Visit Blog
Explore Tumblr blogs with no restrictions, modern design and the best experience.
#ゲーブル
takahashicleaning · 5 months ago
Link
TEDにて
ジョーン・ブレイズ&ジョン・ゲーブル: 先入観のフィルターバブルから自由になろう
(詳しくご覧になりたい場合は上記リンクからどうぞ)
西洋キリスト教圏の一神教での話です。日本は、多神教なので、当てはまらない場合もあります。
ジョーン・ブレイズとジョン・ゲーブルは、自分とは違う政治観で投票をする人たちと友達になってほしいと言います。
政治観が、正反対でありながら、長年の友人でもある二人は、すぐには同意できないような相手と、腹を割って話し合うことの価値をよく知っています。
政治観が、反対である人々の間にある理解の溝を埋めるにはどうしたらいいか、そして、お互いに耳を傾け、互いを思いやる機会を生み出すにはどうしたらいいか?
一緒に考えてみましょう(ことによると、生涯かけた友情も生まれるかもしれません)。
はじめに、大統領制や二大政党制での前提です。
2017年のノーベル経済学賞のセイラー教授が提唱する「ナッジ」このような行動科学の視点を公共政策に組み込もうというアイデアはもともと2003年に経済学者のセイラーと
法学者のサンスティーンによって書かれた論文「リバタリアン・パターナリズム」からの一部です。
法規制による強制でもなく、経済的インセンティブによる誘導でもなく、選択の自由を維持したまま、人間の持つ心理的バイアスをうまく利用することで、人々の行動を「良い方向へ」導くということ。
高度な透明性が前提です。
リバタリアン(=極端な自由主義)とパターナリズム(=家父長主義)という一見矛盾する態度を結びつけるというアイデアは、アメリカの民主党と共和党の対立により合意形成が行き詰っていた
議会の膠着を打破しようとする意図もあった可能性もあります。安全・環境・健康分野にも応用範囲は広がっています。
リバタリアニズムとは、荒野からではなく、行政府のある社会システム内で成功したにも関わらず、極端な経済的自由と極端な社会的自由(極端な個人的自由、極端な政治的自由)を共に求める極端に強欲な思想であり
リバタリアン自身によるノーラン・チャートによれば、社会主義などの左翼思想は、極端な個人的自由は高いが極端な経済的自由は低く、保守主義などの右翼思想は、極端な経済的自由は高いが極端な個人的自由は低く
ポピュリズム(ここでは権威主義や全体主義などを指す)では、極端な個人的自由も極端な経済的自由も低い。という位置付け。
リベラリズムは自由の前提となるものを重視して社会的公正を掲げるため、リバタリアニズムと相反する。日本では、リベラリズムの意味は世界標準ではなくガラパゴス化してるため定義が異なります。
パターナリズムとは、個人の利益を保護するためであるとして、国家が個人の生活に干渉し、その自由・権利に制限を加えることを正当化する原理。
強いパターナリズムと弱いパターナリズム、直接的パターナリズムと間接的パターナリズムがある。と言葉が定義されている。
個人的なアイデアとして、議論を整理できるだけで、このような一般生活者にはくだらない権力争いのためにどうにでもなる言葉ではなく、政策開発のため一定の期間で議論を尽くしたら
具体的なマクロ経済学前提の政策できっちり誤差を含めた数値に変換できればより良い社会システムを創造できるかもしれません。
最後に、政治にはまったく興味はありません。テクノロジーに興味が有ります。
<個人的なアイデア>
ブレグジットの本質は、君主制多数のヨーロッパ大陸から独立し、アメリカ大陸に新天地を求めて200年くらい。
第二次世界大戦にも勝利し、大統領制もフランス革命の成功を踏襲改善しつつ、人口も億単位の規模で三権分立前提の民主主義を、現在、世界中の最高の知性が知恵と工夫でバランスよく構築した!
アメリカ型の大統領制は、地方議会が先で、その上に傘のように覆われている歴史的背景から地方分権が見事に成功しているミレニアム前。
その成功を再びヨーロッパが踏襲改善。マーストリヒト条約を発効して、合意を得た上でEUが設立された。通貨もドルに対抗してユーロにした。20年後、中国はデジタル人民元をテスト中。
日本は、逆に、明治維新に中央集権化されて、廃藩置県されたから地方分権は不可能。立憲君主制でもあり、イギリス議会を参考にしている。
イギリスより大きい島国。人口も倍以上。だから、人口が少ないイギリスは、大統領制のEUから離脱して立憲君主制を維持しようとしてる?
その中、中国が、日本の55年体制自民党の開発独裁体制を参考にして人口の規模をテコに、人間一人ではなく、政党が共産党一極集中で、デジタル国家開発独裁主義を社会実験している過渡期が現在の状態です。
デジタルレーニン主義?ハンナアーレントが警告する全体主義?にも似ています。
日本も中国から絶妙なバランスで離脱して、距離を置きつつ立憲君主制を維持した方がいいかもしれない。
<おすすめサイト>
エピソード4Episode4 - 政治の善性について(パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学 - Amazon)
アレグザンダー・ベッツ:ブレグジットはなぜ起きた?次にするべきことは何か
<提供>
東京都北区神谷の高橋クリーニングプレゼント
独自サービス展開中!服の高橋クリーニング店は職人による手仕上げ。お手頃50ですよ。往復送料、曲Song購入可。詳細は、今すぐ電話。東京都内限定。北部、東部、渋谷区周囲。地元周辺区もOKです
東京都北区神谷のハイブリッドな直送ウェブサービス(Hybrid Synergy Service)高橋クリーニングFacebook版
0 notes
kosuke01 · 2 months ago
Photo
Tumblr media
ゲーブル…… https://instagr.am/p/CKYL3YlnJXl/
0 notes
Text
Tumblr media
『或る夜の出来事』 1934/02/22
記者のウォーンの、ユーモアウイットに富んだ返し、洒落が良い。ヒロインのエレンも魅力的。エレンの親父が良い奴でわろける。最後のシーンがオシャレ。
監督
フランク・キャプラ
脚本
ロバート・リスキン
原作
サミュエル・ホプキンス
製作
フランク・キャプラ
ハリー・コーン
出演者
クラーク・ゲーブル
クローデット・コルベール
音楽
ルイス・シルヴァース
撮影
ジョセフ・ウォーカー
編集
ジーン・ハブリック
配給
コロンビア映画
0 notes
vsamazakki · 11 months ago
Text
『ドライヴ』(2011)
ニコラス・ウィンディング・レフン監督
ずっと観るぞっておもってたやつ。ゔぃちゃんが観たっていってたから便乗して観た。今日はあらすじ書くのめんどくさいので割愛。Wow...丸の内サディスティック!ってかんじのR15クライム映画(ただサディスティックって表現したかっただけ)(今めっちゃ聴きながら書いてる)。光と影の使い方が印象的だなあとまず第一におもった。LAの太陽さんさん加減がとっても好み。お家の壁紙がすきです。おれが憧れた男遍歴はレオナルド・ディカプリオからのブラット・ピットからのヒュー・ジャックマンからのライアン・ゴズリングからのベネディクト・カンバーバッチからのクラーク・ゲーブル←イマココです。雨も滴るいい男ならぬ、血が滴ってもいい男!とはライアン・ゴズリングのことでしたか。そうでしたか。いっつもポーカーフェイスの男がすきな女の前でだけ徐々に笑顔見せていくの尊すぎるでしょ…。おれも今日からポーカーフェイスで生きていくとちかった(きっと無理)。ハリー家のポッターさん家のお話に出てくるスネイプ家のセブルスひょんと同じ匂いがする純愛さ。あっれ〜、主人公の名前なんだったっけ。おれはいつも名前覚えるの苦手だな〜っておもって調べたら「ドライバー」。一度も名前は出てこなかったみたい。なるほど。どこまでも謎につつまれた男だな。おれも謎おおき男になる。これから名前はビではなく、「ライター」だ。ドライバーはきっと童貞だし、初恋だな。あれは。とおもった。勝手に。今日はなんだか変な感想しか出てこないようである。機嫌がいいからかな。とか言って実はいつも機嫌いい人間代表。以上、ライターからでした。
0 notes
vsamazakki · a year ago
Text
『或る夜の出来事』(1934)
フランク・キャプラ監督
え〜〜ん!キム・ビ26しゃい…クラーク・ゲーブルに一丁前に恋しました!!最初出てきた時から、は〜、イケメン!おれもこんな男になりて〜!ってひとり叫びながら観てた。こんなイケてるメンズ見たことねえよ!っておもってたら観たことありました。『風と共に去りぬ』のレットさん…。おれそれどんな感想書いてたっけ?って昔の観にいったら「クラーク・ゲーブルと結婚したい。」わかる〜〜〜〜ってめっちゃうなずいた。お騒がせお嬢様のエリーちゃんが恋と自由のために家出をするんだけど、そこで出会った職無し金持ち嫌いのピーターとのユーモアたっぷりなラブコメロードムービーです。ヒッチハイクするときにピーターが何をやっても車一台つかまえることもできなかったのに、エリーがスカートをちょっと上げて脚を見せたらす〜ぐに車が止まったシーン。あ、セックスアンドザシティで観たな!え〜、じゃああの夜ミスター・ビッグさんが観てたのはこの白黒映画だったのか!などと思い出したりもした。お嬢様すぎて肩車のし方を知らなかったエリーに「正しい肩車は人格者の証だ。リンカーンは肩車が上手だった。」ってピーターが言ってたのが1番すきなセリフでした。ってかんじのくすくす笑えるお話。ふたりの恋路に幸あれ〜!昨日の夜から土砂降りの雨で、ちょっとやだな〜ってなってたけどこの映画にもわりとたくさん雨のシーンがあったのでまあいっか!ってなった。空中ブランコ乗りの歌聴きながら今日はゴロンとしたいね。
0 notes