Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
#鶴田一郎
g00melo5-art-blog · 2 years ago
Photo
Tumblr media
Cosmetics Renaissance
NOEVIR CM HITS !
6 notes · View notes
vicisono · 2 years ago
Video
youtube
NOEVIR CM History 88.5~98.5 Cosmetic Renaissance
'88 (夏) 「夢先案内人」 柳ジョージ(山口百恵) '88 (秋) 「よろしく哀愁」 鈴木聖美 (郷ひろみ) '88 (冬) 「グッド・ナイト・ベイビー」 上田正樹(キングトーンズ) '88 (春) 「女はそれを我慢できない」 沢田研二(アン・ルイス) '89 (夏・秋) 「イミテーションゴールド」 もんたよしのり(山口百恵) '89 (冬・春) 「スローなブギにしてくれ」 森進一 (南佳孝) '90 (夏・秋) 「どうにもとまらない」 桑名正博(山本リンダ)               '90 (冬・春) 「経験」 つのだ☆ひろ(辺見マリ) '91 (夏) 「愛のさざなみ」 柳ジョージ(島倉千代子) '91 (秋) 「冬の稲妻」 門田頼命(アリス) '91 (冬) 「時の過ぎゆくままに」 甲斐よしひろ(沢田研二) '91 (春) 「愛のメモリー」 デーモン小暮(松崎しげる) '92 (夏・秋) 「HEART OF GLASS」 桃姫BAND(ブロンディ) '92 (冬・春) 「Lovin' You」 アン・ルイス(ミニー・リパートン) '93 (夏・秋) 「スローモーション」 鈴木トオル(中森明菜) '93 (冬・春) 「グッド・バイ・マイ・ラブ」 松崎しげる (アン・ルイス) '94 (夏・秋) 「別れの朝」 世良公則(ペドロ & カプリシャス) '94 (冬・春) 「恋のハレルヤ」 荻野目洋子(黛ジュン) '95 (夏・秋) 「愛が止まらない」 西城秀樹(Wink) '95 (冬・春) 「ダンシング オールナイト」 マリーン(もんた&ブラザーズ) '96 (夏・秋) 「ミ・アモーレ」 狩人(中森明菜 '96 (冬・春) 「銃爪(ひきがね)」 坂本冬美(世良公則&ツイスト) '97 (夏・秋) 「絶体絶命」 宇崎竜童(山口百恵)
0 notes
tmmode · 10 days ago
Photo
Tumblr media
今日は、長澤まさみさんが出演されている『マスカレード・ナイト』を鑑賞🎞 原作が良いのか、演じている俳優さんが良いのか、今回も、前作以上に楽しめました😊 #マスカレードナイト #東野圭吾 #長澤まさみ #木村拓哉 #小日向文世 #梶原善 #泉澤祐希 #東根作寿英 #石川恋 #鶴見辰吾 #篠井英介 #石橋凌 #渡部篤郎 #麻生久美子 #中村アン #田中みな実 #石黒賢 #沢村一樹 #勝村政信 #木村佳乃 #凰稀かなめ #高岡早紀 #博多華丸 #明石家さんま #フジテレビ #東宝 #イオンシネマ (イオンシネマ板橋) https://www.instagram.com/p/CT9BdgYFEPC/?utm_medium=tumblr
0 notes
c3oyama · 5 months ago
Photo
Tumblr media
4/25 #初任給の日 誕生日/ #みやぞん #アルパチーノ#AlPacino #鶴田真由 #坂東玉三郎 #里見まさと #鳥羽一郎 #AI #ブーマー #富永一朗 #チャイコフスキー #児島未散 #フェリペマッサ #稲葉楓 誕生日 1599年 O.クロムウェル(イングランド共和国初代護国卿) 画像 1801年 川路聖謨(江戸末期の旗本) 1840年 ピョートル・チャイコフスキー (露:作曲家)Pyotr Ilyich Tchaikovskyグレゴリオ暦05/07[1893年10月25日歿] 1884年 田村俊子(作家) 1901年 高橋掬太郎 (作詞家『酒は涙か溜息か』)[1970年4月9日歿] 1920年 西本幸雄 (野球(監督))1988年野球殿堂[2011年11月25日歿] 1922年 三浦綾子(作家) 1925年 富永一朗(漫画家) 1934年 宇野鴻一郎 (小説家『鯨神』)1961年下期芥川賞 1940年 アル・パチーノ (米:俳優)Al Pacino 1946年 タリア・シャイア(女優) 1949年 中丸新将(俳優) 1950年 坂東玉三郎(歌舞伎) 1952年 鳥羽一郎 (演歌歌手) 1952年 里見まさと (漫才師(ザ・ぼんち)) 1954年 ブーマー・ウェルズ(野球) 1958年 熊谷達也(作家) 1959年 RYO.J(米米クラブ・ミュージシャン) 1966年 豊田順子(アナウンサー) 1967年 児島未散(女優) 1969年 レニー・ゼルウィガー(女優) 1970年 鶴田真由 (女優) 1974年 鈴木崇司(アナウンサー) 1978年 山田愛里(アナウンサー) 1980年 宮澤寿梨(タレント) 1981年 フェリペ・マッサ(F1) 1985年 みやぞん(お笑い) 1986年 AI (モデル・女優・タレント) 1992年 稲葉楓 (女優・タレント) 誕生花は スカビオサ(scabiosa)、花言葉は“感じやすい心” 誕生石は サードニクス(sardnyx)、宝石言葉は“夫婦の幸福” 初任給の日(ファーストペイデー) 多くの企業での4月の給料日で、新入社員が初めての給料を受け取る日。 世界マラリアデー 2000年のこの日にナイジェリアでマラリア撲滅国際会議が開かれたことを記念して、同会議でこの日を「アフリカ・マラリア・デー」として制定。2008年から世界保健機関が「世界マラリアデー」として実施。 DNAの日(DNA day) 1953年のこの日、ワトソンとクリックによるDNAの構造に関する論文が発表された。 歩道橋の日 1963年のこの日、大阪駅前に日本初の横断歩道橋が完成した。 ギロチンの日 1792年のこの日、フランスでギロチンが実用化された。 当時はフランス革命後の恐怖政治により、毎日何百人もの人が処刑されていた。そこで、内科医で国民議会議員だったジョゼフ・ギヨタンが、受刑者に無駄な苦痛を与えず、しかも全ての身分が同じ方法でできるような「単なる機械装置の作用」により行うよう議会で提言し、その案が採択された。 外科医のアントワヌ・ルイが設計の依頼を受けて、各地の断頭台を研究し、刃を斜めにする等の改良を加えた。このため当初は、ルイの名前をとって「ルイゼット(Louisette)」とか「ルイゾン(Louison)」と呼ばれていたが、この装置の人間性と平等性を大いに喧伝したギヨタンの方が有名になり、ギヨタンから名前をとった「ギヨチーヌ(Guillotine)」(ドイツ語読みで「ギロチン」)という呼び名が定着した。 フランスでは1981年9月に死刑が廃止され、それとともにギロチンの使用もなくなった。 拾得物の日 1980年のこの日、東京・銀座で大貫久男さんが現金1億円を拾った。 落し主は現れず、1億円は全額大貫さんの手に渡った。 国連記念日 1945年のこの日、サンフランシスコで連合国50か国代表による国連憲章を作成するための会議が開幕した。 歴史・出来事 1783年 仏・モンゴルフィエ兄弟、熱気球の実験に成功 1792年 フランス国民議会でギロチンによる死刑執行が採択 1859年 スエズ運河、起工式 1919年 独・ヴァイマルに美術工藝学校「バウハウス」開校 1920年 ポーランド・ソビエト戦争勃発 1926年 ドイツ製入場券自動販売機が登場 1934年 新橋演舞場で吉本興業が特選漫才大会開催 1945年 サンフランシスコで初の国連総会開催 1953年 『ネイチャー』誌、DNA二重らせん構造を発表する論文を掲載 1971年 ソ連「ソユーズ10号」が宇宙ステーション「サリュート」とドッキング成功 1971年 小柳ルミ子『わたしの城下町』で歌手デビュー 1980年 一億円拾得事件 1992年 尾崎豊(歌手)、没(享年26歳) 2003年 「六本木ヒルズ」がグランドオープン 2005年 JR福知山線脱線事故 http://c3-cube.com #今日は何の日 #パーソナルカラー #カラードレープ #カラーパレット #色見本 #PCCS #ドレープ120色 #パーソナルカラー用品 #テストドレープ #金銀ドレープ #ケープ #カラーシート #カラーチップ (パーソナルカラー用品ドレープ、見本帳,PCCSのご用命はc3(シーキューブ)) https://www.instagram.com/p/COEXjtmAGQo/?igshid=1agwuvj77q7v4
0 notes
twinleaves · 9 days ago
Text
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【河野太郎推薦人】
■推薦人代表;元金融大臣・伊藤達也衆議院議員(無)
■細田派は、穴見陽一氏、義家弘介氏
■麻生派は、阿部俊子氏、高橋比奈子氏、参議院議員の中西健治氏
■竹下派は、野中厚氏、宮崎政久氏、参議院議員の山下雄平氏
■二階派は、伊藤忠彦氏、岡下昌平氏
■石破派は、平将明氏、古川禎久氏
■石原派は、坂本哲志氏、石原宏高氏、上野賢一郎氏
■谷垣グループは、参議院議員の園田修光氏
■無派閥は、田中良生氏、武村展英氏、参議院議員の島村大氏
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【岸田文雄推薦人】
■推薦人代表;麻生派前総務会長鈴・鈴木俊一衆議院議員
■細田派は、高木毅氏、吉野正芳氏、参議院議員の宮本周司氏、参議院議員の森まさこ氏
■麻生派は、山際大志郎氏、参議院議員の猪口邦子氏、参議院議員の今井絵理子氏
■竹下派は、鈴木隼人氏、西銘恒三郎氏、渡辺博道氏、参議院議員の二之湯智氏
■岸田派は、根本匠氏、堀内詔子氏
■谷垣グループは、加藤鮎子氏、本田太郎氏
■無派閥は、石田真敏氏、大野敬太郎氏、梶山弘志氏、土屋品子氏
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【高市早苗推薦人】
■推薦人代表;経済再生担当大臣細田派・西村康稔衆議院議員
■細田派は、馳浩氏、高鳥修一氏、佐々木紀氏、参議院議員の山谷えり子氏、参議院議員の山田宏氏、参議院議員の佐藤啓氏
■竹下派は、木原稔氏、参議院議員の小野田紀美氏
■二階派は、山口壯氏、小林鷹之氏、小林茂樹氏、参議院議員の衛藤晟一氏、参議院議員の片山さつき氏
■谷垣グループは、黄川田仁志氏
■無派閥は、選挙対策本部長の古屋けいじ氏、江藤拓氏、城内実氏、石川昭政氏、参議院議員の青山繁晴氏
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【野田聖子推薦人】
■推薦人代表・選挙対策本部長は、無派閥で厚生労働副大臣の三原じゅん子参議院議員
衆議院議員10人、参議院議員10人。
■二階派は、大岡敏孝氏、神谷昇氏、出畑実氏、福井照氏、参議院議員の岩本剛人氏、参議院議員の清水真人氏、参議院議員の鶴保庸介氏、参議院議員の三木亨氏
■竹下派は、百武公親氏、参議院議員の渡辺猛之氏、参議院議員の元栄太一郎氏
■石原派は、宮路拓馬氏
■谷垣グループは、川崎二郎氏
■無派閥は、木村弥生氏、渡海紀三朗氏、浜田靖一氏、参議院議員の柘植芳文氏、参議院議員の徳茂雅之氏、参議院議員の山田俊男氏
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
15 notes · View notes
boooooooooooook · a month ago
Text
2021年1月2月3月4月5月6月7月読んだ本
「史記Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ」司馬遷
「からだの中の夜と昼」千葉喜彦 中公新書
「スワロウテイル」岩井俊二 角川文庫
「映画巡礼」蓮実重彦 マガジンハウス
「超自習法」スコット・H・ヤング ダイヤモンド社
「たましいの場所」早川義男 筑摩書房
「大切にしたいものは何?」鶴見俊輔 晶文社
「平家物語 精解」大矢武師 加藤中道館
「改訂版 全共闘以後」外山恒一 イーストプレス
「オン・ザ・ロード」ジャック・ケルアック 河出文庫
「屍者の帝国」伊藤計劃 円城塔 河出書房新社
「かげろふ日記新釈」秋元一郎 加藤中道館
「高校数学読本1数と計算のはなし」武藤徹 日本評論社
「LYRICS1961-1973」「LYRICS1974-2012」ボブ・ディラン 岩波書店
「子どもとトラウマ」西澤裕 講談社現代新書
「古文単語343」村田正純 古田光 筑摩書房
「海洋記」「青春記」C・W・ニコル 実日新書
「漢字百話」白川静 中公新書
「ゴーストバスターズ」高橋源一郎 講談社
「ザ・スリー」スティーヴン・キング 角川書店
「一億三千万人のための論語教室」高橋源一郎 河出新書
「ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー」ブレイディみかこ 新潮社
「ギリシア倫理史 上下」O・ディットリッヒ 内田老鶴圃
「聖書の教 上下」R・A・トーレイ 森渓川出版
「明暗」「吾輩は猫である」「行人」「こころ」夏目漱石 新潮文庫
「歌い屋たち」なぎら健一 文藝春秋
「東京異聞録」小野不由美 新潮社
「異文化体験としての大都市」風間書房
「インサイト」サーシャ・ユーリック 英治出版
「人生は驚きに充ちている」中原昌也 新潮社
「虚人たち」筒井康隆 中公文庫
「ライオンは寝ている」大貫妙子 新潮社
「モモ」ミシャエル・エンデ 岩波少年文庫
「ほんまにオレはアホやろか」水木しげる 新潮文庫
「サリンジャー戦記」村上春樹 柴田元幸 文春新書
「鉛のバラ」丸山健二 新潮社
「出会いの不思議」河合隼雄 創元社
「これでおしまい」マルグリッド・デュラス 河出書房新社
「船を編む」三浦しをん 光文社
「梅原猛の歎異抄入門」PHP新書
「富士日記 上・中・下」武田百合子 中公文庫
「方丈記 精解」尾崎 加藤中道館 尾崎暢殃
「男どき女どき」向田邦子 新潮社
「おみそれ社長」星新一 講談社
「笑いと忘却の書」ミラン・クンデラ 集英社
「日本の戦争」田原総一朗
「ちくま 1月号、2月号、3月号、4月号、5月号、6月号、7月号」
「図書 1月号、2月号、3月号、4月号、5月号、6月号、7月号」
「波 1月号、2月号、3月号、4月号、5月号、6月号、7月号」
  3月からPCを操作して封筒や名詞やチラシを印刷する作業に変わりました。アドビのインデザインやイラストレーターやフォトショップなどの本格的なDTPソフトを使っています。1日に何千枚も印刷する日もありけっこう大変です。6月に中間テストがあり「現代文B」94点、「化学基礎」95点、「社会と情報」88点、「数学Ⅱ」67点でした。期末はもっと良い点取れるように頑張ります。今年読んだ本で感銘を受けたのは外山恒一「全共闘以後」とボブ・ディランの詩集です。毎日ボブ・ディランの原詩と訳をノートに書き写しています。
15 notes · View notes
kamuykaici · 7 months ago
Text
Golden Kamuy vocabulary part 3
I brought you more Japanese words and expressions describing some important characters of Golden Kamuy. Tsukishima and Koito are among my favourites as well.
Tumblr media
Tsukishima Hajime   月島 基
Gunsou (軍曹): Sergeant
Nisshin Sensou (日清戦争): First Sino-Japanese War (1894-1895)
senshi suru (戦死する): to die in battle
kaeru (帰る): to return home
akudou (悪童): bad guy
igogusa (いご草): a kind of seaweed
kami no ke (髪の毛): (lock of) hair
karakau (からかう): to make fun of someone
kaigan (海岸): seashore
shikei (死刑): death penalty
Roshia-go (ロシア語): Russian language
tsuuyaku (通訳): interpreting
Tumblr media
Koito Otonoshin   鯉登 音之進
Shoui (少尉): Second Lieutenant
Satsuma-ben (薩摩弁): Satsuma dialect
hayakuchi (早口): fast-talking
karuwaza (軽業) or kyokugei (曲芸): acrobatics
bonbon (ボンボン): pampered brat
Tsukisappu (today: Tsukisamu) anpan (月寒あんぱん): a kind of sweet roll
nii-san (兄さん): elder brother
Sakurajima daikon (桜島大根): Sakurajima radish
shashin (写真): photo
guntou (軍刀): military sword
Jigen-ryuu (示現流): traditional Jigen-style swordsmanship
enkyou (猿叫): monkey scream
Tumblr media
Tsurumi Tokushirou   鶴見 篤四郎
Chuui (中尉): First Lieutenant
jouhou (情報): information
damasu (騙す): to deceive
karisuma-sei (カリスマ性): charisma
shinigami (死神): god of death
zentouyou (前頭葉): frontal lobe
hitai-ate (額当て): headband with reinforced plate
shashinkan (写真館): photo studio
kikanjuu (機関銃): machine gun
kazoku (家族): family
yubi no hone (指の骨): finger bone
kajiru (かじる): to bite
Tumblr media
Tanigaki Genjirou   谷垣 源次郎
Ittousotsu (一等卒): Private First Class
Matagi (マタギ): winter hunters of northern Japan
Akita-ben (秋田弁): Akita dialect
mune (胸): chest
munage (胸毛): chest hair
majime na otoko (真面目な男): serious man
obaachan (おばあちゃん): grandma / old lady
on wo kaesu (恩を返す): to return the favour
kanemochi (カネ餅): a kind of rice cake
kurumi (クルミ): walnut
imouto (妹): younger sister
housou (疱瘡): smallpox
56 notes · View notes
kyoto4 · a month ago
Photo
Tumblr media
『 日本の身体』 内田 樹 著 (新潮社)
武道をやっているとなんとなくわかる話。
千宗屋 茶道家—五感全てを差し出し、その洗練を問う
安田登 能楽師—張り詰めた沈黙、「コミ」で意志を通じ合わせる
桐竹勘十郎 文楽人形遣い—虚の中心である「人形の体感」に同調する
井上雄彦 漫画家—武道の本質を示した、「描かれた武道書」
多田宏 合気道家—命の力の高め方、保ち方、使い方の訓練法
池上六朗 治療者—「一瞬前とは違う状態を作り出す」ことで治す
鶴澤寛也 女流義太夫—伴奏ではない、人物の内面や情景を描写する音
中村明一 尺八奏者—静穏なまま、大量の呼気を瞬時にオペレートする
安倍季昌 雅楽演奏家—「陛下」の祭祀の傍らに侍す、二九代目の楽師
松田哲博 元大相撲力士—稽古の基本は身体の機能が目覚める「しこ」
工藤光治 マタギ—人だけのものではない山から恵みを授かって生きる
平尾剛 スポーツ教育学者—人間としての成熟が「愛情あるパス」をつなげる
6 notes · View notes
szigetingy · 9 months ago
Photo
Tumblr media
És az is lehet, hogy a sorsunk nem a világban, hanem személyesen bennük van. Az ember alakítja, csiszolgatja, szüli a sorsát és mindez független a világ külső esélyeitől, lehetőségeitől, persze ki tudja? - Szigeti Németh György: Révházi Péter (RP) története, {Ichiro Tsuruta (鶴田一郎) b.1954} painting (szingy gallery)
34 notes · View notes
jadedinjapanworld · 5 months ago
Text
14 April, 1954
Born in Mototo, Kumamoto Prefecture Japan on this day in 1954, Tsuruta Ichiro (鶴田一郎) a contemporary Japanese artist who is celebrating his 67th birthday today. 
He is most famous for his vivid paintings of beautiful Japanese women. - a genre of Japanese painting known as bijinga (美人画). 
Here are some examples of his work.
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
8 notes · View notes
lolitanif · 9 months ago
Text
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Ichiro Tsuruta 鶴田一郎, 1954
23 notes · View notes
liliyaolenyeva666 · 7 days ago
Text
Tumblr media
🎼 01204 「ふるさと」。
いつかどこかのダンスホールでヤングな若者がゴーゴーダンスを踊り楽しんでいる中で、特別出演の 煙草を燻らせる渡哲也さん似の若者に沖縄の将来を尋ねたところから始まり、何の映画を観ているのか分からなくなったところ、ギュンと 突然に 沖縄の映像が浮かび上がってきます、太平洋戦争のさなか、必死にいきる沖縄の若い学生さんらの日々を描いた 日活戦争映画 「あゝひめゆりの塔」 を観ています。舛田利雄監督作品。昭和十八年秋、沖縄縣女子師範學校の校庭で秋季合同運動会が催されています。和泉雅子さん似の女学生や ニタニ似の先生らしき男性らが徒競走やらダンスやらを楽しんでいたのも束の間、戦局は悪化の一途を辿り、昭和十九年夏、学生さんらは お国のために働かされたり、竹やりで米兵を突き刺す為の訓練を受けたりしています。学童疎開 (内地疎開) に向かったこどもたちとのお見送りも (当局の指示により) 学校の校庭までとされ、さびしくつらい別れとなるのですけれど、こどもたちが乗った対馬丸に "何か" があって、本当に さびしくつらい別れが訪れます。昭和十九年十月、米軍の空襲に遭い、家々は焼かれ (校舎も焼かれ)、昭和二十年三月、上陸を開始した米軍の攻撃により、女学生らは 臨時の看護婦として働くことと相成るのですけれど、校長先生が訪れて 卒業式を開いて下さり、心の卒業証書を授与され涙します。昭和二十年四月一日、大雨の中、怪我人で溢れ返った野戦病院で 皆が皆、気が狂うか狂わないかの瀬戸際の中でいのちを深く削っているのですけれど、和泉雅子さん似の女学生らは 物を運んでいる最中、戦闘機に撃ち抜かれてしまいます。歩けない者らは置いて置かれ、降り頻る雨と泥濘の中を女学生らは歩き始めるのですけれど、和泉雅子さん似の女学生は (足を負傷) 体を横たえながら 青酸カリ入りの牛乳を自ら願い出て口に含みます。愚かな大人の誤った判断で 若きいのちを散らす女学生らの姿は、現在進めて勧められております 国の政策とあまり変わりがなく、後に歴史が物語るのかもしれませんけれど、同じ過ちを何度繰り返せばいいのでせうかと (世の中がどう思っていやうと) わたしは心からさう思います。
つづいて
1954年4月(昭和29年)、愛媛県松山市 (道後温泉) を修学旅行で訪れた小学生らが映るところから始まります、とある小学生の短すぎるジンセーの日々を描いた 共同映画 「千羽づる」 を観ています。神山征二郎監督作品。廣島市立幟町小學校に通う、佐々木理容院の娘サダコさん (6年竹組) は、鯉幟運動会を終え、通信簿を受け取り、夏休みを通り過ぎたあたりから急に体の調子がわるくなります。医師の勧めで "原爆傷害調査委員会 (Atomic Bomb Casuality Commission)" で検査を受けるのですけれど、1945年8月6日 (昭和20年)、自宅で家族と朝ごはんを食べていたところに原子爆弾が落ちて来たことと 黒い雨を浴びたことが原因な病を抱えていることが分かります。"廣島赤十字病院 (Hiroshima Red Cross Hospital)" に入院することとなったサダコさんは ふとしたことがきっかけで せっせと千羽鶴を折り始めるのですけれど、病魔は サダコさんの身体を恐るべき早さで蝕んでいきます。最初にサダコさんを診た眼鏡男子な医者を わたしのすきな 田村高廣さんが演じていますこの映画、サダコさんの両親を どこかの松竹映画の "さくらと博" が演じていて好いです。
つづけて
"冬の味覚 鍋物十五種の作り方" という新聞の切り抜きを貼っつけたノートを眺めながら編み物をする妻に 「晩のおかずは何だい?」 って夫の問いに 「晩は未定です」 って答えを返す、そんな夫婦のたのしい会話でいっぱいな日々を描いた 東宝夫婦映画 「驟雨」 を観ています。成瀬巳喜男監督作品。脚本を わたしのラブリー 水木洋子さんが手がけました。小言をぶつぶつと言い合う、仲が良いんだか悪いんだかって感じの とある夫婦は たまの日曜日でも ぶつぶつと言い合っています。そんな晴れた日にヤングなおとなりさんが越して来たり、新婚になりたての姪が 新婚旅行中に ふらっと遊びに来たり、野良犬のノラちゃんが遊びに来たりして とても賑やかです。そんな賑やかさを上回るくらいに賑やかなのが 劇中に登場します、夫婦の最寄り駅 (梅ヶ丘駅) に広がる大きな商店街です。お店が ひしめき合う中に 映画館 (世田谷文化劇場) もあったりするこの商店街が実在したものなのかどうかは分かりませんけれど、わたしがこどものころに通った商店街よりもダイナミックで 羨ましさを感じました。あ。それと、原節子さんの旦那さん役の佐野周二さんが満員電車に揺られながら通っていた会社は "ミミ化粧品本舗 (Mimy Beauty Laboratory) 株式会社" でした。住所は 東京都中央区宝町3の15でした。そんな佐野周二さんの勤め先で 同僚役として わたしのラブリー 加東大介さんが出演されていました。
..
2 notes · View notes