さんは報道局解説委員長です。彼も大出世いたしました。凄すぎる人たちです。他にもアイドル出身で不倫を平気でした大冒涜の政治家がいましたが彼女も凄すぎる大出世をしました。本当に羨ましいです。大変な高い能力を持っています。僕には絶対にできません。大冒涜が高い評価を受ける世界を目指したのが安倍晋三総理大臣です。凄すぎる人です。そして次を狙う大冒涜の政治家は菅義偉の内閣官房長官です。大冒涜をどうするんでしょうか?大冒涜マニュフェストが掲げられるでしょう。凄すぎる胆力です。ただここで胆力というものを織田信長と比較するとどうでしょうか?聖なるイマーゴを大冒涜する末法思想でありアンチキリストとしての大冒涜社の中で突如現れた織田信長というメシアがその殲滅と聖なる隣人愛と最高善の信仰としての真善美の信仰と聖なる隣人愛としての海外との外交を織田信長ならしたでしょう。そしてメシア織田信長は絶対に朝鮮出兵はしなかったでしょう。彼は末法思想殲滅以外は聖なる隣人愛のメシアだったからです。どうしてここまで大冒涜がまかり通ってしまったのでしょう?自虐史観という反省の禁忌を強硬に主張しました。そこが最高善の信仰の至上命令の真逆の真の末法思想の命令であり真のアンチキリストなのです。もうどうしようもない真の末法思想と真のアンチキリスト世界ですがここからはメシア織田信長の神聖喜劇と神聖悲劇である彼のメシアとしての殉教は認めてあげたらいのではないでしょうか? メシア織田信長の善政の政治を目指す話は中国の古典「三国志演技」にも譬えることはできます。聖なる善政メシア織田信長の存在証明をしたらいいのではないかと思いここにその一端を買き記してみました。
'The true identity of end-of-life thought' It's a blasphemy world. A person is blasphemed and a human relationship is created only by the blasphemous person. There was a Nanjing massacre about Unit 731 under Captain Shiro Ishii, a unit of biological testing for the development of bacterial weapons and the issue of comfort women who blamed people thoroughly. Build blasphemous relationships with people. It is “the end of the world” and “the end-of-life idea”. Anyway, the profanity of the opponent is continued and the provocation of the profanity is continued, and when the opponent falls into profanity, the profanity is said to be the profanity. That is the image of Japanese society that makes a blasphemous relationship. It is said that the invasion of the Korean Peninsula after the death of Oda Nobunaga was carried out by Toyotomi Hideyoshi, who had a homage to Nobunaga Oda, but in fact Nobunaga Oda had a deep respect for the scientific culture of the continent. It is said that his actions are OOUTUKEMONO (a human being with no content), in which he has no content, as a blasphemy to such advanced culture, in the world view unique to Japan where he was regarded as anomalous. It was Katsuie Shibata who sent the holy tribute to Nobunaga Oda. The Katsuie Shibata was destroyed. The sacred homage has a sacred imago. Nobunaga Oda's blasphemy of the sacred Imago was thoroughly blasphemed by Oda Nobunaga, who blamed the subsequent blasphemy of Japan. And the Japanese era (REIWA), which is the origin of the new era (REIWA), is based on the section of 'Mangoshu Umeka no Uta 32 Syokushuu Iijuru (Introduction)', which has no content. The poem was supposed to have contents. The reversal case of that era is the new era (REIWA). This is the blasphemy case of a historical era that remains in Japanese history. And the Great Desecration Case against Korea was a sequel to the sacred Imago and the Great Desecration Society as Antichrist created a hero with the courage to dominate the human world and exhaust it thoroughly. Is. It is the Yasukuni Shrine that celebrates it. Why do humans stick to this blasphemy? Nobunaga Oda's holy imago may have been in Cheongju. The person who can blaspheme by thoroughly blaspheming it would be the eugenics and the eugenics. The blasphemous man who made the blasphemous elite the true elite made the world view of the society that succeeded. TV Asahi Yoko Oshimo's TV Asahi announcer has desecrated the viewer as a TV host. I flattered over to Governor Koike. She said, 'I'm stupid and I don't know anything.' It is a great courage. She has made a big leap forward as an officer. Those who desecrate will be promoted. Koichi Hagita's re-challenge by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology is a clear favor. It is a great blasphemy to re-challenge. No one is convinced. However, the person can live in blasphemy. It is a great courage. There are also many other great heroes who have prospered and succeeded. Shiro Tazaki's tremendous courage as a journalist and Yoshii Sakurai This tremendous courage has transformed the world of journalism. Tohashi Hashishita's blasphemy was a blasphemy to the constitution and law of Japan, and I was frightened by the fierce incitement to the death sentence for the defendant in the murder of Mitsuko and the child who blamed the punishment for a legal penalty. .. It is a blasphemy to human rights. However, this made him believe that the elite who can blasphemy is the true elite, and the blasphemy was made a mirror of the Japanese society in which he succeeded. It's the blasphemy of Japanese mirrors. There was also a real intention and a great blasphemy of Tatemae. He showed that human beings really blame the blasphemy for all their true intentions. Fuji Television's razor-breaker Osamu Machimachi is the commentary chairman of the news station. He has made a big comeback as well. Too awesome people. There were other profane politicians who were from idols and had no affair with affairs, but she also made a big success. I'm really envious. I have a very high ability. I can never do it. Prime Minister Shinzo Abe aimed at a world where great blasphemy is highly regarded. It's too awesome. The next major politician who is aiming for the next is Yoshihiro Kan, Chief Cabinet Secretary. What would you do to the blasphemy? The Great Desecration Manifest will be raised. It's too awesome. But what about comparing the power of gallancy with Nobunaga Oda? Nobunaga Oda, a Messiah who suddenly appeared in the Great Desecration Company as Antichrist and a holy immoralism, is a messiah, and the Messiah of Nobunaga Oda is the annihilation and sacred neighbor love, and the faith of true good beauty as the faith of supreme goodness and as the sacred neighbor love. Nobunaga Oda would have done foreign affairs. And Messiah Oda Nobunaga would never have dispatched to Korea. Because he was a holy neighbor's messiah of love for his neighbors, except for the destruction of the law. Why has the blasphemy gone so far? He strongly insisted on the contra-indication of self-masochist history. That is the true anti-Christ command, which is the exact opposite of the supreme command of the supreme belief, and the true endemic thought. It is a true ecclesiastical thought and a true anti-Christ world, but from this point on, I should approve of the messianic martyrdom of the Messiah Nobunaga Oda's sacred comedy and tragedy. Messiah Oda Nobunaga's story of aiming for good politics can be compared to the Chinese classic 'Three Kingdoms Acting.' I thought I should prove the existence of the holy good messiah Nobunaga Oda, so I bought a part of it here.
「個人的な冒涜についての嘆きと告白」
隣人愛と最愛人への愛 私が嘆くのは私の人間関係において私が行う隣人愛とその中で私が抱く最愛と思う人への愛が大冒涜されて酷い冒涜の扱いを受けたことに嘆きがある。その関係がふざけた逆転をしたり、ふざけた転倒をしたり、あべこべにされて大冒涜されて辛かった。
私が去ったあとグループワークへOBとして参加の誘いが来て私は嘗て最愛と思った者への信仰から嬉々として参加していたがそれがただ「隣人愛と最愛人への愛」を大冒涜するために呼び出しだったと悟った時に人生を嘆いた。そして聖なる愛とその冒涜への認識を明確に持ったのだ。
千葉大学附属病院の精神神経科医の金原信久先生から生体実験の申し入れがあった。それは最愛人が去った後に起こった私にとって冒涜の異常大事件だった。それは突然だった。特に悪いとか異常があったわけではなく通院していた外来の主治医がいきなり生体実験の申し入れをしてきたのだ。その時は主治医と別に大学病院の研究者と名乗る白衣の男が二人狭い診察室にいて異常な光景だった。そして入り口には顔は知っているが全く付き合いがない社会保険労務士(ソーシャルワーカー)が診察室の背後のドアに何故かいつまでもいて見ていた。狭い診察室の密室に医療関係の三人に囲まれた格好だった。なんだか怖かった。その時に金原先生は「****さんは回復されて珍しいからどうかペット療法という放射性物質を使った生体実験へ是非とも協力してもらえないかと申し入れてきた。」その時は私は基本的に隣人愛と聖なる愛と最愛の心理士への信頼があり、なんだかいきなり吃驚することを言うと妙だなとの感想を持った。しかし相手は上手だった。囲い込んだ上で治した信頼を盾にとり「好くなったケース」の実験をしたいと言われた。そして見返りに2000円提供すると言われた。そしてそこには「ペット療法実験」と「CTスキャンの実験」があるといわれた。そしてそれをOKしてしまったことが人生最大の後悔を生む自分が判断したことになる最大の自分への大冒涜事件として大トラウマとなった。その試験内容は最悪だった。金原先生は特別にたいしたことはないから!と言い切っていた。特別に何かある実験ではない。大したものじゃない。ぜひ協力してほしい。その程度の説明だった。その「CTスキャンの実験」は酷い内容だった。普通ではなかったのだ。何の説明もなく行われた「CTスキャンの実験」は頭を固定され上に凄まじい暴音(gannganngangann)を聴かされこれは拷問だと思った。何の説明もなく怖くなった。その後の「ペット療法実験」も固定され口に出したくないような異常なことをされて発狂しそうになった。大拷問だった。これって医者として大裏切りだと思った。だいたい20000円提供と言っても病院までの交通費は自費で結構かかってわざわざ病院へ行っているのに酷い扱い過ぎる。完全は医者への不信感を持った。医者の信用への大裏切りだ。ここに私は私の存在への全否定の大冒涜を医者から感じたのだ。その後にこの経験の大苦痛だったことを医者に訴えたときに「実は私も協力したんだよ」と言ってきた。でも貴方とは立場が違うよ!患者への裏切りではないかと嘆くしかなかった。自分がその申し入れを受けてしまった自らの判断を悔やみ、そして騙し討ちのような遣り方に引っかかてしまったことに悔しさが残った。ただ退職してしまったが私が愛した心理士の方のような聖なる心を持った医療関係者もいる。そして病院世界は医者と看護士などの医療スタッフのヒポクラテス信仰とナイチンゲール信仰(クリミア戦争従軍看護部隊)だったりミネルバ信仰であったりそういった信仰で成り立った世界でもある。だから病院全ては否定できない。だがこのやり方は酷いと思った。今でも大トラウマだ。医者として無神経だ。患者が悔やむことをわざわざさせないでくれ!もう人生の終わりすら感じた。私の人生における私自身の判断とされた大冒涜の事件だった。うんざり人生だ。
'Lamentation and confession about personal blasphemy'
Neighbor love and love for your loved one I mourn the lament that my neighbor's love in my relationships and the love I have for the loved ones that I consider to be the most blasphemous and blasphemous. It was painful for the relationship to play a tricky reversal, to make a funky fall, and to be humiliated and blamed.
After I left, I was invited to participate in the group work as an OB, and I was glad to participate because of my faith in the person I thought was the most loved one, but it was just 'neighbor love and love for my loved one' I lamented my life when I realized that it was a call to blasphemy. And he had a clear understanding of sacred love and its blasphemy.
Professor Nobuhisa Kanehara, a psychiatrist at Chiba University Hospital, has offered us a biological experiment. It was a blasphemy catastrophe for me after my mistress left. It was sudden. It was not that there was anything particularly bad or abnormal, but the outpatient doctor who was visiting the hospital suddenly made a request for a biological test. At that time, there were two men in white coat who were named researchers of the university hospital apart from the attending doctor in the narrow examination room, which was an unusual sight. At the entrance, a social worker, who knows his face but has no relationship with him, was at the door behind the examination room for some reason forever. He was dressed in a closed examination room surrounded by three medical personnel. I was scared. At that time, Dr. Kanehara said, 'Maybe **** is rare after being recovered, so I would like to ask for your cooperation in the biological experiment using radioactive materials called pet therapy.' At that time, I was basically a neighbor. I had the impression that it is strange to say that I am surprised and am surprised because I have love, holy love, and trust in my beloved psychologist. But the opponent was good. He was told that he would like to carry out an experiment on the 'favorable case' with the trust healed after being enclosed as a shield. He was told to offer 2000 yen in return. And it was said that there were 'pet therapy experiments' and 'CT scan experiments'. And it became a great trauma as a great blasphemy case to the self that made the biggest regret in my life that I made it OK. The test contents were the worst. Kanahara has nothing special to do! I was saying that. It's not something special. Not a big deal. Please cooperate. That was the explanation. The 'CT scan experiment' was terrible. It wasn't normal. The 'CT scan experiment', which was conducted without any explanation, had his head fixed and heard a terrible gangbang (gangnan gann), which I thought was torture. I was scared without any explanation. After that, the 'pet therapy experiment' was fixed and he was going to go crazy because he was doing something unusual that he didn't want to say. It was a great torture. I thought this was a big betrayal as a doctor. Even though it is said that about 20,000 yen will be provided, the cost of transportation to the hospital is quite expensive at its own expense and it is treated too badly even though I have to go to the hospital. Perfectly distrust of the doctor. A big betrayal of the doctor's credit. Here I felt the blasphemy of all denial of my existence from the doctor. After that, when I appealed to the doctor that this experience was a great pain, he said, 'Actually, I also cooperated.' But you're in a different position! I had to mourn for the betrayal of the patient. I still regret that I had regretted my decision that I had received the offer, and that I had fallen into a tricking and abusive manner. Some retired medical professionals have a holy heart like the psychologist I loved. And the hospital world is a world made up of the beliefs such as the Hippocrates faith and the Nightingale belief (the Crimea war service nursing unit) of the medical staff such as doctors and nurses, and the Minerva belief. Therefore all hospitals cannot be denied. But I thought this method was terrible. It's still a big trauma. I'm nervous as a doctor. Don't bother the patient for regret! I already felt the end of my life. It was a blasphemy incident that was my own judgment in my life. Tired of life.
聖なる猫の友達だよ。 殺し合いの権力ダッシュ。成熟した民主主義。 殺しと侮り。殺していいと侮る。 末法思想殲滅のBITCH殺戮の聖人の織田信長と聖なる戦士達。 聖性とイマーゴに唾を吐き冒涜するBITCHがいる。 人間性の冒涜であるBITCH殺戮の聖性 そして殉教とは聖人の死によって成立する聖人伝。 そして殉教とは聖人の織田信長と聖なる戦士達の悲惨な死によって成立する聖人伝。 織田聖伝説 そして殉教とは聖人の悲惨な性的虐待と処刑によって成立する聖人伝。 聖人ジャンヌダルクの聖伝説 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」 映画「風の谷のナウシカ」の聖人のナウシカの奇跡の物語 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. There is BITCH that spits on holiness and imago and blasphemy. BITCH slaughter sacredness that is a blasphemy of humanity And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the tragic death of saint Nobunaga Oda and sacred warriors. Oda Saint Legend And martyrdom is the saint's biography established by the miserable sexual abuse and execution of the saint. Saint Jeanne d'Arc legend 'If I am not blessed, God will give it. If I am blessed, God will leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.” The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind' 'If I am not blessed, God may give it. If I am blessed, God may leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.”
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the death of the saint Nobunaga Oda and the sacred warriors. Oda Saint Legend The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind'
聖なる猫の友達だよ。本当は聖なる友達が欲しかったけど現実には無理だったよ。聖なる猫の誕生だよ。聖なる猫の友達だよ。
Holy cat friend. I really wanted a holy friend, but in reality it was impossible. Birth of a holy cat. Holy cat friend.
そしてコロナの時代がやってきました。この時代に自分の信頼できる聖なる方へ変わらぬ聖なる信頼と変わらぬ聖なる尊敬と変わらぬ聖なる愛をお伝えしたいのです。このコロナ時代は聖なる人間社会と聖なる人間性が問われる時代になったのではないでしょうか?聖なる人間性の否定の時代ではなく逆にこういう時こそ全く逆に聖なる人間性が問われる時代なのではないでしょうか?あばずれた時代のあべこべで済んだ時代の終末と聖なる黙示録の時代になったのではないでしょうか? 聖なる福音書のはじまりと地獄の聖なる黙示録のはじまりを告げています。 聖なるものと聖なるイマーゴを冒涜するものは永遠の地獄へ堕ちる。
And the age of corona has arrived. In this era, I would like to convey to my trustworthy holy one the same holy trust, my holy respect, and my holy love. Isn't this corona era a time when sacred human society and sacred humanity are being questioned? Isn't it not the age of denial of the sacred humanity, but conversely, is it the time when the sacred humanity is tested in the opposite way? Isn't it the time for the apocalypse and the holy apocalypse of the times that were out of order? It marks the beginning of the holy gospel and the beginning of the holy apocalypse in hell. Those who blaspheme sacred things and those who blaspheme Imago fall to eternal hell.
聖なるものを言葉で示せ 聖なるものを言語で示せ 聖なるものを言語学で示せ
Show the sacred things in words. Show holy things in language. Show sacred things in linguistics
Soma Oishi
聖なる猫の友達だよ。
「殉教とGyokusai(death for honor)の美 日本における独特のあり方は実は聖人のあり方にある。聖なる存在と聖なる人とは?」
日本国の太平洋戦前の名称は「大日本帝国」であった。そして明治維新後に帝国日本は海外へ侵略戦争を挑み続ける。どうしてそんな事になったのか?明治政府と言われる国家政府が実は薩長同盟という軍事同盟で徳川幕府への倒幕運動である尊皇攘夷を掲げて幕府を軍事クーデターで倒し新政権を確立した。天皇を旧江戸城へ移し今の天皇の御所にしたのは軍事クーデターの薩長の軍事同盟である。
大日本帝国の英雄とGyokusai(death for honor)は明らかなその二つの間の差別が日本独特の価値観として文化として日本国民に思想教育をされているのは明確である。ただその思想は真となるものであるだろうか?新政府の英雄は西郷隆盛であり大久保利通であり坂本龍馬であるのです。
殉教とは真善美への殉教としてありえその聖人の死を以て殉教と見做される。シグムンド・フロイドが度重なる癌を治療しながら生き抜き研究を続けた姿勢は聖人でありその死を以て殉教となった。シグムンド・フロイドが医学としての精神分析学の創始者であり聖人である。
大日本帝国とその後継国である日本国は「Gyokusai(death for honor)」という美を殉教の代わりに美徳としました。Gyokusai(death for honor)とは「瓦でまっとうするより,玉のように美しく砕ける」という意の(tile a roof) has no (It's worth understanding.). 「Gyokusai(death for honor)」という言葉を用いた。『北斉書』元景安伝から取ったもの。」である。日本では明治維新の英雄の代表的存在である坂本龍馬や西郷隆盛などの悲劇の死を殉教であり英雄であるとしてその後の戦争に参加した兵士の死を決して殉教として見做さない。例えば大日本帝国の戦争犯罪の東京裁判などではA級戦犯が裁かれ巣鴨のプリズンに収容されましたが彼らA旧戦犯が日本軍国主義の軍神マルスとされ日本兵士の死はGyokusai(death for honor)「(tile a roof) has no (It's worth understanding.)」となっています。
Gyokusai (death for honor)「(tile a roof) has no (It's worth understanding.)」 立派な男子は玉となって砕けるべきで、瓦となって生き抜くべきではない。
Gyokusai (death for honor)「(tile a roof) has no (It's worth understanding.)」は殉教を全く否定することなのです。殉教の全否定がGyokusai (death for honor)なのです。
では日本に聖人はいなかったと言えるかというとそうではありません。日本の文化が殉教の全否定の文化であり中身の空っぽの人間が高評価されるのが日本人の本質です。それはイマヌエル・カントが批判論文集の一つで表明した{「悟性の欠片のない学者」が大学に一杯いる。}という認識です。イマヌエル・カントは日本人を何だかおかしな感じで何故か威張るタイプの民だと書き残しています。この代表が織田信長であるとする悪評が彼に纏い付いています。これは決定的な誤りです。日本における織田信長の存在は末法思想の殺戮を行った救世の聖人だったのです。聖人の織田信長により聖なる戦士達が末法思想の殺戮と「BITCH666=屁理屈」を徹底的に弾圧しました。聖人の織田信長は聖なる行為をした日本の聖人伝説なのです。日本で聖なるホロコーストを行ったのは聖人の織田信長だったのです。 彼は「本能寺の変」と言われる聖人の織田信長への造反により死しその遺体も見つからないという謎の死を遂げたと一般の歴史ではされているものが多いです。その主犯が明智光秀でありその造反の理由が「天皇制の擁護」と「聖なるホロコーストへの無理解」と「自分への酷評への不満」とされています。ただこれはあまりに稚拙な筋書きなのです。明智光秀は聖なる戦士の中では織田信長の鉄砲組の精鋭部隊でありその隊長の明智光秀を徳川家康の接待役で酷評し冷遇したという逸話はあまりに稚拙過ぎる。それで造反したという稚拙過ぎる動機は逆に彼こそが聖人の織田信長の精鋭である鉄砲組の最精鋭部隊(虎の子部隊)であることを示している。聖人の織田信長の死は聖人殺しという聖人ジャンヌ・ダルクの「性的虐待や人格の否定」などを含んだ陰惨な聖人の殺害と同様に日本の歴史史上において最大の聖人の殺害であるだろう。織田信長の死は謎とされている。聖人の織田信長が最も寵愛した聖なる戦士は明智光秀だろう。だから織田信長は最も手元に置いておいたのだ。だから明智光秀の造反は考えられない。当時の毛利元就の末裔である毛利家を攻めていたのは豊臣秀吉とされている。その謎の戦法が理解できない長期戦の「高松城の水攻め 」であり、この戦いは兵糧攻めというかなり人民を苦しめる兵士を苦しめる戦いであり聖なる戦士の聖なる戦い方とは違い違和感を覚える。ここで聖人の織田信長は最精鋭部隊の投入段階へ入った。最も寵愛した聖なる戦士である聖なる明智光秀の投入である。ここで謎の聖人の死が起こりと羽柴秀吉により聖なる織田信長の聖なる戦士達は壊滅し聖なる柴田勝家と聖なるお市の方(野村合戦 お市の方が両端を縛った小豆袋を送り、”織田家は袋のネズミである”ということを暗に伝えた)の最も聖人の織田信長の聖なる近親の聖なる戦士である聖なる柴田勝家も天下を取るという羽柴秀吉により聖人織田信長の妹もろとも殺戮されていったのです。これにより聖人の織田信長と聖なる戦士の聖人伝説は終了してしまうが聖なる行為への意思を持った聖なる人の死は最大の殉教である。彼は聖なるものへ殉教したのだ。真善美へ殉教したのだ。これが聖人の織田信長の聖人伝である。
大聖人 聖なる学者の聖なる卵 聖なる戦士をまとめあげ聖なる戦士達率い聖なる軍団を聖なる創立した聖なる指導者は聖なる織田信長だった。彼の聖なる殉教は聖なる日本の聖なる歴史史上における最大の聖なる殉教の聖なる伝説となった。織田信長とは大聖人なのだ。 冒涜された自分はモテたと思う人はいるかも知れない。虐待され殺されたココアちゃん事件の低学年女子小学生のその父親によって行われた陰惨な虐めによる虐待死事件に於いてその父親の犯行理由が聖なる教育だと主張する。聖なる教育によって子供が虐待死されている。もし本当に聖なる教育ならココアちゃんは聖なる学徒となり聖なる学者となったであろう。聖なる子供であった聖なる学者の卵であったココアちゃんの虐待死大事件は聖なる子供と聖なる学者の聖なる卵を護るために聖なる守護神が必要だという福音を齎している。 聖なる教育と聖なる学習と聖なる躾と聖なるマナーと聖なる流儀と聖なるもの。 聖なる物を守護するために大聖人を立てる。聖なる伝説の織田信長だったのだ。
聖なる猫の聖なる友達 聖なる福音の言葉を喋る聖なる猫 聖なる戦士 聖なるストーカー
私は聖なるストーカーだろう。 職業としての聖なる心理士へのストーカー。 聖なる心理学(imago)の宗教的信仰者としての聖なる心理学者。 彼女の聖なる精神的姿勢の聖なるhumorと聖なるSigismund Schlomo Freud の聖なるhumorは聖なるhumorの聖なるimagoである。 彼女は聖なる心理を信仰する心理学(imago)を理解しているかなり優秀な聖なる心理学者の聖なる卵だった。 彼女(聖なる心理学の聖なるimago)へ変わらぬ聖なる信頼と変わらぬ聖なる尊敬と変わらぬ聖なる愛を永遠に。
私に聖なる救済を齎した聖なる女性へ最愛を永遠に。 聖なる存在への冒涜行為への聖なる罰を聖なる神が聖なる神罰を下さんことを聖なる祈りを捧げます。 聖なる存在への冒涜行為の大罪への聖なる神罰を聖なる祈りを捧げそして聖なる神から聖なる啓示を得た聖なる者がこの世に現れて聖なる救済を齎す。
「はじめに言葉ありき」は聖なる言葉による正確に聖なる表現が聖なる語彙のレッテルではなく、聖なる言語の聖なる表現の正確さににある。できるだけ聖なる言語により出来るだけ聖善に出来るだけ正確な誰にでも出来るだけ分かるような聖なる言語の聖なる表現のことを示している。そして最高善の信仰はその神の聖なる至上命令を誰にでも分かるように示しそしてそれが誰にでも出来るように示さなければなりません。至上の聖なる道理が最高善の聖なる信仰の聖なる至上命令である「悔い改めの道理」なのです。それはもしそれが間違っているとはっきり分かった時には素直に「悔い改めの聖なる道理」の最高善の信仰の至上命令に聖なる服従する。聖なる反省が必要なのです。 「誰にでもできるものでなければ聖なる理想郷などありえないのです。」そしてそれは聖なる信仰があるかないかの聖なる問題となるのです。 私はたいへんな苦しみの中で「柄谷行人」の本を読み、この人は当たっていると直観した。「こんな人がいるんだ。」とその存在が現実にいる活躍している人物であったことに、そんな存在があり得るという世界に希望と救済という聖なる福音を感じた。柄谷行人の存在は聖なる福音だった。聖人の柄谷行人である。 私はこの人は信じられると直観した。そして仮にそれが間違っていたとしても自分のそれを当たっていると直観した自分自身のその判断力に従った自分の間違いでしかないのだ。だから仮に柄谷行人がに偽物でもそれは柄谷行人の所為ではないのだ。その時に又おのれ自身に聖なる最高善の聖なる信仰があるのであれば「悔い改めの道理」を適用し自分自身すっかり聖なる反省をすればいいのだ。それこそが最高善の信仰者の聖なる生き方であり最高善への聖なる殉教としての聖なる生き方なのです。
ヨハネによる福音書 1:1-18
はじめに言葉があり、言葉は神と共にあり、言葉は神であった。 この言葉ははじめに神と共にあった。 すべての物は彼を通して造られた。造られた物で、彼によらずに造られた物はなかった。 彼の内には命があり、命は人の光であった。 光は闇の中で輝くが、闇はそれに打ち勝たなかった。 神から遣わされた一人の人が現われた。その名はヨハネであった。 この人は証人として来た。光について証言するためであり、それはすべての人が彼を通して信じるためであった。 彼自身は光ではなく、光について証言するために遣わされた。 すべての人を啓発する真の光が世に来ようとしていた。 彼は世におり、世は彼を通して造られたのに、世は彼が分からなかった。
彼は自分の所有物のところに来たのに、彼自身の所有物であった者たちは彼を受け入れなかった。 しかし、彼を受け入れたすべての者たち、その名を信じた者たちに、彼は神の子供となる権利を与えた。 すなわち、血によらず、肉によらず、人によらず、神によって生まれた人々である。 言葉は肉となってわたしたちの間に住んだ。わたしたちはその栄光を見た。父のひとり子に属する栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。 ヨハネは彼について証言し、叫んで言った、「この方は、『わたしの後に来る方はわたしよりまさっている。わたしより先にいたからだ』とわたしが言った方だ」。 わたしたちは皆、彼の充満の中から、恵みの上に恵みを受けた。 というのは、律法はモーセを通して与えられ、恵みと真理とはイエス・キリストを通して来たからだ。 いまだ神を見た者はいない。 父の懐にいるひとり子こそ、その方を知らせたのである。
Great saint Holy scholar's holy egg The holy leader who organized the holy warriors and holy the holy warriors was holy Nobunaga Oda. His holy martyrdom has become the greatest holy martyrdom sacred legend in the history of holy Japan. Nobunaga Oda is a great saint. Someone may think that he was blasphemous. He claims that the reason for his father's crime is sacred education in the death of the abusive death of a younger elementary school student who was abusive and killed by his father. Children are abused and killed by holy education. If it was truly holy education, Cocoa-chan would have become a holy student and a holy scholar. The brutally fatal case of Cocoa-chan, the egg of a holy scholar who was a holy child, brings the gospel that a holy guardian deity is needed to protect the holy egg of a holy child and a holy scholar. Sacred education, sacred learning, sacred discipline, sacred manners and sacred manners and sacred things. Set up a saint to protect sacred things. It was the sacred legend Nobunaga Oda.
Holy Cat Holy Friends Sacred cat speaking the words of the holy gospel Holy warrior Holy stalker
I'm a holy stalker. A stalker to the holy psychologist as a profession. A sacred psychologist as a religious believer in Sacred Psychology (imago). The holy humor of her holy spiritual position and the holy humor of the holy Sigismund Schlomo Freud is the holy imago of the holy humor. She was the sacred egg of a fairly talented sacred psychologist who understands the psychology (imago) of belief in sacred psychology. To her (sacred imago of sacred psychology) forever a sacred trust, a sacred respect, and a sacred love forever.
Forever beloved to the holy woman who gave me holy salvation. Holy prayer that the Holy God will subordinate the Holy Divine Punishment to the Holy Prosecution. The holy one who gives holy prayer for the holy punishment for the sin of the blasphemy of the blasphemy, and the holy revelation from the holy God appears in the world to bring the holy salvation.
'Introduction to words' is not the exact sacred expression of the sacred word in the label of the sacred vocabulary, but the accuracy of the sacred expression in the sacred language. It refers to a sacred expression in a holy language that is as accurate as possible and as accurate as possible in the holy language. And the Faith of Supreme Goodness must show the Divine Supreme Command of God in a way that everyone can see and do so to everyone. The supreme holy reason is 'the reason for repentance' which is the sacred supreme order of the holy faith of the highest good. It obediently and holyly obeys the supreme command of the highest belief in the 'holy reason of repentance,' when it becomes clear that it is wrong. We need sacred reflection. “If there is nothing anyone can do, there can be no holy utopia.” And it becomes a holy question of whether or not there is a holy faith. I read the book 'Yukito Karatani' in a great amount of suffering, and I knew this person was hit. I felt the holy gospel of hope and salvation in a world where such an existence could exist, saying, 'There is such a person.' The existence of Yukiya Karatani was a holy gospel. It is a saint, Yukiya Karatani. I had the intuition that this person could be believed. And even if it is wrong, it is just my mistake according to the judgment of myself who intuitively hit it. Therefore, even if Yukiya Karatani is a fake, it is not due to Yukiya Karatani. At that time, if you also have a holy faith of the highest and highest sacredness, you can apply the 'reason of repentance' and do your own holy remorse. That is the holy way of life of the supreme believer and the holy way of life as a holy martyrdom.
John 1:1-18
In the beginning there was a word, the word was with God, the word was God. This word was first with God. Everything was made through him. Nothing was made without him. There was life in him, and life was the light of man. The light shines in the darkness, but the darkness has not overcome it. A person sent by God appeared. Its name was John. This person came as a witness. It was to testify of the light, for everyone to believe through him. He himself was not the light, but was sent to testify about the light. The true light of enlightening all was about to come. He was in the world, and the world was made through him, but the world did not know him.
He came to his property, but those who were his own did not accept him. But he gave all those who accepted him, and those who believed in his name, the right to be children of God. That is, those born of God, not blood, flesh, or people. The words became flesh and lived among us. We saw that glory. The glory of his father's only son, full of grace and truth. John testified about him and shouted, 'I am the one who said,'The one who comes after me is better than me. Because he was before me.'' We all received grace over his grace from his fullness. For the Law was given through Moses, and grace and truth came through Jesus Christ. No one has seen God yet. The only child in his father's pocket made him known.
聖なる猫の友達だよ。 聖の神の聖なる裁きが始まった。 聖なる優生思想。聖なる愛による邪悪の殲滅の聖なる福音書と聖なる黙示録。聖なる福音と地獄の聖なる黙示録の始まりを告げるコロナの聖なる出現。聖の神の聖なる裁きが始まった。
Holy cat friend. The holy judgment of the Holy God has begun. Sacred eugenic thought. Holy Gospel and Holy Apocalypse for the destruction of evil with holy love. The sacred appearance of the corona, which signals the beginning of the holy gospel and the holy apocalypse of hell. The holy judgment of the Holy God has begun.
聖なる猫の友達だよ。 殺し合いの権力ダッシュ。成熟した民主主義。 殺しと侮り。殺していいと侮る。 末法思想殲滅のBITCH殺戮の聖人の織田信長と聖なる戦士達。 そして殉教とは聖人の死によって成立する聖人伝。 そして殉教とは聖人の織田信長と聖なる戦士達の死によって成立する聖人伝。 織田聖伝説 映画「風の谷のナウシカ」の聖人のナウシカの奇跡の物語
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the death of the saint Nobunaga Oda and the sacred warriors. Oda Saint Legend The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind 聖なる猫の友達だよ。本当は聖なる友達が欲しかったけど現実には無理だったよ。聖なる猫の誕生だよ。聖なる猫の友達だよ。
Holy cat friend. I really wanted a holy friend, but in reality it was impossible. Birth of a holy cat. Holy cat friend.
聖なる猫の友達だよ。 私は聖なる「背水の陣」においての聖なる殉教者である。 「背水の陣」は本来やってはならない最悪の戦術である。 最悪の戦術の「背水の陣」の禁忌によって、初めて戦略が立てられる。それによって粘り強くダイハードな戦略思想となる。 聖なる「背水の陣」とはそのような聖なる「戦略思想」である。
Holy cat friend. I am a holy martyr in the holy 'Backwaters.' 'Backwater formation' is the worst tactic that should not be done. Strategies are first set up with the contraindications of the worst tactical 'backwater formation.' As a result, it becomes a tenacious and die-hard strategic idea. The sacred “backwater formation” is such a sacred “strategic idea”.
聖なる猫の友達だよ。 殺し合いの権力ダッシュ。成熟した民主主義。 殺しと侮り。殺していいと侮る。 末法思想殲滅のBITCH殺戮の聖人の織田信長と聖なる戦士達。 聖性とイマーゴに唾を吐き冒涜するBITCHがいる。 人間性の冒涜であるBITCH殺戮の聖性 そして殉教とは聖人の死によって成立する聖人伝。 そして殉教とは聖人の織田信長と聖なる戦士達の悲惨な死によって成立する聖人伝。 織田聖伝説 そして殉教とは聖人の悲惨な性的虐待と処刑によって成立する聖人伝。 聖人ジャンヌダルクの聖伝説 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」 映画「風の谷のナウシカ」の聖人のナウシカの奇跡の物語 「もし私が恩寵を受けていないならば、神がそれを与えて下さいますように。もし私が恩寵を受けているならば、神がいつまでも私をそのままの状態にして下さいますように。もし神の恩寵を受けていないとわかったなら、私はこの世でもっともあわれな人間でしょうから。」
Holy cat friend. Power dash of killing each other. Mature democracy. Killing and contempt. I apologize for killing. Nobitaga Oda, the saint of the slaughter of BITCH, and sacred warriors. There is BITCH that spits on holiness and imago and blasphemy. BITCH slaughter sacredness that is a blasphemy of humanity And martyrdom is a saint's biography established by the death of a saint. And martyrdom is a saint's biography established by the tragic death of saint Nobunaga Oda and sacred warriors. Oda Saint Legend And martyrdom is the saint's biography established by the miserable sexual abuse and execution of the saint. Saint Jeanne d'Arc legend 'If I am not blessed, God will give it. If I am blessed, God will leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.” The story of the miracle of Nausicaa, the saint of the movie 'Nausicaa of the Valley of the Wind' 'If I am not blessed, God may give it. If I am blessed, God may leave me indefinitely.' If I knew I was not blessed with God, I would be the most pitiful person in the world.”
聖なる猫の友達だよ。本当は聖なる友達が欲しかったけど現実には無理だったよ。聖なる猫の誕生だよ。聖なる猫の友達だよ。 聖なる猫の聖なる友達 聖なる福音の言葉を喋る聖なる猫 聖なる言語としてあるには聖なる言語学
Holy cat friend. I really wanted a holy friend, but in reality it was impossible. Birth of a holy cat. Holy cat friend. Holy Cat Holy Friends Sacred cat speaking the words of the holy gospel Sacred linguistics as it is as a sacred language
そしてコロナの時代がやってきました。この時代に自分の信頼できる聖なる方へ変わらぬ聖なる信頼と変わらぬ聖なる尊敬と変わらぬ聖なる愛をお伝えしたいのです。このコロナ時代は聖なる人間社会と聖なる人間性が問われる時代になったのではないでしょうか?聖なる人間性の否定の時代ではなく逆にこういう時こそ全く逆に聖なる人間性が問われる時代なのではないでしょうか?あばずれた時代のあべこべで済んだ時代の終末と聖なる黙示録の時代になったのではないでしょうか? 聖なる福音書のはじまりと地獄の聖なる黙示録のはじまりを告げています。 聖なるものと聖なるイマーゴを冒涜するものは永遠の地獄へ堕ちる。
And the age of corona has arrived. In this era, I would like to convey to my trustworthy holy one the same holy trust, my holy respect, and my holy love. Isn't this corona era a time when sacred human society and sacred humanity are being questioned? Isn't it not the age of denial of the sacred humanity, but conversely, is it the time when the sacred humanity is tested in the opposite way? Isn't it the time for the apocalypse and the holy apocalypse of the times that were out of order? It marks the beginning of the holy gospel and the beginning of the holy apocalypse in hell. Those who blaspheme sacred things and those who blaspheme Imago fall to eternal hell.
冒涜された人生で特に何にもない人生だった。 私は全くモテない人生だった。 全く最悪にモテない人生だった。 冒涜にモテただけだった。冒涜者にモテモテだった。 最悪の人生を歩んだ。 今な聖なるタロットを使いを考えている。 聖なる占術と聖なる占術師 聖なる卜占を立てる 聖なるアドバイスの聖なる啓示を得る
It was a blasphemous life and nothing special. I had a completely non-popular life. It was the worst life ever. It was just blasphemy. The blasphemous was hot. I went through the worst life. I am thinking of using the sacred tarot now. Holy scry and holy sculptor Make a sacred oligopoly Get holy revelation of holy advice
聖なるものを言葉で示せ 聖なるものを言語で示せ 聖なるものを言語学で示せ
それは聖なるイマーゴの表明と聖なるイマーゴへ聖なる忠誠を聖なる誓いを立てる 聖なる宣誓
Show the sacred things in words. Show holy things in language. Show sacred things in linguistics
It is a manifestation of holy Imago and a holy oath of holy allegiance to Holy Imago Holy oath
はじめに言葉があり、言葉は神と共にあり、言葉は神であった。 この言葉ははじめに神と共にあった。 言葉を冒涜するものは決して許されない。
In the beginning there was a word, the word was with God, the word was God. This word was first with God. Those who blaspheme are never allowed. Soma Oishi
1 note · View note
paintedinblackver2 · 9 months ago
Video
youtube
GIF Anime made by pseudo 3D production application👙😍 チクワしか持ってねえで揺らしております👙😍 Aoi MiniskirtPolice あおい ミニスカポリス Ikazuchi KanColle 雷 艦隊これくしょん Artemis  Fate/Grand Order アルテミス  Hatsuzuki KanColle 初月  艦隊これくしょん Cecilia Alcott Infinite Stratos セシリア・オルコット インフィニット・ストラトス Mashu Kyrielight  Fate/Grand Order マシュ・キリエライト Hinazuki Ririna beatmaniaIIDX 雛月理々奈 beatmaniaIIDX Hana Uzaki Uzaki-chan wa Asobitai! 宇崎 花 宇崎ちゃんは遊びたい! Tsumugi Mayumiya Princess Connect! 繭宮つむぎ  プリンセスコネクト! Lisesharte Atismata Saijaku Muhai no Bahamut リーズシャルテ・アティスマータ 最弱無敗の神装機竜 Kancolle Haruna 艦これ 榛名 Rem Re:ZERO Starting Life in Another World レム Re:ゼロから始める異世界生活 Prinz Eugen  Azur Lane プリンツ・オイゲン アズールレーン Nessa Pokemon ルリナ ポケモン 地球の片隅から各国語で అనిమే బికినీ ಅನಿಮೆ ಬಿಕಿನಿಯನ್ನು એનાઇમ બિકીની אַנימע באָדקאָסטיום ಅನಿಮೆ ಬಿಕಿನಿ Anime bikini Аниме бикини 動漫比基尼 动漫比基尼 এনিমে বিকিনি анімэ бікіні bikini ສັດ bộ bikini Anime ביקיני אנימה அசையும் பிகினி Anime बिकनी บิกินี่อะนิเมะ biquíni Anime Անիմե բիկինի μπικίνι anime मोबाइल फोनों के लिए बिकनी አኒሜ ቢኪኒ …と叫んでみる…( 」゚Д゚)」オーイ!
0 notes
paintedinblackver2 · 10 months ago
Photo
Tumblr media
GIF Anime made by pseudo 3D production application👙😍 チクワしか持ってねえで揺らしております👙😍 Lisesharte Atismata Saijaku Muhai no Bahamut リーズシャルテ・アティスマータ 最弱無敗の神装機竜 #paintedinblackver2 #animebikini #animswimsuit #pseudo3D #GIF
0 notes
y24klogs · 10 months ago
Text
砂漠遺跡の先行調査
イストールさん、タキトゥスさん、ウェヌキスさんといっしょ
ウェヌキス ((—まるち、と書かれたプラカードを首から提げている)) イストール : 役者は揃った様ですね。 タキトゥス : どうかな? イストール : お集まり頂き感謝します。 ウェヌキス : ・・・おう。 ナザレ : 床暖房……?ともあれよろしく頼むぞ。 タキトゥス : お初にお目にかかる方もしばしば タキトゥス : タンク枠として召集を受けました、タキトゥスと申します イストール : イストールと申します。以後お見知り置きを。 ナザレ : ナザレだ。空十字の騎士団所属の魔法使いだ。宜しく頼む。 ウェヌキス : ウェヌキス、遊撃・・・?だ よろしく、頼む イストール : 本日は「ナイトとバーサーカーの相互効果」の検証が目的になります。 イストール : 宜しくお願いしますね。 ウェヌキス : (—頷く代わりに、長い尻尾をゆらりと揺らした) タキトゥス : おや、では僕と最高になってくれるバーサーカーがこのパーティに? イストール : ええ、ここに。 ナザレ : わかった。その検証が失敗したときは手当しよう。 タキトゥス : では、今日はよろしくお願いしますねぇ イストール : ええ、それでは向かいましょう。 イストールがクエストの参加を募集しています。 イストール : それでは、此方を。 ナザレ : わかった クエストを開始します。 あなたは依頼書を掴むと、アルマへ差し出した。 アルマ 「ふむ、この依頼を受けてくれるのね。」 アルマ 「今回の依頼は、砂海にある遺跡の調査ね。」 イストールが[砂海……?]を選択しました アルマ 「砂漠のような、どこまでも砂が広がっている地域よ。  少し違う所は、砂が細かすぎて、  普通に歩くと水のように沈み込んでしまうところ。」 アルマ 「だから今回は、砂上船での移動になるわ。」 アルマ 「砂を走る、不思議な船。  砂を泳ぐ動物に引かせるのが普通だけれど、  今回はエーテルで走る船………って、言ってたわ。」 イストール : 便利な世の中ですね アルマ 「つまりまぁ、それくらいの道具が使える  っていう、大口の依頼ってことね。」 タキトゥス : へえ……でも暑くないといいんですけどね ナザレ : 金もその分かかってるだろうな…… イストールが[………。]を選択しました アルマ 「で、ええと、どこまで話したかしら。」 アルマ 「ああ、そう、砂海の遺跡の話ね。」 ウェヌキス : ・・・? つまり、どういう、ことだ・・・。 海なのか? アルマ 「ええと、その砂海の遺跡は、  元々血を天に捧げる祭壇だったらしいわ。」 アルマ 「だから、血を媒介にした魔力の類は効果が強くなるわ。  ……少し強くなりすぎるくらいみたい。扱いには気を付けてね。」 アルマ 「それと、乾いた地域だから、  水の魔法は無効化されてしまうわ。」 アルマ 「あとはそうね、アンデッド系の魔物が多いだろうから、  道中では光の魔法がとても有効になると思う。  使える人が居るならかなり楽ができるんじゃないかしら。」 イストール : これはナザレさんに期待できますね。 そういえば 目標値:15 <= 3d+知力補正+ナレッジ ナザレ : それなら私が役立つだろう。うん。 達成値:23([4,1,6]+12) 判定に成功しました ナザレ : 当然だ あなたは砂海には『砂竜』という 有名な魔物が居る事を思い出した。 ナザレ : む、そういえば。砂海だったか?それなら…… タキトゥス : ほう、何か知ってるんですか イストール : 何か心当たりが? ウェヌキス : ・・・つよいのか? ナザレ : 砂竜とかいう魔物がよく出ると聞いたことがある。 間違いなく相手する事になるだろうが、 依頼書にはかかれていない。 ……有名だから説明不要、という事だろうか。 イストール : サンドワームでしょうか。 『砂竜』は一般には戦う事を避けるようにとまで言われているような魔物だ、警戒はしっかりとした方がいいだろう。 アルマ 「大体そんな所かしら、大丈夫そう?」 ナザレ : かなり強いと書かれていた記憶がある。用心に越した事は無い。 イストール : 無論、準備は万端です...フフフ。 イストールが[受ける]を選択しました アルマ 「それじゃあ、お願いね。」 ウェヌキス : ・・・死にたくは、無い・・・(—尾をゆらす) タキトゥス : では、覚悟を決めていきますか ウェヌキス : (こくこく) ナザレ : そうだな。行こうか。 砂上船に乗りますか? イストールが[はい]を選択しました タキトゥス : ほう、この球は? ウェヌキス : (—箱の中の玉を見て尾を揺らしている) ナザレ : 迂闊に触るなよ……、高価な備品かもしれんだろう。 調査員 「何か御用ですか?」 調査員 「そうですか、では、良い仕事を。」 ウェヌキス : (首をひっこめた) 調査員 「何か御用ですか?」 調査員 「遺跡内部にはアンデッドモンスターが数多くいるでしょう。」 調査員 「特に霊体の魔物は、物理攻撃を無効化します。」 調査員 「ただ、ひたすら頑張って殴ればそのうち霧散させる事もできるかと思います。  霊もあまりにもブンブンとやられると根負けするんでしょうね。」 調査員 「魔法攻撃ならばあっさりと倒す事が出来るかと思います。  使える人がいるのなら、役割分担するといいでしょう。」 調査員 「あとは、そうですね、狂気に呑まれた一撃ならば、  気迫に負けてそのまま倒せる事もあるかもしれません。」 調査員 「それ以外のアンデッドモンスターについては、  『光』属性の魔法攻撃が有効です。」 調査員 「もし使える人間いるのでしたら、  積極的に使うといいかもしれません。」 イストール : スピリットには物理が効かない...と タキトゥス : ひたすら殴ってもいいらしいですけどね! ウェヌキス : ・・・つまり、どっち、なんだ・・・? ナザレ : 私が居るし、スピリットは私がどうにかしよう。 調査員 「何か御用ですか?」 調査員 「おや、歴史に興味がおありなのですか?」 イストール : 箱に、携帯用爆弾が入っていました。 調査員 「………そうですか、では概略だけ。」 調査員 「この遺跡は、過去に『血を捧げる』儀式を  行っていたとされる神殿と見られています。」 調査員 「血や命を捧げる類の技法、  魔法、呪いの力の類を使う方は、  影響を受けて普段以上の力を出せるでしょう。」 調査員 「しかし、影響が強すぎる為に、  魔力が非情に暴走しやすいかと思います。  扱いには十二分に注意してください。」 調査員 「そんなところでしょうか。」 イストール : 砂竜に有効なそうで。 調査員 「何か御用ですか?」 調査員 「砂竜というのは、砂海では比較的一般的な魔物です。」 調査員 「一般的というのは、ゴブリンにのように  『よく居るからあまり気にしなくていい』  というタイプの一般的ではなく。」 調査員 「遭遇したらマジで危ないから遭遇しないように避けろよ。  ………という方の『一般的』になります。」 調査員 「そうですよ、ですからあなた達へ先行調査の依頼が出されたのです。」 調査員 「内部はところどころが朽ち、砂海に沈んでいます。」 調査員 「遺跡内部を歩いていたら、確実に『砂竜』が現れるでしょう。」 調査員 「砂竜は砂海に沈み、そこから攻撃を仕掛けてきます。」 調査員 「遺跡の一部は砂海に浮いているでしょうから、  その浮島に居れば少なくとも『捕食』対象からは  外れる事ができるでしょう。」 調査員 「しかし、届かないとみれば砂のブレスで足場から落とそうとしてくるでしょうから、気を付けてくださいね。」 調査員 「捕食を防ぎにくい人は浮島に登り、  囮役が吊り上げる、というのをお勧めします。」 調査員 「砂竜の対策ですが……。」 調査員 「『広範囲を吸い上げるような攻撃』ができる人がいるのなら、  おそらくそれで砂竜を砂の中から引っ張り上げる事ができるでしょう。」 調査員 「もし、それに類する魔術の心得がないようでしたら、  私の横にある『閃光発音筒』をいくつかお持ちください。」 調査員 「大きな音と閃光で、相手に隙を作りだす術具です。」 調査員 「液状化した地面はあるいは水よりも音をよく伝えます。  砂に潜っている砂竜に使えば、大きなダメージを与える事もできるでしょう。」 調査員 「敵に向けて放り投げて使用する事になりますが、多少の距離までは巻き込まれる事になりますから、ある程度距離を置いて使用してください。」 調査員 「なお、そこそこ高級な術具になりますので、  使用量に応じて報酬の方から減額とさせていただきます。」 調査員 「無駄遣いはしないように。」 ナザレ : 無駄遣い禁止らしい。 箱の中には妙な球が入っているようだ。 持って行こうか? [閃光発音筒] を手に入れた。 ウェヌキス : ・・・じゃあ、使っちゃ、いけない? タキトゥス : 無駄なく使えば使い放題ですよ イストール : 竜に出会うまでは、落とさない様にしておきましょう。 ナザレ : 経費に収まる範囲でな……頼むぞ。 イストール : 準備が出来次第、降りますか。 遺跡へ入ります、よろしいですか? ナザレ : そうだな。そうしようか。 タキトゥス : ええ、準備ばっちしですよ イストールが[はい]を選択しました 調査員 「ああ、そういえばこれを渡しておきましょう。」 調査員 「この遺跡には呪いの力が満ちています。」 調査員 「金縛りにあったり、闇に呑まれて動けなくなったり、  ……その他色々、怪奇現象《バグ》が起こる事もあるでしょう。」 調査員 「その際にはその魔道具を使用してください。  この場所に戻って来る事ができます。」 イストール : それは興味深い。 調査員 「あくまでも緊急用です、可能な限り使わないように。」 調査員 「では、よい仕事を期待しております。」 あなた達は、遺跡へと足を踏み入れる。 乾いた空気は唇を裂くようで、 遺跡はそうして裂いた身体の内から 血を奪おうと口をあけているようだった。 ひゅうと吹く風にすら砂が混じる。 乾き、縋り付き、全てを奪う。 その空気を逆に切り裂くように、あなたは歩を進める。 [*砂漠探査]を覚えました。 [*砂漠探査]を覚えました。 ナザレ (お茶零したちょっとまって) ウェヌキス (たいへん) タキトゥス (拭け拭け) イストール (渋が) ウェヌキス (ナザレくんも困った顔になって笑顔になっちゃった) ナザレ (ヨシ!!) [*砂漠探査]を覚えました。 [*砂漠探査]を覚えました。 イストール (おかー) イストール : 先行は任せました、タキトゥスさん。 ナザレ : 任せよう。 タキトゥス : ええ、囮役は僕が適任でしょうね あなた達の行く手に、ゆらりと影が立ち上る。 遺跡に居ると言われていた、アンデッドたちだ。 冒険者は武器を構える。 Round 1 ナザレ : 奥の雲を狙う! タキトゥス : 勿論盾を構えます ウェヌキス : ・・・そっちの、アンデッド・・・行くぞ。 ナザレ : っと、此方を狙わないのか!? ウェヌキス : ・・・あれは、守った方が、いいのか・・・? イストール : 結託してる訳では無いのですね。 タキトゥス : えっと……よくわかんないけど ウェヌキスは移動した。    ウェヌキスは[8,5]へ移動した。 タキトゥス : ターゲットライズ! 「さ、て……どれだけ釣れるかな?」    タキトゥスは[守護]になった 防衛装置 : チャージ! 防衛装置は空気中に漂うエーテルを吸収する。 防衛装置は[チャージカウンター]を1つ獲得した。 スマッシュマミーは移動した。    スマッシュマミーは[5,5]へ移動した。 呪いの雲 : シャドウボール! 呪いの雲が闇を放つ!  達成値:7 ([2,4,1])    防衛装置に19のダメージ  ([5,4]+10)        防衛装置は[重傷]になった        防衛装置は[気絶]になった        防衛装置は[昏睡]になった 防衛装置 : チャージ! 防衛装置は空気中に漂うエーテルを吸収する。 防衛装置は[チャージカウンター]を1つ獲得した。 スマッシュマミーは移動した。    スマッシュマミーは[8,9]へ移動した。 イストールは待機した。 ナザレは移動した。    ナザレは[7,5]へ移動した。 イストール : 此方ですよ? プロヴォーク! イストールは敵を挑発する!  達成値:23 ([1,3,2]+17)    スマッシュマミーは[挑発]になった ウェヌキスの攻撃は距離が合わず失敗した。 スマッシュマミーのスマッシュはAPが足りず失敗した。 スマッシュマミー : スマッシュ! スマッシュマミーは防衛装置を吹き飛ばそうとした!  達成値:11 ([6,1,4,1]-1)    防衛装置に16のダメージ  ([6]+10)    防衛装置は[10,11]へノックバックした。        防衛装置は[重傷]になった        防衛装置は[気絶]になった        防衛装置は[昏睡]になった ナザレの裁きの光芒は距離が合わず失敗した。
タキトゥスに0のダメージ   ウェヌキスに0のダメージ   ナザレは0のSPを回復した。   タキトゥスに0のダメージ   イストールは0のSPを回復した。   ナザレに0のダメージ   スマッシュマミーに0のダメージ   イストールに0のダメージ   タキトゥスは0のSPを回復した。   ナザレに0のダメージ   ウェヌキスは0のSPを回復した。   スマッシュマミーは[挑発]でなくなった Round 2 タキトゥス : (イベ中故 タキトゥス : (リログ ナザレ : (了解 呪いの雲は移動した。    呪いの雲は[5,8]へ移動した。 スマッシュマミーは移動した。    スマッシュマミーは[8,7]へ移動した。 スマッシュマミー : スマッシュ! スマッシュマミーはタキトゥスを吹き飛ばそうとした!  達成値:15 ([4,4,6,2]-1)    タキトゥスは防御した。        ダメージを15軽減!  ([]+16)/2+([]+7) 対象を変更した。    タキトゥスに0のダメージ  ([3]+10) ナザレは移動した。    ナザレは[5,7]へ移動した。 イストールは攻撃した。  達成値:31 ([5,5,6]+15)    スマッシュマミーは防御した。        ダメージを2軽減!  ([]+3)/2    スマッシュマミーに19のダメージ  ([4,6]+14) ウェヌキスは移動した。    ウェヌキスは[6,5]へ移動した。 呪いの雲 : シャドウボール! 呪いの雲が闇を放つ!  達成値:13 ([2,6,5])    ナザレは抵抗しようとした。        ナザレは抵抗した。  達成値:23 ([3,5,4]+11)    ナザレに4のダメージ  ([1,5]+10) ナザレ : 裁きの光芒! 天地を焦がさんと光芒が翔ける  達成値:13 ([1,1,5]+6)    呪いの雲に25のダメージ  ([4,2]+19)        呪いの雲は[重傷]になった        呪いの雲は[気絶]になった        呪いの雲は[昏睡]になった ウェヌキスは攻撃した。  達成値:22 ([5,3,2]+12)    スマッシュマミーに29のダメージ  ([6,4]+22)        スマッシュマミーは[重傷]になった
呪いの雲に0のダメージ   ナザレは0のSPを回復した。   タキトゥスに0のダメージ   イストールは0のSPを回復した。   スマッシュマミーに0のダメージ   タキトゥスに0のダメージ   ウェヌキスは0のSPを回復した。   スマッシュマミーに0のダメージ   イストールに0のダメージ   ウェヌキスに0のダメージ   タキトゥスは0のSPを回復した。   Round 3 ウェヌキス : ・・・とどめる。 イストール : 攻撃しておきましょうか スマッシュマミーは移動した。    スマッシュマミーは[7,6]へ移動した。 スマッシュマミー : スマッシュ! スマッシュマミーはタキトゥスを吹き飛ばそうとした!  達成値:12 ([3,1,4,5]-1)    タキトゥスは防御した。        ダメージを15軽減!  ([]+16)/2+([]+7) 対象を変更した。    タキトゥスに0のダメージ  ([2]+10) ナザレ : 光よ、天を焦がせ、地を翔けろ、 裁きの光芒! 天地を焦がさんと光芒が翔ける  達成値:18 ([3,6,3]+6) スマッシュマミー : *浄化!    サラサラと粉になった……。            スマッシュマミーは[重傷]になった            スマッシュマミーは[気絶]になった    スマッシュマミーに25のダメージ  ([2,6]+19) ウェヌキスは攻撃した。  達成値:20 ([3,1,4]+12)    スマッシュマミーは防御した。        ダメージを2軽減!  ([]+3)/2    スマッシュマミーに27のダメージ  ([4,2]+26)        スマッシュマミーは[気絶]になった イストール : ほう。 タキトゥスは移動した。    タキトゥスは[6,6]へ移動した。 イストールは移動した。    イストールは[7,4]へ移動した。 イストールは攻撃した。  達成値:32 ([6,6,5]+15)    スマッシュマミーに17のダメージ  ([1,5]+14)        スマッシュマミーは[昏睡]になった ウェヌキス : ・・・!?
呪いの雲に0のダメージ   タキトゥスに0のダメージ   ナザレは0のSPを回復した。   ウェヌキスに0のダメージ   イストールは0のSPを回復した。   スマッシュマミーに0のダメージ   イストールに0のダメージ   スマッシュマミーに0のダメージ   タキトゥスに0のダメージ   ウェヌキスは0のSPを回復した。   ナザレに0のダメージ   スマッシュマミーに0のダメージ   スマッシュマミーに0のダメージ   ウェヌキスに0のダメージ   タキトゥスは0のSPを回復した。   タキトゥスは[守護]でなくなった アンデッドを蹴散らすと、冒険者は武器をおさめた。 遺跡の探索を続けよう。 タキトゥス : ふう タキトゥス : しかし一つ分かりましたね ウェヌキス : ・・・こ、こわい。 アタシには向けないでほしい・・・ ナザレ : 光に弱いというのはそういう事か……(剣を片付けた) タキトゥス : 防衛装置とアンデッドは一枚岩ではないということが イストール : 神々の力ですか。 ウェヌキス : ・・・でも、アタシたちも侵入者・・・だから、狙われない、ということは、無いかも・・・ね。 イストール : 三つの道。 ウェヌキス : (—どこに進むのか、周りの顔を伺った) イストール : 通路の幅からすると、直進は広間でしょうか。 ナザレ : 防衛装置もそちらに向かう者を迎え撃つように配置されている。中央が重要なのは違いないな。 タキトゥス : ではまっすぐ? イストール : 確かめてみましょう。 先に進むと思われる大扉だが、 今はどうやら閉ざされているようだ。 口をあけた女神の生首の下に、 古代文字が書かれている。 扉の古代文字 目標値:18 <= 3d+知力補正+ナレッジ ナザレ:成功!(24)([4,5,3]+12) イストール:失敗・・(11)([3,2,3]+3) タキトゥス:失敗・・(6)([1,4,2]-1) ウェヌキス:失敗・・(9)([3,2,5]-1) イストール : 私には力不足の様で。 タキトゥス : あ、あれれ……? ナザレ : 当然だ ウェヌキス : む・・。 古代文字を読む限り 『先にすすまんとする生贄は我に血手で触れよ』 と書いてあるようだ。 女神像が怪しい、調べてみようか。 タキトゥス : ? イストールが[はい]を選択しました 誰が調べますか? ナザレ : 古代文字だな。 タキトゥス : ほう! イストールが[イストール]を選択しました あちこち触ってみたり、調べてみたが、 扉はうんともすんとも言わないようだ。 ウェヌキス : ・・・そう、なの、か・・・? ウェヌキス : なんて、言っている、の・・・? イストール : (像を調べている ナザレ : 先にすすまんとする生贄は我に血手で触れよ、だ。 タキトゥス : ふむ ナザレ : 血手、というのはよくわからんが。血でも垂らしてやれば開くんじゃないか。 ウェヌキス : 血、か・・・。(自分の腕に武器を向ける イストール : 何処かに丁度良い腕が有れば良いのですが タキトゥス : やめやめ…… ウェヌキス : そう、か・・・? わかった・・・。 ナザレ : ちょうどさっきのでかすり傷がある。私が試そうか? イストール : お願いします。 先に進むと思われる大扉だが、 今はどうやら閉ざされているようだ。 口をあけた女神の生首の下に、 古代文字が書かれている。 女神像が怪しい、調べてみようか。 タキトゥス : ふむ、しかし……ああ、それがいいかもしれないですね ナザレが[はい]を選択しました 誰が調べますか? ナザレが[ナザレ]を選択しました あなたが触れた瞬間、 女神の瞳が一瞬ビカアアアアンと光る。 ナザレ : お、おおおう、 ……扉が開いたようだ! ナザレ : (禍々しい光に思わず飛び退いた) ナザレ : 開いたぞ。 ウェヌキス : ・・・おお。 イストール : ビンゴですか。 タキトゥス : はー、開きましたねえ 先に進むあなたを待ち受けていたのは、 大きく口をあける巨大な『砂地獄』だった。 一体どこから流れてきているのか、 砂はどんどん渦の中心へと吸い込まれて行く。 タキトゥス : おおっと、本命かな 渦に分かたれるように、道は二つに分かれているようだ。 ナザレ : おそらくは。中央を突っ切るのは……避けたいな ウェヌキス : ・・・さっきの、道は・・・? イストール : 流砂で泳ぎたくはありませんね。 タキトゥス : 迂回出来るっちゃあ出来るかもしれませんね タキトゥス : 一度戻ります?それともまっすぐ行きますか? イストール : 部屋の確認だけでもやっておきましょうか。 イストール : 他から進めるのならばそれが良いでしょう。 ウェヌキス : (嬉しそうに頷く) タキトゥス : 分かりました、では僕から…‥ ナザレ : 一応は先行調査だしな。戻るか。 移動します、よろしいですか? イストールが[はい]を選択しました 移動します、よろしいですか? イストールが[はい]を選択しました 部屋に入ると、真っ先に目の前の壁画が目に入る。 部屋に入ると、真っ先に目の前の壁画が目に入る。 タキトゥス : おおう ウェヌキス : 絵だ・・・! タキトゥス : もう読めなさそうなものが…… イストール : ほう...。 ナザレ : 壁画か…… ウェヌキス : 6つだ・・ね。 壁画には、6種類の武器を携えた6人と争う6匹の竜が描かれている。 タキトゥス : 6……キーワードか何かかな イストール : 覚えておきましょうか ナザレ : そうだな。 碑文には恐らく壁画の説明だろう。 古代文字が描かれているようだ。 タキトゥス : この部屋はこれだけかな? 博識なあなたは、碑文を読むことができる。 竜と人の長きにわたる戦いは、 6人の英雄の振るう武器によって終結した。
1つは、天空の剣 1つは、大海の槍 1つは、揺地の斧 1つは、灼陽の杖 1つは、蒼星の弓 1つは、紅月の短剣
それぞれの武器は、それぞれの竜を穿ち、 そして、その身に宿した。 ウェヌキス : この文字は、読めるの・・・?(碑文を指して) タキトゥス : 僕はさっぱり! イストール : 竜と人の長きにわたる戦いは、 イストール : 6人の英雄の振るう武器によって終結した。 イストール : との事で。 タキトゥス : えっ読めるんですか ナザレ : その様子の壁画という事か。 イストール : 企業秘密にしておいて下さい。 ウェヌキス : そう、なのか・・・。 サリュウも、竜、なのか・・・? ウェヌキス : コドモかな・・・。 イストール : 砂竜はこれらの末裔なのかもしれませんね。 イストール : もう一つの部屋も調べましょう。 ナザレ : ああ。わかった。 タキトゥス : はあい 移動します、よろしいですか? イストールが[はい]を選択しました 移動します、よろしいですか? イストールが[はい]を選択しました タキトゥス : 箱ですね ナザレ : これ見よがしだな…… タキトゥス : 罠が仕掛けられているやもしれない、ここは僕が イストール : 下がっておきます。 タキトゥス : ああ、念のため離れていたほうが良いかも…… ナザレ : ん、わかった。 ウェヌキス : (こくこく) 箱がおいてある。 大丈夫な箱? 目標値:15 <= 3d+感覚補正+パーセプション ナザレ:成功!(19)([6,4,2]+7) イストール:失敗・・(11)([1,1,4]+5) タキトゥス:成功!(18)([6,3,2]+7) ウェヌキス:失敗・・(10)([3,3,1]+3) ナザレ : 当然だ タキトゥス : ざっとこんなものです イストール : 私には力不足の様で。 ウェヌキス : む・・。 箱の中には強力な呪いの気が込められている。 開ければアンデッドを引き寄せる事になりそうだ。 箱をあけますか? イストール : どうです? タキトゥス : ふむ……これは タキトゥス : 強い呪いの力ですね、開ければよくないものを招くでしょう イストール : ふーむ...。 タキトゥス : 中身が入っているとも限りませんが、どうしますか? ナザレ : 避けた方が賢明だと思うが。 イストール : 調査員の方々にも伝えて、避けておきますか。 タキトゥスが[いいえ]を選択しました タキトゥス : では、ここは放置で イストール : さて。 ウェヌキス : うん。 イストール : 流砂を避けて進む必要が有りますね。 タキトゥス : ああ、そうですねえ ナザレ : そうだな……、あの中に落ちれば無事では済まないぞ。 ウェヌキス : ・・・脇に、避けよう・・。 タキトゥス : 地道に端を進みますか イストール : なるべく端を進む、程度しか策はありませんね。 移動します、よろしいですか? イストールが[はい]を選択しました あなたの行く手を阻むように、アンデッドが現れる! Round 1 ナザレ : ! イストール : これはこれは...。 タキトゥス : チィッ ウェヌキス : むっ・・・。 イストール : 先程、弾き飛ばしを使っていましたよね。 イストール : ...。 ナザレ : 奥のをやる!弾き飛ばされない位置取りを! タキトゥス : 合点! ウェヌキス : タクに・・・助けてもらおう・・・ タキトゥス : ターゲットライズ! 「さ、て……どれだけ釣れるかな?」    タキトゥスは[守護]になった スマッシュマミーは移動した。    スマッシュマミーは[10,6]へ移動した。 ナザレは移動した。    ナザレは[10,4]へ移動した。 スマッシュマミーは移動した。    スマッシュマミーは[11,5]へ移動した。 イストールは待機した。 ウェヌキスは待機した。 イストール : 私でどうでしょう? プロヴォーク! イストールは敵を挑発する!  達成値:26 ([2,3,4]+17)    スマッシュマミーは[挑発]になった    スマッシュマミーは[挑発]になった ウェヌキスは攻撃した。  達成値:23 ([5,4,2]+12)    スマッシュマミーに30のダメージ  ([5,6]+22) タキトゥスは移動した。    タキトゥスは[11,4]へ移動した。 Round 2 イストール : プロヴォーク! イストールは敵を挑発する!  達成値:25 ([1,6,1]+17)    スマッシュマミーは[挑発]になった    スマッシュマミーは[挑発]になった ウェヌキスは攻撃した。  達成値:26 ([6,4,4]+12)    スマッシュマミーは防御した。([2,2,2,3]-1)    スマッシュマミーのファンブル! イストール : 困ります。    スマッシュマミーに25のダメージ  ([3,3]+22)        スマッシュマミーは[気絶]になった スマッシュマミーは移動した。    スマッシュマミーは[10,5]へ移動した。 ナザレ : 光よ、天を焦がせ、地を翔けろ、 裁きの光芒! 天地を焦がさんと光芒が翔ける  達成値:18 ([3,5,4]+6) スマッシュマミー : *浄化!    サラサラと粉になった……。            スマッシュマミーは[重傷]になった            スマッシュマミーは[気絶]になった            スマッシュマミーは[昏睡]になった    スマッシュマミーに25のダメージ  ([4,4]+19)        スマッシュマミーは[重傷]になった イストールは移動した。    イストールは[10,3]へ移動した。 ウェヌキスは移動した。    ウェヌキスは[10,5]へ移動した。    タキトゥスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      イストールは0のSPを回復した。      イストールに0のダメージ      スマッシュマミーに0のダメージ      スマッシュマミーに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      タキトゥスは0のSPを回復した。      スマッシュマミーに0のダメージ      スマッシュマミーに0のダメージ      タキトゥスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      ウェヌキスは0のSPを回復した。      イストールに0のダメージ      スマッシュマミーに0のダメージ      スマッシュマミーに0のダメージ      タキトゥスに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレは0のSPを回復した。   Round 3 タキトゥス : よし! イストール : 流石はナイトですね。 ナザレ : どうにかなったな。 移動します、よろしいですか? イストールが[はい]を選択しました 水が踊る 水が踊る 古代文字で書かれた碑文のようだ。 ここには清らかな空気が漂っている。 心配せずにゆっくりと休めるだろう。 少し休んで行こうか? ウェヌキス : (ちゃぷちゃぷ・・・) ナザレ : 少し休憩しないか……暑い イストール : そうですね。 イストールが[はい]を選択しました
………もう、私の加護を受けたものが死ぬのは見たくないのに。
ナザレ は全回復しました。 あなた達は先へと進むべく立ち上がる。 イストール は全回復しました。 ウェヌキス は全回復しました。 タキトゥス は全回復しました。 タキトゥス : さんせ~い タキトゥス : うーん ウェヌキス : ? ナザレ : どうかしたか? タキトゥス : いや、なんて書いてあるのかなって 古代文字で書かれた碑文のようだ。 博識なあなたは、碑文を読むことができた。
我に身を捧ぐ者よ、 水神の加護を受けしその泉にて身を清め先へと進むがよい。 どうやら、ここは巡礼者の休息地だったようだ。 ここには清らかな空気が漂っている。 心配せずにゆっくりと休めるだろう。 少し休んで行こうか? ナザレが[いいえ]を選択しました イストール : 用意が良いですね。 ナザレ : えーと、我に身を捧ぐ者よ~……(読み上げた) タキトゥス : へぇ~…… ウェヌキス : ・・・カミサマか。 タキトゥス : 博識ですねっ ウェヌキス : でも、身を捧ぐって・・・いけにえか・・・? ナザレ : 役立ったなら良かった。 イストール : この先に居るのでしょうか ウェヌキス : 死にたくはないな・・・。 タキトゥス : 死なせませんとも! 移動します、よろしいですか? イストールが[はい]を選択しました 遺跡の中に、砂の湖が広がっていた。 否、遺跡が数百、数千年の時を経て 砂の中へと沈んで行っているのだ。 ゆらりゆらり、水のように揺れる砂の泉。 その中を『泳ぐ』巨大な影を、 冒険者の眼が見逃すわけもない。 あなたはゆっくりと歩を進める。 タキトゥス : おお~ ナザレ : ……砂竜、だと思うぞ。アレが ウェヌキス : ・・・でかいぞ イストール : 狙いが定まりづらいですね。 タキトゥス : 大きいねえ ウェヌキス : でかいけど、潜っている・・・ ウェヌキス : くじらだ・・・砂の、くじら イストール : 砂上に釣り出せれば良いのですが。 タキトゥス : では タキトゥス : 準備は良いですか? ナザレ : っと、そうだ ナザレ : 剣の加護を! ナザレは剣を振り翳し、加護を願った  達成値:13 ([5,1,1]+6)    イストールは[ブレッシング]になった イストール : 助かりましたよ。 ナザレ : 剣の加護を! ナザレは剣を振り翳し、加護を願った  達成値:17 ([3,2,6]+6)    ウェヌキスは[ブレッシング]になった ウェヌキス : ・・・ふるる。 イストール : 有難い。 ナザレ : これでいい。行こうか。 ウェヌキス : (びくりとっしたが、喉を鳴らして礼をする) タキトゥス : ええ、いざ参る! あなたはその巨体を相手に、油断なく武器を構える。 砂竜もこちらに気が付いたようだ。 大きな咆哮を上げる。 Round 1 イストール : とりあえず撃ってみましょう。 ウェヌキスは移動した。    ウェヌキスは[4,4]へ移動した。 ナザレは移動した。    ナザレは[4,4]へ移動した。 サンドドラゴン : 潜行! サンドドラゴンが砂へと潜っていく!    サンドドラゴンは[潜行]になった イストールは移動した。    イストールは[4,4]へ移動した。 ウェヌキス : おお・・・。わかるんだな・・・ イストール : 潜った直後であれば、なんとか。 イストール : ここからはわかりません。 Round 2 ウェヌキス (タゲ取れないからレンジ伸ばしてもあんま意味ないじゃん 死) イストール (心眼で) ウェヌキスは移動した。    ウェヌキスは[5,5]へ移動した。 ナザレ : 裁きの光芒! 天地を焦がさんと光芒が翔ける  達成値:13 ([2,3,2]+6)    サンドドラゴンは防御した。([6,6,6,2])    サンドドラゴンのクリティカル!        ダメージをすべて軽減!    サンドドラゴンに26のダメージ  ([6,1]+19) サンドドラゴンは移動した。    サンドドラゴンはどこかへ移動した。 イストールは移動した。    イストールは[5,5]へ移動した。 イストール : プロヴォーク! イストールは敵を挑発する!  達成値:28 ([6,3,2]+17)    サンドドラゴンは[挑発]になった ウェヌキスの攻撃は対象がいない。 サンドドラゴン : 潜行移動! サンドドラゴンが砂の中を移動する!    サンドドラゴンは[潜行]でなくなった    サンドドラゴンは[4,4]へ移動した。 サンドドラゴンの捕食はAPが足りず失敗した。    イストールに0のダメージ      サンドドラゴンに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      タキトゥスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      イストールは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      イストールに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      ウェヌキスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      イストールに0のダメージ      サンドドラゴンに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレは0のSPを回復した。      サンドドラゴンは[挑発]でなくなった Round 3 イストール : 今がチャンスですか。 ナザレ : 潜る前にどうにかしたい所だ! イストール : プロヴォーク! イストールは敵を挑発する!  達成値:26 ([2,4,3]+17)    サンドドラゴンは[挑発]になった サンドドラゴンは移動した。    サンドドラゴンは[1,0]へ移動した。 ナザレ : 裁きの光芒! 天地を焦がさんと光芒が翔ける  達成値:13 ([2,4,1]+6)    サンドドラゴンは防御した。        ダメージを0軽減!      サンドドラゴンに25のダメージ  ([3,3]+19) ウェヌキスは移動した。    ウェヌキスは[5,3]へ移動した。 タキトゥスの攻撃は距離が合わず失敗した。 サンドドラゴンは移動した。    サンドドラゴンは[4,1]へ移動した。 イストールは攻撃した。  達成値:31 ([6,6,4]+15)    サンドドラゴンに23のダメージ  ([1,4]+18) ウェヌキスは攻撃した。  達成値:22 ([6,3,1]+12)    サンドドラゴンに36のダメージ  ([2,4]+30) サンドドラゴンのタックルはAPが足りず失敗した。    イストールに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      タキトゥスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      イストールは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      サンドドラゴンに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      ウェヌキスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      イストールに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレは0のSPを回復した。      タキトゥスは[守護]でなくなった    サンドドラゴンは[挑発]でなくなった Round 4 タキトゥス : 盾を構え直します! ナザレ : 了解だ! タキトゥス : ターゲットライズ! 「さ、て……どれだけ釣れるかな?」    タキトゥスは[守護]になった サンドドラゴンは移動した。    サンドドラゴンは[5,5]へ移動した。 ウェヌキス : チャージ! ウェヌキスは力をためた!    ウェヌキスは[チャージ]になった ナザレ : 裁きの光芒! 天地を焦がさんと光芒が翔ける  達成値:20 ([4,5,5]+6)    サンドドラゴンは防御した。        ダメージを0軽減!      サンドドラゴンに24のダメージ  ([1,4]+19) イストールは攻撃した。  達成値:29 ([3,5,6]+15)    サンドドラゴンは防御した。        ダメージを0軽減!      サンドドラゴンに25のダメージ  ([1,6]+18) ウェヌキス : 暗黒! 暗き血が、サンドドラゴンへと喰らい付く。  達成値:26 ([5,1,3,5]+12)    サンドドラゴンは防御した。        ダメージを0軽減!      サンドドラゴンに39のダメージ  ([2,1,3,5]+28) サンドドラゴンのサンドストームはAPが足りず失敗した。 イストールは移動した。    イストールは[5,4]へ移動した。 サンドドラゴンの砂弾はAPが足りず失敗した。 サンドドラゴンの砂弾はAPが足りず失敗した。    イストールに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      タキトゥスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      イストールは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      イストールに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      ウェヌキスは0のSPを回復した。      ナザレは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      イストールに0のダメージ      サンドドラゴンに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ウェヌキスは[チャージ]でなくなった Round 5 サンドドラゴン : 緊急潜行! サンドドラゴンが砂へと潜っていく!    サンドドラゴンは[潜行]になった タキトゥス : ブラッディスタブ! 増幅した血の魔力が武器に宿る……!  達成値:18 ([4,6,2,4]+2)    サンドドラゴンは防御した。        ダメージを0軽減!      サンドドラゴンに22のダメージ  ([4,5]+13) イストール : ...フフフ。 プロヴォーク! イストールは敵を挑発する!  達成値:29 ([5,2,5]+17)    サンドドラゴンは[挑発]になった ウェヌキスは移動した。    ウェヌキスは[3,3]へ移動した。 ナザレ : 剣の加護を! ナザレは剣を振り翳し、加護を願った  達成値:15 ([5,2,2]+6)    ウェヌキスは[ブレッシング]になった ウェヌキス : ・・・ふるる。 ウェヌキスは攻撃した。  達成値:22 ([2,3,5]+12)    サンドドラゴンの防御はAPが足りず失敗した。    サンドドラゴンに37のダメージ  ([2,5]+30)        サンドドラゴンは[重傷]になった イストールは攻撃した。  達成値:27 ([1,5,6]+15)    サンドドラゴンの防御はAPが足りず失敗した。    サンドドラゴンに20のダメージ  ([1,1]+18) ナザレ : 剣の加護を! ナザレは剣を振り翳し、加護を願った  達成値:11 ([3,1,1]+6) ナザレはWillを使用した!    イストールは[ブレッシング]になった イストール : 助かりましたよ。    イストールに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      タキトゥスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      イストールは0のSPを回復した。      サンドドラゴンに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      ウェヌキスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      イストールに0のダメージ      サンドドラゴンに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレは0のSPを回復した。      サンドドラゴンは[挑発]でなくなった Round 6 ウェヌキス : ・・・逃さ、ない。 刈り取る者! 獣は、命を刈り取り奪う――――――  達成値:22 ([3,4,3]+12) ウェヌキスはWillを使用した!    サンドドラゴンは防御した。        ダメージを0軽減!      サンドドラゴンに90のダメージ  ([5,6,6,6]+30)    サンドドラゴンは[気絶]になった        サンドドラゴンは[気絶]になった タキトゥス : ブラッディスタブ! 増幅した血の魔力が武器に宿る……!  達成値:20 ([1,6,6,5]+2)    サンドドラゴンに22のダメージ  ([4,5]+13) イストール : プロヴォーク! イストールは敵を挑発する!  達成値:28 ([4,4,3]+17)    サンドドラゴンは[挑発]になった ナザレ : 裁きの光芒! イストール (90て) 天地を焦がさんと光芒が翔ける  達成値:17 ([4,1,6]+6)    サンドドラゴンに25のダメージ  ([5,1]+19) イストールは攻撃した。  達成値:30 ([5,4,6]+15)    サンドドラゴンに25のダメージ  ([4,3]+18)    イストールに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      タキトゥスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      イストールは0のSPを回復した。      サンドドラゴンに0のダメージ      ナザレに0のダメージ      ウェヌキスは0のSPを回復した。      タキトゥスに0のダメージ      イストールに0のダメージ      サンドドラゴンに0のダメージ      ウェヌキスに0のダメージ      ナザレは0のSPを回復した。   あなた達は砂竜を倒し、武器を納める。 砂海に関わるものならだれもが恐れる砂竜。 その恐ろしき竜を、あなた達は退けた。 ウェヌキス (DEF0、可哀そう) 遺跡の最奥はもうすぐそこだ。 あなた達は足を進める。 ナザレ (アサシンの本領発揮) イストール : 一体で助かりました。 タキトゥス : ナイスとどめ! ウェヌキス : (サンドドラゴンが沈んだ地面をぺしぺし) ウェヌキス : くじら・・・沈んだな。 ナザレ : よし、倒れたようだな…… 移動します、よろしいですか? イストールが[はい]を選択しました 先に進んだ冒険者達を出迎えたのは、 小さな小さな部屋だった。 控えめに光を放つ水晶が浮いているのが見える。 逆に言えば、それ以外には何も無いようだ。 タキトゥス : おおー、綺麗ですねえ ウェヌキス : ・・・ちょっと、きれいだな。 ナザレ : ここが最深部、だろうか? イストール : そのようで。 クリスタルは、静かにそこに浮いている。 ……どうやら、ここが最深部のようだ。 今回の遺跡調査はこれで終わりだろう。 あなた達は来た道を引き返す事にした。 タキトゥス : まっ、砂竜も倒しましたし イストール : これはただの結晶なのでしょうか。 タキトゥス : 文句なしの依頼達成でしょう! ウェヌキス : ・・・うむ。 イストール : ええ、脅威も取り除けました。 ナザレ : そうだな。このクリスタルも詳しい事は学者連中に任せた方が良いだろう。 イストール : それでは、戻りますか。 冒険者達は危険な遺跡の調査を終え、リーンへの帰路へつく。
次の依頼は、どんなものになるだろうか。 クエストをクリアしました。 50ルド 手に入れた。 90経験点 を手に入れた。 1名誉点 を手に入れた。 初見ボーナス 1名誉点 手に入れた。 ナザレ : 当然だろう タキトゥス : 終わり終わりっと、晩は肉にしましょう イストール : フフフ...。 ウェヌキス : ・・・よし。
0 notes
anime-press · a year ago
Text
『ゴブリンスレイヤー』『魔女の旅々』などGA文庫&ノベルの人気シリーズ13作品の第1巻が期間限定無料公開
『ゴブリンスレイヤー』や『魔女の旅々』などGA文庫&GAノベルの人気シリーズ13作品の第1巻が、2020年3月31日(火)まで期間限定で無料公開された。アニメ化されている作品はもちろん、アニメ化を控えている作品までラインナップされており、気になっていた作品を読む絶好の機会となっている。臨時休校で長い春休みが始まった学生はもちろん、社会人の方も含め、気に入った作品をぜひ読んでみよう。         【第1巻無料公開作品】 『ゴブリンスレイヤー』/『処刑少女の生きる道―そして、彼女は甦る―』/『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』/『天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~』/『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』/『魔女の旅々』/『ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? ~好きになったJKは27でした~』/『最弱無敗の神装機竜《バハムート》』/『ハンドレッド -ヴァリアント覚醒-』/『聖剣使いの禁呪詠唱』/『のうりん』/『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』/『落第騎士の英雄譚』   ⇒ 第1巻無料公開ページはこちら     ©蝸牛くも/ SB Creative Corp. イラスト:神奈月昇   [関連サイト] GA文庫&ノベル公式サイト     http://dlvr.it/RRkrQ4
0 notes