Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
#知念実希人
sugiyamapdf2021 · a month ago
Text
レゾンデートル (実業之日本社文庫) epubダウンロード
レゾンデートル (実業之日本社文庫)
著者 知念 実希人
5つ星のうち4.2 5つ星のうち 31個の評価 カスタマーレビュー
レゾンデートル (実業之日本社文庫) epubダウンロード -
ダウンロード PDF 読む オンライン
商品の説明 レゾンデートル (実業之日本社文庫)
タイトルレゾンデートル (実業之日本社文庫)作者知念 実希人ISBN-10978-4408554747発売日2019/4/5フォーマットKindle版 (電子書籍), 文庫カテゴリー知念 実希人顧客評価5つ星のうち4.2 5つ星のうち 31個の評価 カスタマーレビューファイル名レゾンデートル-実業之日本社文庫.pdfファイルサイズ28.77 MB (現在のサーバー速度は 21.47 Mbps
Tags: レゾンデートル (実業之日本社文庫)PDFダウンロードレゾンデートル (実業之日本社文庫)PDFレゾンデートル (実業之日本社文庫)のePubレゾンデートル (実業之日本社文庫)ダウンロードレゾンデートル (実業之日本社文庫)オーディオブックレゾンデートル (実業之日本社文庫)ダウンロードブックレゾンデートル (実業之日本社文庫)発売日レゾンデートル (実業之日本社文庫)試し読みレゾンデートル (実業之日本社文庫)ネタバレレゾンデートル (実業之日本社文庫)amazonレゾンデートル (実業之日本社文庫)downloadレゾンデートル (実業之日本社文庫)kindle
0 notes
dump258book · 11 months ago
Text
Tumblr media
2020/04/19
0 notes
dump258book · 11 months ago
Text
Tumblr media
2020/04/10
0 notes
lengpigu · 20 hours ago
Text
实行「开放式婚姻」的日本夫妇──诚实面对自己,直视爱的多样性
Tumblr media
Wakapiyon与Mika是一对结婚十二年,洋溢平稳氛围的日本夫妻。
曾苦于无性婚姻的Mika,于五年前开始和Wakapiyon认可的男性交往。两人至此经历过和Mika男友、单亲友人与她的孩子共居的九人生活,现在则再次回到夫妻两人与两个孩子的四口生活。
2018年九人一起生活的时期,电视节目和网路媒体也报导过如此特别的家族形式。
最近社会上对于同性婚姻和夫妇别姓的讨论也比过去热烈,现代人开始更关心结婚与家庭的多样性。但夫妻间的守贞行为,至今依然是根生蒂固的「婚姻常识」。
在如此世道下看似自由的两人,也曾经历过无数烦恼才走到现在的形式。一路上他们到底怀着怎样的心情呢?这篇专访可以瞥见他们的人生哲学,进而思考自己与伴侣、恋人、亲子和朋友的各种关系。
采访・撰文:原里実(HereNow编辑部) 摄影:丹野雄二翻译:赵卉加
POSTED on 2021.04.19
「你们搞什么?!」「小孩怎么办?」最初勃然大怒的母亲
——2018年出现在媒体版面上时,有些怎样的反响呢?
Wakapiyon:不能说没有很过分的批评,但比想像中还来得少。我在Facebook也有写被采访的内容,身旁朋友大多是「好厉害」「吓一跳」等平淡反应。
Mika:我曾收到陌生女性传来的讯息,告诉我:「我也很烦恼夫妻关系,看了报导后心情觉得轻松多了。」其中也有保持联络进而变成朋友的人。
Tumblr media
左起Wakapiyon、Mika
Wakapiyon:对我们感兴趣的人多数好像很难主动开口,我想这类话题还是让人觉得敏感吧。可是我们的心态是完全开放的,如果由我们自己开启这个话题,大家也都愿意聆听,这样比较聊得起来。
——顺道一提,双亲都知道你们的家族形式吗⋯⋯?
Mika:我妈妈刚开始发了好大一顿脾气。大骂「你们搞什么?!」「小孩怎么办?!」
Wakapiyon:Mika的妈妈很常来我们家玩,渐渐就变成拿你们没办法地接受了。我们一家四口还曾跟Mika妈妈、Mika男友一起爬过山呢。
Mika:对啊,我和男友两人还曾经回老家住过。或许妈妈也看得出来,比起以前我苦恼和Wakapiyon关系的忧伤神情,现在反而幸福多了。
Wakapiyon:我的双亲则是无论如何也不能理解(苦笑)。以前曾跟他们聊过我们和Mika男友一起住的事情,当我提到「我们现在和Mika男友一起住喔」,他们会解读成「你是说前男友吗?前男友会这么帮你们喔?
」毕竟他们年事已高,实在很难说明就放弃了。
现在已经是大女儿带男友回家的感觉了
——这世上有许多形式的夫妻,一般来说,夫妻共同生活、育儿,同时也是双方唯一的性伴侣,最好还能维持恋爱的心动感⋯⋯许多人为了维持这样的关系而十分努力呢。
Wakapiyon:我们一开始也是希望如此才结婚的。
Mika:是的。
——但现在你们都能接受对方结交其他恋人。这问题应该被问很多次了,你们都不会吃醋吗⋯⋯?
Wakapiyon:我现在已经是大女儿带男友回家的感觉了。和Mika男友一起住时,曾经有点小吃醋。但那不是爱情的嫉妒,反而像朋友间吃醋的感觉,就像他们俩聊得热烈,我却无法加入他们小圈子的感觉。Mika对我而言就像是「最亲密的朋友」。
Mika:Wakapiyon原本就因为「好像能永远当我最亲密朋友」的这个理由和我结婚,这种直觉也算准吧。
Wakapiyon:很准啊!只是当初完全想不到会发展成现在的这种形式。
——就算Wakapiyon交了女友,Mika也不会吃醋吗?
Mika:不会耶,反而会很开心。我没办法勉强自己持续扮演「好太太」的角色。就算Wakapiyon年近五十、有小孩,我也会认同他喜欢上其他人的那种心情。
Tumblr media
只要遵循自由又不受束缚的规矩就好。
——Wakapiyon形容Mika是「最亲密的朋友」,Mika又是如何看待Wakapiyon呢?
Mika:我想比较接近「队友」的感觉。不管发生什么事,双方都不会逼迫对方,而是互相商量往前走。就像是签约成为「人生队友」的伙伴。烦恼无性婚姻时,我曾把Wakapiyon视为伤害自己的「敌人」。但现在他是我的人生应援团,也是好伙伴,就是给我如此安心感的人。
——你使用了「签约」这个词汇。你们有想过脱离这种「契约」与「约束」,双方作为独立自由的个体在一起吗⋯⋯?
Mika:没有耶,因为没有解约的理由啊。现在解约的话,反而还要把名字改为旧姓,有很多这类的麻烦事。夫妻这个队伍的规矩就是「我们自己决定好就好」,我们只要遵循自由又不受束缚的规矩就好。现在我们身边也有实践年约婚姻、分居婚姻和分房婚姻的夫妻,这样一起寻找双方都舒适的方式是最重要的事情。
Wakapiyon:我们在十二年前偶然因为缘分而结婚。无论现在要不要解约,存在我们之间的关系也不会改变了。只是当了五年十年的夫妻,我们的感情和状况也会有所改变。这时要做一次「升级更新」,共同讨论「我们现在还好吗」的时间是非常重要的。
Tumblr media
就连小学生都会举出三个「喜欢的人的名字」了
——Mika的男友也会跟你们的小孩见面吗?
Mika:会啊,昨天我才和男友、大女儿三个人一起去兜风。
——小孩是如何看待Mika的男友呢?
Mika:嗯⋯⋯比起当成「我的男友」,他和孩子们比较像单纯以人与人的关系在相处。
Wakapiyon:我们很常被说「小孩要怎么办?」「孩子的贞操观念会变奇怪」,但他们普通又健全地长大了(笑)。我们完全不会强迫、命令小孩该怎么做。我们只是让他们看见爸爸妈妈为了将人生过得更舒适而努力奋斗的背影。
Mika:举例来说,小学生不是都会举出三个「喜欢的人的名字」吗?但我们不会说这样很过分或奇怪,不会叫他们只能专情一人。
——的确是⋯⋯那么孩子也不会觉得「爸爸妈妈和其他家庭有点不一样⋯⋯」吗?
Mika:嗯——这个嘛,就算问其他小孩,最后还是觉得「我们家不奇怪」。因为会发现每个家庭都不太一样,有只有爸爸的家庭、只有妈妈的家庭,或是爸妈都不在的家庭。
Wakapiyon:对啊,我们就只是多种家族形式中的其中一种而已。话说回来我也从不觉得「大家都一样」。我越来越觉得,人与人的关系无法被框架规范。即使双方都称对方为「亲密好友」,但两人认为的「亲密好友」的定义说不定也有微妙差异。我有两个女儿,我和他们各自的关系都是独一无二的,如果将这种关系带入「父亲」「母亲」「先生」「太太」的框架,就会在意起对方和自己没有做到的事,出现「明明身为父亲」「明明身为太太」之类的想法。
Tumblr media
如果说谎会失去自己,即使悲伤我也宁愿失去身旁的人
——的确被「因为是家人所以应该⋯⋯」「因为是朋友所以应该⋯⋯」这种成见束缚的话,在得不到自己要求时就会徒增压力。
Wakapiyon:是啊。担心、批评我们家庭的人是因为没体验过所以不了解,因为不安才会这样说。但只有试过的人才知道「其实还满OK的」或是「意外地普通」(笑)。
Mika:即使脑袋认为「这样太奇怪了」而有所抗拒,但实际尝试后会发现比想像中还简单。举例来说,脑袋虽然觉得「我们是夫妻,必须在一起相处才对」,但因为很难做到所以觉得烦躁⋯⋯但只要试着将想法转换成「不用特别在一起也没关系」就会意外地松口气。持续探索这种不靠「脑袋」而是「实际感受」的舒适,才促使我们走到这里。
Tumblr media
——从「脑袋之声」获得解放与自由,我想有很多人即使想也做不到。Mika是一开始就能做到、不会感到痛苦的类型吗?
Mika:要说的话是这样没错⋯⋯但我也是痛苦地尝试喔。
——第一次和Wakapiyon讨论在外头结交恋人时也是⋯⋯?
Mika:我发抖着和他谈话。但结婚前,我就度过许多次和恋人这样开诚布公的局面。如果最终因为这样而失去的话也是没办法的事。如果说谎会失去自己,那我宁愿失去身旁的人,即使这是件很悲伤的事情。
对这样的我而言,最难跨过的是承认「我的性爱对象就算不是Wakapiyon也没关系」这件事。这不是很讨厌吗?明明结了婚却还觉得其他人也可以。我想抹去这样的念头,但这又是我的真实想法。
「不能有这种念头」「结婚就是这么一回事」很多次我都这样提醒自己。这种「诅咒」般的声音,虽然这是来自亲人与旁人所认知的幸福,却还是强烈地影响我。
但我本来就是无法每周五天、在固定时间去公司上班的人,这会让我生不如死,所以我拼了命也想摸索出能活下去的方法,反正试着配合世间「普通」规则的我都如此痛苦了。
所以,就算感觉要被恐惧所支配,我也会等待这种情绪稳定下来再继续前进。如此反覆地走到现在。
Tumblr media
「我对Mika没有了爱情,但还是希望我能作为家人待在她身边。」
——对于Mika所说的「拼命」,Wakapiyon又是如何面对呢?
Wakapiyon:我一开始不知道Mika这么拼命,只是含糊地找「现在很忙」的借口来逃避。但我逐渐明白Mika的认真,让我觉得自己也得好好面对才行。我终于能鼓起勇气,说出自己的真心话是因为「我对Mika没有了爱情」,我这一生再也没办法碰她,即使如此还是希望我能作为家人待在她身边。
那时真的很痛苦,很害怕Mika会提出离婚。
——Mika如实说出自己的想法,也让Wakapiyon鼓起勇气传达自己真正的心情呢。
Wakapiyon:虽然我自认擅长聆听,但事后问了Mika,她觉得我那时「完全不听她说话」。
Mika:而且完全不跟我谈到话题的核心。不说对我的感觉,就连自己现在在想些什么、抱着怎样的心情也完全不跟我说。比起以前,现在他更常和我诉说心情了。
Wakapiyon:可能更常发脾气抱怨对Mika的不满了(笑)。
Tumblr media
写出十件「希望改进」的事情,从中挑选一个来执行
——听了两人的故事,让我觉得倾听自己真实心声,再努力传达给对方是件很重要的事情。对于不知道该如何表达心情的人来说,首先要怎么做才好呢?
Wakapiyon:首先要从了解自己「究竟想怎么做?」开始。
Mika:从小地方开始也可以。像是去餐厅吃饭,不要看价钱,只点自己真正想吃的东西。如果菜单同时有800日圆和2000日圆的餐点,不就会下意识将2000日圆排除在选项之外吗?连自己是不是真的想吃都没想过就放弃了它。
——真的是这样!
Mika:还有可以写出十件「希望改进」的事情,从中挑选一个来实际执行。或是相反地写出十件想做的事情,再选一个来做。从中能了解在没有任何限制的情况下自己真正的渴望。
Wakapiyon:平常就这样思考的话,日常平凡的行为也会逐渐产生差异变化。面对自己真实的渴望,才能一点一滴地影响人生。
——夫妻间的交流对话又如何呢?好比我个人的想法,对于公平分配夫妻责任有很强烈的主见,例如自己做比较多家事等等,会产生许多不满与愤怒⋯⋯。
Mika:这就要清楚明白地说出自己想怎么做。如果觉得「希望你能全部完成」,那就直说。说出口虽然可怕,但因为是真心话就一定得说出来。
从这步开始,双方互相讨论、决定就好。明白表达我只能做到这样、不能那样。如果一直忍耐,全都一肩挑起的话自己会爆炸,这时又会怪到对方头上。结果不爽对方都是因为自己不断忍耐而造成的。
Wakapiyon:当然也会发生对方不做就只能自己做的情况。但是选择不说真心话、一肩挑起的人也是自己。
我们无法控制对方的行为,不管发生什么状况,不怪罪到别人身上是很重要的。再来就要看商量的方式了。
Mika:是啊,人只要被发脾气,也会以脾气还回去。如果以「希望你能稍微帮忙」这种角度开口,或许会让人比较愿意去做。
Wakapiyon:如果对方稍微帮了忙,大力传达自己的感谢也很重要。无须像寓言故事中「北风与太阳」的两者彼此互不退让,争出高下。只要自己温暖对待他人,对方自然也会替自己设想。
0 notes
nektar-ium · a day ago
Text
常用漢字
亜哀挨愛曖悪握圧扱宛嵐安案暗以衣位囲医依委威為畏胃尉異移萎偉椅彙意違維慰遺緯域育一壱逸茨芋引印因咽姻員院淫陰飲隠韻右宇羽雨唄鬱畝浦運雲永泳英映栄営詠影鋭衛易疫益液駅悦越謁閲円延沿炎宴怨媛援園煙猿遠鉛塩演縁艶汚王凹央応往押旺欧殴桜翁奥横岡屋億憶臆虞乙俺卸音恩温穏下化火加可仮何花佳価果河苛科架夏家荷華菓貨渦過嫁暇禍靴寡歌箇稼課蚊牙瓦我画芽賀雅餓介回灰会快戒改怪拐悔海界皆械絵開階塊楷解潰壊懐諧貝外劾害崖涯街慨蓋該概骸垣柿各角拡革格核殻郭覚較隔閣確獲嚇穫学岳楽額顎掛潟括活喝渇割葛滑褐轄且株釜鎌刈干刊甘汗缶完肝官冠巻看陥乾勘患貫寒喚堪換敢棺款間閑勧寛幹感漢慣管関歓監緩憾還館環簡観韓艦鑑丸含岸岩玩眼頑顔願企伎危机気岐希忌汽奇祈季紀軌既記起飢鬼帰基寄規亀喜幾揮期棋貴棄毀旗器畿輝機騎技宜偽欺義疑儀戯擬犠議菊吉喫詰却客脚逆虐九久及弓丘旧休吸朽臼求究泣急級糾宮救球給嗅窮牛去巨居拒拠挙虚許距魚御漁凶共叫狂京享供協況峡挟狭恐恭胸脅強教郷境橋矯鏡競響驚仰暁業凝曲局極玉巾斤均近金菌勤琴筋僅禁緊錦謹襟吟銀区句苦駆具惧愚空偶遇隅串屈掘窟熊繰君訓勲薫軍郡群兄刑形系径茎係型契計恵啓掲渓経蛍敬景軽傾携継詣慶憬稽憩警鶏芸迎鯨隙劇撃激桁欠穴血決結傑潔月犬件見券肩建研県倹兼剣拳軒健険圏堅検嫌献絹遣権憲賢謙鍵繭顕験懸元幻玄言弦限原現舷減源厳己戸古呼固孤弧股虎故枯個庫湖雇誇鼓錮顧五互午呉後娯悟碁語誤護口工公勾孔功巧広甲交光向后好江考行坑孝抗攻更効幸拘肯侯厚恒洪皇紅荒郊香候校耕航貢降高康控梗黄喉慌港硬絞項溝鉱構綱酵稿興衡鋼講購乞号合拷剛傲豪克告谷刻国黒穀酷獄骨駒込頃今困昆恨根婚混痕紺魂墾懇左佐沙査砂唆差詐鎖座挫才再災妻采砕宰栽彩採済祭斎細菜最裁債催塞歳載際埼在材剤財罪崎作削昨柵索策酢搾錯咲冊札刷刹拶殺察撮擦雑皿三山参桟蚕惨産傘散算酸賛残斬暫士子支止氏仕史司四市矢旨死糸至伺志私使刺始姉枝祉肢姿思指施師恣紙脂視紫詞歯嗣試詩資飼誌雌摯賜諮示字寺次耳自似児事侍治持時滋慈辞磁餌璽鹿式識軸七叱失室疾執湿嫉漆質実芝写社車舎者射捨赦斜煮遮謝邪蛇尺借酌釈爵若弱寂手主守朱取狩首殊珠酒腫種趣寿受呪授需儒樹収囚州舟秀周宗拾秋臭修袖終羞習週就衆集愁酬醜蹴襲十汁充住柔重従渋銃獣縦叔祝宿淑粛縮塾熟出述術俊春瞬旬巡盾准殉純循順準潤遵処初所書庶暑署緒諸女如助序叙徐除小升少召匠床抄肖尚招承昇松沼昭宵将消症祥称笑唱商渉章紹訟勝掌晶焼焦硝粧詔証象傷奨照詳彰障憧衝賞償礁鐘上丈冗条状乗城浄剰常情場畳蒸縄壌嬢錠譲醸色拭食植殖飾触嘱織職辱尻心申伸臣芯身辛侵信津神唇娠振浸真針深紳進森診寝慎新審震薪親人刃仁尽迅甚陣尋腎須図水吹垂炊帥粋衰推酔遂睡穂随髄枢崇数据杉裾寸瀬是井世正生成西声制姓征性青斉政星牲省凄逝清盛婿晴勢聖誠精製誓静請整醒税夕斥石赤昔析席脊隻惜戚責跡積績籍切折拙窃接設雪摂節説舌絶千川仙占先宣専泉浅洗染扇栓旋船戦煎羨腺詮践箋銭潜線遷選薦繊鮮全前善然禅漸膳繕狙阻祖租素措粗組疎訴塑遡礎双壮早争走奏相荘草送倉捜挿桑巣掃曹曽爽窓創喪痩葬装僧想層総遭槽踪操燥霜騒藻造像増憎蔵贈臓即束足促則息捉速側測俗族属賊続卒率存村孫尊損遜他多汰打妥唾堕惰駄太対体耐待怠胎退帯泰堆袋逮替貸隊滞態戴大代台第題滝宅択沢卓拓託濯諾濁但達脱奪棚誰丹旦担単炭胆探淡短嘆端綻誕鍛団男段断弾暖談壇地池知値恥致遅痴稚置緻竹畜逐蓄築秩窒茶着嫡中仲虫沖宙忠抽注昼柱衷酎鋳駐著貯丁弔庁兆町長挑帳張彫眺釣頂鳥朝貼超腸跳徴嘲潮澄調聴懲直勅捗沈珍朕陳賃鎮追椎墜通痛塚漬坪爪鶴低呈廷弟定底抵邸亭貞帝訂庭逓停偵堤提程艇締諦泥的笛摘滴適敵溺迭哲鉄徹撤天典店点展添転塡田伝殿電斗吐妬徒途都渡塗賭土奴努度怒刀冬灯当投豆東到逃倒凍唐島桃討透党悼盗陶塔搭棟湯痘登答等筒統稲踏糖頭謄藤闘騰同洞胴動堂童道働銅導瞳峠匿特得督徳篤毒独読栃凸突届屯豚頓貪鈍曇丼那奈内梨謎鍋南軟難二尼弐匂肉虹日入乳尿任妊忍認寧熱年念捻粘燃悩納能脳農濃把波派破覇馬婆罵拝杯背肺俳配排敗廃輩売倍梅培陪媒買賠白伯拍泊迫剝舶博薄麦漠縛爆箱箸畑肌八鉢発髪伐抜罰閥反半氾犯帆汎伴判坂阪板版班畔般販斑飯搬煩頒範繁藩晩番蛮盤比皮妃否批彼披肥非卑飛疲秘被悲扉費碑罷避尾眉美備微鼻膝肘匹必泌筆姫百氷表俵票評漂標苗秒病描猫品浜貧賓頻敏瓶不夫父付布扶府怖阜附訃負赴浮婦符富普腐敷膚賦譜侮武部舞封風伏服副幅復福腹複覆払沸仏物粉紛雰噴墳憤奮分文聞丙平兵併並柄陛閉塀幣弊蔽餅米壁璧癖別蔑片辺返変偏遍編弁便勉歩保哺捕補舗母募墓慕暮簿方包芳邦奉宝抱放法泡胞俸倣峰砲崩訪報蜂豊飽褒縫亡乏忙坊妨忘防房肪某冒剖紡望傍帽棒貿貌暴膨謀頰北木朴牧睦僕墨撲没勃堀本奔翻凡盆麻摩磨魔毎妹枚昧埋幕膜枕又末抹万満慢漫未味魅岬密蜜脈妙民眠矛務無夢霧娘名命明迷冥盟銘鳴滅免面綿麺茂模毛妄盲耗猛網目黙門紋問冶夜野弥厄役約訳薬躍闇由油喩愉諭輸癒唯友有勇幽悠郵湧猶裕遊雄誘憂融優与予余誉預幼用羊妖洋要容庸揚揺葉陽溶腰様瘍踊窯養擁謡曜抑沃浴欲翌翼拉裸羅来雷頼絡落酪辣乱卵覧濫藍欄吏利里理痢裏履璃離陸立律慄略柳流留竜粒隆硫侶旅虜慮了両良料涼猟陵量僚領寮療瞭糧力緑林厘倫輪隣臨瑠涙累塁類令礼冷励戻例鈴零霊隷齢麗暦歴列劣烈裂恋連廉練錬呂炉賂路露老労弄郎朗浪廊楼漏籠六録麓論和話賄脇惑枠湾腕
1 note · View note
laikalakugaki · 2 days ago
Text
カズオイシグロの小説の特徴について、多くの場で『信頼できない語り手』と表されるが誰もこれについて正確な認識を与えてくれなかった。
氏の多くの作品は徹底した一人称で書かれており、この語り口は読者に強烈な感情移入を呼び起こす。回想録である場合が多く、大体の物語でハッピーエンドはない。主人公を取り巻く状況は、もう取り返しのつかないことになっているか、はじめから回復する見込みのない状況であったりする。
最新作クララとお日さまはNever let me go(私を離さないで)と日の名残りの中間みたいな感じだった。つまりめっちゃ良いということなのですが...だからNever ...のネタバレをしつつ日の名残りの話をすることで、クララの感想とかえさせてもらいます(オタクだな〜...ワハハ...)(Never ...は比較的最近の作品である上、日本でもドラマになったり、なんか宣伝のやり方ゆえそうなっているのかわからないが、至るところでネタバレ紹介されているのだけど日の名残りはそうでもないので...)
Never…の舞台は現代のイギリス風で、主人公は臓器移植の臓器提供者たちの介護をして生活している。ネタバレすると、その主人公や提供者たちは、クローン技術で生まれた人権のない人間であるのだが、その衝撃的事実は、作中で大袈裟に明かされたりはしない。つまり、やっと辿り着いた研究所の金庫に保管されている機密事項なわけでも、ゲームや少年漫画のように敵対者を倒すことで得られる情報というわけでもない。主人公と読者は、日常のちょっとした出来事や周りの人々の空気から、その事実を察していくことになる。
クローン人間である彼らは、人並みに将来に夢を見たり、死への恐怖を感じたりするが、ただ自分が提供者になる日が来るまでは介護人として働き、その時が来たら死を待つ以外に人生の選択肢がない、という残酷な設定は、めくりで登場して効果音ーー次週に続くーーみたいな手法では全くなく、大きな衝撃なく軟着陸させるように読者に説明される。浸透されるというか、暗黙の了解的に共有される。
それに戸惑う読者は多いみたいで、しばしば何が言いたいのかよくわからない、つまらない話だと評されてしまったりするのをよく見るが、私はめっちゃ好きです…
その制限された狭い世界で、主人公はなんとか現状を打開しようと奮闘するのだが、虚しい結果に終わるという超鬱話、美しくもあるが。今思うと英国に根強くある階級制や格差社会の影響がイシグロにこのような小説を書かせたのだと想像できる。
主人公が現状を打開するため試みる方法はあまりに頼りなく、普通の生活を送っているマジョリティの社会にとって歯牙にも掛からないものであると、作者も読者もわかりながら読む。
客観的に見て間違っている。つまりボケ続けている。ツッコミ不在のまま救いなく小説は進む。稚拙な世界に生きている主人公はその方法をかたく信じておりーー或いは本当は不可能だと気づいていても目を背けているのかーーそれに縋る以外に希望がないのだ。
つまり、『信頼できない語り手』とは
『ツッコミ不在の世界でボケ続ける主人公』ということです。
日の名残りは、老いた執事スティーブンスが自分の能力の衰えを認め、かつての同僚の女性に手助けを求めて、彼女に館に戻ってきてほしい、という希望と共に、その人に会いに車で旅する最中に回想する彼の人生についての小説だ。
スティーブンスは、あくまで仕事のために彼女に会いに行くのだが、本当は、その人のことが好きだったんですよね?だからもう一度会いたいんですよね?というのが読者にはバレバレである。そこが可笑しいところというか、スティーブンスの魅力的な点なのだが⋯ これがまさしく信頼できない語り手、本当は好きだったんでしょ?というツッコミ不在のまま(いや、冒頭指摘はされるのだがスティーブンスはそれを軽口と否定する)彼はボケ続ける。
彼は、そのように隠していることが他にもあって、それがなんだったのか、ということは小説を読み終わる頃には浮かび上がって見える。
彼の人生は、何に代えても仕事に徹した人生であるが、スティーブンスはたとえ回想の中でも、主人(雇用主、あえて主人と呼ぶ、)に都合の悪いことには言及しないし、主人を非難することも言えないのだ。英国に伝統的に存在する執事のイメージーー謙虚で自分の意見というものを表立って出すことはないーーという前提が作者と読者で共有されているゆえ、彼が何から目を背けているのか、その明確な描写はなくてもーーないからこそーー我々は理解できる。
スティーブンスは主人が間違っているとわかっていても止めることはできないゆえ、後悔や、心にかかっていることについては遠回しに疑念を語ったりすることしかできない。我々はスティーブンスがはっきりと言わなかった事実がなんだったのか、終盤にはその意味するところを知ることになるが、それは抽象的、象徴的に見れば彼に限定されることではない。現代を生きる我々は皆少なからず彼のような存在であり、将来このような顛末を辿ってしまうという不都合をーー認めたくない事実を読者に突きつける。敢えて言うけど、勝手な発言だけど、DHCで働いている人はまさしくーー或いはAppleやAmazonで働いている人すらもこのような存在なのではないのかなと思う。
クララとお日さまは、AFという人型人工知能のクララの一人称による小説だった。
英国の執事が口をつぐむのとは違うが、人工知能というものは人間のように柔軟に情報を処理したり、隠されている事実を想像力で補ったりはできない。能力が制限されている、というのがこの一人称の語り口の重要な点であり、作者と読者で前提が共有されている点である。
クララは何か隠しているわけではないが、現実に起こっている事象と彼女の範疇で下した理解には齟齬がある。ボケ続けている。例えば、自分に動力を与えてくれる太陽のことを自然現象と理解しておらず、最後まで「お日さま」と呼んで人格や慈悲ががある存在と捉えている。
その一人称から語られる世界の、見えずらいけど感じられる何か、語られないゆえ察せられる世界の理不尽、という形式はいつものやつ!となりつつも新しく、イシグロは自分の作風と性癖を完全完璧に掌握し確信を持った上でこの作品に取り組んだのであろうなと思われ感服した。
しかし、人工知能は絶対に嘘をつかない。スティーブンスのようにーー人間のようにーー本心を隠したり自分を騙って行動することがない。できない。嘘をつかないクララは、信頼できない語り手でありながらも、誰よりも信頼できる語り手であると言える。
そのクララと、言及しない事や目を背けている現実がある人間たち、というコントラストによって描き出されるのは人間の心とは何か?という問題である。
このようなテーマを書くというのは、人間の記憶に執着して小説を書き続けた作家の集大成というか、作家人生上やむなしと感じられる。
心とは、ここまで理解すれば完全である。再現できる。というものがない。際限なく続いてしまうものであり、追求していくと永遠にきりがなくなってしまうというメタファーが、作中数限りなく存在しており良かった。それ自体がイシグロの小説世界そのものであったと思う。彼の小説に描かれてきた嘘をつく語り手は、過去を語っていてもその全てを読者に教えてくれないし、どこまで本当かもわからない、疑うときりがない。読み返すたびツッコミ続けることがある。人間はそのような存在である。
本当に素晴らしい作家だと改めて思いました。
0 notes
shintani20 · 2 days ago
Text
2021年4月19日
モルテンが開発研究機能を集約してモノづくりの拠点を西飛行場跡地に。本社機能も移転。デザイン監修は建築家谷尻誠さんらが代表を務める会社が担当。#西飛行場跡地 #モルテン #バスケのコート (小林康秀アナウンサー)
西飛行場跡地 モルテンが新拠点建設へ 社や研究開発機能 広島(RCCニュース)
「広島西飛行場跡地沿いに観音マリーナに向かって走るこちらの道、かつては片側1車線とせまい道でしたが、片側2車線の広い道に生まれ変わろうとしています。さらに自転車道も両サイドにできて、街並みが変わろうとしているのですが、そのそばにある産業団地のこちらのさら地にモルテンがテクニカルセンターを作ろうとしています。」(小林康秀キャスター)
19日、競技用ボールなどを製造しているモルテンが、本社機能と研究開発機能を集約した新たな拠点を、広島西飛行場跡地に建設することを発表しました。
「モノづくりの礎を作るべく、、モルテンの全てを込めた開発センターを建設いたします。その名前をモルテン『ザ・ボックス』と名付けました。」(モルテン 民秋清史社長)
技術開発拠点「ザ・ボックス」は、広島市内に点在するスポーツ事業と自動車関連部品事業・医療福祉事業、そして、マリン機材事業のそれぞれの開発機能を集約し、相乗効果で独創的なアイデアを形にしていく箱を目指しています。
1万8000平方メートルの敷地に鉄筋鉄骨4階建て総工費80億円で建設される建物には、3Dプリンターなどの設備がそろった「ザ・スタジオ」が作られ、各部門のエンジニアや外部の企業などが集まって、アイデアを生み出します。
また、スポーツ用品のテストなどもできる多目的コートや、医療機器などの動作解析を行うラボなどを設置し、およそ200人が働きます。
建物は、広島出身の建築家・谷尻誠さんらが代表を務めるデザイン会社が監修します。
「せん越ながら広島という街を盛り上げるようなことはできないか。モノづくりを通じた地方創生を考えております。」(モルテン 民秋清史社長)
西区内にある本社と広島工場の土地は売却することも発表されました。新たな拠点は来年夏に竣工。11月から業務を開始する予定です。
モルテンが開発機能集約 広島西飛行場跡に拠点、本社も移転(中国新聞)
"コロナ感染者数日本がイギリスを超えた日:感染激減の理由は | 【英国発】news from nowhere"
新型コロナウィルス1日の新規感染者数で、日本がイギリスを追い抜きました。この冬コロナが猛威をふるったイギリスはロックダウンがずっと続いていたのですが、ここにきて感染者数が激減しています。そのタイミングで日本の感染者数は増えているため状況が逆転しているようです。
新型コロナウイルスワクチン 9月までに全対象者分めど 菅首相
菅義偉首相は19日、新型コロナウイルスワクチンに関し、米製薬大手ファイザー社のブーラ最高経営責任者(CEO)と行った電話会談を受けて、「(国内の全対象者分が)9月までに供給されるめどが立った」と見通しを示しました。
「全国同時ノーマスクピクニック」に非難殺到 会場とされた都立砧公園「残念です」(弁護士ドットコムニュース)
新型コロナウイルスの感染が急拡大する大阪府をはじめとする全国各地で、5月1、2日に「ノーマスクピクニックを楽しむイベント」が開催されるとして、ツイッターで警戒する声があがっています。
五輪の人件費問題、ずっと取材で追ってますが、今日の国会答弁では実際の日当は内部資料に記載された単価の5%しかないとか。「中抜き」率が最大95%に及ぶ可能性があることも分かった。これぞブラックボックス…(高橋祐貴 記者)
「守秘義務で…」五輪担当相、人件費詳細把握できず(毎日新聞)
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が企業に業務委託する際の人件費単価について、丸川珠代五輪担当相は19日の衆院決算行政監視委員会で、「守秘義務で見せてもらえない資料がある」と述べ、担当閣僚でさえ詳細を把握できていない実態が明らかになった。立憲民主党の斉木武志氏が「見えない予算ではないか」と追及した。組織委の人件費単価を巡っては、毎日新聞が日当以外に諸手当や賞与相当額などを含め1日最高30万円のケースがあると、組織委の内部資料を基に報じている。
斉木氏は独自に入手した資料に基づき、「ディレクター」について、人材派遣会社のホームページで日当1万2000円程度で募集している一方、委託先への支払いの算出根拠となる人件費単価が最大20万円に上ると指摘。「95%も中抜きして業者に渡すのは放漫だ」などと質問した。これに対し、丸川氏は「国民に歓迎される五輪でないといけないので、組織委には透明性を高めるための説明を尽くしてもらいたい」と答え、組織委に説明責任を果たすよう求めた。
一方、組織委の委託業務における人件費や経費にあたる一般管理費などの算出は、国の基準に基づいて行っていると説明。その上で、丸川氏は「経費が多いか少ないかは分からない」と明言を避けた。
組織委は、内部資料に記載された人件費単価について、企業への委託費を積算するための「参考値」とし、この金額を前提に発注することはないと説明している。
人件費単価は、労働者1人あたりにどの程度お金がかかるかを示し、予算を積算する際の根拠となる数値。基本給相当額のほか、諸手当(住宅、通勤など)や賞与相当額、事業主負担額(健康保険、退職金積み立て、介護保険など)が含まれるため、労働者に実際に支払う「日当」とは異なる。【高橋祐貴】
山梨知事、コロナ深刻なら「五輪なんかやっているところではない」(毎日新聞)
山梨県の長崎幸太郎知事は19日、記者会見で「オリンピックの方が県民の命より大切だなんていうことはあり得ない。健康状態に極めて大きな深刻な影響を及ぼすような感染状況であれば、オリンピックなんかやっているところではない」と述べた。
台湾、米国製の長距離巡航ミサイルの購入を希望(ロイター)
台湾の国防部(国防省に相当)の幹部は19日、空中発射型の長距離巡航ミサイルを米国から調達したいと述べた。
台湾は、戦時に中国内陸部に向けて反撃する能力を確保するため、独自に長距離ミサイルの開発を進めているが、米国からさらに最新型の兵器を調達することも検討している。
国防部の戦略立案担当トップは立法院(国会に相当)で「米国の承認はまだ得ていないが米国から購入したい兵器は何か」との質問に、ロッキード・マーチン製の「AGMー158」だと答え、「まだ申請している段階だ。連絡ルートは非常にスムーズで正常だ」と述べた。これ以上の詳細は明らかにしなかった。
AGMー158統合空対地スタンドオフミサイル(JASSM)は射程が1000キロメートル近いモデルもある。台湾が運用するFー16などの軍用機に装着が可能。
中国は台湾付近での軍事活動を強化している。
遭難したハイカーが「写真の特定が趣味の人」により速攻で発見される(GIGAZINE)
2021年4月12日、1人のハイカーが山で遭難し、1枚の画像とともに友人に助けを求めるメッセージを送信しました。スマートフォンのバッテリー切れから連絡が途絶えてしまったハイカーを助けるために友人が当局を通じてSNSで写真を拡散したところ、写真が撮影された場所の特定を趣味とする人物によって、数時間で居場所が特定されるという展開になったと報じられています。
ビッグクラブvsUEFA&FIFA…「欧州スーパーリーグ構想」正式発表でサッカー界が揺れる、識者の見解は
18日、欧州の有力クラブが参加する欧州スーパーリーグの構想が正式発表された。発足は2021年8月を予定しており、リーグの開幕時期は未定。参加する12クラブは正式にリリースを発表。
プレミアリーグ(6)アーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム → 20日プレミア6クラブは撤退を表明
セリエA(3)ミラン、インテル、ユベントス
ラ・リーガ(3)アトレティコ・マドリー、バルセロナ、レアル・マドリー
開幕前には3クラブが追加される
バイエルンCEO、欧州スーパーリーグ計画に参加しなかった理由を説明(Goal Japan)
バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、欧州スーパーリーグの計画について語った。クラブが19日、ウェブサイト上で声明を発表している。
レアル・マドリーなど欧州の12クラブはこの日、欧州スーパーリーグを創設することを発表した。しかし、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長が同日にチャンピオンズリーグ(CL)の新フォーマットを公開する際、クラブ団体がCLに取って代わる大会を独自に発足する計画を真っ向から批判するなど、大きな物議をかもしている。
12の創設クラブはプレミアリーグからの6クラブ、ラ・リーガとセリエAからはそれぞれ3クラブ。昨季CL王者のバイエルン・ミュンヘンなど、ブンデスリーガのクラブは含まれていなかった。その理由についてルンメニゲCEOが以下のように説明している。
「FCバイエルンはスーパーリーグの計画に参加しなかった。我々は、現在のサッカー界の構造が信頼できる基盤を保証すると確信している。FCバイエルンはCLが欧州サッカーの発展にあたって正しい道であると信じているため、今回のCL改革を歓迎する。新たなグループステージにより、大会がよりエキサイティング、エモーショナルなものになるだろう」
「スーパーリーグがコロナ禍によって生じた欧州クラブの財政的問題を解決するとは思わない。欧州の各クラブは、欧州のサッカー全体をより合理的にするため、コスト構造 、特に選手給与やエージェントに対する報酬など収益と釣り合うよう連帯して取り組む必要がある」
一方、声明の数時間後にはドイツ誌『シュピーゲル』が創設クラブが署名した契約の内容についてスクープ。12クラブに加え、創設クラブとして招待される予定の3クラブはバイエルンやボルシア・ドルトムント、PSGで、バイエルンとドルトムントは30日間以内に、PSGは15日間以内に最終決断を下すことになっているという。
欧州スーパーリーグが計画見直し発表、プレミア勢の撤退受け(AFP=時事 4月21日)
先日創設を発表したサッカー欧州スーパーリーグが21日、参加予定だったプレミアリーグの全6クラブが計画から撤退したことを受けて、計画を見直すことを発表した。
0 notes
mechaag · 3 days ago
Text
今日のひろゆき(2021-04-18)(2)
【ひろゆき】だから日本の教育はいつまで経っても変わらない…。バ●な教育委員会や文科省の方々がいるからね - YouTube
何を語るのかと思ったら、黒板が時代遅れだ、と。あのさ、ほんとひろゆきってこういうところが無能だよね。ひろゆきの思考の駄目なところは、突っ込みやすい点を突っ込むところなですよ。
それってそれこそ中高生が先生や親の揚げ足を取ってるのと変わらないわけ。何かを語る場合、需要な点、本質的な問題を語らなければ、その時点で「ああ、この人(ひろゆき)は、この程度の人なんだな」と思われ、以降、その程度のレベルの話になるわけですよ。つまりひろゆきの低いレベルに合わせてくれる。
それはそれでひろゆきとしては楽しいんだろうけど、それって横綱が手加減して小学生と相撲を取ってくれるようなものなわけですよ。それでひろゆきが勝っても(相手を論破しても)、相手(専門家)は全然ダメージを受けないわけ。
- - - -
別にさ、それをわかってて、あえてやってるならいいと思うんですよ。小学生にとって横綱と相撲を取って勝った!嬉しい!相撲って面白いんだな!将来相撲取りになろう!みたいな経験になればね。
でもひろゆきももういいオッサンでしょ。将来の成長を期待される若者ではないわけですよ。問題なのはひろゆき自身が、本当に相手(専門家)をやっつけた、自分は勝ったと思ってしまってる点。
だから自分が勝ったのに、なんで相手は全然ひろゆきの意見を受け入れてくれないんだろう?一般の国民もなんで勝ったひろゆきではなく、以前として負けたはずの専門家の意見に従うんだろう、と思ってるわけでしょ。
だからさ、ひろゆきが勝った部分は主戦場ではないからですよ。そんな部分はどうでもいいわけ。少なくとも相手はそう思ってるし、他の国民もそう思ってるから。それがわかってない。
- - - -
教育で黒板を使うかホワイトボードを使うか、パソコンを使うか、ってそんなに重要なの?そこを変えると、日本の教育の問題点、俺には何が問題なのか知らないけど、まあ問題だと思ってる人はいるみたいだから、そういうことにしておきましょう。問題だとされてる点は、解決するわけ?
例えばよく言われるのが、創造性を育てることができないとか、暗記偏重だとか、落ちこぼれに対応できないとか、優秀な生徒の飛び級ができないとか、そういうのが問題だと言われてるわけじゃん?まあ他にもあるかもしれないけど。一応念のため繰り返すけど、俺はそういうのが問題だとは思ってないよ。でもそういうのが問題だという人がいる事実は認識してますよ。
さて、黒板を廃止するとそういう問題が改善されるんですか?されないでしょ?つまり本質ではない部分なんですよ。だからひろゆきが一生懸命指摘しても、スルーされる。せいぜい「そうだね、できれば変えた方がいいだろうね」程度に受け流される。
- - - -
それとも黒板を廃止すると、すごく教育が改善されると考えてるの?それならその重要さを説明しなきゃ意味ないでしょ。単に時代遅れだとか、他の国に遅れてるとかいうだけじゃ、意味ないでしょ。どういうメリットがあるのか。
まあそりゃ黒板のデメリットはいくらでもあげられますよ。でも「不便」というだけでしょ。
一方、パソコン化で考えられるデメリットの方を俺なりに語ってみる。ホワイトボードは別に黒板に比べてデメリットはないと思うから。
- - - -
用意した資料を表示するだけならいいけど、その場で図を描いて説明したい場合、ホワイトボード的なものがないと不便でしょ。もちろんパソコンでそういうのは実現できる。でもさ、現実問題として「今の時点」では不便なわけですよ。資料に書き加えたりね。あるいは生徒に黒板に書かせたりが。
インタラクション、双方向の対話の場合、まだまだIT機器は改善の余地がある。そういうものはやっぱ長い時間かけて改良されていくもの。ネットのツールだってBBSやブログ、mixi、twitter、youtube、zoomと試行錯誤をくりかえしながら、発展してきたわけじゃん。
新しいシステムを導入したら案外使いにくくて、不評だったというのはよくあること。社内でもね。「なんでこんな使いにくいシステムなんだ」と。
2chのシステムだっていろいろ改良していったわけじゃん。さらに2chブラウザとか作られた。そうやって試行錯誤、一進一退を繰り返して文明は進歩していく。
- - - -
ひるがえって教育現場の場合、特に公立校だと、全国一律というのが重視されるじゃん。差別や格差にうるさい。また文科省が決めて個々の教員はそれに従うというトップダウンのシステムなわけじゃん。
ひろゆきはさボトムアップが好きでしょ。俺もそうですよ。頻繁に試行錯誤を繰り返し改良していくには、トップダウンではうまくいかない。ソフトウェア開発ならアジャイル開発とか言われる奴ですな。トップダウンはウォーターフォール。上意下達。上が決めたことは、どんなに不便でも従わないとならない(苦笑。
しかし国が国民にする教育というのは、やっぱトップダウンでないと不味い部分が多くあると思うわけ。個々の教員が試行錯誤で良い教育方法を模索し、誰かが新しい方法を見つけたら、それを教員同士が情報交換でノウハウを共有し広めていく…というのは全国一律が重視される教育では、ムリだと思うわけですよ。
- - - -
もちろんそれこそ改良すべきだ、という意見は合っていいと思うよ。どの教育アプリを使うか、個々の教員の裁量に任されて、A先生はA社のアプリを独自にカスタマイズして授業をしてる、とかさ。まあ楽しいよね。そこまで踏み込むなら、それはそれで議論のテーマになると思う。
でも黒板廃止とか、何なんですかwwww。まあそういうことを念頭に、その象徴として黒板について語ってるのかもしれないけど、そういう言い方では通じませんよ、と。
- - - -
んでさ、教育の問題が難しいのは、結果が出るのが10年後とか20年後なわけですよ。学校に行ってた生徒が社会人になって、社会の中核を担う段階でようやく、「あの教育は正しかった」「あまりよくなかった」と結果が出る。ゆとり教育とかもね。
なので下手に変えて、悪くなった場合、「改悪してしまった」とわかるのは、10年後や20年後なわけ。影響が大きすぎる。なので慎重になるのは俺は当然だと思うけどね。
- - - -
黒板やホワイトボードとかの手書きだと、毎回先生が同じものを書くのは非効率にみえる。生徒がそれを自分のノートに書き写すのも無駄に見える。そんなの先生は1回資料を作ればそれを毎年使いまわせばいいし、生徒はそれをファイルコピーすればいい。
ほんとにそう思う?毎回手書きで書くというのは、試行錯誤の要素が入ってると思う。前のクラスでここがわかりにくいと生徒から質問された。ならば最初からこの部分に説明を書いておこう、とかさ。
もちろんコンピュータ上の資料でも同じことはできる。というよりはるかに簡単にできる。それは一見効率が良さそうに見えるけど、落とし穴はない?ついついめんどくさくなって、ずっと改良も加えずに同じ資料を使いまわしてるという先生も出てくると思うよ。
- - - -
人間のやることだから、予想できないわけですよ。もちろんそういう問題は黒板やホワイトボードでも生じる。でも何がきっかけになって、それがどこにどういう影響を与えるかは、予想がつかない。
レジ袋有料化したら、マイバッグを使った万引きが増えたというのは、よそうできないでしょ。せいぜい有料化による客の文句ぐらいは予測できても。つまり予測できないことが起きるというのは「怖い」わけですよ。「不安」なんですよ。責任を負う立場だとね。
これは単に責任を問われて怒られるとか解任されるとかそういう目先の問題ではなく、日本をよくしようとしたのに、逆に悪くなってしまった、自分が「こうするのが正しい」といい、みんなも自分を信頼し賛成してくれた。その期待を裏切ってしまったというのが、辛いわけ。
- - - -
どうもひろゆきってこういう部分が希薄にみえるんだよね。いつもへらへらしてるしさ。大きな責任を負ったことがないわけじゃん。ひろゆきはさ、自分が判断ミスをした場合困るのは自分だけという仕事しかしたことがないでしょ。失敗しても自分が損をするだけ、という仕事。
自分が判断ミスをすると、自分はもちろんのこと、多くの人を不幸にしてしまうというような思い決定をしたことがない。学生のうちはそれでいいけどさ、ひろゆはもう40代なのに、そういうところが20代の学生のままなわけですよ。
- - - -
あと生徒が黒板をノートに写す作業。これはもっと重大で、たとえば「東大生のノート」見たなのが以前話題になったじゃないですか。ノートに書き写すというのはその作業自体が勉強の一部なわけ。自分の頭の中を整理する。
なので単に授業を、先生がパソコンの画面に表示した資料を生徒は、先生の話を聞きながら眺めている「だけ」だと、成績はすごく低下すると思う。だって覚えないもん。
となると結局家に帰って、授業で配布された資料を見ながら、自分でそれを理解したり覚えたりするための「作業」が必要になる。それはどうすればいいか?家でパソコンの画面を神のノートに書き写せばいいのか?あるいはその作業も生徒がパソコン上できるのか。
試行錯誤が必要じゃん。もちろ未来永劫、紙と鉛筆を使い続けることはない。いつか新しい教育のスタイルが生み出されると思う。でもそれは容易なことではないわけですよ。
- - - -
それなのにさ、そういう思慮がひろゆきの言葉からは微塵も感じられないわけですよ。専門家が見てる部分は黒板かホワイトボードか、パソコンのパワポの画面かwという表面的な部分ではないわけ。
にもかかわらずひろゆきは、そういう表面的な部分しか見ていない。まさに横綱と小学生ぐらい思考のレベルが違うわけですよ。でも小学生には横綱の実力がわからない。愚かですよ、ひろゆき。20年前だったら、それでも年齢相応だと思う。でもあれから20年経ってるわけですよ。物事の表面しか見ない点は、まったく成長していない。
- - - -
全体的に思うのはさ、ひろゆきって相手を自分の土俵に引きずり込んで勝とうとするじゃないですか。「この点を攻めれば勝てそうだ」という点を見つけて、そこに一点突破をしかける。
でもそれって表面的には議論に勝てるかもしれないけど、それじゃひろゆき自身の思考が深まっていかない。相手がどういうことを考えてるか?を吸収できないわけじゃん。
俺が知ってる優秀な人って、みんな話を聞くのが得意だよ。しかも非常に察しがいい。そういう人は他人から知識を効率よく吸収し、自分の行動に生かす。だってさぁ、仕事では状況を正しく把握し的確な判断をしなければならない。
- - - -
相手が思うように動いてくれないなら、なぜなのか理由を考え、その上で対処しなければ。正当な理由があるのに「とにかくこれをやれ」とやってもいい結果にならない。できないものはできないからね。それを実行できない理由を聞き、その原因を何とか解消しないと、仕事は進まない。
仕事ではほとんどの場面で、相手を言い負かしても意味ないわけですよ。仕事の場合指揮系統が決まってるから、命令すればいいんだからね。論破する必要ない。それよりも自分が間違った命令を出してしまうことが恐ろしいわけ。なので相手の話をよく聞かないと。
2 notes · View notes
crydayz · 5 days ago
Text
昨年まではずっとどんな関係性でも摩擦を起こすことが面白いと信じてたけど、それは相手が自分より許容値高い場合に限られるし、そうであってもしないに越した事はないんだなと学んだね。
互いの対ハラスメント強度の検証実験して深まるのは奴隷的立場に対する諦念だけだ。
我々は劣等種でありどう足掻いても差別されるんだ、くだらないどんぐりの背比べはやめて、せめて使いやすい奴隷になるべく自分達を削って行こうぜ!(これは皮肉な?)
って言われて即座に「違う!」とか「よしやるか!」って返せる人間は少数派すぎる。
大抵の人はただただ嫌な気分になってやる気を失い、やる気を奪われたことに対し怒り出す。
皮肉や悪意を栄養に変えるアレな器官を持っていない。もしくは前提条件の正誤を判定する為の知識を持ちあわせていない。だから傷の痛みに耐えて皮肉を言う人の事を当たり前に悪意の塊と認識するし、冷静に俯瞰してみればそれは事実でしかない。
弱くて寂しがり屋な人間が甘えに基づく皮肉で他人に試し行為してるのが実態であろうとも、客観的に観て意地が悪いことには変わりがないし、意地悪な人間とはそもそもトラウマと共存し自分自身が呪いそのものになってしまった人の事である。
つまり世の中は傷ついたもん敗け。皮肉をまとって被害者ぶった者敗け。心を常に浄化し希望を信じ続ける狂気に目覚めたもの勝ち。
狂ってる! お前が美味しそうに食ってるそれは生ゴミだぞ!
0 notes
honyakudiary · 6 days ago
Text
ドキュメンタリーで見る自然は美しい偽物です (後編)
(前編からのつづき)
歴史家のウィリアム・クロノンは、1995年に発表した有名なエッセイ「The Trouble With Wilderness; or, Getting Back to the Wrong Nature」〔*「荒野」のどこが問題か――まちがった自然に戻るということ〕の中で、「荒野」〔*wilderness、手つかずの自然〕という概念を解体した。クロノンは、北米に移住したヨーロッパ人は、価値のない、恐ろしい、改善されていない土地としての「荒野」という自らが受け継いできた概念を、「人間が住んだことのない『人跡未踏の』崇高なエデンの神話として再構築した。それはかつてその地を故郷としていたインディアンの視点から見ると、格別に残酷なことであった」と書いている。実際には入植者が到着した時点で、アメリカ大陸はそこに暮らす6,000万人近い人々によって、すでに徹底的に形づくられていた。農業をはじめとする人間の集約的な利用は、アメリカ大陸の10%を占めるほど広く行われていた。人為的に起こされた火災によって草地や大草原が維持され、狩猟採集や摘み取り、ときには新しい場所への植え替えによって、何十もの種の個体数や領域が調整されていたのだ。
アメリカ大陸でもその他の地域でも、「手つかずの自然」という虚像は単純に事実に反している。この虚像は自然保護の妨げにもなっている。「手つかずの自然」が自然の理想的状態として設定されているため、人間の影響はデフォルトで否定的なものと見なされる。この虚像によって、自然を守るためには、自然を壁で囲って人間を入れないようにするという以外のアプローチが排除された。「手つかずの自然」という考え方で「地球を救おう」とすることは、自らがそこから出るということになってしまった。クロノンが書いているように、そこには「自然の中での倫理的で持続可能な、名誉ある人間の居場所が実際にどのようなものかを発見する希望はほとんどない」のだ。
私はクロノンの仕事を継承しようと試みてきた。最初に白人が研究したときには生態系になかったからといって、外来種がすべて糾弾されるべきかどうかを問いかけてきた。ときには、あなたは架空の議論をしている、もう誰も「手つかずの自然」などというものは信じていない、と言われることもある。通常、そう言う人は、自然の保護や復元、生態学などの分野で働いており、そこでは古生態学のエキサイティングな新発見や、遅ればせながらも歓迎されている先住民族の環境史への関心によって、自然やその中における人間の居場所についての考え方が徐々に変わってきている。しかし、専門家の世界の外では、クロノンのエッセイから26年経ったいまも「手つかずの自然」という神話が生き続けている。そして私は、その原因のひとつがBBCのナチュラル・ヒストリー・ユニット(NHU)にあるのではないかと危惧している。
NHUの代表であるヘクターは、現在制作中の大作シリーズの多くは、人間をフレームの中に入れることになるだろうと言う。「いま我々が手掛けているほとんどすべての作品には、つくられた環境や人間が登場することになるでしょう」。 これは良いことだ。また、ストーリーは動物の視点で描かれ続けるという。これも良いニュースだ。NHUが得意とするところは、動物たちが世界の中で自立した個体として生き、選択し、リスクを冒し、生存と繁殖のために全力を尽くしている姿を見せることだ。ヘクターは、「人間のいる環境の中で生きていこうとする動物たち」の物語を、今後も増やしていくことを約束してくれた。フィルム制作チームは、「動物や植物が人間のいる世界でどのような決断をしなければならないのかを捉えています。そしてもちろん、世界の大部分は人間のいる世界なのです」
NHUとは切っても切れない関係にあるアッテンボロー自身は、来月で95歳になる。私にはアッテンボローといえば「手つかずの原野としての自然」というイメージが強く、彼はいまもそのレンズを通して世界を見ているように感じる。昨年の『David Attenborough: A Life on Our Planet』(デイヴィッド・アッテンボロー――この星に生きる)はシルバーバックと世界自然保護基金がNetflixのために制作したもので、アッテンボローの若き日のプレゼンターとしての魅力ある姿を収めた伝記的な作品であると同時に、環境保護のマニフェストでもある。その中でアッテンボローは1950年代を回想し、「どこに行っても手つかずの自然があった」と振り返っている。「光り輝く沿岸の海。広大な森。すばらしい草原。手つかずの荒野の上を何時間も飛ぶことができた」。 彼は、人間が生態系に影響を与えるようになる前の地質年代さえも懐かしんでいる。そして「完新世は私たちのエデンの園だった」と語る。
アッテンボローが引退した後に後任となる人たちは、おそらくこんなはっきりした二元論で世界を見ることはないだろう。彼らには、どこかにある人間のいない別世界の出来事としてではなく、ありのままの地球の驚異を伝えてほしいと思う。そして彼らは、私たちが愛してやまない素晴らしいクローズアップ、壮大なスローモーション、見事な水中撮影などを失うことなく、それを実現してくれるだろう。そういう楽しみを否定するべきではないと思う。私たちのほとんどは、番組で紹介されるような場所をすべて訪れることはできないし、たとえできたとしても、彼らのカメラが見せてくれるものすべてを見ることはできない。私は以前、ペルーのアマゾンで記事を書こうと、イチジクの木を10日間眺め続けたことがある。しかしイチジクの木に受粉する小さな小さなハチがイチジクの「中で」何をしているのかは、『パーフェクトプラネット』を見て初めて知った。
大作シリーズ以外に注目すれば、「ゴージャスでありながら虚像ではないアプローチ」のお手本は存在する。例えば、NHUが制作し、2005年から毎年春にBBC Twoのゴールデンタイムに放送されているライブ番組『スプリングウォッチ』〔*「春見物」〕。冬を越したあとのイギリスの田園地帯で生き物たちが再び穏やかに目覚める様子が描かれていて、蝶やビーバー、ハリネズミ、都会に生息する一般的な鳥などの映像が満載だ。人間の痕跡もたくさん登場し、目障りなものとして扱われることはない。子ギツネが裏庭のトランポリンで跳ねる。りんご園ではミツバチがブンブン音を立てている。田舎道でメモカードを持ち、巣箱に仕込んだカメラの映像について語るプレゼンターの姿は、まるでスポーツキャスターがゆっくりとしたペースですすむ競技を気楽に伝えているようでもある。
昨年の『スプリングウォッチ』は、パンデミック初期の怖くて孤独な時期に放送され、プレゼンターたちはこの番組が視聴者の癒しになるよう決意していた。彼らは自分の家の近くの野原や森を繊細に歩き回り、ブルーベルの開花やオークの葉がひろがるところ、カッコウの鳴き声などを、まるで絶望の淵に落ちないために掴むべき手掛かりのように語った。第1話では、プレゼンターのクリス・パッカムがハンプシャー州の木に寄りかかりながら「私は春を両手でまさに掴んでいます」と言っている。人間と非人間とのつながりは、単に番組に含まれているだけではない。それこそが核心なのだ。
『スプリングウォッチ』を見たときの感想は、『パーフェクトプラネット』を見たときに感じた畏敬の念とはまったくちがうものだった。とても心が動いた。視聴者から寄せられた裏庭の鳥や蛾やアヒルのビデオに、正直言って涙が出た。そして何よりも、北極やサハラを超高解像度で撮影したスクリーンセーバーのような洗練された映像とは異なり、私は外に出たくなった。
『スプリングウォッチ』は米国でもBritboxというストリーミングサービスで視聴可能だが、その視聴率は主要なシリーズに比べれば、まちがいなく微々たるものだ。しかも、その内容は当然イギリスに特化したものになっている。NHUのロサンゼルス事務所がこの番組を再現しようとすれば(私はそうすることを検討すべきだと思う)、おそらく十以上の地域版を制作しなければならないだろう。
NHUは『プラネットアースIII』の制作を続け、アホウドリのダンスやクジラのブリーチングやユキヒョウは残しておけばいいと思う。でも、いくつかのシーンでは音楽をやめて、静寂や、もしかしたらカメラクルーの期待のこもった囁きさえも押し出してみればいいと思う。スズメやマルハナバチの魅力もじっくり伝えよう。視聴者が、自分が住んでいる場所でもこれらの生き物を見ることができることを思い出させ、どうすれば見ることができるか、ヒントを与えるのもいい。ゾウやアグーチを紹介するときには、カメラをひいて、動物たちを取り巻く道路や家、農場なども映し出すのがいい。動物たちの近くで暮らす人々の顔を見て、声を聞きたい。彼らの話を、聞いてみたいと思う。
エマ・マリス アトランティックに掲載 2021.4.12
エマ・マリスは、オレゴン州クラマス・フォールズを拠点とするフリーランスライター。著書『Wild Souls: Freedom and Flourishing in the Nonhuman World』が7月に出版される。
1 note · View note
mechaag · 6 days ago
Text
今日のコロナウイルス(2021-04-16)
みんなが避ける話をします…志村けんさんの逝去、防げました⇒赤羽の最後の良心ひろゆきが教える初動に遅れて日本に甚大な人災をもたらした日本政府の罪とは - YouTube
1年前の動画のようだけど。ひろゆきってさ、自分がニコニコ動画のために何か提言しても全然採用されないと嘆いてたじゃん。なぜ採用されないか?を考えない(笑。
もしさ、別な人がひろゆきに相談に来たら、きっとひろゆきはこう答えると思うよ。「それが実現可能か、可能ならどう実現するか、を含めて提案しないと、提案された方も困りますよ」と。
- - - -
でもひろゆき自身は自分でそれができない(苦笑。ひろゆはずっと一匹狼じゃん。組織の中で行動し組織を動かしたことがない。だからどういう順序で考えていけばいいか?がわからない。
本とかにも書いてないからね。まあ書いてある本もあるけど、そういう本はいかにもつまらなそうで、ひろゆは読まないし。ひろゆきはアイディアを考えるのが好きじゃん。でもそれを実行するのは好きじゃないでしょ。
打てば響くようにすぐに反応や結果、成果が出るものは好きだろうけど、長々と準備をして半年とか1年先にならないとまったく結果が出ないものは、好きでない。
まあソフトウェア開発でいえば、ひろゆきはアジャイル開発タイプ。小さな試行錯誤のループを回して、徐々に改良していく。ウォーターフォールが型の開発は結果が出るまでの待ち時間に耐えられない。
- - - -
コロナの話。PCR検査希望者は誰でも受けさせろ、医療従事者には完璧な装備を配れという。冒頭で述べたように1年前の話だから、その時点でのつもりで俺もコメントするね。
まずPCR検査を受ける体制が十分でない以上は、必要な人を優先してPCR検査をさせなければならない。不要な人ばかりPCR検査して、本当に必要な人の検査ができないんじゃ、本末転倒でしょ。
んで自分から「PCR検査を受けたい」という人って、不要な人なんですよ。心配性で感染の可能性がほぼゼロなのに、念のため検査を受けたい。さらに1度受けたけど、心配だからもう一度受けたい、と。そういう人ばかり検査して、本当に感染の可能性が高い人の検査が後回しになったら困るじゃないですか。
- - - -
医師が「この人は検査すべきだ」と判断しても、保健所の人が「必要ありません」と判断したら、検査を受けられないのはおかしいとひろゆきはいう。
これもさ、本当にその医師が医学的判断で「この人は検査すべきだ」と言ってるとは、限らないわけですよ。なんか「検査しろ」とうるさい患者が自分のところに来た。不要だと言っても引き下がらないから、「でも保健所の許可がないとできません」と、責任転換して、うるさい患者を追い払うわけですよ。
そういう人間の心理や社会の仕組みを、ひろゆきはわかってないよね。これはコロナの件に限らず、ひろゆきの判断力全般に言えること。ひろゆきって世間知らずなんですよ。世の中のことを俺より知ってる部分もあるけど、俺より知らない、というか大学生レベルの世間知らずの部分が、結構あるわけ。
ニュースとかネットの情報とか本とか、ようは耳学問でしか知らない分野が多い。もちろんひろゆきの方がずっといろいろな体験をしてる部分もあるよ。でもそうでない部分もある。
- - - -
じゃあなんでPCR検査の体制がなかなか整わないのか?あと大阪市が医療従事者のために雨合羽を集めていて、とても21世紀とは思えない、と。ひろゆきはさ、一度工場で働くといいと思うよ。工場の生産ラインで(笑。
俺は自分は工場で働いたことないけど、工場で使う機械のソフトウェアを開発してた時期がある。まあそういう機械もピンからキリまであって、単純な動作の機械もあれば、熟練の職人技をどうやってロボットに再現させるか?というものもある。なかなか面白い経験ができましたよ。
その仕事を通して工場の人たちの仕事がわかった。俺もさ、正直、それまで工場の人を見下していた。なんかルーチンワークで誰でもできる仕事なんでしょ、と。20代の頃だからね。俺も世間知らずだった。
でもルーチンワークをルーチンワークとしてこなすのがどれだけ大変か、わかりましたよ。それまでスイッチを押せば、後は機械がどんどん製品を作って、人間は見てればいいと思ってたwwwww。
- - - -
まあ同じ製品をずっと作ってるなら、基本的にそれでいいんだけどさ、1つの工場でいろいろな製品を作るわけですよ。どの製品をどれだけ作ればいいか、そもそも材料がいつ届くか。小さな部品を組み合わせて作る製品は、まず部品から作らなければならないわけだしね。
作るものが変われば、作るための機械も変わるし人間の作業も変わる。機械を入れ替えるなり、プログラムを変えるなり、作業者も作業手順を教育しなおし、あらたに必要になった作業と不要になった作業で、人の配置も変える。当然最初は慣れないから、いろいろトラブル起きる。人も機械もね。
そのうちだんだんノウハウがたまっていって、スムーズに作れるようになる。んで社会科見学とかでみる工場の様子というのは、その段階なわけですよ。そこまで到達するのが大変なわけ。でもそういう部分は社会科見学の小学生には見せないわけですよ。
テレビとかでも工場の様子とか報道で見せない。そりゃそうでしょ。試行錯誤・七転八倒してるところを見せたら「ここの工場の製品大丈夫なのか?」と消費者は思うでしょ(笑。
- - - -
ひろゆきは、小学生と同じ。そして20代の頃の俺とも同じ。つまり工場の現場を知らない人は、小学校の社会科見学で見た工場の様子や、テレビの報道番組で放送する工場の様子「だけ」が工場のすべてだと思ってる(笑。少なくとおmその1点だけでも俺はひろゆきより世間を知ってますよwwww。
だってさ、魔法の杖を一振りすれば、材料が2倍になって、工場の設備も2倍になって、作業者もどこからか熟練作業者がやってきて2倍になる…わけないじゃないですか。
たぶんさ、ひろゆきは1日1時間動かしてた機械を、1日2時間動かせば、生産量が2倍になると思ってるでしょwwww。1日の大半を遊ばせてる機械なんてないわけですよ。高い機械を1日1時間しか動かさなかったら、損でしょ。平時も可能な限りフル稼働させてるわけですよ。
- - - -
だからそれ以上の量を作るってのは、基本的に無理なわけですよ。どうしてもというなら、他の製品を作る設備を、廃棄するか転用して不足してる製品を作る設備にしなけばならない。もちろん作業者もね。
でも設備の入れ替えるといっても、まずその入れ替える設備を作らなければならないわけですよ。それを作ってたのが俺たちなわけ。工場の設備って量産品ではないわけですよ。その工場に合わせて作る。
んでさ、俺たちだって、当然1年間の事業計画があるわけじゃん。この時期にこの会社向けの製品を作れば、この時期にこれだけのお金が入金されるから、なんとか黒字になるな、とか計画を立てる。だって今やってる仕事が終わった後、次の仕事が未定じゃ怖いじゃないですかwwww。
だから1年先や2年先の予定をしてるわけで、その順番に割り込ませるって無理なわけですよ。だって予定してたA社の仕事を、急遽B社の仕事が入ったら、できません、先延ばしにして下さいとかいったら、A社が怒っちゃうじゃん。それならもう対の仕事は発注しないよ、と。困るでしょ。
- - - -
この複雑な一連の仕事を、どうやったら魔法の杖を一振りするかの如く解決してくれるんですか?ひろゆきはさ、なに?工場を当たらに立てろと?工場はプレハブじゃないですよ。その中にある精密機械が重要で、それはどっかに売ってるものではないんですよ。そして作業者だってすぐには集まらないわけ。教育も必要だしね。
ひろゆきは21世紀だとそういうのも魔法のようにできると思ってるですかね。工場を建てるための敷地を買い取るのだって大変だし、山奥なら道路や送電設備も作らなければならない。上下水道もね。何度も言うけどそういう工事をする人も急には用意できないわけですよ。みんなそれぞれ予定があるんだから。
ひろゆきはさ、学生と同じなんですよ。学生って1日に大半が暇じゃないですか。急に「○○したい」と思い立ったら、それができるでしょ。でも社会人のほとんどは毎日やる作業がすでに決まっていて、急に別な作業を割り込ませることはできない。
新たな作業を割り込ませるということは、それまで約束していた人に、納期を待ってもらうということだから、基本的にはできないわけですよ。他社の仕事を優先するので、あなたの会社の仕事は後回しにしますなんて言えるわけないでしょ。
小学生じゃないんだから「工場を建てればいい」というなら、それが可能なこと無頼的にブレイクダウンとして、「確かにひろゆきの言う方法なら可能そうだ」と示さなきゃ、子供のたわごとと同じ。
1 note · View note
ari0921 · 7 days ago
Text
織田邦男先生よりシェアさせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
米中苛烈、中国の時間稼ぎを許すな
━━━━━━━━━━━━━━━━━
櫻井よしこ
3月18、19の両日アラスカで行われた米中会談は中国の本音を巧まずして 暴露した。中国はもう少し時間稼ぎをしたいのである。
激しい応酬や威嚇的な言葉を削ぎ落として、時系列で事実関係を辿れば、 バイデン政権の対中外交における予想以上の周到さが見てとれる。
中国の全国人民代表大会(3月5日~11日)を受けて、バイデン米大統領は 12日に、日米豪印の4か国首脳会議を行った。8日から18日まで2年振りに 米韓合同演習を実施した。ブリンケン国務長官とオースティン国防長官は 日米の外務、防衛両大臣の会合、「2+2」のために15日に来日し、東京で 2泊3日を過ごした。17日午後には韓国に赴き、米韓の「2+2」をしてみせた。
東京では、米国は核も含めた全力での尖閣と日本の防衛に対する「絶対 的」な誓約について言明した。香港、ウイグル、チベットの弾圧、国際法 無視、などで中国を名指しで非難して、2人の閣僚は韓国に向かった。
ソウルでの「2+2」では中国に全く言及しなかった、米国の対中姿勢は韓 国に行った途端揺らいだ、というような解説が日本メディアではあった が、詳細に見ると印象は異る。確かに韓国側は中国に全く触れなかった が、米国側はブリンケン、オースティン両長官共に中国を名指しで批判し ている。17日夕方の米韓外相会談に先立つ会見でブリンケン氏は次のよう に述べている。
「中国は弾圧と侵略の手法によって組織的に香港の自治を侵食し、台湾の 民主主義を切り崩し、ウイグル人とチベット人の人権を蹂躙し、南シナ海 で国際法に違反して海洋権益を主張している」
バイデン大統領が2月4日に行った初の外交演説と重なる。大統領演説の要 点は以下の通りだった。
「中国は最も深刻な競争相手だ。攻撃的で威圧的な行動、人権弾圧、知財 の窃盗、グローバル・ガバナンス(世界統治)に対する中国の姿勢に米国 は強い立場から反撃する」
地球全体を支配
バイデン大統領は気候変動などの問題では協力する用意はあるとしながら も、中国にはあくまでも「強い立場」から交渉すると宣言し、日韓両国で ブリンケン長官らがその意志を鮮明に示したわけだ。対照的に中国側は次 のようなメッセージを発した。
「中国が米国とのハイレベル戦略対話に同意したのは両国元首の電話会談 での精神を実行に移す重要な措置で、米国と中国が互いに歩み寄り、中米 関係の健全で安定した発展を図ることを希望する」「アラスカは米国の最 北の州だ。中国代表団はアラスカに到着した時、寒冷の気候だけでなく、 米国のホストとしてのもてなしも感じた」(3月19日、趙立堅中国外務省 報道官)
日韓両国での米国側の発言を気にしながらも最後まで、即ち、米国と直接 話し合うときまで、中国が米国との交渉続行を望み、しかもそれを戦略対 話として定期化したいと切望していたのは明らかだ。アラスカの激しい応 酬の中でさえも、楊潔?共産党政治局員は「対立ではなく、意思疎通を強 め、相違をうまく処理し、協力を拡大する必要がある」と明言した。中国 が渇望しているのは米中関係の「安定と継続」である。
中国は建国100年の2049年までに「中国の夢」を実現して、世界の諸民族 の中にそびえ立つと宣言済みだ。夢の実現は力によってなされるが、力は 軍事力だけではない。より決定的なのが経済力であり、経済を随意に活用 できる一党独裁政権の政治力である。
経済力を政治目的に沿って活用し、地球全体を支配する仕組みの構築が中 国の戦略だ。具体例のひとつが5G通信網である。すでに米国の裏庭のラ テンアメリカ、欧州が気にする東欧、52に上るアフリカ諸国、米国の関与 が手薄でロシアの影響力が弱まっている中央アジアさらに中東も含めて世 界各地域で中国は猛然と通信インフラ建設を主導する
大陸をまたぐインターネット情報の95%以上が光ファイバー海底ケーブル で伝達されるため、海底ケーブル回線の建設と維持、管理は世界支配の決 定力となる。先頃まで世界の海底ケーブルの4割は米国が持ち、日本が3 割、フランスが2割だった。だが中国が急速に追いつき始めた。世界の海 底ケーブル地図の作成で知られるワシントンのテレジオグラフィー社によ ると、現在世界には406本の海底ケーブルがあり、米日仏の一角に中国の 「華為海洋」などが食い込んだ。2020年末段階では彼らは世界シェアの 20%を建設したとみられる。
深い海の底を這うケーブルと、宇宙から送信される情報が合体するときに 地球を包み込む通信網は完璧になる。宇宙での情報基地は宇宙ステーショ ンであり、月や火星に建設する軍事基地だ。月探査では近年中国が米国に 一歩先んじ、火星には米国がひと足早く探査機を送り込んだ。
人口面ですでに下り坂
米中の青白い炎のようなせめぎ合いは、日本にとって他人事ではない。仮 に中国が自前の5G技術で地球を包み込む通信インフラを建設してしまえ ば、彼らはあらゆる分野で優位に立ち、影響力を拡大する。中国の経済と 技術なしにはどの国も生きにくい世界が出来たとき、中国共産党は遠慮会 釈なく、全ての国と民族に中国共産党の価値観を押しつけるだろう。その ような基盤完成までには、あと少し時間が必要だと、習近平国家主席らは 考えているのである。
「あと少しの時間」は、別の意味でも非常に重要な要素を含んでいる。中 国は経済成長持続の基本である人口面ですでに下り坂に入った。中国の生 産年齢人口(15~64歳)は2010年から、総人口は18年から減少に転じた。 米国の国家情報会議(NIC)は昨年12月、人口面でインドが「群を抜い て」増加傾向に、中国が「群を抜いて」減少傾向にあると発表した。長期 予想ではインド経済は21世紀を通じて成長し、今世紀末、インドは中国に 取って代わるとも予測した。
東風が西風をしのいでいると、中国は言う。歴史は米国ではなく中国に追 い風を送っていると。しかし、習主席にとって米国と戦える、相対的余力 のある時間は長くはない。米国と直接戦うのではなく、まず弱小の貧しい 国々を、次に中級国家を搦め捕り、中国中心の供給網と通信網を構築しさ えすれば米国も抗い得ない。そのような世界のインフラを完成させたいと いうのが習氏の思惑であろう。充分に準備が整ったときには、台湾を奪 い、尖閣を奪い、毛沢東に並ぶ中国の国父の地位も手に入ると考えている。
逆に言えば、あと10年、私たちが習氏の暴走を抑止できれば中国共産党と の戦いに勝てる。今が正念場だ。日本は、中国に対峙するために、全力を 振り絞って軍事力も経済力も強化しなければならない
5 notes · View notes
roomofsdc · 8 days ago
Text
SDC映画の部屋「ターン(2001)」
平山秀幸監督が、直木賞作家(この映画当時は知る人ぞ知るミステリ作家だった)北村薫の「時の三部作」の二番目(ちなみに一番目は「スキップ」:松坂慶子主演でNHKでミニドラマ化、三番目は「リセット」)を映画化した2002年度の佳作。主演は牧瀬里穂。ほとんど一人芝居となる本作で見事に毎日映画コンクールの主演女優賞を獲得した。共演は倍賞美津子、中村勘太郎(勘九郎)、北村一輝、柄本明、小日向文世ほか。
駆け出しの銅版画作家、森真希(牧瀬里穂)は母親(倍賞美津子)と二人で平凡な日常を送っていたが、ある日の午後、センターラインをはみ出したダンプトラックとの交通事故に遭ってしまう。その瞬間、彼女は前日の同じ時間に、自宅の寝椅子の上で目覚める。ちょうど24時間前に引き戻されてリプレイが始まったように。しかし彼女以外の誰も(鳥も虫さえも)この時間には存在しておらず、さらには24時間後には再び同じ時間に引き戻され、彼女の「閉じられたループ時間」での「ロビンソン・クルーソーよりはましなサバイバル」が始まることとなる。決して「明日」が来ない世界で数ヶ月が過ぎ、彼女の緊張が絶望に変わろうとしたその時に、居間の電話のベルが鳴り始める。それは半年先の「今」からのか細くも奇跡の糸だった…
原作を読んだときに、この清澄な透明感あふれる小説は映像化こそ相応しいと感じていたが、平山監督は牧瀬里穂という原作に正にピッタリと合った女優を得ることで、大部分原作に忠実な世界を描き出すことに成功した。非常に繊細で透明感がありながら、芯の部分ではとても強い物を持っている主人公のキャラクターを演じきった牧瀬里穂の演技も素晴らしい。ともすると勘違いになってしまいがちな小説の中の人物像が、現実の生身の人間として実を結んでいるのは見事。この時点ではまだまだ若手の駆け出しだった中村勘九郎(当時:勘太郎)を相手役に持ってきたのも正解。その脇を固める共演者は物語に積極的に関わるわけではないものの、いずれも実力者揃いで安心してこのファンタジーを楽しむことができる。
個人的にはラストシーンで原作が持っていた、半透明で幻想的、過去から現在へと移行する疾走感あるシーンをどう映像化するかを楽しみにしていたのだが、100点満点とは行かなかった。それが残念と言えば残念。
0 notes
mechaag · 8 days ago
Text
田端信太郎vsやまもといちろう(2)
「部下を育ててはいけない」理由を語ろう - YouTube
田端信太郎が語ってる。1週間前ぐらいの動画ですかね。やっぱ田端信太郎って企業で仕事してないと思う。少なくとも部下のいる仕事はしていない。
課長や部長の仕事は、部下を育てるより、目の前の仕事の成果を出すことだろう、と。消防士なら火を消すことであって、新人の消防士をそだてることではないだろう、と。
う~ん、じゃ新人の消防士はずっと何もできないままでいいわけ?ベテランはいずれ年を取って引退していくわけで、新人を育てなければ、火を消す人がいなくなっちゃうじゃん。
- - - -
よく「困ったコンサルタント(もどき)」に似たようなことを言う人がいますよ。企業は持続的な成長ができなければならない。そのためには新陳代謝が維持できないと。高齢者が引退し、新人が入社し、各ステップを踏みながら成長していく。
しかしコンサルタントというのは限られた期間で成果を出さないと、自分の成果にならないじゃないですか。だからそういう持続可能なシステムを壊して、短期間で使いつくしてしまうようなことをやる。まあわかりやすくやるわけじゃないけど、要は持続的な成長を支えてる部分を犠牲にして、短期的な成果を出そうとする。
社内のまともな人間なら、そういう外部のコンサルタントが入り込んできたとき、警戒するわけですよ。ヤバイ、と。だってそのコンサルタントの契約が1年だとして、そのコンサルタントは自分が去った後、その会社がどうなるか、知ったこっちゃない。でも会社の社員はその後も続いていくわけで。焼畑農業というか、種もみまで食べてしまうとうか、その年はいいけど、次の年はどうするの?と。
まあだから、不毛とはわかっていても、自分たちを守るためにそういうコンサルタントには抵抗する。そんな社内でもめ事を起こしたくはないけど、そうしなければもっと不味いことになるから、しょうがない。
んでかくて「抵抗勢力」と「改革者(コンサルタント)」の戦いが繰り広げられるわけですな。どっちが勝つかはケースバイケース。
- - - -
んで田端信太郎の発言ってそれにそっくり。やっぱ改革漢を出しても社内の抵抗勢力に反対されて思うように実現できないフラストレーションじゃないですか。でもさぁ、「社員を育てなくていい」なんて言う人に現場が賛同するわけないでしょ。嘘でも「社員こそ会社の財産」と言わなければ。
だからみんなそういうんですよ。「社員を育てなければ」と(笑。いや、もちろん嘘じゃなくて上述のように社員を育てなければ、成長は持続できない。
それに成果を求められるのはそんなの当たり前で、あたりまえのことは言う必要ないわけですよ。忘れがち、疎かになりがちなことこそ、「これが大事だよ」という。「成果を出すことが大事」というのはあたりまえだから語られない。部下を育てることは疎かになりがちだから、「大事だ」と語られる。
そういうことがわかってない時点で、この人、今までどんな仕事をしてきたの?と。20代の若者じゃあるまいし。
- - - -
ただ割と正しい部分もあって、社内研修と称して、人事部が戦力を現場から持って行ってしまう、と。まあそうなると現場は困る。ハイ、その通り。しかも研修内容がたいして役に立っていそうにない、と。まあこれも半分同感ですな。正直いえば全部同感。現場の正直な気持ちだと思う。
ただもう少し物事を俯瞰すれば、現場の仕事って毎日目の前の問題に追いまくられて、狭視野化してしまう傾向がある。そういう時に気分転換を兼ねて、普段の仕事とは別な風景を見せることも、それはそれでいいことなのかな、とも思ったりする。
まあ現場のリーダーとかは、文句を言いますよ。だって戦力を取り上げられてしまうわけで。「これでどうやって戦えというのか」と。鬼気迫るものがある。また研修を受ける社員にしても、目の前の仕事の大変さはわかってるわけで、こんな忙しい時期に現場を放り出して、自分だけ遊びみたいなことをやるのは気が引ける。まあそう考える時点で狭視野化してるわけだけどね。
- - - -
ということで社内研修というのは全方向から嫌われる。でもさ、そういうみんなが思ってることを、田端信太郎が自慢気に語って、「おお!さすが田端信太郎だ。達見だ!」と思われると思う?だってみんなが思ってることなんだよ。つまり平凡なことってこと。
皆が反対するのになくならないシステムというのは、よほど重要な理由があるからだ、と考えなければならない。そうじゃなければ廃止されてるはずでしょ?
そういうことをきちんと分析したうえで、このシステムはこういう重要な利点があるが、欠点も多く、こう変えれば、利点を大きく減じず、欠点が少ない方法に置き換えられる、と論じなければ。
ただ「欠点があるから廃止しろ」というのは、新入社員でも言えますよ(笑。ま、机上の空論ですな。
- - - -
あと新入社員の研修は、配属先を決める時に考慮されるから。ただ勘違いすべきでないのは、優秀な人間の希望が優先されるわけじゃないこと。学校の入試なら成績が良ければ希望が叶うじゃないですか。
でも会社の場合、どの部署にもまんべんなく、優秀な人間とそうでない人間を配置しなければならない。だから優秀な人間の希望が叶うわけではない。残念ながらね。運としかいいようがない。
0 notes
takazumikuwabara · 8 days ago
Text
【思考】
日本のように常に今ある現行の「集団」的秩序が強固に優先されると、その成員がもつパワー(諸力)はその秩序を壊さないようにと予定調和的に働いて「内側」に向かう。これが新しいものを拒んて受け入れず(受け入れるにしても時間がかかって著しく遅れをとる)、将来に向かって成長していくことを阻害する傾向性をもつ考え方を日本人に植えつけている要因である。(1)先へと向けて成長していくことを志向するなら、そのつど現在の全体秩序を部分的にであっても壊しつつ作り変えていかざるを得ないし、またそのような振る舞いの結果として未知を既知に変えていく反復行為こそが人間の歴史でもある。常に議題になるリベラルと保守の考え方の相違もここに起因していて、後ろに重たくなっても、前に重心がかかってつんのめるようになっても歩くのは困難になってしまうのが人間で、上手に歩くためにはそのバランスを保たねばならない。(2)そのような生きていくにあたっての人間の心持ちを、福田恆存は「保守」精神と言ったのだが、こうした文脈において保守という言葉を概念として使うのが適当なのかどうかはわからない(その拠り所を伝統に求めたからなのだろうが、大事なのはどういう時間のスパンで、その中において過去と未来の比重をどう考えるかの話であり(3)、政治的な左と右の対立というのはテーマのすり替えで偽の問題だと思っている)。福田を精神的に受け継ぎ保守派を自認して論陣を張った西部邁も社会経済学の仕事を別にして、その保守思想の内容においては福田から逸脱するような大きな変化は見られない。(4)いずれにしても福田恆存が数多いる俗流保守主義者とは明らかに違う極だった別格のロジックを示した存在であることは間違いないし(同じく保守派とされているプラトニストでギリシャ哲学の田中美知郎が人間が現実に向き合う態度として導き出したものも福田と同様のことであったと感じる)、歴史における人間の役割において、その主体性に過重をかけて考える立場(主意主義と主知主義の合体)からすれば、生きる態度は重要な問題にならざるを得なくなるのだと思う。いずれにしても「歴史」が人間の知に相反しないように動いていく、人類にとって優しく親切なものなのかどうかは分からない(それこそが「希望」だから期待をもっているし、そちら側に転んでほしい)(5)。解釈するのは人間に他ならないが、荒々しく即物的で人間の主体的意志などまったく及ばない運動体(諸力のせめぎ合いによる)であるような気もする。多くの場合、真実は人間の都合に合うようにはできていない。人間を無視したものであったとしても、それ以上に結果として人間にとって素晴らしいものをもたらすかもしれない可能性もある。誰にもわからないことではあるのだが・・・
(1)何もしなくても減点されない(何もしないから「普通」ということなのだろう)。何かして成功したとしても特別な加点はされない(やって当然、場合によってはそのままでいいのに余計なことをした)。何かをして失敗をすると著しく減点される。これが日本の社会における評価の基準にある。失敗を社会的に許容しない。かくして極度に失敗を畏れて、チャレンジする人間が極めて少ない社会が出来上がってしまった(笑ってしまうような国家官僚の無謬性神話ー失敗をしないのではなく失敗を認めない。今となっては方弁として定着化しているーなどもここから出てくるのだろう)。しかし失敗の経験を経ることなく成長していくことはできない。失敗が挽回できなくなって許されなくなる壮年代に失敗をしないようにするためにこそ、若年においては失敗することこそ重要だと思われるが、若者も極度に失敗を怖れる)。加点法ではなく減点法の国。遅れをとるか、没落していくのは理にかなった話である。失敗したら減点、何もしないのは評価以前(選択除外)、成功したら加点するのが当然のチャレンジを大きく許容する社会になってほしい。
(2)ここでの文脈とは異にするが例えば千葉雅也のドゥルーズ論は『動きすぎてはいけない』である。生成変化は「起こる」のであり、過剰な接続はその運動自体を妨げかねないのだから切断もせねばならないのだと。他にジンメルの『橋と扉』も(壁や窓についても目配せ的な言及がある)接続と切断についての論考。 
(3)過去と未来の比重のかけ方、そのバランスと言ってもほとんどニュアンスの問題であって二極化して定式化できるようなものではない。リベラルや保守ではなく、むしろ中道や中庸の方が適当かもしれない。
(4)西部邁は福田の保守思想にE・バークやチェスタトン、ハイエク、K・ポパー(福田とポパーは分野は違えど、考え方の態度というか、その姿勢において非常によく似ている)を読み込んでオルテガの自己懐疑をしない人々という定義での「大衆」論に絡めて肉付けした。「リベラルと保守」を「急進派と漸進派」と読み換えて、保守主義者を自認したが変革を拒むものではないと言い続けた。漸進的な変化(実体はほとんど自然史的な変化だと思う。基幹的部分は変わらない)で「本当に変わる」というのなら、破壊と刷新を伴わない痛みの大きくないリセットとしてそれに越したことはないが、あまりというか、ほとんど期待できない。大きな論理の展開(パラダイム・チェンジ)は急進的に「起こる」もので、フランス革命で起きたような変革後の揺り戻し的な反動(「思っていたのと違った」、「こんなはずではなかった」、「以前の方がよかった」)による混乱を考えて(保守思想源流としてのE・バークもここから出てきた)変革を阻止するようなことに加担すべきではないと考えている。
(5)その意味で柄谷行人の『世界史の構造』は現在において未来を見通すにあたっては一つの希望の論理である。
0 notes
warabidani · 9 days ago
Text
朝日新聞が邪悪朝鮮人集団である事実判明「在日の反日教育は当然」
Tumblr media
📷
<丶`ア´> φ 朝日新聞☞我が記者は出世をすると鮮人に
………………………………
<丶`ア´> φ 朝日新聞>>成川彩 なりかわ・あや。韓国在住映画ライター。ソウルの東国大学映画映像学科修士課程修了。2008~2017年、朝日新聞記者として文化を中心に取材。現在、韓国の中央日報をはじめ、日韓の様々なメディアで執筆。KBS WORLD Radioの日本語番組「玄界灘に立つ虹」レギュラー出演中。 韓国でエッセイを出しました「どこにいても、私は私らしく」 ……………………………… <丶`央´> φ 中央日報>>元朝日新聞記者・成川彩「在日コリアンの民族教育、日本人の問題でもある」「外国人の活動難しければ韓国にも助けにならない 」 3月初めに韓国に再入国した後、韓国で外国人として暮らすということは本当に大変なことということを改めて実感している。2002年に初めて韓国に留学した後、その後これまで合わせて5年半にわたり韓国に暮らしたが、いまのように暮らしにくいと感じたことはなかった。周りの韓国人はいつも親切でたくさん助けてくれるが、自立的に生きられない状況が苦しい。 まず外国人登録証発行まで時間がとても長くかかるという点だ。日本出国前に韓国領事館でビザを受け取った時に「入国後1カ月以内に外国人登録をしなければならない」と聞いた。入国して2週間の自己隔離期間に外国人登録申請をしに行くことはできなかった。隔離中に申請予約をしたが約1カ月後の4月1日が取れた。 予約日に合わせこの日申請に行きもう一度驚いた。外国人登録証を受け取れるのは6週間後の5月13日ということだ。以前は申請後10日ほどで受け取れた記憶がある。職員に「なんでそんなに長くかかるのか」と尋ねたところ、「留学生が多くて」と答えた。私が過去に申請した時もすべてほぼ同じ時期だったが、今年は特に留学生が多かったのか。新型コロナウイルスにより留学生は少ないと思っていたが意外だった。 ◇外国人登録証なければ携帯電話開通できず 外国人登録証がないということは身分証がないという意味だ。パスポートはあるが住民登録番号に代わり外国人が使う外国人登録番号がないのだ。外国人登録番号がなければできないことが多い。 私は昨年7月末に日本に出国する際に外国人登録証を返却したが、再び韓国に来て暮らすつもりでこれまで毎月家賃も携帯電話料金もきちんと支払ってきた。ところが新型コロナウイルスで韓国に戻れなくなり日本にいる間に通信会社から「使用中の携帯電話は完全に出国した外国人の名義と確認された」という連絡がきた。近くビザを取って再び韓国に入国する予定なので少しだけ延長してほしいと頼んだが2月に強制的に解約された。 そのため5月13日に外国人登録証を再び得る時まで自分名義の韓国の携帯電話を持つことはできなくなった。韓国の携帯電話がなければ各種決済をはじめ不便なことはひとつやふたつではない。特に最近は新型コロナウイルスのためカフェや食堂に入るたびに韓国の電話番号が必要で、なければ外国人登録証を提示しろという。2つともない私はそのたびにわずらわしい状況になる。最近は友達名義の電話を臨時に使うことにした。 私はそれでも賃貸契約した家があり大丈夫な方だ。韓国で完全に新しく生活を始める外国人はさまざまな契約をしなければならないのに外国人登録証がなければ難しいことが多いだろう。 ……………………………… (╬☉д⊙)    コイツなに言ってんだ? 内政と国際慣習における外国人の扱いってそういうものだろ。 「外国に居る」ってそういうことだろ。 なんで「韓国朝鮮人だけを優遇」しなくちゃならないんだ? バカかスパイのどっちかだな。
………………………………
(#゚Д゚) 出自を明らかにせよ!!!! 似非日本人(罪日記者)こんなにいるんだぜ!! 何故かこいつらの意見が外国の懸念とされてしまう不思議な記者w  ????? 朝日新聞などが社説をあたかも海外の懸念とすり替えたい時等に大活躍w ウォールストリートジャーナル東京支局 林由佳 ニューヨークタイムズ東京支局長 オオニシ(大西哲光) ・NYタイムズ 田淵広子 玉本偉 井上真紀子 上野久子 AP通信 山口真里 レコードチャイナ 李信恵 ・朝日新聞ロス支局 藤えりか・朝日新聞 アメリカ総局 大島隆・毎日新聞サンパウロ支局 朴鐘珠 ・ロイター通信 久保信博←←← ・AFP通信 伊藤真悟 ・サーチナ 李信恵 (クビ済) ・BBC 大井真理子・ワシントン・ポスト 織田有希 望月イソ子(李なにがし) 東京新聞 ←← NEW!! 元朝日新聞記者・成川彩 ←New ……………………………… (ι`・ω・´)ノ <ノ`真´>ノ 半島民族は部族対立や半島内の権力闘争に常に外国を巻き込んで利用しようとして来た その結果、地域の軍事的緊張を高め、無用の戦争を起こして来た「東アジアのトラブルメーカー」だ 自民族の問題に何の関係もない日本人を巻き込む災いの種でしかない以上、日本から叩き出すしかないねw ……………………………… <ノ`凶´>ノ 本籍三重県桑名市の死刑囚が同和地区出身父は韓国人と告白 http://hamaguri-inspire.blogspot.jp/2013/09/blog-post_14.html ……………………………… (´⊙◞⊱◟⊙`) 前から気になってたけど、なんで在日”コリアン”なん? 韓国籍朝鮮籍なんだから在日韓国人在日朝鮮人でしょ。 立派な韓国人なのに日本名なのって日本人のふりをするのもよく分からない。 優秀な民族なんだから、堂々と日本在住の韓国人として生きればいいのに。
………………………………
(*Θ∀Θ)σ  朝日新聞が全面広告企画で偽装勧誘カルトの教祖本を抱き合わせ宣伝、寄稿者からも批判 ■朝日新聞に掲載された親鸞会の広告  朝日新聞が3月28日朝刊に「新しい世界に羽ばたく人に贈りたい 本の力」と題して、12冊の書籍を紹介する全面広告を掲載した。12人が書籍を1冊ずつ推薦する形式で、自社の書籍を紹介する出版社社員、自著を推薦するタレント、自著以外から選定した本を推薦するエッセイストなどが混在。その中で、浄土真宗親鸞会の教祖・高森顕徹会長の著書が上段に掲載されていた。  親鸞会は、一般的な浄土真宗各派とは無関係の新宗教団体。地域の公共施設や大学などで、宗教団体であることを隠したり別趣旨の団体を装ったりする「偽装勧誘」で知られている。全国の大学では新入学シーズンに「カルト勧誘」への注意を学生に呼びかけているが、大学が公に名指しするケースこそしないものの、多くの大学が事実上の「要注意団体」として意識している複数の宗教団体の1つだ。
………………………………
<丶`ア´> φ 朝日新聞>>李鶴来(イハンネ)さん死去 日本の正義問い続けて/朝日新聞社説「国民の責任が問われる
………………………………
ʅ(╯⊙ ⊱⊙╰ )ʃ 石川智也>>『さよなら朝日』を「朝日新聞」に掲載をしようとしたら、通常料金の3倍の広告料を提示された
………………………………
<丶`ア´> φ 朝日新聞>>「日本政府にも改めるべき点がある」「日韓の合意で慰安婦問題への言及を禁じたわけではない」
………………………………
<丶`ア´> φ 朝日新聞>>もちろん歴史問題では日本政府にも改めるべき点がある ………………………………
作品紹介 内容の詳細はここをクリック記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 📷  人気ブログランキングへ
0 notes
efnui · 10 days ago
Text
20210411
随分と間が空いてしまったけど、この間もずっと多忙な日々が続いてた。今も加速度的に忙しさを極めてる。去年の今頃は元上司との折り合いの悪さに最も悩んでいて鬱一歩手前の状態だった。今それは解消されているけど、次はまた別のことで悩んでいる。ずっと悩んでるな。
コロナのせいで国外逃亡ができないことがとても残念。現実逃避の手段として大学院入試や海外留学の情報を調べることが多くなった。勉強がしたい。しかし働かない限りは先立つものがない。現実。
人生100年だとして、ちょうど四分の一を少し過ぎた程度なんやけども、もう良いよと思う。キリ良く引き揚げたい。こういうのを希死念慮と言うのかは知らんけど、漫才の締め括りみたいに「もうええわ」って感じに終わらせたい。明日からまた感情を薄めることに努めて生きる(感情を殺すのは結構難しいらしいということは学んだ)。
1 note · View note
morange915 · 10 days ago
Text
全員幸せになって終わるのがいちばん幸せ
久々にTumblrに来たよ。長文書く体力と暇と余裕がなかった。暇はあったかもしれないけどその時は体力がなくて、体力がある時は暇がなかった。むずかしいね。なんで久々に書くかというと、最高の映画を見てしまったからです。書かねばならぬ。熱が冷める前に。忘れる前に!
・ヘアスプレー(2007)
いやー最高の映画を見ちゃった。すきな映画ベスト30くらいに入るかもしれない。もう最高。あー見てよかった!相変わらず見終わった瞬間に登場人物の名前が全部抜けるので、今日はちょっと調べてから書きます。トレーシーしか覚えちょらん。
調べたので書くよ。はー最高だった。番組表で見つけて、お話何にも知らずに「これは見た方がいいやつかもしれない」と思って見たけど大正解だったよ。もう最初から最高なの、かわいい女の子が歌って踊ってるの。トレーシーがもう、めーーーっちゃかわいいの、キュート!トレーシーもキュートだし、お友だちもかわいい、リンクもママもパパもみーんなキュート。そんでモーターやシーウィード(何故わかめ…?)は超カッコいい。番組の鬼みたいなおばさまと娘は、嫌味ったらしい感じがするけど美人だしかっこいい。何がいいって、登場人物が全員魅力的。誰も死なないし、誰も不幸にならない。全員が希望を持って、前を向いて終わるの。最高だったよ。
まじで何にも知らなかったんだけどこれ、差別のお話なんだね。ミュージカル映画なのも知らなかったし何も知らずに見た。よかったハッピーエンドで。人種差別の概念があまりわからなくて…だからどうしてもこういうテーマだとふんわりとしか書けないけど、でもみんなが新しいことを少しずつ受け入れて、その方が楽しい!って気づいて、すぐには全部は変えられないけど希望を持って、一歩踏み出せたよ!というのは最高にハッピーだと思った。だってみんなが幸せそうなんだもの。おばさまと娘以外のみんなが寛容で聡明だったのが救いというか、素敵だったよね。コーニー・コリンズは番組への黒人の参加を「面白い!」と賛成してくれ、ママは放課後の黒人主催のパーティーを「素敵なパーティー」と許してくれ、そして世間がアイネスをミス・ヘアスプレーにしてくれたから。モーターが息子と友だちの恋を認める時も、何だったか細かくは覚えてないけど「これから愚かな人たちが君たちを批判するだろうけど全部無視しろ」みたいなことを言うんだよね。それって結構残酷な宣告だけど、正しくて賢い助言。反対におばさまは愚かな人なので、パパを色仕掛けではめようとしたりする。失敗してたけど。賢くて正しくて素敵な人たちが幸せになるお話はいいね。
この映画のタイトルを「ヘアスプレー」にするの、最高にいかしてるよね。邦題がそのままなのもよかった。「ボルチモアの云々」とかじゃなくてよかった。冒頭の、これから番組が始まる!という直前のシーンでヘアスプレーがフォーカスされるんだけど、ここが超かっこいいんだよね。いやー最高だったな。衣装もキラキラふわふわしていてとっても素敵。歌も全部かっこいい、あとでApple Musicで探す。ダンスは言わずもがな。ほんとは録画したかったんだけど、テレビ千鳥とガキ使に被ってしまったので生で見たというわけです。テレビ千鳥は録画せなあかんのです。
途中のシーンで白人の曲を黒人のユニットが歌うのがあるんだけど、そこめっちゃよかった。白人のターンではふわふわスカートを着て、ブロンズの女の子がふわふわくるくると踊るの。きゃわわーって感じ。んでパッと切り替わって、黒髪にスリットの入ったドレス姿の黒人女性ユニットが、ザ・黒人音楽っぽくバチバチにかっこいいパフォーマンスするの。対比よ。いやーかっこいい。ちなみにその時おばさまは「なんで同じ曲をやるの!?次やったらクビよ」とブチ切れていた。もともと黒人ユニットの曲らしいけど。
ところで調べてめっっちゃびっくり、トレーシーママ男かよ!めっちゃ男っぽい人だな…でも女の人だし失礼だよな…でもめっちゃ男っぽいし声低いな…とかいろいろ考えてたけど男かい!!吹き替えの声優山ちゃんやし!はえーびっくり。特殊メイクってすごい。ジョン・トラボルタでした。
あとリンクの吹き替えが三木さんなのよかった。カッコつけでナルシストで、でもまっすぐで恋に一途な感じがすごく出てた。単純に自分の初恋のキャラクターの1人が三木さんだったってのもある。コジロウはいつまでもかっこいい。山ちゃん全然気づかなかったけど三木さんは一発で気づきました。こういうことを言うとオタクみたいで嫌だな…ポケモン見てただけなのです。あと三木さんわかりやすい。
はあー素敵な音楽、魅力たっぷりのキャラクター、クールなダンス、みんな幸せエンドの最高なストーリー。コメディ要素もあって楽しかった。トレーシーはみんなの道を切り開くし、ママは自分の良さを認められるし、パパはママの魅力を伝えられるし、友だちとわかめ君も結ばれ、モーターは娘がミス・ヘアスプレーに選ばれて、リンクはトレーシーと結ばれて、番組は生放送が大成功、世間は手を繋いで踊ることの楽しさに少しずつ気づいていく。おばさまは怒られるだろうけど、娘は実は黒人の男の子と何か始まりそうな雰囲気。みんな幸せ。あー見てよかった!エンドロールまでばっちり見ちゃった。幸せすぎて泣きそうになった。わたしはしあわせに満ちあふれたシーンとか見ると泣く。録画してある映画があと数本あるので、それらもいつかここに書けたらいいね。だって自分が読むの楽しいもの。はー書いた書いた!書くの遅いから1時間経っちゃった。もう寝ます。
2021/04/12
0 notes
shintani20 · 10 days ago
Text
2021年4月11日
参院広島再選挙 与野党代表が相次ぎ広島入り 支持呼びかけ舌戦(毎日新聞)
公職選挙法違反で有罪が確定した河井案里元参院議員の当選無効に伴う参院広島選挙区再選挙(25日投開票)は、告示後最初の日曜日となった11日、与野党の代表が相次いで広島入りした。代表らは再選挙のきっかけとなった2019年の前回参院選を巡る大規模買収事件に言及しながら、推薦する候補者の支持を有権者らに呼びかけた。
立憲民主、国民民主、社民各党の広島県組織などで作る政治団体「結集ひろしま」から出馬し、3党の推薦を受ける新人の宮口治子氏(45)が広島市内で行った街頭演説には、立憲の枝野幸男代表と国民の玉木雄一郎代表が駆けつけた。
枝野代表は大規模買収事件について「政策や思いを伝えるためではなく、仲間内に良い思いをさせるために金が配られた。県民一人一人の暮らしに目が向いていない象徴だ」と批判し、「選挙の主役は県民。本当の民主主義を取り戻そう」と訴えた。玉木代表は、自民党が今回の再選挙を「出直し選挙」と説明していることについて「候補者本人も自民党も事件の総括をしていない状況で、誰にとっての出直しなのか」と指摘。「おかしいと思うことに声を上げ、世直し選挙にしよう」と呼びかけた。
公明党の山口那津男代表は自民党広島県連会長の岸田文雄前政調会長と、JR広島駅前で自民新人の西田英範氏(39)=公明推薦=の演説に登壇した。
公明は前回参院選広島選挙区で案里氏ら自民公認2候補を推薦。当時、案里氏の応援演説にも駆けつけた山口代表は「こんなことになろうとは夢にも思わなかった。心からおわびする」と頭を下げるとともに、「西田さんは経済産業省で力を発揮してきた」と強調、清廉潔白さもアピールした。
公明は再選挙に先立ち、次期衆院選の広島3区に斉藤鉄夫副代表の擁立を決定。自民県連の反発を招いたものの、再選挙との相互協力を約束する形で落ち着いた経緯があり、負けられない「前哨戦」と位置づける。山口代表は演説後、記者団に「再選挙で力を合わせて勝利することが次の流れにつながる」と語った。
演説を聞いた広島市佐伯区の無職、大杉登さん(56)は「誰が政治家になっても世の中は変わらないと思っていたが、1票を託したいと思うようになった。政治とカネの問題と決別する選挙になるよう、多くの人が投票に行くべきだ」と話した。
参院広島再選挙には両氏のほか、無所属新人の佐藤周一氏(45)▽無所属新人の大山宏氏(72)▽無所属新人の玉田憲勲氏(63)▽NHK受信料を支払わない方法を教える党新人の山本貴平氏(46)が立候補している。【賀有勇、小山美砂】
週末の東京混雑「自粛前の駆け込み」 仙台「例年の半分にも…」(毎日新聞写真部)
12日から東京、京都、沖縄の3都府県で新たに適用される新型コロナ対策の「まん延防止等重点措置」
都内では適用前最後の週末となった10日は、行楽に繰り出す家族連れや若者たちが目立ちました。
最新のイスラエルの新規感染者数、とうとう150人を切りました。経済活動をほぼ完全に再開させているにもかかわらず、みるみると感染が収束していっています。
国民の約60%がワクチン接種するとこの状態になるようです。とても希望のもてるデータです(知念実希人さん)
同人誌印刷所の苦境に「少しでも足しになれば」 映画パンフ制作に抜擢、配給会社が粋な発注(J-CASTニュース)
新型コロナウイルス感染症の拡大により、多種多様な業種が苦境に立たされた。個人が趣味で制作する本「同人誌」の印刷に携わる、いわゆる「同人誌印刷所」もその一つである。
コミックマーケットをはじめとする多くの同人誌関連イベントが中止となり、受注が激減しているのだ。
そんな状況を受けて動いたのが、映画の配給などに携わるTCエンタテインメント(東京都港区)。同人誌印刷所「栄光」(広島県福山市)に、映画パンフレットの印刷・製本を依頼した。
侮辱罪法定刑、見直し検討 ネット中傷投稿の刑事罰―厳罰化に課題も・法務省(時事ドットコム)
ツイッター上でプロレスラーの木村花さん=当時(22)=を中傷したとして、男2人が相次いで侮辱罪で刑事処分を受けた。ただ、侮辱罪の法定刑は軽く、いずれも正式な裁判を受けない略式命令にとどまった。インターネットで中傷された被害者を中心に厳罰化を求める声は強く、法務省は法定刑見直しに向けた検討作業を進めている。
見直しに時間がかかる背景には、侮辱行為を一律に厳罰化した場合、言論の萎縮につながりかねない問題もあるとみられる。ネットの中傷問題に詳しい深沢諭史弁護士は「権力者が悪用し、自身に批判的な言論を告訴する可能性がある」と懸念を示す。
これに対し、自民党の「インターネット上の誹謗(ひぼう)・中傷対策に関するプロジェクトチーム」事務局長の国光文乃衆院議員は「政治批判は対象とせず、行き過ぎた人権侵害に相当するケースを罰するべきだ。消極的な理由で泣き寝入りをほっておくのはこれ以上看過できない」と話した。
0 notes