Tumgir
#足場板古材
delorean · 7 months ago
Photo
Tumblr media
「激レアさん」の記事、2年を経て再登板w
昨日の夕方、Auto Messe Webという媒体がEVデロリアンの記事をアップ。同時にYahoo!ニュースにも掲載されました。実はこの素材、2年前の7月に取材を受け、雑誌「CARトップ」に載った企画「激レアさんいらっしゃ〜い」だったのです。コロナ禍で取材ができずコンテンツ不足が進み、苦肉の策で再登板させたのでしょう。前回は雑誌のモノクロページだった分、今回はWebなのでカラー。新鮮な気分で楽しめました。
ただ、2年前の記事だなぁ、と思うのは「再生可能エネルギーの普及が進まない日本では、電力を火力発電に頼る部分が大きく厳密には環境に優しいとは言いがたい側面もある」の部分。再エネを巡る環境は大きく変わり、使い勝手も良くなってきています。実際、自宅の太陽光パネルで発電した電気をEVに直接充電し、移動に使う「完全ゼロエミッション」を実現させてる人は既にいるし、目指そうとしている人はもっと沢山います。その人たちに「EVの電気は火力発電で…」なんて言ったら「その前に、ご自身の生活を見直してみては?」と言われるに違いありません。実践してる人の信念は強いのです。
自然エネルギーで発電した電気のみを提供する「ハチドリ電力」「みんな電力」も登場し、今や再エネのみで普通に暮らす事も可能に。2年前には想像できなかったイノベーションです。炭素税などが導入されたら、事態はもっと進むかも。「EVはエコじゃない」と主張する人も、根拠とするデータが古いと結果を見誤ります。情報は常にアップデートしながら、みんなで未来を前向きに考える空気が生まれたらいいですね。そんな雰囲気を作り出すため、EVデロリアンをもっと活用していきます。引き続きよろしくです♪
12 notes · View notes
w2258 · 4 months ago
Photo
Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media Tumblr media
▲想要緩解一天的煩惱嗎 ▲想要把你硬硬的大肉棒插入MM的秘密花園嗎? ▲想要回味頂到底的快感嗎? ▲在這里讓你享受到人間的最高潮的性愛 ▲滿足你所有的視覺.觸覺.聽覺三享受 ▲挑逗你身上所有的敏感地位.所有的快感 ▲把所有的煩惱跟著褲子脫掉 ▲一雙攝人心魄的水靈眼睛和天生嬌氣溫柔性格的學生妹 ▲身材高窕冰肌玉骨的長腿麻豆 ▲外貌冶豔神情撫媚的辣妹 ▲性感妖艷的脫衣女郎賴w2258 ☆犒勞一下自己小頭 好去處給你不一樣的性福 —– 用你的槍來享受性福的時刻☆╮ 口爆 顏射 69 lg隨你操作 找安全的茶莊 找滿意的好茶 趕快點擊進入垂生欲死的天堂吧~ 外送大桃園花蓮嘉義宜蘭中歷三重屏東板橋台北新竹台中彰化員林雲林台南永康高雄 偷情少婦、寂寞欲女、檳榔西施、高貴空姐、車展模特 夜店辣妹、大學系花、鄰家女孩、三線名星、外拍正妹 封面女郎、夜店舞者、混血美姬、酒店紅牌、酒促小姐 高貴空姐 車展模特 大學系花 鄰家女孩 淫蕩人妻等 有台灣女生想兼職可以加我賴w2258 台北外送茶 高雄外送茶 台南外送茶 台中外送茶 彰化外送茶 新竹外送茶 新北外送茶 桃園外送茶 南投外送茶 基隆外送茶 台北一夜情外約 台中一夜情外約 高雄一夜情外約 新竹一夜情外約 台北住家叫小姐 高雄住家叫小姐 台中住家叫小姐 台北汽車旅館叫妹 台中汽車旅館叫妹 新北汽車旅館叫妹 喝茶吃魚 茶魚分享 定點 個工 阿六茶 外約經驗分享 援交小姐 口爆內射服務 陪酒小姐 定點套房 3p 援交妹 西門町找援交妹 傳播 傳播小姐 板橋現金交易 板橋一夜情服務 板橋援交小姐 捷克論壇 伊利論壇 卡提偌論壇 yahoo yahoo電影 松山機場附近找小姐 松山找援交小姐 內湖找小姐 內湖援交妹 內湖汽車旅館 定點套房賴w2258
小米粒外約喝茶官網http://www.nos998.com 加賴w2258終身鑽石vip 終身免房費/車資 約3p只需要付一個妹妹的錢 免費參加抽獎活動 優質選妃 一次性過去三個 可以4p(兩男兩女一個房間)或者群P 從此無套無需小費 從此約妹都是無碼照OR影片選妹 從此約妹無需多等一分鐘 可以跟女神電愛40分鐘 北部消費滿5k買3送1 滿7k買2送2 滿9k買1送1 新竹消費滿7k買2送1 滿8k買3送1 滿9k買1送1 中部消費滿4k買3送1 滿5k買2送1 滿6k買1送1 彰化消費滿4k買3送1 滿5k買2送1 滿6k買1送1 高雄消費滿4k買3送1 滿5k買2送1 滿6k買1送1 台南消費滿4k買3送1 滿5k買2送1 滿6k買1送1 只要配合一次升級VIP就是永久的半價之後約小姐無套內射旅館費一律免費 可以加入色群(裏面是19-23歲的女孩子裏面有影片可以裸照視訊+賴w2258)送原味內褲絲襪
大奶小支馬可愛系列:瀨w2258【Telegram:nos998官網http://www.nos998.com】 寧靜 158.D.45kg.20歲 甜美可 愛水嫩肌膚 令很多大哥哥為之傾倒! 凱麗 166.E.52kg.28歲大屁股翹起來給哥哥插 肥美鮑魚餵飽你 熊熊.160.D.46kg.20歲敏感型.小妹妹緊實蜜多 可以吸舔 茜茜 161.E.47kg.22y可愛小隻馬 臉蛋楚楚可人 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 高挑纖細氣質CP值系列:瀨w2258【Telegram:nos998官網http://www.nos998.com】 小汐 167cm.C奶.26歲氣質的外表 凹凸有型的身材脫下衣服 又是另外一種風姿 婉瑜 166cm.B杯.19歲妹妹一邊幫你口交一邊含情脈脈的看著你讓你感受到掌控天下的成就感 千禧 165cm.E奶.24歲妹妹主動淫蕩 欲求不滿 只求被滿足下面很敏感喔 雅心 168cm.C奶.21歲高檔正妹 #採取預約制清純外貿學生 有兼職主播 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 鄉下少婦知性熟女系列:瀨w2258【Telegram:nos998官網http://www.nos998.com】 欣欣 162 C 46 26歲 單親媽媽兼職 賺奶粉錢咯 舒舒 161 E 48 28歲 超大奶姐姐 很騷 尺度大 敢玩 子晴 167 E 50 26歲 便宜大碗耐乾 很騷偷情少婦 小雅 158 C 44 20歲vip客人約住家的口碑好妹!嬌小羅莉 很性感! ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 肉肉女重量級豐滿系列:瀨w2258【Telegram:nos998官網http://www.nos998.com】 瑞瑞 163.F奶.53.30歲 好大一顆 皮膚白滑摸起來有手感 月月 155.G奶.65.27歲下面緊實 肥美的鮑魚會夾著你不放喔 喵喵 163.H奶.70.23歲 乾淨 青澀 呆萌好控制內裝還是粉嫩嫩滴 小茹 163.F奶.80kg B罩杯 30歲 現在可以預約 全程無套 什麼姿勢都ok ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 麻豆小模空姐藝人系列:瀨w2258【Telegram:nos998官網http://www.nos998.com】 愛麗絲 168.E奶.48.25歲 出版伊琳公司#高顏值小模#鵝蛋臉#清純氣質無瑕疵 育兒 165.C奶.45.21歲 運動健身 花樣多運動健身甜美女孩性愛方面非常配合 美雪 170.C奶.49.30歲空姐短期兼職古稚不胖不抽煙無刺青 ?柔貼心很有女友FU 小優 164.C杯.47.22歲車模淫蕩的表情超欠幹最愛從後面幹他的淫穴大屁股無辜表情真的超級欠幹
大奶茶 嬌小茶 高挑茶 學生茶 白皙茶 外貿茶 麻豆茶 骨感茶 年輕茶 甜美茶賴w2258 雙飛茶 敢玩茶 無套茶 成熟茶 紅牌茶 技術茶 服務茶賴w2258預約茶 強檔茶 清純茶 混血茶 頭香茶 性感茶賴w2258 可愛茶 苗條茶 風騷茶 熱門茶 氣質茶 官網:www.nos998.com主動茶 巨乳茶 貼心茶 童顏茶官網:www.nos998.com 台中外送茶賴w2258台北外送茶 高雄外送茶賴w2258 新竹外送茶 彰化外送茶賴w2258 6 南投外送茶 台南外送茶 全套服務 台中全套台中外約 台中外送茶台中外送茶莊台中旅館推薦 台中茶莊 台南全套 台南叫小姐 台南喝茶 台南外約 台南外送茶 台南找女人 台南找妹 官網:www.nos998.com台南 捷克外約 台南援交 台南旅館外送 彰化全套官網:www.nos998.com 彰化兼差妹 彰化叫小姐 彰化喝茶 彰化 外約 彰化外送茶 賴w2258 彰化按摩 彰化援交妹 彰化旅館叫小姐 彰化茶莊 台北外約 台北外送茶 台北 茶莊 高雄全套賴w2258 高雄全套服務 高雄叫小姐 高雄喝茶 高雄外約賴w2258 高雄外約茶 高雄外送叫 小姐 官網:www.nos998.com高雄外送茶 高雄找妹 高雄找茶 高雄援交 高雄旅館叫小姐 高雄約炮官網:www .nos998.com 高雄茶莊 高雄Motel推薦茶 賴www.nos998.com高雄MT約茶 官網:www.nos998.comm高雄七賢路全套賴 w2258 高雄三民汽車旅館愛愛 高雄人氣茶坊 賴w2258 高雄人氣茶外送 高雄全套 高雄全套喝茶 高雄全 套服務 高雄出差找妹 高雄叫小姐 高雄叫雞服務官網:www.nos998.com 高雄叫魚 高雄喝茶經驗 賴w2258 高雄外出服務 高雄外約 高雄外約S 高雄外賣 官網:www.nos998.com高雄外送茶 高雄外送茶經驗 高雄大飯 店外送茶 高雄大飯店約茶 高雄小姐外出官網:www.nos998.com 高雄小港區炮店 賴w2258 高雄左營汽旅外送 高雄愛愛 官網:www.nos998.com高雄愛愛茶坊 賴w2258 高雄找妹 高雄找小姐 高雄按摩外出 高雄按摩好茶 官網:www.nos998.com 高雄推薦汽旅外約 高雄援 高雄摩鐵外出服務 高雄摩鐵外出正妹 高雄旅館全套按摩 高 雄旅館愛愛 賴w2258高雄汽旅約茶 高雄汽車旅館約炮賴w2258 高雄炮房 高雄無套口交 官網:www.nos998.com m高雄美女全套賴w2258 高雄美女外送茶 賴w22586高雄美女約炮賴w2258 高雄美眉外叫 高雄茶莊 高雄評價好 茶 高雄賓館外送茶 高雄酒店叫茶服務 高雄開房間 高雄開房間愛愛 高雄陪睡情人 賴w2258 高雄陪睡美女賴w2258高雄飯店叫魚
4 notes · View notes
damagecoat10 · 2 months ago
Text
2021年婚禮餐飲費用是多少
大約 25% 的夫婦要求客人在參加之前選擇他們的餐點以節省成本。 另一個需要做出的重要決定是您喜歡什麼樣的招待會風格。 一些場地提供這些租賃服務,或者您可能需要聘請單獨的租賃公司。 從您的活動經理到廚師、服務員、調酒師等等,有很多員工可以讓您的婚禮取得成功。 與您的餐飲供應商合作很重要,以確保您有足夠的人員在場,以確保順利接待。 瀏覽菜單並詢問演示以及餐飲費用中包含的內容。 沿 Route 93 South 行駛至 Route 3 到達 Sagamore 大橋。 穿過科德角運河進入 6 號公路(中開普公路)。 左轉進入 28 號公路,行駛約 3 英里即可到達 Main Street Rotary。 管理員的企業餐飲終極指南 需要在會議或活動中為 10 人或更多人提供食物? 我們的美味菜單與卓越的服務相得益彰。 我們期待著讓您的下一次公司活動在您的同事和領導層中大受歡迎。 告訴我們您想要食品卡車餐飲的時間和地點。 作為紐約企業餐飲服務市場的主要供應商,我們為您的辦公室會議、客戶活動和假日派對提供美味的食物、飲料和活動設計。 three Chefs Catering 是西北郊區領先的企業餐飲服務商。 我們不是您的普通餐飲服務商,只是提供食物。 相反,我們尋求通過精美的展示來活躍特定的用餐空間,融合精緻的美學和現代感。 我們提供優雅的演示文稿,適用於任何辦公室直至最高管理層。 社交活動 » 餐飲 從生日和退休聚會到大型後院燒烤,社交活動涵蓋了廣泛的活動。 開胃菜、調酒師和氣球只是您在此類活動中可能會看到的一些服務。 後院燒烤到黑色領帶晚會,總有一個值得慶祝的理由。 為 25 位有美食經驗的客人舉辦的家庭派對。 Hamby 的服務和食品質量贏得了所有人的高度讚譽。 無論是為您最喜歡的事業籌集資金,還是只是為了玩得開心,我們都可以幫助您將其變為現實。 我們的社交活動總監會關注您的雞尾酒會、生日慶典、成人禮、畢業典禮等的每一個細節。 單擊“註冊”,即表示您同意允許社交表存儲和處理上面提交的個人信息,以向您提供請求的內容。 請參閱我們的隱私政策或聯繫我們了解更多詳情。 我們也可以設置它,提供從自助葡萄酒和啤酒到配備經驗豐富的酒吧員工的全套酒吧。 我們將確保您的活動能夠反映您的品味和風格,包括您的瓷器和餐具或我們的。 如果您缺少桌子、座位或桌子設置,我們可以通過租金來彌補不足。 除了我們的廚師創造美味新鮮的美食外,我們相信我們的客人“用眼睛吃飯”。 為了滿足他們,EC 提供了一些獨特的功能。 [newline]我們周遊世界,收集巧妙的獨一無二的桌面作品,然後我們將這些作品提供給我們的客人,用於展示創意美食。 看看我們團隊策劃和提供的特色社交聚會。 我們專注於創建飲食和抗過敏菜單,包括無麩質、古、無堅果等。 只需告訴我們您在尋找什麼,我們就會計劃菜單。 在 My Chef,我們以定制我們的服務和菜單以滿足客戶的需求而自豪 - 從簡單優雅到令人愉悅的奢華。 只需致電,您就會發現舉辦一場適合您口味和預算的令人難忘的活動是多麼容易。 沒有令人難以置信的合作夥伴,令人難以置信的活動是不完整的。 從表演者到攝像師,Arthur's 在整個活動設計行業都建立了長期的關係,因此您擁有完美的團隊來讓您的活動栩栩如生。 我們的設計團隊與我們的行政總廚 Julie Noggle 密切合作,為您的活動打造完美的菜單。 他們的密切合作在從過去的嬌小和正式晚宴到受廚師啟發的電台的方方面面都大放異彩。 Flavor Chef Catering 是一家提供全方位服務的餐飲公司,我們為您提供活動所需的一切。 4種餐飲 Spectrum 的節日部門與活動發起人、製作人和非營利組織密切合作,提供節日活動管理的各個方面。 自 1984 年第一次體驗 PGA 巡迴賽以來,我們已經成長為為北美的主要高爾夫賽事提供服務。 我們迎合小到商務午餐到大到政治活動的活動,有數千人參加。 了解市場中影響最大的驅動力和約束力及其對全球市場的影響。 美國股票報價的實時最後銷售數據僅反映通過納斯達克報告的交易。 盤中數據延遲至少 15 分鐘或按交易所要求。 該研究對行業競爭、局限性、銷售收入、機會、新興趨勢和行業驗證信息進行了深入評估。 我們是一家位於賓夕法尼亞州的全方位服務食品特許經營和活動餐飲公司! 我們使用專業的食品特許拖車和食品卡車來滿足您的個人需求。 我們的特許餐飲選項可幫助您讓您的粉絲對比賽充滿渴望,但永遠不會對他們最喜歡的燒烤食物感到飢餓! 我們的專業廚師使用我們的秘製醃汁和高品質的烤架,確保口味絕不會令人失望,並會讓您在整個遊戲過程中保持優惠。 您希望如何增強您的活動——將這些視為您可以選擇添加到您的活動中的“可選或升級項目”。 飲料和餐飲 — 使用隔熱食品托盤架確保您的食品和飲料達到安全溫度。 食物盤架可讓您在運輸或準備服務期間保持食物的熱或冷。 我們提供從桌罩和桌裙到餐具和塑料盤子再到飲料分配器的所有物品。 從毛巾、紙巾、袋子和罐頭內襯,到清潔用品、害蟲防治解決方案和維護設備,PFS Sales 提供您需要的所有重要物品。 我們為您提供廚房所需的所有物品,例如帽子、圍裙、手套和專用工具。 我們還可以為您提供廚房設備,如格柵屏風、食品推車和廢物容器。 最後但並非最不重要的一點是,我們還滿足您的前台需求,從特殊印刷商品和客人支票到燈泡和空氣過濾器,應有盡有。 即使在使用這種類型的餐飲餐廳設備從您的場所運送到餐飲活動時,也能保持食物在您的商用廚房中的溫度。 無論您經營大型餐飲場所還是剛剛起步,我們都擁有您在我們的業務中取得成功所需的所有商業餐飲設備和商業餐飲用品。 在Restaurantware,我們致力於引領食品和飲料行業具有環保意識的企業。 擁有合適且完整的商業餐飲設備,您將避免沒有足夠的商業餐飲用品供您的員工、食客和客人使用。 通過我們廣泛的餐飲用品系列,為您的下一次餐飲活動獲取高質量的工具。 無論您是舉辦婚宴、公司聚會、午餐會還是其他類型的活動,我們精選的一次性和可重複使用的餐具都會立即升級您的食物展示。 餐飲設備及宴會用品 從台下式非絕緣裝置到全尺寸絕緣裝置,無需插入電源即可繼續加熱機櫃。 我們的重點是您的便利 - 每週 7 天、每天 24 小時從您的筆記本電腦、台式機或智能手機在線訂購。 緊湊型洗衣機可能不需要太多空間,但需要足夠的通風,因為它會產生大量熱量。 我們絕不會將您的信息出售給第三方或憤怒的廚師。 準備好所有餐飲用品不僅可以讓您順利開展餐飲服務,而且還可以防止您在異地時遺漏基本用品的任何可能性。 使用我們的餐飲清單來監控您每次活動所需的所有用品,並在離開場地之前跟踪您的所有用品是否已完全裝好。 在Restaurantware,我們致力於引領食品和飲料行業具有環保意識的企業。 我們努力創造能夠激勵消費者的創新產品,並推動企業領先於行業趨勢。 宴會椅餐廳椅子和座椅 Gkdevelopers Com 批量 One Hundred 黑色乙烯基宴會會議餐飲鋼架疊椅 我們提供多年的活動策劃和支持經驗以及一系列餐飲或酒店租賃設備,以充分利用活動。 我們提供各種款式和價格的餐飲和餐具租賃設備,以確保滿足預算。 Ultimate Events 自然而然地處理大型公司活動。 在家中舉行的優雅、舒適的晚宴的主人所期望的對細節的關心和關注也是如此。 我們出租的餐具、玻璃器皿、餐具和床單種類繁多,質量上乘,讓房東能夠為客人提供獨特的元素。 舉辦一場高質量的活動,無論是公司宴會還是您家中安靜、優雅的晚宴,都需要在活動期間進行無數詳細的計劃、準備和關注。 這款桶形轉椅採用仿舊人造皮革內飾和光滑的底座,可在帶頂棚的門廊或客廳中營造出沿海農舍外觀。 將您的座位與堅固的餐桌搭配起來,為您的企業增添光彩。 您還可以使用我們以運動為主題的家具來全面佈置運動酒吧。 無論您擁有咖啡館、餐廳還是酒吧,在嘗試創造積極的整體體驗時,您的家具與您提供的食物一樣重要。 通過提供從定制餐飲服務佈局到精心挑選的家具系列,我們幫助您將業務轉變為一種體驗。 帶折疊腿的豪華餐桌,實心松木,桃花心木飾面。 此型號可通過我們的快速發貨計劃獲得。 對於所有其他顏色配置,我們的標準交貨期適用。 WAYMAR MERIDIAN 餐廳椅子已停產 我有 sixteen 把椅子。 有些人比其他人更需要清潔,椅子是研究的,有些座位有裂痕。 商業餐廳 36 英寸圓桌和 4 把鍍鉻椅子桌子狀況良好。 它們是 36 英寸圓形和 30 英寸高 良好的二手條件 這些都是高品質且非常堅固! 清潔和清潔用品 清潔地板、設備和洗手間可能是一項費力且有潛在危險的家務活,通常需要員工使用含有化學物質的熱水工作。 為了使該過程盡可能高效和舒適,我們建議您隨身攜帶重型圍裙和手套。 這些清潔工具和用品非常適合正在尋找清潔和運輸解決方案的餐飲服務和酒店企業。 使用清潔存儲和運輸設備輕鬆移動您的清潔產品並使其井井有條。 如果這還不能解決問題,請試試這款 Stanley 脫脂劑。 它專門設計用於溶解所有表面上粘附的砂礫和污垢。 但它也適用於炊具、餐具、隔油池、木材、肉雞、檯面、工具等。 它也是濃縮的,所以這個 32 盎司的瓶子足以容納 sixty four 加侖的商業級脫脂劑溶液。 無論您是在尋找紙巾、消毒濕巾還是垃圾袋,我們的一次性清潔用品都能滿足您的業務需求。 憑藉超過 10 年的經驗、10 萬個訂單發貨和數千種產品的庫存,精英餐廳設備是餐廳設備供應的最佳選擇。 我們以快速且實惠的價格提供優質產品。 紐約最佳印度餐廳和美食菜單 然而,自助餐的好處是員工成本可能比拼盤或家庭式餐點低 20%,具體取決於佈局和您想要多少服務。 我們的餐具式服務風格讓您的客人在用餐期間保持就座,而服務員則將食物端上餐桌。 這創造了一種更正式的氛圍,其服務類似於餐廳。 我們經常在桌子上看到預設的沙拉或甜點課程,以限制服務時間並為演講或更多舞蹈留出空間。 光是氣味就會讓每個人都流口水。 此外,這是在婚禮當天留下自己印記的獨特方式。 您可以對檸檬水或其他飲料(包括葡萄酒)執行相同操作。 從旅行酒吧到品牌卡車,您可以自定義您的食品卡車以適應活動主題,或者作為設置酒吧或攤位的替代品。 如果沒有 croquembouche,這個列表會是什麼,它是一種可食用的自我維持結構,可以自行展示所有內容! 顯然,您仍然需要一個支架或盤子,但將其添加到我們之前提到的一個講台上,您就會成為贏家。 只需翻轉幾個花盆,然後在上面放一塊老式木板,就可以為您的桌子創造第二層。 添加綠色植物以營造節日氣氛。 這個古色古香的餐巾架不僅可以裝餐巾,還可以裝微型水果和鮮花。 它列出了我們的快速餐飲創意清單,因為您的家或辦公室很可能已經有了這樣的組織結構。 北芝加哥餐飲 給他們一個平淡無奇的體驗,你可能再也見不到他們了。 我們都掉進了 Pinterest 的兔子洞裡。 一切看起來都很好,這是一個又一個驚人的想法。 這些想法中的每一個都帶有價格標籤。 好的,這是這個美味三明治第二次出現在我們的名單上,這是有充分理由的。 每個人都喜歡烤奶酪的不同附加物。 它很容易準備,在三明治中味道很好,而且在自助式環境中通常效果很好。 與土豆沙拉、玉米棒或其他令人垂涎的燒烤配菜一起食用。 好消息是,無論活動類型如何,都有很多方法可以根據蔬菜創建優雅且令人愉悅的菜單。 在炎熱的一天,每個人都會為提神的小吃和補水而心存感激。 您可以提供您最喜歡的口味組合,或選擇一些您知道會取悅人群的不同品種。 如果您知道您的一些客人會有食物限制,這將是一個特別好的選擇。 我們可以吃幾個這樣的西瓜和羊奶。 它們清爽爽口,是夏季婚禮的完美小吃。 當您準備好時,它們也是為您的新娘聚會提供食物的絕佳選擇。 滑塊和迷你手指食物正好適合較小的飲料樣品。 這是為您的活動客人提供簡單而優雅的服務的最簡單的餐飲創意之一。 這當然是一頓飯,活動結束後會讓您的客人滔滔不絕。 當涉及到您的展示時,將主題或食物選擇與概念聯繫起來可以產生很酷的結果,就像這艘壽司船一樣。 新鮮的魚不能用其他任何東西來供應,這種切片佈局使與會者可以輕鬆地接觸到食物,這正是壽司的魅力所在。 辦公室的餐飲午餐創意 帶有甜櫻桃和蜜餞開心果的辛辣芝麻菜結合了苦澀和甜味。 溫暖而酥脆的山羊奶酪圓球增添了奶油般濃郁的品質。 簡單的春季餐飲菜單創意的一個提示是季節性思考。 每個人都渴望到戶外享受美好的天氣,也許還有一些戶外慶祝活動。 這裡有一些簡單的春季餐飲菜單創意,可供本季使用。 這是支持本地企業的好方法,讓員工有機會訂購他們想要的東西,並為貴公司的每個人提供獨特的體驗。 這很有趣,並且真正向您的員工展示了您的關心! 但它們在自助餐中特別難以供應,因為沒有人喜歡托盤底部又冷又濕的那些。 另外,它們堆在一起看起來並不開胃。 像墨西哥食品卡車一樣經典,他們已經在這個遊戲中玩了幾十年,並且對辦公室的總滿意度歸結為一門科學。 好吧,讓卡爾至少吃一頓午餐,把他的奶酪和奶酪搭配起來,辦公室的其他人會真正品嚐。 20 道適合人群的營養湯食譜 添加一些灑水、迷你巧克力片、碎堅果、迷你棉花糖和花生醬進行浸泡。 最後,還有其他方法可以降低活動餐飲成本。 常識告訴我們,當留給他們自己的設備時,無論給他們什麼尺寸,客人通常都會最大限度地利用盤子空間。 這意味著稍微小一點的盤子可能會下意識地阻止他們浪費食物或吃太多精心分配的菜餚。 三明治非常適合日間活動,但隨著天氣開始變涼,您可以將這些簡單的飯菜變成冬季友好的活動款待。 這裡有一些很棒的帕尼尼創意,您可以將其切碎作為開胃菜或單獨食用。 我們喜歡蜜餞培根、番茄湯和烤奶酪之類的東西是有原因的。 這裡有一些不會破壞銀行的基於蘋果的組合。 在溫徹斯特神秘屋舉辦大型矽谷企業活動怎麼樣,那裡有各種民族食品站? 自助式河粉湯吧將是一個充滿異國情調的補充,為這座聖何塞博物館增添神秘色彩。 雖然我的祖母告訴我“用我的麵條”來想出點子,但與托尼一起找出麵條湯吧如何以及在何處最適合您的活動要容易得多。 使用 Tony Caters 的自助越南河粉吧,為您的活動客人提供美味的東南亞美食。 加入面疙瘩、烤雞和冷凍混合蔬菜。 燒烤餐飲菜單 而且,尤其是在夏天, 麵包餐盒 。 法國人有著悠久的街頭美食傳統,鹹味可麗餅可能是美國最著名的例子。 麵包餐盒 “法國萬歲! ”只需在旁邊添加一些經典的薯條和香草蛋黃醬。 比薩也是一種可靠的廉價選擇。 在戶外設置一些小的圓形放牧桌。 堆放各種物品——只要你把它們展示得很好,沒有人會注意到實際食物比把它們放在長矩形桌子上的要少! 他們還將為活動增添野餐氛圍。 在燒烤架上放一些蔬菜串。 我們專注於定制活動菜單,確保您和您的客人吃得飽飽的。 您需要為此打開您的微型飛機 zester,因為該食譜具有七個檸檬的熱情。 這就是真正的檸檬味所在。 https://www.caterertaiwan.com/party-tray/ 。 主要專注於製作您和您的客人會喜歡的食物,以及與婚禮氛圍相得益彰的食物。 您可以將它們混合在一個碗中,也可以單獨蒸。 考慮一下在牡蠣殼中提供的巧克力甜點,作為一道有趣的菜餚,在海灘上尖叫夏天。 茶會點心 ,讓您的菜餚清淡。 我們喜歡美味金槍魚韃靼開胃菜的想法。
1 note · View note
myonbl · a year ago
Text
2021年1月1日(金)
Tumblr media
ここ数年、旧暦の日めくりを使ってきた。今年は、少し趣向を変えて<宙(そら)の日めくりカレンダー>を選んでみた。その日の<月の様子>が大きくプリントされ、下には宇宙に因んだ色んな出来事や人物、名言などが紹介されている。今日はガガーリンが<ロシアの宇宙飛行士>として紹介されているが、やはりここは<旧・ソ連の宇宙飛行士>とすべきだろう。歴史は正しく伝えなければと、昭和のおじさんの正直な気持ちである。
今日は全員休み。
Tumblr media
毎年、三が日に使用する祝い箸はツレアイが用意してくれる。吉野の間伐材を利用した杉箸を、それぞれの名前の入った手製の袋に入れてレッドリボンで仕上げてくれた。
雑煮は私の担当、鶏モモ肉の甘辛煮・かまぼこ・三ツ葉、それにお澄ましというのが私流、今年の餅は奥川ファームから頂いたアオサ入り。
家族それぞれ自分のペースでノンビリと、私はBSでラグビーの番組を楽しむ。
2021年元旦 BS1では、日本を熱狂させたラグビーワールドカップの桜の戦士たちの戦いを一挙、再放送する。大会前の世界ランク1位だったアイルランドとの一戦。日本ラグビー史に永遠に語り続けられる熱戦を、日本代表の司令塔、田村優選手、スクラムハーフ田中史朗選手とともに振り返る。さらには、すでに出場が決まった2023年、フランスW杯への意気込みもたっぷりとお伝えする!
2021年元旦 BS1では、日本を熱狂させたラグビーワールドカップの桜の戦士たちの戦いを一挙、再放送する。夢のベスト8進出をかけた相手は宿敵スコットランド。日本ラグビー史に永遠に語り続けられる死闘を、日本代表の司令塔、田村優選手、スクラムハーフ田中史朗選手とともに振り返る。さらには、すでに出場が決まった2023年、フランスW杯への意気込みもたっぷりとお伝えする!
スポーツは得意ではないが、見るのは何でも好き。中でもラグビーが一番好きかな、激しいコンタクトと厳しいルール、<自律のスポーツ>であることが大きな理由である。
Tumblr media
ランチは、昨晩も年越しに頂いた<深川ラーメン>と🍶、麺が美味しくつゆも優しい。
昼酒が効いて、軽く午睡。
Tumblr media
腹ごなしのウォーキング、梅小路公園3週コース、45分/4.5km。
明日は次男が仕事、早めの夕飯準備。
Tumblr media
今年もお節は京都大丸、大原千鶴さん監修のものを選択。4人用の三段重、種類が豊富、味も良し、十二分に満足出来た。
Tumblr media
今夜のワイン、毎年私の誕生日にO君が送ってくれるジョージアワイン、味の濃さとボトルの重さが比例する逸品、感謝していただく。
早めに切り上げ、早めの入浴。
またもテレビ。
偉人たちの至高のレシピ~京都・板前割烹の献立帖~
客の目の前のカウンターで料理することを日本で最初に始めた京都の板前割烹。昭和の初めから多くの著名人がその技と味を満喫してきた。谷崎潤一郎の好物はハモ椀、湯川秀樹は胡麻豆腐、川端康成は何とハムエッグ!こうした料理はいかにして生まれたのか。チャップリンのウズラ料理、女優グレース・ケリーの伊勢海老とは?中村吉右衛門や有馬稲子も“ごひいき”として登場。数々のエピソードとともに、至高のレシピを味わい尽くす。
これ、録画しておけば良かった!
Tumblr media
例年元日に酒を共にするW姉、会えないところからかこんな本を送ってくれた。
落語を聴いてみたけど面白くなかった人へ (ちくま文庫)
ちゃんと聴いたことがあるのに、そのうえで興味が持てない。落語は落ちが命、と言われるのに、落ちの何が面白いのかさっぱりわからなかった…。そんな人は案外多い。「落語は面白くないのがあたりまえ」から始まる落語案内。桂米朝、古今亭志ん生ら噺家はもちろん、カフカやディケンズ、漱石まで登場し、耳の物語・落語の楽しみ方を紹介する、まったく新しい入門書。
いやぁ、面白い! 教えてくれたW姉に感謝!
今年から、<日誌>はその日のうちに準備することにする。
Tumblr media
今年も、<3つのリング完成>を日課として頑張ろう
9 notes · View notes
katojyuken · 29 days ago
Photo
Tumblr media
《#米軍ハウス 》 #ウッドデッキ #diy 木を長持ちさせるやり方… カンナのかかった木を 製材した状態に戻します✨ . そーする事で、 防腐保護塗料の塗り具合が 全く変わります‼️ . 通常ハケで塗り、ウェスで拭いていたのが、なんと!ローラーでしか 作業が進まなくなります… . と言うことは? よりオイルを吸い、ササクレ(毛羽立ち)が雨風・湿気などから木を守ります✨ . しかし、2×4材などのSPF材は、朽ちやすいので、安くても気をつけてください。 . 今回のスノコ材は、新品の足場板! 土足キッチンのused足場板といずれ同化することを経年変化で計算してます。 . より、#ヴィンテージ感が‼️ カッコいい #アメリカンライフスタイル . 新築だけど… 永年住み続けてるような空間✨✨ #ヴィンテージ で アジのある雰囲気に 仕上がってきました😊 . 出来上がりが楽しみな"家" です☺️ . #足場板古材 #katojyukenfactory #ビーチハウス #外構デザイン #ラフなライフスタイル #ヴィンテージスタイル #lifestyle #岐阜市 #住宅 #エクステリア #岐阜工務店 #新築一戸建て #平屋の家 #ラギッドスタイル #おしゃれ #オシャレな家にしたい #お店みたいな #アメリカンスタイルの家 #diyすきな人と繋がりたい #岐阜工務店 #各務原工務店 #平屋 #カバードポーチ #アメリカンヴィンテージ #西海岸スタイル (Kakamigahara, Gifu) https://www.instagram.com/p/CXvTPnnPJku/?utm_medium=tumblr
0 notes
jitterbugs-whisper · 8 months ago
Text
ホーカゴトリスメギストス
(イナイレ/春奈オムニバス)
ノッキンバード・アムネシア(風丸)
  恐るべきことに何もかもを忘れたふりのできるあざとさを兼ね備えて、いつだって少年のたゆたいがちな意識を、一瞬にしてブラックアウトさせる才能を持ち合わせた少女こそが音無春奈そのひとであることを、もはや確信しきって、しかしながら抗うことができないあたり、随分と参っているのだな、考えて、なけなしの矜持でもって肩をすくめてみる。彼女はけして、あまねく悪の姿のうえに、あるいは、悪魔にも似たリリム、うつくしい夢のうちに少年たちを誘っては生気を吸い取ってしまうサキュバスではないはずだから、単純に責めたてることもかなわないのが、どうにも上手くいかない点である。
 それが言い訳に過ぎないことも痛いほどに分かっていて、年長者ぶって彼女の先駆たろうとするには、あまりにものを知らなさすぎるというふうなのだった、いくらかは知っていても、それらは何の役にも立たなかった、つまり、ガラクタである、まったくもって……持ち腐れとはこのことだろう、身体が重たくなるのは避けたい、友人の吹雪士郎の口癖ではないけれど、疾風さえも置き去りに、神さまさえも神かくし、そうやっていつまでも走っていたいだなんて、言いたいけれど言えないね、肉は重い、骨は脆い。
 なんという恣意的健忘! なんという! 虚をつかれたように目をまるくする音無春奈を、誰か断罪してくれないものか、うつくしいビンのなかで、呼び出されるのを待っているジン。願いごとはみっつまでだね、誰かを不幸にするようなものは叶えられない。誓約がずいぶん多い気がするけれど、そういうのだから従うほかにないのだった。
 とはいえ、叶えてもらいたいような願いなら、すでに諦めてしまったもの、自分の手のひらには余るもの、大きな音を立てて奈落から落っこちていってしまったもの、どんでん返しは歯車式で、近ごろネジの調子がわるい。あとで油でも指しておくかしら……。
 「風丸さん、お腹すいたんですか」
 「なんで?」
 「だって黙ってるから」
 まさかとは思うけれどそんなにも単純だと思っているの、お前の思うよりも、少年というのは複雑怪奇だよって、言ってしまいたい。その橄欖石の眸にどこまで見透かされていたものかは定かではないけれど……。偉大なるヘルメスは三人いて、エメラルド・タブレットにはその秘法が記されているようだ、いまだ誰にも解読されていないけれど。
 「不老不死ってどう思う?」
 「たぶんつまんない」
 まったくいいえて妙とはこのこと、真理はいつだって、みどりいろのうえに刻まれているのだ。
  フローレス・フロウレンス(目金)  どこかしら欠陥を抱えているだろうと確信しながら開いたドアは軋んで、長い時間をここにあったことを容易に少年に予測させる。新築されているクラブ棟に空部屋がないというわけでもないのに、なぜだかぽつんと孤立しているサッカー部の部室を、しかし羨む部活はひとつもなかった。さかのぼれば40年も昔のことになる彼らの大先輩の栄光に縋るでもなく、単純にその惨めさ、藍褸さに、羨む程にもないと判断されたためかも判らない。
いつだって潰れてしまうだろう、少なくとも、これから40年の未来にこれが建物のかたちを保っていられるとは迚も思われなかったし、かといって、みるも無残な姿を、自分の世代で見たいとも思わないのだった。確信はいつだって脳裏を過り、そうして、たいていの場合において、少年を裏切ることがない。目金少年は少し考えて、けして重たくはないドアをもう一度、今度は些かばかり慎重に開閉しなおしてみたもので、あった、やはり軋む音は鳴ったが、せめても鳴ったのが蝶番であったのなら、油を挿すなりのメンテナンスで多少の延命は可能であったろうに、すでに歪んでしまっているのはドアの木材そのものであるらしかった。
折しも、幾つかの偶然とタイミングが重なっただけとはいえ籍をいれたサッカー部のために、彼のはじめる最初の仕事は、どうやらそれらの分析であるらしかった。おそらく彼は、本当の意味でのサッカー部員ではありえないので……。  一瞥で他人を判定せしめるような眸を持ち合わせた少女なのだった、音無春奈というその後輩は。彼女もまた、誰もが練習のために駆け出していった部室のドアを、ゆっくりと開閉して確かめているらしかったので、どうやら自分のほかにも気がつくもののあったらしいと、優越感にも似た感情を丸めながら目金はひとつ認識を改めた。
誰しもが、遍く正義感を振りかざすのではなく、また、絶対悪なぞというものが存在しえないことを、四季の気候の落差の激しさに震えている古い木材の表面に、耳を当てて聞き取っている。陽光に反射してはその表情を覆い隠すメガネの示すように、目金少年はたしかに視力の悪いのであったが、必ずしもそれだけが彼のアイデンティティではなかったし、また、データの収集と分析であったところで、なにひとつとして、目金にだけ求められたものでないことは明らかなのだった。
視力の悪いからといって聴力も悪いとは限らないように、二物を与えられた人間の少なからず存在することを、そろそろ認める必要に駆られているのだ、それは音無春奈かもしれなかったし、彼女の手でじんわりと熱をおびてゆくビデオカメラが、いつか映し出すであろう未来かも、判らない。
伝統とははたして埃をかぶっただけのものであったろうか? 否やを唱えようにも、年月のあいだに、きしみ、歪んだサッカー部室はすでに平坦ではなく、適当に丸めた少年の退屈や、怠慢や、それから少女の無防備や無関心の球体を、ごろごろと転がらせる角度のある床なのだった。  感情の丸めかたはもう知っている、はたしてそれを、ボールのように蹴り出せる技術を、サッカー部は少年や少女に与えるだろうか? 捨てるのではなく、ドリブルのすえに決定的な得点力につなぐために、誰かしらとやりとりすべきボール・コントロール、自分のほかに戻ってくるべき場所はない! しかしなにも、冷めた客観のゆえに彼は駆り立てられるのでない、自負はいつだって目金に背筋を伸ばさせたし、きっと、音無にもそうだろう。軋んでいるドアが、自分たちの世代で壊れないことを、いま、祈りましょう。
 オンブラ・マイ・フ(一之瀬)
 靴を脱ぎすてて裸足の皮膚にこそばゆいのはさえぎられきらなかった木洩れ日たちの無邪気なにぎやかさのほかにはない、丁寧に刈りととのえられてやわらかく、けして短くはない試合時間を疾走しつづける足への負担を最大限まで減らしたフィールドを駆けるのも好きだったが、後輩たちが懇切丁寧に小石のひと粒さえも拾い集めたであろうささやかなグラウンドであったとて、平坦のようにみせかけて癖のあるわずかの凹凸であったとて、場所に左右させられる魔術師ではないので、あった。つまりそれこそがまぎれもなく一之瀬の矜持を危なげなく支え続ける支柱であって、材質なら、長い年月を風雨に晒されたとて朽ちてはゆかないセラミクス、もっとも、思いもかけない方向からの力には、幾分弱いものだけれど。一度では完成されないそれに、かける釉薬の色を、考えるだけでも楽しいものだ。それらはときおり、予期せぬ化学反応を巻き起こすだろう、単純にうつくしい白亜のけものを生み出したり……、飴細工の一角では、さすがに誰も騙せないかしら、過たず悪魔のひと柱、憤怒と嫉妬を、銀の鬣に流している。手綱は乙女のもの、少女のもの、未だ男を知らない処女のもの! かといって、彼女らが真実に純粋かつ無垢であるかといえばその限りでないことを彼は知っており、悲しみにくれずに受け入れることもできるのだった、そうね、木洩れ日にくすぐられて微笑う、わらう。  幾らもなかったはずの夜を、鎮痛剤の切れたためにのたうちまわったことも、また精神の昂ぶりにまるでじっとしていられずに暗闇をみつめたままに明かしたことも記憶には鮮明だったもので、あった、ふるえだしてしまう世界の朝に、ぼくの立っていないことを疑問に思われてならない、削り取られてすこしずつ、たったひとつ、容易く口にしてはならない言葉のために搾取されゆく命についてを、惜しむらくは、ボトルレターに投じた遅延性のSOSのように届いたときにはもう遅いなにものかを見つめる視線のような心持ちであったのに違いないと彼は思う。然るに、ねむたさにこする瞼のおもたさを、それでもいとおしいと思えるかどうかは重要な境目ではあるまいかな? ねているあいだに昨日の明日、なんとも贅沢で、なんとも勿体のないことをしているなんて、少なくとも数年前まで一之瀬一哉は知る由もなかったのだ。くるくるくる、器用に回転させた二梃拳銃、表面は磨き抜かれた真鍮のかがやきで、少年の一之瀬の、あるいは少女の音無の、眸をわずかに証明せしめる。あらゆる好奇心と和平のさなかに、重たく軽く浮かんでいる開拓民の精神を、何と呼ぶべきか、馬小屋のうえに星が輝くのなら真逆の方向へぼく向かうさ、きみまっすぐ向かってくれよ、決闘なら背中合わせ、三歩ののちに振り向いてズドンだ、いいね? いつかそこで落ち合おう。  「一之瀬さんって、いいなあ」  「うん?」  「言われません?」  「何人に言われても意味ないもの」  あいしているよ、あいしているんだよ! ぼくの愛ならそこに置いてきた。それは傍らにしてはるかに遠くだ、けれども、思い出しさえすれば、いつだって休めることのできる最高の庭であって、従順に白亜のけものは頭を垂れるだろう、きみが乙女であるのならだけれども! けだしどこにだって例外は存在するもので、乙女のままで星を輝かすきみのそばで木洩れ日に擽られてわらいつづけるうちに飴細工の一角も、綿菓子の鬣も、おなかのすいたおんなのこのためのおやつになってしまったこと、気づいていて一之瀬は、それでもわらった。熱心だねカウ・ガール、スタンダップ! いつかそこで落ち合おう。  「うらやましくって地団駄踏んじゃう」
フロムジアトランティス(宍戸)
  目についた枝を拾って二度三度となく地面に軽く叩きつけ、強度を確認してからさらに空中で数回振り回した。適度に乾燥したそれならば撓って空を切り裂くだろう、雨の続く倫敦でなくて良かった、行ったこともないけれど、むかしみたアニメーション映画で妖精の粉を振り掛けられた子どもたちがふわふわ待っていた空がそれだということを知っていたし、律儀に時を刻み続ける標準時のグリニッジ、自転はわずかに減速をはじめているらしい。抵抗のない真空とはいえども運動エネルギーは失われてゆくのか、あるいは位置エネルギーへと換算されてゆくのか、保存の法則はいつだって正確ではない。猿が木から落ちる例題にしたって、空気抵抗はないものとする、だなどという註釈はありえないのだし……、そもそも、この猿は如何にして真空中で生息せしめるというのだろうか? まったく解せぬ。  娯楽というものの朝はいつだって遅いもので、ある、それはゲーム・センタであったり、カラオケ・ボックスであったり、ショッピング・モールであったりしたものだが、なにしろそれらは遅く目覚めて夜の更けるまで起きている。それは嫩さのゆえであったかもしれないし、単なる怠慢であったかもわからないが、早起きしたところで得はしても遊ぶことなどできないのだった。たしかに、宍戸には、彼の友人たちには、それこそだだっぴろい空間と丸く弾力のあるボールさえあれば娯楽となりうるのだけれど、顔を洗うにもなかなかに困難な水の冷たさが川面からそっと立ち上ってきたものだから視線を落として、ようやくほどけた靴紐に気が付く次第なのだった。そのまま歩いていて転ぶよりはここで一旦足をとめるのが良い、そういった局面は、これからも何度も彼に訪れようし、振って歩いた枝は細く撓るので杖には使えず、立ち上がるのにつこうとすれば折れてしまうことだろう、かなしいことではあるけれど、その程度だ。いっそそのまま蹲ってみたところで何かが劇的にかわるはずもなく、神出鬼没の体のある音無春奈のような少女が、差し伸べてくれる手の現れるわけでもない。(特に音無春奈に執着のあるではなくて、さいしょに思いついた少女が彼女であるだけなのだが……。)  思うに、失恋なのだった、はつ恋のおわり、しずんでしまった大陸の名まえ、いつかはダイバになって海の底で微笑みをたたえる女神の像に口づけたい。きっと街の、高く張り巡らされた外壁の、門の傍らに女神は立ち、でてゆくものともどってくるもの、それらのすべてを監視したことだろう、守護したことだろう。宍戸佐吉も願わくばでてゆきたかったし、戻ってきたかった、出て行ったら最後、大陸がうしなわれてしまうことも知っていて、なおも出てゆきたかった。女神を模した像こそは沈んでも、崇拝はしずまない、信仰はしずまない。宍戸少年が一方的におもっているだけなのだし、あちらへは幾らも届かない、減速してゆく、減速してゆく、減速してゆく……閏秒を差し挟め! いまだはじまらない娯楽の機器はシャッタの向こうでしずかに沈んでおり、けれども宍戸に発見されるのを待っているわけではないので、あった、全く以て。しかし意外にも枝は折れなかったので、しめしめと下唇を舐めてみた。
 モノクローム・フィロソフィ(秋)
  点線を描くようにしてすすめた針はなみ縫い、むつかしいようなものではないし、さすがに針を使うから目をつむってというわけにはいかないけれど、集中を欠いてなおできることだった、緻密にして繊細な刺繍をこころみるならばこうはいかないだろうけれど。壁掛け飾りの刺繍は、かつて、ひとつの家に代々伝えられた文様であったらしい、嫁入り道具には手ずからうつくしい図案を縫いとるのが当然であったし、そうして、家を離れてもなお、色濃くつがれてゆくものなのだ、つまりはそれが裔ということ。
 これからさきの未来のことを、誰からともなく口にしたので、木野秋はゆっくりと視線だけを億劫に持ち上げて、消耗品である雑巾、かつては汗を拭ったタオルだったそれを、ちくちくと縫う手は止めなかった。聞いているようで聞いていないような、そのくせきちんと、それらに傾けられた秋の意識は、快活な少女の頬のうえでばら色を呈しはじめた冀求のために、その馥郁たるかおりの華やかさのために、いまにも失神してしまいそう、ああ、怖いわ、とても……。
 おんなのこを恐怖せしめるものは、常に同性でなければならなかった、おとこのこたちのために屈服させられたり、願いと別のところに押し込められたり、そんな辱しめを受ける理由はどこにもないはずだ。きっと、春奈もそれを解っていて、だからこそその頬を染めてゆくのだ。きれいだなあ、きれいだなあ、彼女は消費されない、こうして再利用の雑巾に、縫われることもないだろう。秋自身だってそんなものに成り下がるつもりはない。白と黒と、それから明暗、どちらがうつくしくてどちらがみにくいのか、厳密には大きな違いはないけれどね。
 「それはとってもすてきね、春奈ちゃん」
 「秋さんならそう言ってくれると思ってました!」
 うつくしい庭(壁山)
 集中力がとっくに切れていたので4時限目の最後の数分はただひたすらに終業のチャイムが鳴るのを待っている状態だったし、ただじっと座っているだけではつまらない、とさえも思われるではなくて、ひといちばいの立派な体格に恵まれた壁山塀吾郎は、そのぶん維持のためのエネルギーを要するのであって、一言でいえば燃費が悪いのだった。こどものころに読んだ物語のお菓子の家にいまだに憧れを持っているし……、そのくせ魔法使いのおばあさんに出会ったら太らせるのを待たずにすぐに食べられてしまいそうで恐ろしい、たしかに、ほかの同い年の子どもたちにくらべて肉付きのよいことは否定しないけれど。食べること、ねむること、それのみに特化したぼくの幸福があるとすれば、それ以上の不幸はない、思いがけず廻りあった偶然を喜べるくらいには、きっとさみしい、きっとせつない。  もう少しばかり不真面目を気取られたなら、たぶん、立てかけた教科書の陰でこっそり昼食をほおばったり、まるで上の空に遠くの空をみあげたり、出来たのに違いない、あるいは放課後に待っているつらくも楽しい時間へと、こころは、思いは、馳せて爆ぜることも、可能であったに違いない。可能であるということ、できるということ、しかしながら敢えてそれを選択しない行為を高尚だと割り切られるほどには老成も厭世もしていないので、楽しいことがあるのならばそちらへたちまちに興味を惹かれてしまって、子どもだって謗らないでね、言葉の通りの稚さなんて、翳したくて翳すのではない、遮りたくて遮るのでは。やむを得ずという気はしないし何も諦観でなくて、はまる言葉をほかにまだ知らないのだもの。  見上げた教室の前方で壁掛け時計が律儀に法則を撫ぜてゆくのにそろそろじれてきているのだけれども、たとえば時代、たとえば次元、たとえば概念のさまざまを、先人たちは生きてきたし解明したので、ある、リンゴは落ちるじゃないか、現象はたしかに名づくらるるまえから起こりえたろうが、ニュートンの以前には、万有引力なぞというものは存在しなかったのだ……、福沢翁の以前に自由が存在しなかったように! 時計こそが時間を産んだ母胎にほかならず、きっと、きっと。余人が退屈をつくったのだ、多忙と好奇心とが、余暇を持て余させる元凶であることを疑う理由はない。うたぐり・いぶかり・かんぐりに狭くなるばかりの視界いっぱいに少年は壁をこさえる。俄かの革命にさえも打ち砕かせるまい、聳え立つそれはベルリン、東西は分断されて、エンドにまでは届かない、それ即ちディフェンダである。  つと白い手がそとへ何かを招いたさまで動いたので、おやと意識はそちらへ向いた。おぼえのある少女の手のようだ、幾度となく邪な思いを差し挟まずに触れたことさえある、あくまで単純にして健全な、物理的干渉で、ある、きみはともだち、おれのともだち。招いたではなくて何かを窓の外へと放ったらしい手は教師に見咎められるまえにするりと引っ込んで、切り取られたフィルムの一葉のさまで焼き付いた。あと何分だろう、チャイムが鳴ったなら席を立って窓のしたへ駆け寄りたい、なにを折って飛ばしたの、わずかの未来へ壁山少年を召喚せしめる音無春奈のペンタグラム。
  さやかなりやサンタ・ルチーア(鬼道)
 あんまりほがらかに笑うものだからはてこれは貴重なる我が半身そのものであったかしらんと疑りたくもなるおまえの兄貴をゆるして呉れるね、本当の意味でおまえに許されないことなんて、もはやひとつ足りとも残っちゃいないことを重々承知したうえで言うのだから、まったくおまえの兄貴ときたら横暴にも程があると些かばかり腹を立てたふりをしてはみても何を隠そうそれは自分自身でしかないので、あらゆる意味で自作自演の滑稽劇でしかない鬼道有人なのだった。しかし、だからといって、自分に甘いわけではないのだ、他人にもけしてその猛攻の鋭さ、ぎらりひらめく視線の尾をひくマジェンダを緩めるつもりがないのと同様に、おれにとっては鬼道有人さえも厳密に支配され統治され君臨されうる地平のひとつで、あって、絶対権力は王政かしら、足元すくわれるレジスタンス、おれだって単純に言うことばかり聞いているマリオネットに終る気はまったくないので、あった、何しろ反乱とは、反旗とは、おこるべくしておこるのだし、斜陽とは、時代の終り、あたらしい靴音をきいたまどろみのなかでしがみつくべきものではない。駆けるそばから崩れてゆく石の橋なら、建材は日干しレンガ、適正な濃度にとろかした泥を、型にはめておいておくだけで忽ちに出来上がるものだった。むずかしいのはむしろ、型をつくるほうなのだ、絶妙なアーチの水道橋は、薄く伸ばしたセメントだけでレンガを積み上げただなどと思われないほどの造型で、ある、さらにはその下を頻りにゴンドリエが行き来さえするので! 彼らのテノールによって伸びやかに歌い上げられるカンツォーネの一群を眼窩に押し込めながら、そのくせ抜け落ちた乳歯のように屋根のうえへぞんざいに放り投げるような感覚をいまだに持っている、持て余している! 通過してゆく声はあやし、ジェラートを器用に舐めた妹の、春奈の、ほほえみはあやかし。  「いつかは沈むの」  「剣も、鏡も、勾玉もよ!」  「海のそこにも御殿は御座いますよ……」  言いながら選んだ真っ赤なオレンジのシャーベットを舐めている妹の舌のほうが幾分赤いように思われるので、遠くできっと沈む夕陽に、内心で舌を出す、まさか彼女とここを歩くことになろうとは思いもしなかったけれど、しかし予想しなかったではない、あまねく選択肢には同じだけの存在権限があり、盲目のままで手探りに見つけなければならないのだけがツライところではあるものの、ゴーグルはなにも遮光板ではないから、鬼道有人のマジェンダにはそれらの軌跡がまるで巻き戻すかのように見えている。帰依すべき終着を定め、そちらの方向を見定めさえすれば、ゴールから逆算して戻ってくるさえも困難ではないのだろう。それも、ひとつの慣性、ひとつの学習の賜物であることを、否定はできかねる。ずいぶん日差しが強いのに涼しい顔の妹はやはりほがらかにわらっているが、むろん、おれをゆるしてくれるだろうね、半神よ!
ロオゼン・シュタイン(松野)  うそを貫き通すだけでは如何に自分という少年が彼女や彼女の眸や彼女のあらかじめうしなわれたままの純潔・忠誠心・それから隷属に対して誠実かつ自己犠牲的に取り組んでいるのかを対外的に顕すどころか自分自身さえ納得させられそうになかったので、まあ、説得力なるものが一体どれだけの発言力とキャパシティとを存在に付与されたものであるのかは議論すべきところではあるが、しかたがなく、しぶしぶ、やむなく、幾分ばかりか分かりやすい方法論をそのくせ悩んでいる猶予などあろうはずもないから、一瞬にして構築しなければならないのだった、難しいことを誰の助けも借りずに考えるにはもはや明らかに環境が醜悪すぎる、すべてを環境に由来するとは思われないけれど、とかんがえるぼく、松野空介である。誠実さ、真摯さ、まぶしさには、しばしば目が眩むけれども背けることなしに見つめるだけの図々しさとふてぶてしさを、兼ね備えるためには若干、些か、斜にかまえすぎてしまったような心持ち、その程度の自己愛くらい持ち合わせたって良いのでは、たとえばこんな話はどうだろうか?  「むかしむかしあるところに」  「お話なんかなくたって眠れますけど、わたし」  「黙ってきいてよ」  「面白くなかったらいつまでも寝ないですから」  「アラビアン・ナイトみたいだね」  「すてきだけどマックスさんは産めないでしょ」  「シェヘラザードって子どもいるんだ……」  「さんにん居ますよお」  なにそれ千夜一夜のあいだほぼずっと妊娠してるってことになるんじゃないの、この場合憤るべきなのは物語に耳を傾けるに夢中になりすぎた国王の盲目さ、で、あろうか、女のひとのからだのことはまだよく知らないけれどさ、戯れにしていい話ではなかったかしら。男にとっての女性なるもの、母性なるもの、それらがあまねく連ねられているのが肉欲的愛であるとは考えられない、考えたくない、ぼくAセクじゃないけれど。うつくしい庭園には張り巡らされた水路で常に潤っていたもので、ある、季節を問わず狂い咲く大輪の花々、おもたくて頭を垂れるそうびの絢爛、ばらの瀟洒、クビをはねるがごとくに散らしてしまいたい、処刑は簡単なのだ、命じるだけで済むんだもの! そうして跳ねた大輪たちを、おもうさまベッドにしきつめたならこころは穏やかでいられるだろうか? まさかそんなはずもない。きみもいつかは愛されるのね、ゆくすえは湯船かしら洗い立てのリネンかしらん、どちらも淫らでないことを、おれは誓うよ、ぼくは祈るさ、樟脳、ジャスミン、経血のかおりを焚きしめ、腐った林檎を燃やすのだ。精霊よ、月よりの使者よ、嘘偽りでおまえを騙して捕らえてみせようじゃあ、ないか。小瓶のなかできみはジン。度数の強いスピリタスのことではないよ。
 折らばや折らむ(半田)
 なんのことはない、帰路の途中で毎日そのちいさなビデオショップのまえを通るので、あたかもいっぱしの映画通のような気持ちになっているだけであって実際に見ている数なんて高がしれたもの、況してや映画館のあの独特のせまさ、くらさ、待っている埃が照らされて見える映写機のあれこれ、すべてはあまりなじみのないものだった。物語の数時間をじっとしていられるような性格ではありえなかったし、どこか遠い世界のことを、誰だかしらないひとの言葉を、心を、感情の奔流を、すべて受け止めるにはいささか自己を持て余しすぎていた、というのが現状である。つまり、ありていに言ってしまえば、他人を拒絶していることになるのだけれども、かといって罪悪感はないのだった。最初は規定の人数にさえも満たなかったメンバが、いつから集まらなくなったのか、いつからまっとうに練習できる人数がそろわなくなったのか覚えていないけれど、声をかけて彼らを烏合の衆からチームへ作り上げたのは間違いなく円堂守そのひとであったし、彼の背後に得点なぞ、ながいことなかったのである。なぜって公式に試合をしたことがなかったのだもの。からだをちぢこめた老爺がビデオショップのカウンタであるいはうたた寝しているらしいこと、防犯もなにもないような立てつけの悪い引き戸は、冬になればわずかならぬ隙間風で、埃に埋もれてゆく物語たちを凍えさせたろう。  ひとつくらいは興味をひかれるものがあるかもしれない、と思わないでもないが、通りすがるだけで足を止めようと思われないのはたぶん、無意識に老爺を恐れたからとか、学校帰りの寄り道を見咎められたくなかったとかではなく、もっととても単純でハード面の問題であろう、VHSの再生機器なんて、いまどきどこでも見かけない。淘汰された古いアーカイブスなので、ある、少年や、少女、彼らの生きているうちに擦り切れてしまうような、劣化してゆくばかりの記録媒体。長くのこるものがすばらしいとは思われないけれども。  臆病なのかもしれない、と、半田は自分を恥じなかった。そのくせ傲慢になりきることもできない小心で、くりかえしくりかえし、祈りのように同じ道を通った。ときには色褪せたふるいポスタが貼りかえられているのを横目にゆきすぎたり、しかし、貼りかえられてもなお、日に焼けて色褪せた古いポスタなので、あった。店主の気分で貼りかえているのだろう、彼は、半田の数倍も生きてきて、彼の気に入った物語を幾つももっているのだ、いつか焼き切れて音と映像とが分断されてしまうそれらを、巡回しながら暮らしている……。  「たとえばの話ですけど」  「うわあ」  いつの間にやらそこにいたらしい音無春奈に飛び退る過剰反応を示してしまって、なにも見透かされたこころを驚いたではないのだった、あまり自覚はないのだけれども、半田少年のわかりやすさ、誠実さ、正直さに関してを、苦笑交じりに語る友人は少なからずいたものであるし、なにしろ相手は音無春奈、息をひそめても気配のみで騒がしいはずの少女は、やろうと思えば体重すらも断ち切ることができるのではないかと思わせるところがあるのだった。自分の質量をしばし忘れてジャンプ、アーケードの格闘ゲームのキャラクタなら、連打で二段ジャンプくらいできるでしょう。それからくるりと一回転、振り落した踵の一撃はムーンサルト。コルセットは巻きたくないので、脳天と脊椎だけは狙わないでほしいなあ。音無は頭のうえへ載せていた眼鏡をゆっくりと掛け直した。あまりかけているところをみないので、彼女の視力はあまり悪くはないのだろうと勝手に思っているが、真実は知らない。  「単なるプラスチックの箱じゃないわけです、これは」  「おれにとっては単なる箱だよ」  色褪せたパッケージを指差した音無の爪がわずかな光沢でもって光っているので、トップコートだけを撫でていることをいまさら察するくらいには半田は遅れている。音無がはやすぎるのかもしれないし……、磁気式でなくて光学式だね、半永久的にのこってゆくだれかの意思に見せかけて、除光液のシンナで溶けてしまうそれ。気にならないではないけれども、だって、もう、どこに行ったってVHSなんて再生できないんだもの、仕方がないじゃない、サビのワン・フレーズだけ覚えている、ふるいふるいアニメの主題歌みたいなものだと思うよ。心くらいしかあてになるものはないけれど、思い出せなくったってべつだんかまわない。  「半田さんって夢がなーい」  ええ、まあ、おっしゃるとおりです。だけどきみだって、夢見がちなばっかりの、魔法少女じゃないでしょう、はやく大人になりたい。
 亡霊クァルテット(影野)
 しかたがないんだよ、もうどうしようもなくどうしようもない。ほのかに微笑んだふりとか、怒ったふりとか、泣いているふりとか、それらのすべてを吐息の木綿に織り交ぜていく技術くらいは伝授してくれたって良くはないかい、悪くはないだろ? ふわふわ舞わない綿花を片端から摘み取っては引きずり出して糸を紡ぐの、あくまで植物に由来する繊維はどこまで行っても細まり続けるのだ、繊維の1本の数ミクロンにいたるまで。あきらめのためではなくて……口癖のように繰り返すどうしようもないを、聞き咎める耳がないことに何一つ疑問はない、なぜってろくに言葉にしてこなかったし、積極的な言葉を投げかけるべき親わしさは、いままでにもいまにもうまればしないので。だいいち、少年であるためにのみ特化して暮らしてゆくならば、必ずしも連続した時間のうえへ身を投げ出さなくたって構いやしないのだと学んだのはそう遠い日のことではないし、学んだからには実行したいじゃないか、図書館に行けばきっとダイナマイトの作り方だって調べられるじゃない……おれが調べない理由はきみ判るね。  絹はいけない、と音を立てて引き解かれたスカーフの翻る影を見つめながら思うくらいには博愛主義、養蚕のさまをみたではないけれども一日のほとんどをろくな衛生・栄養状況にもなく働かされた少女たちの女工哀史、茹でられて断末魔の蚕がどれだけの毒を吐いたのか、どれだけ蝕まれそこなわれたのか、彼女らの健全さや清潔さえも! おもうに切ない、おもうにかなしい……、今となっては改善されたであろうけれども、未だに繭をほぐすたびにひとつの蚕が、成虫にならず、蛾の姿になることもなく食い荒らした桑の葉のぎざぎざの辺縁を思い出すこともなしに死んでゆくのだ、絹はいけない。もうどうしようもない。  ふしぎに重たくはみえない藍染の髪を撫でつけた所作があんまりにも自然であったので、あるいはこれが超自然とでもいうべきジャンルかしら、徒然と考えて影野は吐息の感情表現のうちでただひとつ会得された微笑みを、ここぞとばかりに使ってみた。それらの表現はいつしか横目に盗んだテクニックなのだった、絶対客観でなくてはならない、彼は仲間であったけれども、チームメイトであったけれども、鳥の目線ももたれなくとも、客観であったろう。それらの客観はフィールドのみならず見守るベンチにまでも暖かく濯がれるものでなければならなかった。それはたとえば木野秋であったり雷門夏未であったりしたけれども……。茹でられているからって、幾ら肌触りのよい糸を紡ぐからって、蚕の蛹は食いものじゃないし、ましてや並ぶフル・コースじゃない。疲労に前後を喪失したって、何時間も働き続けて外は真夜中だって、きみは哀史を伴うなかれ、じわり滲む、溶けるあい染め。
 マジェンカは娘さん(栗松)
 特別教室棟と校舎との接続をになっている渡り廊下は半分を吹きさらしにしていて、また建てられてからずいぶんと年月の立っていることも重なってなのか沈下した地盤のために、雨のあとには浸水されてとてもではないけれど歩きたいような様相を呈さなかったもので、ある、一層をうすい泥で覆われて……、飛び越えるにしたって広すぎるし、ましてや少女たちのあの短いスカートでは、そんな距離を飛ぶことはほぼ不可能であろう、と栗松は考えた。スカートが翻るというそれだけではなくて、彼女たちにとって、迂回することもできないが、思い切るにはあまりに広すぎる海なのだった、滑って転んだりすれば大惨事になることは目に見えているのだし。誰だって泥まみれにはなりたくない、それは、栗松とてもおなじことである。教科書の数冊と、可愛らしいペンポーチを小脇に抱えてむこうからやってきた音無春奈は、雨の振るまえに向こうへ渡ったのだろう、いまでは完全に隔離されてしまった、すこし怖いけれど鰐が浮かんでくれたらいいのに……きっと、彼女なら、食らわれることもなく、狡猾に彼らを騙して渡ってこられるような確信が、ある、それでも音無春奈は恨まれたりしないので、あって、それが彼女のどうしようもなく魔的な部分であろう。少女とは、悪魔とは、魔女とは、おしなべて横顔をさらしているものだ、月の表面に見出された女神とて、まだ見ぬ外国のコインの銀色の表面とて、横顔を刻んでいる。けして目をそらされるというではないけれども、なぜだろう? 彼女は、たくさんの友人もあって、廊下ですれ違ったなら必ず大きな声で挨拶をかわす人懐こさを持っているのに、ふしぎと横顔の神聖を保っているのだった。  「栗松くん、いいところに」  言って彼女がにやりと笑ったので、ああもうそんな品のない笑いかたしたのバレたらきっと彼女の兄が目くじらをたてて怒るだろうに、だいいち、もっとも、その兄の思うのは自由だけれども、制限を設けていけば音無春奈が可及的に、かつ不可逆的に失われてゆくことには間違いがないのだし、唇の端だけを持ち上げるその笑みがどれだけ兄に酷似しているのかなんて恐ろしくってとてもではないけれど指摘できそうにはないくらい、小心者で構わないと思えてしまうのだった。そもそもかつてと言えるほどには過去の話になりきらないのだ、あの鬼道が、彼らにとっての脅威であった日々は。手招きされて泥によって遮断されたこちらの岸のギリギリまでいった辺りで、当然のように彼女の放り投げた手荷物類をどうにかしてキャッチした、ああもう、おれ、ゴールキーパじゃないのに!  「ナイスキャッチ! あと、離れてて!」  言いながらかけ戻った彼女の意図はすぐに読み取られて、イヤ、確かに彼女の後ろにも栗松のうしろにも、数人の気心しれた同級生しか居ないけれども、こんなところで披露するものじゃないでしょう、言ってもきかないであろうことは、分かりきっているけれど。そのまま数メートルを助走、運動神経は悪くない、むしろ、下手な男子よりもよほど良い彼女の思い切った跳躍、きもちばかりに建てられた柱と壁を蹴りこんで、ボールこそないけれどそれはドリブルのテクニックである。余計なことを彼女へ吹き込んだどこぞの先輩に、あとで文句を言いに行こうかなあ。教えられなくたって盗むような気もするけれど。そのまま綺麗に泥をよけてこちらへ到達する音無春奈。それ結構むずかしい技なんだけど。  「わーい成功!」   「ナイスドリブルでヤンス……」  「あっ分かった?」  「疾風ダッシュでしょ」  そうだよ! いって天真爛漫に微笑んだ彼女に預かった教科書を返しながら栗松はため息をついて、一瞬でわきかえる同級生たちからそそくさと逃げ出したかった。放課後を待たずに先輩に断固抗議しにいこうかしら……。
 サイレン・ペーパトリップス(吹雪)
 いつしか微笑みのタイム・セールを見極められるようになりつつある自分を自覚して否応なしに拗ねたこころをいったい何のために癒せというのだろう、自分の内心にため息をはきかけたって曇りはしないのだし、けだし、吐息よりも濃密にちがいないひといきれの満ちた息苦しさにいつだって窒息しかけているような錯覚がいつだってつきまとったものであった。あたかも意識をうしなうかのさまで奈落するねむりの深さ浅さを、ひとことであらわすことは難しかろうに、こらえがたいほどの眠たさと、まばたきの一瞬に飛び越える数十分ときには数時間にもおよぶそれのあいだを、間違いなく吹雪士郎は死んでいるのに違いなかった。そうして目覚めるたびに自らを窒息せしめるためだけに巻かれたマフのやわらかな起毛を撫でて確かめざるを得ないので、あった。  しかたがないのだ、いのちは有限であって、同じだけ時間とは、人生とは短くなければならない。つまるところ吹雪にとって投げ売りできるものは、残量の決まっているものではなく、値段のつかないもの、言い値でやりとりされる物々交換の原始的なしなものでしかないので、あった、ほんとうの意味での目利きなぞ存在しなかったし吹雪にとってだって替えのきくものにすぎないのだから買いたたかれたってため息まじりに肩を竦めることがきっと出来る、出来なければなるまい! 本来ならばまったく貨幣的価値をもたない鍍金を、あたかもホンモノのように偽ってみせている手のひらの全財産。これっぽっちで腹は膨れないじゃないかい? 飢餓についてをゆるやかにこころみる思考回路が著しい血糖値の低下に悲鳴をあげている……。ちかいうちに強制的のシャット・ダウン、呼吸をとめてしまいたいのね。これもすべては守るため、いったいなにを? 吹雪は疑い、信じ、愛しながらにして踏みにじるだけの矛盾をいつしか抱えている。  「とってもきれいな字、吹雪さん」  「そうかな」  「ええ」  「ありがと」  ながれてゆく情報たちのめまぐるしさ、そのくせほのかの魚群、しろいだけの堆積のうえへそれは青臭い死をおもうさま投げ出しながら通過してゆくのだ、きざはしはのぼる、天など約束されなくとも! 女みたいな不確かさ、新も旧も、吹雪士郎を窒息せしめる目にはみえないシーオーツー。彼女は呼吸し、おなじく微笑みはタイム・セール、合成されゆくひといきれの生まれたての薄さで、ホンモノのふりをしている少女なのだ! はて名前はなんといったかな友人の末摘花、その瞬間にもぼくは鼓動をやめている。
クーロンで再会しましょう(少林寺)
  きめられたコースを巡回しながら今日も一日の安全を祈願していたものだし危険には晒されたくないだろう、誰もね、痛いのは迚もではないけれど嫌いだ、後々の痛みを取り除くそのためだけに試みられる浸潤麻酔のそれさえも激痛を伴うのに、奏功を待つあいだの数分のあいだに尻尾を巻いて逃げ出してしまいたいとさえ思うくらいには卑怯だ、最後の最後まで決める覚悟も決まらない。だって仕方がないじゃないか、まだまだ青くさい子どもなのだし、祖先が大陸から渡ってきたというそのあかしの蒙古斑が、あるいは虐待によるものではあるまいかと疑られたのは一昔前の話。成長のさなかにいつしか消えた、内出血のあとのようには醜くないはず、押されたって痛みもない。それは指標になるだろう、裸足でふむお百度のあいだにやわかった足蹄の皮膚も分厚くなるだろうから、ぬるま湯にひたして軽石で削り取らなくっちゃならなくなる。  やわく傷つきやすい部分、夜半に息をなくすガラス吹きたち工場工たちのひどく繊細な緻密さと密集して情報のひとかけを拾うさえ困難ではと思わせる裏通りの喧騒そのものにも、少女の消息ひとつさえも定かではない! あんまり息がし難いものだからあるいは拒絶されているのに違いないやと抜け出した病室の窓は3階、とおくにも近くにも感じない。せめて高台に建てられていたのなら視界はひらけたうてな、居心地の良い病室なぞ、大いなる矛盾をしかはらまなかったものだが……。きめられたコースを巡回しながら今日も一日の安全と平穏を祈念しているのだった、なにかがひとつ付与されているなんて気のせいじゃあないかな、問題にすべき部分じゃあないだろう。  「少林寺くん!」  ぱたぱたと足音をかるく跳ねさせて駆けてきた少女は、ともだち、土手を転げるようにして遊んでいたけれど、きらきら光る川面のさきをたどってゆけばいつかは辿りつく海辺のあることの証拠を、よく動く眸で探しあぐねているようにも思われた。流れるものは祈っている、願っている、念じている、繰り返し重ねてゆくたびにわずかにつぶれて歪んでいくこと知っていたよ。願いごとには質量がないだなんて、いったい誰が証明したというのだろう? あんまりにも軽い気持ちで呼ぶことは出来そうにない、それだけのリスクを、いつだって抱えてこそ、はじめて願うことができるのだと思う。簡単なことではないはず、道は入り組んでいるし、案内はどこにもない、なぜって招かれざる客であるからね……。螺旋階段を延々と降ってゆくばかりの道程におそろしくなったなら引き返せば良いが、既に塔に棲む人びとは少年が無謀にも降りてきたことを悟っていて、そこかしこの物陰からそっと窺っているのだ、彼が魔除けに犬を連れてこなかったなら、あやまたず頭からばりばりと食われていたのに違いない! 昔話にあるとおり、四足のけものはすべて、魔なるものにとっては脅威なのだとしたら、この手のひらをそっと付いて、滑稽ではあるけれど四足のさまで疾走してみようかしらん、誰かに飼い慣らされたいきものなら憐憫に値するとは、とてもではないが思われない。  「戻ってきてたんだね」  「ほんのちょっとだけですけどね」  もうすこしでお百度が終わるんだ、同じところを繰り返し歩くこと、その領域を明確にさだめること、それは、願いを積み重ねる以上にひとつの円環をつくることにほかならなかった。禁忌を冒す勇気を持ちたかった、そのくせ誰かに見とがめられて、少年の魔術が不可侵に終わるのを、肩を落として見届けたかった。舌のうえにまで登ってきていた悪魔の名前を呼ばずにすんだことを彼女に感謝すべきだろうか、あるいは、呼ばれなくとも、少林寺歩は、この悪魔を召喚せしめたのか、赤いフレームのメガネをそっと直した彼女の名を音無春奈というのだったが、呼ぶのに躊躇ってしまうのは、契約の成立をどこか、おそれているからかも判らない。さあ、両手を地につけよう、あるいはきみこそがぼくとその前足を共有するいきものというのならば、破滅もやむなし、である。
ロイヤルズ・リ・エスケープ(綱海)
 靴を履くにももどかしく駆け下りたきざはしの数段は実測コンマ5メータにも満たない高さでしかなく、たぶん生真面目に一段を追いかける必要など、どこにもなかったので、あろう。すこしばかりの思いきりとスカートを翻す大胆さとで、飛び下りてしまえるだけの水平的・垂直的距離であることを目測したものであった、すべからく必要に駆られて行われる行動は一瞥して無駄の含まれないように思われはすれども、じつのところでは一切合切の余地をゆるせない緊迫感と追い詰められた背水の危機感とに肝も腸もいまでは冷え切ってしまったもので、ある、あまりにプアーだ、さすれば、一日分のパンを得られるとでも? 日がな一日を齷齪とはたらいてしなびて堅いだけのパンのひときれのみを得られるのだなんて、あまりに貧困、あまりにも! 贅沢気取りではないし、豪奢であること、瀟洒であるもの、絢爛であるすべを、あまねく訳知り顔で受け止める技量の大きさはまだないし、そのうちには得られるであろう懐の深さではあろうけれど、郷愁なるものとの間になんの違いがあろうや? つまり、たましいの心臓、こころの基軸、目を閉じて飛び込むダイヴ、開けていたって碌々みえやしないのだけど、向う見ずなら開けたままの強気で飛び込んでみても構わない。揉まれて天地はすでに失われ、きざはしを昇ったのか降りたのか、もはや定かでないのだった……。  「いけないんだあ、綱海さん」  「お説教はやめようぜ音無ィ」  「いっけないんだあ!」  着飾らなくったって、いいんだ、それはきみがきみであるだけで美しいからとか、少女であることに装飾が必要ないから、でもなく、招かれないからでもない。とりどりの宝石を身に付けた貴婦人たちは、しばしば自らの正体をきらびやかな仮面の後ろへ隠してマスカレィドを楽しんだものだし、過半数はたしかに人間であろうけれども、仮装行列のうちにひとつやふたつ、ほんものの紛れ込んだって、誰にも見分けはつかないのだ、カウンタをおして数えているわけでもないし、くるくるくるくる会議は踊る。まるでダンスのひとつも知らないように見せかけて、たったひとりの男の手さえもとらずに踊られるきみには想像もつかないことだろう。  「音無も共犯になってくれよー」  「うん、いいですよ」  何も考えていないはずもないのに二つ返事のかわいい後輩、かわいい少女、おんなのこ。とてもではないけれども、彼女に貧困なぞ似合いはするまい、たとえ喘いだとして、飛び込んださきで翻弄されたとして、きみはなにひとつとしてうしなわれず、損なわれることもないだろう。それが乃ち音無春奈であって、彼女にさずけられた祝福の名前であって、ロイヤリティにしてマジェスティ、ドレスの裾は飛び降りる数段のうちにも翻らないし、はしたない真似をすすんで行うような、春奈ではないはず。微笑みと、貴族たる精神と、舌触りのよい甘い言葉、焼きたてのマカロン、サックリしているからって悪魔的でないだなんて、誰が言ったというのだろう? すくなくともおれには判るしまったく以って判らないよ、一瞥で惑わせて帰りには手のひらにあふれんばかりの貴金属を握り締めて逃げ出してしまいたい。貧困でないからって、盗まない理由はないだろ。
 ふたり海の底(土門)
 蕩かすつもりもないならば絆されてやる理由もないのだ、だなんて硬派を気取ってみたところでいつしか微笑みに頬を弛めている、言葉は真っ白で真っ更に、いまでは塗りつぶされている。自分の役割を必死になって探したり、便利な種々の交通手段のうちで土門飛鳥の範疇を軽々と越えてゆくものは飛行機のジェット・エンジンを筆頭にして幾つもあったが、それらはすでに先人の、少年の彼に先んじて生きた暮らしたなにものかによって開拓された路線を辿るほかには進みようのないまったくもって遮蔽されきったルート、そのくせなぞるにさえライセンスを要求されるというのだからたまったものではない。  規律を引き裂いて真っ二つ、破戒のかぎりを尽くしたとしても、自分という生き物、従うべき指標のけだもの、それらの本然には何らの影響も及ぼされうるものではないと知ってしまったので、少しばかり唇を突き出して、納得していない体を装うほかにないので、あった、けだし路程というものは、広くもなければ狭くもない、出口へむけて狭窄しても、筒状の構造物であって密閉されないことには常に汚染されていたもので、あった。なにしろうつくしい肉塊、ひきちぎられてミンチになるにははやすぎるし、おそらくは適当に脂肪のついて肥えたほうが、味としてはゆたかで、あろう、すべからくひとを死に至らしめるに関連してくるものたちは、それらへの残り時間を加速させうるものたちは、甘美にしてこのうえない美味である、あらねばならぬ。さもなくば誘いにはなるまい、滅亡へむけてゆっくりと、やんわりと加速してゆくことを、知っていても留められないのは……、なによりもそれらの手招きが、心地よいからに違いない。もたらされる恍惚はひととき、習慣的、依存的に触れ続けなければならなくなるまえに、断ち切らなければならないと知ってはいるが。  大水槽の中を一直線に貫いて上ってゆくエスカレータの中央で立ち止まってしまいたいのだった、もっとも、それは自動でうごくものであるから、中央で、海の底で、浮いてゆくのか沈んでゆくのかもさだかではない空気のなかで(本来ならその密度と質量の関係から気泡のすべては浮かんでゆくべきであるし、水中をいつまでもひとつきりで回遊はできかねる、もっとも暗い、もっとも深い海溝の奥からではどちらが水面であるのかも判断つかないものではあろうが)、わずかにのこった酸素をできうる限り浪費しないよう細心の注意を払いながら見上げている天上を、マンタが横切って光をすらも遮った。海のそこで暮らすなら、そうね、マンタをそっとつかまえて、その尾をつかんで傘にしてしまおう、降り注ぐ光の雨は眩しいし、外灯ならアンコウが担当してくれるだろう、ホオズキのぼんぼりをなんの気はなしに手折るように、手のひらのなかでそっと転がしておきたい。根本的にやさしすぎるんですよ、と、後輩の音無春奈に口笛を吹かれたので(実際のところ、彼女は口笛なぞまったく吹けないので、唇だけを尖らせてそれらしい音を声で出しているだけなのだったが)、土門はおきまりのポーズ、肩を竦めるほかにないのだった。
クァッド・トゥ・ループ(アフロディ)
  華やかなりやカルメン、おまえはおそらくはじめから、誰のものにもならない女、そもそも女というものが、家にあるもの、部屋にあるもの、夕餉を炊いて待ちわびるものである、とする前提条件があるとすれば、カルメンはすでに女でさえもなかったものである。しかしながら彼女のもちえた肉体的、精神的な華やかさは単純に手折られた大輪の薔薇のそれでも、寝台に敷き詰められたとりどりの宝石のそれでもなく、みずみずしさ、小姓として仕えた少年たちがひとつひとつ手ずから朝の庭へ降りてはあつめた朝露のきよらかな滴であったろう。その一滴でさえも飢えている、乾されている! なにもオアシスを目指すキャラバンの一行ではなく、駱駝のその背に揺られることもなく、口のなかへ思うさまに侵入してくる砂たちや、燦々と降注ぐ陽光の鋭さから体を守ろうとマントを羽織るでもないくせに、舌だけをだらしなく突き出しているコヨーテの夜、あさましいね、みにくいね、かといって、それらの生命のすべてを否定できるほどに高尚ないきものでいられる保証はどこにもない。いつだって彼は少年のままだったし、屋根のない場所で眠るからといって、定住するための家を持たないからといって、年中羊を追って暮らすからといって、全財産を装飾品に変えて常に身につけるからといってカルメン、おまえが下卑た売女だなどとは謗られまい。もっとも、カーネリアンの眸を煌々と輝かせた少年はみずからをアフロディと呼ばせたし、また、磨かれた石の価値がわからないほどに愚かではない。力とは、支配とは、征服とは、君臨とは? 何ゆえに、何を根拠に立ちいでてくるものなのか、疑問を生じるならば訊ねたまえ、答えうるかぎりでこたえよう。回答者であることと指針を指し占めす羅針盤のひとつの部品、ひとつの歯車でありつづけることは、アフロディにとって当然のことであった。  有り体に言ってしまえば彼女とは祖国を追われた人々の末裔であったのだ、アフロディはしばしばそう考え、そのたびに、彼女とその一族の辿ってきた道のりについてと、これから辿られるであろう末路に思いを馳せる。いまはまだ未文化の少女にすぎない音無春奈が、豊満な肉体と、ゆるく巻いた髪からの異国の果実の香りをまき散らしながらステップを踏むカルメンへ成長するのにはいささかの時間も必要ではなかった、それは、またたきの間の未来であって、まぼろし、まどろみ、まどわい、かすかな差異でさえも刹那に昏倒と失神に昇華する原子! それらはおしなべて少女である。彼女へ言い寄る男たちの、無理難題を要求されてすごすごとひきかえしてゆくさまは、いっそ愉快でさえもあったので、できうるならば傍観者を気取っていたいところだけれども、そんな自由はゆるさないのね、それが、彼女の、カルメンたる素質であろう。投げたのね、カシアの花を……、橄欖石の眸は野生の、オオカミそのもの! コヨーテのような痩せぎすではありえない。けれどもアフロディはホセではないので、お前の投げた花を拾いはするまい、後生大事にポケットへ、忍ばせておくことも、するまい。
 エチュード(瞳子)
  こちらを窺っている気付かれていないつもりの眸の視線ならば、あの子どもたちで随分慣らされてしまったので吉良瞳子にとっては何の苦にもならずに許容できるものだった、彼らは、常に、愛情なるものの気配に敏感であったし、飢えていた、すでに彼らのなかのグルコースは使い果たされて脂質代謝がはじまっていたものである、筋のミオグロビンでさえも、最終的には破壊されかねない。何もかもを投げ出して、と、言葉にするのは簡単なようでいてその実むつかしくなってしまったのはほかならぬ瞳子が彼らと同じ目玉を持ち合わせなかったため、年齢を重ねて大人になったからではなく、はじめから瞳子にはそれらの時代を通過してきた過去なぞなかったように錯覚している。きっと嘘はつけない、子どもたちの純粋さを裏切るのがこわいのではなく、すでに瞳子は彼らをありとあらゆる理由と都合のために欺いており、あと少しだけでも横顔を晒したなら見破られてしまうのでは、と危惧していた。誰だって正体を知られたくはない、ましてやそれが、真実の素直さやうつくしさ、踵をけずったり拇趾をきりおとしたりせずともガラスの靴に入るだけのかわいらしい足であったならば兎も角、狡猾な狐のさまの細い目だなんて! 瞳子はまだ嫩くうつくしいものの擬態を続けなければならなかった。それこそもルーチンで熟せるけれども。  しとしとと叩く雨は、瞳子のみどりの黒髪のみならずあとを追いかけてきていた音無春奈のよあけの群青までもを濡らしたらしい、ついには耐えかねて短い悲鳴をこぼした彼女を何としても雨宿りさせねばなるまいと思ったではなく、たしかに監督である以上はあずかった選手たちの安全と成長を見守りときには叱咤激励せねばならぬ義務があれども、その範疇にこの少女を含めるべきかをいささか考えあぐねている瞳子なのだった。それは、彼女の兄によって隠蔽されているようだ、あるいは、彼女自身にさえも気づかれてはいない黄金の林檎なのだろう……、捥ぎ取るのは、吉良瞳子に託された使命ではないはず。  無情にも閉館中の札がぶら下げられている図書館のまえで、気持ちばかりの屋根の下へ身体をすべり込ませると、尾行してきたであろう春奈の動向をしずかに窺う瞳子である。いったいどこで身につけたものやら知らないけれども、たとえば吉良瞳子、たとえば財前塔子、直接に尋ねたことこそないけれども、たぶん、あの子にだって身に覚えがあるはず、悪意を持った視線に追い回されること、そうでなくとも好奇心にあふれた、憧憬と羨望と嫉妬と私淑とのないまぜになった視線にさらされ続けることに慣れてしまって、おり、それらはもはや呼吸とともに吸い込んだところで肺に突き刺さりもしないの。厄介な父親を持って生まれたものだわ、と嘯いてはみるけれど、あくまでシニシズムの真似事にすぎないことも痛いほどによくわかっている。また、それらをあらかじめうしなった子どもたちが、どれだけ飢えているのかも知っている。彼らを可哀そうだと思えば良かったのだろうか? 苦笑に肩を竦めて、まえから気づいていたのよ、吐息にやんわりと混ぜた呆れに、身体を冷やしきるまえに追跡をあきらめた音無春奈は寄ってきて瞳子の隣でひとときの雨宿りをともにするのだった。せめて雨のやむまでは休戦しましょうね、そのあとは幾らだって、相手になってあげられるわ。
霧雨の国境戦線(冬花)
 うそよ、たぶん唇は断言したかったのだろう、開きかけて、言葉のかわりに一度、ゆっくりと息を吸い込んだだけだった。なぜって断言するために吸い込んだ息は、あやうく窒息しかけていた肺を潤すのに使い果されてしまったのだし、絶対的な残気量、吸い込んだすべてを吐き出されるはずもない。もしもいちどだってこの肺臓のなかの吐息とことばを吐き出しきってしまったのなら忽ちに内腔は陰圧、大気圧の1気圧にさえも耐えられずに押しつぶされてしまうであろうことは自明で、あって、生きながらにして潰される苦痛については想像を絶するだろう。じわりじわりと大気を蓄えられなくなってゆく肺胞の悲鳴を、おまえは聞いたろうか? 否、よもや聞こえていたというのならば、はじめから、それらへ救いの手を差し伸べてやったろうに……、ゆるやかに死んでゆくのを見過ごしたのなら、気づいていなかったか、あるいは知っていてやんわりと通過させたのだ、看過させたのだ、そうして見殺しにしてしまったの! それらの罪悪感を、二度か三度かくりかえすだけの吐息で忘れられてしまうような錯覚を、しばしば抱かれる少女なのだった、少女にすぎないのだった! もっとも少女であること、自らを少女足らしめるに必要な条件はすでに揃っていたのだったが。  遠くで雨の音がしているので久遠冬花はすこしだけ首を傾げた。当然、雨のために首を傾げたのではない。では、一体なにものであろうか、彼女に首をかしげさせたのは? 何しろ久遠冬花の持つポテンシャル・エネルギーの正体は、なにやらあたらしい、未知の分類に属しているのに違いなかったし、つまりだれにもしられないということは、存在していないも同義である。彼女は一度はあまねく世界を忘れ去ったのだ……、まがなしき日々、吐息の散弾銃、狙いは定めなくったって、良いのよ。だいたいの目安だけ教えてくれたならホーミング、追いかけて撃墜してくれるわ……、それでなくとも乱射してしまえばいい、ひとつあたりの能力は低いかもわからないが、重なれば、ひとつくらいは到達するはず、手負いの獣を追い立てるのはなにも困難ではないことを、冬花の嗅覚は知っていたし、それらの感覚は彼女を野生足らしめたのだった。人間であること、少女であること、それらの条件を最低限に満たしていることは、なんの免罪符にもならず、どちらかと言えば落伍者のレッテルを、貼られたような気分さえするのだった。彼女は忘れたのだ、文化的なもの、愛情、友情、ほのかに抱いた地上のあかりへの劣情や夕餉のにおいの立ち込める行きしなのすべてからつまはじきにあった心持ちで、途方にくれるほかになかった。自覚は彼女の肺のなかへ、水のおもたさでまたも溜まってゆくだろう、そうして、肺胞のふくらむ余地を緩徐に削ってゆくので、あった、さもなくば喉が乾燥に張り付いてしまうのでいたしかたないことなのだったが。  「冬花さーん」  「あっこんなところにいたんですか」  「春奈さん」  「もう戻りますよ」  もうもうと立ち込める霧も、石畳に跳ね返る雨粒も、先ほどまで少女たち、たとえば久遠冬花、たとえば音無春奈、それらの肌をなぜていた浴室の湯気も、冬花の喉を潤すというよりは、肺を潤してくれるものにすぎないので、あった、徐々に体に沈んでは、彼女を重たくさせてゆく粒子は、闇ではないが、光にもなりえない、しっとりと濡れた孤独なのだった。折りたたみ式の傘で視界が妨げられるのがいかにも不満だ、というさまで、しかし唇をななめにしつつも駆けてきた音無春奈には、たぶん吐き出し切りたい空気なんてないのだろう、熱い吐息としてはかなくたって、直接的なことばでだって、彼女のなかにとどまらせることはするまい。張り上げなくてもよく通る声は、誰かにきかせよう、届かそうとしなくったって、不思議に誰かの耳朶と自我とを叩くのだろう、あの約束のオレンジと同じように! なぐさめなら欲しくはないわ、あこがれは、羨望は、嫉妬は、不思議に冷たくはない……冷たくはない! むずかるおさなさも、水紋の連鎖も、すべてわすれてまいりましたわ。 カンバック・スリーピン・ライオン(佐久間)
 とても残念なことだけど……、たぶんゆきたいところは時間にしろ場所にしろいつかは辿り着くべきところのような気持ちがするのでそれまでの行きしなを巻いて巻いて二倍速で再生することに真っ直ぐに首を振ることは出来そうにないのだった、なにしろ、体感時間がどれほどであったとしても、地獄のようにさえ感じられるあいだ手のひらを握りしめては開きを繰り返すばかりで隣の女の子の手をついには握られなくったって、おんなじだけの経過時間、ストップウォッチとめるの忘れないで! もっとも、カチカチ鳴らしてとめたにしたって、その時間を閉じ込めておけるわけではないのだけど……。  幾分か疲れているな、だって随分と今日は走ったじゃないか、グルコースはトランスポート、クエン酸回路のぐるりを巡るあいだに最終産物の乳酸を産生したから、佐久間の足はだいたい夕方にはとっても重たくてしかたない。一度は千切れた筋繊維や、うしないかけた靱帯や腱のいたみは記憶にあざやかで、あって、思い出しても肝の冷える感覚なのだった。そのくせ小心者であることを、あえかの小鳥であることを、隠しておきたいと思うのだけど。  「はい、佐久間さん」  おもむろに差し出されたボトルに過剰反応を示してしまって、なにも油断していたはずもなければ、多少の疲労ごときで鈍る直感ではないと信じたい、はたしてそれらの直感、動体視力、あるいは本能とも言うべき部分が、佐久間のうちでどれだけを占めたものかは定かでないので、いつだって才覚の有無に悩んでいる。たとえばこうして心地よく足を重たくする疲労物質が、じつは醗酵による生成物である可能性も否めはしないのだ。贅沢とまではゆかなくとも、美味しくなった頃合を見計らって齧りつきたいと考えることのなにに罪悪が宿ろうか? たしかに祝福とは程遠い概念ではあろうが、かといって雲や、霞や、霧やそれらに類するもの、裔につらなる面々を食らって生きてゆかれたならば幾らか楽も出来ようものを、重量もないようなものばかりを貪っていられたら、体の重たくなることも、分解産物の生じることも、すべからくないのだ……、足は永遠に重くならない! これはなんと幸福な思いつきで、あろう、甘くこそないけれど、とっておきの軽さの少女をもあるいは貪りたいと思える佐久間の獰猛さについてを。  「どうしたんですか、お水ですよ」  「ああ、すまない、音無」  食事の時間だ、行儀の悪さは大目に見ていただきたい、テーブル・マナーの理解できるような文化的人格は、淘汰されたときにどこかへ置き忘れて来てしまった。仕留めた獲物はのどぶえから食らうとしよう、なんといっても空腹には耐えられそうにない、ちいさなおまえの霞みを食らった程度では腹が膨れないのならば、そのときになって考えよう、唆しの鶫、すべての詐称と、欺瞞とを、譫言のさまで繰り返しているばかりではしかたがないので、ニクズクの実を噛んで牙を研ぐ。散らした羽をうっかり喉の奥へ貼りつけないよう……せいぜい気を遣うとしよう。
プリンセス右左(木暮)
 木暮夕弥はその晩、悪夢を見て飛び起きた。これはなんの揶揄でも比喩でもなく、文字通りに彼はベッドのうえで飛び跳ね、具体的にはとても残念なことだけれどもそのままベッドから落ち(この場合は落馬でなく何と言うべきであるのかを咄嗟に考えてしまうくらいには混乱して)、しこたまに打ち付けた腰の痛さですべての眠気が吹き飛ばされた、というのが正しい。これまでにも幾度となく自分の叫び声で安眠を妨げられた経験はあったが、そもそも自身である、自らを致命的に害しえるものは、自らをおいてほかにはないことをすでに木暮は学んでいたし、すこし立ち位置をずらしたのなら、あるいはすこしばかり感覚を取り違えたのなら、あの不動明王のように斜にかまえるほかになかったろう、とも云えた。彼と木暮とのあいだにある差異の繊細さは、おそらくお互い自身であってさえもわからない、本質的にはまったく同じものであるともいえたし……、おおきなカテゴリに当て嵌めるならば、きっと、ほかにも同族はたくさんいたことだろう、たとえば基山ヒロトであったり……、音無春奈であったり。  そんなわけであったので、腰をさすりながらようやくにして起き上がった木暮は、真夜中のまんなか、中心、心臓において、まずはひとつめの部屋をノックしたくだりである。乃ち現在地点のGPSは右心房。次に向かうべくは右心室、ひいては肺動脈である。血液はほとんどのオーツーを手放してしまって限局性のチアノーゼ、震えるね、震えちゃうね。誰かひとりくらいこの騒音を聞きとがめたっていいものだけれど、誰も来ないことくらい分かっているし、そのまま呆然と床に座り込んでいたのがいったいどれだけの時間であったのか定かではないが、なにしろ起き上がらなければ何ものをもはじまらないのは明確であったので、兎に角は起きてみた。大した高さではないし、明日以降に響くようなこともないだろう、悪夢のために飛び起きたわりには寝汗のひとつもかいていなかった。さもなくば呆然としていた数分の間に、体はもっと冷えたろうから。そもそも、飛び起きたこと、ベッドから落ちたことで悪夢だったと決めつけているだけのことで、もはや夢の中身さえも思い出せはしないのだけれど……、どこぞの貘でもやってくるがいい、忘却ではなく、また、喪失でもない、もし本当に、夢を喰らういきもののいるというのならば。  (ああ、でも、)  ねむるときにソックスを履くのは邪道だとなぜだか思っていたので裸足の木暮は、手指とは異なりもっとも第二指の長い足を見下ろしながら考えてみる。まだまだ成長期のさなかにあるとはいえども、同じ年齢の友人たちとくらべてもかなり小柄なほうである木暮にとって、足はさして遠いものではない。自分の各々のパーツがおもいのほか近くにあること、当たり前のことながら忘れがちではあるが繋がっていること、ふたつ、みっつと部屋を巡ってゆくこと、浪費されるオーツーのこと。京都にいたころには不満ばかりであったけれども、悪しきものを退け、みずからを禁域の片隅に連ねる方法論をまなぶためにすべては無駄でなかったと今では思う。これを成長というのはさすがにはばかられるけれども、ぴいん、と張り詰めたおのれの精神が、伸びつつある第一指の爪にまでも漲ってゆくのがありありとわかるのだ、このままでは明日にも剥がれてしまいそうなので、忘れずに切ってしまわなければならないが、はて、夜中に爪を切ってはならぬという迷信は、何を呼び寄せないためだったかしら。思い出せない。  (おれの悪夢を喰いにくるんなら、それは、あの橄欖石のいろの眸をしているのに違いないや)  きっと夜中の廊下で、ドアのまえで、鍵穴のむこうで、まなこは光っているはずなのだった、すくなくとも、木暮はそう信じて疑いもしないのだ。悪夢をつくるのも喰らうのもどちらも悪魔、ひかっている音無春奈の橄欖石の眸に出会うとき、あたらしい夜にめざめる。
コール・コーリン(不動)
 矛盾しているかもしれないけれど出ないでくれたら良いと思いながらきみの番号をゆっくりと確認しつつコールするおれなのだった、なぜって特に用事がひとつも思い当たらないからで、ましてや深夜、きみとおれの関係は、とっぷりと日も暮れて気持ちばかりに取り残された電燈に群がる蛾や羽虫たちの時刻に唐突に電話をかけるような間柄じゃあない。ぷつぷつぷつと何かを引きちぎられるような音が断絶的におれの耳朶を叩いて剃りこみの入ったまろい後頭部の表面を滑ってついには反対側の耳朶にまで届いたが、内側を通ったならもう少しばかりのショート・カットが可能であったろうに、わざわざ遠回りすることが美徳だとでも思っているのか、器用でないとか、言い訳ならば幾らだって浮かんでは消えた。おそらく、おれ自身や他人の目へと意識を遠のかせて冷静に考えなくとも、傍からみなくとも奇妙な行動であろうと確信できた、なにもきみを困らせようっていうのでも、この時刻にまできみの行動を監視しようというのでも、ないのだった。そもそもおれはきみに出て欲しくないのだし、その証拠にじつをいうとおれの携帯電話のメモリにはきみの番号が登録されているのだけれども、誰かに見とがめられたくないのできみの名前を入れてはいないのだ、もしもこの番号にきみの名前を振ってしまったなら、そう、音無春奈のために開け放たれたポート、ダイヤルアップ回線は遅延する。深夜に限らず、昼となく夜となく、おれが繰り返すコールを、発信履歴を、あらためられたならおれは破滅するよ、だって恋人ですらないのだもの、ましてや友人でも! この番号が、この端末のなかに記録されているというそれだけが、奇跡とまでは言わないけれども、すべからくおれにとってのすくいであろうとは、誰に言われなくとも知っている。すくわれなくったって沈んだりしないけれども。  誰が為に鐘はなるのか? 尋ねるまでもないだろう、卑屈になっているではなく、おれとぼくと、それから、生爪を剥ぐように痛みを伴わずには居られない激痛を、いつだって孕んでいたもので、ある、波乱でいたものである! ほしいものはたったひとつに違いないのに、それさえもおれはすでに持っているのだ。そうして、やんわりと、そのくせにしてじんわりと、染み入るようにして増殖してゆく感情なので、あろう、とおくにラ・カンパネラ、きみはきっと出ない。なぜっておれが、きみの出るまえに受話器を置くからさ。今日だってそのつもりだった。コールのボタンを押した瞬間から、終話ボタンのうえにおれのゆびは備えられていたのだから……、  「はあい」  一瞬だけ反応が遅れたのだ、アドレス帳に登録されているというのにいちいち記憶から引っ張り出すきみの番号を、11桁を、なぜおれはメモリしているというのだろう、覚えている必要などどこにもなく、つまり外部メモリに依存させてよい情報なのだ、おぼえていなければいけないことはほかにもたくさんあるじゃあないか……、おどろくくらいに! きみの出るのを期待したわけじゃあない、断じて、いうなればこれはひとつの呪術であって、あるいはきみを、ソロモン王が小瓶に封じては記録したレメゲトンのゲーティアと思うではないというのに、名前は誰もが知っているけれどもリスクを負うにはおもたすぎるので召喚できない、いのちを引き換えにするような願いなんてまだ知らない。知ってはいけないのだ、思考と意識とがそこにとどくまえに断ち切ってしまわなければならないのに、嘘だろう? 呪術ははじまってしまったというのか。まだ魔法陣も書いていない。  「だれですか」  「もしもーし」  なんで出るんだよなんで出るんだよなんで出るんだよ!  「そっちがそのつもりなら、当てるからいいですよ」  かけてみたはいいもののきみの名前を呼んだこともないおれだし、登録されたメモリの名前をみたならきみやきみの兄貴は憤慨しきりで、あろうな、全国チェーンの配達ピザだもの、ピザなんてろくにとったこともないのに、発信履歴がそれにうずめられていくのは一種ゆかいでもあって、唱えるように押した数桁の数字、ふつふつとトーン音が終わるまえにいつだって電話を切るのがならいであったのに、よもや構えていたではあるまい、偶然だ、偶然に決まっている……、おまえがほんとうに72柱のひとつでなければ。呼び出されるのを待っていたのか? 手ずからおれを破滅へ手招くというのか、これは枕言葉だ、おまじないだ、悪いものをおれの眠りからとおざけるための。彼女がはたして出たからといって切ってしまえばいいだけなのに、なぜ切らない、そのうえおれの正体を暴かれようとしているじゃないか! 名前をしられたら契約が成立しちまうっていうのに!  「……不動さん」  「!」  「やったあ」  「違うおれじゃない」  「逆オレオレ詐欺みたいのやめて」  これはすくいであろうか? 電話口ではしゃぐ少女の声、顔は見えない、表情はみえない! 声音ならば幾らだって欺ける。死など安寧であろうはずもない、皮肉ぶりはしても、何も怖くないとうそぶいたとしても、おそれにふるえる心のあることを、もはや否定するための材料が足らなさすぎるのだ。これは無垢で、あろうか、まさか! おれのすくいはもうどうしようもなくおれをそこねもするのだった、きみのことは携帯電話の番号しか知らない。知ることもないだろう。
 毒入り朝食は銀の皿(円堂)
  つま先で刻むエイト・ビート、いつになったら遠くへ届くの、あるいはさいごまで誰にも届かずにかき消されてしまったものかしら、考えるだに恐ろしい。光のあとの数秒間を、距離に換算しながら音の届くのを待っているのだけれど、おもいのほか大きな音に身を竦めたり、まるで聞き流し損ねてほんの数センチメータを飛び上がったりさせられるのにはいささか閉口した。反射であって、不随意におこなわれるそれを、意識的にコントロールすることはむつかしい、視界の端で跳ねるなにかをみとめれば見えていなくても自分との距離を推し量るくせがしみついたし、セーブするならタイミングと、テンポと、踏み込みの数百から数キロにおよぶ重さと深さとを、無意識下に設定すべきで、ある。逃げの一手ではなくて、しかし確かに予防線をどこか張り巡らせているのは、自分自身の臆病さの証明のようにも思えてきたもので、あるが、かといって勇猛果敢であることと断絶されたかといえばその限りではない。無謀であること、たったひとりのだれかの視線を逸らさせること、自虐せずに自らを追いつめること、あまねくそれらが、遠くの街へと墜落したカミナリのように遅れて円堂守へと到達してくる。  「キャプテ~ン!」  マッハを超えた速度差が、周囲を巻き込んでは爆発するソニック・ブームを引き起こしながら円堂を孤独にしてゆく。衝撃波に叩きつけられてはじめて、人びとは彼を認識するだろう……、予期せぬステルス、光学迷彩、屈折率を意図的に捻じ曲げて、だからって世界までもを歪めてしまったらさだまるべきものもさだまらない! 呼ばれなれた名前以上に、しっくりくる気さえしてくる円堂守のステルス装甲、刺し貫くのはいずれか。おしなべて過去は、ありとあらゆる改変、改竄、革命、確変を、現在からうけることはできないが、未来からなら容易にそれは届くのだ、なぜって現在は遅れてしまった音速だもの。チカチカと光らせた後輩の、音無春奈の、群青と藍染の中庸を成している髪のうえにちょこんと載せられたメガネのレンズがしめすのがあるいは無限の暗号、モールスであったとして、単音と長音の組み合わせを、対応表をいつかは作らなければならないなあ、当てはめることで言語になる。もっとも、彼女がそのつもりでこちらへ送ってくる光は、実を言うとメガネのレンズよりも、なにかの期待と好奇心に輝く眸のほうであることに、円堂は最後まできっと気づかれない。  「おう、春奈、どうしたんだ?」  「キャプテンが朝ごはんに来ないから」  「やっべ、もうそんな時間か?」  「みんなもう手を洗って待ってますよ!」  「ありがとな春奈、走っていこう」  「はーい!」  さいごの晩餐なんてとんでもない! 食べたくはないなあ、どうせなら温かいスープが飲みたい。額から落ちかかる汗を拭うさえももどかしくて巻いたバンダナ、グラウンドへ降りる階段のうえから呼びかける音無は、メガホンなぞつかわなくともよく透る不思議な声の持ち主であった、といえたし、逆に、早朝である、なにも彼女を遮る喧騒のなかった、とも言える。ともあれ音無の声はなんらの遅れも生じずに円堂にまで到達し……、そのあとにソニック・ブームを巻き起こした。ははあ、これは、したり顔を内心に円堂は階段を軽々と駆け上がっていて、息も切れない、苦しくもない、みなが口々にいう少女の加速度が信頼のおけるものであることをいまさらに確認せしめる。なるほど、音無春奈はたしかに、音無春奈もたしかに、ステルス装甲を持つマッハの飛行機なのだった。 悪霊のくちづけ、死霊のはらわた(豪炎寺)
  そもそもの前提条件をこそ疑ってかからねばなるまい、思って豪炎寺修也ははじまりつつある二次性徴にむずかゆさをおぼえている自らの顎を頻りに撫でている。仮りにも、威厳ある父親からの多大なる精神的重圧を与え続けられたためとはいえども将来を医学の徒とさだめたからにはまっとうする意思のある彼は、ささやかなれども知識で、思想で、また記憶で、みずからを客観視せしめるべく努力していたもので、ある、たかだか14の年齢で何を、と思われるかもわからないが、あくまで限局的、期限のある日々であるからこそ全力を注ぎ込むことができるのだ、そう信じられたし、豪炎寺修也という少年の輪郭を裏装するのに、それらは大いに役立った。すべては調和し、連鎖し、ひとつの完成された輪環のなかへ揺蕩うているものを、その足場のない不確かさを、矛盾と知りながら彼は愛した。時が来ればどちらにしろ分岐してゆかねばならぬのだ、もっとも、成長がおしなべて悪であるならば、永遠にそのときをとめてしまう方法なら幾らだってあり、日常のそこここで、転落さすべく手招いていることもまた、見逃しようのない真実である。豪炎寺は、修也は、少年は、たしかに二次性徴のはじまったばかりとはいえもはや後戻りなどできうるまい、させるまい! 全く以って! 父親とは尊敬に値する人物であって彼の原風景にのこるものは母親のあたたかい手のひらとせっけんの匂いではなく、かたく洗濯糊のつけられてシワのひとつもゆるされない父親の白衣の、消毒液の粘膜を突き刺す匂いなのだった。ああ、あの、薄いまぶたを伏せたいもうとは、一体なんの夢を見たろうか、母親を記憶しているのかさえもあやしく、彼女の二次性徴はまだ遠い。通いの家政婦がいるにはいるけれど、あれは女としては使い物にならない、誰かの受け売りの思考が侵蝕してゆく……。いもうとにはおれのほかにないのだ!  「ほーんと、誰かさんにも見習ってほしいですよ、豪炎寺さんのそういうところ」  人生とは、将来とは、すすんでゆくべき道の指標とは、往々にして先人たちによって打ち立てられてゆくもので、ある、豪炎寺にとってならそれは間違いなく父親であったろうし、夢なぞという生ぬるい言葉で顕すにはあまりに生々しい青写真が、色褪せもせずに老いさらばえてゆくさまを、おそらくは恐怖に戦慄しつつも見つめなければならない。忙しく立ち働く父を、家族でなく、本来であれば生涯出会いえるはずもなかった人々から称賛を尊敬をあますところなく享受する父を、尊敬するなというほうが無理なのだ、男が偉大であればあるほど少年に受け継がれるものは増えるのだから。清潔感に溢れている父親が、しかし何かを考えあぐねて触れる顎に生え揃った髭に白いものの混ざり始めていることを指摘すべきであるのか、また、指摘するとすればどの契機を得て言うべきであるのかをときおり真剣そのものの体で豪炎寺修也は考えることがある……、気が散じているといえばそれまでのことで、あって、けして褒め称えられるべきことではない、しばしば彼は気を散じたままにグラウンドに立つ周囲の人間たちに途方もなく腹を立てたものだし、そのたびに彼なりの真実、彼なりの正義を、審判の代わりに振り下ろしてきたものだ、木槌で叩くほどの緊張感ではなく、単純に、柏手を打つ気安さで、少年は傲慢さをみずからにゆるしてきた。乃ち、価値観の絶対を、いまなお信じていられる限りないつよさと、臆病さとの永遠に交わらない次元の違いを、手を伸ばしてむりやりひっつけようと試みているのだ。音であったり文字であったりに付与されて呼び起こされる共感覚、それらの可能性をどこまでも増大させようとしている! 本来であれば結びつくはずのないもの、興奮とまるで無縁なものによって興奮を惹起させるパヴロフ、いつか少年の豪炎寺からもずるり幽体離脱して、まったく別のものへと作用するだろう、二次性徴が終るまではね……。  「だいすきよお兄ちゃん!……死んじゃえ。」  音無春奈の微笑みだけは何ものにも縫合しようがないので、ゆっくりと持針器を、置いた。
 複眼のいきもの(飛鷹)
  願わくば人間のすがたのままで誰かの愛を勝ち得たかった、具体的には、まじまじと覗き込んだこともない鏡のなかのあべこべでちぐはぐな世界でさえも、人間のすがたで生きているものと信じていたかったのだろう。ゴーゴン姉妹のいちばん末の娘はうつくしく、その髪は幾百もの蛇であったとされるが、睨み付けないまでもみつめるだけで男どもは虜の石像、すべての自由を奪われてなお、彼女の眸に射すくめられていたいと考えてしまうのであった。しかし、石像となってはじめて愛されるのでは欲望なぞ満たされるはずもないから、人間のすがたのままで愛を勝ち得たかった、と、口にせざるをえまい。うつくしさの証明や、また、自らの復讐にはもっとほかにやりようのあったはずで、愉快では決してない。一度きりない機会なら逃すまじ、御簾越しの対面にいったいどれだけ心ときめかす要因があったものか、裳着のすんだ娘とは、すでに良人を通わせるにのみ磨かれた宝玉で、あって、あざとさ、あしらい、もっとも恋文への返歌は多くを年嵩の女房が代筆したものであろう。どれだけ真実であるのかは、結局、勝ち得た愛のために忍んで行った夜になるまでわかりはするまい、古今東西、女とはそういうもの! すべて外聞と噂話とが、女のうつくしさのありようを決めてゆくことにもうすこし憤ってもいい、と考えるくらいには同情的な飛鷹ではある。  かつての日々があやまちであったとは言うまい、言いえるまい、言わせるまい! たしかに褒めそやされるものではなく、怪我も絶えなかったが、かといって、いまの飛鷹少年(そうだ、いまもなお、あくまでも少年でしかない飛鷹征矢!)のありようにおおきく影をおとしていることにも、胸を張ることができる。考えるよりもさきに手の出る性質は生来のものではなく……、遺伝でもない、言葉をお前へ投げかけるうちに、緩速にほどけてゆく解凍を待ちわびているばかり、もっとも、冷凍さえも女の一瞥によるものであったから、しんじつに凍えたわけではなかった。息苦しさくらいは感じたかもしれないが。鏡面のごとくに磨き上げた楯を携えて、しかし滑稽なことには剣を持たないでゆく彼を誰ひとりとして勇者とは考えるまい、この身ひとつで往くならば、征くならば、覇者は飛鷹をおいてほかにはいない。英雄譚はさかのぼって作られることだろう……、蟇の姫も、蛇の姫も、自分のすがたを知らないのだ、言葉がどれだけ雄弁であろうとも、達者であろうとも、借り物であろう、仮り物であろう、曷ぞ貴ばれざらんうつくしさを、人間のすがたのままで知るよしもあらざらんとす。  「そんなに単純じゃないですよ」  「さてどうだろうな……」  ずるずると体重を預けてくる少女はおそらく自らがフリークスでないことを知っていて、けれどもそれが人間のすがたであることを知らない。着物を洗って泣き、死期を悟らせるばかりのバンシーの醜さに口づける勇気があれば延命は可能だろう。思い込みやら誤解やら、それら外からきたものたちが、常に彼女たちの身を脅かしてゆくことを飛鷹はしっていて、そのくせもっとも残酷な鏡をたずさえて会いに行こうというのだから我ながらおそろしくもおぞましくて戦慄のやまない夕べなのだった。紐をひけば緞帳はおちかかり、ご覧いただけるだろうか、いまや彼女も彼も、人とも異形とも、どちらともいえない体になってしまった。
2%の砲撃(土方)
  ざわめきが遠ざかってゆく、さやめきが近づいてくる、すなわちノイズ、ひとつきりでは大したことではないけれど、よりあつまっては広場に満ちた群衆の脅威となって無数の監視の目をもちあわせた化けものになる。身体中に眸を貼り付けているくせ好奇心のないそれらは無慈悲無感動なままに動き出すこともできぬので、あった。もうすこしばかり、闇のなかに隠れていたかった、と思わないではないけれども、しかし、見上げた空は明るいし、おもった以上に静かなのだ、明るさと賑やかさとが、必ずしも結びつかないことに疑問をおぼえて首を傾げてしまうくせが、いつしかついた。疑問を疑問のまま、納得されない宙吊りのままで放置しておくことに鈍感な彼は慣れてしまって、なにしろ、謎を追求している時間のあるのなら、やるべきことは山積していたためである。それら課せられた義務たちに、嫌気はふしぎと差さないのだった、宿命とは言うまいがうまれたときから長子である、彼らを守ること、監督すること、口々に告げられる無茶の多い要求たちのすべてに応える必要などなかろうし、たしかに兄たる土方雷電の責務ではあったけれども、全てではないので、ある、弟たち、妹たちのためだけに存在するのが兄であるというのなら……、その身分に甘んじようというつもりでもないのだが。苦痛であったとして、否定することは出来かねよう、長子はたいていの場合において損をしていると言われるものだが。  「後輩的に言わせていただくとですね」  「おう」  明日のぶんのスポーツドリンクの粉末を溶かしているらしい、蓋を緊密に締めたボトルを昏倒させて混和しながら、音無春奈はふとつぶやいた。正確なところを述べるとすれば、彼らの現在所属しているイナズマジャパンはひとつのチームではあれども学校という母体をもつではないから、本当の意味で彼女は土方の後輩たりえないし、また、土方もまた彼女の先輩ではないのだが、この年代におけるひとつの年齢差を侮るなかれ、簡単に彼らのあいだには、明確な線が引かれてしまう。そうでなくとも既にじつの兄をもチームに持つ音無は、誰しもにとっての妹たりえるのだけれども。土方の長子気質に起因するお節介ばかりが原因ではないはずだ。  「ちょっと意外です」  「ちょっとかー」  「うん、ちょっと。土方さんって悪いことしなさそうだもの」  頷いて、音無はそのままボトルを冷蔵庫のなかへ仕舞ったが、その場所じゃあ、夜中に起き出してきた誰か、お腹をすかせた子どもたちに開けられてしまうのではあるまいか、と土方は内心で危惧して、みる、ドアを慣性のそのままに閉じて、唸っているファンの音を遮断した音無のほうが、土方に言わせれば意外なのだけれども。夜中のキッチンに、眠られずに降りてきただけの足音を、聞きとがめたらしい彼女がひょこりと顔を出したので、あやうく叫ぶところだったじゃないか……、きっと、そんな反応さえも楽しめるのだろう、かといって、兄たることが土方の宿命でないように、妹たることが彼女の宿命ではない。  「気づかれないようにするのがミソな」  「あー、悪いお兄ちゃんだあ」  「ちゃんといいお兄ちゃんもやってるもん」  「ちゃんといい妹やるのも大変なんですよ?」  口止め料は必要ない、ミッドナイトには悪い妹、秘密くらいはわけもないね?
クドリャフカはうそばかり(虎丸)
  さようならだね? もうきみに出会うことはできない、ぼくの夢みたもの、まったくもって立派そのものであったぼくの憧憬がそのくせをして人間の仲間であったことを自らに照合してゆくさまを残念がらなくてはならなかったぼくの悲しみと途方もないさみしさが、誰かに理解できるものだとは思えないのだし……理解してほしいのではないのであった。すくなくとも何らかの法則をもってその壊れやすい均衡のうえへ危なげなく片目を閉じてたっているなら、いっそうのこともう片方の目だって閉じておしまいよ、そんな勇気もないくせに! そもそも閉じているふりの片目だものね、ほんとうは薄く開けている。  目に見えるもののすべてを信じようとは、迚もではないが言えそうになかった。しかしながら、かといって、みえないものを信じられるほどには強くなく、成長しきってもいなかったので、かばんの底にはいつだって望遠鏡を潜ませなければならない。それらは大いなるガラスでもって作られたから、重たく、あるいは少年の宇都宮虎丸の足かせにもしばしばなりかねなかったけれども、不思議と捨ててはしまえない、代わりになるものがあったら、良いのに、たとえば遠くまで見霽かすための観覧車とかそういうものを、自在にどこでだって取り出せたのなら。自分が子どもであることを、どうしようもなく認めざるをえない虎丸は、そのくせ子どもらしい甘えや、拗ねや、素なおさ、いじけてみせるわがまま、聞き分けの良いふり、良い子のふりを、的確に使いこなすことさえもできる少年なのだ。点々と灯っている明かりたちはおそらくは誰かの帰りを待ちわびるあたたかい家路のひかりで、あろう、たしかに虎丸にも、それらのぬくもりが、かつての母の胎のなかのようなまどろみと指先さえも見られないような暗闇のなかでさえも見えるような気持ちがしたものであった。望遠鏡なぞに頼らなくとも、いとおしい世界、そこにはあたたかい夕餉と、一日の疲れを癒すお風呂とが用意されて少年の帰りを待っているのだ。  天へとゆっくり昇ってゆく観覧車のゴンドラに閉じ込められて先をゆく誰かを追いかけているつもりになってばかりいたけれど、おなじわだちの跡をたどったとて、等間隔であるかぎりは追いつくことなど不可能であるし、あとおいで乗り込んだ以上、閉じ込められる時間は虎丸のほうが些か長い。地上に戻ったら再会できるかしらね、ほんの数秒のすきに、彼らは虎丸を置いて可及的にうしなわれてしまうのだ。そのすれ違いはもはや避け得ざること……、望遠鏡の筒をくるくると回して、さきに降りた未来がどこへ向かうのかを見届けようと躍起になっている。吊り橋理論じゃあないけれど、高いところから見霽かした世界で、思い出すのはあたたかい家路であるあたり、まだまだ子どもねえ、と、ひとつきり年の変わらない少女の微笑みに、しかし反発する気分にはならないのだった。あるいはそれが、音無春奈の奇跡かもしれないが……ぐるぐる回る人工衛星、ロケットは発車間際、さようならだね? もうきみに、出会うことはできない。
 ハッピー・キャンディー・タフィー!(緑川)
  思い切り深呼吸したのちにうんと伸ばした腕が肩から外れかねない危惧を抱いて慌てて引っ込めたそのさまはどこかかたつむりのような滑稽さをも内包していて、乾燥をおそれて潜り込んだ炭酸カルシウムの粗造な殻が割れてしまわないように細心の注意を払って外を見ているさま、雨の降って湿度のたかくなったいま、日陰のつねにじめっとしたなかから伺っていた首を伸ばす、そのさまにもどこか似通っていた。開放的な気分になりすぎる、なにしろ、母親の小言や、やかましくがなりたてる目覚ましのベル(いつまで経っても原始的なベルの金属音、叩かれすぎていつか凹んでしまいそうなそれを使い続けるアナログさは、不思議ときらいではない)の、不快によってではなく自然に目覚めた。身体がずいぶん軽いのだった……、幼い日々の内側より、現在もなお稚くはあるけれども、この嫩い、そうして青い外側へむけて放たれてゆくラッパの音が、心地よく自分を起こしてゆくことに、あるいは酔っているのかもわからない。惰眠をむさぼることは幸福の一端ではあるだろう、やわらかく、あたたかく、ぬくもりのあるうちは、身体のつながっているような感覚にさえ陥ることができたもので、ある、すぐにはむつかしくとも、眠っているあいだうつしたぬくもり、微熱は、吐息のない綿でさえも、自らの手足のように思わせるだけのちからがあった。  強制的な婚姻は望まれざる、また、無理無体の別離であったって、少年のこころを思うさまに引き裂くだけの、無邪気な悪意があるのだった。誰だって眠たいときに眠りたいし、おなかがすいたときに食べたいし、たぶん、走りたいときに走りたいよ。朝日のしっぽをどこまでだって追いかけてゆきたいと、思われてならなかったし、日がな一日それを追いかけるあいだに、暁と、曙と、午と、暮と、宵と、ひねもすを通り過ぎてしまっただなんて素敵すぎると、ぼくは思う。つまりこれこそが贅沢なのだ、何も、金箔を載せた饅頭を食らうとか、100枚のマットレスの下にそっとひそませたえんどう豆に身体をいためるとか、そんなに簡単なことではなくて、優雅であることはかならずしも裕福であることと結びつかないのだけれど、遠回りして帰る帰路のようなものかもわからない。所有者である少年それ自身が惜しまなければ、土くれでさえも贅沢品になりうるのだ……、ただし、紫陽花には毒があるので気をつけなければ。  ポケットに両手を突っ込んだままで階段を跳ねるように降りてきた音無春奈を、適切に顕すべき言葉を探しあぐねて思考を放棄してからどれくらいの時間が経ったものか定かではない。もっとも、覚えていたとして、少年の知る語彙では顕しきれない不可思議な魅力については、わからないままでいるのだけれども。熾烈を極めた練習の日々、今日をかぎりに、緑川リュウジは彼らのうちを一旦は離れることになるだろう。きっと戻ってくるよと、言ってみたかった、かつての脅威、畏怖が、幾度となく泣きそうな眸でこちらを振り返ったとき、緑川はじつのところ、すこしばかり驚いたものだった。彼はいまや友人であって、家族でも、ある、身内に心を寄せすぎるきらいのある基山ヒロトを、わずかに心配しなくもないが、おそらくは余計なお世話だろうから自分のできることをすべきなのだ、いつか彼らを追いかけて遠くの島へ飛び立つため。  「あっ緑川さんだ、おはようございます」  「うん、おはようございます」  「みおさめですか」  「最後にする気はないけど」  あはは、笑いながら彼女は緑川の右隣りに立って、彼の見ているグラウンドの四方へ視線を巡らせたようで、ある、みつめてみたところで別段なにかが変わるわけではないし、人数の制限のある日本代表の枠に、ひとときであっても名前を連ねていたことは、これからの少年の輝かしい誇りになるだろう、泣き出しそうな基山の眸を思い出すたびに、きっと胸は誇らしく充ちるだろう! 音無に言った通り最後にするつもりなど毛頭ないし、機会さえあれば、涙をたたえた基山ですらもいつかは追い落としてやろうという気概と闘争本能とを、持ち合わせてもいたものであるが。音無はさきほど緑川のしたようにうんと伸びをして、それからジャージのポケットをまさぐって紙箱のキャンディを取り出した。二度、三度と箱を振って取り出したオレンジ色の立方体はオブラートのうすまくに包まれてきらきらと輝いている。最後に食べたのはいつだったろう、懐かしい駄菓子である。  「手だしてください」  「ありがとう」  当然のようにひとつを彼の手のひらにおとして、もとのとおりに箱をしまうと、自分のぶんの飴のうすまくをすこしずつ引きはがしてみる音無なのだった、味なぞろくにないのだし、そもそも、手のひらや指にへばりつかないように包んであるオブラートは何に由来するのだろう、やわらかい求肥飴は、形づくるさえもむつかしいので、そっと包んで立方体にしている。線を引いたグラウンドみたいなものだろう、ぼくたちは、緑川や基山やいまでは隣国に身を寄せる南雲や涼野や、とてもじゃないけれどやわらかくてかたちにならない子どもたちを出荷するために存在している。剥さなくたって食べられるのにねえ、舌触りが気になるってほどでもないだろう、剥いたそばから口に入れているのだし。  「オブラート、剥きたいの?」  「なんか、ついやっちゃうんですよねえ」  音無に先んじて口へ放り込んだそれを、噛みしめるとほのかにあかるい、柑橘のかおりがした。
ブーケ・ガルニを投げないで(塔子)
  モザイクタイルの幾何学模様を数えていたはずが、ふいに襲われた途方もない眠気のためにとうとう中断して大きなあくびをひとつこぼしてしまって、ここまでに数えた幾百のタイルたちの集合はおしなべて無に帰してしまったのでそこで数えるのをやめた。そこまで気が長くないというよりも、自分の人生が有限であることをたしかに知っていて、気の遠くなるような時間をかけるでなく、単純作業としてこれを並べたであろう誰かの思考をトレースするには寝起きの頭にはオーバーキャパシティだと考えたためだろう。幼いころから特におおきな矛盾も疑問も抱かずにいきてこられたのは、やさしい誰かがいつだって彼女の背後で、彼女の取りこぼした幾つかの事象を丁寧に拾い集めては彼女の箱へ戻しておいてくれたからなのだし、もっともそれそのものが大いなる矛盾だとして、何度でも取り出して放り出す気まぐれさを、財前塔子はうまれつきに持っていた。それらのうち、はじめから、投げられるために作られていたものなど片手に足りる数ではあったけれども、持ちにくいから、投げにくいからといって、それをしない理由にはならない。不釣合いだとか、不得手だからといって、塔子の持つ少女性は否応なしに彼女を追い立てるのだったから。  カメラのシャッタ音に振り向くと、立っていたのは同じく眠たそうにまぶたを半分下ろしたままの音無春奈であった。いつだって片手にカメラを携えているようなイメージばかりが先行するが、はたして春奈の本然とは切り取られた日常であるのかしら……、つまり、日常を演出、演技せしめるなにものかの影響を、いまもって受けていないとは言いきられまい。つまらないなあと蹴飛ばした小石に意思があるとは思われないし、あったら怖いし、ここにたどり着くまでに壮大な神話的過去を経てきているのだとしても今はただの小石にすぎないし塔子にはわからないけれど、そうね。寝巻き代わりに着ているスウェットの上からいちまい上着を羽織っただけで顔を洗うのさえ面倒がって出てきたので、残念ながらまだ塔子はこの日に起き出していないのだった。半分は眠っていて、もう半分は、まだ息を吹き返していない理性だ、夢遊病患者のさまで徘徊していると取られても反論は出来かねる。  「春奈ちゃん」  「おはようございますう」  「すごく眠そう」  「塔子さん出てくの見えたから……」  彼女もまた上着いちまい羽織っただけの姿なのだった、はたしてこの街では早朝に少女がふたりぶらつくことに対する規制や規約が存在するのかは定かでないけれど、かといって叱られたときに振りかざすような権限もないので、開き直りの精神をきめこむにきまっている。一口サイズのゼリーが、噛みごたえのある弾力性を持っていることは、同時に、咀嚼の困難さと、嚥下のリスクとをいつだって伴ったし、基準値をどこに設けるかにも左右されるとはいえ、どこかしらに合わせなければならないのだ。未然に防ぐという点で、それらは優れた概念であるといえる、興味深いかどうかは別として。改革派と保守派とは、長年にわたって争ってきただろう、穏便にすませたい、というよりは、消極的というよりは、現状のままに満足させるための方法論を組み立ている彼らを、腰抜けとそしることはむずかしい、逃げてゆく背を軽蔑することと、英断をたたえることとは、ほぼ同時に起こりえることなのだ。機械じかけに記録しないかぎり、真なる客観とは得られないのだし。  「塔子さんは何を探してるんですか?」  「べつになんもないよ」  「ふうん」  あふ、大きなあくびを隠しもせずにした後輩の奔放さに悪魔的魅力と、あるいは壮大な過去とを見出そうと躍起になっている財前塔子は、その足元で並ぶモザイクタイルの一枚にいつかなるだろうことも確信していて、できれば綺麗な釉薬をかけてもらって、簡単には欠けたりしないように作って欲しい。剥がれ落ちて蹴飛ばされたら悲しいじゃないか。そのあいだにも音無春奈は色を集めるようにしてカメラのシャッタをあちこちに向けて切っている。
わるい子よい子ひみつの子(リカ)
  イヤになってしまうわ、終電はダイヤも乱れに乱れた千鳥足の酩酊ぶりで、ちかちかと切れかかった蛍光灯のわずかに残された抵抗のなかに浮かんでは消えを繰り返しているのだけれど、続いていたはずの線路のレールは等間隔にみせかけてじつはかの路線が国鉄とよばれた時代の名残かはたまた、かたちのない、なまえもない何かの残像や陽炎であったかなんて、一瞬では判断できなかったもので、あって、かといって確定診断をしてしまうのももったいない、たとえばリカや春奈やそのほかの少女の眸が、曖昧なままにそれらをゆるすならば、明言しないでいられるのなら、どちらでもあってどちらでもないもののまま、フラギリテールを保ったままにあるいは存在し続けるのかもわからない。そのくせ思うさまに振りかぶっては床に叩きつけてやりたいと思われないでもないのだった、なにもリカが短気だとか、浅慮だとか、彼女自身の性格や成長における環境や遺伝の因子がすべてを支配していたのでなく、たしかにそれらが重要なファクタであったことを否定も肯定も出来かねるが、総じてそういうものでなければならないと、少女のリカや春奈や、広義に言えば夏未や塔子をも含む円集合を定義した科学者がきっとどこかにいるのに違いないのだ。いっしょくたに混ぜられたって、反りが少しくらい合わなくったって、きらいになるわけじゃあない、いま仲良くなれないことも、同じ話題に盛り上がれないことも、たぶん数年先には忘れてしまって、そのときはきっと名前も忘れてしまうのだろう。そういう予感が、常にあった。明確な計画のうえに建てられたものではなくて増改築を繰り返されたハリボテなのだろう、家族が増えたら部屋を増やさなくちゃっちゃあ眠られないし、ひとが住むのなら、線路を敷かなければ、生まれ育った故郷のうちで一生を終える時代は、もう過去である。  「あかんわ」  「だめですか」  「ちゃう、あかん」  「あかんですか」  「せや」  まあ、おノボリさん、だなんて言わせるつもりもないし、どちらが上りも下りもない考えるリカにとってそれらの概念と発見は無意味かといえばそうではないのだ、誰にだってあたたかくまどろんだ自分だけの故郷があってしかるべきで、あって、たとえばリカにとってならあのすこし焦がしたソースの匂いだったり、無駄に声も体も大きい母親であったりしたけれども。嫁入りとか婿取りとか、夢のない話に展開させるつもりは毛頭なくて、そろそろしびれを切らして待っているさえももどかしく発車してゆく終電の明滅、おまえにしてはずいぶん耐えたんじゃないかと、内心で喝采を送った。実をいえば、おそらく、あれはリカの乗り込むのを待っていたのであろうけれども、ホームのベンチに足を高く組んで座ったまま、毅然として見送るばかりのリカなのだった。乗ってなんかやるものか、だって、併走できても乗り入れはできない。そのくらいの差異なら、片目をつむって見逃してあげるし、そうしてくれると、うれしい。  「かえろ!」  「いまの終電ですよ?」  「あんたん家にや! ええやろ」  「ええですよお」  なかなかサマになってきたやないの。
フリーメイスンは密会しない(基山)
 行き交う車の往来もないので生真面目に上る必要もないはずの歩道橋の階段をけたたましく音をたてて駆け上ろうとする少女のあしもとで蹴飛ばされてさいごの虫の息をやめてしまってひきとられてゆく命についてを、しかしながら少女の数倍も冷めた気持ちと視線とで見下ろしている基山ヒロトは言葉のとおりのひとでなし、かといって化け物というではなくて、たぶん土くれのうえでなく、はるか太古の生物たちの骸が時間によって変性され圧縮された化石燃料のどろりと重たいコールタールの搾り滓で出来たアスファルトのうえで朝日をまたずに死んだ小動物なのであろう、背中に毛皮は密に生え揃っている……、あくまでも揶揄や侮蔑、謙遜をはじめとするデータ補正をすべて排除した自己評価のたまものである。すなわち、けたたましく駆け上る少女の後ろ姿を知っていて、さほどに急いでいるのなら未だ空いた道なのだから堂々と横断してしまえば良いものを、と考える下衆じみた感情のうまれるところと観測されるところとはイコールで、あって、なぜだろう、自分とそうでないものの境界線はいつだって曖昧なままでいたかったもので、ある、基山ヒロトでない生き物には逆立ちしたってもどりたくないが、ヒロトとはすでに遠くの星のひかりになってしまったことを、落ちゆく砂時計の砂が証明している。  にぎやかしは勘弁してほしい、拾いのこしの星屑が、真っ逆さまにおとされてゆくあいだ、ヒロトは惜しむでもなければ悔やむでもなく、ましてや悲しむはずもなく、耳をひそかにそばだてていたのだ、呼吸のさやかですらも聞き逃すまいと……、慎ましやかね、淑やかね、亀裂のはしるひとでなしの運命はおいかけたフォーマルハウト、うまいこと生きているふりを続けているのさ。それだのに、きみという少女ときたら、良いんだ、少しくらいの横着をかさねたところでいまさら断罪の時間がながくなるとも思われず、鶫の王子よさえずるなかれ、聞き逃してしまうじゃないか! おれは聴かなければならない、いきものでない声はとても静かで、簡単に掻き消えてしまうのに、基山ヒロトは集音機の持ち合わせがないのだった。おもむろにひらいた手のひらの魔法が手品でないことに憤慨するくらいなら、通り過ぎる重量トラックのために轟音に揺れる歩道橋のうえだって走られる! なにしろ聞き逃してはならないのだ……、基山ヒロトというひとつの物の怪を保ち続けるそのために、星を散らしておくれでないよ、なにがお前を急かしているのか、道には車の一台もない。寝転がって星を見上げるだって、きっと、  「牽かれますよ」  「きたら地響きで判るもの、平気さ」  「わたしも地響き?」  ああもう煩いよ! あのフォーマルハウトはかつてひとだったのさ、それは吉良の子、ねえさんの弟。何を思ったのか彼女は歩道橋をけたたましく駆け戻ってきて、蒋介石のかたさでアスファルトを傷つけては基山ヒロトを囲いだしたけれど好きにさせておこう、何しろひとでなしは忙しい。  「ヒロトさん」  「なんだい」  「いまわたしマーキングしましたからはみ出さないでくださいね」  それはサスペンスドラマでよくある人型のしろいラインで、あろう、よこぎる彼女、音無春奈のスカートはしばしばヒロトの頭上で翻っていたけれど、なかみにはまるで興味がなく、いっそ妨げられて聞こえなかった声たちに泣いてしまいそうな基山ヒロトで、あった。  「牽かれてもいいですけど」 うそをつくのはもうやめた(夏未)
  素直さがおしなべて美徳であるだなんていったい誰が決めたっていうのよ、言い募ろうとして考え直したのは、なにも、口で勝てないとおもったからではなくて、なにしろこの雷門夏未、仮りにもひとりの生徒会長である、ちょっとした演説くらいなら得意中の得意なのだし、つまり論破とは、夏未のためにある武術なのだった、彼女らの関係はとても不思議で、純粋に友だちと言ってしまうのは難しいし、かといって、敵対しているでもない、ともに微笑みあったり、おいしいお茶を飲んだり、そういったことをするのに、まったく一片の苦痛も挟まないのだといえば嘘になってしまうけれど。
 いまのうちだけは大丈夫だろう、思って、なぜってまだ、わたしたちのあいだには共通認識と話題があるじゃないか、きっかけも動機も不純でも、そのための努力を夏未はしたし、その点においては誰しもが彼女に一目置いた。夏未は胸を張り……、苦手なことを年下の音無春奈に訊ねるのに、邪魔していた無駄なプライドは、いつのまにか眠ってしまったみたいだ。
 とぶように、はねるように、おどるように、きっと音無春奈なら、夏未のしらない世界までもみてきたはずだ、いつのまにそれをしているの、幸福なお嬢さまであるところの夏未が、ゆらゆらとまどろみのなかにひたっているうちに。彼女の眸に世界はどうやってうつるかしら、羨ましくはないのだ、嫉妬もなければ羨望もない、ただ、そういうものとして、彼女を認識する次第である。
 トワイライト・イン・ラグナロク(立向居)
  遠ざかっていくのは喧騒だったかな、それともしじまであったかな、考えながら、健康的な肌を晒している音無春奈の項のうえへ視線を滑らせた立向居勇気に、後ろめたい気持ちはひとかけらもないのだった、それはそれで不健全なような気もするけれど……、けして、彼女の兄がおそろしいのでも、これからの数年あるいは十数年を捧げることになるだろうサッカーにばかりかまけているのでもなくて、彼女が魅力的な少女であること、恋に落ちる要素ならいくらでもあることをわかっていて、それでなお思わないのだから、ほんとうに彼女という少女についてを理解したと言えるかどうかは別として、ちょうどよい塩梅に落ち着いたのは確かだろう。
 裸電球が点々とともって、白熱灯だもの、ただでさえも熱い祭りの夜だというのに、身体が火照るようだ、はぐれてはいけないけれど、手を繋いでいられるほどは涼しくない。べっとりと汗ばんだこの手で彼女に触れてはいけないような気持ちがするのだった、それは禁忌だとかに起因しない、いちばん近いものがあるなら、それは礼儀だろう。
 「お祭りってだいすき」
 「ついつい余計に買い物しちゃうよね」
 「それはいっぱい食べてるわたしに言ってるのかな?」
 「ごめんなさい」
「よろしい」
ヨーヨーつりも、ぶうんと唸っている綿菓子の機械も、きらきら輝いて見えるけれどイミテーションばかりの指輪も、どうしてかな、移動式の遊園地やサーカスみたいに、一晩限りでたちきえる幻だ、人ならざるものが混ざるというのも穴がち間違いではなかったりして……、その筆頭が、音無春奈でなければいいのだけど。屋台のまえでしゃがみこんで、イミテーションのとりどりの宝石がついた指輪に目を輝かせている彼女の足は、何度たしかめても2本きりないようだ、どこかに3本目を隠している八咫烏でも、おれはもう驚かない。ヒカリモノがすきだね、ほんとうに烏に似ている。
「お兄ちゃん、可愛い彼女にかってやんなよ」
「彼女じゃないですけど買います」
まあ、そう見えるだろうね、一応否定はしてみるけれど、春奈が幾分も気分を害した様子がないから、彼氏とでも嘯いてみようか知らん……、周囲にどう思われるかなんて、いまさら関係のないふたりなのだったが。
「ありがと、立向居くん」
「安物ですけどね」
「いいんだよ、かわいいから」
言って彼女が笑うので満足して、けして彼女を安い女だなんて思いはしない、だって、彼女にとって素敵なものは、誰がなんといったって、素敵なんでしょう。おれにはわからなくってもね。
        END.
0 notes