Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
Fun Fact
40% of users visit Tumblr between 1 and 30 times a month.
Trending Blogs
#紫氷
Photo

Happy New Year 2021 and all~ ୧⍢⃝୨

Starting with some wise words and resolution from a sweet, innocent and naive boy.

Im bringing the college era MuraHimu redesign cause I just have so much stuff for grown-up them.


And now time to get back to work on them some more o/

(hahaha I honestly hope this illustration isn’t a glimpse of what 2021 could be cause damn it was sooooo exhausting to work on it ಥ_ಥ). Used some ref from Kibbitzer’s poses book and self poses to get through it.

-No reupload / repost on other platforms-

Post
20 notes
Photo

“Tatsu-chin~…”

A WIP from some sketches I’m doodling about Yousen boys at the Tōkyō Kirby Cafe picking Kirby goodies….

Probably won’t come with a lot of stuff before January so I’m considering to upload some wip as well =/

ʕ •ᴥ• ʔ

Post
22 notes
Photo

“Atsushi no Kamikakushi”

Uploading both versions cause I cannot decide which one I like the most =x

Quick Ghibli redraw (from Spirited Away) including the Yousen boys for multiple obvious reason :D so here’s the handsome icy dragon boy and the giant hungry kid he’s babysitting.

I kinda kept the original proportions from Chihiro and Haku to get Tatsuya a decent size, as I could not picture a tiny dragon ^^’

(Do Not Use/Upload on other platforms thanks) 

PostPost
18 notes
Photo

“Matcha Pocky”


Okay~ it seems like I will definitely not be happy with this one (omfg Atsushi’s hair… it’s…. just SO HARD to draw) so let’s just move forward and work on something new é_è

I’m so so glad to get back to them after all those years T_T

Post
61 notes
Photo

夏だし

好想就這樣交稿!!!!!!!

Post
13 notes

ねぇ室ちん
そう言われて振り返ると唇に温かなものが当たった。女の子のように膨らみがあるわけではなく、ましてやツルツルと艶のある唇では決してない唇がオレの唇に当たった。
犯人は分かりきっている。
「あっアツシ!何をするんだいきなり…誰かに見られでもしたら…」
そんな言葉に動じるアツシでもないということは百も承知だが、流石に学校の礼拝堂でキスをするのは頂けない。
「?別にいいじゃ~ん。誰もいないしー」
「だからって、ここは礼拝堂だぞ?!神聖な場所でキスだなんて…」
オレは必死に恥ずかしさを隠した。いつもなら恥ずかしくも何ともない。寧ろ俺の方からキスすることが多いから恥ずかしいことなんかないのだ…人がいない俺の部屋やアツシの部屋ならね。だけどここはオレの部屋でもアツシの部屋でもない…それに
「(アツシから初めてキスされた…ヤバい、オレ……)」
アツシから顔を背けて俯いた。きっと今の俺の顔は熟れたトマトのように真っ赤だ。いや、それ以上かもしれない。
「(とにかく早く、早く心を落ち着かせないと…)」
アツシのいきなりの行動にざわつく心が落ち着かない。
そして、背中に温かさを感じてオレが大きなものに包み込まれる。
「…アツシ?」
「ねぇ、室ちん。俺さ、室ちんのこと好きだよ。結構室ちんに好き好きアピールしてたのに室ちん気づかないからちゃんということにした。福ちんにも気持ちはちゃんと伝えるもんだって言われたし。いっつもちゅーすんの室ちんからだし…今日からはオレも室ちんにいっぱいいっぱいちゅーしていっぱいいっぱい愛してあげるから」
「アツシ…」
オレはアツシの方を向きどちらともなくキスをした。何度も何度も角度を変えてキスをした。
「んはっ…アツシ…」
「……室ちんエロい」
「え?!」
「流石にアレはココじゃまずいし……俺の部屋行こっか」
「アッアツシ?!ちょっ、待って!」
「だーめ、もう俺室ちんのこといっぱい愛してあげるんだから!」
オレはあれよあれよという間に担がれて、連れて行かれたのだった。
その後どうなったのかは…秘密だよ。ふふっ

おまけ
岡「嫌じゃ嫌じゃ嫌じゃ何なんじゃうちの後輩もう嫌じゃ」
福「あいつ等マジ男鹿半島の崖から突き落として日本海の藻屑に……」
劉「部活の時にでもくっそ苦いお茶飲ませてやるアル…」

紫氷だけじゃなくて陽泉かわいいね(●´ω`●)

ぽるる

1 notes