Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
#おカネの切れ目が恋のはじまり
movielosophy · a year ago
Photo
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Okane no Kireme ga Koi no Hajimari | love and marriage are two different things
46 notes · View notes
979mochi · a year ago
Photo
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
錢斷情始 おカネの切れ目が恋のはじまり
EP03
Part3
這一段莫名好看!其他橋段都像是尬來,但這一段,好動人,尤其是諧星的淚,她雖然大部分時間都是目光呆滯狀態(純真),但這本身好難得的,她這樣的演員很難見到的。
18 notes · View notes
110san · a year ago
Text
購買で買った地元のパン屋さんのパンが美味しかった。白身魚フライ、昔から好き。フィレオフィッシュとか。
あのドラマ見てから、感動すると"ありがとう〇〇円"と心の中で呟いてしまう。ふふ。笑
8 notes · View notes
nakano629 · a year ago
Video
【本日の #ナカノカバー 】#591 turn over? / Mr.Children #turnover #mrchildren #カネ恋 #おカネの切れ目が恋のはじまり #松岡茉優 #三浦春馬 #三浦翔平 #北村匠海 #じれキュン #弾き語り #カバー曲 #歌ってみた #ssw #ナカノユウキ お久しぶりに動画UPしました! しばらくは、不定期更新になってしまいますが、またUPしていこうと思います^^ https://www.instagram.com/p/CFMkMqjgV_O/?igshid=1rm9be6qsg7x7
2 notes · View notes
hello-and-gogo · a year ago
Text
Love will begin when Money ends /おカネの切れ目が恋のはじまり /カネ恋
Tumblr media
良き
0 notes
sullenidol · a year ago
Photo
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
「おカネの切れ目が恋のはじまり」ep04
春馬くん  ずっと大好きだよ
8 notes · View notes
979mochi · a year ago
Photo
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
錢斷情始 おカネの切れ目が恋のはじまり
EP01
這個劇現在的評分非常高,大家普遍是抱著看遺作的心態來打分,當然我覺得這種巨大的悲劇事件發生後,這個劇里無論他再歡脫再二貨,都沒法逃脫那種詭異的感覺。
諧星很可愛很可愛,全劇用綠色基調配色,偶爾現代,偶爾古典,她就很適合那種優雅的生活啊。
7 notes · View notes
donnatokimokimito · a year ago
Text
「シックスティーン症候群」
次週最終回だね。
その日は「おカネの切れ目が恋のはじまり」初回放送。放送後にはParaviにて僕が演じる板垣純にフォーカスを当てた「恋の切れ目がおカネのはじまり?」が配信開始。
9月15日(火)はW板垣、活躍します。
1 note · View note
liliyaolenyeva666 · 9 days ago
Text
Tumblr media
🎼 01338 「I Won't Forget You」。
ハワイから帰国した女性らが脳裏にチラつかせた男性、ユゲ・ダイスケが ハワイの地で水上バイクに飛び乗ったところから始まります、とある男女の恋模様を描いた、ドリューなバリモアと アダム・サンドラーは いつまで待っても出て来ない コロンビア映画 「50回目のファースト・キス」 を観ています。福田雄一監督作品。"カイワレツアーガイド" ではたらく 山田孝之さん似のユゲダイスケは、ある日 朝のカフェ (Keneke's Grill) で 長澤まさみさん似の女性に一目惚れします。でも彼女は (サイキッカーでも山の民の女王でも小美人でもありませんけれど) "永遠の10月9日" を過ごしていたりして 月日をオートリバースさせ、物語に永遠を感じさせます。そんなこんなで 月日が巡るこの映画、物語途中、何らかのメッセージだったのでせうか、藤井聡太さんや 何と アメリカ合衆国第45代大統領が バッと出演されていました。彼らの ギャランティの有無が気になりました。
つづいて
"この作品は 家田荘子の原作をもとに フィクショナルに作られたものであり、登場する人物及び団体等の名称は架空で、実在するものとは何等関係ありません" という前書きと トンネルの中を突き進む一台の車の中の岩下志麻さん似の女性がチラリと映るところから始まります、かたせ梨乃さんのいないシリーズ第7弾な東映映画 「新 極道の妻たち 惚れたら地獄」 を観ています。降旗康男監督作品。岩下志麻さん似のうつくしい女性フユの夫、高島忠夫さん似のムラキは 身体を酷くわるくしていて、ゴールデン洋画劇場の司会も ままならないくらいに 入院生活を繰り返していたりして、そんな間 抱えている組織を妻に任せていたのですけれど、退院をして これからといった最中に 突然に現れたヘリコプターから狙撃され、命を失います。その場にいた フユも銃撃を浴びてしまうのですけれど、この映画の主役は そんな安っぽい弾丸にはびくともしなかったりします。けれども 休養中に 若いのが揉めごとを起こしてしまい、フユは 立ち上がるのもやっとの状態で 相手の組織に赴き、お詫びします。といった感じで話が丸く収まるのかと思いきや、またまた襲撃を受けたりして どうにもならないなって思って身を隠して策を練ります。このシリーズでは珍しく 東京に向かってどうのこうのしたりするこの映画、フユが命を狙われたり警察に終われたりするお陰で 出番が控えめなところがツラミですけれど、フユが左の指を切り落とす様が痛々しかったり、ラストの凄さがステキだったりします。
つづけて
"昭和日報" なる旗をはためかせながら 観音開きな自動車が爆走しながら 警視庁の車を追っ駆けるところから始まります、とある別荘の放火と殺人事件を追う新聞記者が遭遇する怪奇な出来事を描いた 大映スリラー映画 「虹男」 を久しぶりに観ています。牛原虚彦監督作品。殺人事件が起きた とある別荘は 虹を研究していた 何たら博士が所有していて、そんな博士の家系では 虹を神聖なものとして崇めるという固い掟のやうなものがあったりします。そんな掟を破って狂い死にした者があってからというもの、口から七色の虹を吐く悪魔が付き纏うやうになって、それを見たものは必ず変死するという伝説があったりする中で、大雨が降り頻る中、浦辺粂子さん似のその家の カネ (婆や) が虹を見て狂い死にます。そんなこんなで虹男の呪いに取り憑かれて次から次へと博士の家の者が命を狙われて どうのこうのするこの映画、モノクロームな映像の中で虹が映る場面のみカラー映像に切り替わって 気分はメスカリンです。
..
1 note · View note
sullenidol · a year ago
Photo
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
Tumblr media
「おカネの切れ目が恋のはじまり」ep01、ep02
5 notes · View notes
too-to · 5 months ago
Text
📩 vol.3 海のテーブル
昔友だちとプールに入ったとき、「こんな生き生きしたマル初めて見た」と驚かれました。私は泳ぐのが大好きなので(とはいえ最近は水風呂で満足しているけれど)、たしかに陸より水の中にいるほうが頭がスッキリするし、のびのびと過ごせる気がします。イギリスの行政機関Swim Englandが2018年に行った調査では、イギリスの成人のうち140万人が、水泳によって不安や抑うつの症状を軽減させたというデータが出ています。自分がスイミングスクールに通っていた頃は速いタイムを出すことを第一に考えていただけに、メンタルヘルスと水泳を切り離していたけれど、それが心身ともに健康ってことなのか。 で、考えたのは夏だし泳ぎにいくか〜という呑気な計画ともうひとつ、中学以降に知り合った人は、私が泳いでいる姿をほとんど見たことがないように、友人や親や恋人が一番生き生きしている姿を話には聞けても、私は見たことがないのかもしれない、と。この感覚、最高なファーストアルバムを聴いたときとか、雑誌の創刊号の躍動感をあとから目にしたときの寂しさに似ている気がします。最高だけど、リアルタイムじゃない。
リアルタイムといえばこの春、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観たんです。エヴァ観たことないけど、シンエヴァを観たくて過去作を振り返って。その状況を俯瞰した友人に「作品そのものというよりも、作品の最後をリアルタイムで観ている自分に価値を感じてない?」と指摘され、ああ自分は昔からそうだったと思ったんです。そしてそれって、ものづくりをする人に対してとても失礼な動機だなとも。
漫画『A子さんの恋人』の美大生同士の会話で出た「美術よりも美大生の自分のことが好きそうだよね」というセリフを座右の銘のようにたまに思い出します。それを観たという印が欲しい、それを観ている自分が好き、リアルタイムの流行に乗りたい──そんな曲がった動機ではなく、純粋な気持ちで作品と対峙できる感覚を持って生きたい。そう思うと、ファーストアルバムや雑誌の創刊号にあとから感動することは寂しいけれど、自分の直感に従っているという点では悪くないのかもしれません。 「海のテーブル」という言葉が気に入ったので、水に関することから書きはじめてみたものの、とりとめもない文章になってしまいました。今回でメルマガは3号目。読んでくれてありがとう🤝  ── Mitsuki Maru
COLUMN
お金と安心
月末に近づくほど、私のほぼ日手帳の1日ページは来月の収入や支出の計算で埋まります。フリーランスとして働いているので、よく言われるように月々の収入は不安定です。 稼働中の案件がいつまでに終わり、いつ頃までに入金されるのか。未来のために貯金もする(もちろんできない月もある)。積み立てNISA分、突然の大きな出費に備える分、来月に繰り越す分に分ける。そうやって諸々のお金の計算をし、2ヶ月後までお金の心配をせずに生活ができるのか確認をし安堵する。よかった、ちゃんと生きられる、と。 「みなさんは年収いくら欲しいですか?」 私はこの質問をされると少し困ります。贅沢な暮らしをするために仕事をがんばり年収800万を稼ぐより、最低限のお金と仕事への努力で、自分が口にするモノ、自分が使うモノetcを自分でつくり、生活をすることに魅力を感じてしまいます(いわゆる自給自足)。奨学金の返済、結婚や子ども、老後。私たちが生活している経済システムの中ではまあ難しいとわかってはいても。ロマンがないなあ。 奨学金といえばアナキスト・栗原康の著書『奨学金なんかこわくない!』を思い出しました。最近の動向を調べてみると、少し前の記事「アナキスト・栗原康が「いきなり!ステーキ」を偏愛する理由」で
..だけど、だからといってつねにカネにたよらずに生きなくてはいけない、みんな自給自足の生活をしなければいけないといわれると、それもイヤになる。そういう生活をしている人たちには尊敬の念しかないし、それが現代でもできるのだということを示すのはだいじだとおもうが、いざ、ぜんぶ自分でつくれといわれると、正直、めんどうくさくなってしまう。できればタダでひとからもらいたいし、なによりカネをだしてでも「麦とホップ〈黒〉」が飲みたい。まわりくどいいいかたになってしまうが、カネによる支配に反対するというかたちで、カネにふりまわされるのがイヤなのだ。もっと自分の身体に素直でありたい。あれもほしい、これもほしい、もっとほしい、もっともっとほしい。カネはいらない、カネがほしい。その矛盾をふつうに生きる。
と言っててつい笑ってしまいました。つい先ほど最低限のお金で..と言ったばかりなのに、カネによる支配に反対するというかたちで、カネにふりまわされるのが、そう、イヤなんだよな...と。給付金やベーシックインカムがあればじゃんじゃん欲しい!
いつかお金の話も読書会でしたいなあ、と思っています(もちろん、メールやInstagramのDMで感想やお金にまつわるおすすめの本などありましたら、連絡待ってます!)。 ── Aska Ota
優柔不断な結論
私の大きな弱点は、優柔不断さです。これは幼い頃からの変わらない弱点で、歳を重ねるうちに他のコンプレックスが増えたり減ったりする中でも決して揺るがない私の優柔不断さは、私のあらゆる決断を揺るがしまくってきました。 あるとき、物事を決める際の絶対的な基準が何か1つ必要なのではないかと思い立ち、まわりの人が何を基準に物事を決定しているのかリサーチしてみたこともありました。結果としてそんな基準を持つ人はいなかったのですが、私は「それが一般的に見て正しい行いか、どうか」を今後の意思決定の基準にすると決めてみました。 正義感だけは人一倍強い私にとって名案に思えたこの基準。しかし「正しい」か否かは結局のところ個人の価値観の延長線上にあるものだと今では思います。 私の好きなNY在住のライター Haley Nahmanは、先週配信された彼女のメルマガ『Maybe Baby』の中で、「正しさ」を基準にした行動決定に深く関係する「罪悪感」について、こう定義していました。
-It’s an ethical tripwire; an alarm that signals our behavior is in conflict with our values.
「罪悪感は自分たちの行動が自らの価値観に反していることを警告するアラーム」というこの表現が私にはぴったりで、そのアラームをいとも簡単に無視してしまう自分の弱さが、毎朝目覚ましのアラームを無視する自分と重なったりもしました。と、なると、正しいか否かの判断基準は1周して自分の価値観に戻ってくる。 今日も私は確固とした優柔不断さを保ったまま、ああでもない、こうでもないと考えながら、脳裏に鳴り響く罪悪感のアラームを聞くのでした。 ── Minami Shihido
0 notes